ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番ハ短調



連休気分も抜けて…いや、去年に続き休み気分になることもなく暦だけが進み、業務も再開。かなり不自由な在宅勤務を強いられながら、まるで一年前から時間が止まっているような錯覚さえ覚える。さてブツブツ言いながら本日も業務に精励。帰宅後ひと息ついて、先日のショスタコーヴィッチで旧ソ連時代の思い出し、こんな盤を取り出した。


202105_Cliburn.jpg


第一回チャイコフスキーコンクール(1958年)の覇者:ヴァン・クライバーン(1934-2013)が弾くラフマニノフのピアノ協奏曲第2番ハ短調。フリッツ・ライナー(1888-1963)指揮シカゴ交響楽団がバックを付けている。1962年録音。手元の盤は例のコンドラシンとのチャイコフスキーがカップリングされた1965年の国内盤。例によって十数年前の出張の折、大阪梅田の名曲堂阪急東通り店にてに手に入れた。クライバーンとこの盤の収められている2曲の録音経緯について解説するつもりはないだろう。

ラフマニノフのこの曲を初めて聴いたのは大学1年のときだったろうか。FMエアチェックのカセットでこの上なく甘美なメロディーを聴きながら、二十歳になるかならないかの生意気盛りで、大の男が聴く音楽じゃないなあと斜に構えながらも繰り返し聴いていた記憶がある。よくよく聴くと何のことはない、男のセンチメタリズムの塊のような曲だ(今どきの表現ではないかもしれないが)。

剛直ともいえるほどライナー&シカゴ響のバックにのって、クライバーンのピアノも負けずと力にあふれた演奏を繰り広げる。しかしチャイコフスキーならいざ知らず、いくらロシアンピアニズムの典型とはいえラフマニノフは力一辺倒ではうまくいかない。若きアメリカンドリームで一夜にしてスターになった彼に、男のセンチメタリズムなどは縁なしだったのかもしれない。演歌の一発屋ではないが、クライバーンはこのときをピークにパッと咲いた花がそのまましぼむように忘れられたピアニストになり、2013年2月に78歳で亡くなった。そんな歴史を感じつつ聴くと、また趣きが変わるから不思議だ。


この盤の音源。全3楽章。


この曲の第3楽章。エレーヌ・グリモーのピアノ。アバドとルツェルン祝祭管。1分55秒過ぎからの第2主題はこの曲お象徴するような大甘のフレーズだ。


のだめカンタービレでこの曲を好きになったという、当時小学生いまは音大生が歌うゴスペラーズ「sky high」  第3楽章の大甘フレーズを使ったポップチューン。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ショスタコーヴィッチ交響曲第9番変ホ長調



週末日曜日。実はこの4月から町内自治会の組長を拝命。1000世帯ほどを10組に分け、それぞれを組長が取り仕切る。ぼくの場合は配下に5つの班から成る95世帯を抱える。公報や回覧物の配布、自治会費等の取りまとめ、町内にある各種の活動体との連絡等、ちょこちょこと用件がある。きょうも早朝から公園清掃で精を出した(やれやれ)。昼過ぎになって少し時間が出来たので渋茶で一服。ついでにアンプの灯も入れ、こんな盤を取り出した。


202105_Shostakovich_Sym9.jpg


ショスタコーヴィッチの交響曲全集。ルドルフ・バルシャイ指揮ケルン放送交響楽団(WDR交響楽団)による演奏。90年代半ばを中心にセッション録音され、20年近く前に激安ボックスセットの雄ブリリアントクラシックスからリリースされた。

ルドルフ・バルシャイ(1924-2010)というと、ぼくら世代にはもっぱらモスクワ室内管弦楽団を振った録音で馴染み深い。あるいはそれ以外の活躍をほとんど知らなかったと言った方がいいかもしれない。この全集をみたときバルシャイが…と思ったのもそんなかつてのイメージがあるからだ。しかし実際にはショスタコーヴィッチと親交があり第14番を初演したり、また1976年に亡命後は各国のオケを振っているから、決して「ソビエト」の室内オケだけの指揮者だったわけではない。ショスタコーヴィッチの交響曲全集を録音してもまったく不思議はないわけだ。

