メンデルスゾーン 協奏的変奏曲作品17



あれこれ身辺諸事が滞り、きょうはちらかり放題の机まわりの整理。見かけだけは少々片付き、安堵して一服。ついでアンプの灯を入れ、こんな盤を取り出した。


202402_Mendelssohn_Variation_Concertante.jpg


メンデルスゾーン(1838-1897)のチェロとピアノための協奏的変奏曲作品17。手持ちの盤は随分前に手に入れた激安ボックスセット。ブリリアントクラシクスのメンデルスゾーン室内楽全集中の一枚。メンデルスゾーンが書いたチェロ作品、ソナタ2曲、無言歌、そしてこの協奏的変奏曲が収録されている。チェロはクロード・シュトルク、ピアノはクリストファ・エッシャンバッハ。1985年録音。原盤はスイス・クラヴェス・レーベル。

メンデルスゾーンの室内楽は、もっとも有名なピアノトリオをはじめ、清廉な美しさに満ちた名曲ばかりだ。チェロのための作品もしかり。ソナタもいいが、以前チェロ相方とも取り組んだ無言歌作品109他の小品も味わ深い。協奏的変奏曲はチェロ弾きにはお馴染みの曲だろうが、一般のクラシックファンにはそれほど知名度は高くない。ぼくもこのセットを手に入れて初めて接した。

曲名の通り、ピアノとチェロとに対等の役割が与えられ、全体としてまとまりのある作品になっている。曲は主題と8つの変奏からなる。チェロのオブリガートを伴ったピアノによる穏やかで美しいテーマの提示に始まり、変奏を重ねながら、音楽全体として中盤から終盤に向かって熱気を帯びていく。チェロがピチカートをで奏でる変奏あたりからチェロとピアノが激しく対峙してピークを迎える。決して大きな曲ではなく、10分ほどの小品といっていい規模だが、一つの音楽としての起承転結が整えられている。最後に穏やかな主題が戻ってくるくだりは感動的ですらある。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村


この盤の音源。


アルゼンチン生まれのソル・ガベッタによる演奏



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

加藤知子(Vn)エルガー作品集



きょうで一月が終わり。正月気分もあまりないまま年明けし、変わり映えしない日常でひと月が経った。さて、きょうも夜も更けて…いつもながらの音盤タイム。今夜はちょっとリラックス…この盤を取り出した。


202401_KatoTomoko_Elger.jpg


エルガー作品集。加藤知子のヴァイオリン、江口玲のピアノ伴奏。1997年に山梨県の牧丘町民文化ホール(現:花かげホール)で録音されている。日本コロンビアの廉価盤シリーズ中の一枚。エルガーが生涯に渡って書き続けたヴァイオリンのための小品とソナタが収められている。収録曲は以下の通り。

1. 夜の歌op.15-1
2. 朝の歌op.15-2
3. 6つのとてもやさしい小品op.22
4. 愛の挨拶op.12
5. 気まぐれ女op.17
6. マズルカop.10-1
7. ため息op.70
8. ヴァイオリン・ソナタop.82
9. カント・ポポラーレ

<愛の挨拶>ばかりが有名になり、いささか手垢にまみれてしまった感があるが、他の小品も味わい深い。この作曲家の一面である穏やかなロマンティシズムと豊かな歌謡性に満ちた曲が続く。<夜の歌>は安息に満ちた夜のしじまを思わせ、<気まぐれ女>ではクライスラー風の軽妙な技巧を聴かせる。実際、クライスラーの愛想曲だったそうだ。短調のやや速いテンポの<マズルカ>はドヴォルザークの作品にヒントと得て書かれた由。ところどころにスラヴ風の曲想やペンタトニックが顔をみせる。<ため息>の原曲はオーケストラ、ハープ、オルガンのための作品。悲痛なロマンティシズムは作曲当時の第一次大戦に思いを寄せたものと、ライナーノーツにあった。こうした小品、そしてチェロやヴァイオリンのための協奏曲やシンフォニーなどの大曲、エルガーだけではないが、作曲家の多様な側面に等しく接していきたいものだ。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤の音源。「夜の歌」


