ハウザー フレット交換



2012年に手に入れてからすでに8年が経つハウザーギター(2006年作♯588)。入手時の状態はほとんど新古品ともいえるもので傷は皆無。ネックや全体の状態もよいものだったが、唯一フレットの一部にわずかながら浮きが見られ気になっていた。どうしようかなあ、音に大きな不具合が出ているわけではないけど、気分下がるなあ…と思案。意を決して少し前にメンテナンスを施すことにした。


202008_Hauser3_refret.jpg


本来、楽器のメンテナンスは購入した店に話をすべきものだが、今回は購入店がアウラということもあって、同店専属とでもいうべき田邊さんに直接お願いすることにした。ひと月ほど前に工房へ持ち込み、フレットと弦高について相談をした上で、思い切って全フレットの交換をすることに決めた。 上の作業途中の写真の通り、フレットを抜いたあと、指板のわずかな凹凸を修正。気になっていた通り、指板の中央部分がわずかに凹んでいたようで、写真のように指板の周辺部が削られる状態だったようだ。あまり削り過ぎると指板が薄くなり、また弦高にも影響が出るなど、他の不具合を誘発しかねない。指板表面の状態を整え、フレットを交換し、サドルをわずかに下げ…その辺りを慎重に作業を進めてくれたようだ。「与太さん、メンテ完了しましたよ」との連絡をいただき、さっそく受け取りに行ってきた。


202008_Hauser3_1.jpg

202008_Hauser3_2.jpg

202008_Hauser3_3.jpg


いつもながら完璧な仕上がり状態。指板やフレットの僅かなウネリは無くなり、サドルの調整で弦高も意図した通りに下がった。調弦をしてひと晩置き、音出し確認。弦高の下げ幅はわずかだったが、手にした印象は思いのほか以前と違っていて、低音・高音ともにテンションが随分と低くなったように感じる。以前はもう少し張り詰めた印象だったが、全体に力が抜け、右手タッチに対して弦が跳ね返してくるような感じがない。あるいは、弦チップを使って、弦とサドルの当たり角をもう少し鋭角にして気分を変えてもいいだろう。 一方、音そのものの印象はあまり変わりはない。相変わらず安心・安定のハウザー。派手さはなく、突出した個性もないが、すべてが好バランスで上質。バロック、古典、ロマン派からスペイン・ラテン物まで、いずれの様式に対しても破綻なく対応可能な感じがする。 今回メンテナンスを施したことで、今後もう手を入れる必要はないだろう。懐深いハウザーギター。これからも座右において楽しんでいこうと思う。


以前の宅録からハウザーを使ったものの再生リスト。カルカッシのエチュード、佐藤弘和氏の小品から。
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjAvYRun0efPwS5vHIR9mQTcJUt9R_sFt


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

木住野佳子 「Photograph」



関東地方は先週末に梅雨が明け、その後の連日の暑さに加え、収束どころか再燃のコロナ禍。開放的な夏とはならず、何となく息苦しい日が続いている。そんな中、本日も健気に業務に精励。8時少し前に帰宅した。ひと息ついて夜半前の音盤タイム。今夜はちょっと甘口のジャズを聴きたくなって、こんな盤を取り出した。


202008_Kishino_Photograph.jpg


木住野佳子のセカンドアルバム<Photograph>。1996年録音。収録曲は以下の通り。スタンダードを中心に彼女のオリジナル曲も交え、ピアノトリオと一部でギターを加えたカルテットで演奏している。

01.ナイト・アンド・デイ、02.スカボロ・フェア、03.デザート・アイランド、04.オール・ブルース、05. ロンギング・フォー・ユー、06.アローン・トゥゲザー、07.フォトグラフ、08.不思議の国のアリス、09.オン・グリーン・ドルフィン・ストリート、10.ラヴ・ダンス、11.Jズ・ワルツ、12.オータム

