トゥリーナ<幻想舞曲>



気付けば五月も末。梅雨入りにはまだ間があるが、気温・湿度とも日毎じわじわと上昇中。それでも夜半は少しひんやりとした空気も感じ、季節の狭間ながら、この時期らしい。そんな初夏の宵に相応しい音楽の一つとして思い浮かぶのは近代スペインの曲かと思い、こんな盤を取り出した。


201805_Turina_Assermet.jpg


ホアキン・トゥリーナ(1882-1949)の<幻想舞曲>。昨年夏に買い求めたアンセルメ・ボックス中の1枚。オケはもちろんスイスロマンド管。Eupopea Traditionセットの25枚目。1960年の録音。
トゥリーナはアルベニス、グラナドス、ファリャなどの近代スペイン作曲家と並んで、ぼくらギター弾きにはお馴染みの作曲家の一人。貴重なギターのためのオリジナル作品をいくつか残している。作風としてはフランス仕込みの色彩的な表現に生地であるアンダルシア地方の土俗的なモチーフとと併せもつ。

<幻想舞曲>作品22は、彼が40歳を前にした頃のもので、管弦楽版とピアノ版とが彼自身の編曲で出版されている。最近はむしろ吹奏楽分野で人気のようだ。曲は3つの部分からなり、「熱狂」「夢想」「狂宴」の副題が付されている。第1曲「熱狂」は冒頭神秘的な雰囲気で始まるが、すぐにホタのリズムで次第に明るさを増していく。華やかではあるが「熱狂」というほどタガが外れている感じはなく、全体には穏やさが支配する。第2曲も「夢想」という副題にしては軽やかで、テンポを速めたバルカローレという雰囲気だ。終曲「狂宴」はファルッカを思わせる力強い曲想。全曲を通じて、明快なリズムと流麗な弦楽群そして色彩的な管楽器群がコントラストを成し、ファリャのバレエ音楽などを好む輩には好適かと。 アンセルメ&OSRは、こうした曲にもっとも相応しいコンビの一つだ。演奏・録音とも文句なしの出来栄えで、初夏の夜の飾るに相応しい。


アンセルメ&OSRによる第3楽章。


ピアノ版の音源。演奏はデ・ラローチャ。


吹奏楽による全3曲。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ポール・パレ―の<幻想>



5月最後の週末金曜日。
先日聴いたアバド&シカゴ響の<幻想>で思い出し、今夜はこんな盤を取り出した。


201805_Paray_Berlioz.jpg


ポール・パレー(1886-1979)指揮デトロイト交響楽団によるベルリオーズ「幻想交響曲」の盤を取り出した。1959年・昭和34年の録音。RCAのリビングステレオと並んでLP初期から名をはせていた米マーキュリー社による<リビング・プレゼンス>シリーズ中の1枚。手持ちの盤は十数年前に廉価盤で出たときのもの。

出だし、木管群の短い導入句に導かれ、弦楽セクションが弱音で入っていくる開始からして、何ともいえない幻惑的な雰囲気に満ちている。リビングプレゼンスシリーズの売りだった、ハーフインチテープによるマルチトラック録音。わずかにテープヒスが残るものの、音の立ち上がり、切れが素晴らしくいい。第1楽章開始後4分半ほどで主部に入る。ここでもトゥッティのフォルテシモが余裕を持って響き、一つ一つの音がつぶ立ちよく聴こえながら、奥行き・左右の広がりのプレゼンスも申し分ない。当時は米国自動車産業の街として絶頂期だったと思われるデトロイトのオケも、きっと腕利きの集まりだったに違いない。ポール・パレーはフランス生まれであるが、繊細さと同時に豪放さも持ち合わせていたのだろう、引き締まった響きと軽快な曲の運びに加え、ここぞというときの思い切りのよさも抜群だ。録音当時70歳を過ぎていたとは思えない。

手元にあるCD盤では幻想の他に同じくベルリオーズの序曲など管弦楽曲が4曲納められている。中でも<ハンガリー行進曲>のライブ感あふれる演奏は圧巻。特にコーダの最後で一気にテンポを落とすところなど鳥肌ものだ。


この盤の音源で<幻想交響曲>全楽章


同じくこの盤収録の管弦楽曲4曲。<ハンガリー行進曲><トロイ人の行進曲><海賊><ローマの謝肉祭>
オリジナルのCDに比べ音質がかなり劣化していて残念。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

