ムターのベートーヴェン



雨降りの週末。まったくよく降る。さらに台風接近中で、あす朝の通勤時間帯に当地関東地方を通過するとの予報。天気回復はあさって以降の見込み。やれやれだ。さて、これといったこともなく休みも終わり、テレビでは衆院選速報一色。各党の旗色を横目で眺めつつ、音盤タイム。前回のシェリングのベートーヴェンで思い出し、こんな盤を取り出した。


DSCN6295 (560x502)


アンネ・ゾフィー・ムター(1963-)によるベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調。クルト・マズア指揮ニューヨークフィルのバック。2002年のライヴ録音。同じくベートーヴェンのロマンス2曲も収録されている。手持ちの盤は、15年ほど前に仕事で中国を何度か訪れたときに手に入れたもの。ジャケット帯に中文の記述があるのでそれと分かる。当時の中国は市中に海賊盤があふれていた時期。繁華な街の道々には海賊盤を売る露天商が並んでいた。この盤は大きなショッピングセンターに入っていた、見た目は立派なCDショップで買い求めたが、正規盤かどうかはあやしいところだ。

ムターは、まだティーンエイジャーだった1979年にカラヤン&ベルリンフィルとこの曲を録音している。ブラームスやモーツァルトなど一連の録音を残した時期だ。それから四半世紀を経た再録音。当たり前だが、音楽の様相はまったく異なる。第1楽章冒頭、オケの序奏が終わってムターのソロが入ってきた瞬間から、濃厚なロマンチシズムが立ち上がる。たっぷりとしたボウイング、深く強いヴィブラート、大胆なテンポ・強弱の表情付け等々、今に至るムター・スタイルが提示される。例えば、最弱音のノン・ヴィブラートで聴き手の耳をひきつけたかと思うと、次の瞬間には一気に深いヴィブラートとを伴ったフォルテへ移行するといった、ディナーミクをより拡大する手法が随所に見られる(特に第2楽章で顕著)。おそらく実際のライヴではこれらの手法が効果的に聴衆の耳をひきつけ感動へを導くのだろうが、それを録音として(冷静に)聴くと、少々<くどさ>を感じる側面もある。マズア&ニューヨークフィルのバックもそうしたムターの解釈に沿ったもので、この演奏に関してはすべてがムター色だ。録音状態はライヴゆえの制約も少々あって、各パートの分離やオケの広がり、前後方向の再現等は万全ではない。70~150Hzあたりの耳につきやすい低音域が、チューニングの適切でないバスレフ式スピーカで聴いているかのようにやや膨らむことがある。総じて、40代を目前に人も音楽も成熟し、ティーンエイジの頃とは異なる表現を身に付けたムターその人を聴く盤だ。



小澤&ボストンとの日本公演@サントリーホール1989


小澤&ベルリンフィルとの第1楽章冒頭。2008年


この盤の音源。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

シェリングのベートーヴェン


関東地方はきょうも雨模様。先週末から一週間、ほとんど雨続きだ。気温も低く、上着をもちろん薄手のコートを羽織っている人も多い。さらにあす以降は台風接近もあって荒れ模様になりそうだ。 さて、今週はあれこれ雑多な身辺雑事に追われ、何となく慌しく終了。ホッとひと息の週末金曜日。もう日付が変わる時刻だが、こんな盤を取り出して、絞り気味のボリュームで聴いている。


201710_Szeryng_LVB.jpg


ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調。ヘンリク・シェリング(1918-1988)のヴァイオリン。ハイティンク指揮アムステルダムコンセルヘボウ管弦のバック。第1楽章カデンツァはヨアヒム作のもの。1973年録音。当時シェリングは52歳。手持ちの盤は1980年に出た2枚組の廉価盤。1枚がバッハのヴァイオリン協奏曲3つ、もう1枚がベートーヴェン。両曲ともその頃までにはFMエアチェックカセットでいやと言うほど聴いていたが、レコードとしては初めて手にした盤だった。まったく個人的な嗜好で、ベートーヴェンのこの曲は他のヴァイオリン協奏曲に比べ圧倒的に聴く機会が少ない。ベートーヴェンの作品の中でも穏やかでナチュラルな牧歌的曲想は珍しく、ついついベートーヴェンには苦悩と勝利とを求めてしまう…というわけでもないが、この曲や田園交響曲などは聴く頻度が少ない。

