若き日のシフ



先日来の続きで、何となく…若き日シリーズ。今夜はこの人の若き日の演奏を聴こう。


201806_Shiff_Bartok.jpg

201806_Bartok_phonograf.jpg


アンドラーシュ・シフ(1953-)が同郷のバルトーク作品を弾いた一枚。手持ちの盤は10年程前に日本コロンビアの廉価盤クレスト1000シリーズとして出たもの。DENONのPCM録音隆盛期1980年千葉県八千代市民会館ホールでの録音。収録曲は以下の通り。

 ・舞踏組曲Sz.77
 ・ルーマニア民族舞曲Sz.76
 ・3つのロンドSz.84
 ・15のハンガリー農民の歌Sz.71

バルトーク(1881-1945)は現代作曲家として、またピアニストとしても第一級であったが同時に、当時実用化されたばかりの蝋管録音機(フォノグラフ=写真)を持ってハンガリーの農村に伝わる民謡や舞曲の収録を進めた。またそれらを素材にして楽曲も作った。この盤に収められている曲はそうした彼の仕事の成果といってよい作品。いずれも民族的素材を使いながらそれぞれに料理の手法が少しずつ異なる。
<舞踏組曲>は初め管弦楽曲として作られまもなくピアノ用に編曲された。この組曲では民族素材を当時の先進的音楽手法で料理してクリエイティブな作品に仕上がっている。<ルーマニア民族舞曲>は全6曲を通して色濃い民族色と、どことなく暗い影と寂しさをもつ。<3つのロンド>は一転して明るくチャーミングでときにコミカルでさえある。バルトークは広義には新古典派の範疇に入る作曲家だが、自身もピアノの名手だっただけに、その表現や手法は中々多彩で楽しめる。

ぼくとほぼ同年齢1953年生まれのシフは録音当時27歳。きのう記事にしたラーンキやコシチュと共に<ハンガリー三羽烏>として人気が高かった。日本発のデジタル録音であったDENON・PCM録音の特性もあってか、すべての音がクリアでタッチもやや硬質に感じる。演奏もその音色に見合った明晰な表現で、のちの一連のバッハ録音とは別人かと思うほどだ。


バルトークの楽曲中もっともポピュラーな曲の一つ<ルーマニア民族舞曲>三題
シフの盤。音質劣化が残念。オリジナルCDはずっと高音質。


フルートとギター


チェロとピアノ



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

若き日のラーンキ



きょう昼下がりの3時過ぎ、突然ドーンと強く突き上げるような地震に見舞われた。当県南部を中心に最大で震度5弱の揺れを記録。震源が当地直下で前触れなく、驚いた。揺れが短時間で収まったこともあって、大きな被害はなかった様子。当地は比較的安定した地盤と認識しているが、日本中どこも直下型の震源になりうることに違いはないのだろう。 さて、梅雨空続く日曜が終わり、明日からまた仕事という晩。音盤棚を見回していたら、こんな盤を見つけて取り出した。


201806_Ranki_Chopin.jpg


デジュー・ラーンキ(1951-)の弾くショパンの前奏曲集。1981年録音。手持ちの盤は1983年にリリースされたときの国内初出盤。これもまた以前ネットで箱買いした中の入っていたもの。針を通した形跡のないミント状態。30年余の眠りから覚ますようにSPUの針を降ろした。

ラーンキといえば1970年代半ばにハンガリーの三羽烏として、コチシュ、シフと共に大そうな人気を得た。中でもラーンキは、その甘いマスクと端正な演奏で多くの女性ファンの視線が集中したと記憶している。あぁ、あれから30年…いずれもそれぞれに一国を成し、円熟のときを迎えているといったらいいだろうか。このショパンのアルバムは1981年録音というから、ラーンキがデビューしてから数年後。すでに評価も定まり、ジャケットの写真にも20代の若者から30代となった成熟が見て取れる。

ぼくにとってショパンの前奏曲というと、学生時代に慣れ親しんだポリーニ盤の印象が強く、良し悪しは別として、どうしてもその演奏を基準において聴いてしまう。もっともそうした大昔の記憶も遠くなりつつあるのだが…。ラーンキの演奏はそうした比較を待つまでもなく、一聴してその端整なスタイルが聴き取れる。テンポの動きは少なく、ルバートも控え目、付点音符の扱いも正確だ。いずれの曲もお手本のように正確かつ真面目に弾いている感が強い。もちろんそれに不足はない。どの曲もナチュラルによく歌うし、第16番変ロ短調や第22番ト短調の激した表現も十分熱い。現在のラーンキがどんな演奏をするのか、ディスクもライヴも未聴だが、この盤の録音には、30歳の若きラーンキの輝かしい一瞬が収められている。青春ふたたびかえらずの貴重な記録だ。