きょうは全15曲11枚組の中から第9番を取り出して聴いている。いわゆる戦争三部作の一つであるこの第9番を最初に知ったのは、やはり学生時代の70年代半ば。指揮者もオケも忘れてしまったが、FMでエアチェックした演奏を聴き、その洒脱な曲想を面白おかしく感じた記憶がある。特に第1楽章のピッコロによるテーマは印象的で、その後現在に至るまで時々鼻歌で出てきてしまいそうになる。何故か昭和世代の漫才コンビ:てんわわんやのネタ「ぴっぴっピーヨコちゃんじゃ、アヒルじゃがぁがぁ」と何となくシンクロしてしまうのはぼくだけか(^^;

この第9番は5楽章からなるが、第4楽章は3楽章と5楽章のブリッジのような存在で、全曲も30分ほどの演奏時間。ショスタコーヴィッチの交響曲の中では第1番あたりと並んで小規模な方だ。曲想は先に記した第1楽章ピッコロのテーマのみならず、全編洒脱かつ滑稽なフレーズにあふれている。「第二次世界大戦勝利記念の曲としては、ふざけているにもほどがある」と、当時の政府から批判されたのもわかる気がする。しかしやはり20世紀最高の交響曲作曲家としての面目躍如で、管弦楽の面白さという観点から実に楽しめる曲の一つだ。 バルシャイ&WDR響の演奏は他の曲も含め、ショスタコーヴィッチの交響曲でときに聴かれる過激な表現や異常なほどのディナーミクなどとは無縁で、きわめて整然として中庸だ。録音も秀逸。あまたあるショスタコーヴィッチの交響曲録音の中にあって、リファレンスとして立派に通用する演奏だと感じる。


この盤の音源。「ぴっぴっピーヨコちゃんじゃ…」は44秒、2分01秒と現れる。他のパートにも受け継がれ、この楽章全体を支配するモチーフの一つ。


バーンスタインとVPOによる演奏。1985年



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ブルックナー交響曲第4番変ホ長調



昨年に続きコロナ禍で連休気分もどこへやら…淡々と過ぎていく毎日。カレンダー通りにきのうから仕事ボチボチ復帰。帰宅後ひと息ついて、先日来の流れで今夜もブルックナー。取り出したのはこの盤。


202105_AB4_Blomstedt_SKD.jpg


ヘルベルト・ブロムシュテットがドレスデン国立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレ・ドレスデン:SKD)を振ったブルックナー交響曲第4番変ホ長調。手持ちの盤は十数年前に日本コロンビアから出た廉価盤シリーズ:クレスト1000の中の1枚。1981年録音。当時、先陣を切ってデジタル(PCM)録音を推進していた日本コロンビアが東独シャルプラッテンと共同制作したもの。

ブロムシュテット(1927-)は近年も度々来日。高齢にも関わらず健在ぶり発揮しているが、やはりこの時期、80年代の活躍ぶりがぼくら世代には印象的な存在だ。取り分け70年代後半から80年代初頭にかけて、ベートーヴェンやシューベルトの全集を名門ドレスデンと録音したことで、N響を振る姿だけでなく世界的なトップであることを印象付けた。このブルックナーも同時期に録音された第7番と共に、ブロムシュテット壮年期を代表する盤だ。

ブロムシュテット&SKDの演奏についてはすでに多くが語られているように、その美しい響きと楽曲をありのままの提示した組立てにおいて、素朴で純粋なこの曲の持ち味を十全に引き出している。取り分けSKDの弦楽群、木管群のしなやかかつ整った響きが、録音セッションを行ったドレスデン・ルカ教会の自然な残響を伴って限りなく美しい。テンポはほぼインテンポをキープ。各パートのバランスに留意して決して大声を上げず、曲の有り様をそのまま聴き手に届けてくれる。低弦群も控え目ながらしっかりとしていてローエンドののびも秀逸。音響全体の鮮度、解像度も高い。

