シューベルト弦楽四重奏曲ニ短調<死と乙女>



若い頃は手当たり次第、どん欲に音楽を聴いたものだが、馬齢を重ねて昨今は拡大・拡張路線からは遠く、音楽全体からみれば、本当にごく限られた範囲のものしか接しなくなった。もとよりド素人の単なる愛好家であれば、当然の成り行きではあるのだが…。あらためてそんなことを考えながら、ふと思い出して、こんな盤を取り出した。


201807_schubert.jpg  201807_Chamber_Music.jpg


シューベルトの弦楽四重奏曲ニ短調<死と乙女>。学生時代にはFMからエアチェックした何かの演奏で随分と聴き馴染んだ。そういえば最近とんと聴いていなあと思いつつ、音盤棚を探す。…うん?ない!。この有名なカルテットがないのか。記憶ではスメタナかアマデウスの盤があったように思ったが見当たらない。それでは、こちらはと思って取り出したのは、10年程前に出た10枚組の激安ボックスセット。スイス・イタリア語圏放送局(ルガーノ)の音源から録られたもので、指揮者編・協奏曲編・ピアニスト編・室内楽編の4セットが出た中のもの。その室内楽編に…ありました(^^; スメタナSQの1982年の録音。放送用録音(ライヴ)で、80年代にも関わらずモノラル。但し音そのものは悪くない。どうやら今も現役盤のようだ。50年代から90年代まで中々の顔ぶれが揃っている。

第1楽章の主題が流れてきて、ああこのメロディーだったと、昔の記憶が一気に蘇ってきた。標題からは、まさに乙女チックな夢想的なイメージを抱くのだが、出だしからそんな気配はなく、死神の誘いを拒否する乙女の切迫した叫びが聴こえてくる。第2楽章は標題のもとになった歌曲のピアノ伴奏を元にした変奏曲。ト短調の調性で悲歌が歌われる。第3楽章スケルツォは中間部でニ長調に転じて、全楽章短調づくしの中にあってホッとするフレーズだ。終楽章は急速調のタランテラ。慌しいリズム刻む音形の上を流麗なメロディーが流れる。スメタナSQのこの演奏はライヴ録音らしい緊張感の中、中低音の充実した腰の座った演奏。久々に聴いて、やはり名曲でありました。


この曲にはG・マーラーのによる弦楽合奏版がある。1998年、小澤征爾と水戸室内管によるフィレンツェでのライヴ。以前NHKBSで放送されたもの。雷雨直後で第3楽章途中に停電のハプニングも。


メリディアンアンサンブルSQという若い団体による全曲。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

18世紀ベネチア音楽集



きのう記事にしたイタリアンバロックの盤で思い出し、音盤棚をしばしサーチ。こんな盤を取り出した。


201806_ART_Settecento_Veneziano.jpg


最近見かけなくなったレーベル:独ART社から出ていた18世紀ベネチア(Settecento Veneziano)の音楽を集めたイタリアン・バロックのアルバム。何枚か出ているシリーズ物の1枚のようで、アルビノーニ、ヴィヴァルディ、ガルッピ、プラッティなど協奏曲、シンフォニア、トリオ・ソナタ集が収録されている。オッタヴィオ・ダントーネ指揮アカデミア・ビザンチナという団体による演奏。編成はヴァイオリン2・ヴィオラ1・チェロ1・ヴィオローネ1・チェンバロそれとアーチリュートが加わっていて当時のスタイルを再現している。1999年録音

明るい陽射しを受けながら聴くイタリアンバロックは本当に気持ちがいい。がしかし、イタリアンバロックが明るいばかりかというとそうでない。貴族の慰安といっても明るく曲ばかりがリクエストされたわけではないのだろう。苦悩に満ちた貴族もいただろうし、夜会用に秘めた曲想も必要だったに違いない。これはバロックに限らず古今の音楽すべてに脈々と流れる役割だ。絵画も音楽も光と影はワンセット。この盤の最初に入っているガルッピのコンチェルト・クアトロ第4番ハ短調などを聴くとそうしたバロックの多彩さを再認識する。更にこの盤は録音もよく、スピーカを程々の音量で鳴らすと小編成の響きが部屋に満ちて心地いい。


ガルッピ(1706-1785)の協奏曲第4番ハ短調


古典派の響きをもつガルッピの曲を弾くミケランジェリ。
このソナタはミケランジェリのチャーミングな演奏によってよく知られるようになったといってもいいだろう。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ベートーヴェン 弦四<セリオーソ>



