由紀さおり<手紙>



連休ど真ん中。これといった用事もなく、こんな盤でダラダラと和んでおります。


201805_Yuki_Saori_2012Best.jpg 201805_Yuki_Saori_TEGAMI.jpg


由紀さおりデビュー以来の曲から選ばれた16曲が収録されているベスト盤。この手のベスト盤・全曲集のたぐいは懐かし系の歌手や演歌・歌謡曲歌手にはお馴染みで、数年おきにリリースされる。手持ちのこの盤は2012年発売のもの。収録曲は以下の通り。手元には新旧取り混ぜて彼女の盤が何枚かあるが、これまでのヒット曲をまとめて聴くにはうってつけのまさにベスト盤だ。

1. 夜明けのスキャット
2. 手紙
3. 生きがい
4. ルームライト(室内灯)
5. 恋文
6. 挽歌
7. う・ふ・ふ
8. 天使のスキャット
9. タ・ヤ・タン
10. TOKYOワルツ
11. この愛を永遠に
12. ゆらゆら
13. 男ともだち
14. 両国橋
15. スイートワルツの流れる川に
16. この世の果てまでそばにいて

数年前にピンク・マルティーニとの共演で突然時の人となった彼女だが、どっこいぼくは相当前から彼女のファンだ。安田姉妹デュエット時代は早くソロに戻って王道歌謡曲を歌ってくれないかと念じていたものだ。願いかなって、2014年には60~70年代の歌謡曲を集めたカヴァーアルバム<VOICE>がリリースされ、翌年には<VOICEII>が続いた。

さてこのベスト盤。初期のヒット曲<手紙>や<生きがい>は一聴するなり気分は70年代前半の高校時代にワープする。クラシックを聴き始め、ビートルズはそろそろ店じまい、ディープパープルやツェッペリンがリアルタイムでラジオから流れていた時代。一方で、ニキビ面で由紀さおりの透明感ある歌声に聴き惚れていたものだ。70年代後半から80年代の<挽歌><う・ふ・ふ><男ともだち><両国橋>といった軽快な歌謡調も彼女はうまい。最近テレビでの露出も多いが、なんと今年秋には古希を迎える。まだまだ歌声は衰えず。色白美肌も健在かと(^^ ますますの活躍を祈りたい。


<手紙> 近年は少し崩して歌っている。


<挽歌>@1974 バックはダン池田とニューブリード!


こちらもお忘れなく。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

森口博子



インフルエンザやノロウィルスとも幸い縁なく二月も半ば。きょうは寒さ緩んで日中は暖かな日和になった。ぼちぼち春一番の時期だ。業務程々に推移。きょうもいつも通り7時ちょうどに帰宅した。ひと息ついて、YOUTUBEを見るでもなく見ていて思い出し、こんな盤を取り出した。


201802_Moriguchi.jpg


森口博子のヒット曲を集めたベスト盤。2013年リリースの<パーフェクト・ベスト>。収録曲は以下の通り。

1. ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~
2. もっとうまく好きと言えたなら
3. Let’s Go
4. ホイッスル
5. あなたといた時間
6. スピード
7. 水の星へ愛をこめて
8. あなたのそばにいるだけで
9. 視線
10. LUCKY GIRL ~信じる者は救われる~
11. 夢が MORI MORI
12. 愛は夢のとなりに ~Dear Formula 1 Pilot~
13. 恋はタヒチでアレアレア!
14. もうひとつの未来 ~starry spirits~
15. 誘惑してよね夏だから
16. その胸の中でずっとずっと
17. やさしい星で

80年代半ば、ぼくはせっせと地味に仕事をし、オッサン予備軍の年齢になっていたので、アイドル歌手全盛期の当時について何も語ることは出来ないのだが、今頃になって気になる歌手がいる。その中の一人が森口博子だ。コンスタントなビッグヒットには恵まれず、アイドル歌手としてはイマイチであったが、その後は元祖バラドルとして、TVのバラエティーやトーク番組ではすっかりお馴染みなった。しかし、もとより歌の上手さでは折り紙つきの彼女。軸足はやはり歌手で、新曲のリリースこそ少ないが、現在もコンスタントにライヴをこなしている。

ざっと通して聴いてみると、やはり80年代アイドル時代の曲作りと音作り。アップテンポのポップな曲が続く。中では映画「機動戦士ガンダムF91」のテーマとして一番のヒット曲となった<ETERNAL WIND>、同じくガンダムのテレビ版主題歌<水の星へ愛をこめて>、PS2版の<もうひとつの未来>、それとCMに使われた<その胸の中でずっとずっと>などが、曲・編曲とも秀逸。単なるアイドルポップスに留まらずフュージョンテイストの凝ったコードワークも使われている。昨今はアニソンなるジャンルが成立しているらしく、ガンダム系統の曲から、彼女の名前もその方面で知られているようだ。

1968年生まれの彼女も今年は五十歳。あまりに素直な声でうまく歌うことで、かえって没個性になってしまい、強烈な個性を押し出す存在ではないだろうが、しかし、この声と歌唱でもう少しいろいろな曲を聴かせてほしいと、ひと回り以上年上のオジサンは思うのだ。


最大のヒット曲<ETERNAL WIND> 2015年ver.


