マズア&LGOの<イタリア>



きょう車中で聴いたNHKFMきらクラ。先週のイントロ当てクイズの正解はメンデルスゾーンの交響曲第4番<イタリア>の第1楽章冒頭。昨今マニアック度をさらに深めつつある同番組としては難易度<低>の出題だったかもしれない…なんてことを思い出しつつ、梅雨空のこの時期に聴きたくなる曲の一つでもあるなあと、こんな盤を取り出した。


マズア@19歳!
201706_Kurt_Masur_19.jpg 201706_FM_4.jpg


クルト・マズア指揮ライプツィヒゲヴァントハウス管弦楽団(LGO)によるメンデルスゾーンの交響曲第4番イ長調<イタリア>。1971年の録音。手持ちの盤は70年代終盤に廉価盤LPで発売されたときのもの。第5番ニ短調<宗教改革>とのカップリング。このコンビは80年代後半にこの曲を含む全交響曲を再録し、さらに90年代になってからライヴでの映像作品も残している。

久々に針を降ろしたのだが、当時この盤を買って最初に聴いたときの印象がよみがえってきた。第1楽章の音が出てきたとき、そのテンポの遅さに驚いた記憶がある。おそらくその頃、FMエアチェックしたアバドあたりの演奏で聴き馴染んでいたからだろう。こうしてあらためて聴くと、そう驚くほどの遅さではないが、少なくても陽光降り注ぐ明るいイタリアのイメージからはやや遠い。そして19世紀半ばにはメンデルスゾーン自身が指揮者を務めたゆかりあるライプツィヒゲヴァントハウス管弦楽団の落ち着いた音色と、ドイツ風の曲の運びとが印象的な演奏だ。そうした特質は第2楽章や第3楽章でよく出ていて、第2楽章の歌謡風メロディーも過度にならずに歌い上げ、第3楽章も流麗なリズムにのる渋い音色が美しいし、トリオでのホルンのアンサンブルも落ち着いた音色だ。オイロディスク原盤の録音も聴き応え十分で、コントラバスの基音もしっかり入っているしノイズも少ない。70年前後のアナログ完成期の音だ。

マズアは1927年に生まれ2015年に亡くなった。この間、1970年から30年近くに渡ってゲヴァントハウスのシェフを務めた。公私共にいろいろスキャンダラスな話も伝え聞こえて来て、あまり積極的に注目する指揮者ではなかったが、この盤は落ち着いたドイツ風の伝統的なメンデルスゾーン演奏の一つの範としたい。


マズアとゲヴァントハウス管によるライヴ映像。1993年のものを思われる。マズア66歳。71年録音とテンポ感、全体の印象など大きく変わらない。会場は1981年に落成した現ゲヴァントハウス。


東京大学にいくつかあるオケの一つ、東京大学フォイヤーヴェルク管弦楽団による第4楽章。5分半を切る演奏時間はピリオドスタイルの演奏を含めても最速の部類だ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ナポレオン・コスト ギター作品集



週末土曜日。昼をはさんで野暮用外出し、3時前には帰宅。夕方ひとしきりギターの練習。久々にコストの練習曲をさらったこともあって思い出し、こんな盤を取り出した。


Napoleon_Coste.jpg 20170624233515de3.jpg


ナクソスから出ているナポレオン・コスト(仏1805-1883)作品集の第1集。1997年録音。カナダのギタリスト:ジェフリー・マクファーデンが弾いている。ナクソスは当初からギター音楽に力を入れているが、このコスト作品集も確か第5集あたりまでリリースされている。第1集の収録曲は以下の通り。

ヨハン・シュトラウスの16のお気に入りのワルツ 作品7
  ワルツ 1-5
  ワルツ 6-10
  ワルツ 11-15
  ワルツ 16
ラメンルモールルチアによるディヴェルティスマン 作品9
大奇想曲 作品11
序奏を伴う演奏会用ロンド 作品12
スペインの歌<ラ・カチューチャ>による奇想曲 作品13

コストはぼくら世代にとってはまず作品38<25の練習曲>がもっとも親しみがある。昨今は多くの作品の復活演奏も進み、しかもオリジナル通りの多弦ギターでの演奏もよく見られるようだ。コストが過ごした19世紀中庸はロマン派全盛の時期。コストの作風も時代に見合ったロマンティックな様式感と和声感で、師でもあり友人でもあったフェルナンド・ソルの古典的様式感をよりロマン派寄りにシフトした感がある。当時の多くのギター曲作曲家と同様、奏者としても活躍し、しかもそれまでの6弦に低音弦を加えた7弦ギターを駆使して、多くの自作曲を演奏したものと思われる。

