ゼルキン&セルのモーツァルト



あたふたと週末終了。月もあらたまって明日からは今年の後半スタートという晩。音盤棚を眺めていたらこんな盤を見つけて取り出した。


201807_Serkin_Szell.jpg


ルドルフ・ゼルキン(1903-1991)の弾くモーツァルトのピアノ協奏曲。第20番ニ短調と19番ヘ長調のカップリング。バックはジョージ・セル指揮のコロンビア交響楽団。ここでセルが振るコロンビア交響楽団はワルターが晩年コンビを組んだコロンビア交響楽団ではなく、セルの手兵クリーヴランド管弦楽団そのもの。契約の関係で「クリーヴランド」の名前が使えなかったこと由。60年代初頭の録音。手持ちの盤は60年代の国内初出盤で、はっきりした記憶がないが、かつて出張の度に通った大阪梅田の名曲堂阪急東通店で手に入れたものだろう。

針を落としたモーツァルトの20番の協奏曲は、同じピアノ協奏曲の24番やいくつかの交響曲、室内楽などと同様、モーツァルトの数少ない短調作品で傑作の一つだろう。第1楽章の出だしから天真爛漫なモーツァルト像にはつながらない暗く暗示的な開始。セルの指揮するオケが例によって引き締まった響きで序奏を奏でる。ゼルキンのソロは意外なほど淡々とした調子で入ってきて、以降もベートーヴェン弾きの彼からは想像が付かないくらいのさらりとした弾きぶりだ。 第2楽章はロマンツァの指定があるものの、もちろんこのコンビは古典的様式感から逸脱することなく、しっかりした拍節感のあるインテンポを基本に進み、主題が戻るところでのみテンポルバートをかけている。それで十分にロマンツァになるようモーツァルトは書いているのだろう。第3楽章はゼルキンがやや速めのテンポでソロを始める。続くオケのトゥッティの緊張感あふれる響きが素晴らしくいい。さすがにセルと思わせるところだ。以降ももって回った表現は皆無で、ピアノ・オケ共に古典的様式と引き締まった音で最後まで緊張感を保って曲は進む。 こういう演奏に触れると、今どきの演奏は考え抜かれた解釈と表現、美しい音と万全の技巧には違いないのだが、どうもあざとさを感じてしまう。ごく普通に何かしようとせずに淡々と弾くこの演奏に好感をもつのだが、どうだろう。


この盤の音源。第20番ニ短調。ささやき程度ではあるが、小声でうなるゼルキンの声がしばしば聴こえてくる。


同第19番。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ジョゼッペ・アネダのマンドリン



梅雨明けを思わせる週明け月曜日。当地の日中の気温は35℃近くまで上昇した。しばらく忘れていたあの灼熱の日々がもうすぐやってくる。来るならさっさと来て、さっさと去ってほしいところだが、まだ6月。いささか気が早いッスかね(^^ さて、前回の記事で触れたマンドリンで思い出し、今夜はこんな盤を取り出した。


201806_Aneda.jpg  201806_Aneda_Mandolin.jpg


イタリアのマンドリン奏者ジュゼッペ・アネダ(1912-1997)によるイタリアンバロック後期の協奏曲集。手持ちの盤は1977年リリースのエラートレーベル国内盤。クラウディオ・シモーネ指揮イ・ソリスティ・ヴェネティがバックを付けている。録音時期は記されていないが、おそらく70年代初頭のものと思われる。収録曲は以下の通り。

 ジョヴァンニ・バティスタ・ペルゴレージ/マンドリン協奏曲変ロ長調。
 カルロ・チェチェーレ/マンドリン協奏曲イ長調
 ジュゼッペ・ジュリアーノ/マンドリン協奏曲変ロ長調

ぼくがクラシックギターを始めた70年代初頭は、多くの高校や大学でマンドリンアンサンブルが盛んだった。ギターだけのサークルがない学校では、ギター弾きは否応無しにマンドリン系のサークルに入るのが一般的だった。そんな状況もあって、ぼくもギターを弾く傍らマンドリン音楽にも触れ、少々首を突っ込むことなった。楽器も少し触ったので、今でも初級の曲なら見よう見まねで少しは弾ける。ジュゼッペ・アネダはそんなぼくの高校時代、1971年に来日。NHKの「世界の音楽」(立川澄人&鳥飼久美子!)か、教育TVのテレビ・リサイタルだかに出演した。ちょっと渋いイタリアの伊達男という風情で、スタイリッシュにマンドリンの技巧的な曲を弾いていた姿をはっきり覚えている。