雨の週明け月曜日。本日も程々に業務に精励。帰宅後ちょっとアクシデントあって、夜半近くなってようやく落ち着いた。数日ぶりに音盤タイム。何故か弦楽カルテットのそぎ落とされた響きが聴きたくなり、こんな盤を取り出した。


201806_LVB_SQ_11.jpg


ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第11番ヘ短調<セリオーソ>作品95。手元にはアルバン・ベルクカルテットの盤(初回録音)、昨年入手したゲヴァントハウス四重奏団の比較的新しい録音などがあるが、今夜は50年代モノラル時代の名盤、バリリSQの全集盤を取り出した。手持ちの盤は60年代のおそらく国内初出盤。ミント状態のボックス入りセットに980円のプライスタグが付いているのをリサイクルショップで見つけ、小躍りして買い求めた記憶がある。

<セリオーソ>というベートーヴェン自身が付けた題名通りの曲想。中期から後期に至る狭間に作られ、ラズモフスキーセットのような問答無用の充実感とはひと味違う凝縮感。全4楽章通しても20分程で決して大きな曲ではないし、いかにもベートーヴェンという展開に圧倒される感もない。
第1楽章は切羽詰まったような主題で堰を切ったように始まるが長くは続かず、ふと緊張の糸を緩めたように力を抜くフレーズが現れる。以降も所々煮え切らない様子が続く。 第2楽章は安息に満ちた主題で始まる。しかし不安そうな気配が続き、意味深長な減七和音で擬終止したのち 第3楽章がアタッカが始まる。 第4楽章も哀歌を聴かせながらも、最後は突然あっけらかんとしてFdurに転じてしまう。ベートーヴェン自身の模索とも諧謔とも言われる理由がよく分かる曲だ。

バリリSQの演奏は、たっぷりとしたヴィブラート、時に波打つような大きな抑揚表現など、現代的視点でいうとひと世代前のスタイル。アンサンブルの精度も昨今のレベルからみると見劣りする。しかし、モノラル盤の太く温度感のある音質も手伝って、この曲の凝縮感に程よい肉付きを与えたような演奏で中々好ましい。


バリリSQによるこの盤の音源。


アフィアラ・カルテットという若い団体の演奏。
北米随一のバンフ国際弦楽四重奏コンクールの覇者とのこと。


マーラーはベートーヴェンやシューベルトなどの曲をいくつか編曲・改編している。この<セリオーソ>にもマーラー編の弦楽合奏版がある。当然だが、弦四編成とはまったく印象が異なる。マーラーの意図通りだろうが、ロマン派色が濃厚になり、そぎ落とされた凝縮感でなく、悲劇性と同時に豊かな抒情性が表出する。素材の良さは紛れもなしというところだろう。大阪の音大生によるオケによる演奏で第1楽章を貼っておく。(第2楽章以下もあり)



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ヨーヨー・マ&シルクロードアンサンブル



寒冷前線が通過したあと気温降下。午後からは北西の冷たい季節風も吹き始めた肌寒さを感じる一日だった。昼をはさんで野暮用外出。程なく帰宅して部屋の整理をしながらBGMにと、こんな盤を取り出した。


201804_YoYoMa.jpg 201804_SilkRoad.jpg


ヨーヨー・マ&シルクロードアンサンブル による<エンチャントメント>。70年代にNHKが作って、その後のシルクロードブームに火をつけた番組<シルクロード>。そのリニューアル版<新シルクロード>が2005年に放送されるのにあたり、ヨーヨー・マがその音楽監督となってオリジナルサウンドトラックとして作ったアルバムだ。2004年9月NY録音。

もう十数年も経ったのか…。そう思いながらプレイヤーのスタートボタンを押す。第1曲<Mohini>が流れてきて、ああそうだ、この曲に耳を奪われ、珍しく衝動買いをしたっけ…と思い出した。学生時代の一時期、当時で言うところの民族音楽に興味を持ち、NHKFMで小泉文夫が解説する<民族音楽の時間>をしばらくの間聴いていたことがある。特に東欧から中央アジアの音楽に心惹かれるものが多かった。レコードも何枚か手に入れた。その後くだんのNHKの番組を観るにいたり、そうかシルクロードの音楽に心惹かれていたのかと合点したものだ。

このアルバムは先に記した通りNHKの番組付帯音楽として作られてもので、もちろん素の民族音楽というわけではないし、やや商業的に過ぎると見る向きもあるだろう。しかし、エキゾチックな音階とリズム、独自の伝統楽器と西洋楽器のコラボレーションを違和感なくミックスさせ、一流の奏者達が奏でることで、こうした音楽を広く知らしめたことは賞賛に価する。

