群馬交響楽団&ケク=チャン・リム チャイコフスキー交響曲第5番ヘ短調



令和五年にちなんだNo.5しばり。きょうはこの盤を取り出した。


202301_GSO_PT5.jpg


群馬交響楽団(群響:グンキョウ)によるチャイコフスキー交響曲第5番ヘ短調。指揮は1928年オランダ領ボルネオ生まれのインドネシア系中国人のケク=チャン・リム(Lim Kek-tjiang 林克昌1928-2017)。1981年5月の録音。

これは名演だ。群響がこれまでに残した録音の中で最も優れた録音の一つだと断言できる。久々に針を降ろしたが、あらためて唸ってしまった。 録音は井阪絃率いるカメラータ東京によって行われているが、当時の群響本拠地:群馬音楽センターではなく、隣り町渋川市にある渋川市民会館で収録された。群馬音楽センターは残響の少ない極めてデッドなホールで録音後処理でのエコー付加が欠かせない。この録音では渋川市民会館のナチュラルエコーが効いているのだろう、オケの音全体に適度で自然な残響が加わっている。弦と管の距離感も程よい具合だ。カメラータ東京技術陣はきっと慣れないホールでのマイクセッティングやミキシングに腐心したことだろうが、その結果は盤の出来に十分反映されている。

そして何より指揮者ケク=チャン・リムの曲作りには感服した。この曲を貫くほの暗さとロマンティシズム、そして終楽章の勝利。そのすべてがあるべき形で提示されている。全体にテンポ設定は遅く、第1楽章には17分近くをかけている。これはチェリビダッケの18分台には及ばないが、セルより3分遅く、ムラヴィンスキーより6分も遅い。遅いテンポを取ると一般には音楽の彫りが深くなり、一つ一つのフレーズが持つ意味合いがより明確に提示される。反面、オケのコンロトールが不十分だと緊張感や統一性に欠け、いろいろやっているが全体として何を言いたいのか不明といった演奏になることもしばしばだ。しかしこの盤では群響がケク=チャン・リムの彫りの深い音楽作りによく反応し、緊張感を維持している。ケク=チャン・リムはもともとヴァイオリニストで、著名なコンクールのファイナリストに残るほどの名手だったそうだ。そのせいか弦楽群のフレーズの作り方が巧みで、やや濃い口の歌わせ方だが、緊張と解決をうまくコントロールしている。何気ない第3楽章のワルツなども実に雰囲気があって、フレーズがフワッと浮き立ち、心地よく収束する。


202301_LimKek_2023011022445382c.jpg


以前取り上げた豊田耕児と群響による古典と初期ロマン派の整った音楽作りはそれまでの群響とは一線を画するものであったが、ケク=チャン・リム指揮のこのチャイコフスキーは、更に一皮むけて深く濃いロマンティシズムをたっぷりと聴かせる力が群響にあることを示した名盤と言えるだろう。

よくぞこのLP盤音源をアップしてくれた。チャンネル主催者のブログにも、この曲の名演として紹介されている



ケク=チャン・リムは60年代には中国本土で様々な活躍をしたが文革のため西洋音楽が排除され、その後ときの周恩来の計らいもあってマカオに移ったそうだ。検索してみたら2000年代に入って、台湾の企業グループがスポンサーになって出来た長栄交響楽団の初代シェフに就いていることを知った。同団との演奏があったので貼っておく。

同じチャイコフスキーの5番



カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲。濃厚な味付けだが、よくコントロールされていて素晴らしい!



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ブロムシュテット&SKD シューベルト交響曲第5番変ロ長調



年が明けて一週間。年始四日から仕事で都内へ出向いたが、新幹線も東京駅も大そうな人出だった。完全にコロナ禍以前のレベル。多くの人がキャリーケースを引いている。帰省や観光か…。来週からは少し落ち着きを取り戻すだろうか。 さて、週末土曜日。夜半前の五番しばり。今夜はこの盤を取り出した。


