ボロディンtoボッサ



先週来の低温傾向もようやく終わり、きのうからじわじわ気温上昇。あすは関東各地で20度超えの予報。一進一退の桜前線も再び動き出しそうだ。 さて、本日も業務に精励。ちょうど仕事のキリもよかったので、少々早く店仕舞い。7時ちょうどに帰宅した。そういえば…きのう通勤途中で聴いていたNHKFM<きらクラ>で、ボロディンの弦四第二が流れていたのを思い出し、久しぶりにこの盤を取り出した。


201704_Borodin.jpg  201704_Borodin_SQ2.jpg


アレクサンドル・ボロディン(1833-1887)の弦楽四重奏曲第2番ニ長調。その名もボロディン弦楽四重奏団による演奏。1962年録音。手持ちの盤は80年代初頭にロンドンレーベルのミドルプライス盤で出たときのもの。ショスタコーヴィッチの弦楽四重奏曲第8番とカップリングされている。
70年代半ばの学生時代、夜11時からのNHKFMクラシック番組「夜のしらべ」で、テーマ曲にこの曲の第3楽章が使われていた(確かオーマンディー&フィラデルフィアの弦楽合奏版だった)。「夜もだいぶ更けてまいりました。」というアナウンスで始まったその30分の番組では、一日の終わりに聴くに相応しい落ち着いたクラシックを流していたのを思い出す。

何度聴いてもこの曲は美しい。くだんのテーマ曲に使われた第3楽章;夜想曲はそのタイトル通り、夜のしじまに染み渡るようなチェロの深々とした旋律で始まる。甘美で抒情的なメロディーは凍てつく冬の夜にも、あるいは魅惑的な春の暖かな宵にも相応しい。途中冒頭のモチーフを各パートが受け渡しながら繰り返すくだりは、仲間たちの穏やかで秘めやかな会話を聞いているかのようだ。そして忘れてならないのは、この曲の第1楽章の素晴らしさだ。ここでも冒頭チェロの一気に引きつけられる美しい旋律で始まる。 ボロディンは19世紀半ばのロシア五人組みの一人として活躍し、ロシア国民音楽の創出に尽力した。作品数は多くなく、ぼくら一般的なクラシックファンが聴く曲も、二つの弦楽四重奏曲や交響曲第2番、そしてかつては中学校の音楽の授業で必ず聴いた<中央アジアの草原にて>や歌劇<イーゴリ公>からのいくつかの曲といった程度かもしれない。しかしそのいずれもが異民族の交流ポイントでもあった中央アジア周辺のエキゾティックな様子をイメージさせる。そこにはアジアそして日本音楽のルーツでもあるペンタトニックを効果的に散りばめた美しい旋律があふれ、いつもぼくらを引きつける。

きのうの<きらクラ>で話題になっていた第2楽章の副主題は、ミュージカル<キスメット>で他のボロディン作品と共に導入され、<Baubles, Bangles and Beads(ビーズと指輪)>というスタンダードになって多くのシンガーが歌ってきた。アレンジの巧みさというよりは、ボロディンの原曲に多様な和声が施されているからに他ならない。


弦楽四重奏曲第2番全曲の楽譜付き音源。第2楽章に入り、8分50秒から始まるMeno mossoの副主題(10分5秒あたりまで)が<Baubles, Bangles and Beads>のモチーフとなった。もっとも知られた第3楽章<夜想曲>は13分20秒から。
いずれの楽章もシャープ系でギターでも弾きやすい調性。初見練習、アンサンブルで落ちない心得のため、どこかのパートでギター抱えて参加するもの一興かと。