カイルベルト<MOZART in Prag>



前線が抜けて爽やかな日曜日。
穏やかな休日の午後に相応しい曲をと思い、こんな盤を取り出した。


201805_Keilberth.jpg


ヨーゼフ・カイルベルト(1908-1968)とバンベルク交響楽団による<プラハのモーツァルト>と題された1枚。この盤のことは、だいぶ以前に例の本で知った。カラヤンと同い年だったカイルベルトが手兵のバンベルク響を振ってモーツァルトと深い縁のあった街プラハにちなんだ曲を演奏している。バンベルクのオケもまたプラハに縁のある楽団。チェコで創設されたプラハ・ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団が母体のオケだ。収録曲された曲はモーツァルトの比較的小規模な管弦楽曲であるが、50年代後半にこうした明確なコンセプトアルバムが企画されたこと自体、珍しいことではないかと思う。序曲<劇場支配人>、ディヴェルティメントK.113、4つのオーケストラのためのノクターンK.286、6つのドイツ舞曲K.509、2つのメヌエットK.463、アイネ・クライネ・ナハトムジークK.525といった曲が収められている。

手持ちの盤はキング・レコードのよる60年代初頭の国内初出盤。十数年前に大阪梅田の中古レコード店の60年代盤コーナーで買い求めた。録音は1959年。ぼくらより上の世代にはジャケットのTELEFUNKENの文字が神々しく見えるだろうか。演奏者のカイルベルト&バンベルク響のイメージと共に、優秀で信頼がおける質実剛健の独逸というイメージだ。

演奏はいずれも素晴らしくいい。どこから見ても乱れや余計なものがない楷書の味わい。ポピュラーなアイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525を久々に背筋が伸びる思いで聴いた。同じコンビによるブラームスの交響曲が手元にあるが、アンサンブル・録音ともあまりいいイメージがない。しかしこの<プラハのモーツァルト>は別物のように聴き応えがある。カイルベルトの解釈も堅実でありながら小品の味わいを十分に楽しませてくれるし、バンベルク響の音も派手さとは無縁だが、弦楽器群と管楽器群が一体となって充実したアンサンブルを聴かせてくれる。 あらためて、これはいい盤だ。今春3月、生誕110年を記念してカイルベルトのテレフンケン録音がまとまって復刻されたが、オリジナルの構成ではなくなっているのが残念だ。


この盤のLP音源。モーツァルトのセレナード(4つのオーケストラのためのノクターン)K.286。


K.286の第1楽章アンダンテ。この曲は通常の弦楽5部からチェロを除いた弦楽4部に2本のホルンが加わったオケ4組で構成される。といっても同時に4つのオケはバーンと鳴るわけではなく、第1オケのフレーズをなぞるように(エコーのように)他のオケが続く。おそらく野外演奏を想定した、お楽しみ的セレナードだ。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

R・シュトラウス 交響詩<ドン・ファン>



連休明けの一週間が終了。業務少々ひっ迫であわただしく過ぎる。それでもサラリーマン人生ピークの五十代半ばのように夜討ち朝駆け、月月火水木金金ということもなく、万事ユルユル。まあ、四十年も働いているのだから、こんなもんでエエでしょう。…というわけで、さて週末夜半の音盤タイム。朝の移動時間にYOUTUBE音源で聴いたこんな盤を取り出した。


201805_Szell_RS_DonJuan.jpg


リヒャルト・シュトラウスの交響詩<ドン・ファン>。ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団による1957年の録音。手持ちの盤は数年前にリリースされた同コンビの一連の録音中のもの。2枚組のセットで、このコンビが残したリヒャルト・シュトラウスのステレオ録音がすべて収められている。

<DISC1>
1.家庭交響曲作品23
2.ホルン協奏曲第1番変ホ長調作品11
3.交響詩「ドン・ファン」作品20
<DISC2>
4.交響詩「死と変容」作品24
5.交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」作品28
6.交響詩「ドン・キホーテ」作品35

【ソロ】3.マイロン・ブルーム(ホルン) 6.ピエール・フルニエ(チェロ)、エイブラハム・スカーニック(ヴィオラ)、ラファエル・ドゥルイアン(ヴァイオリン)

交響詩という名の通り、モテ男ドン・ファンの行状が様々なテーマで表現される。適当な解説書を手元において聴けば、なるほどなるほどということになるが、前置きなしで聴いても、リヒャルト・シュトラウスの作品の中にあっては小規模ということもあって、十数分があっという間に過ぎる。学生時代に初めてリヒャルト・シュトラウスを聴いて面白いと感じたのもこの曲だった。