木住野佳子はすでにデヴューから四半世紀。ぼくはたまたまではあるがデヴュー当時に出会って初期のアルバムを何枚か続けて聴いてきた。桐朋在学中からジャズやフュージョンのセッションをこなし、その実力はよく知られていた彼女だけに、リリースされたアルバムはいずれもジャズテイストながらも今風のポピュラリティーも持っていて聴きやすく、それでいて安っぽくない上質なセンスに満ちている。このセカンドアルバムもどこから聴いても、いつ聴いても、疲れた気分をほぐしてくれる。彼女のアルバムはジャズの中でもいわゆるスムースジャズといわれるカテゴリーに入るのかもしれない。ぼく自身はスムースジャズのたぐいはあまり好まないのだが、彼女のアルバムで聴くオリジナルやスタンダードは、成り行き任せのアドリブではないしっかりとした構成感と、何かしら日本歌謡曲の伝統とを感じて、例外的に気持ちよく聴ける。

この盤の音源。<On Green Dolphin Street>


彼女のオリジナル曲<Nostalgia>。30秒ほどのイントロののち、都会的でジャジーなスローボッサが続く。


数年前のライヴにまつわるPV。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

田邊ギター 16歳の夏



青春真っ只中の16歳になったマイ田邊ギター。このところ滅法調子がいい。


202008_Tanabe_1.jpg

202008_Tanabe_3.jpg

202008_Tanabe_2.jpg


田邊雅啓さんは現在栃木県足利市で伝統的手法にこだわったギター製作を続けている。大学を出てから長野県上田の石井栄ギター工房で修行ののち独立。2001年から故郷の足利に工房を開いて製作を始めた。たまたまその頃、久しく中断していたギター演奏を再開するにあたり、新しい楽器を探していたときに名前を聞き及び、拙宅から車で1時間ほどの距離に工房があることもわかって、早速お邪魔したのが以降のお付き合いの発端である。ちょうどその頃田邊さんは名匠ホセ・ロマニリョスの製作マスタークラスをスペインで受講、その教えと伝統的なスパニッシュギターの製作手法に忠実なギター製作を本格化させていた。最初に訪問したときに試奏した修行時代の作品と、その音作りの姿勢にひかれ、ぼくはすぐに新作のオーダーを決めた。一つ一つの製作工程を深く吟味しながらの製作は、およそ商業ベースの効率的な製作スピードからはほど遠く、ぼくの注文品完成も2004年6月まで2年近く待つことになった。

表面板はヨーロピアンスプルース。濃い冬目がはっきり出ている良質のもので、田邊さん曰く「最高グレードのもの」とのことだ。裏板は音の面からはあえてハカランダにすることもないだろうとの判断でインディアンローズウッドとし、写真でわかる通り、裏板中心部にはメープル材で少しオシャレをお願いした。指板の黒檀は極めて緻密な良材が使われている。実際、16年を経過した現在も指板表面は滑らかな艶を放ち、伸縮が皆無なのかフレットのバリも出てこない。ヘッド、ロゼッタ、3ホール式のブリッジ等にも高い工作技術を示す美しい、しかし派手さとは無縁の装飾が施されていて、見る度にため息がもれるほどだ。糸巻きは黒檀ツマミの米国スローン社製。塗装は全面セラック仕上げ。弦長648㎜。ナット幅52㎜。重さ1440g。

ナットとブリッジのサドル(骨棒)には、長手方向の厚みにわずかにテーパーが付けられていて、そのテーパーに合わせて作られたぞれぞれの溝に差し込むとピタリと収まる。また一般的に骨棒は低音側で高く、高音側で低く作られ、指板と弦の高さが決まるようになっているが、この田邊ギターは低音側も高音側もほぼ同じ高さとし、指板の厚みを低音側から高音側にかけて厚くなるように加工されている。ラミレスなどに見られる手法だ(ラミレスはさらに従来通りのサドル側傾斜も残る)。結果としてサドルとブリッジ木部の溝とは高音側も低音側もほぼ同じ面積で接触し、より確実な結合になる。また指板面にはわずかにR処理がしてある。