ブルックナーの交響曲に親しみ始めてから40年以上になるが、最初に接したのは多くの愛好家同様この第4番だった。その後、興味は5番や7番、8番等に移っていったが、今夜久しぶりの聴きながら、やはり名曲だなあと納得。取りわけ第2楽章の美しさに心打たれた。ブルックナー自身この第2楽章について「歌、祈り、セレナーデ」と書いているそうだが、その言葉通りの抑制された響きの中で心静まる音楽が展開する。チェロやヴィオラによって歌われる息の長い主題旋律は穏やかな葬送の音楽のようにも聴こえてくる。


手持ちの盤からアップした。第2楽章。


ブロムシュテット&SKDによる第3楽章。この盤と同時期1981年来日公演。
ホルンにペーター・ダム、ティンパニーにゾンダーマン。


ブロムシュテット92歳の昨年2020年1月ベルリンフィルとのライヴ。第1楽章の一部。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ブルックナー交響曲第8番ハ短調



先回のブルックナー第5交響曲のケンペ盤に続き、きょうもケンペによるこの盤を取り出した。


202105_Kempe_AB8.jpg


ルドルフ・ケンペ(1910-1976)指揮チューリッヒ・トーン・ハレ管弦楽団によるブルックナー曲第8番ハ短調の国内初出LP。この盤の録音がTUDORレーベルで国内発売されたのは録音から数年たった1976年、ケンペが亡くなった直後のことだったと記憶している。先日の記事にも書いた通り、当時はレコードも中々買えない貧乏学生時代。買っても千円の廉価盤が常だったが、この盤は例外的にレギュラープライス。多分、欲しくて欲しくてたまらず、そうとう思い切って買ったに違いない。今夜久々に取り出して聴いたのだが、演奏は昔の印象そのままに素晴らしい。

前回の記事で取り上げた第5番とは少々アプローチが違っていて、この第8番ではことさら巨大なスケール感を出そうとはせず、全体と通して早めのテンポと、キリッとしまった造形で聴かせる。どの楽章も思わせぶりなルバートや大見得はないし、テンポの切り替えも不自然なところがない。すべてが自然体。ブルックナーのスコアを信頼して、そのまま音にしているといった感じだ。第2楽章のスケルツォなど実にテンポ設定がよく躍進力に富むが、決して大声を上げて力で押す気配はない。第3楽章のアダージョではかなりロマンティックな解釈もみせるが、もたれる感じや過度の甘さはない。第4楽章も冒頭から整然とした疾走感で始まり、終始飽きさせずに進む。もともとこの録音は70年代前半に流行りかけた4チャンネル用に録られたようだ。この盤には4チャンネルの表記はないが全体にややベールがかかったような音、またティンパにや金管群の定位も遠めだ。CD復刻されたものは、そのあたりが改善されていると聞くがどうだろう。


この盤の音源で全4楽章。YouTubeには再生回数の多いもう一つの音源があるが、こちらの方が音質が良好。第2楽章16:22、第3楽章30:38、第4楽章58:19



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ブルックナー交響曲第5番変ロ長調



連休真っ只中。飽きることなくステイホーム。時間もあるのでじっくり聴こうと、こんな盤を取り出した。


202105_Kempe_AB5.jpg


ブルックナーの交響曲第5番変ロ長調。名盤の誉れ高いルドルフ・ケンペ(1910-1976)指揮のミュンヘンフィルハーモニーによる1975年の録音。この盤にちょっとした思い出がある。