202301_Schubert_Blomstedt.jpg


ブロムシュテットとドレスデン国立歌劇場管弦楽団(シュターツカペレ・ドレスデン:SKD)によるシューベルト交響曲のセットから第5番変ロ長調。1980年、ドレスデン・聖ルカ教会での録音。HMVのサイトでは「ドイツ・シャルプラッテン本来の優秀録音が蘇ったと評判になったハイパー・リマスタリングによる廉価ボックスの登場。オリジナル・アナログ・マスター・テープ本来の音の情報が、間接音除去やイコライジングによって損なわれることなく忠実に再現されており、ドイツの名門シュターツカペレ・ドレスデン全盛期のサウンドをアナログ完成期の名録音で楽しむことができます。」…との口上がうたわれている。70年代終盤から80年代初頭のアナログ最後期の音の記録でもある。

第5番はシューベルトの交響曲の中では「ザ・グレイト」と並んで好きな曲の筆頭。かなり劇的な作風の第4番から一転、トランペットやティンパニ、クラリネットも省いた小編成で、穏やかな古典的たたずまいに満ちている。モーツァルトの第29番シンフォニーに相通じる雰囲気がある。ブロムシュテットはテンポを中庸に取り、この曲のそうした雰囲気にマッチした曲の運び。同時にマスの響きの雰囲気だけではなく、各声部が交錯する様などは明瞭に提示するなど、実に好ましい。


この盤の音源。第5番全4楽章。


グールドの弾く第1楽章冒頭



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

マタチッチ&チェコフィル チャイコフスキー交響曲第5番ヘ短調



年明け。さて何を聴こうかと音盤棚を見回す。未聴の盤も随分あるなあと思いながらも、ここ何年か取り出す盤を絞られてきた。いずれサンデー毎日状態になったらボチボチ聴こうを思っているが、どうなるのかと、しばし沈黙…。 我に返って気を取り直し、令和五年にちなんでナンバー5で行こうかと、こんな盤を取り出した。


202301_PT5_Matacic.jpg


ロヴロ・フォン・マタチッチ( 1899-1985)とチェコフィルハーモニー管弦楽団による1960年の録音。70年代には廉価盤で出ていたマタチッチとチェコフィルの演奏やその後のNHK響との演奏他いくつかの盤が以前、日本コロンビアから復刻された。手元に十年程前に手に入れた盤がいくつかあるが、きょう取り出したチャイコフスキーの5番もその中の一枚。

第1楽章の序奏は物々しく始めることが多いが、この盤では思いのほかあっさりと進む。過度な表情付けはないが、よく聴くとフレーズの緊張・解決に沿ってわずかに音の重みに変化を付けている。主部に入ってからも速めのテンポでもたれず進む。主題の切り替わりで僅かにテンポを揺らしたり、展開部ではせき込むようなアチェルランドを過度にならない範囲で効かせ、効果を上げている。チェコフィルの弦楽器群の音は潤いに満ちていて、フォルテッシモでも余裕を持った柔らかな響きをキープしていて美しい。管楽器群も鋭く響くようなところはなく弦楽群とよく調和している。

第2楽章のホルンのソロや、ときどき金管群やホルンが聴かせるヴィブラートがこの時期のロシア・東欧系オケの特色を感じさせる。料理の仕方次第で様々に変化するチャイコフスキーだが、この演奏は過度な演出を避けながらもスラヴ的感興にも不足のない、そして往時のチェコフィルの音を堪能出来る素晴らしいアルバムだ。


この盤の音源。全4楽章


1975年にN響を振って演奏した同じチャイコフスキー第5番の音源があったので貼っておこう。チェコフィルとの録音から15年を経てテンポはわずかに遅めになっているが、もたれるような感じはまったくなく、推進力に富む。40年前の録音だが、すでにアナログ録音の完成期。やや残響に乏しいNHKホールながら、コントラバスの最低音までしっかりとらえられている。


第4楽章の中間部聴き比べ。9名の指揮者が登場する。


#0:00 ヘルベルト・フォン・カラヤン / ベルリンフィル
#2:55 ズデニェク・マーツァル / チェコフィル
#5:37 リッカルド・シャイー / ウィーンフィル
#8:12 リッカルド・ムーティ / フィラデルフィア管
#10:45 チェリビダッケ / メルボルンフィル
#13:55 アバド / シカゴ響
#16:35 デュトワ / モントリオール響
#19:12 スヴェトラーノフ / ロシア響
#21:33 ムラヴィンスキー / レニングラードフィルハーモニー管弦楽団