シナトラの歌う<Baubles, Bangles and Beads>


イリアーヌ・イリアスによるボサノヴァアレンジ。


イーゴリ公:だったん人の踊りから生まれた<Stranger in paradise>


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ハイドン リュートと弦楽のための室内楽集



ここ数日のぐずついた天気が回復し、穏やかな日曜日。窓から射し込む陽光に気分をよくして、こんな盤を取り出した。


201703_Michael_Shaffer_Haydn.jpg  201703_Michael_Shaffer_Haydn2.jpg


ミヒャエル・シェーファーのリュートが楽しめる一枚。ハイドン作曲のリュートと弦楽のための四重奏が収められている盤だ。80年代初頭にミドルプライスで出た際に買い求めた。先日のレオナルド・レオの盤でソロを弾いていたトーマス・ブリースがチェロで参加している。いずれも原曲は弦楽四重奏などの原曲を元にアレンジされたものではあるのだが、ハイドン自身の編曲ではない。またそもそも原曲がハイドン自身の作でないものもあるようだ。曲想は明るく屈託のないもので、きょうのような穏やかな休日の朝に聴くに相応しい。
リュートを弾いているミヒャエル・シェーファー(1937-1978)は優れたドイツのリュート奏者だったが、残念なことに1978年41歳の若さで亡くなった。確か日本人の奥様がいたはずだ。このハイドンの四重奏の他、手元にはわずかながら彼の盤がある。いずれもリュートの持つ軽やかで典雅な、そしてときに内省的な響きをたたえた演奏だ。

実は社会人になってしばらくたった80年代初頭、国内で初めて発売された廉価なステューデントタイプの10コースリュートを手にしたことがあったが結局ろくろく弾かずに手放した(写真下)。楽器、楽譜、弦など、当時は情報がまだまだ少なかったことも疎遠になった一因だったかもしれない。その後、歴史的研究成果や熱心なファンの存在、そして古楽全般の隆盛もあって、今では当時とは比べものにならないくらい環境が整ってきた感がある。

以前所有していた10コースリュート   糸ぐら部分


この盤のハイドン:ニ長調のカルテットHob.III:8


こちらはオリジナルの弦楽四重奏による音源。


ギターによるカルテット編成での演奏。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ヒンデミット ヴィオラソナタ 作品11-4



如月二月。ここ数日寒さが緩んだが、あすからまた冬型。…でも、もうすぐ春だ。
年明けからいささか停滞気味だった業務が、ここへ来て進捗回復。きょうも少々気をよくして帰宅した。
さて、二月最初の音盤タイム。久々にこんな盤を取り出した。

<ヒンデミットとベニー・グッドマン>
201702_hindemith.jpg 201702_hindemith_Viola_Sonata.jpg


ウィーンフィルの首席ヴィオラ奏者;ハイリヒ・コルがソロをとったナクソス盤。曲に従って何人かのメンバーがジョイントしていて、ピアノには日本人の乾まどかが入っている。収録曲は以下の通り。

・ヒンデミット:ヴィオラ・ソナタ 作品11-4
・ベートーベン:ヴィオラとチェロのための二重奏曲「2つのオブリガート眼鏡付き」変ホ長調 WoO.32
・シューマン:おとぎ話 作品132から
・ヘンデル(ハルヴォルセン編):ヴァイオリンとヴィオラのための「パッサカリア」
・ブリテン:ラクリメ 作品48

このナクソス盤、ヴィオラの魅力を伝えるのに相応しい曲が揃っているが、中でもヒンデミットがいい。ヒンデミットは自身が優れたヴィオラ奏者でもあったことから、ヴィオラのためソロ作品としてソナタを3曲と無伴奏ソナタを4曲残している。このヘ長調のソナタもその中の1曲で、後期ロマン派にドイツ近現代的手法が加味されたヒンデミットらしい作風。穏やかなロマンティシズムをベースに美しい旋律と和声にあふれる。シューマンはヴィオラ、クラリネットとピアノのためのオリジナル作品でロマン派歌曲を聴く趣きの美しい小品だ。

ヴァイオリン族の中でヴィオラはどうも不遇な地位にあるようだが、どうして、その音色は魅力的だ。ヴァイオリンが何事も訴えたがる若い女性、チェロは逞しいようでその実ややスノッブでナルシストな男とすれば、ヴィオラは男にせよ女にせよ万事に控え目で分別ある大人の味わいだ。