学生時代を過ごした街にあったクラシック喫茶で行われた、レコード会社主宰のこの盤の発表イベントに参加した際、何とくじ引きで一等が当たり、その景品が正にこのレコードだった。ケンペとミュンヘンフィルのコンビは当時、ベートーヴェンやブラームスの交響曲全集やブルックナーの第4交響曲などの録音を進めていて、一部のファンから強く支持されていた。その人気を決定付けたのがこのブルックナーの5番だった。
廉価盤しか縁のなかった当時、豪華な2枚組みレギュラープライスの新譜を引き当て、小躍りして下宿に戻った。しかし、このレコードをプレイヤーにのせて再生するとなかなか音が出ない。第1楽章の出だし、低弦群によるピチカートの導入部があるのだが、その音が聴こえないのだ。最初は不良品ではないかと思った。当時のステレオセットが貧弱なこともあったろう。何せプレイヤーは安物。スピーカーはダイヤトーンのフルレンジをいい加減に自作した後面開放箱に入れ、アンプはこれまた有り合わせの部品で作った6BM8シングル。フォノイコライザーもトランジスタ何個かで自分でしつらえたものだった。ケンペはこの第1楽章の出だしを極めて遅いテンポと、これ以上のピアニシモはないのではないかと思われる程の音量の低弦群のピチカートで始まる。当時の装置でこれをきちんと再生するには相当な努力が必要だった。

この出だしの印象そのままに、全曲を通じて地に足の付いたと言ったらいいだろうか、実に落ち着いた足取りで曲は進む。派手な大見得を切らずにジワジワと曲を進めるケンペの指揮。ミュンヘンフィルの音色も渋い弦楽群をベースに、この曲では終始重要な役どころを担う金管群も腰高にならず、深く重い音色で応える。この曲のクライマックスは承知の通り第4楽章、それも終盤の二重フーガにある。ここへきてケンペとミュンヘンフィルの熱のこもった演奏が一気に展開する。終始遅めのテンポをほとんど動かさず、次第次第に曲を盛り上げていくには、気力も体力も必要だ。ひ弱なオケがこの曲を演奏すると、第4楽章後半で完全にスタミナ切れとなって金管群のフレーズが続かず、スカスカになってしまう。さすが肉とワインで馬力を付けている彼らの演奏ではその心配は皆無だ。ケンペは彼らオケの推進力をよくコントロールし、この80分近い曲をまったく飽かさずに聴かせてくれる。この第5番をブルックナーの最高傑作に押す向きも多いだろう。その傑作の名演として、このケンペ&ミュンヘンフィル盤は今もって最右翼の演奏と感じる。


この盤の音源で第4楽章。冒頭のフレーズは第1楽章の回顧で、同じように低弦のピチカートで始まる。注意しないと聴こえない(^^;



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

チョイと宅録 祝!百歳のハウザーギター



手持ちのギターの中の1本、南ドイツ・ライスバッハのハウザー工房1921年作が今年ちょうど百歳を迎える。


202105_Hauser_Vienna_model.jpg


3年程前に手に入れたハウザー・ヴィエナ(ウィーン)モデル。入手当時大きな不具合はなかったが製作から100年を経過し、細かな部分で気になるところがあってあちこち手を入れた。現在はベストな状態になって味わい深い音を奏でてくれている。少し間から左手の指の調子が悪いこともあって、このところ通常のモダンギターより張力の低いこのギターに手が伸びることが多い。楽器の詳細は以下の記事に書いた通り。
http://guitarandmylife.blog86.fc2.com/blog-entry-1921.html
http://guitarandmylife.blog86.fc2.com/blog-entry-1949.html

20世紀初頭というとすでにスペインを中心に現在の一般的なクラシックギターと同形状のギターが作られていた時期になる。当時ハウザー工房ではドイツ伝統のシュタウファー系列のギターやドイツラウテ、チターなど多様な楽器を作っていたが、ちょうどその頃にスパニッシュスタイルのモダンギターも作り始めたようだ。セゴビアがハウザーのギターに出会ったのもその頃だった。

大雑把な言い方をすると、いわゆる19世紀ギターと現代のモダンギターの中間的な特性をもつように感じる。このヴィエナモデルに最初に出会ったときはその特性から、相性のよい楽曲分野との兼ね合いが今ひとつ分からずに、入手に二の足を踏んでいた。しかしその後数年たった2018年に再び出会った際は、その独自の風貌やネック調整機構のギミックなどもあって、音は二の次で手に入れた。 手に入れてしばらく弾いているうちに、最初に出会ったときの懸念は払拭された。モダンギター程ではないが、19世紀ギターに比べ表板の面積が大きいことからずっと豊かに鳴る。何より高音と低音のバランスがいいので、静まり返った夜半に軽いタッチで弾いていても不満なく楽しめる。

