トーマス・ビーチャムのディーリアス



天気下り坂との予報だったが、一日雨も降ることなくもちこたえた。
夕方、仕事を少し早く切り上げて退勤。ちょっとした野暮用を済ませて9時少し前に帰宅した。ひと息ついてPCを眺めていたら、きょうは英国の指揮者トーマス・ビーチャムの誕生日と出ていた。…ならば、と取り出しのはこの盤だ。


201704_Beecham.jpg  DSCN5799 (560x560)


サー・トーマス・ビーチャムは現在まで続く製薬会社の子息として1879年のきょう生まれ、1961年3月に81歳で没した。当時の裕福な家庭の常として教養としての音楽教育を受けたが、それが高じてオペラ劇団やオーケストラを私費で設立するにいたった。特に手兵ロイヤルフィルハーモニー管弦楽団を指揮した多くの録音は彼の名を広めた。中でもイギリス近代の作曲家ディーリアスの管弦楽曲を集めたレコードは今もスタンダードな名演されている。手持ちの盤はセラフィムレーベルのLP輸入盤。ロイヤルフィルハーモニーを指揮した晩年のステレオ録音だ。確か70年代半ば、大学3年のとき手に入れた。ディーリアスの曲が一部のクラシックファンの間で、その穏やかな曲想から話題となり始めた頃だったと思う。

この2枚のLPには「春初めてのカッコウの声を聴いて」、「ブリッグの定期市」、「楽園への道」といったディーリアスの代表的な管弦楽曲が収められている。いずれの曲も、曲名からイメージできるような描写的な曲想が繰り広げされる。近代フランス印象派を連想するような部分や、フランス以外の近代ラテン系作品(スペインのファリャ、アルベニス、イタリアのレスピーギ等)、またイギリスの伝統的で穏やかかつ保守的な音使い、そういった要素が織り成す、ともかく気持ちのいい、それでいて表層的だけでない音楽だ。「ブルックの定期市」では冒頭、ハンガリー田園幻想曲を思わせるペンタトニックのフルートの旋律が出てきて、少々驚く。その後穏やかな曲想の変奏曲が続き、とりわけ管楽器のソロが彩りを添える。<春初めてのカッコウの声を聴いて>は、まさに春のまどろみの中で、ふと聴こえてきたカッコウの声に心躍るひとときと、少々気だるい春の空気感をよく表現している。


この盤の音源。<春初めてのカッコウの声を聞いて>


民謡をベースにした変奏曲<ブリッグの定期市>。穏やか曲想だが編成は大きく、コールアングレやバスクラリネット等も加わった三管編成。秋山和慶指揮する洗足学園のオケ。管楽器のソロもみな立派!


ビーチャムへのインタビューと練習風景。 (こちらは最晩年シカゴ響との演奏



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

カラヤン&VPO1987年ニューイヤー・コンサート



きょうも穏やかで過ごしやすい一日だった。連休を前に世間も平穏。みな仕事に精出しているのかな…
音楽の季節要因というのは人それぞれにあると思うが、ぼくの場合この時期になると聴きたくなる音楽の一つにウィンナワルツがある。多くの日本人には新春のニューイヤーコンサートがすり込まれているだろうが、春本番を迎え、学校も仕事も新年度が始まるこの時期にも、明るくおおらかなウィンナワルツは中々相応しいと思う。と、そんなことを考えつつ、今夜はこの盤を取り出した。


201704_NY_VPO.jpg  201704_NY_VPO_Karajan.jpg


ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1989)が生涯にたった一度だけその指揮台に立った1987年ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートのライヴ盤。1987年・昭和62年…ニューイヤーコンサートの元旦中継もすっかりお馴染みになりつつあった頃、世間はバブル経済のお祭り騒ぎに突入する前夜、あれからもう三十年。歳もとるはずだ。

さてこのレコード。ウィーンフィルが奏で、ムジークフェラインに響く音はまことに立派で非の打ちどころがない。テンポ設定や歌いまわしも極めて自然。どこをとっても不自然さはない。反面これはという面白さやハッとする解釈はほとんどなく、この演奏でなければ…というものがあるかと問われると答えに詰まる。ぼくはカラヤンに対してはシンパでもアンチでもないのだが、世間的あるいは業界内での圧倒的な人気を博しながら、もうひとつ玄人筋にウケがよくないのはそのあたりのカラヤンの資質ゆえだろう。まあ、ニューイヤーコンサートというお祭りだ。解釈を四の五のいうこともない。飛び切りの美音でシュトラウスの豊かな歌にひたれればそれで十分だろう。

