菊池真知子(G)



週末土曜日。昼少し前から外出。ちょっと車を走らせ用事を済ませ、夕方帰宅した。
先週末、朴葵姫のアランフェスを聴いてから、普段はあまり聴かないギターの盤を取り出したり、弾きたいと思っている曲の楽譜を開いてみたりと、ちょっとギター弾きの本性に目覚めている(^^; きのう聴いた随分懐かしい小原安正に続き、今夜はこんな盤を取り出した。


DSCN6048 (560x560) DSCN6053 (560x560)
(写真右:70年代終盤の現代ギター誌増刊広告ページあった写真。左側の女性は2015年に亡くなったギタリスト奥田紘正氏の娘さんで一時期ギターを弾いていた奥田博子かと…)


菊池真知子(1950-)他が奏でる<ギター名曲集>。シャロン・イスビンの弾くアランフェス他とカップリングされたベスト盤。収録曲は以下の通り。

1. アランフェス協奏曲ニ長調 (ロドリーゴ)
2. カプリチオ・アラベ (ターレガ)
3. ダンサ・モーラ (同)
4. 前奏曲第1番 (同)
5. 同第2番 (同)
6. スペイン・セレナード (マラツ~ターレガ編)
7. 3つのメキシコ民謡 (ポンセ)
8. スケルツィーノ・メヒカーノ (同)
9. 盗賊の唄 (リョベート編)
10. 哀歌 (同)
11. 4つのヴェネズエラ風ワルツ (ラウロ)
12. カスティーリャ組曲 (トローバ)
シャロン・イスビン(1,3~5) 菊池真知子(2,6~12)
黒岩英臣指揮,東京都交響楽団(1)

ごく普通の音楽愛好家が、ギターの曲でも聴いてみようか、というようなときにチョイスする<名曲集>。この盤もアランフェス協奏曲とギターの定番曲が組み合わされ、選曲としては悪くない。この手の名曲集はもちろんヴァイオリンやピアノにもあるが、一般には入門者向けと見なされ、コアなファンは手に取らないことが多いだろう。しかし、ときに意外な演奏家や名演がリストされていることもある。この盤もそんな位置付けで、菊池真知子のギターが聴けるという理由だけで手に入れたもの。20年ほど前の発売された日本コロンビア廉価盤シリーズの一枚だが、収録曲を変えて現在も出ているかもしれない。

ぼくがギターを弾き始めた70年代初頭、菊池真知子(1950-)はアイドルというほど軽薄な感じはなかったが、年上のおねえさん的なイメージで、人気と評価が高まっていた時期だった。その後70年代終わりから80年代初頭にかけていくつか録音も残した。その頃ぼくはもちろんギターは弾いていたが、レコードに関してはギターより他のクラシック全般のレコードを手に入れる方が優先し、当時のギターの音盤はほとんど手に入れなかった。この盤も2000年過ぎた頃に、隣り町のCDショップで売れ残り在庫のごとく棚の隅にあったものを手に入れた。

当時の記憶も併せてこの盤の選曲を眺め、確かにメロディアスなスペイン・ラテン物を中心に弾いていたなあとを思い出す。ポンセのスケルツィーノ・メヒカーノは彼女がしばしば取り上げていて気に入り、楽譜を買った覚えがある。この盤は80年代初頭の録音と思われ、すでにDENONがオリジナルのPCM録音を導入していた時期のもの。当時まだ30歳になったばかりの菊池真知子のナチュラルで穏やかな弾きぶりが楽しめる。 どの曲も、スペイン物で当時の奏者にしばしばみられたような崩しやこぶしは控えめ。もちろんたっぷりと歌ってはいるが、常に気品を感じさせる同時に、淡いセンチメンタリズムもあって中々聴かせる。
残念なことに80年代以降、彼女の姿は表舞台から消え、演奏に接することが出来なくなった。その理由について不確かな情報は伝え聞いているが、ここに記すことは控えたい。若かりし頃のこの録音を聴くにつけ、還暦を過ぎた今ならどんな演奏をするのか、願わくばカムバックを期待したい。