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

チャイコフスキー交響曲第2番ハ短調「小ロシア」



音楽とその地域性や風土、季節性を強く感じるものとそうではないものとがある。ぼくの場合例えば、チャイコフスキーやシベリウスを聴くのは圧倒的に冬の期間が多い。あるいはブラームスの弦の主題を聴くと秋の深まりを感じる。そして今年も冬がやってきて、ぼちぼちチャイコフスキーの季節かなあ…と思いつつ、今夜はこんな盤を取り出した。


201702_Abravanel.jpg

202212_PT_Sym2.jpg


モーリス・アブラヴァネル指揮ユタ交響楽団によるチャイコフスキー交響曲全集。70年代初頭の録音。6曲の交響曲の他、主要な管弦楽曲が5枚のCDに詰め込んである米ヴァンガードの廉価盤ボックスセット。かれこれ十数年前、今はもうない隣り町のタワーレコードで投げ売られていた。今夜はその中から第2交響曲ハ短調を取り出し、先ほどから少し大きめの音量で聴いている。

アブラヴァネル(1903-1993)とユタ交響楽団によるこの全集は中々個性的だ。まずマルチマイク方式と思われる録音が異様なほどリアル。オンマイクでとらえられた各パートの音が明瞭に分離する。このパートがこんな音形を奏でていたのかという発見が随所にある。わずかな音程の狂いやアインザッツの不揃いもはっきりと聴き取れてしまう。そういう意味では、ソファに深く腰かけて、ゆったりと遠めに展開するオーケストラサウンドを聴くという感じではない。むしとその対極だ。これがアメリカ的といえばいえなくもない。アブラヴァネルの解釈も基本はオーソドクスだが、フレーズはやや短めに切り上げて歯切れがいいし、各パートの出入りをはっきりと提示する。

第2番ハ短調「小ロシア」は後期の4、5、6番やそれらに次ぐ人気の第1番「冬の日の幻想」などに比べるといまひとつパッとしない。演奏時間は35分程と、楽曲としての規模もチャイコフスキーあるいは他の同時期の交響曲と比べるても小さい。ウクライナの旧称あるいは蔑称としての「小ロシア」の名が付いているように、第1楽章冒頭のホルンソロをはじめ、楽曲の主要主題にウクライナ民謡が使われている。少々盛り込みすぎで散漫な感を否めないが、アブラヴァネルの速めのテンポと粘らない解釈で案外気持ちよく聴ける。このアブラヴァネル盤は、この第2番ほか他の曲もチャイコフスキーの「最初の1枚」としては必ずしもお薦めしないが、すでに幾多の演奏でチャイコフスキーの交響曲のイメージが出来上がっている向きには、面白く聴ける演奏だと思う。


この盤の音源。アブラヴァネル&ユタ響の音源。



チャイコフスキーあれこれ



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ノリントン&LCPの第九



ちょっとわけあって、きょうは当地市中のど真ん中にある天然温泉に行って暖まってきた。JR駅前わずか300メートル程だろうか。かつて地元では唯一高級オーディオも扱っていた有力電気店が廃業し、その店舗跡を掘ったら温泉が出てきたというもの。湯量・泉質とも上々の街中のいで湯だ。さて、暖まった身体が冷えないうちに布団に入ってゆっくり寝れば日頃の疲れも…というところだが、そこはどっこい道楽与太郎。先日来の流れの続き。こんな盤を取り出した。


202212_Norrington_LVB9.jpg


ロジャー・ノリントンとロンドン・クラシカル・プレイヤー(LCP)によるベートーヴェンの交響曲第9番ニ短調。ベートーヴェンの交響曲全9曲とメルヴィン・タンがソロを弾くピアノ協奏曲全5曲が一緒になった激安ボックス中の一枚。感覚的には最近の演奏と思っていたが、すでに30年以上前、80年代終盤の録音。これだから年寄りの感覚は当てにならない。「最近」が20年前…って