この盤に収録されている曲も、コストのロマンティックで自由な様式感による作風の典型で、いずれも楽しく美しい。ジェフリー・マクファーデンの演奏は、通常の6弦モダンギター(CDブックレットによればマヌエル・コントレラス作)による現代的な音色ながら、表現は中々ロマンティックで雰囲気よく聴かせてくれる。


心地よい19世紀ギターの響きがよくマッチする作品47<リゾンの泉>


ブリギッテ・ザチェック(彼女のHPはとても充実している。経歴、演奏音源、楽器のコレクション他見どころ豊富。)が弾く<アンダンテとポロネーズ>作品44。コストも愛用したラコート作の7弦で弾いているとのこと。



コストの楽譜アーカイブは以下のリンクから。この盤収録の上記の曲もすべて閲覧可能。
http://www.guitareclassiquedelcamp.com/partitions/napoleoncoste.html


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ゴットシャルク:ピアノと管弦楽のためのグラン・タランテラ



きょうも蒸し暑い一日。昼過ぎから霞ヶ関某庁にて小一時間の面談。アクセスの地下鉄は一段と暑く、汗だくだ。打ち合わせは予定通り終了。 帰宅後ひと息ついてクールダウン。きのうのタランテラ続きで、こんな盤を取り出してみた。


201706_gottschals.jpeg 201706_gottshalk_LP.jpg



19世紀アメリカの作曲家:ルイス・モロー・ゴットシャルク(1829-1869年)他の管弦楽作品を集めた一枚。アブラヴァネル指揮ユタ交響楽団の演奏。米ヴァンガード盤。録音データが記されていないが、このコンビの録音が集中した60年代中庸と思われる。収録曲は以下の通り。

 ゴットシャルク/交響曲<熱帯の夜>
 ゴットシャルク/<ピアノと管弦楽のためのグラン・タランテラ>
 モートン・グールド/<ラテン・アメリカ・シンフォニエッタ>

ゴットシャルクは幼少期からピアノの神童と言われ欧州にも名を馳せたようだが、作曲したいくつかの曲は、楽譜の多くが失われたこともあって、あまり演奏されることはない様子。そもそもこの時代ロマン派のアメリカの作曲家といってもまったく思いつかない。ゴットシャルクの名前こそ知ってはいたが、その音楽に触れたのはこの盤が初めてだ。

交響曲<熱帯の夜>は6/8拍子アンダンテと2/4拍子アレグロモデラートの二つの楽章からなる。キューバや南米での生活も長かったようで、19世紀中庸の様式にラテンアメリカの民族的要素が加わった、ロマンティックで分かりやすい作風だ。第1楽章アンダンテは冒頭から美しいメロディーが続き、それを受けてトランペットのソロが印象的に歌い…と中々聴かせるのだが、そのあとはやや持て余して展開の妙を欠く。第2楽章はラテン風のリズムにのってシンフォニックな展開を示し、中々楽しい。一方、併録されている<ピアノと管弦楽のためのグラン・タランテラ>は、ピアノのヴィルティオーゾだったゴットシャルクらしい闊達な曲。短いながらも目まぐるしく変わる曲想が面白い。熱帯物といういかラテン物というか、この手の曲は暑いときの処方箋としてまことに相応しい。


この盤の音源で<ピアノと管弦楽のためのグラン・タランテラ>


ゴットシャルク/交響曲<熱帯の夜>第1楽章


ゴットシャルク/交響曲<熱帯の夜>第2楽章



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

タランテラ



早いもので六月も下旬。当地関東地方は昨年の今頃同様、雨が少ない。きのうはところによっては激しく降ったが、しとしと続く降り方ではなかった。一方気温と湿度はじわじわ上昇中。きょうも蒸し暑い一日だった。
先日、観るともなしにつけていたテレビで、今春慶應の中等部に入学して話題になった芦田愛菜ちゃんが出ていて、なんと部活はマンドリン部に入り、ギターを弾き始めたと聞いた。う~ん、今どき渋すぎやしなか…と思いつつ、アラカンおやじも刺激され、今夜は平日にはめずらしくギターを取り出した(^^;。 先日の通勤車中で聴いていたNHKFMきらクラで<タランテラ>が話題になっていたのを思い出し、そういえば的にヨーゼフ(ヨハン)・ガスパール・メルツ(1806-1856)のタランテラを少しさらった。