デヴュー曲<水の星へ愛をこめて>と<ETERNAL WIND>(3分45秒から)
ライヴらしいパフォーマンスと分厚いバックサウンドで聴き映えがする。


<ETERNAL WIND>原作者の西脇唯



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

アン・ルイス



十数センチ積もった一昨日の雪もほとんど消え、陽射しに恵まれた穏やかな土曜日。朝8時に家を出て昼過ぎまで外出。帰宅後BGMを流しながら部屋の片付けをと思い、こんな盤を取り出した。


201802_AL.jpg


アン・ルイス(1956-)のベスト盤LP。1985年発売。手持ちの盤は…う~ん、いつどこで手に入れたかはっきり覚えていない。おそらく90年代の終わり頃、相変わらず仕事は多忙を極めていたものの四十代半ばとなり、それまでクラシック一辺倒に近かった方針を修正し、芸域拡大を図っていた時期に手に入れたものと思う。今から二十年程前になるが、当時は近所のリサイクルショップをハシゴしては、ジャンク箱に放り投げられていた古い音盤の救出に奔走していた。この盤もおそらくそんな中で見つけた一枚。収録曲は以下の通り。

<A>
01.六本木心中
02.薔薇の奇蹟
03.I LOVE YOUより愛してる
04.LUV-YA
05.ラ・セゾン
06.IN PLEASURE
07.恋のブギ・ウギ・トレイン
<B>
08.グッド・バイ・マイ・ラブ
09.女はそれを我慢できない
10.甘い予感
11.湘南の男たち
12.グッドバイ・ボーイ
13.シャンプー
14.リンダ

アン・ルイスが活躍した70~80年代、ぼくはクラシックと少々のジャズ以外はまともに聴いた記憶がない。もちろんアン・ルイスのファンでもなかったし、彼女の持ち歌で知っていたのはテレビで見知った「六本木心中」と「グッドバイ・マイ・ラブ」くらいなもの。青春の思い出ともダブらない。この盤を見つけたときも、まあ押さえておこうか…くらいの気持ちで手に取ったはずだ。

しかし、この歳になってあらためて聴いてみると、やはりよく出来た曲だ多い。作詞・作曲もそれぞれのプロフェショナルの手になるもので、隅々まで手馴れていると同時にスキがない。いずれの曲のアレンジが周到で、当時全盛だったフュージョンの影響が強い。タイトなリズムや時々聴こえてくるベキベキのスラップベース、ファンク系のリズム…ぼくのようなカシオペアLOVEのインスト・フュージョン好きには、間奏のギターリフだけでも楽しめそうだ。

アン・ルイス=ロック寄りアイドル歌謡という感じかな。しかしヒットした2曲を聴くと、明るく穏やかに歌い上げる「グッド・バイ・マイ・ラブ」の方が彼女の資質にあっているような気さえする。収録曲の作詞作曲家には、平尾昌晃、山下達郎、沢田研二、加瀬邦彦、伊藤銀次、吉田美奈子、三浦(山口)百恵などが名をつらねる。中ではやはり山下達郎の曲には彼の個性と周到なアレンジが組み込まれて、一頭抜きんでている感がある。


山下達郎作曲の「恋のブギ・ウギ・トレイン」


Linda


六本木心中@2006


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

異邦人・翔んでイスタンブール



冬到来を感じる寒い一日。野暮用をいくつか済ませた他は終日在宅。昼過ぎは、出先で買ってきた珈琲豆を挽いて一服しつつ、少し古い雑誌を取り出して眺める。様々な文筆家たちの国内外旅行記の書下ろしや、お薦めの旅の本が紹介され、美しいグラビアも添えられている。ページをめくるごとにまだ見ぬ世界が飛び込んできてわくわくする。