民族音楽という言葉も過去のものになり、エスニックサウンド、ワールドミュージックと名を変え、すっかりメジャーな音楽となった感がある。一方で、現地の人による土の匂いのする<現地の音楽>が懐かしくもある。


この盤の第1曲<Mohini>


このグループのライヴ。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ジュリアーニ<FLとGのためのソナタ作品85>



好天続く。仕事で出向いた都内の桜は満開。例年数日遅れの当地も開花が進んだ。今年はざっと一週間以上早い感じだろうか。さずがに暖房も不要になって、エアコンノイズからも解放。久々にこんな盤を取り出した。


201803_MG_OP85.jpg


マウロ・ジュリアーニのフルート(またはヴァイオリン)とギターのためのグランドソナタ作品85。ナクソス盤のCDも手元にあるが、今夜は懐かしいランパル盤を聴く。手持ちの盤は米オッデセイレーベルの輸入盤。ギターを受け持っているのは同じフランス出身のルネ・バルトリというギタリスト。ジャン・バティスト・ルイエのイ短調のソナタ作品1-1とロベルト・ドゥ・ヴィゼーの組曲ニ短調(ギターソロ)がカップリングされている。ジュリアーニはフルートとギターのための曲を何曲も残しているが、中ではこの作品85イ長調の大ソナタがもっともポピュラーだ。

この曲には少々思い出がある。この曲を知ったのはクラシックギターを始めて間もない高校2年の頃だった。最初はFMで聴いたのだろう。その後地元本屋の楽器売り場にあった緑色の表紙が印象的なフルートクラブ版の楽譜を買い求め、フルート吹きの同級生S君と二重奏を試みた。S君は大そうな名手で芸大に進もうかとも迷っていたようだが、学業も優秀で結局現役で京大文学部に進んだ。ギターも下手で浪人までして駅弁大学のぼくとは次元が違う。 彼とは文化祭のときにステージを設けてこの曲の第3楽章と第4楽章を演奏した。芸大に進もうかという彼だったから、最初の練習のときから見事な初見演奏で、伴奏のこちらが彼に引っ張られる状態だった。彼はギターの楽譜でも何でも手渡すと、フレージング、ディナーミク共に初見で実に見事に演奏した。ギターの楽譜なので当然和音も書かれているのだが、単旋律のフルートでそれらを音楽的にまったく違和感なく吹く様は当時のぼくには驚きだった。大学時代にはギターパートをカセットに録音し、それを聴きながらフルートパートをギターで弾いて一人二重奏を楽しんだものだ。

その後この曲を弾くことはずっとなかったのだが、つい数年前、新しい職場でフルートの名手に出会い、40年ぶりに合わせた。合わせた当日、「通しましょう」ということでスタート。知人のフルートはまったく危なげなくインテンポで吹き進め、ぼくのギターは事前にろくろくさらっていなかったこともあって、途中あやうい箇所がいくつかあったが、何とか4楽章を通した。玉手箱状態の合わせだったが、ひやひやしながらも大いに楽しんだ。

マウロ・ジュリアーニ(1781-1829)はイタリアのギタリスト・作曲家。ヴァイオリンやチェロも修め、ベートーヴェンの第7交響曲初演ではチェロパートに参加していたと伝えられている。19世紀初頭のウィーンで大そう活躍し、人気も博したようだ。この曲もそうした当時の彼の実力をよく反映したもので、4楽章形式の立派な古典的ソナタ。彼のギター独奏曲よりも優れた感興に満ちていて、ウィーン古典派ど真ん中といってよい曲想は飽きることがない。中級を自認するギター弾きは管や弦の相方をみつけて、ぜひ楽しむべき一曲だと思う。


この盤の音源。


yumi(FL)・松尾俊介(G)による全楽章。音質はやや残念。ギターの音もあまりよくとらえられていない。


ヴァイオリンでの演奏も貼っておく。第1楽章。よりクラシカルな雰囲気になるかな


楽譜はこちらを参考に ⇒
http://maurogiuliani.free.fr/partitions/Op%2085%20grand%20duo%20concertant%20pour%20flute%20ou%20violon%20et%20guitare.pdf



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ムター・リサイタル2000



あすは休日という夜。ちょっと渋めのこんな盤を取り出した。


201803_Mutter_2000.jpg


アンネ・ゾフィー・ムター(1963-)が弾く近現代の作品集。2000年5月にシュトゥットガルトで行われたライヴをそのまま収録したアルバムだ。この盤は十数年前に仕事で中国を何度か訪れた際に買い求めた。確か10元(150円程度)かそこらの値段で、パッケージをよく見ると正規商品かどうかあやしげなところがある。もっとも音は至極まとも。以下の通り近現代の作品だけが収められている。ピアノはランバート・オルキス。