このコンビの名前から想像する通りの展開だ。しかし一方で、エキセントリックなピリオド演奏、きっとつまらないだろうという、根拠のない個人的予想は見事に外される。活気と生気に満ち、推進力にあふれるこの演奏が、重厚長大の典型である第九にこれほど相性がいいとは思ってもいなかった。

ノリントンの解釈もこの盤の頃と現在では当然変化しているのだろうが、このLCPとのベートーヴェン、取り分け第九はいい演奏だ。第九の魅力をまったく損なわないばかりか、第九の持つ力感や推進力を再認識させてくれる演奏だ。対向配置の弦楽群は、その運動性能の良さと速めのテンポ、短めに切り上げるフレージングとも相まって、曲全体をグイグイを進める推進力となっている。木管群はよく全体の響きに溶け込み、金管群は突き抜けるように響き渡る。そして要所要所で強烈なアクセントを打ち込むティンパニーの雄弁さも他に類をみない。特に第1、2楽章は素晴らしい。聴いていて、あれ?と思うようなところがない。ほとんどのフレージングやアーティキュレーションは違和感なく、あるべき姿の第九として響いてくる。一方後半二つの楽章、取り分け終楽章はやや精細を欠く。やろうとしていることが曲想にマッチしているのかどうかよく分からないのだ。ただの風変わりに聴こえてしまうところがある。もっともこの曲に関しては、大方の好事家の間では終楽章そのものに対して評価が低いのだが(ぼくも同様だ)。…といいながらも、全曲62分を一気に聴いてしまったのも事実。やはり新たな時代を切り開いた偉大な指揮者に違いはない。


この盤の音源で第1楽章。2楽章以降も順次再生される。


ノリントンとN響のライヴ(おそらく2012年)



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ブロムシュテットの第九@1985年ライヴ



先日聴いた第九。聴き始めるまでは、まあ年末気分を盛り上げようか…程度の気持ちだったが、聴き始めてみれば、そこはやはり名曲。一気に全楽章を聴いてしまった。そして今夜も勢い止まらず。この盤を取り出した。


202212_LVB9_Blomstedt.jpg


今年95歳、ヘルベルト・ブロムシュテット(1927-)とシュターツカペレ・ドレスデンによるベートーヴェンの第九交響曲ニ短調。1985年ドレスデン・ゼンパー・オーパーでのライヴ。手持ちの盤は90年代初頭に手に入れた米デルタミュージックによるもの。

このジャケットに見覚えのある輩も多いのではないだろう。思い起こせば80年代後半CD導入期の頃、四千円近いその価格から、音盤道楽もレコード時代にようにはいかなくなると思っていた。そんな状況下で一時期活況を呈したのが「駅売りCD」だった。文字通り駅構内のコンコースに店を広げ、クラシックからポップス、ジャズまで千円前後の値付けで販売されていた。値段にひかれ何枚か買ったものの、LP盤からの板起こしや、版権の怪しいコピーまがいなどが多く、まともに聴けるものは少なかった。そんな中にあって、この盤は例外的に好録音かつ演奏自体も素晴らしかった。あとになって、この演奏が復興されたゼンパー・オーパー(ドレスデン国立歌劇場)の柿落としの一環として演奏されたライヴ盤であると知った。ワグナーやR・シュトラウスなど多くの作品の初演でも知られる名門ゼンパー・オーパーは1945年に連合国軍のドレスデン大空襲で破壊され、70年代後半に復興が始まり1985年に復興完成となった。

同歌劇場付きのドレスデン国立歌劇場管弦楽団(SKD)。ブロムシュテットは同団とベートーヴェン交響曲全集をセッション録音で完成させ、SKDの音色を味わえる名盤とされているが、加えてこの第九はライブ特有に熱気と緊張感にあふれた素晴らしい演奏だ。第1楽章冒頭からやや速めのテンポ設定で進みながら静寂と熱気のあいだを行き来する。燻し銀と称されたSKD弦楽群の味わい深くも引き締まった響き。その間隙をぬうように名手ゾンダーマンと思われるティンパニーの強打、ホルンやトランペットの強奏が演奏全体を引き締める。第2楽章も軽々しさとは無縁で腰の据わった低重心のスケルツォ。第3楽章はドレスデンの弦楽群の響きがこの上なく美しく、そして木管群とよく調和する。手持ちの第九の中でも最も美しい演奏の一つだ。録音状態はややデッドで左右の広がりも控えめ。そのためか響きがより凝縮され、ライヴとしての熱気を伝えるには過不足ない。このコンビのセッション録音ではうかがい知れない姿が再現される。