同 「マズルカ」


同 ヴァイオリンソナタ 全3楽章



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ハイドン 三重奏曲集



週明け月曜日。昼前は少し念入りにギターの朝練。午後からアンプの灯を入れ音盤タイム。しばらく聴いていなかったこの盤を取り出した。


202401_Haydn_Trio.jpg

202401_Haydn_Trio2.jpg


スイスの名門クラヴェスレーベルから出ていたハイドンの三重奏曲を収めた一枚。以前ネットで箱買いしたLP数百枚の中に入っていたもの。1974年録音。まったくのMINT状態で盤質・音質共に極上だ。収録曲はHob.XV:16、XV:17、XV:15の3曲(この盤の表記ではぞれぞれ第30番、29番、31番)。

この盤に収めされている三重奏曲は、ハイドンが60歳になる直前の作品。若くしてエステルハージー家に抱えられ順調な日々を30年近く送っていたハイドンであったが、初老を迎えてもうひと花さかせたいと思っていたらしく、折りよくロンドンのプロモーター:ペーター・ザロモンからの誘いがあってロンドン行きを決めた。有名な後期の交響曲集ザロモンセットはそのデビューみやげだ。この盤の三重奏はその出発前に書かれたもので、ハイドン自身「…特別なものではなく、退屈の折などにためのごくつまらぬものです…」と書簡に書き付けているそうだ。

実際、ハンマークラヴィーア、フルート、チェロのための三重奏曲を題されてはいるものの、曲の主導権を握っているのはピアノで、チェロはピアノの低音部をユニゾンでなぞる程度に終始している。フルートはかなり重要な役割を担っていて、曲としてはほとんどフルートとピアノのためのソナタ、あるいはフルートオブリガード付きのピアノソナタという感じだ。この盤では名手ペーター=ルーカス・グラーフがフルートを吹き、イェルク・エーヴァルト・デーラーというピアニストが1820年ブロードマン社製のハンマーフリューゲルを弾いている。 曲はいずれもハイドンの手馴れた手法で古典的な様式感を持ち、肩の凝らない楽想。ハイドンとしてはロンドン出発前の軽い筆のすさびといったものだったろうが、どの曲も一定以上の水準を保ち、かつ多くの作品を残したハイドンはやはり大したものだとあらためて関心する。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



Hob:XV16ニ長調の第1楽章。展開部以降(3分24秒から)が中々面白い。第1主題をイ短調にして始まるが、すぐにホ短調に転じたかと思うと、1小節の休止が入るなど、意表をつく展開が続く。


フルートに代わってヴァイオリンを用いた演奏。Hob:XV16全楽章。コーガン、ロストロポーヴィッチ、ギレリスによるもの。この曲には少々重厚に過ぎる布陣か…いやいや速めのテンポで軽快に進みます。6分40秒過ぎからのニ短調の第二楽章も中々可憐な佳曲。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

モーツァルト K.563



一月も半ば。寒さもこれから二月初旬までがピークだ。さて、週半ばの水曜日。窓から差し込む陽射しを受けつつ昼下がりの音盤タイム。穏やかな冬の午後には…と考え、この盤を取り出した。


202401_WAM_563.jpg


パスキエ・トリオによるモーツァルト「弦楽三重奏のためのディベルティメント変ホ長調K.563」。パスキエ・トリオの名盤として昔から知られるものの一つ。詳細データを確認していないが、60年代初頭のステレオ録音。手持ちの盤は例によって出張の折に梅田の名曲堂阪急東通り店の60年代コーナーで見つけたもの。1965年の日本コロンビア盤で、レコード盤にコスト削減のメスが入る前の時代の分厚い盤質。聴いていてもノイズの無い美しい再生音が楽しめる。


202401_WAM_563_LP.jpg


この曲は作品番号からもわかるようにモーツァルト最晩年の作品の一つ。39、40、41のシンフォニーを一気に書き上げた年にこの曲も書かれている。ディベルティメントの定石通り全6楽章構成。両端のアレグロ楽章の間にメヌエットを二つおき、その間にアダージョ、アンダンテの変奏曲をおく構成。
弦楽三重奏という編成は楽器を弾かずにレコードやCDで音楽を聴いて楽しむだけの愛好家にはあまり馴染みの深い編成ではない。しかし、プロアマ問わず弦楽器をたしなむ人にとっては室内楽はその楽しみの多くの部分を占めているし、弦だけの二重奏や三重奏も、練習用課題としても演奏会用ピースとしても重要なものらしい。