ヒンデミット ヴィオラソナタ


シューマン <おとぎ話>作品132



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ブラームス <弦四第一>



本日もせっせと業務に精励。思いのほか苦戦の一日。深追いは禁物、あすに期待して6時少し前に退勤となった。寒気流入の日本列島だが、当地関東は予報ほどの寒さには至らず。帰宅後一服して、きのうの続きで、渋めの音盤をチョイス。こんな盤を取り出した。

201701_ABQ_JB_SQ1.jpg  201701_ABQ_JB_SQ1_2.jpg


略称好きは日本人ばかりでもないようだが、クラシックの世界も同様だ。SKD、SKB、VPO、CSO、BPO、シベ2(ツウ)、ブル8(ハチ)、ハルサイ、ドヴォコン…門外漢にはまったくイミフ~w。先日のABM、そして今夜のABQはどうだろう。 ウィーン・アルバン・ベルク四重奏団:ABQによるブラームスの弦楽四重奏曲第1番ハ短調。手持の盤は80年代初頭に出ていたテレフンケン名盤ライブラリーと称する2枚組LP。ブラームスのカルテット全3曲を収められている。録音は76年から77年にかけて行われている。ちょうど1970年に結成されたABQが評価と人気を確立した頃だ(そして同団は2008年に解散)。

ブラームスのカルテットはいずれも彼が第1交響曲を書き上げた頃と重なる40歳の頃の作品。古典的様式感と同時に、ロマン派らしい微妙な移ろいと陰影に彩られた和声感がいかにもブラームスだ。色恋沙汰の表明のようなキャッチーなメロディはなく、渋さの極みといってもいい。弦楽四重奏は18世紀以降ハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンの作品はもちろん、室内楽として、あるいは音楽の骨格を表現できる必要十分な機能体として成立していたが、当時のエンターテイメントの作品として市中では、ヒットしているオペラのアレンジ物やポプリが人気を集めていた。ベートーヴェンの後期弦楽四重奏やこのブラームスの作品などはそうした巷間の時流からみれば、やはり特殊なというか、作曲家の精神の発露としての意義が強かったのだろう。しかしこうして21世紀にまで生き残り、少なからぬ人々が愛好し続けているということは、やはり中々のことだと、あらためて思う。

クラシックでもジャズやポピュラーでも、カレーにケーキにハンバーグのごときお子ちゃまメニューの音楽ばかりではなく、大人の味わいとしての渋さや苦味あってこそ真の味わい。クラシックに関していえば、ブラームスのカルテットなどは、そうした大人の味覚を持ち合わせているかどうかの、ちょうどよい試金石だ。


イギリスのナヴァラ弦楽四重奏団という団体による演奏。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ブラームス <弦五第二>



昨日までの寒気が抜けて冷え込みのなく穏やかな一日だった。とはいえ、あすにはこの冬一番の寒波再来との予報。これからしばらくがまさに寒中。二月初旬までが寒さのピークだ。さて業務少々ひっ迫し、ちょいと居残り。8時半過ぎに帰宅。ひと息ついて、今夜は久しぶりに渋めの曲を聴こうかと、こんな盤を取り出した。


201701_JB.jpg  201701_JB_String_Quintet.jpg


ブラームスの弦楽五重奏曲第二番ト長調作品111。ベルリンフィルメンバーによる1970年の録音。弦楽五重奏の一番と二番がそれぞれA面B面に収められている。手持ちの盤は1979年に<室内楽1300>と称されたフィリップス系廉価盤シリーズ中の一枚(この盤についてはだいぶ以前に一度記事にしているので再掲しておく)。演奏団体名はベルリン八重奏団としてクレジットされて、その中の以下のメンバーが参加している。土屋氏は1959年から2001年まで当時BPO唯一の日本人プレイヤーとして在籍。この録音は入団から10年を経った頃のもので、名実共に名門オケのヴィオラ奏者として活躍していた時期の記録となる。