 1. ヴァイオリン・ソナタ第2番ニ長調op.94a(プロコフィエフ)
 2. 4つの夜想曲(G・クラム)
 3. 4つの小品op.7~ヴァイオリンとピアノのための(ヴェーベルン)
 4. ヴァイオリン・ソナタ ロ短調(レスピーギ)

プロコフィエフとレスピーギを除いたクラムとウェーベルンの作品は完全な前衛的な作品といっていいだろう。こうしたプログラミングの意図がライナーノーツに記されている。それによると、21世紀の将来に向けての新しい定番的なレパートリーにするべく取り組んだとある。プロコフィエフはすでにヴァイオリニストにとっては定番レパートリーだろうか。古典的ソナタの形をとった4楽章構成で、それぞれの楽章のキャラクターが明確かつ親しみやすい。クラムとウェーベルンはいわゆる現代曲そのものだが、こうしてプロコフィエフとレスピーギの間に置かれて聴いてみると違和感はない。現代曲にももちろん様々なものがあるだろうが、一つの典型としてある<夜><静寂>を描いたイメージを強く感じる。レスピーギ>はブラームスのソナタと言われたらそのまま信じそうな曲想。レスピーギ自身はイタリア近代というカテゴリーに入るだろうが、この作品はまったく後期ロマン派の風情だ。色濃く、美しく、深い。このアルバムそのものを4楽章構成の一つの曲と考え、4人の作曲家がそれぞれの楽章と考えたらいいのかなと、ふと思ったのだが、あながち間違いでもないだろう。

ムターの演奏はいずれも文句なしの素晴らしく。前衛作品の良否を言える耳は持たないが、プロコフィエフは意図的にやや控え目な表現で好感が持てる。楚々として美しく、穏やかに心静まる。レスピーギはやや積極的に踏み込み、濃い口の表現だが、ブラームス風のこの曲にはよく合っている。


プロコフィエフのヴァイオリン・ソナタ第2番第1楽章。クレメルとアルゲリッチ。


レスピーギのヴァイオリン・ソナタ



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

加藤知子(Vn)エルガー作品集



三月も半ばを過ぎた。仕事の年度末進行もほぼ完了見込みとなり休心。新年度の計画にも少々手を付け出した。本日も程々に業務に精励。7時ちょうどに帰宅。ひと息ついて夜も更けて…変わり映えしない音盤タイム。今夜はこんな盤を取り出した。


201803_Elgar_Kato.jpg


エルガー作品集。加藤知子のヴァイオリン、江口玲のピアノ伴奏。1997年に山梨県の牧丘町民文化ホール(現:花かげホール)で録音されている。日本コロンビアの廉価盤シリーズ中の1枚。エルガーが生涯に渡って書き続けたヴァイオリンのための小品とソナタが収められている。収録曲は以下の通り。

1. 夜の歌op.15-1
2. 朝の歌op.15-2
3. 6つのとてもやさしい小品op.22
4. 愛の挨拶op.12
5. 気まぐれ女op.17
6. マズルカop.10-1
7. ため息op.70
8. ヴァイオリン・ソナタop.82
9. カント・ポポラーレ

<愛の挨拶>ばかりが有名になり、いささか手垢にまみれてしまった感があるが、他の小品も味わい深い。この作曲家の一面である、穏やかなロマンティシズムと豊かな歌謡性に満ちた曲が続く。<夜の歌>は安息に満ちた夜のしじまを思わせ、<気まぐれ女>ではクライスラー風の軽妙な技巧を聴かせる。実際、クライスラーの愛想曲だったそうだ。短調のやや速いテンポの<マズルカ>はドヴォルザークの作品にヒントと得て書かれた由。ところどころにスラヴ風の曲想やペンタトニックが顔をみせる。<ため息>の原曲はオーケストラ、ハープ、オルガンのための作品。悲痛なロマンティシズムは作曲当時の第一次大戦に思いを寄せたものと、ライナーノーツにあった。こうした小品、そしてチェロやヴァイオリンのための協奏曲やシンフォニーなどの大曲、エルガーだけではないが、作曲家の多様な側面に等しく接していきたいものだ。


<夜の歌>


イヴリー・ギトリスの弾く<気まぐれ女>


のだめにも登場したヴァイオリンソナタ第1楽章。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)