田邊ギター:ロマニリョスモデルの特徴は、低めに設定されたウルフトーンから繰り出される、どっしりと響く深い低音と、端正で伸びのある高音にある。決して派手にガンガン鳴る楽器ではないが、西洋音楽の基本バランスである低音をベースとしたピラミッド型の音響構成を作りやすく、バロックからソルやジュリアーニあたりまでの曲を表現するにはベストの楽器だと思う。外国語ではギターが女性名詞であることから、有り体に例えるなら、知的で清楚で優等生的な女性のイメージだ。反面、近代スペインのアルベニスやグラナドスなどの作品(ギターへの編曲物)やラテン系の艶っぽさ、熱っぽさを歌い上げるには、少々甘さと粘りが足らないと言えなくもない。

総じてこの頃の田邊さんの作品は、本格的な製作に取り掛かった彼のモチベーションの高さが随所に現れている。時々メンテナンスでこの楽器を彼に見てもらうとき、「いやあ、いい楽器だなあ」と彼自身がいつも感嘆する。手元にある何本かの楽器の中で、バランスの良さ、和音の分離、豊かな低音の響き、高音のサステインは最も優れているものの1本。現在、弦はサバレス社のニュークリスタル&カンティーガのノーマルテンションを張っているが、音色の統一感にも優れ、適度な張りの強さと相まって十分なサステインを確保し、申し分のないマッチングである。ときにやや線が細いと感じこともあるが、しっかりしたアポヤンドで弾くと緊張感のあるよく通る音で鳴ってくれるので、これは楽器の個性として弾き手が歩み寄るポイントかもしれない。あるいは太めの音の弦、オーガスチン社のリーガルや、アクイーラ社のペルラあたりを張るとまた印象が変わる。

実はこのギター、数年前にはこのブログに時折りコメント入れてくれる「みっちゃん」さんのところへ送ったり、近所のギター弾きの知人に預けたり、また少し前にはやはりブログへのコメントがきっかけで時折りメールやり取りをするようになったOさん宅へ送って試奏してもらったりして、第三者委員会的なコメントも受け取っている。そのいずれもがおおむね上記のような印象に近い内容だった。

このギターを製作した2003~2004年当時以降、田邊さんの評価は急速に高まった。最近はハウザー1世モデルやトーレスモデルなどの製作が多いようだが、端正な音色でバランスがよく、タッチの良否に応えてくれる、低音がしっかりとしたギターを望むなら、このロマニリョスモデルは少々の製作期間を待つ価値十二分に有りだと思う。


田邊ギターで弾いた音源の再生リスト。少し前にアップしたもの。こんな演奏をサンプルにしては田邊ギターに申し訳ないが、新たに録音する時間もなかったのでご容赦を。
佐藤弘和氏の小品三題
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjAvYRun0efNUm3Yvw_QQEiqmEIfYk2wC

初級定番曲三題…数年前の録音。
何だかヒドい…(^^;
https://www.youtube.com/playlist?list=PLjAvYRun0efNJHgnBPU02uKzWvj3TO0mq


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

激安ブルックナー全集



実は少し前に家内アクシデントあって野暮用続き。先日の週末土日もあたふたと終了。それでも日曜夕方近くに時間があったので、アンプの灯を入れ、こんな盤を取り出した。


202007_AB_Paternostro.jpg


パーテルノストロ指揮ヴュルテンブルクフィルの演奏するブルックナーの交響曲全集。第1番から9番に加え、0番とテ・デウムも収録されている。いわく<激安ブルックナー全集>…CD11枚組で1,132円(購入当時)。千円ちょっとでブルックナーの全集ですよ、オクサン!…という代物。そんなわけで少々ゲスな記事タイトルに…

指揮者のロベルト・パーテルノストロは1957年ウィーン生まれながらヴェネチアの家系とか。ぼくはこの盤で初めて知った。晩年のカラヤンのアシスタントを務めたとのこと。ヴュルッテンブルクフィルは南ドイツ・シュトゥットガルト郊外のロイトリンゲンの本拠地を置く。2001年から2007年まで日本人の飯森範親氏が音楽監督を務めた。この全集は90年代後半から2000年代前半にバロック様式のヴェインガルテン大聖堂でのライヴ録音で2009年にリリースされた。何より注目されたのは全11枚組で廉価盤1枚ほどの値段。こういうCDに激安・爆安のキャッチコピーを付けてセールスが上がるのかどうか分からないが、「あまり知られていない演奏家だがどうだろう。とりあえず聴いてみるか」という諸氏は多い様子。ぼくもその一人。リリースされてすぐに手に入れた。ネットを検索すれば、多くのサイトでこの盤を手にした好事家諸氏の寸評がみられる。