この年のニューイヤーはカラヤンが振るということに加え、ソプラノのキャスリーン・バトル(1948-)の登場も話題になった。この盤では彼女が歌う<春の声>が最後のトラックに収録されている。当時のバトル人気はすごかった。黒人ソプラノ歌手ということでは先駆者はもちろんいるが、彼女は取り分けヴィジュアルも物腰もチャーミングで日本でも大そうな人気を得た。
このニューイヤーを振ったカラヤンは2年後の1989年7月に逝去。日本のバブル景気はピークを向かえる。何万円もするクラシックコンサートのチケットが売れ、にわか景気に浮き立った人々がブランド物のスーツを着込んでサントリーホール集う光景。しかしそれも2年後には幕となる。二十数余年も前のことかと思いながらこの盤を久々に聴くと、この先二十年後はと考えてしまう。


ポルカ<観光列車><ピチカート・ポルカ>と続く。


バトルが歌う<春の声>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

マルケヴィッチのロシア物



週末金曜日の昨晩、ブログ記事を書きながら<夜食テロ>を迎撃しているうちに記事をアップするのを忘れてしまった。少々間抜けだが、あらためてアップしよう。先日来の流れで今夜もしつこくロシア音楽。


DSCN5758 (560x560)


音盤のジャンルとして管弦楽小品集というものがある。腕利きの指揮者やオーケストラが、その実力のほどを示すために管弦楽曲を何曲か収録することが多い。ポピュラー小品を集めたもの、オペラの序曲や間奏曲を集めたもの、国単位でまとめたドイツ管弦楽曲集、フランス近代管弦楽集といった感じだ。当然ロシア管弦楽集というものもある。お国物ということでロシアの指揮者、オーケストラの盤が多いのは当然だが、それと並んでフランス系の指揮者、オーケストラの盤が多い。近代ロシアの管弦楽曲が色彩的な管弦楽手法を駆使していることから、フランスの系譜に通じるのだろう。かつてのアンセルメ&スイスロマンド管弦楽団、英デッカがアンセルメの後継者として売り出したデュトワ&モントリオール響、そして今夜取り上げるイーゴル・マルケヴィッチがラムルー管弦楽団を振った盤が思いつく。マルケヴィッチ(1912-1983)はウクライナのキエフ貴族家系の出だ。幼いときにパリへ出たので、この盤のように仏系オケとの協演も多いが、身体にはロシアの血が流れている。

一目見たら忘れないようなジャケットデザインがある。指揮者マルケヴィッチを正面からとらえたこのジャケット写真も相当インパクトがあると思うが、どうだろう。眼光鋭いようで、実は不敵な笑みを浮かべているようにも見える。一言で言えば、イケてるを通り過ぎてイッてしまっている。50年代終盤の録音。収録曲は以下の通り。

1.歌劇≪ルスランとリュドミラ≫序曲
2.交響詩≪中央アジアの草原にて≫
3.交響的絵画≪ヨハネ黙示録から≫
4.序曲≪ロシアの復活祭≫作品36
5.歌劇≪五月の夜≫序曲
6.組曲≪金鶏≫(4つの音楽的絵画) 序奏とドドン王の眠り
7.組曲≪金鶏≫(4つの音楽的絵画) 戦場のドドン王
8.組曲≪金鶏≫(4つの音楽的絵画) シュマハ女王の踊り-ドドン王の踊り
9.組曲≪金鶏≫(4つの音楽的絵画) 婚礼の行列-ドドン王の死-終曲

ロシア管弦楽集でのお約束通のように、グリンカ作曲「ルスランとルドミュラ」序曲で開始。ムラヴィンスキー&レニングラードフィル盤には及ばないが、切れ味鋭い展開。しかもこの盤は予定調和的には終わらない。途中、一般にはメゾピアノ程度で叩かれるティンパニのフレーズがフォルテで強打されギョッと驚く。次に同じパターンが出てくるときに、二度目は驚かないぜと身構えていると、今度はふっと抜いてピアノで叩く。そのときジャケット写真のマルケヴィッチを見ると、不気味な笑みに見えてドキッとするのだ。3曲目のリャードフ作曲;交響的絵画「ヨハネ黙示録から」は多彩な表現を秘めたいい曲だとあらためて感心した。6分弱の小品だが、曲の後半は弦楽器群、管楽器群が交互に短いフレーズでクレッシェンド・ディクレッシェンドを繰り返しながら進行し、一聴してマーラー交響曲の一節かと思うほどだ。他の収録曲、リムスキー・コルサコフの序曲「ロシアの復活祭」や歌劇「五月の夜」序曲、組曲「金鶏」もオーケストラの機能と多彩な音色を駆使して聴き応え十分。マルケヴィッチは色彩的なこれらの曲を明晰に描き出す。もう少し演奏される機会があってもいいように思う。