そのキャリアおいてリヒャルト・シュトラウスと少なからず関係のあったセル。鍛え上げた手兵クリーヴランド管との演奏は相変わらず精緻極まるもの。冒頭から速めのテンポでグイグイ進むがラフなところがまったくない。弦楽群が主役をとってメロディーを奏でる裏で細かなパッセージを奏でる木管群も一糸乱れぬアンサンブルの見事さに驚く。軸足古典寄りの解釈で、まるで少し時代をさかのぼったベルリオーズの序曲のように響く。後期ロマン派の濃厚なロマンティシズムとは対極の演奏だが、リヒャルト・シュトラウスが書いたスコアの隅々まで聴くには好適な演奏だ。


この盤の音源。


カラヤン&ベルリンフィル@1957年来日公演。画像は古いモノクロだが音声はステレオで録られている。以前この映像を復刻したとき(確か2000年前後だったか)NHKの番組で、画像と音声の同期を取る作業が大変だったと紹介されていた。セルとは異なり、官能的ともいえる濃い目のロマンティックな解釈を聴かせる。6分半過ぎから美しいオーボエソロを聴かせるのはローター・コッホ。コンサートマスターはミシェル・シュヴァルベですかね。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ヤニグロの<ドン・キホーテ>



関東地方は昨晩からきょうにかけて低気圧&前線が通過。雨が上がったあと、昼過ぎからは強風が吹き抜けた。夜半を過ぎてだいぶ気温が下がってきた。熱い渋茶を淹れ、きのうの続きというわけではないが、こんな盤を取り出した。


201805_Don_Quixote_Reiner_CSO.jpg


フリッツ・ライナー&シカゴ響によるR・シュトラウスの交響詩「ドン・キホーテ」。アントニオ・ヤニグロがソロを取っている。録音は1959年。手持の盤は数年前にSACD/CDのハイブリッド盤として出たもの。隣り町のタワーレコードのワゴンで投げ売られていた。同じくR・シュトラウスの「ドン・ファン」とのカップリング。

この盤、もちろんヤニグロのチェロを激賞したいのだが、それ以前にまずライナー&CSOによる<RCAリヴィング・ステレオ>の面目躍如たる素晴らしいサウンドに圧倒される。ブックレットによると、このCDに収録されている「ドン・ファン」は1954年の録音で、ライナー&CSOとしての最初期のレコーディング。もちろんオリジナルのステレオ録音で、このときライナーは対向配置を取ったとある。そして5年後の「ドン・キホーテ」では左から右にかけて高音群から低音群へと並ぶ、現代的な配置を取ったと書いてある。つまりはストコフスキーよろしく、より音響的な効果を狙ったのだろう。実際マスタリングでもそれを意識したかのように、左右いっぱいにステレオプレゼンスが広がる。今日的な感覚では多少作為的と言えなくもないが、各楽器群の分離、オーケストラ全体のプレゼンス共に素晴らしいし、コントラバスのピチカートも深々と響く。

この曲は本来、各変奏曲とその描写とを楽しむ曲だ。それには何かテキストを横において、CDのトラック番号を追いながら聴く方がいいだろう。チェロはドン・キホーテのモチーフをつかさどるが、この盤ではあまりチェロをクローズアップするような録り方はしておらず、あくまでオーケストラサウンド全体の中に位置付けている感じだ。それでも名手ヤニグロの聴き所はあちこちあるが、やはり終曲<ドン・キホーテの死>出だしのカンタービレは感動的だ。


終曲<ドン・キホーテの死>。チェロアンサンブルのバック。


同曲。ヨーヨー・マとエッシャンバッハ&フィラデルフィア管


この盤の音源。全曲。YOUTUBE上にどのようなオーディオフォーマットでアップされているか定かでないが、この録音の素性の良さは十分わかる。コメント欄には各変奏の開始時間も記されている。チェロのソロが取り分け美しい終曲は37分13秒から。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

メータ&LPOの<春の祭典>



以前も書いたが、季節の中でいつが好きかと聞かれたら迷わず秋と冬と答える。反対に春と夏は苦手だ。夏は物理的に、春は心理的に意気消沈する。満開の桜の下をガールフレンドと手をつないで歩いた思い出でもあればいいのだろうが、とんと縁がなかった。受験に失敗した、片思いすら敗れた、それに反して世間は浮き立つ…そんなところが原因だろうか。春の生暖かい陽気と浮世離れした光景をみる頃になると、どうもいけない。しかしそんな気分でも春になると聴きたくなる音楽もある。そんなことを考えつつ、こんな盤を取り出した。