この盤の演奏はシェリングとハイティックというコンビからイメージする通りのもの。穏やかで田園的な雰囲気を保ちながら進む。第1楽章の前半などは、やや硬さがあり流麗さを欠くが、中盤から次第に音楽はふくよかに響き出す。その雰囲気がそのまま第2楽章に持ち越され、ソロ、オケ共に抑制の効いた歌い口で静かに進み、まことの感動的だ。終楽章のロンドも急がないテンポ設定で、和音の移り変わりや木管群の響きなど、まるで森の中を逍遥するかのように進む。<アムステルダム>時代のコンセルヘボウは、音がよくブレンドされた木質系の音色で実に好ましい。聴く頻度が圧倒的に少ないといいながらも、手元にはフルトヴェングラーとメニューヒン、ヨッフムとシュナイダーハン、クリュイタンスとオイストラフなど、往時の名盤もいくつかある。いずれもまた針を通すことにしよう。


第1楽章途中まで。シュタインバッハーのヴァイオリン、ネヴィル・マリナー(1924-2016)指揮NHK交響楽団。2007年@サントリーホール。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ヌヴーのブラームス



今週も程々に働いて終了! 仕事の区切りもちょうどよかったので定時少し前に退勤。帰宅後ひと息ついて音盤タイム。きのうのイッセルシュテットのブラームスで思い出し、こんな盤を取り出した。


201710_Neveu_JB.jpg


ジネット・ヌヴー(1919-1949)によるブラームスのヴァイオリン協奏曲ニ長調。きのうの記事でブラームス第4交響曲を取り上げたハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮北ドイツ放送交響楽団が伴奏付けている。1948年5月ハンブルグでのライヴ録音。1919年生まれのヌヴーが30歳になる直前の録音ということになる。この録音の1年後1949年10月、アメリカへの演奏旅行に向かうために乗り込んだ飛行機が途中アゾレス諸島沖で墜落。30歳の短い命を閉じた。この録音は後年見つかったライヴ録音で、他にもセッション録音含めて、いくつか同曲の録音がある中、彼女の演奏を代表する名盤として今も聴き継がれている。

実際このブラームスは素晴らしい。11歳でパリ音楽院に入り、わずか8ヶ月で卒業したという天賦の才を持つ彼女のヴァイオリンは、若さゆえの情熱も加わり力強く、伴奏を付けるイッセルシュテットも、ブラームスはかくあってほしいというイメージをことごとく音で提示していく。第1楽章冒頭、ヴァイオリンが入ってくるまでのオーケストラパートの演奏からして、まるでブラームスの5番目の交響曲かと思わせる充実した響きだ。

出だしはかなりゆったりとしてテンポで入るが、すぐにテンポを上げ、以降は引き締まった造形ときっちりと整ったアンサンブルを展開する。長い序奏があったのち、ソロヴァイオリンが入る。ヌヴーは多くの奏者やるように最初に音をテヌート気味に保つやり方はとらず、続くスケールに向けて一気に駆け上がる。第2楽章のアダージョもオケ、ソロともに甘くならず緊張感をもって切々と歌う。第3楽章はこの曲ではもっとも扱いが難しい楽章だろうか。下手をすると賑やかなだけのドンチャン騒ぎになりかねない。もちろんこの盤の演奏はそんな懸念をよそに、ラプソディックなエネルギーとブラームスらしい渋さとを両立していて、申し分ない演奏に仕上がっている。1948年のモノラル・ライヴ録音ではあるが、ソロとオケのバランス、ホールトーン等、決して悪くなく、ジネット・ヌヴーの素晴らしさを実感できる名盤だ。