この盤のマイナスポイントを挙げるとすれば録音状態だろうか。マルケヴィッチの意図なのか録音セッションの条件(複数のホールで収録されている)なのか不明だが、低音が薄く中高音が張り出した音響バランスで驚く。中高音が勝っているため各楽器間の分離はよく、確かにマルケヴィッチの分析的な曲の組立と意図が一致しないでもない。録音エンジニアのクレジットがないで不明だが、フランス人の音響バランスはこんなものなのだろうか。60年代前後の低音の充実したドイツグラモフォン録音とは思えない音作りだ。このCDは2006年に「マルケヴィッチの芸術」と称して発売されたシリーズ中の1枚。マルケヴィッチは音盤セールス上マイナーな存在かもしれないが、指揮者としての実力、楽曲の分析力など極めて高く評価されていて、このロシア管弦楽名曲集でもその実力のほどが垣間見られる。


ボロディン<中央アジアの平原にて> 下のグリンカもそうだが、手持ちの盤とは音響バランスがかなり違う。マスタリングの異なる音源なのかな…


グリンカ<ルスランとリュドミラ序曲>


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

アンセルメ&OSR ロシア管弦楽名曲集



陽射しはややにぶいものの20度超えの暖かな日が続く。関東地方の桜も今週末が見頃になりそうだ。
さて、本日もほどほどに業務にいそしみ、いつも通りの時刻に帰宅。ひと息ついて、先回のボロディンの記事で思い出し、こんな盤を取り出した。


201704_Ansermet.jpg  201704_Ansermet_OSR.jpg


アンセルメとスイスロマンド管弦楽団によるロシア管弦楽名曲集。1957年から1964年にかけての録音。手持ちの盤は90年代終わり頃、ミドルプライスで出たときのもの。いまさら解説するまでもないだろうが、エルネスト・アンセルメ( 1883-1969)は元数学者にして、のちフランス物やバレエ音楽を得意とする指揮者として活躍した。特にスイスの仏語圏(スイスロマンド)を代表するオーケストラであるスイスロマンド管弦楽団を振って英デッカに残した一連の録音はステレオ初期の名盤として人気を博した。収録曲は以下の通り。

 1. 交響詩「はげ山の一夜」(ムソルグスキー-リムスキー=コルサコフ編)
 2. 歌劇「サルタン皇帝の物語」~くまんばちは飛ぶ(リムスキー=コルサコフ)
 3. 序曲「ロシアの復活祭」(リムスキー=コルサコフ)
 4. 歌劇「ルスランとリュドミーラ」序曲(グリンカ)
 5. 同「イーゴリ公」~ダッタン人の踊りと合唱(ボロディン-リムスキー=コルサコフ編)
 6. 交響詩「中央アジアの高原にて」(ボロディン)
 7. 歌劇「三つのオレンジへの恋」~行進曲とスケルツォ(プロコフィエフ)

久々にフルボリュームで聴いてみたが、60年代英デッカ黄金期を伝える実に鮮やかできらびやかな音質にあらためて驚いた。ゴージャスという言葉がぴったりだ。日本では東京オリンピック以降60年代後半から70年代にかけてステレオ装置が一般家庭にも普及し出したが、英デッカ録音は独グラモフォンの重厚さや米コロンビアのやや乾いた音質に比べ鮮烈に響いたに違いない。この盤もマイクロフォンを各パートごとに設置してそれぞれ楽器の音は明確にピックアップした上でミキシングするという、英デッカのマルチポイント録音の特徴がよく出た録音だ。コンサートホールで聴くオーケストラのバランスとは明らかに違うのだが、これはこれで再生音楽としての楽しみを堪能させてくれる。

「はげ山の一夜」で鳴るグランカッサの音は、音というよりは部屋の空気を静かに揺すぶるように響き、不気味な妖怪達のうごめきや周囲を吹き抜ける冷ややかな風をイメージさせる。但し、これ(コンサートホール聴くグランカッサの空気感に近いイメージ)を実感するには50Hz程度の低音域まで素直に出るオーディオシステムが必要だ。こういう録音を聴くと、演奏者の意図をきちんと理解するには相応のオーディオシステムが必要だと思ってしまう。ほどほどのシステムだと、どうしても耳につきやすいメロディーや中音域のハーモニーだけに神経がいきがちだ。