この盤の音源。


ラーンキの今@2015年。夫人、息子との協演。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

メンデルスゾーン:協奏的変奏曲作品17



関東地方梅雨入り。気温低め。落ち着いた水無月の晩。雨夜の品定めにこんな盤を取り出した。


201806_Mendelssohn.jpg  201806_Mendelssohn_Variation_Concertantes.jpg


メンデルスゾーンのチェロとピアノための協奏的変奏曲作品17。手持ちの盤は激安ボックスセットの創始ブリリアントクラシクスのメンデルスゾーン室内楽全集10枚組中の1枚。メンデルスゾーンが書いたチェロ作品、ソナタ2曲、無言歌、そしてこの協奏的変奏曲が収録されている。チェロはクロード・シュターク、ピアノはクリストファ・エッシャンバッハ。1985年録音。原盤はスイス・クラヴェス・レーベル。

メンデルスゾーンの室内楽は、もっとも有名なピアノトリオをはじめ、清廉な美しさに満ちた名曲ばかりだ。チェロのための作品もしかり。ソナタもいいが、以前チェロ相方とも取り組んだ無言歌作品109他の小品も味わ深い。協奏的変奏曲はチェロ弾きにはお馴染みの曲だろうが、一般のクラシックファンにはそれほど知名度は高くない。ぼくもこのセットを手に入れて初めて接した。

曲名の通り、ピアノとチェロとに対等の役割が与えられ、全体としてまとまりのある作品になっている。曲は主題と8つの変奏からなる。チェロのオブリガートを伴ったピアノによる穏やかで美しいテーマの提示に始まり、変奏を重ねながら、音楽全体として中盤から終盤に向かって熱気を帯びていく。チェロがピチカートをで奏でる変奏あたりからチェロとピアノが激しく対峙してピークを迎える。決して大きな曲ではなく、10分ほどの小品といっていい規模だが、一つの音楽としての起承転結が整えられている。最後に穏やかな主題が戻ってくるくだりは感動的ですらある。


ハンガリーのイシュトヴァン・ヴァルダイというチェリストの演奏。彼は神尾真由子が優勝した2007年のチャイコフスキーコンクールでチェロ部門第3位となっている。


<伝説の>という接頭語がつくロシアのチェリスト:ヤコフ・スロボトキンの演奏。スロボトキンはドヴォルザークの協奏曲ロシア初演者。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ギャリック・オールソンのショパン<前奏曲集>



週末土曜日。好天に恵まれ気温も上昇。夜半近くなってようやく空気もひんやりをしてきた。部屋の片付けなどしながら、こんな盤を取り出した。


201806_Ohlsson.jpg  201806_Ohlsson_Chopin.jpg


内田光子が第2位に入った1970年のショパンコンクール。そのときの覇者ギャリック・オールソンが弾くショパン前奏曲集。以前ネットで知遇を得たマニアからLPのデッドストック数百枚入手した際に入っていたもの。オールソンが本格的な活躍を始めた頃、1974年ロンドン・アビーロードスタジオでの録音。

オールソンの名は知らないではなかったが、日本ではショパンコンクールの覇者という肩書きに比して知られていない存在だ。ネットで検索すると現在も母国アメリカの他各地で活躍中、度々来日もしている。まあ、知らないのは世情に疎いぼくだけなのかもしれない。
さてこの盤。オールソンの弾きぶりは実に丁寧かつ明晰。力と技巧で押し切るようなところはまったくない。速いパッセージや細かな音形も音の粒が揃い、タッチとペダルコントロールが万全なのか一つ一つの音がよく分離して聴こえてくる。曲の解釈と発想も中庸の美とでもいうべきマイルドなもので、ショパンコンクールの覇者という言葉からもっとバリバリ弾いているのかと予想していたのだが、いい意味で裏切られた。抒情的な表現が各所に聴かれるが、過度にロマンティクにならず、夜更けたこんな時間に聴くショパンとしてはとても相応しい。