201803_IS_RiteofSpring_Mehta.jpg  201803_IS_RiteofSpring.jpg


ストラヴィンスキーのバレエ音楽<春の祭典>。春のどこか妖しく残酷かつ官能的な空気を感じる曲として、あまりにベタだがこの曲を選んだ。一年に一度、ほとんどこの時期限定で聴きたくなる曲だ。ズビン・メータ(1936-)とロスアンジェルスフィルによる盤。メータが同オケのシェフとして全盛期を築いたのは1962年から1978年。この録音はその半ば1967年に録られていて、その後70年代を通じてこのコンビのシンボル的録音として人気を博した。写真の盤は社会人になった1978年にリヒャルト・シュトラウス<ツァラトストラはかく語りき>との2枚組で出た際に買い求めたもの。ジャケット裏表紙の写真。アメリカ楽壇のパトロンとして重要な役割を果たす社交界マダム達を熱狂させた、当時40代のメータのエキゾチックで精悍なマスクも懐かしい。

久々に針を降ろしたのだが、演奏・録音とも色あせることなく素晴らしい。そもそもこの曲を録音しようという団であれば、難曲とされるこの曲にも自信をもって臨んでいるだろうし、半世紀前とはいえアナログ録音技術の完成された時期の英デッカによるセッション、悪かろうはずもない。
冒頭、大地礼賛の序奏でファゴットがテーマを奏で、それに木管群が次第に絡んでいくあたり、各ソロ楽器の聴こえ方がホールでの実演に近い。ほどよい距離感と左右の広がりが見事に再現されている。主部に入ってからの切れ味のいい弦楽群や決め所で現れるグランカッサやティンパニなどの一撃もいいバランスで聴こえてくる。第二部は静かなラルゴの夜の音楽で始まる。フルートやヴァイオリンのソロで官能的なメロディーが現れ、次第に音楽は熱を帯びていく。トランペットの印象的なメロディーでいけにえの儀式が始まり、曲はクライマックスへ向かう。 久々に聴いて、初演の際の騒動はさもありなんと思いつつ、21世紀の今聴くと整然とした古典になりつつあるなあとも感じた。


ストラヴィンスキーのバレエ三部作原典版による録音で話題になった気鋭のフランソワ=グザヴィエ・ロト(1971-)と、ピリオド楽器による手兵のオケ<レ・シエクル>によるプロムスでのライヴ。演奏は6分過ぎから。


やはりこの曲はスコアを眺めつつ聴くべき曲ですね。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

コダーイ<ガランタ舞曲>



穏やかな日曜日。午後の陽射しが差し込む部屋でのんびりリスニング。音盤棚を見回していたらこんな盤が目に留まった。


201802_Kodaly_Galanta.jpg


コダーイの管弦楽を収めた一枚。フェレンチェークとブダペストフィルによる演奏。ハンガリーの指揮者ヤーノシュ・フェレンチェーク(1907~1984写真)は、フリッチャイ、セル、オーマンディー、ケルテス、ショルティ等、ハンガリー生まれながら祖国を去ってしまった指揮者多い中、生涯ハンガリーに留まって活躍した。ハンガリー国立管弦楽団やブダペスト・フィルハーモニー管を振って、フンガトロン・レーベルに多くの録音を残している。取り出したブダペスト・フィルハーモニーとのコダーイ管弦楽曲集もそうした録音の中の一枚。手持ちの盤は70年代の終わりに<バルトーク・コダーイ名盤1300>と称して10枚程リリースされた廉価盤の中のもの。1964年録音。コダーイのよく知られた管弦楽曲である<ハーリ・ヤーノッシュ組曲><ガランタ舞曲><マロシュセーク舞曲>の三曲が収められている。

ferencsik.jpg

<ガランタ舞曲>に針を降ろす。曲はレントの導入部に続いていくつかの舞曲が続き、最後にコーダでしめくくられる。ハンガリー西部の小さな村ガランタで、コダーイが子供の頃に接したジプシー楽団の音楽がベースになっているという。冒頭、比較的長い導入部から聴く耳をひきつける。憂いに満ちた弦楽群の続いて、クラリネットが郷愁を誘うメロディーを奏でる。大きくとらえると、ジプシー音楽あるいはそれを模した様式によくある緩急の対比がこの曲でもしばしば取り入れられている。先のクラリネットの他、フルートやオーボエによって奏される哀愁に満ちた旋律と、オケ全体でリズミックかつエネルギッシュに奏されるトゥッティの対比がめざましい効果をあげている。

フェレンチェークとブダペストフィルの演奏は、派手さや現代風の鮮やかさには欠けるものの、アンサンブルも音響バランスも十分練られているし、低音域の充実した録音状態共々、文句のない出来栄え。60年代という今よりローカリズムが強かった時代性もあって、演奏する側に、自分たちの音楽という自信と自負があるに違いないと、聴く側がそう思える時代の演奏であることも嬉しい。


1972年ロシア生まれのウラディミール・ユロウスキーがロンドンフィルを振った2012年プロムスでの演奏。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)