ムターのベートーヴェン



雨降りの週末。まったくよく降る。さらに台風接近中で、あす朝の通勤時間帯に当地関東地方を通過するとの予報だ。天気回復はあさって以降の見込み。やれやれだ。さて、これといったこともなく休みも終わり、テレビでは衆院選速報一色。各党の旗色を横目で眺めつつ、音盤タイム。前回のシェリングのベートーヴェンで思い出し、こんな盤を取り出した。


DSCN6295 (560x502)


アンネ・ゾフィー・ムター(1963-)によるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調。クルト・マズア指揮ニューヨークフィルのバック。2002年のライヴ録音。同じくベートーヴェンのロマンス2曲も収録されている。手持ちの盤は、15年ほど前に仕事で中国を何度か訪れたときに手に入れたもの。ジャケット帯に中文の記述があるのでそれを分かる。当時の中国は市中に海賊盤があふれていた時期。繁華な街の道々には海賊盤を売る露天商が並んでいた。この盤は大きなショッピングセンターに入っていた、見た目は立派なCDショップで買い求めたが、正規盤かどうかはあやしいところだ。

ムターは、まだティーンエイジャーだった1979年にカラヤン&ベルリンフィルとこの曲を録音している。ブラームスやモーツァルトなど一連の録音を残した時期だ。それから四半世紀を経た再録音。当たり前だが、音楽の様相はまったく異なる。第1楽章冒頭、オケの序奏が終わってムターのソロが入ってきた瞬間から、濃厚なロマンチシズムが立ち上がる。たっぷりとしたボウイング、深く強いヴィブラート、大胆なテンポ・強弱の表情付け等々、今に至るムター・スタイルが提示される。例えば、最弱音のノン・ヴィブラートで聴き手の耳をひきつけたかと思うと、次の瞬間には一気に深いヴィブラートとを伴ったフォルテへ移行するといった、ディナーミクをより拡大する手法が随所に見られる(特に第2楽章で顕著)。おそらく実際のライヴではこれらの手法が効果的に聴衆の耳をひきつけ感動へを導くのだろうが、それを録音として(冷静に)聴くと、少々<くどさ>を感じる側面もある。マズア&ニューヨークフィルのバックもそうしたムターの解釈に沿ったもので、この演奏に関してはすべてがムター色だ。録音状態はライヴゆえの制約も少々あって、各パートの分離やオケの広がり、前後方向の再現等は万全ではない。70~150Hzあたりの耳につきやすい低音域が、チューニングの適切でないバスレフ式スピーカで聴いているかのようにやや膨らむことがある。総じて、40代を目前に人も音楽も成熟し、ティーンエイジの頃とは異なる表現を身に付けたムターその人を聴く盤だ。



小澤&ボストンとの日本公演@サントリーホール1989


小澤&ベルリンフィルとの第1楽章冒頭。2008年


この盤の音源。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

シェリングのベートーヴェン


関東地方はきょうも雨模様。先週末から一週間、ほとんど雨続きだ。気温も低く、上着をもちろん薄手のコートを羽織っている人も多い。さらにあす以降は台風接近もあって荒れ模様になりそうだ。 さて、今週はあれこれ雑多な身辺雑事に追われ、何となく慌しく終了。ホッとひと息の週末金曜日。もう日付が変わる時刻だが、こんな盤を取り出して、絞り気味のボリュームで聴いている。


201710_Szeryng_LVB.jpg


ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調。ヘンリク・シェリング(1918-1988)のヴァイオリン。ハイティンク指揮アムステルダムコンセルヘボウ管弦のバック。第1楽章カデンツァはヨアヒム作のもの。1973年録音。当時シェリングは52歳。手持ちの盤は1980年に出た2枚組の廉価盤。1枚がバッハのヴァイオリン協奏曲3つ、もう1枚がベートーヴェン。両曲ともその頃までにはFMエアチェックカセットでいやと言うほど聴いていたが、レコードとしては初めて手にした盤だった。まったく個人的な嗜好で、ベートーヴェンのこの曲は他のヴァイオリン協奏曲に比べ圧倒的に聴く機会が少ない。ベートーヴェンの作品の中でも穏やかでナチュラルな牧歌的曲想は珍しく、ついついベートーヴェンには苦悩と勝利とを求めてしまう…というわけでもないが、この曲や田園交響曲などは聴く頻度が少ない。