演奏は悪くない。ドイツの地方オケの、日常的演奏レベルの高さを実感する。長い残響を伴う大聖堂での演奏、それもブルックナーとなれば、それだけで70点くらい取れそうな条件だが、実は残響を生かしながら各パートをクリアに録音するのは至難の業に違いない。あまり配慮せずに録ると、風呂場で演奏しているような音になってしまうだろう。この録音には1枚ごとにエンジニアの名前がクレジットされている。おそらく多くのマイクを立ててマルチ録音をした上でミキシングに腐心したに違いない。その結果、それぞれのCDは音の状態に少々違いがある。但し、すべてに言えることは、大聖堂の残響に頼ることなく、かなり細部をクリアに、ときにはオンマイク過ぎるのではというほど音像を近く定位させている点だ。総じて弦楽器は適度な距離感とクリアさを保っている。コントラバスの音程もしっかり聴き分けられる。一方、管楽器群の録り方は盤によってかなり異なる。例えば第7番など、弦楽器群は整ったバランスでよく歌うが、管楽器群はやや前後の遠近感に違和感があり、木管群が遠く、金管が近く感じる。また、所々管楽器群の音程に怪しいところもある。 この盤を聴いたあとでブロムシュテット&SKDの盤を聴くと、さすがに格の違いを感じてしまう。SKDの各セクションの音は実によく整い、ルカ教会での録音も左右の広がり前後の遠近感など万全だ。しかしこの盤は、大聖堂での録り直し無しのライヴという条件を考慮すれば、演奏・録音ともに大健闘だろう。もっともこんな感想は、かなり根掘り葉掘り、重箱の隅をつつくような聴き方が故かもしれない。

この手の盤の常として売り切り御免ですぐに廃盤かと思っていたら、まだ在庫がある様子。ブルックナーは何だか苦手という人に今更薦めるつもりはないが、4,5,7,8,9番しか手元にないといった諸氏はこの盤を手元においてみてはどうだろう。もっとも現時点では、ヴァント&ケルン放響による70年代後半の全集(1番~9番)も同じような値段で手に入るので、ちょっと悩ましい。


手持ちの盤からアップした。第7番・第3楽章


同 第8番・第4楽章<抜粋>



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

祝・梅雨明け ラテンでGo!



関東地方、ドーンと梅雨明け。
ひと月半ほどの今年の梅雨はよく降った。お陰で首都圏の水がめ、当地群馬県利根川水系のダムは満水御礼。水不足の心配はゼロ。水浴び、水撒き、存分にどうぞの状態だ。…というわけで今夜は音盤も派手にドーンとイコか。…となれば選ぶ音盤はラテン物。そしてラテンと来ればこれで決まりだ。


202007_Tropical_Jazz_Band.jpg


本ブログでも時折登場の熱帯JAZZ楽団。取り出したのは真っ白なジャケットに堂々とバンド名を記した同楽団のデビュー盤「ライヴ・イン・ヨコハマ」。1997年録音。収録曲は以下の通り。

1)マンボ・イン
2)フィエスタ・ア・ラ・キング
3)スクイブ・ケーキ
4)スカイ・ダイブ
5)メルティング・ポット・ハーモニー
6)カンガルー'98
8)チューン・アップ
9)マンボ・メドレー
*マンボ・ナンバー5/*テキーラ/*エル・マンボ/*エル・クンバンチェロ