いつも音源の拝借ばかりで恐縮なので、きょうは手持ちの盤からアップしてみた。以下の2曲。
ポンセ:スケルツィーノメヒカーノ


マラッツ:スペインセレナーデ。最後がブツっと切れいているのは元のCDに起因する。




★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

小原安正(G)



知人から問い合わせのメール有り。
「与太さん、小原安正のレコード持ってる?友だちのギター弾きが探していて…」
「あぁ、一枚だけあるかな。」


DSCN6042 (560x560) DSCN6044 (560x560)

DSCN6045 (560x560) DSCN6043 (560x560)


…で、音盤棚から取り出したのが、この盤。
何でもその知人の友人がその昔、60年代終わりから70年代初頭に広まっていた通信教育の「東京音楽アカデミー」でギターを習得し、そのときの教材音源として付いてきたレコードで聴いた小原安正の演奏が印象の残っているとのこと。残念ながらその友人が持っていたレコードは処分してしまい手元にない。どこかで手に入らないものだろうか…といういきさつだ。

東京音楽アカデミーによる通信教育のギター講座は、ぼくら世代には懐かしいアイテム。高校時代の当時、ぼく自身は加入しなかったが、同じ部活の友人が入っていて、その教材や楽譜を時折拝借して眺めていた記憶がある。小原安正のこの盤は、その教材の一つとして配布されたものと思う。あの頃から30年近く経った2000年初頭に、近所のリサイクルショップのジャンク箱で見つけて捕獲してきた。

小原安正(1914-1990)は戦後のクラシックギター界を牽引してきた一人。ぼくがギターを弾き始めた70年代には、この東京音楽アカデミー他、現代ギター誌の記事でも見かけたが、演奏に触れたことはなかった。あらためて、この盤を聴いていみると、やはりひと昔前、ふた昔前の感がある。この盤に収録されているのは初級から中級入り口レベルの小品。教材用ということもあって、教育的意図を明確にするような解釈もあるのだろうが、現代の感覚で純粋にギター音楽を楽しもうというには、いささか物足りないのはやむを得ない。それでも、マドリード王立音楽院で学んだタッチは、最近はあまり省みられないアポヤンド主体のしっかりとしたタッチで、ギターの音が明快に立ち上がる。武井守成の「森の精」、ケイロス「母の涙」、サビオ「なつかしのわが道」など、クラシックギターを弾き始めた当時にさらった曲もあり、実に懐かしく聴いた。 小原安正のレコードをもう一度聴きたいという、知人の友人の願いにミートするかどうか分からないが、近々その友人の元へ嫁ぐ予定だ。


この盤の音源。ワルカー<小さなロマンス>


ラモー<二つのメヌエット>


小原安正を父にもつ小原聖子の貴重な音源。1980年前後のものと思われる。小原聖子もマドリード王立音楽院に学んだ。曲の解釈は賛否あるだろうが、レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサ直伝の正統派タッチは実に明快。音も美しく(使用楽器はおそらくエルナンデス・イ・アグアド)、技巧のキレも十分だ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ブラームス弦六第一



きのう梅雨明けした関東地方。きょうも暑い一日だった。定時に退勤。夏至からひと月ほど経つが、まだまだ夕方の陽は高い。帰宅後、ひと息ついてPCを覗くと…。相変わらず、このところブログアクセスは低調。アクセス数では少し前の三割減で、一日100アクセスを下回ることもしばしば。バナークリックも、こうしてウダウダ書くと心優しき方々がワンクリックしてくれるが、長続きしない。あと三ヶ月でブログ開設から7年。ぼちぼち潮時かなあ…と思うことしきりだ。 さて、それはともかく…ここ数日ギターねたが続いたので、今夜は本流回帰。渋い室内楽でクールダウンしようかと、こんな盤を取り出した。