 アルフレッド・マレチェック(Vn)
 フェルディナンド・メツガー(Vn)
 土屋邦雄(Va)
 ディートリッヒ・ゲルハルト(Va)
 ペーター・シュタイナー(Vc)

ブラームスの五重奏ではクラリネット五重奏曲、ピアノ五重奏曲がまっさきに頭に浮かぶが、管もピアノもない弦楽五重奏曲、取り分けこの第二番もいかにもブラームスらしい渋さに満ちている。加えて、この曲には渋さゆえの難解さがない。全楽章とも穏やかな歌謡性を持ち、親しみ易い。ベートーベン最晩年の室内楽やピアノソナタが、深く瞑想的かつ常人を受け付けないようなところがあるのとは対照的だ。ぼく自身はブラームスの室内楽中、もっとも素晴らしいものの一つと感じる。

第1楽章、冒頭こそ明るいト長調で始まるが、決して陽光さんさんと降り注ぐ明るさではない。穏やかで平和的ながら、ほの暗い落ち着きも併せ持って曲が進む。2本のヴィオラによる響きは中音部が厚く、それでいて同じブラームスのチェロを2本にした弦楽六重奏ほどの重さはなく、程よく重厚で温厚に響く。
第2楽章と第3楽章はそれぞれニ短調、ト短調の短調に転じる。第2楽章はヴィオラの哀愁に満ちた主題で始まり、ヴァイオリンによって変奏されていく。最後に主題が回想され、長調に転じて終止するあたりは本当に美しい。続く第3楽章のレントラー風のメロディーも一度聴いたら忘れないほど印象的なものだ。哀愁に満ちた旋律を各パートが綾を成すように展開される。終楽章はブラームス得意のハンガリー風(ロマ風)のモチーフで始まる。途中、穏やかな副主題をはさみながらも、最後はラプソディックに盛り上がり曲を終える。

ベルリンフィルメンバーによる演奏は、昨今の、よりダイナミックかつアクティブな演奏スタイルに比べるとずっと内省的。1970年というと、ベルリンフィルはカラヤン施政下ですっかり近代的なオケになっていたと思うが、こうして室内楽と聴くと、個々の演奏者のベースにはまだまだひと昔前のスタイルが残っていたのかと実感する。


以下の動画は2013年ヘルシンキ室内楽フェスティバルでの録音とのこと。セルシェル(G)とデュオのアルバムも出しているジャン・ワンがチェロを弾いている。少しググッてみると他のメンバーもみな素晴らしキャリアの持ち主。モダンかつシャープな演奏。当然だが、BPOメンバーによる45年前の演奏とは印象がまったく異なる。
第2楽章12:12~ 第3楽章 18:12~ 第4楽章23:30~


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

モーツァルト 弦五第四ト短調


きのうは冬至。柚子湯につかり、小豆かぼちゃを食べ、気分はすっかり冬の年の瀬になったが、関東地方はこのところ11月並みの暖かさ。きのうもきょうもコートを羽織らず、ジャケットと薄手巻物の通勤コーデとなった。さて明日は祝日。ひと息ついて、けさのNHKFMで流れていたので思い出し、こんな盤を取り出した。


DSCN5504 (560x560)  DSCN5501 (560x560)


モーツァルトの弦楽五重奏曲第4番ト短調K.516。アマデウス弦楽四重奏団にセシル・アロノヴィックのヴィオラが加わった演奏。1951年のモノラル録音。手持ちの盤は70年代後半に出ていた廉価盤<ウェストミンスター名盤コレクション>の一枚で、はっきりした記憶がないが、発売からそう月日が経っていない、社会人になったかならないかという時期に手に入れた。数年ぶりに針を下ろしたが、40年近く前の盤とは思えない良好な状態で、モノラルながらフレッシュな音が飛び出してきた。アマデウス弦楽四重奏団は同じセシル・アロノヴィックと組んでこの曲を独グラモフォンにステレオで再録音している。きょうFMで聴いたのはそのステレオ盤の方。