この盤の演奏はシェリングとハイティックというコンビからイメージする通りのもの。穏やかで田園的な雰囲気を保ちながら進む。第1楽章の前半などは、やや硬さがあり流麗さを欠くが、中盤から次第に音楽はふくよかに響き出す。その雰囲気がそのまま第2楽章に持ち越され、ソロ、オケ共に抑制の効いた歌い口で静かに進み、まことの感動的だ。終楽章のロンドも急がないテンポ設定で、和音の移り変わりや木管群の響きなど、まるで森の中を逍遥するかのように進む。<アムステルダム>時代のコンセルヘボウは、音がよくブレンドされた木質系の音色で実に好ましい。聴く頻度が圧倒的に少ないといいながらも、手元にはフルトヴェングラーとメニューヒン、ヨッフムとシュナイダーハン、クリュイタンスとオイストラフなど、往時の名盤もいくつかある。いずれもまた針を通すことにしよう。


第1楽章途中まで。シュタインバッハーのヴァイオリン、ネヴィル・マリナー(1924-2016)指揮NHK交響楽団。2007年@サントリーホール。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バッハ BWV48 <われ悩める人、われをこの死の体より>



きょうの関東地方は先週末から続いていた雨もあがり、久しぶりに晴れ間がのぞく。気温も幾分上昇したが、相変わらず平年より低め。あすは再び雨模様となって気温も数度低くなるとのこと。さらに週末にかけて台風接近の予想もあって、秋の好天は一体どこへやら…だ。 さて、週半ばの水曜日。本日も程々に業務に精励。通勤車中にYOUTUBE音源で聴いたこともあって、こんな盤を取り出した。


201710_BWV48.jpg


バッハのカンタータ第48番<われ悩める人、われをこの死の体より>。教会暦によれば、今度の日曜日は三位一体主日後第19主日とのこと。この日のためにバッハが作った曲はBWV5、48、56とされいる。その中の一曲。例によってブリリアント版バッハ全集中の一枚。曲は以下の7曲からなる。

 第1曲 コラール
 第2曲 レシタティーヴォ(アルト)
 第3曲 コラール
 第4曲 アリア(アルト)
 第5曲 レシタティーヴォ(テノール)
 第6曲 アリア(テノール)
 第7曲 コラール

第1曲のコラールは<ため息>音形を奏でる弦楽群によって始める。ほどなく合唱が入るが、かなり頻繁に転調を繰り返しながら進み、ため息音形によって強調される倚音と共に、どこか落ち着きのない不安が表現される。 続いてアルトのレシタティーヴォとコラール。ここでも次々と転調を繰り返し不安さは変わらない。第4曲アルトのアリアになって音楽はようやく落ち着きと安堵を取り戻す。ここではオーボエのオブリガートが終始寄り添い、それを下支えするチェロのフレーズと共にこのカンタータ中もっとも美しい曲が響く。続いてテノールがレシタティーヴォを語り、そのあと同じくテノールが第6曲のアリアを歌う。譜面を確認していないのではっきりしなが、このアリアは3/4拍子と基調としながら3/2拍子がヘミオラ風に入り組む。しかもここでも転調が頻繁に行われ、不思議な浮揚感がある。

ブリリアント版バッハ全集でカンタータを担当しているピーター・ヤン・ルーシンク指揮ネザーランド・バッハ・コレギウム他の演奏は、例によって細かな精度でメジャー団体には及ばない。器楽と独唱陣はおおむね及第だと思うが、ボーイソプラノがときに不安定となるのが残念。しかし、ヨーロッパの日常的なバッハ演奏として聴けば、これはこれで貴重な演奏だろう。


ベルギーの古楽団体Le Concert d'Anversによる雰囲気のある演奏。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バースタイン&ニューヨークフィルのマーラー第10番



関東地方はきょうも…しとしとぴっちゃんしとぴっちゃん♪。気温も一層低く、夜になって暖房のスイッチを入れた。いきなり冬かぁ…。そういえば関東地方は昨年11月末に異例に早い初雪に見舞われた。秋の風情はどこへやらだ。 さて、今年初めての暖を取りつつ、今夜は音楽も少し濃い目にいこうかと、こんな盤を取り出した。