バロックから古典期、そして20世紀初頭と、マンドリンは何度か隆盛期を経験した。特にバロック後期から古典初期には多くのクラシカルな曲も書かれ、よき市井の楽器として広まった。この盤で取り上げられている曲の中には、マンドリンオリジナルでないものも含まれているようだが、もとよりヴァイオリンと同じ調弦で、ヴァイオリン曲をマンドリンで弾いて楽しむことも日常的な成されていただろう。この盤で取り上げられている3曲は、ペルゴレージ以外はほとんど知られていない作曲家のものだが、いずれもバロック後期から前古典様式のしっかりした構成とイタリア生まれらしい明るく豊かな和声に彩られ、ソプラノ楽器としてのマンドリンのチャーミングな音色を楽しめる。


アネダの演奏。G・B・ジェルバシオ(1725-1785伊)のソナタニ長調。


この盤の音源。カルロ・チェチェーレの協奏曲イ長調第1楽章。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

R・シュトラウス ホルン協奏曲



雨模様の土曜日。陽射しなく肌寒くさえある一日だった。天気予想をみると明日以降、来週もずっと雨マークが続く。きょうは朝から野暮用外出。三時少し前に帰宅。夕方までの時間、久しぶりアキュフェーズの灯を入れ、こんな盤を取り出した。


201806_R_Strauss_Horn_Concert.jpg


2年程前に手に入れたルドルフ・ケンペ&ドレスデン国立歌劇場管(SKD)によるリヒャルト・シュトラウス(1864-1949)の管弦楽全曲集ボックスセット。その中から管楽器協奏曲の入っている8枚目を取り出した。収録曲とソリストは以下の通り。

 ホルン協奏曲第1番:ペーター・ダム(Hr)
 ホルン協奏曲第2番:ペーター・ダム(Hr)
 オーボエ協奏曲:マンフレート・クレメント(Ob)
 二重小協奏曲:マンフレート・ヴァイス(Cl) 、ウォルフガング・リープシャー(Fg)

このうち1975年に録音された二つのホルン協奏曲を聴く。
ホルン協奏曲というと真っ先に思い浮かぶのはモーツァルトの作品だが、それについで演奏機会の多いのがこのR・シュトラウスの協奏曲だ。第1番はR・シュトラウスが10代の終わりに、そして第2番は第1番から60年近くを経た70代後半に作られている。この二つの曲の間の生涯に、R・シュトラウスは後期ロマン派としての管弦楽法を極め、多くのオペラや管弦楽曲を作ったことになる。実際、この二つのホルン協奏曲はそうしたビフォー&アフター的な趣きが感じ取れて面白い。
第1番変ホ長調は冒頭から伸びやかなホルンのフレーズで始まり、以降もモーツァルト以降のウィーン古典派から、メンデルスゾーン、シューベルトといったロマン派前期の色合いを強く残している。音楽は終始明るく伸びやかで晴れ晴れしい。また第2番は伸びやかさや明るさのベースは変わらないものの、ずっと新しい和声感や変化に富んだ管弦楽法が駆使され、さながらホルンソロが活躍する交響詩のようだ。

70年代から30年以上に渡ってSKDを代表する<顔>の一人であったペーター・ダムのホルンソロは舌を巻く上手さ。伸びやかなロングトーン、もたつきのない高速パッセージ、弱音から一気に吹き抜けるフォルテシモ、いずれもホルンを聴く醍醐味ここに極まるの感がある。ペーター・ダム(1937-)は60年代にライプツィッヒ・ゲヴァントハウス管で活躍し、1969年にSKDに入団。その直後の1970年にもハインツ・レグナー指揮のSKDをバックにこの曲を録音している。彼のHPによると、この第1番を1957年に初めて吹いて以来、2000年にブロムシュテット&SKDと大阪で吹いたのが157回目とのことだ。

