アバド&CSO マーラー交響曲第5番嬰ハ短調



クラウディオ・アバドが亡くなってからすでに十年になる。2014年の1月20日過ぎ、ネットニュースで訃報に接した。享年80歳。アバドも80歳にもなっていたのか…そのとき、まずそう思った。


202402_Abbado_GM5.jpg


ぼくが音楽をせっせと聴きだした70年代中盤には、次世代を担う若き旗手だった。そんなイメージからぼくの中でのいつまでも「若手」だった。 カラヤン亡きあとのベルリンフィルのシェフをなり、近代化と国際化を推し進めたアバドだが、同時にベルリンフィルを軽量化しただの、譜読みが浅いだのと指摘する声も絶えなかったと記憶している。ぼく自身彼の熱心なファンではなかったのだが、手持ちのいくつかの盤に聴く彼のしなやかで明快な音楽作りがピタリとくるものもあって、特にメンデルスゾーンやマーラーには愛着を持っていた。

今夜はそんな10年前のことも思いつつ、シカゴ響とのマーラー第5交響曲を聴くことにした。アバドにとっては最初のマーラー5番。1980年録音。手持ちの盤はカートンボックス入りの独グラモフォン輸入盤。確かお茶の水界隈の中古レコード店で買い求めたはずだ。1,450円のプライスタグがまだ付いていた。ハンナ・シュヴァルツが歌う「リュッケルトの詩による5つの歌曲」がカップリングされている。結果論として振り返ってみると、アバドはやはり80年代前後までのロンドン響やシカゴ響との時代がベストではなかったかと感じる。このシカゴとの演奏も颯爽としていて、かつ力ずくにならずにシカゴ響のパワーをうまく制御してしなやかな歌を引き出しているように思う。そして注意深く聴くと各声部がよく分離してクリアに聴こえてくる。シカゴ響の特性もあるだろうが70年代までの独グラモフォンの音響バランスとは明らかに違う。例のアダージェット楽章も、明るくクリアで清々としていて、これはこれでいいマーラーだなあと思うのだ。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤の音源。第1楽章


同 第4楽章アダージェット


2004年、ルツェルン祝祭管弦楽団との第5番全楽章。晩年はこのルツェルンのオケを指揮し、ベルリンフィル時代には見られなかった活き活きとした演奏を残した。ルツェルン祝祭管弦楽団は欧州選抜とでもいうべき混成オケ。ナターリヤ・グートマン(Vc)、ザビーネ・マイヤー(CL)、アルブレヒト・マイヤー(Ob)ら豪華メンバー。客席にはポリーニ(0分45秒)他VIPの顔がみえる。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

テンシュテット&LPO マーラー交響曲第5番嬰ハ短調



先日来聴いているマーラー。今夜も続けて聴こうかと、この盤を取り出した。


202402_GM_Tennsdet.jpg


クラウス・テンシュテット(1926-1998)とロンドンフィルハーモニーによるマーラー交響曲全集。1977~1988年のスタジオセッション録音。手持ちの盤は20年近く前にEMIから出ていた一連のボックスセット中の一つ。今夜はこの中から第5交響曲嬰ハ短調を取り出して聴いている。テンシュテットのマーラーはこのスタジオ録音以外に相当数のライヴ盤が出ていて、そのいずれもが高水準だ。このスタジオ録音よりもライヴ録音盤を推す声も多い。第5番も確か数種類が出ていたと記憶する。手元にも日本公演でのライヴ盤がある。

テンシュテットの演奏を聴くたびに、もう少し長い間活躍してほしかったと思わざるを得ない。西側への登場がすでに壮年期になってから。以降、ドイツ的な重量感のある演奏で人気を博した。特に晩年ベルリンフィルといくつかの録音を残しているが、そのいずれもが重量級の素晴らしい演奏だ。このロンドンフィルとのマーラーも、さずがにオケの力量はBPOにいささか譲らざるをえないが、多少のハンディキャップを考慮してもこの曲の演奏の中で最有力の一つだろう。

第1楽章冒頭から重々しい響きとテンポで始まる。緩急とダイナミクスの幅が大きく、ときにうねるような表情付けもあって、昨今のさらりとしたマーラー演奏とは一線を画す。そういう言い方をするとバーンスタイン風の感情過多の粘着質な演奏かと思われそうだが、そうではない。音響的には決して騒がず、理性的な抑制が効いていて、造形の厳しさを感じさせる。聴いているこちらも、熱くはなるが、同時に客観的な冷静さも失わないで聴くことができる。こうしてあらためて聴くと、冒頭の葬送行進曲や第4楽章アダージェットばかりではなく、他の楽章もまったく隙のない名曲であることを実感する。