正直なところ、この楽団の演奏に関していえば曲目は二の次。もっと言えば、どうでもいいのだ。モチーフが何であれ、圧倒的なグルーヴ感とダンサブルなノリの前に、すべては熱帯JAZZ楽団風になってしまう。元々メンバーのレベルが超高い。神保彰のドラム、森村献のピアノ、中路英明・青木タンセイのトロンボーン等々。そしてもちろんカルロス菅野。ジャズ、フュージョン、ラテン界のオールスターズといってよいメンバーが揃っている。このバンドのライヴは何度か経験しているが、きっちり書かれたスコアをベースにしたバシッと決まるアンサンブルと、個人芸のインプロヴィゼーションが高い次元で融合していて圧倒される。このデビューアルバムには定番、オリジナル、様々な曲が収録されていて、ライヴならではの熱気と迫力で聴かせてくれる。夏本番前の景気付けには最高だ。


この盤の音源。「マンボ・イン」「スカイ・ダイブ」「マンボ・メドレー」


彼らの名刺代わりの曲「セプテンバー」


昨年末@ブルーノート東京。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

菊池真知子(G)



先日のセゴビア程ではないが、少し懐かしギタリストの演奏。こんな盤を取り出した。


202007_Kikuchi_Machiko.jpg202007_Kikuchi_Machiko_2.jpg
(写真右:70年代終盤の現代ギター誌増刊広告ページあった写真。左側の女性は2015年に亡くなったギタリスト奥田紘正氏の娘さんで一時期ギターを弾いていた奥田博子かと…)


菊池真知子(1950-)他が奏でる<ギター名曲集>。シャロン・イスビンの弾くアランフェス協奏曲他とカップリングされたベスト盤。収録曲は以下の通り。

1.アランフェス協奏曲ニ長調 (ロドリーゴ)
2.カプリチオ・アラベ (ターレガ)
3.ダンサ・モーラ (同)
4.前奏曲第1番 (同)
5.同第2番 (同)
6.スペイン・セレナード (マラツ~ターレガ編)
7.3つのメキシコ民謡 (ポンセ)
8.スケルツィーノ・メヒカーノ (同)
9.盗賊の唄 (リョベート編)
10.哀歌 (同)
11.4つのヴェネズエラ風ワルツ (ラウロ)
12.カスティーリャ組曲 (トローバ)
菊池真知子(2,6~12) シャロン・イスビン(1,3~5)
黒岩英臣指揮,東京都交響楽団(1)

ごく普通の音楽愛好家が、ギターの曲でも聴いてみようか、というようなときにチョイスする<名曲集>。この盤もアランフェス協奏曲とギターの定番曲が組み合わされ、選曲としては悪くない。この手の名曲集はもちろんヴァイオリンやピアノにもあるが、一般には入門者向けと見なされ、コアなファンは手に取らないことが多いだろう。しかし、ときに意外な演奏家や名演がリストされていることもある。この盤もそんな位置付けで、菊池真知子のギターが聴けるという理由だけで手に入れたもの。20年ほど前の発売された日本コロンビア廉価盤シリーズの一枚だが、収録曲を変えて現在も出ているかもしれない。

ぼくがギターを弾き始めた70年代初頭、菊池真知子はアイドルというほど軽薄な感じはなかったが、年上のおねえさん的なイメージで、人気と評価が高まっていた時期だった。その後70年代終わりから80年代初頭にかけていくつか録音も残した。その頃ぼくはもちろんギターは弾いていたが、レコードに関してはギターより他のクラシック全般のレコードを手に入れる方が優先し、当時のギターの音盤はほとんど手に入れなかった。この盤も2000年過ぎた頃に、隣り町のCDショップで売れ残り在庫のごとく棚の隅にあったものを手に入れた。

当時の記憶も併せてこの盤の選曲を眺め、確かにメロディアスなスペイン・ラテン物を中心に弾いていたなあとを思い出す。ポンセのスケルツィーノ・メヒカーノは彼女がしばしば取り上げていて気に入り、楽譜を買った覚えがある。この盤は80年代初頭の録音と思われ、すでにDENONがオリジナルのPCM録音を導入していた時期のもの。当時まだ30歳になったばかりの菊池真知子のナチュラルで穏やかな弾きぶりが楽しめる。 どの曲も、スペイン物で当時の奏者にしばしばみられたような崩しやこぶしは控えめ。もちろんたっぷりと歌ってはいるが、常に気品を感じさせる同時に、淡いセンチメンタリズムもあって中々聴かせる。
残念なことに80年代以降、彼女の姿は表舞台から消え、演奏に接することが出来なくなった。その理由について不確かな情報は伝え聞いているが、ここに記すことは控えたい。若かりし頃のこの録音を聴くにつけ、古希を迎えた今ならどんな演奏をするのか、願わくばカムバックを期待したい。