ケンペ&SKDのバックも素晴らしい音。レーベルがEMIからワーナーになって今回リマスタリングされた結果かどうか、以前の盤を持っていないので判別しかねるが、今回の盤で聴く限り、SKDの音は同時期の東独シャルプラッテンやのちの日本コロンビアとの一連の録音とはかなり違った音作り。中高音はかなり華やかに響き、奥行き方向の音場感はほどほどで、むしろ音は前に積極的に展開する。もちろんうるさい感じはなく、各楽器の解像度、弦楽群のパート分離も極めて良好で申し分のない音に仕上がっている。それにしてもこのワーナーのボックスセット。レギュラープライスCD1枚分でR・シュトラウスの管弦楽曲・協奏曲全曲が聴けるというのは、まさに爆安のひと言に尽きる。


ホルン協奏曲第2番第1楽章。名手ラデク・バボラーク@2010年 下野竜也&読売日響。


第1番第3楽章。当地出身鈴木優の演奏@2009年。当時高校3年生。バックは群馬交響楽団。芸大を経て2015年から東京交響楽団に所属



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

アルゲリッチ <コンセルトヘボウライヴ>



五月ももうすぐ終わり。関東地方は梅雨入りにはまだ間があるが、気温・湿度ともじわじわ上昇中だ。さて本日も業務に精励。7時過ぎに帰宅した。ひと息ついて音盤棚を眺めていたらこんな盤を見つけて取り出した。


201805_Argerich_Concertgebouw.jpg


アルゲリッチのコンセルトヘボウでのライヴ盤。
このライヴシリーズは十数年前にEMIからリリースされた。国内盤も出たと記憶しているが、手元にあるのは輸入盤。おそらく幾らか安かったのだろう。収録曲は協奏曲が二つ。モーツァルトの第25番とベートーヴェンの第1番。共にハ長調の作品。モーツァルトはシモン・ゴールドベルク指揮オランダ室内管弦楽団、ベートーヴェンはハインツ・ワルベルク指揮のロイヤル(アムステルダム)コンセルトヘボウ管弦楽団(RCO)が伴奏を付けている。それぞれ1978年、1992年のライヴ録音。

仔細に調査したわけではないので曖昧だが、アルゲリッチのモーツァルト録音はそう多くはなかったはずだ。ハ短調の傑作第24番と、第26番<戴冠式>、最晩年の白鳥の歌とでもいうべき第27番、それらの間にあってこの25番ハ長調は華やかで相応の規模の曲ではあるが、演奏に接する機会はそう多くない。アルゲリッチのピアノで聴くとこの曲は一層豪華で、ときにアグレッシブでさえある。特に第1楽章は少々構えが大き過ぎるとさえ思えるほどだ。伴奏を付けているゴールドベルク指揮オランダ室内管弦楽団がいささか非力に思えるほどで、アルゲリッチのソロが少々浮いている感さえある。中では第3楽章のロンドが軽やかで、オケとのマッチングも悪くない。

一方ベートーヴェンは録音年代の違いによる音質差や編成の違いもあるが、さずがにオケ(RCO)が立派で、アルゲリッチのピアノもそれとバランスし、よく調和している。第1楽章でもアルゲリッチのピアノに力ずくのところはなく、上質のオケのバックを受けて、余裕をもって自在に弾き、楽しんでいるといった感じだ。この第1番はベートーヴェン二十代の作品で、よくモーツァルト的な作風と言われるが、あらためて聴くと、展開部など後年のベートーヴェンらしさが十分うかがえる。アルゲリッチの相性としては、モーツァルトよりは格段に良く、生き生きしかし過ぎずに弾いていて好ましい。実際、彼女はベートーヴェンの協奏曲の中ではこの第1番をもっとも多く演奏しているようだ。

ところで話はアルゲリッチから離れるが、この盤の指揮をとっている二人は共に日本との関係が深い。シモン・ゴールドベルクは山根銀二(その昔、岩波新書の「音楽美入門」や「音楽の歴史」を何度も読み返したものだ)の姪;山根美代子と結婚し、晩年は富山県の立山が望めるホテルで過ごし、そこで没した。またベートーヴェンを振っているハインツ・ワルベルクは度々NHK交響楽団に客演し、日本のファンにはお馴染みだった。


小澤と協演したベートーヴェンのP協第1番;第3楽章の冒頭2分ほど。オケはバイエルン放響。1983年。


1949年アルゲリッチ8歳のときの演奏。公式の場で初めて弾いた協奏曲とのことだ。同じベートーヴェン。第3楽章。


フォルテピアノによる第1番。フランス・ブリュッヘン&18世紀オーケストラと。残念ながら録音が歪っぽく、ざらついている。2009年。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ゲザ・アンダのブラームス