201712_KubotaSaki.jpg 201712_SilkRoad.jpg


今までのぼくは出不精で、若い頃から今まで旅行らしい旅行の経験は少ない。家族を連れての旅も皆無に近く、家族に旅の思い出を残してあげられなかったことを今も後悔している。しかし内心、異国への憧れは人並みに強く、とりわけ辺境の地への思いは強い。シルクロードから中近東北部、トルコ辺りには一度行ってみたいと常々思っている。また日常的な空間、ご近所散歩や自分が住んでいる町の歴史、あるいは日本全国の古い建築にも興味がある。一方で世界も日本も均一化が進み、例えば日本の地方都市の光景もかつてほど特色がなくなってきた。そんなことを考えていると、この雑誌の特集のように古今の紀行文学を読んで、思いをはせるのもまた一興ではないかと思うのだ。
そんなことを考えながら久保田早紀の<異邦人>と庄野真代の<翔んでイスタンブール>のドーナッツ盤を聴き、雑誌のページをパラパラとめくって眺めて過ごした。

慶応大学クラシックギター部出身にして日本歌謡界最強アレンジャーの一人、萩田光雄氏による傑作アレンジがこの曲ヒットの主因だろう。





■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

布施明



風邪は大事に至ることなく収束方向。きょうは朝から食事もとったし、体調が悪いと受け付けない珈琲も数日ぶりに香りが楽しめた。幸か不幸かこの三連休は台風接近もあってあいにくの予報。さて、のんびり音盤でも聴きながらリハビリにつとめようかと、こんな盤を取り出した。


DSCN6225 (560x560) 201709_Showa_Kayo.jpg


手元にある昭和歌謡のLP盤は70枚ほど。まったく脈絡のない集合だが、ほとんどの盤は90年代後半から2000年辺りにかけて手に入れたもの。一部を除いて多くはリサイクルショップのジャンクボックスから@100程で救済してきた。従って盤質は玉石混合で、レコード盤の方ではなく、プレイヤーの針の方が痛むのではないかと思うような酷い状態のものもあって、そんな盤ではスクラッチノイズも盛大に出てくるが、それでも昭和のレコード盤に違いはなく、当時の録音技術、バックバンドの楽器や演奏のレベルなどが当時のままよみがえり、懐かしいことこの上ない。きょうはその中から布施明の盤を選んでみた。盤の状態は極めてよく、若き日の声を存分に楽しめる。

布施明は70年前後シャボン玉ホリデーでお馴染みの顔だった。デビュー当時まだ十代だったが、歌の上手さはよく覚えている。ぼくにとっての布施明は「シクラメンのかおり」以前の、「霧の摩周湖」や「恋」を歌う姿の印象の方が圧倒的に強い。この盤は1968年発売のベスト盤だが、当時はまだ二十歳そこそこであったはずだ。しかし声はよくコントロールされていて、伸びやかでよく通る声が気持ちいい。この頃の歌が今でも歌い継がれる大きな理由の一つは、プロの作詞家によって作られた歌詞と、その日本語を譜割りの音価一つ一つにのせ作った、プロ作曲家の作曲技法によるところが大きいと思う。音程に不自然な跳躍がなく、和声進行も自然で、結果として覚えやすく歌いやすい。今でこそ「そこそこクラシックオタク入ってます」状態のぼくだが、ベースには十代に聴いた歌謡曲や洋楽ポップスがある。歌謡曲もポップスのその和声の源泉は古くからの西洋調性音楽だ。Ⅵ-Ⅱ-Ⅴ7-Ⅰ(Am-Dm-G7-C)の和声進行などは、歌謡曲やポップスに多数見られるが、クラシックではバロック音楽時代以来の常套句。決して異質なものではなく、共通点も多い。遥かイタリアン・バロックに思いをはせつつ、昭和レトロの歌謡曲を聴くのもまた一興だ。


名曲<霧の摩周湖> この盤の音源と同じく初出時の音源と思われる。かぶせてある映像は…90年代以降でしょうかね。


こちらは70年代終わりから80年代初頭か。


2005年だそうです。


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

テレサ・テン つぐない


さて今週も始まりましたよ。師走最初の月曜日。関東地方は少し前までの寒波は遠のき、このところ暖かい日が続く。きょうも20℃近くまで気温上昇。風もなく小春日和。帰宅後、きのう作ったカレーで豪華ディナー。飴色たまねぎの効果めざましく、コクのある甘味。3割ほどミックスした辛口ルーもピリッと効いて美味至極。美味しくいただきました。 さて、一服して音盤タイム。今夜も昭和歌謡が続きますぅww。