この盤の音源。全3楽章


のだめカンタービレでのワンシーン。第3楽章終盤。ソリストを演じた水川あさみの<演技>も中々のものだ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ドヴィエンヌ フルート協奏曲ホ短調


先日、あるビッグネームからコメントをいただいた。非公開設定なのでここで紹介することは控えるが、ぼくが現在もっとも信頼している音楽とオーディオの評論家の一人からだった。何でも、以前から時折見ていただいている由。たまたま書いたオーディオネタの記事に対してアドヴァイスもいただいた。恐縮至極ですと、コメントに付されたメールアドレスに返信した次第。以前も、元NHK交響楽団フルート首席奏者の小出信也氏からコメントがあって驚いたこともあった。
さて、そんなことを思い出しつつ…。小出信也氏⇒フルートと連想ゲーム。ふと思い出して、こんな盤を取り出した。


201709_devienne.jpg 201709_Devienne_FL_Concert.jpg


フランス古典期の作曲家にして有能なフルート奏者でもあったフランソワ・ドヴィエンヌ(1759-1803)の盤。どんな楽器でもそうだろうが、その楽器の世界ではポピュラーでありながら、音楽全般の中にあっては、ごく一般的な愛好家にはほとんど省みられない作曲家や曲がある。このドヴィエンヌもそんな存在かもしれない。この盤にはかなりの数が存在する彼のフルート作品から、2つのフルートのための協奏協曲ト長調作品76とフルート協奏曲第7番ホ短調が収められている。オーレル・ニコレのフルート(作品76では夫人のクリスティアース・ニコレが加わる)とアントーニ・ロス=マルバ指揮オランダ室内管弦楽団の演奏。1979年録音。例によって10年ほど前に格安箱買いしたLP盤中にあったもの。一年近く前にも一度記事にしているので、それを再掲しておく。

さきほどから第7番と称するホ短調の協奏曲を聴いている。古典期の短調作品の多くが緊張や深い感情表出に使われたように、この曲の第1楽章アレグロはまさにそうした性格を感じさせる開始だ。第2主題では穏やかな長調旋律を取りながら突如して短調に転じるなど、いずこもこの時代の短調作品特有の充実した響き。第2楽章はソロフルートが終始美しい旋律を典雅に歌うアダージョ。終楽章ロンドは再び短調に戻るが、長調の副主題を交えながらソロが華麗な技巧を繰り広げる。<フランスのモーツァルト>とも称されたドヴィエンヌの面目躍如たる佳曲だ。

フルトヴェングラー時代のベルリンフィル首席であったオーレル・ニコレは、終楽章の技巧的なフレーズもやや渋めの音色と落ち着いた吹きぶりで素晴らしい演奏を繰り広げている。


第1楽章。シュトゥルム・ウント・ドランク!


第3楽章。吹き振りはフィリップ・ベルノルドという奏者。オケはドゥダメル配下のシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ。


このコンビによる第1楽章  第2楽章 

★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

バッハ:チェンバロ協奏曲第1番ニ短調


前回の記事でバッハのドッペルの一つ、ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲を聴いたが、あの曲やもう一つのドッペル、二つのヴァイオリンのための協奏曲を聴くと、条件反射的にセットで聴きたくなる曲がある。


R0011670.jpg   bach_BWV1052.jpg


バッハのチェンバロ協奏曲第1番ニ短調。取り出したのは数年前、近所のリサイクルショップのジャンク箱から百円で捕獲してきたバッハのチェンバロ協奏曲集。70年代初頭にキングレコードから出ていた廉価盤シリーズの1枚。BWV1052/1062/1065の3曲が収録されている。中でも第1番ニ短調BWV1052はバッハが残したチェンバロ協奏曲の中でも傑作の誉れ高い名曲だ。