このロンドンフィルのとのスタジオ録音はアナログ録音からデジタル録音への移行期にあたり、一部にオケの力量共々批判を受けるようなところもあるにはあるが、この第5番に関しては十分納得のいく音の状態だ。特にグランカッサやコントラバスの空気感を感じさせる低い帯域の音も量感豊かにとらえられていて、小型密閉式の例のFalcon_Q7で聴いていても低重心な音響が楽しめる。全集全体を通して、歪っぽくなりがちな合唱が入らない曲に関しては問題ないレベルだろうと思う。 純粋に音楽的な解釈と音響構成でマーラーを堪能できる名盤だ。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村




この盤の音源で全楽章。


同じコンビによる同曲第2楽章冒頭。1988年ライヴ@ロンドンフェスティバルホール。


この曲をポピュラーにした第4楽章アダージェットは様々な場面で聴くことが多い。2012年東京駅復原の際にはJR東日本のCMで使われた。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

バーンスタイン&NPO マーラー交響曲第5番嬰ハ短調



先回聴いたマーラー第5交響曲。これまで半世紀に渡って飽きるほど接してきた曲だが、久しぶりにスピーカーと対峙して聴き、その素晴らしさをあらためて感じた。ならば…と、きょうはこちらのマーラーを取り出した。


202402_GM_Bernstein.jpg


レナード・バーンスタイン(1918-1990)が60年代に当時の手兵ニューヨークフィルと録音したマーラー交響曲全集(第10番は1975年録音。また第8番はロンドン響との演奏)。十年程前にオリジナルLPジャケットデザイン12枚組のボックスセットで出たもの。オリジナルのLPセットを持っていたのでどうしようかずっと思案していたのだが、三千円でお釣りがくるという値段に背中を押されて手に入れた。

80年代後半になって独グラモフォンに再録音するまで、この<旧全集>は長らくバーンスタインの名刺代わりとでもいうべきものだった。現在でもマーラー演奏のベストとして推す意見も多い。それほどまでにマーラーの演奏を語るときには必ずといっていいほど引き合いに出される録音だ。ぼくも70年代半ばにこのコンビの演奏による第5番と第9番をセットにした廉価盤LPでマーラーにのめり込んだ。その後、リサイクルショップのジャンク箱から先に記したオリジナルのLPセットを捕獲し、他の録音を含めた全容を知るに至った。LP盤で不足はなかったが、2009年にDSDマスタリングされた音源を使ったとのふれ込みや、長丁場の曲はやはりCDの方が扱いやすいという安直な理由もあって手に入れた。

さきほどから第5番嬰ハ短調(1963年録音)を取り出して聴いている。LP時代から聴き親しんできた演奏だ。広いオーディオレンジと豊かに広がる音場感、ホールトーンに溶け込むピラミッドバランスの音響…そういう現代風マーラー録音の対極といってもいい録音音質であり、演奏自体もそうした見栄えの良さを追い求めたものではない。冒頭のソロトランペットもいささかショボイし、ニューヨークフィル全体の音も潤いに欠ける。しかし、どこを取ってもまさに血が吹き出るような情熱にあふれ、バーンスタインの熱い指揮棒にオケがきしむような音で付いていく。コンサートホール中ほどのS席ではなく、バーンスタインの靴音が聞こえてくる指揮台のすぐ横で、熱気を感じながら聴くようだ。もちろん、必要なホールトーンは確保されているし、各パートのバランスも悪くなく、新しいマスタリングの効果もあってか音の解像度も良好。アナログからデジタルの移行期に録音されたテンシュテット&ロンドンフィルとのセッション録音による全集よりは音質良好と感じる。

先回聴いたインバル&フランクフルト放響との演奏とは対照的。バーンスタインが心血を注ぎ、一時代を画したマーラー演奏として今も価値ある録音だ。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤による音源。第5番第4楽章アダージェット。
一旦静まったあとの5分19秒、次のフレーズに入る一瞬の間合いに背筋がゾクッとくる。5分44秒から音楽は再び動き出し、以降バーンスタインがほとばしり出る熱情を抑え、オケがこらえ、しかしせきを切ったように流れ出る。


ウィーンフィルとの第4楽章アダージェット。バーンスタインは70年代にウィーンフィルと多くの映像作品を残した。マーラーの交響曲もその中の一つ。ネックを高々と上げてオケを先導するコンマス:ゲルハルト・ヘッツェル。そしてその横には当時まだ二十代だったライナー・キュッヘル。


この盤の音源で第5番嬰ハ短調全曲



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

インバル&フランクフルト放響 マーラー第5交響曲嬰ハ短調



寒さが戻り、小雪もちらつく週末金曜日。暖を取りつつアンプを灯を入れ、この盤をプレイヤーにセットした。


202402_Inbal_GM5.jpg


エリアフ・インバル指揮フランクフルト放送交響楽団(一時期hr交響楽団に改称したが、数年前から再び旧来の呼称が公式名になった)によるマーラーの交響曲第5番嬰ハ短調。1986年1月の録音。手持ちの盤は2000年代初頭に日本コロンビアの廉価盤シリーズCREST1000としてリリースされたときのもの。