弦はガット弦を模して作られているアクイーラ社のアンブラ800(19世紀ギター用ローテンション)を張っている。高音側3本の表面に僅かなざらつきがあり、その手触りと擦過音が古風な音色を醸し出す。おそらく爪を切って指頭奏法で弾いた方がこのギターにはマッチするように思う。いずれトライしてみよう。


夜半のダイニングテーブルに楽譜を広げて2曲弾いてみた。例によってあちこち弾き損じがあるが大目に見て下さいませ。
ソルの練習曲作品35-17。楽譜はこちらのオリジナル版。広く使われているセゴビア編といつくかの相違がある。


バッハのチェロ組曲第1番のサラバンド。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ボッケリーニ:ギター協奏曲ホ長調



先回聴いたカサドで思い出し、今夜はこんな盤を取り出した。


202104_Segovia_Boccherini_s.jpg


アンドレス・セゴビア(1893-1987)がボッケリーニにまつわる曲を弾いた盤。80年代終わりに当時のワーナーパイオニアから出た全16巻から成る「セゴビア・コレクション」の第6集で、ボッケリーニのギター協奏曲ホ長調とカステルヌオーヴォ・テデスコ(1895-1968)のソナタ「ボッケリーニ賛」、それとカサド作曲のオリジナル曲「前奏曲とサルダーナ」「サルダーナ」が収められている。

先程からボッケリーニの協奏曲を聴いている。周知のようにこの協奏曲の原曲はチェロ協奏曲(第6番ニ長調G.479)で、セゴビアとカサド(1897-1966)の親交によりカサドがギター用に編曲。以降、ボッケリーニのギター協奏曲として知られるようになった。かれこれ30年以上前、この曲の楽譜を手に入れ、ピアノ弾きの知人と遊んだことがある懐かしい曲でもある。

先月亡くなった濱田慈郎氏のライナーノーツによれば、カサドはアルペジョーネ・ソナタをチェロとオーケストラのための協奏曲に書き直すなどオーケストレーションには通じていて、この曲に関してもかなり手を入れているとのこと。一方、ギターパートに関してはオリジナルに忠実で、僅かな和音を加える程度にとどめているようだ。 曲は型通りの3楽章からなる。ハイドンと同時代人のイタリア生まれのボッケリーニだが、ウィーンやパリで活躍したのち、亡くなるまでの30数年をスペインで過ごした。そのためか、当時の典型的な古典派の雰囲気をもちながらも型にはまるだけでなく、随所にスペイン風、南欧風の趣きがあって、よりフレンドリーな印象を与える。カサドの編曲もその辺りを意識してか、古典派ながら色彩的な雰囲気を感じる。

演奏はどこを聴いてもセゴビアの個性に満ちている。もちろんロマンティックに寄った解釈だが、独奏曲とは違ってオケとの呼吸があるためはテンポがしっかりキープされ、フレーズの崩しも少ない。セゴビアの特徴の一つで、倚音のアクセントが独奏曲以上に強く、そのあとに続くフレーズのタメもしばしば現れる。そうした個性がオケに伍してゆったりとこの佳曲を奏でる。その意味では、編曲ではあるが貴重な古典派のギター協奏曲であると同時に、セゴビアの風格を聴く盤でもある。


手持ちの盤からアップした。全3楽章。1961年の録音でオケパートはきれいに録られている。セゴビアのソロはやや音像が遠くかつ残響過多。また和音の強奏部分での歪も気になる。第1楽章のカデンツァはセゴビア自身による。第2楽章は美しいセゴビアトーンが冴える。第3楽章はもう少し躍動感が欲しいところだ。


カサドのギター曲「前奏曲とサルダーナ」「サルダーナ」



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)