週半ばの水曜日。昼過ぎから霞が関方面某庁にて仕事。見込みより順調に進み休心。いつも通りの時刻に帰宅。夕方から何日かぶりでしとしと降り始めた。夜半の音盤タイム。久々にこんな盤を取り出した。


201805_Geza_Anda_JB_2.jpg  201805_Geza_Anda.jpg


ブラームスのピアノ協奏曲第2番変ロ長調。ゲザ・アンダ(1921-1976)のピアノとフェレンツ・フリッチャイ(1914-1963)の指揮するベルリンフィルによる盤。1960年5月録音。手持ちの盤は90年代終わりにフリッチャイ・エディションと称して出た一連のシリーズ中の1枚。マルグリット・ヴェーバーの弾くラフマニノフのパガニーニ狂詩曲とのカップリング。

2曲あるブラームスのピアノ協奏曲。若い時期に書かれながら味わいとしては中々渋い第1番と比べると、第2番は渋さと甘さの塩梅よく人気が高い。もちろん後世のぼくらがブラームス的と感じる要素がすべて揃っている。とりわけこの曲は4つの楽章を持ち、ほとんどピアノ付き交響曲といえる構成と充実度だ。

ゲザ・アンダは録音当時40歳を目前にする頃で、もっとも充実していながら更に上昇するエネルギーを持っていた時期だろうか。フリッチャイ&ベルリンフィルによる雄渾で重厚な運びに合せて力強く堂々とした弾きぶり。アンダはのちの60年代後半にカラヤンとこの曲を再録している。手元にその盤がないので分からないが、ゴツゴツとした肌合いの重厚なブラームス像としたら、おそらくこのフリッチャイ盤の方が上をいくだろう。チェロの美しいテーマで始まる第3楽章のアンダンテも、終始厳しい表情を崩さない。終楽章も弾き飛ばすことなく丁寧に弾き進める。名曲にして名演也。


この盤の音源。


チェリビダッケ&ミュンヘンフィルとバレンボイムによる演奏@ミュンヘンガスタイク。
チェリのオーケストラコントロールが素晴らしく、すべての音が意味深く響く。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

きょうが命日 ドヴォルザークとヤニグロ



戌年皐月。月が改まって日経文化欄の私の履歴書は4月いっぱい続いた「ジャパネットたかた」高田明元社長の編が終わり、きょうからインドネシアの財界人モフタル・リアディが登場。林真理子の連載小説は主人公の一人が京都で茶会を開く段になった。そんな中、業務は少々ひっ迫。きょうもせっせと働いて7時を少し回って帰宅した。何気なくPCを覗いていたら、きょうが忌日の人物の中にアントニン・ドヴォルザーク(1841-1904)とチェロのアントニオ・ヤニグロ(1918-1989)の名前を見つけ、それではと、こんな盤を取り出した。


201805_Dean_Dixon_1941.jpg  201805_Janigro_AD.jpg


写真の盤は今なら中古レコード店の軒先にある百円コーナーで雨ざらしになっているような、70年代に山ほど出回った廉価盤シリーズの一つ。ぼくの最も敬愛するチェリストの一人であるアントニオ・ヤニグロがソロを取り、ハイドンとドヴォルザークの協奏曲を弾いている。このうちドヴォルザークの伴奏を付けているのは、黒人指揮者ディーン・ディクソン指揮のウィーン国立歌劇場管弦楽団(≒ウィーンフィルハーモニー)。 ディーン・ディクソン(写真)は1915年に生まれ1976年に世を去った。1968年には来日してN響を振り、田中希代子との録音も残している。高校生の時分、ときどきFMで流れる曲の解説で彼の名前を聞いた記憶はあるが、レコードはこの1枚が手元にあるだけだ。

ドヴォルザークの協奏曲では相変わらずヤニグロが素晴らしい。オケは録音が少々貧弱ということもあって、いささか精彩を欠く。本当のステレオ録音か少々あやしく、耳の悪いぼくなどは擬似ステレオだと言われれば、そうかなと…と思っていたら、やはりオリジナルはモノラル録音のようだ。それでも音楽の運びそのものは真っ当で、この曲のノスタルジックなところ、高揚感、聴かせどころは心得ていて過不足ない。