201707_JB_berlin.jpg 201707_JB_wien.jpg


ブラームスの弦楽六重奏曲第1番作品18。ベルリンフィルの弦楽セクションのメンバーで構成されたベルリンフィル八重奏団による60年代後半のフィリップス録音の盤だ。
この曲の第2楽章の主題が、その憂いに満ちたメロディーによって人気になり、映画音楽にも使われた。通常の弦楽四重奏にヴィオラとチェロを加えた構成のこの六重奏曲は、中低音の楽器が加わったことにより、きわめて重厚で落ち着いた響きを持つ。穏やかな変ロ長調のテーマで始まる第1番の第1楽章。ブラームスってどんなイメージと聴かれたら、ぼくは迷わず、これっ!と言って、このテーマを聴かせたくなる。晩年のブラームスに比べると若やいだ明るさに満ちているものの、いかにもブラームス的な、重厚で叙情的な始まりだ。重厚だが悲劇的ではない、穏やかであるが楽天的になり過ぎない、そんな第1楽章の始まりを聴いていると、投げやりでネガティブな気分もだいぶ和らいでくる。これも音楽の効用か。有名な第2楽章は一聴して耳をとらえるほど魅力的なメロディーだが、<いかにも>的で少々気恥ずかしくなるのは、ぼくだけではないだろう。が、主題と変奏としてはよく出来ているし、特に長調に転じる第4変奏が、穏やかな安息に満ちて美しい。

同じ曲を写真右のウィーンコンツェルトハウス四重奏団とウィーンフィルの追加メンバーによるウェストミンスター盤で聴くとまったく趣が異なる。録音年代によるところも大きいだろうが、ベルリンフィルメンバーによる演奏と比べ、音色や音のアタックが穏やかで優しい。やや鼻にかかったような音色で、ベルリンフィルメンバーの現代的でシャープな音とは随分異なる。曲の印象を決定付けるアーティキュレーションも、ウィーン組の演奏は様々な変化の度合いが穏やかだ。ベルリン組はずっとダイナミックに切り込んでくる。ブラームスのこの曲という限定を付けると、ぼくはウィーンフィルメンバーによるウェストミンスター盤に軍配を挙げる。ほとんど格違いといっていいほどの差がある。ひと昔前のスタイルと言えばその通りだろうが、何もスタイルは変化・進化するばかりが能じゃない。留まることも時に大事だ。


この盤(ベルリンフィル八重奏団員)の音源。


70年代にジュリアン・ブリームとジョン・ウィリアムスによるデュオがこの曲の第2楽章を取り上げた。
以降、ギターデュオのレパートリーの一つとして定着している。



参考までに、ブラームスの室内楽曲をリストしておく。
<二重奏曲>
チェロソナタ 第1番・第2番
クラリネットソナタ 第1番・第2番
ヴァイオリンソナタ第1番「雨の歌」・第2番・第3番
<三重奏曲>
クラリネット三重奏曲
ホルン三重奏曲
ピアノ三重奏曲 第1番・第2番・第3番・作品番号なし
<四重奏曲>
ピアノ四重奏曲 第1番・第2番・第3番
弦楽四重奏曲第1番・第2番・第3番
<五重奏曲>
クラリネット五重奏曲
ピアノ五重奏曲
弦楽五重奏曲 第1番・第2番
<六重奏曲>
弦楽六重奏曲第1番・第2番

★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

糸巻き



ギターネタを続けましょう(^^;
ギターを構成する部品のうち重要なものの一つに糸巻きがある。ギター用糸巻きにはヴァイオリン族と同じような木ペグ仕様もあるが、現代のクラシックギターの多くは、メーカー製のギア式メカのものが取り付けられる。星の数ほどではないにせよ、糸巻きも様々なメーカー・モデルがある。ギターを買うときは糸巻きも付いているのでそれを使うわけだが、故障で交換したり、オーダー楽器の際に糸巻きも指定する場合は、多くの選択肢から選ぶことになる。糸=弦を巻くという本来の機能に装飾性も加わって、ギターの価値を高めるアクセサリーでもある。その選択は中々楽しくも悩ましい。以下、手元にある(あった)楽器の糸巻きの写真とインプレッション。