手持ちの盤からアップしてみた。以下の2曲。
ポンセ「スケルツィーノメヒカーノ」


マラッツ「スペインセレナーデ」 最後がブツっと切れいているのは元のCDに起因する。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

グノー 歌劇<ファウスト>バレエ音楽



先日、通勤途上で聴いていたNHKFMでグノー作曲の歌劇<ファウスト>のバレエ音楽が流れていた。何気なく聴いていたのだが、その美しい旋律にあらためて心を打たれ、帰宅後、手持ちの盤を取り出した。


202007_Gounod_Ozawa.jpg


パリの喜び~小澤征爾/フランス音楽コンサートと題された一枚。小澤征爾指揮ボストン交響楽団による演奏による1986年の録音。手持ちの盤は十年程前にグラモフォンの廉価盤で出たときのもの。収録曲は以下の通り。

シャブリエ:狂詩曲≪スペイン≫
グノー:歌劇≪ファウスト≫-バレエ音楽
 1.ヌビアの踊り
 2.クレオパトラと黄金の杯
 3.ヌビア奴隷の踊り
 4.クレオパトラとその奴隷たちの踊り
 5.トロイの娘の踊り
 6.鏡の踊り
 7.フリネの踊り
トマ:歌劇≪ミニョン≫序曲
オッフェンバック:バレエ≪パリの喜び≫
 序曲、ポルカ、 アレグロ、 ワルツ、 アレグロ・ヴィヴォ、 ワルツ、
 アレグロ・ヴィヴァーチェ・ミステリオーソ・レント、ワルツ・モデラート
 カンカン、ヴィヴォ、 舟歌

音楽にひっかけて人生を語るつもりはまったくないのだが、聴いていて幸せな気分になる音楽がある。シャルルグノー(1818-1893)のこのバレエ曲やいくつかのウインナワルツなどは、その筆頭ではないかと思う。バレエ音楽の多くが当然ながら舞踏の付帯音楽として作られ、従って一般的には主役は踊り、音楽は脇役ということになる。脇役の気安さからか、バレエ音楽はカジュアルで親しみやすく、すんなりと耳に入る音楽が多い。いわゆる絶対音楽とは違って、絵画的様相や物語のイメージも持ちやすい。グノーのこの曲もその典型だろう。

ゲーテの原作に対するイメージをどれほど表現しているかぼくにはよく分からないが、ベルリオーズの作品を待つまでもなく、ときにおどろおどろしいイメージが付きまとう<ファウスト>だが、このグノーのバレエ曲はそうしたイメージとは違った<ファウスト>の一面が表現されているように思う。15分程の組曲の体裁になるが、どの曲を聴いても楽しく、心なごむ。
第1曲<ヌビアの踊り>は冒頭、ヴェルディ<運命の力>序曲を思わせる金管のユニゾンで始まるが、すぐに可憐なメロディーが出てくる。以降も19世紀クラシック音楽の美しい和声感と旋律のオンパレード。フランス風といっていい洗練された響き。それらを効果的に表現した管弦楽技法。これぞクラシック音楽の精華といっていいかもしれない。エキゾティックな<ヌビア奴隷の踊り>。もっとも知られる<トロイの娘の踊り>は以前NHKFM午後のクラシック番組テーマ曲だったし、他の曲もいずれもどこかで聴いたことのあるメロディーだろう。
チェリやヴアントあるいは無伴奏曲で内省的に向き合うもよし。こういう曲を万事ハッピーに聴くもよし…。明日もまた、心穏やか楽しく過ごしたいという気持ちになってくる。


この盤の音源。第1曲<ヌビアの踊り>


同 第5曲<トロイの娘の踊り> 30秒過ぎからお馴染みのメロディが。


第1曲<ヌビアの踊り>をバンドリアで弾いているオジサン。


バレエ舞台はこんな感じのようです。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)