この盤の音源で第9番から第12番までの4曲。


24の前奏曲作品28の他に2曲ある前奏曲のうちの一つ、前奏曲嬰ハ短調作品45。詩的な美しい曲。


オールソンの今。ショパンのバラード第1番ト長調



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

アルゲリッチ <コンセルトヘボウライヴ:ソロ編>



きのうの続き。アルゲリッチのコンセルトヘボウでのライヴ盤を聴く。今夜はソロリサイタル編。1978・1979年の録音。


201805_Argerich_Concertgebouw_solo.jpg


1978年といえばアルゲリッチは30代後半。80年代に入るとソロ活動から室内楽活動に軸足を置くようになる前の、名実ともピアニストとしてその絶頂期だったといってよい。この盤からも、バッハから近現代に渡る多彩なプログラムで自信のほどが伺える。収録曲は以下の通り。

 J.S.バッハ;パルティータ 第2番ハ短調BWV.826
 ショパン;ノクターン 第13番 ハ短調 作品48-1
 ショパン;スケルツォ 第3番 嬰ハ短調 作品39
 バルトーク;ピアノ・ソナタ Sz.80
 ヒナステラ;アルゼンチン舞曲集 作品2 第1~3曲
 プロコフィエフ;ピアノ・ソナタ第7番変ロ長調作品83「戦争ソナタ」
 <アンコール>
 D.スカルラッティ;ソナタ ニ短調 K.141=L.422
 J.S.バッハ;イギリス組曲 第2番 イ短調 BWV.807よりブーレ

実際のライヴの曲順とは異なるだろうが、この盤一枚を最初から聴くと、まさに一夜のコンサートを楽しむ気分になる。冒頭のバッハ;パルティータはコンサートの開始に相応しく、穏やかなタッチで静けさをたたえて始まる。特に第1曲のシンフォニアは実に控え目で抑えた表現が美しい。組曲の後半になって次第に音楽の温度感が高くなり、サラバンドのあとのロンドからカプリチオへはアタッカで入って一気呵成に弾き切るあたりは、いかにもアルゲリッチらしいところだ。次ぐショパンの2曲でぐっと音楽の密度が上がる。ノクターンでも決めどころの和音は重量感にあふれたタッチでずっしりと響かせる。スケルツォ共々、軽いロマンティックなショパン風情ではない。バルトークはプログラムとしたら休憩前の前半最後の曲という位置付けになるだろう。後半に置かれたプロコフィエフのソナタ共々、キレにいいリズムとタッチとライヴのノリの加わって音楽をドライブする力にあふれる素晴らしい演奏だ。彼女と同郷のヒナステラは小品3曲だが、『粋な女の踊り』と称する第2曲でのブエノスアイレスの冷たい夜の気配と官能を感じさせるような抒情から、第3曲『やくざなガウチョの踊り』での複雑なリズムの高速処理まで、その描き分けが素晴らしい。

ぼく自身はアルゲリッチの特別なファンではないが、こうして彼女のソリストとしての絶頂期とも言える時期の録音を聴くと、当時多くのファンが圧倒され、熱狂した理由が分かる。


ヒナステラ<アルゼンチン舞曲集>の第2曲


この盤でアンコールとして弾かれているスカルラッティのソナタL.141。アルゲリッチはアンコールでしばしばこの曲を取り上げているようだ。


以前も貼ったアルゲリッチ若き日の記録



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ヤニグロ<チェロ愛奏曲集>



きのう聴いたヤニグロのドヴォルザークで思い出し、こんな盤を取り出した。手元に何千枚かある音盤の中から百枚を選べと言われたら、おそらくもっとも優先的に選ぶ盤の一つだ。


201805_Janigro_Cello_Favorites.jpg


初めてその名を聞くと中南米のプロレスラーではないかと思うような名前のアントニオ・ヤニグロ(1918-1989)。イタリアで生まれ、壮年期以降をザグレブで送った。50年代には次の世代を担う世界最高のチェリストとまで言われ多くの録音も残したが、70年代を前に手の故障で演奏家としてのキャリアを断念せざるを得なくなる。その後は自ら設立したザグレブ室内合奏団の指揮者として活躍。ぼくが高校生の時分、彼の名前に触れたのもチェリストとしてではなく、指揮者としてその合奏団を振ったレコードだった。