中学の音楽鑑賞で聴いて好きになった曲の一つである「中央アジアの平原にて」では木管群のエキゾチックなソロが冴え冴えと響き、砂漠の夜空にきらめく星の光のようだ。一方オーケストラのアンサンブル能力や推進力が必要な「ルスランとリュドミラ序曲」や「熊蜂の飛行」などはいささか手ぬるいし、規模が大きく曲の組立てがやや複雑な「ロシアの復活祭」などでは、弦のアンサンブルや木管の音程なども万全とはいえない。スイスロマンド管弦楽団の持ち味として、そうしたオケの機能性はあまり期待できず、もちろんムラヴィンスキー&レニングラードフィルの演奏などとは比べるべくもない。実際こうしたオケと録音の特徴から60年代後半にこのコンビが来日して際、実演に接したファンの評価は必ずしもよくなかったという。鮮烈な録音に慣れた耳で実演にも同じ音を期待した結果だ。この盤は60年代の完成されたステレオ録音の素晴らしさと大らかでゴージャスなオーケストラサウンドを、あまり細かいことを言わずに楽しむ盤だろう。
アンセルメが1969年に亡くなったあとスイスロマンド管弦楽団は長らく低迷。一方英デッカは80年代のデジタル録音時代を迎えてフランス物・ロシア物の色彩的な管弦楽曲の再録音を迫られ、アンセルメと同じくスイス生まれのフランス系指揮者シャルル・デュトアと手兵;モントリオール交響楽団のコンビに白羽の矢を立てて録り直すことになる。

さて、あすは週末金曜日。もう一日頑張りましょか…あ~んど、あすの夜にはいよいよ<孤独のグルメ Season6>がスタート。心身準備怠りなく整え、夜食テロに備えよう!


この盤の音源。ボロディン<中央アジアの平原にて>


ボロディン:歌劇<イーゴリ公>~ダッタン人の踊りと合唱


歌劇<イーゴリ公>~ダッタン人の踊り…実際のステージはこんな感じですね。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

フォーレ 組曲<ペレアスとメリザンド>作品80



暖かな一日。天気予報にとき桜の開花予報が話題になり始めた。関東ではあと一週間か十日ほどで開花の見込み。まだ朝夕は冷え込み、実感はないが、春爛漫ももうすぐだ。 さて、本日も業務に精励。そろそろ日付が変わる時刻だが、実はあす野暮用で仕事を休むこともあって少々夜更かしオッケー。少し前にFMで流れていたのを思い出し、春の宵に相応しいかと、こんな盤を取り出した。


201703_Faure.jpg


ガブリエル・フォーレの管弦楽曲。70年代終わりに東芝EMIから廉価盤でリリースされた<フランス音楽のエスプリ・シリーズ>中の一枚。セルジュ・ボド指揮パリ管弦楽団による演奏。1969年録音。収録曲は以下の通り。

 組曲『ペレアスとメリザンド』 op.80
 組曲『ドリー』 op.56
 組曲『マスクとベルガマスク』 op.112

選曲、指揮者、オーケストラ、そしてミュシャの絵画によるジャケット…。いかにも<おフランス>な一枚。ぼくはフランス音楽にはまったく疎いのだが、このEMIのシリーズはCD時代になっても人気があり、廃盤になったあと再発が望まれていたシリーズとのこと。EMIレーベルが無くなりワーナー傘下になってから同じジャケットデザインで2014年に再発され、現在入手可能のようだ。

さきほどから組曲『ペレアスとメリザンド』を控えめな音量で鳴らしている。
お馴染みのメロディーが穏やかに流れて、やはり春の宵にはピッタリだ。突出して有名な第3曲<シシリエンヌ>だけ聴くのではいかにももったいない。ぼくはフォーレの作品には不案内だが、この盤の曲やこれまた有名なレクイエムのようなポピュラリティが強い曲、あるいは多くの室内楽にみられる渋い味わいの曲想のものと、中々一筋縄ではいかない作曲家という印象がある。手始めにこの盤に収録されている組曲など聴き、それからより深いエスプリの森に入り込んでいくというのが常道かと思う。
セルジュ・ボド(1928-)は創立まもないパリ管をミュンシュと共に支え、大阪万博のときはその前年に亡くなったミュンシュに代わってパリ管を引き連れて来日した。この盤はちょうどその頃の録音。その後も度々来日して日本のオケを振っているので、仏系指揮者の中ではお馴染みの名前だが、このところ久しく名前を聞いていない。この盤では淡いベールに包まれたような雰囲気のある、この曲に相応しい演奏を聴かせてくれる。