第1楽章冒頭、ユニゾンで奏されるシンコペーションを伴った主題で印象的に始まる。リトネロ形式で主題がソロと合奏とで次々に奏され、終始緊張感を失わない。どことなく2台ヴァイオリンのための協奏曲ニ短調を思わせる(バッハ自身の編曲でBWV1062として2台チェンバロのための協奏曲になっている)。第2楽章も印象的な弦楽のユニゾンで始まる。チェンバロのソロが入ってきてからも弦パートが奏する主題がオスティナートのようにバックに流れ続け、いかにもバッハ的な深みのある曲想だ。この盤ではオーストリアの鍵盤楽器奏者;アントン・ハイラーがソロをとり、ミルティアス・カリディス指揮のウィーン国立歌劇場管弦楽団がバックと務めている。少々レンジが狭いのか、硬めの音色ではあるがきちんとした録音で、ソロ・オーケストラとも古楽復興以前50~60年代のオーソドクスな演奏が楽しめる。


トレヴァー・ピノックとイングリッシュコンソートの演奏。現代のスタンダードか。


グリモーが弾くモダンピアノによる演奏。


のだめでも取り上げられていた。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

バッハ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲ハ短調BWV1060



八月もきょうで終わり。天候不順だった関東地方。東京の八月の日照時間は史上最短になりそうだと、ネットのニュースが伝えていた。きょうも時折小雨の降る一日。北東風の流入で気温も上がらず。このまま夏も終わるのだろうか…。 さて、天気とは裏腹に業務は順調に推移。きょうも気になっていた案件がスムースに進み休心。帰宅後、ひと息付いて音盤タイム。きのうのホリガーのオーボエがきっかけで、こんな盤を取り出した。


201708_JSB_Vcon_Suwanai.jpg


諏訪内晶子が弾くバッハのヴァイオリン協奏曲集。オケはヨーロッパ室内管弦楽団。2005年ロンドンでの録音。ぼくには珍しく発売とほぼ同時に輸入盤で買い求めた。バッハのヴァイオリン協奏曲集ということで、あらためて記すまでもないが、収録曲は以下の通り。

 ・2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043
 ・ヴァイオリン協奏曲 第2番 ホ長調 BWV1042
 ・ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 ハ短調 BWV1060(R)
 ・ヴァイオリン協奏曲 第1番 イ短調 BWV1041
   諏訪内晶子(ヴァイオリン、指揮)、ヨーロッパ室内管弦楽団
   フランソワ・ルルー(オーボエ)、フォルクハルト・シュトイデ(ヴァイオリン)

以前、この盤のBWV1043の記事を書いたが、今夜はもう一つのドッペル、ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲を聴く。ヴァイオリンソロはもちろん諏訪内晶子、オーボエはフランスの名手で世界トップとの誉れ高いフランソワ・ルルー(1971-)。

世にドッペルコンチェルトの名曲は多い。その代名詞のようなブラームスのVn&Vcのドッペル。モーツァルトのVn&Va、Fl&Hrp、そしてバッハの2台ヴァイオリンBWV1043が即座に思い浮かぶ。加えて、このヴァイオリンとオーボエのための協奏曲も劣らず名曲だ。LP時代までのバッハのヴァイオリン協奏曲集というと、このヴァイオリンとオーボエのための協奏曲が収録されていないことが多かったように思う。2台チェンバロ協奏曲BWV1060の原曲としての復元と、CDになって収録時間が延びたことが幸いして、この盤のようにすべてを聴けるようになった。もちろん2台チェンバロ版もいいが、このヴァイオリンとオーボエの組み合わせは、この曲がバッハ作かどうかの真偽に疑問があることを考慮しても、素晴らしく魅力的だ。第一楽章を貫く豊かな歌。両ソロ楽器の綾なす二次元的広がりに、雄弁なバスパートが加わり、音楽はまさに生き物のように立ち上がる。第二楽章は淡々と拍を打つ弦のピチカートにのって、ヴァイオリンとオーボエが果てることのない美しい旋律を奏でる。