201710_Berstein_GM10.jpg 201710_Berstein_GM_LP.jpg


久しぶりのマーラー。バーンスタイン指揮ニューヨークフィルの演奏で第10番の交響曲を聴くことにした。バーンスタイン、そして彼のマーラー演奏についてはあれこれ紹介する必要もないだろう。1975年録音のこの盤は、彼のニューヨークフィルとの60年代から始まった最初の全集録音(写真右。LP15枚組近所のリサイクル店で\980で捕獲 ⇒ その後CD盤を入手したため知人に譲渡)に、あとから付け加わる形で追加された。この盤ではA面に第10番、B面にはジャネット・ベーカーが歌う「亡き子をしのぶ歌」が入っていて、当時まだ残っていたSQ4チャンネル対応のカッティングがなされている。

調性感の定まらない不安げなヴィオラのメロディーでこの曲は始まる。ひとしきりこの旋律が続いたあとヴァイオリンの主題が出て、ようやく音楽が動き出す。以後はこの主題を変奏する形で曲は進むが、マーラーの作品らしい濃厚なロマンチシズムと同時に、頻繁な転調やときおり調性感を失うような箇所も多く、ずっとその音楽に浸り切る安定はない。常に居所定まらない不安が付きまとう感じだ。マーラーが、自身の死がそう遠くないこと悟っていた時期の作品で、かつ5楽章の構想を描きながら絶筆に終わったこの曲は、残された二十数分間のこの第1楽章に象徴されている。もし5楽章が完成していたらどういった音楽になっていたかは、デリック・クックによって補筆された全曲版が有名だ。手元にサイモン・ラトルによるクック版もあるので、いずれ取り上げよう。

バーンスタインの指揮ぶりは、この曲に関しては意外にもあっさりと仕上げている印象だ。同じニューヨークフィルとの録音で聴かれる熱っぽい感情移入や、フレーズをことごとく粘り気味に歌い、重い足取りで進む特徴的な曲の運びは影をひそめている。ど素人が批評するような話ではないが、さすがにマーラー指揮者として第一人者だったバーンスタインだ。やはり楽曲の特性をよく心得ている。なお、先に記したCD盤全集はまだアマゾンで入手可能。音質もリフレッシュされていて、マーラー交響曲のファーストチョイスとしも妥当だろう。三千円也は超破格値だ。


ウィーンフィルとのライヴ映像。1974年ウィーンコンツェルトハウス。


クレーメルと彼が率いるクレメラータ・バルティカによる弦楽合奏版の演奏。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

M・ポンセ<前奏曲集>



きのうきょうと時折小雨降るあいにくの週末。気温も低く、この秋はじめてセーターを着込んで過ごした。きょうは昼過ぎから野暮用外出。その足で先日拙宅に遊びに来てくれた知人が参加しているギターアンサンブルの練習を見学。ひと月ぶりにお会いして、その後新調したという楽器も拝見してきた。こういうギター仲間との交流があると、こちらも刺激を受ける。帰宅後、楽器を取り出し、日が暮れる時刻まで、しばし練習に精を出した。


201710_Ponce_Prelude.jpg  201710_Ponce_Prelude_Segovia.jpg


時々思い出したように楽譜を広げて楽しむマヌエル・ポンセの前奏曲。ぼくら世代には懐かしい70年代に音楽之友社から出ていたセゴビア・アルバムの1冊、第10巻を取り出した。この巻には<セゴヴィア編12の前奏曲>が載っていて学生時代にはひと通り弾いた記憶がある。久々に楽譜を広げると当時のものと思われる書き込みもあった。

本ブログでも時々登場してもらっているマヌエル・ポンセ(1882-1948)は、ギター弾きにとっては近代作品の貴重なレパートリーを残してくれた作曲家だ。しかし大曲のソナタ類はその素晴らしさを承知していながら相当気合を入れないと、ものにならない。その点この前奏曲集はどの曲も1分ほどの小品の集まり。技巧的にも自称中級程度の技術レベルで何とかなる。 それでいて音楽として中々楽しめるもので、フレーズの切り出し、アーティキュレーションの吟味、ヘミオラやゼクエンツの扱い、近代的和声感の感じ方と表現など中々いい教材だ。12曲全部は荷が重そうなので半分ほどを選んで練習し、機会があればどこかでお披露目しようと思っているが、未だ実現せず。またセゴヴィア編ではないリヴァイスされた<24の前奏曲>の楽譜も、そのうちと思いながらまだ手に入れてない。


弦長600mmのミニギターで弾いている演奏。<24の前奏曲>から


全24曲を弾いているプレイリスト。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

Guitar Music of 80’s



きのうの夏日から一転、気温15℃の肌寒い一日。しとしと終日雨模様。どうやら週末そして来週前半くらいまでぐずついた天気が続くらしい。ほどほどの雨は、静かで落ち着いて悪くはない。幸い週末。まあ、濃いめの珈琲でも淹れてのんびりしよう…と、そんなことを考えながら音盤タイム。きのうの記事で思い出し、この盤を取り出した。