この曲を語るとき必ず引き合いに出されるのは。小林秀雄の名著『モオツァルト・無常ということ』で引用した「モオツァルトのかなしみは疾走する」というフレーズだ。若い時分に読んだときは、はなはだ情緒的にわかったような気分になって、感慨にふけったものだが、今となってはその言葉通りに、深読みもせずに、疾走するト短調の音符群だけが浮かんでくる。モーツァルトが残した600曲余のうち短調作品は20に満たない。そのいずれもが古典的様式に枠取りされながらも、深い悲しみと情念を表出する。

第1楽章。分散和音上昇と半音階下降の印象的な主題に緊張感あふれる。第2楽章にメヌエットを配したややイレギュラーな構成。弱音器を付けた第3楽章は夢見心地のアダージョ。詠嘆的な短調モチーフと、長調に転じて裏打ち伴奏音形にのって奏されるモチーフが対照的。第4楽章は悲痛な響きの序奏のあと、流麗かつ軽快なロンドが続く。傑作揃いのモーツァルトの短調作品中、規模、構成とも室内楽の域を超える立派なもの。 夜更けにモノーラルで聴く古典室内楽の趣きいと深し。


この盤の音源。


この盤と同じメンバーによる映像。第1楽章。レコード録音に比べ積極的かつ緊張感の高い演奏。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ヒンデミット 室内音楽集



昨晩はレコードを聴きながら爆睡撃沈。エンドレスに回るプチップチッ針音で夜半に目を覚ました。聴いていたのは以下の盤。梅雨どきには、軽快かつヒンヤリした肌合いの音楽もよかろうと。


DSCN0997 (480x480)  DSCN0996 (480x480)


ヒンデミット。以前ヒンデミットのヴィオラソナタが入っている盤を記事にしたことがあった。今夜は彼の書いた<室内音楽>集。ヒンデミットはKammerMusikenと称する室内楽編成の合奏曲を第1番から第7番までを残している。きょう取り出した盤にはそのうち第1、2、6番が入っている。1977年の録音。ドイツのバーデン・バーデン合奏団を中心に曲によって独奏楽器のメンバーが加わっている。この盤も以前記事に取り上げているので再掲。

20世紀の、それも室内楽というジャンルにあって、このヒンデミットの室内音楽集がなかなか人気が高いようで、CDでもいくつか手に入る。ヒンデミットの自画像が印象的なこのLPは、毎度紹介するように以前ネットで知り合った方から格安箱買いした中に入っていた。そうでもなかったら、自発的に選んで買っていなかっただろう。そういう意味では、中身を見もせず何かを手に入れてみるのも、たまにはいいかもしれない。

実際この曲は楽しい。難解さ皆無。20世紀の音楽だから旋律や和声には新鮮な試みがなされているが、もちろん無調ではないし、かといってR・シュトラウス的な調性音楽末期の耽美的音楽でもない。新古典主義風の響き。そのあたりの塩梅がヒンデミットの面白さであり、この曲のポピュラリティの理由かもしれない。いずれの曲も全体で十数分でいくつかの楽章からなっている。バロックの組曲を思わせるものや独奏楽器主体の協奏曲風のものなど、形式は多彩だ。リズムの規則、フレーズの歌い方などは古典音楽のそれをそのまま引き継ぎながら、響きの上では20世紀を感じることができる。そして他の多くの音楽もそうだが、この曲は実際に演奏する側に回ると更にエキサイティングだろう。ぼくが弾ける楽器がクラシックギターしかないが、どこかのパートをギターに書き換えて参加したいほどだ。


第1番。
1.非常に速く
2.適度に速く演奏部分、リズムは厳格に守って
3.四重奏的に非常にゆっくり、そして表情をつけて
4.フィナーレ:1921-その他、活き活きと


リッカルト・シャイー&コンセルトヘボウによる第1番
https://youtu.be/LXsl4uiJx9k



オルガン入りの第7番。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)