それにしてもこの盤は素晴らしい。この盤は例のこの本で知った。多分この10年の間でもっとも取り出すことの多かった盤の中の一つで、本ブログでも過去に何度か取り上げた。手元にある何枚かのチェロ小品集の中で群を抜いて素晴らしい演奏だ。2004年に日本コロンビアから出た<ヴァンガード名盤選>と称する廉価盤だが、すでに廃盤で結構な中古価格がついている。1961年録音。収録曲は以下の通り。

1.「ゴイェスカス」~間奏曲(グラナドス)
2. シシリエンヌ(パラディス)
3. 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番BWV1003~アンダンテ(バッハ)
4. ソナタ ニ短調第2巻の5~アレグロ・スピリトーソ(スナイエ)
5. 夢のあとにop.7-1(フォーレ)
6. 村の歌(ポッパー)
7. わが母の教え給いし歌op.55-4(ドヴォルザーク)
8. 「恋は魔術師」~火祭りの踊り(ファリャ)
9. 白鳥(サン=サーンス)
10. 蝶々(ポッパー)
11. メロディ ヘ長調op.3-1(ルビンシテイン)
12. 夜想曲 嬰ハ短調 遺作(ショパン)
13. グラナディーナ(ニン)
14. エレジー ハ短調op.24(フォーレ)
15. ハバネラ形式の小品(ラヴェル)
16. 熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ)

お馴染みの、といっていいチェロ小品が並ぶが、時代と地域そして緩急取り混ぜた好選曲。そしてヤニグロのチェロはそれぞれの曲想によって見事に語り口を変え、それぞれの曲の魅力をあふれんばかりに引き出している。全体にゆったりとしたテンポをとり、なおかつフレーズの進行を決して急がない。もちろん技巧のキレと安定性は十二分で、テンポを遅くしていても速度が遅いという感じにはならず、あくまで音楽の呼吸が深く余裕があると言ったらいいだろうか。中でもグラナドス、バッハのBWV1003のアンダンテ、フォーレの2曲が曲の良さもあって光る。火祭りの踊りでの明暗の描き分けとドライブ感あふれるボウイングも素晴らしし、有名な白鳥では歌い過ぎずに楚々として格調が高い。

自分の好みの盤をあれこれ他人に薦めることはしないように心がけているが、この盤だけは事あるごとに強力プッシュしてしまう。チェロのこうした小品集として手元にはジャンドロン、藤原真理、徳永兼一郎、トルトゥリエ、シュタルケル他の盤があるが、いずれもヤニグロには及ばない。この盤に関して、ぼくはこれ以上ないというくらいの賛辞を送りたい。


フォーレ<夢のあとに>を弾くヤニグロ。この映像は今回初めて見た。 シブい!


ヤニグロが設立したザグレヴの合奏団を率いてクープランの作品を演奏する映像。1954年とある。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

イザイの無伴奏ヴァイオリンソナタ



このところ身辺諸事情あって気分が晴れない。不惑の年どころか、還暦を過ぎても、ああでもないこうでもないと腐心することが多い。日々の備忘とはいえ、呑気にPCに向かって駄文を打っているのも、我ながら無為の最たるものと思うのだが…。と、そんな投げやりな気分をみずから癒そうかと、こんな盤を取り出した。


201804_Ysaye.jpg


イザイの無伴奏ヴァイオリンソナタ集。NAXOSレーベルの1枚で、80年代に名だたる国際コンクールを総なめにしたイリヤ・カーラーが演奏している。2001年録音。 イザイ(1858-1931)といっても、実のところ作曲家としてはこの無伴奏だけが突出して有名で、一般の音楽愛好家にはそれ以外の曲はあまり馴染みがないのではなだろうか。実際ぼくもこの盤以外に何も持っていなかったはずだ(無伴奏チェロがあったかな…)。この無伴奏ソナタはその名から想像する通りバッハのそれを意識して書かれた。第2番などは冒頭からバッハの第3番がそのまま出てくる。それと、ギター弾きの視点からみると、私見ながらギター編曲への適合性はバッハより良いと思われるのもこの曲の魅力の一つだ。

一聴すると何とも不思議な感覚になる曲だ。いずれの曲も調性感があり、曲の組み立ても古典的なのだが、常にどこか暗く不安な空気が支配している。その不安定で抽象的、神秘的な空気と、同時に聴きなれた調性感と機能和声の予定調和的安堵感とが同居する。そして聴き手の心が何故か落ち着き平静になる。不思議な魅力をもった曲の一つだ。


単一楽章の第3番ニ短調


ギター編曲版による第2番の第1楽章。


ギター編曲版による第4番のアルマンド



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)