201612_Teresa_Teng.jpg


今から十数年前。2000年から2003年の間、仕事で中国や香港を何度か訪れた。夜の食事を終えるとカラオケバーへ。現地でのテレサ・テン人気は大そうなものだった。彼女の歌を誰かが歌うとヤンヤの喝采。そんなにいいのかと、その後2枚組みベスト盤を手にして聴いてみると…ケッコーいいじゃん。というわけで、にわかファンに。彼女の数奇な運命についてはよく知らず。 三木たかし作曲のメロディーと荒木とよひさの歌詞。<つぐない><空港>…今どきはこんなのありねぇ~!というような歌詞だが、これぞ昭和歌謡の王道。渋茶をやりつつ初冬の夜は更けていくのでありました。


<つぐない> この曲のポイントは倚音(いおん)と増5の和音。歌い出しフレーズの音は倚音(いおん)で構成され、きわめて印象的。そしてフレーズのつなぎ目には増5度和音(aug)を巧みに配して、変化をつけている。


<空港> これぞ昭和歌謡。トランペットのイントロメロディー。


<愛人> 曲名からして今ではありえない。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

松田聖子 ユーミン・コレクション


週末土曜日。実は学生時代のサークル仲間同窓会に誘われていたのが、あいにく所用あって今回欠席。昨年出席して久しぶりに旧交を温めてからちょうど一年。早いものだ。○くん、△さん、来年は再会いたしましょう。 さて、夜更けのウィークエンド音盤タイム。渋茶をチビチビやりながら、こんな盤を取り出した。


201612_Seiko.jpg


<明菜いのち>…みたいなこと言っておいてナンではあるが、今夜は聖子ちゃんだ。
松田聖子の<Seiko Train>。まだ日本が、おったまげ~のバブル期に入る前の1985年、世にJPOPという言葉もまだなく、ニューミュージック、アイドル歌謡と言われていた頃にベスト盤としてリリースされたこのアルバムは、呉田軽穂こと松任谷由美が作った以下の10曲が収録されている。トップアイドルともなれば、曲を提供する人、アレンジャー、スタッフ、いずれも一流の人たちがサポートすることになるが、松田聖子の場合もしかり。多くの優れた楽曲が素晴らしいアレンジと録音で残された。作詞はすべて松本隆。ジャケット写真は篠山紀信。

<Side-A>            <Side-B>
1 赤いスイートピー      1 Rock’n Rouge
2 秘密の花園         2 蒼いフォトグラフ
3 小麦色のマーメイド    3 渚のバルコニー
4 制服             4 ボン・ボヤージュ
5 時間の国のアリス     5 瞳はダイアモンド

ぼくは80年代アイドル全盛期すでにサラリーマン、加えてガチガチのクラシックファンだったので、リアルタイムで彼女らに血道を上げたわけではないのだが、当時のテレビやラジオから流れていたメロディは自然にインプットされてはいる。手元の何枚かの盤は、後年リサイクルショップのジャンク箱から100円で捕獲してきものがほとんどで、このユーミン・コレクションと称するベスト盤もその中の1枚だ。100円で拾ってきたものの盤質はほとんど未使用で、今でもスクラッチノイズもなく素晴らしい音で楽しめる。

どの曲も門外漢のぼくなどが説明する必要もない曲ばかりだろう。松田聖子の歌いっぷりは、多分意図的にかなり作った歌い方をしていて、30代以降の彼女のナチュラルな声と比べると、やはり随分と幼い印象と受ける。それでもハイトーンはきれいに抜けているし、音程が飛ぶときの安定感もいい。ユーミンの曲の良さもさることながら、伴奏のアレンジ・演奏がいずれの曲でも秀逸で、時代的には完全に80年前後のフュージョン全盛期の影響を受けていて懐かしい。いくつかの曲かではスラップ(チョッパー)ベースも出てくるし、16ビート系のアレンジではカシオペア風の16分音符裏拍のキメなどもあって思わず身体が乗り出す。更にほとんど曲でストリングスも入って、かなり厚い音作りではあるが、決してバックがうるさくなることはない。常にメインは松田聖子のボーカル。こうして10曲並べてみて、ぼくのお気に入りは「Rock’n Rouge」「時間の国のアリス」「瞳はダイヤモンド」「渚のバルコニー」あたりか。中森明菜とは対極のような存在の松田聖子は聴いていてハッピーな気分になって、はなはだ心地いい。とりあえず今夜は「聖子いのち!」と叫んでおこう。


<Rock’n Rouge>


<Rock’n Rouge>と<ワンノートサンバ>の類似性についてのアナリーゼ。


ユーミンメドレー@2001 w/松任谷正隆



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)