201710_Wiedemann2.jpg  201710_Wiedemann_80s.jpg


アウグスチン・ヴィーデマン(写真)の弾く80年代ギター曲集。BMGグループの廉価盤レーベルARTENOVAの1枚。きのうの記事に書いた同じヴィーデマンによる<90年代ギター曲集>の姉妹編。もっともリリースはこちらが先。収録曲は以下の通り。

ローラン・ディアンス
Libra Sonatine (1982)
 •India
 •Largo
 •Fuoco
セルジュ・アサド
Auquarelle pour gitarre (1986)
 •Divertimento
 •Valseano
 •Preludio e toccafina
ジョー・ザヴィヌル
 •Mercy, Mercy, Mercy (arr. 1989, Helmut Jasbar)
レオ・ブローウェル
EI decameron Negro (1981)
 •La arpa del guerrero
 •La huida de los amantes por el valle de los ecos
 •Ballada de la doncella enamorada
武満徹
•All in Twilight - Four Pieces for Guitar (1988)


先に記した通り、<90年代ギター曲集>の姉妹編にあたる盤だが、たまたま選曲によるだろう、10年早い80年代曲集のこの盤の方が、より現代的で斬新な表現がみられる。ついこの間の80年代…と思っているのはぼくらのような年寄りだけで、紛れもなくすでに30年が経過しているのだ。この間に、ディアンスの曲も、ブローウェルの<黒いデカメロン>、そして武満徹の<すべては薄明の中に>も、すっかり定番曲になっているといっていい。いくつかの曲を除き、静寂が支配する音の世界が広がる。コンサートでこれらの曲だけを並べることはありえないだろうが、そこはCD。コンセプトとしてのまとまりのよいアルバムに仕上がっている。ヴィーデマンのギターは、柔らかな美しい音色で丁寧に弾き込んでいる。


アサドの美しい曲<Valseana>


派手な仕掛けが満載のディアンス<Fuoco>。


楽譜はこんな感じです



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

Guitar Music of 90’s



きょうの当地関東地方は、日照ほどほどながら気温湿度共に高く、ちょっとムッとするような暑い一日だった。前線通過の影響とか。あすは一気に肌寒くなるらしい。 さて、本日も程々に業務に精励。ひと息ついて夜も更けて…こんな盤を取り出した。


201710_Wiedemann.jpg


1992年のハバナ国際ギターコンクールで優勝したドイツ生まれのヴィーデマンというギタリストが1990年代、すなわち現代のギター曲を集めて弾いている盤。ARTENOVAという廉価盤レーベルの中の1枚。以前は都内の店ではよく見かけたレーベルだが、最近目にしない。収録曲は以下の通り。3.を除き他は数曲の小品で構成されている。

 1. ローラン・ディアンスのフランスシャンソン集
 2. ボグダノヴィッチのジャズソナタ
 3. スティング:孤独のメッセージ
 4. ヘルムート・ヤスバー:4 Miles 2 Davi

いずれの曲も耳に心地よく、夜更けのBGMとしても最適だ。ちょうど一年前、昨年の10月に亡くなったローラン・ディアンス(1955-2016)のフランスシャンソン集からは全26曲中5曲が選ばれている。いずれもジャスとポピュラーのテイストを帯びた曲想をクラシックギターの技巧にのせて奏でられる。フレンチ・シャンソン集は挑戦してみたい曲ではあるが、楽譜を見るとクラシカルな古典的素養だけでは初見がききにくい譜割りだ。ジャズギタリストが耳コピーして弾けば、正確さはともかく、雰囲気は掴んでいとも簡単に弾くのかもしれない。ボグダノヴィッチのジャズソナタもしばらく前から人気の曲。孤独のメッセージはポピュラーファンにはお馴染み曲だろう。
クラシックギターって、どういうギタージャンル?と聞かれて説明しようとすると、クラシックギターという呼称と実態には中々説明しにくい現実がある。こうした曲だけが90年代あるいは現代のギター曲を代表しているわけではないが、ジャズ・ポピュラーテイストとクラシカルなギター技法との融合という点において、その一つには間違いないだろう。


ディアンスのフランスシャンソン集のプレイリスト


ボグダノヴィッチ:ジャズソナタから



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)