この曲はさすがに楽聖モーツァルトの晩年作品中でも傑作をされるだけあって全ての楽想が趣深い。技量、音楽性とも高いレベルが要求される作品だろう。こうして聴いていると弦楽四重奏とはまったく違う響きと楽しみを感じる。ヴァイオインが1本少ないことにより響きが薄くなる反面、その透明度は高まり、和声の移ろいやフレーズや曲想の変化はむしろ明瞭に聴く側に訴えてくる。響きのボリュームやダイナミズム以外の要素に対して、より耳を傾けるようになる。耳のダイエットという言葉が適当かどうか分からないけれど、聴く側の耳にも時には一汁三菜の味わいを教えておかないといけない。

この盤の音源。第1、3楽章


全曲。YOUTUBE上で上位の視聴回数を誇る演奏。


スコア付き音源。グリュミオートリオ(Va=ジョルジュ・ヤンチェル、Vc=エヴァ・ツァコ…と思われる)の演奏。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

シューベルト ピアノ三重奏曲第1番変ロ長調作品99



週明け火曜日。昼過ぎに頼まれ事でちょいと外出。帰宅後、夕刻まで時間もあったので音盤棚を見回し、目の合ったこの盤を取り出した。


202312_Schubert_PianoTrio_1.jpg


もっとも敬愛するチェリストの一人、アントニオ・ヤニグロ(1918ー1989)が参加しているシューベルトのピアノトリオ。ピアノはパウル・バドゥラ・スコダ(1927-2019)、ヴァイオリンはジャン・フルニエ(1911ー2003 チェリスト:ピエール・フルニエの弟)。ヤニグロとトリオを組んでいくつかの録音を残したメンバーだ。手元に資料がないのではっきりしないが、おそらく50年代初頭の録音。手持ちの盤は60年代の日本ウェストミンスター社による国内初出盤。これも出張先の大阪で梅田に投宿した際、近くの名曲堂阪急東通り店で買い求めた記憶がある。

この曲を耳にするのは本当に久しぶりだったが、第1楽章が流れてきて一気に学生時代にフラッシュバックした。かつてこの曲をよく聴いたことを思い出す。冒頭から第1主題が朗々と歌われる。しかしそこはもちろんシューベルト。朗々といってもベートーヴェンのように強さが前に出ることはない。整ったソナタ形式のこの楽章は聴いていて本当に落ち着く。意表をつく展開はないが、すべてが音楽的に程よく収まる。展開部ではヤニグロのチェロも大活躍する。第2楽章もヴァイオリンとチェロの掛け合いが美しい抒情的なアンダンテ。スケルツォを挟んで、終楽章のロンドはかなり長く、やや冗長になる感も否めないが、まあこれがウィーン古典派の流れを汲むロマン派の特徴でもあり、ゆったり付き合うべしというところだろう。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤の音源。 全4楽章


エベン・トリオというチェコの若い三人組による演奏。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ブラームス クラリネット五重奏曲ロ短調



朝から野暮用外出で3時過ぎに帰宅。ちょっとした外出で疲れを感じるようになったのも、加齢ゆえか…。さて秋の夜更け、聴くべき音楽は…それはもうブラームスに決まっているだろうと、独りつぶやきながら、この盤を取り出した。


202310_JB_CL5.jpg


ブラームスのクラリネット五重奏曲ロ短調。ウィーン八重奏団員よる演奏。アルフレード・ボスコフスキー(CL)、アントン・フィーツ(Vn)、ギュンター・ブライテンバッハ(Va)、ニコラウス・ヒューブナー(Vc)。手持ちの盤は、80年代初頭にミドルプライスで発売されたときのLP盤。録音は1961年。