201704_TCMC_0423_2_20170623000319a46.jpg 201704_TCMC_0423_3.jpg


メルツは19世紀の古典ギター黄金期にあって、そのロマンティックな作風から人気が高い。ソルやジュリアーニより少しあとの世代で、時代的には初期ロマン派。ソナタなどの古典様式の曲ではなく、曲にもタイトルが付くようなロマンティックで幻想的な曲が多い。ギター界のメンデルスゾーンといわれることもある。<タランテラ>は彼の代表作の一つである<吟遊詩人の調べ>作品13に入っている。手元には京本輔矩編の楽譜もあるが、時代の雰囲気も味わいたいので、例によってBoijeコレクションの楽譜を広げた。

楽曲としてのタランテラはよく知られている通り、毒蜘蛛タランテラに噛まれると、その毒で踊り狂い死に至るとの言い伝えから3/8または6/8拍子の急速調をとる。ブルクミュラーの練習曲に始まり、メンデルスゾーン、ショパン、シューベルト他、多くのロマン派作曲家がタランテラを書いている。メルツのタランテラもセオリー通りに出来ていて、イ短調の見かけは比較的やさしい譜づらながら、中々演奏効果が上がる曲だ。弾いていても気分がいい。中級者レベルであれば初見で通せると思うが、タランテラらしい狂乱にはある程度のスピード感とディナーミクの段取りが必要だ。 うっとうしい梅雨の時期の暑気払いに、タランテラ…中々よろしいかと。


メルツのタランテラ 快演! 19世紀ギター(レニャーニモデル)のレプリカ。ネックヒール部に弦高調整用のネジが見える。


マウロ・ジュリアーニ(1781-1829)のタランテラ。名手スタロビンに演奏。メルツより難易度は低い。楽譜はこちらの13曲目


ギター曲のタランテラでもっとも有名なのはこの曲かもしれない。カステルヌウォーボ・テデスコ(1895-1968)のタランテラ。学生時代に少々かじったなあ…


タランテラは昔も今もイタリアの国民的ダンス。さあ、みんな踊ろう!



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

きょうの日経文化面



きょう6月21日の日経新聞文化面をみて驚いた。 九州久留米で竹製ギターを製作している中山修氏の記事があったからだ。


201706_Nikkei.jpg


日経文化面に音楽ネタが登場することは珍しくないのだが、ギターの、それもクラシックギターの製作家の登場は過去にあっただろうか。紙面の三分の一ほどを割いて中山氏の現況と今に至る経緯がうまくまとめられている。購読されている方はもちろん、勤務先の書架に配られる方は廃紙コーナーへ回らないうちにチェックしてみてほしい。ぼくと中山氏との出会い、工房を訪問したときのことなど、以前書いた記事<ギター工房訪問記 九州・久留米 中山修>をご覧いただければと思う。その後中山氏とは2014年の弦楽器フェアでもお会いした。きょうの記事によるとますます活躍されている様子。嬉しい限りだ。


◇これまでのギター工房訪問記◇
庄司清英(大阪)
野辺正二(浦和)
中山修(久留米)
堤謙光(浦和)
廣瀬達彦/一柳一雄・邦彦(名古屋)
松村雅亘(大阪)
西野春平(所沢)
田邊雅啓(足利)
田邊工房2014年


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

a twist of jobin



きょうの関東地方は晴れて気温も上がったが、湿度感はやはり梅雨。段々この時期らしい天気になってきた。帰宅後、ひと息ついてエアコンもオン。暑気払いというほどではないが、ちょいと息抜きにと、久々にこの盤を取り出した。


201706_jobin.jpg  201706_a_twist_of_jobin.jpg


ギタリストのリー・リトナーが呼びかけて集結したオールスターキャストによるアントニオ・カルロス・ジョビンのトリビュートアルバム。収録曲は以下の通り。

1. おいしい水 2. キャプテン・バカルディ 3. ジンジ 4. 3月の雨 5. ボニータ 6. ストーン・フラワー
7. ファヴェラ 8. チルドレンズ・ゲームズ 9. ラメント 10. モハーヴェ 11. イパネマの娘 12. アンティグア

夏を迎える頃になると、条件反射的にボサノヴァが聴きたくなる。ぼくは熱心なボサノヴァファンというわけではないので、手持ちの盤もごく僅かだか、そんな中でこの盤はよく聴くアルバムだ。もっとも、このアルバムはボサノヴァの創始者といっていいジョビン・トリビュートではあるし、ボサノヴァの定番曲が収められているものの、純粋な(…という表現が適当かどうか分からないが)ボッサというよりは、軽いフュージョンあるいはAORに近いテイストだ。ボサノヴァを発祥の地ブラジルよりに位置付けるか、50年代終盤以降アメリカに渡ってポピュラリティーを色濃くした、よりグローバルな音楽に位置付けるかの違いがあるだろうが、このアルバムは完全にアメリカの、それも西よりのそれだ。
まあ、そんなことより、「超」が付く一流プレイヤー達の肩の力が抜けた、それでいて完璧なプレイがこのアルバムの真骨頂。何曲かは歌入りで、中でもアル・ジャロウとオリータ・アダムスのヴォーカルが実にいい。他の曲もジャズテイストの強いもの、スローロック調、ラテン色の濃いもの、いろいろなアレンジがなされているが、そのいずれもが「過ぎずに」いい感じの仕上がりで、大人の音楽になっている。