エリアフ・インバル(1936-)といえば、70年代半ばからその名が知られ始め、80年代以降、マーラーやブルックナー、ショスタコーヴィッチなどの大曲を次々に録音し、手兵フランクフルト放響と共に大いに人気を博した。ぼくが彼の名を知ったのは学生だった70年代後半で、NHK-FMで紹介される現地のライヴ録音で聴いたマーラーの第2交響曲が最初だった。4畳半下宿で聴く現地の放送音源による演奏は貧弱なオーディオセットにも関わらず実に生々しく熱気を帯びていて、これが本場のライヴ演奏か、これが本場の響きかと興奮を覚えたものだ。その後80年代になってインバルとフランクフルト放響のコンビによる大曲の録音が次々にリリースされた。 この盤も一連のマーラー録音中の一枚で、他の盤同様、当時デジタル録音で世界の先駆だった日本コロンビア(DENON)が現地に乗り込んでヘッセン放送との共同制作として録音された。発売当初から録音の良さでも知られ、オーディオ機器の音質評価用のディスクとしてもよく使われていた。

久しぶり聴いたが、やはり素晴らしい録音だ。ワンポイント録音の手本のような音で、第1楽章冒頭のトランペットから、録音会場のフランクフルト:アルテ・オパーの空間を感じさせる。過剰になりがちなホールエコーを程よく制御しながら細部も克明にとらえ、全体としてまとまりのある音に仕上げられている。 演奏もそうした録音特性にピタリと合致するように、オーケストラを豊かに鳴らしながらも決して全体のバランスを崩さず、かつ弱音で奏される細部も明瞭に提示される。マーラーというと、とかく熱量が多くエネルギッシュな解釈と音響が表に出るケースも多いが、この演奏はその対極だ。高揚感や音響ボリュームはしっかり感じさせるものの、演奏全体に常にすっきりとした見通しのよさがある。曲の解釈、演奏のパフォーマンス、そして録音技術。それら三者が理想的に組み合わされ、力を発揮した素晴らしい演奏記録だ。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤の音源。全5楽章


このコンビによる同曲の来日ライヴ。この盤録音の翌年1987年サントリーホール



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ホルン!



週半ばの水曜日。気付けば二月も下旬になった。寒さもピークアウトし、寒暖行きつ戻りつしながら春の到来も近い。 さて、夜半前のひと時、机の上を片付けながらのナガラ・リスニング。さきほどからマーラーの第1交響曲を聴いている。


202402_Horn.jpg


以前、マーラー中間楽章の「つまみ聴き」の記事を書いたが、もちろん中間楽章以上にマーラーの終楽章は感動的だ。来るぞ、来るぞ、とわかっていながら、そのクライマックスに向けての演出に引き込まれてしまう。先程から聴いているマーラー第1番の終楽章でもホルンが目立つ。音を聴いているだけでもそうだが、最近のコンサートではクライマックスでベルアップし、さらに最後はホルンセクション全員が立ち上がって朗々と吹くこともしばしばだ。視覚的な効果も加わって、エンディングのカタルシスは比類がない。

思い起こしてみれば、管弦楽におけるホルンはオケを構成する楽器の中でも最も重要かつ魅力的な楽器のひとつだ。音数の少ないフレーズやロングトーンを吹くだけでも、オケの響きが格段に広がりと深みを増す。ソロもいいし、セクションでのアンサンブルもいい。どれか一つの楽器に注目して管弦楽を聴くというのも、曲を知るには面白い。YouTubeを覗くと同じような視点で編集された動画もたくさんあって、興味が尽きない。。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



マーラー交響曲第1番終楽章のエンディング。ラトルの巧みな解釈。そしてサラ・ウィリス率いるBPOの最強ホルンセクション。1分30秒起立!


ブラームスの交響曲でもホルンはしばしば活躍する。第1番終楽章。小澤征爾&サイトー・キネンO


古典期の作品、取り分けベートーヴェンの作品でもホルンは花形だ。第8番の第3楽章。ブリュッヘンと18世紀オケ。ナチュラルホルンの妙技。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

小澤&BSOのバルトーク



先日訃報にふれた小澤征爾(1935-2024)。ぼく自身は彼の熱心なファンというわけではなかったが、手元には何枚かの盤がある。きょう取り出したのはかつての手兵ボストン交響楽団(BSO)を振って録音したバルトークの管弦楽曲集。この盤も発売当時買ったものではなく、例によって二十年近く前、出張帰りに梅田の中古レコード店で手に入れた。