米国スローン社製。10年以上前のモデル。当時としてはデザイン・性能とも評判が高かった。
slone.jpg

米国スローン社製。近年のもの。以前とギア仕様が変わった。巻き心地が向上。
slone_new.jpg

ギルバート。サイモン・マーティーに標準装備。いかにもメカニックで極めて堅牢な作り。巻き心地はまずまず。
gilbert.jpg

独ライシェル社製。ハウザーに標準装着されている。やや硬めながら確実なアクション。
Hauser_Rishel.jpg Hauser_Rishel_2.jpg

独ルブナー社製。シンプルなデザイン、価格も低めだが、やや硬めながら悪くない。これに似た独シェラー社製(下記シャラーではない)のものがある。
Rubner.jpg

独シャラー社製の廉価なモデル。見た目、使い心地とも価格相応。
shaller.jpg

後藤ガット製。当地が世界に誇るトップメーカー。フステロ風の王冠付きデザイン。螺鈿細工の天使が舞う。
Goto.jpg Goto_2.jpg


西フステロ社製。昔からラミレス他スペイン製ギターの多くに標準装着されていた。同社は2011年に営業を停止。市場にはまだ流通在庫がある模様。
Fustero.jpg


19世紀ギター;仏ラミー社の楽器に付いていたもの。極めて滑らかかつ確実な使い心地。
Lamy.jpg


19世紀ギター;英シャペル社の楽器についていたもの。これも素晴らしい巻き心地。この時代のツマミはもちろん象牙。王室御用達のマークも。
Chapple_peg.jpg Chapple_peg_2.jpg

真打!ロジャース。シンプルながら気品あるデザイン。気持ち悪いほど滑らかな巻き心地。少し前までは最高級糸巻きといえばロジャース一択だったが、最近は、アレッシー、バルジャック等選択肢が増え、また古くからあるメーカーもハイエンドモデルを次々に出し始めている。
Rogers.jpg Rogers_2.jpg


糸巻き交換の様子




★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

Eテレでも…



きのうの記事に書いた通り、今週金曜日のNHKBSプレミアム<美の壺>ではギター特集が組まれている。それだけでもちょっとしたトピックスだが、なんと、同じ日のEテレでもギターが取り上げられる。


201707_segovia.jpg


Eテレの7月21日金曜午後9時半から10時に放送される「ららら♪クラシック」で現代クラシックギターの父といってもよいアンドレス・セゴビア(1893年2月21日-1987年6月2日ちょうど没後三十年)が特集される。少し前に知っていたのだが、すっかり忘れていて、きょう職場の知人から知らされて、そうだったと思い出した。『高橋克典も驚がく!貴重な映像記録に見るギターの世界を変えた神業 (1)セゴビアトーンの秘密(2)ギターの天才は革命家 (3)波乱の生涯を貫く不屈の音楽家魂』とのこと。村治佳織、手塚健旨をゲストに迎えて、クラシックギタートークが繰り広げられそうだ。

ららら♪クラシック「解剖!伝説の名演奏家~偉大なるギターの革命家 セゴビア~」
http://www4.nhk.or.jp/lalala/x/2017-07-21/31/19997/2133231/



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

NHKBSプレミアム<美の壺>ギター特集



先日、懇意にしているギター製作家:田邊雅啓さんからメールがあった。
===============================
与太さん、こんばんは。
毎週金曜日午後七時半より、BSプレミアムにて『美の壺』という番組があります。来週21日はギターが特集で、私もクラシックギターの製作家として、短時間ですが、出ることになりました。もし可能ならば見て頂けると嬉しいです。実演等は準備の成果もあり。良い出来と思いますが、コメントはうまく話せずにボツになったか、ナレーターか、代弁してくれているのではと思います(^^;
===============================

…とのこと。<美の壺>はぼくもちょくちょく見る番組の一つ。定かではないが、楽器が取り上げられるのは初めてではないだろうか。番組HPには「クラシック・ギターからエレキ・ギターまで、使いやすさや豊かな音を求めた独特のフォルムを紹介。杢(もく)と呼ばれる模様を持つ、貴重な木材を使ったものや、精緻な貝の装飾など、芸術の域に達したギターが勢ぞろい!日本各地のギター工房でギターの造形美に迫りながら、ギタリストの村治佳織と渡辺香津美が、演奏とともにギターの美しさを語る。」とあった。番組紹介のショートムービーには村治佳織がトーレス(おそらく)を弾く姿も…。