クラシック音楽畑の黒人演奏家は少ない。誰かとたずねられて名前を挙げられるの数人だ。女性歌手のジェシー・ノーマン、キャスリン・バトル、ピアニストのアンドレ・ワッツ。すぐに思いつくのはこのくらいだ。指揮者にいたってはディーン・ディクソンしか知らない。最近でこそ米国のオーケストラであれば黒人の団員も珍しくなくなったが、他の分野に比して明らかに少ないだろう。半世紀以上前の音楽界で黒人指揮者の彼がどのような扱いを受け、取り上げられ方をしたか想像に難くない。残された少ない彼の演奏を聴いていると、見たことのないその指揮姿が何故か目に浮かんでくる。


この盤のLP音源。ディーン・ディクソン指揮ウィーン国立歌劇場管とヤニグロのチェロ。ドヴォルザークのVc協奏曲・第1楽章。オリジナルのモノラル構成。動画のコメント欄に録音データは1953年とあるが、1955年あるいは1958年とされている資料もある。詳しい方がいらっしゃれば、教えていただきたい。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

メルヴィン・タン(P)のベートーヴェン



きのうきょうと気温上昇。きょうは30℃超えの真夏日。それでも湿度は低く、まずまず快適。昼間、爽やかな風を受けながら、こんな盤を取り出した。


201804_Norrington_Tan.jpg


ロジャー・ノリントンと彼が1978年に設立したロンドン・クラシカル・プレイヤー(LCP)によるベートーヴェン交響曲とピアノ協奏曲の全集ボックス。フォルテピアノを弾いているのはメルヴィン・タン。ライナーノーツによれば、タンが弾いている楽器はデレック・アドラムという現代の製作家が1984年に作ったレプリカで、ベートーヴェンやゲーテと親交のあった女性ピアノ製作家ナネッテ・シュトライヒャー1814年製の楽器を元にしている。1986~88年の録音。ピリオドオケによるベートーヴェンとしてはもっとも早い時期のものの一つだ。きょうはその中からピアノ協奏曲の第1番と第2番を聴いている。

ピリオド・オケのノリントン&LCPのバックで聴くフォルテピアノはとても新鮮だ。スタインウェイのフルコンサートが大排気量のスーパーサルーンとすれば、この盤で聴くフォルテピアノは小排気量ながらキビキビ走る小型スポーツカーをイメージする。ぼくはフォルテピアノに触れたことはないが、軽いタッチに敏感に反応し、実際の音の立ち上がりも速いのだろう、すべての音が一粒一粒空間に飛び散るように解き放たれる。打弦後のサステインが短いので余計にそう感じる。もっともサステインの短さはディメリットにならない。もともと曲そのものがその当時のフォルテピアノを想定して作られているわけだし、楽器の特性を熟知した当時の作曲家はその特性を十全に発揮するよう音符を並べているに違いない。さらに当時の演奏環境は今のコンサートホールほど大きくデッドではなく十分な残響が得られただろう。音のサステインは部屋の残響が担当したはずだ。こうした演奏を聴くと、むしろ鋼鉄の塊りを力でねじ伏せるような現代のフルコンサートで聴くことの方に違和感を感じてしまう。クラシックギターの世界における20世紀後半以降のモダン楽器と19世紀ギターとの関係に近いものを感じる。

モダンオケとスタインウェイで聴く重厚で強靭な音響は、苦悩と悲劇、闘争と勝利といったような一般的なベートーヴェン像と容易に重なる。一方この盤では、軽快で俊敏な曲想と音響に、音のエネルギーで地面に杭を打ち込むのではなく、空間に音の粒を解き放つようなイメージを持つ。運動性のいいピリオド・オケとフォルテピアノによる演奏はベートーヴェンのイメージさえも変えてしまいそうだし、取り分けきょう聴いている第1番、第2番あたりの古典的要素の強い曲には似つかわしく感じる。


この盤の音源。第1番と第2番


メルヴィン・タンによる演奏。ベートーヴェンが使ったというブロードウッド社のフォルテピアノを復元して弾いている。
ベートーヴェン晩年の作品6つのバガテルOp.126から後半の3曲。テレビのドキュメンタリーのようで音質が少々残念。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)