この盤は全曲、諏訪内晶子の弾き振りということになっているが、コンセプトしては決して彼女のオンステージという感じはなく、名手揃いの合奏体によるアンサンブルを聴く盤だ。録音もソロヴァイオリンだけにフォーカスすることなく、相方の名手フランソワーズ・ルルーのオーボエはもちろん、オケの響きも十全に響き渡る。いずれの曲も活力と推進力に満ち、美しさと強さと奥深さと、そうしたものをみな併せ持つ。録音も過度な残響を排して各パートがクリアにとらえられ、取り分け低弦群の動きがリアルで、時々ソロパートそっちのけでチェロ・バスのパッセージに聴き入ってしまうほどだ。古楽をオーセンティックに楽しむ風情ではなく、あくまでモダンな今風の解釈と音響だが、その代表格といえる演奏だ。

ニューヨーク・クラシカル・プレイヤーズという団体による演奏。


リヒター盤のスコア付き音源。やはり時代を感じさせる演奏だ。


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ハインツ・ホリガーのオーボエ



一昨日の朝だったか、通勤車中のNHKFMでアルビノーニのオーボエ協奏曲が流れていた。そういえば昔よく聴いたなあ、アルビノーニ…と青春回顧。今夜、音盤棚を見回していたら、FMで流れていたものと同じ音源を見つけ、久々に取り出してみた。


DSCN6198 (560x560) DSCN6194 (560x560)


ハインツ・ホリガー(1939-)のオーボエとイ・ムジチ合奏団によるイタリア・オーボエ協奏曲集。1986年録音。手持ちの盤は当時リリースと同時に買い求めたもの。収録曲は以下の通り。

 マルチェルロ:オーボエ協奏曲ニ短調
 サンマルティーニ:オーボエ協奏曲第1番ヘ長調
 アルビノーニ:オーボエ協奏曲ト短調作品9-8
 ロッティ:オーボエ・ダモーレ協奏曲イ長調
 チマローザ:オーボエ協奏曲ハ長調

チマローザ以外はイタリアンバロック隆盛期の面々。とくにマルチェルロは映画「ベニスに死す」で使われたこともあって、70年代から80年代にかけて実によく耳にしたものだ。他の曲も、いかにもイタリアらしいのびやかな旋律美にあふれている。中でも短調作品のマルチェルロとアルビノーニの憂いに満ちたメロディーは印象的で、バッハが憧れをもって自ら編曲したイタリア作品の典型ともいえる。

久しぶりに針を落としたのだが、当時すでに手馴れてきたデジタル録音と、アナログ盤最終期の高い技術レベルもあって、音質、SNともまったく文句のない録音状態。バックのイ・ムジチの音色が思いのほか渋く落ち着いていることも、今回あらためて確認した。手馴れた曲ゆえに、もっとあっけらかんと明るい音を聴かせるのかと思っていたが、さすがはイ・ムジチ。中々懐が深い。

思えば、オーボエが一般愛好家の目にとまり、オリジナル作品のみならず様々な編曲物のアルバムまで発売されたのは、このハインツ・ホリガーにして最初で最後ではないだろうか。当時フルートならランパル、ゴールウェイなど広く知られる存在だったし、トランペットならモーリス・アンドレがいた。そうした面々と片を並べてホリガーの人気は高かった。おかげでアルビノーニやマルチェルロのオーボエ協奏曲が市民権を得たともいえる。 予想外に渋めの音を奏でるイムジチをバックに、ハインツ・ホリガーのオーボエも過度な抑揚を排した吹きぶりで好感がもてる。オーボエそのものの魅力的な音色と、イタリアンバロックの旋律美に身を任せられるよいアルバムだ。


アルビノーニの協奏曲ト短調作品9-8 同じコンビによる60年代の録音音源。


この盤には入っていないが、これもよく聴いたなあ。アルビノーニ作品9-2


チマローザの協奏曲ハ長調。この曲はアーサー・ベンジャミンが指揮者バルビローリの夫人でオーボエ奏者だったイヴリン・ロスウェルのために、チマローザのチェンバロソナタから4曲を選び協奏曲に仕立てたものだそうだ。


このチマローザの最初の楽章使われているソナタは、ブリームのギター編でも知られる。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)