美の壺「ギター」
http://www4.nhk.or.jp/tsubo/x/2017-07-21/10/19686/2418231/



ギターに馴染みのない方は意外と思われるかもしれないが、装飾性という観点からみると、ギターは楽器の中で最も見どころのあるものの一つだ。弦楽器という枠組みでみても、機能美に徹したヴァイオリン族とは対照的に、ギターは古来、様々な意匠性のある装飾が施されてきた。おそらく今回の番組では、その辺りにスポットを当てたものになるだろうと、楽しみにしている。


そんなこともあって、三連休最終日の日曜日のきょう、ことのついでに今手元にある楽器の装飾、とくにサウンドホール周りの通称ロゼッタといわれる部分の写真を撮ってみた。様々な色や模様は1mm以下の細かな木片が組み合わされて出来ている。日本の箱根細工と似た技法だ。その昔、何も知らないガキの頃は、印刷したラベルでも貼ってあるのかと思っていた(^^; 昨今は、デザイン、色合いとももっと意匠性にこだわったギターもあるが、ぼく自身は伝統的で地味な木質系デザインが好みだ。


サイモン・マーティー:2006年
SMarty (560x560) DSCN5999 (560x560)

ゲルハルト・オルディゲス:2008年
G_Ordiges (560x560) DSCN6002 (560x558)

ホセ・ラミレス3世:1978年
Ramirez_3 (560x560) DSCN6004 (560x560)

ヘルマン・ハウザー3世:2006年
Hauser_3 (560x560) DSCN6030 (560x558)

英チャペル社:1860年代
こちらは貝殻を使った螺鈿。胴周りの白いパーフリングは鯨の髭。
Chapple (560x560) DSCN6008 (560x558)

DSCN6009 (560x560) DSCN6010 (560x560)


以下は美の壺に出演予定の田邊さんのマイギター。どこもかしこも高い工作精度で作られていて、いつ見ても惚れ惚れする。もちろん音も極上だ。
DSCN6023 (560x560) DSCN6022 (560x560)

DSCN6021 (560x560) DSCN6019 (560x560)

Tabnabe (560x560) DSCN6017 (560x558)

DSCN6016 (560x560)



ロゼッタの作成


ギターの製作を10分で紹介



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バッハBWV853



三連休中日の日曜。どんよりとした雲に覆われがちながらもじわじわと気温上昇。昼をはさんで家内作業少々。夕方には車点検で行きつけのディーラーへ。他、格別のこともなく淡々とした日曜日。夜半近くになって、数日ぶりにアンプの灯を入れた。


DSCN5995 (560x560)


派手にドンパチやる音楽を聴く気にもならず、心静まる音楽をと、バッハ平均律のアファナシエフ盤を取り出す。よくよく録音データをみて、もっとも長く、かつ調性記号の多そうな曲を選んだ。アファナシエフの場合は第1集第8曲変ホ短調BWV853がそれにあたる。前奏曲に5分12秒、フーガに7分46秒を要している。調性は変ホ短調でフラット6つ(フーガ部は嬰ニ短調としてシャープ6つで記されることことが多い)

いつもながら静かに深く沈みこむバッハ。ここ数年、平均律といえばもっぱらアファナシエフを聴いている。グールドの演奏が1曲1曲に意を尽くして様々なアプローチを展開するに対し、アファナシエフは平均律全曲に対して統一したコンセプトで臨んでいるように感じる。曲想の違いは解釈ではなく、もっぱら曲そのもの、バッハの楽譜そのものの違いによって表出される。だからどの曲を聴いても、同じ向かい合い方が出来るように感じるのだ。アファナシエフのバッハへのアプローチは技法的にはややロマンティックに寄っているだろうか。和音はやや分散和音的に弾く。楽曲全体に過度の緊張感や厳しさを持ち込んでいない。このBWV853に対しても同様だ。深く静かに進むが、厳しさはなく、どこかやるせない寂しさとあきらめが付きまとう。


パトリシア・ハーゼという若いピアニスト。ぼくは寡聞にして不案内。


リヒテルの演奏による前奏曲。


ヴィラ・ロボスがチェロ合奏用にアレンジした前奏曲。
>

アファナシエフ盤の第1集後半。BWV853は7分03秒から



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)