202402_OZAWA_Bartok2.jpg


発売当時から印象に残っている中々強烈なジャケットデザイン。ライナーノーツにはジャケットデザイン:ペート・ハルメンと記されている。ぼくは寡聞にして知らないが、一度見たら忘れないジャケットの一つだろう。この盤が録音された1975年頃といえば、小澤とボストン響は蜜月時代を経てドイツグラモフォンから次々と新録音をリリースしていた時期だったと記憶している。振り返ってみても小澤征爾の仕事の中でもっとも充実していた時期に違いない。両曲ともアナログ最終期の素晴らしい録音。60年代の独グラモフォンサウンドとは違って、安定した低音を残しながらも、各パートの分離が明瞭で打楽器群もクリアに入っている。

この盤に収められたバルトークの2曲「中国の不思議な役人」と「弦、打楽器とチェレスタのための音楽」は、明快で切れのいい音楽作りをしていた当時の小澤征爾にはぴったりの曲目だ。「中国の不思議な役人」を最初に聴いたのは学生時代のFMだった。音楽はともかく、まずそのタイトルがそのまま実に不思議で印象に残った。後年、役人(=宦官)と売春婦と殺し屋が登場人物という中々過激な内容のパントマイム付帯の音楽だと知った。こうして音楽だけ聴いて、そのパントマイムを想像するのも中々面白い。音楽はバルトークの土俗的な民族色よりは、ストラヴィンスキー風のバーヴァリズムを感じる。もっとも、何百回と聴いているベートーヴェンやブラームスなら何曲もある交響曲全部を鼻歌で歌えそうだが、当然こういう曲にはそこまで馴染みはない。いつか、ひと月連続で毎晩聴いてみようかしらん。

「弦、打楽器とチェレスタのための音楽」通称「弦チェレ」の方は学生時代からライナー&シカゴ響のLPに親しんでいて、ずっと馴染みがある。この曲はまず冒頭のフーガ風の導入部がいい。何度聴いてもゾクゾクとしてくるイントロダクションだ。第2部に入るとバルトーク節全開となって突っ走る。第3部の神秘的なノクターンを経て第4部へ。ここでは再びエネルギッシュなリズムにのって民族的なフレーズが歌われる。飽きずに30分があっという間に過ぎてしまう。それにしてもこんな曲のスコアを暗譜して、複雑なアインザッツを指示しながらオケをコントロール出来たら、さぞ面白いだろう。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤の音源「中国の不思議な役人」  英LP盤をCTC社による、Garrard301をベースにSMEの12インチアームで鳴らすシステム。ヴィンテージマニア垂涎のシステム。


同 「弦、打楽器とチェレスタのための音楽」



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

カーメン・マクレエ「After Glow」



週末土曜日。昼から隣り町のマンドリン楽団の練習へ。きょうはギターではなく、マンドラ・テノールのパートを弾くため例のリュート・モデルノ(マンドリュート)を背負って参加。久しぶりのリュート・モデルノ。終始よたよた運転で練習を乗り切った(ふ~っ)。さて、夜半前の音盤タイム。ほとんど縁の無くなったバレンタインデーの名残りのチョコを頬張りつつ、こんな盤を取り出した。


202402_After_Glow_Carmen.jpg


「My Funny Valentine」というジャズのスタンダードがある。バレンタインは恋人の男性の名前。私の好きな彼ヴァレンタイン…惚れた女が歌う曲だ。ちょっと棚を探したら大あねごカーメン・マクレエが歌っている盤があった。1957年カーメンが35歳のときに入れたアルバム「After Glow」。年に一度、バレンタインデイに聴くのが恒例になっている。After Glowという言葉から思い浮かべる光景…パーティーが終わって酔いがちょと覚めたころ、あるいはセッションを終えたミュージシャンがひと息つく時間、仕事を終えた男ならちょっとネクタイをゆるめるとき、女性なら…う~ん、よくわからないがヒールを脱ぎ捨ててベッドに倒れ込むとき(これは違うか…)。…まあそんな感じかな。

この盤ではカーメンが終始リラックスしてスタンダードをしみじみと歌っている。カーメンは元々ピアニストととして世に出た。この盤でもレイ・ブライアントのピアノとは別に彼女のピアノが楽しめ曲も4曲入っている。歌はもちろんだがピアノもなかなかいい。さてこの盤の「マイ・ファニー・バレンタイン」。マイナー・キーを上手く使ったピアノのフレーズで始まる。カーメンがピアノのバックでワンフレーズ歌ったところでブラッシングするドラムとベースが静かに入ってきてリズムを刻む。後年のややドスの効き過ぎた歌いっぷりとは違って35歳のカーメンはハスキーではあるが、ハイトーンもまだまだ伸びやで美しい。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村


この盤の音源「My Funny Valentine」


同 「Guess Who I Saw Today」


同 「Dream Of Life」



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)