セルジュ・ボドとパリ管による組曲<ドリー>の音源。コメントによれば1980年前後の再録盤のようだ。
もともとはピアノ連弾用。のちにアンリ・ラボーによって管弦楽用に編曲されたもの。以下の6曲からなる。
第1曲 子守歌/第2曲 ミ・ア・ウ/第3曲 ドリーの庭
第4曲 キティー・ヴァルス/第5曲 優しさ/第6曲 スペインの踊り



組曲<ペレアスとメリザンド>
有名なシシリエンヌは10分ちょうどから。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

カラヤン&BPO 新ウィーン楽派作品集



週半ばの木曜日。時おり雨交じりの曇り空。やや肌寒い一日。こんな天気だと気分もいささか沈うつになるが、時にはそんな情緒も必要か。夜半の音盤タイムも今宵は心静かにと、こんな盤を取り出した。


201703_karajan.jpg  201703_karajan_webern.jpg


カラヤンが70年代半ばに録音して当時大いに話題となった、新ウィーン学派作品集から抜粋盤CD。収録曲は以下の通り。

 1. オーケストラのためのパッサカリアop.1(ウェーベルン)
 2. 叙情組曲からの3章(ベルク)
 3. 3つのオーケストラ曲op.6(同)
 4. オーケストラのための変奏曲op.31(シェーンベルク)

19世紀ロマンティシズムが行き着いた先、新たな扉を開けつつも、そのロマンティシズムの濃密さがいやが上にも表出する新ウィーン学派の作品のあれこれがコンパクトに収められている。ぼくは発売当時のオリジナルな形式での盤を欲しいと思いつつ、このダイジェスト盤だけで長らくお茶を濁している。ウェーベルンのパッサカリアなどは、その曲名からも分かる通り、古典的様式感に根ざしながら、20世紀音楽への足がかりを探るかのように展開する。何かブラームスの室内楽を聴いているような気さえしてくる。ベルク:叙情組曲のひんやりとした肌触り、そして緊張と解決の交錯する曲想が素晴らしい。カラヤンとベルリンフィル絶頂期の精緻なアンサンブルと統一された音色感が際立つ名演だ。


この盤のウェーベルン:パッサカリア


同じくカラヤン&BPOのベルク:叙情組曲から、2. Andante amoroso 3.Adagio apassionato



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

伊福部昭 管弦楽作品集



きょう2月8日は作曲家伊福部昭(1914-2006)の命日だ。そういえば2006年に亡くなったときのことを覚えている。たまたまその数日前に写真のCDを買い、伊福部昭の作品を初めてまともに聴いた直後だったからだ。


201702_IFUKUBE_AKIRA.jpg  201702_IFUKUBE.jpg


伊福部昭は北海道帝国大学農学部出身。在学中からギター曲や歌曲も作っていたようだ。当時日本国内ではほとんど無名でありながら、海外ではその大胆かつ先端の管弦楽技法が評価された。一般には映画「ゴジラ」をはじめ多くの映画音楽を作ったことで有名になった。このナクソス盤の作品集には以下の作品が収録されている。

・シンフォニア・タプカーラ
・ピアノとオーケストラのためのリトミカ・オスティナータ
・SF交響ファンタジー第1番

いずれも管弦楽の能力を駆使したエネルギーとファンタジーに満ちた作品で、全編彼の特徴である民族的主題やオスティナートなどが存分に展開される。SF交響ファンタジー第1番は、「ゴジラ・シリーズ」を中心とする伊福部昭の怪獣映画やSF映画のための曲から、作曲者自身が演奏会用メドレーとして編んだもの。1983年に初演されている。ゴジラ出現の動機に始まり、その手の映画ファンにはお馴染みのモチーフが次々に登場する。

ナクソスがこの作品集は日本のオケでなく、ロシアのオケに任せた理由は定かでないし、演奏を担当しているロシアフィルハーモニーの技量にはいささか難もある(おそらくほとんど練習時間もなく録られたのではないかと想像する)。しかしここでは洗練された精緻なアンサンブルよりは土俗的なエネルギーを感じ取って、それでよしとしよう。 昨今口当たりのよい音楽ばかりが持てはやされるが、ときにはこうした、人や自然の原始に根付いたような響きとエネルギーを感じさせる音楽も聴きたい。耳や頭も、いつものと違ったところが刺激されるような気がする。音楽愛好家なら一聴の価値ある盤、そして異例とも言える片山杜秀による10ページに及ぶ解説も圧巻だ。


SF交響ファンタジー第1番


伊福部昭はギター曲もいくつか残している。ああ懐かしや、阿部保夫による演奏。全音から出た楽譜は今も入手可能。
伊福部昭はジャーマンラウテ(マンドーラ)を愛好したようで、作曲も6弦ギターではなく、バスラウテを使っていたようだ



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)