ウィーン八重奏団はウィーンフィルのコンサートマスターだったウィリー・ボスコフスキーが主宰していた四重奏団にクラリネット・ファゴット・ホルン・コントラバスが加わって構成された楽団だ。60年代入り、ボスコフスキーがウィーンフィル四重奏団や指揮者としての活動に移るため勇退。第1ヴァイオリンがボスコフスキーから、この盤でも演奏しているアントン・フィーツに代わったとライナーノーツに記されている。ちなみに、この盤でクラリネットを吹いているアルフレード・ボスコフスキーはウィリー・ボスコフスキーの弟である。

ブラームスのクラリネット五重奏曲はモーツァルトのそれと共にクラリネットの名曲の一つだ。クラリネットの音色というと、ぼくなどは少々コミカルなイメージを持つが、ブラームスやモーツァルトの手にかかると一転深みのある音楽を奏でる。このブラームスの五重奏曲も、いかにもブラームス風の落ち着きと憂いと優しさに満ちている。特に第2楽章の美しい歌は比類がない。ここでいう美しさとは言うまでもなく、耳あたりのいいキャッチーなメロディーということではない。憧れとあきらめ、希望と悲しみ、出会いと別れ、そうしたものが隣り合わせになったブラームス特有の美しさだ。とかく軽く見られがちな第3楽章もいい。スケルツォ風の軽快な運びながら、クラリネットが楽天的になり過ぎないメロディーを吹き、弦楽合奏がそれを支える、聴き応えのある楽章だ。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村


カール・ライスターと日本のトップメンバーによる演奏。


この盤と同じメンバーによる50年代モノラル録音の音源。第1楽章



スコア付き音源。カール・ライスターとアマデウス四重奏団による演奏。ギター抱えて2ndヴァイオリンのパート辺りを追いかけてみるのも初見練習に好適かと。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ベートーヴェン チェロソナタ第1番ヘ長調



週末土曜日の午後。暑さも手伝って散らかり放題だった道楽部屋を片付け、清々としたところでアンプの灯を入れ音盤タイム。久しぶりにこの盤を取り出した。


202309_Janigro_LVB.jpg


本ブログに登場するチェリストの中でもイチ押しのアントニオ・ヤニグロ(1918-1989)が弾くベートーヴェンのチェロソナタ集。ピアノはウィーン三羽烏の一人イエルク・デムス(1928-2019)。録音は1964年ウィーン。手持ちの盤は十数年前に日本コロンビアから廉価盤で出たときのもの。

ヤニグロを最初に知ったのは指揮者としてだった。その昔、70年代に出ていた廉価盤LPでザグレブ室内管弦楽団の指揮者として名を連ねていた。それ以前の50~60年代、もっとも嘱望されたチェリストの一人だったが、手の故障もあって指揮に重きをおくようになった。きょうはこの盤に収められた5曲の中から第1番ヘ長調を聴いている。

ベートーヴェンの5曲あるチェロソナタのうちでもっともポピュラーなのは第3番イ長調だが、マイ・フェイバリットはこの第1番ヘ長調だ。以前チェロ相方と話をしていた際、彼女も第1番が好きだと言っていた。第1番は二つの楽章から出来ているが、その第1楽章冒頭のアダージョ・ソステヌートの序奏が素晴らしい。荘重な雰囲気の中に美しい歌があふれる。この序奏だけでもこの曲を聴く価値があるだろう。主部に入ってまず気付くのはピアノパートの雄弁さだ。もちろん単純な伴奏音形に留まることはなく、しばしば主旋律を取り、チェロが脇役に回る。チェロとピアノの協奏ソナタと言ってもいいほどだ。

ヤニグロのチェロは何を聴いても高貴で美しく、申し分ない。協奏的に合わせるピアノのデムスも全盛期だろう。古典的な折り目正しさを守りつつ、ロマンティックなフレーズも歌い過ぎず、終始品格の高い音楽に満ちている。ベートーヴェンというだけでエモーショナルな表現で押す演奏がありがちだが、そうした演奏とは一線を画す名演だと思う。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村


この盤の音源。第1番・第1楽章から始まり、第3番までの再生リスト。



第1番の楽譜付き音源。ブレンデル親子による演奏とのこと。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)