灯りを落としたタワーマンション上層階のリビングルームで、冷えたスパークリングワインなどやりながら聴くには最高のチューンだ。…残念ながら、田舎の戸建の一室で下戸のオッサンが麦茶で一服…では絵にならない。


今年2月に亡くなったアル・ジャロウ(1940-2017)とオリータ・アダムスが歌う<三月の雨>。
<ワンノートサンバ>や松田聖子<ロンクンルージュ>などと同様、一つの音を中心の上下するような、メロディーらしくないメロディをコード進行の妙で音楽に仕立てる仕組みの曲。この手法は古来クラシックの世界、とりわけロマン派の手法の一つ。ショパン前奏曲4番やワグナー、ギター弾きならタレガの前奏曲イ短調などが思い浮かぶだろう。


アルバム全曲。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

タンスマンのギター曲


週明け月曜日。本日も業務に精励し、定時に退勤。ちょいと寄り道して8時過ぎに帰宅した。ひと息ついて渋茶を一杯。梅雨のこの時期、暑いほどではないが、湿度高くむしむしするとき、新茶の爽やかさは格別だ。さて、週明けの晩には何を聴こうかを思案し、こんな盤を取り出した。


tansman_segvia.jpg


1990年前後にアンドレス・セゴビア(1893-1987)のMCA録音をCD復刻したセゴビアコレクションの中の第7集。アレキサンドル・タンスマン(1897-1986)の代表作を中心にした中々よい選曲の1枚。収録曲は以下の通り。

 前奏曲~組曲<ショパンを讃えて>より (タンスマン)
 カヴァティナ組曲 (タンスマン)
 ポーランド組曲 (タンスマン)
 亜麻色の髪の乙女 (ドビュッシー)
 セゴビア 作品29 (ルーセル)
 三つの小品 (タンスマン)

タンスマンはセゴビアと同時代人で交流も深く、そのギター作品の多くがセゴビアのために作曲された。新古典主義的な手法とポーランドの民族的要素とを併せ持つタンスマンの作風は聴いても弾いても楽しく、CDと一緒に写っている「ポーランド風組曲」の楽譜は学生時代に手に入れて弾いていたもの。組曲「カヴァティーナ」の終曲;ダンツァ・ポンポーザ(華麗なる舞曲)も70年代に音楽之友社から出ていたセゴビアアルバムで親しんだ懐かしい曲だ。「ポーランド風組曲」には、その名の通りマズルカやポロネーズといったタンスマン自身の出身地でもあるポーランド由来の舞曲形式の曲が散りばめられ、素朴なメロディと、ときに近代的な和声がバランスしてヨーロッパのやや辺境へのイマジネーションをかき立ててくれる。
この盤でも聴かれるセゴビアの太くたっぷりとしたトーンや随所にみられるポルタメント、テンポ・ルバートは19世紀的ロマンティシズムを引きずっていると言われる。しかしこうしてあらためて聴いてみると全体のテンポ感は思いのほか正確できっちりしているし、決めどころの和音やスケールでの切れ味も十分。その昔感じていた「酔っ払ったような」印象はない。セゴビアの演奏が変わったわけでもなく、聴く側のこちらが変わったのか、セゴビアの懐深さが分かるようになったのか…。いずれにしても唯一無二のセゴビアトーンを楽しめることと、選曲の良さからもよいアルバムだ。


カヴァティーナ組曲の楽譜付き音源。ギター弾きにはお馴染みの譜面だが、他の楽器愛好家にはギター曲の楽譜はこんな感じというサンプルにどうだろうか。音源はどうやらこちらのもの⇒ホルヘ・カヴァレロの演奏のようだ。カヴァティーナ組曲は民族色の色濃いポーランド風組曲に比べると、新古典主義の色合いが強いクラシカルな曲想。演奏上の難易度もポーランド風組曲より高い。



ポーランド風組曲。例のGSIの動画。組曲を構成する各曲がプレイリストになっていて、それぞれ異なる名器で弾いている。


セゴビアの弾く<三つの小品>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)