この演奏の音源。第1楽章6分35秒過ぎから展開部佳境に入り、7分5秒を過ぎたあたりからヴァイオリン群と低弦群の拍節が交錯するくだり、終盤12分30秒過ぎから低弦群のピチカートにのって次第に緊張を高め13分10秒のクライマックスへ。


2015年ブロムシュテット88歳。ライプツィッヒゲヴァント管弦楽団とのライヴ。独唱陣に藤村実穂子。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

フリッチャイ&BPO ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調



仕事に追われながらも、師走感ゼロのきょうこの頃。気分だけでも少しは年末を感じようと、今夜はこの盤を取り出した。


202212_LVB9_Fricsay.jpg


フェレンツ・フリッチャイ指揮ベルリンフィルハーモニーによるベートーヴェンの第9交響曲ニ短調。1957~58年録音。手持ちの盤は20年前近く前に輸入盤のワゴンセールで手に入れた。70年代LP廉価盤時代から繰り返しリリースされているお馴染みの録音だ。フリッチャイ(1914-1963)とベルリンフィルとのベートーヴェンは3番・5番・7番・9番がステレオ録音されている。もしかしたら全曲録音を前提にセッションが進んでいたのかもしれない。残念なことにフリッチャイが病魔に冒され、それはかなわなかったが、ベートーヴェンの代表作が良好な音質で残っただけでよしとしよう。ちょうどこの頃はベルリンフィルのシェフにカラヤンが決まって間もない時期。以降カラヤンとベルリンフィルによる膨大な録音セッションが始まることになる。

フリッチャイとベルリンフィルの一連のベートーヴェン録音からは、ベルリンフィルがまだカラヤンに飼いならされる前の、戦前からのフルトヴェングラー時代を通してつちかわれたドイツ的なベルリンフィルの音が聴ける。この録音から数年後の60年代初頭、カラヤンとベルリンフィルによる最初のベートーヴェン全集が録音されるのだが、それと聴き比べると実に興味深い。録音年月はカラヤン盤が数年あとだが、録音場所は共にベルリン・イエスキリスト教会、プロデューサーもオットー・ゲルデスで同じだ。録音技師(トーンマイスター)だけがフリッチャイ盤ではヴェルナー・ヴォルフ、カラヤン盤はギュンター・ヘルマンスと異なる。しかし、その演奏・音響は随分と違っていて、このフリッチャイ盤の方が明らかに音が硬質で引き締まっている。録音も優秀。解像度が高く各パートがよく分離して、それぞれ何をやっているかがよくわかる。

第1楽章はフリッチャイ盤では極めて整ったアンサンブルと筋肉質の音色で、聴いていると正にこちらの身も引き締まる感がある。一方カラヤン盤は、音響がやや肥大していてグラマラスだ。音楽の運びも前のめりで、いささか落ち着きがない。それをもって「現代風な…」ということになるのだろうが、どう聴いてもフリッチャイ盤に軍配が上がる。
フリッチャイは終止落ち着いた曲の運びで、これでオケが貧弱だと単に迫力のない地味なだけの演奏になるところだが、そこはベルリンフィルだ。控えめな表現で落ち着いたテンポながら緊張感に満ちた音楽を展開する。第3楽章のアダージョ・モルト・エ・カンタービレは、このコンビの特質がよく出ている。各パートの音の分離が明確で、変奏曲ごとに繰り出される各パートの組ひものような絡み合いが実によく表現されている。木管や金管の音も落ち着いていて、ややほのぐらい弦楽器群の音色と共に、この第3楽章の美しさを引き立てている。第4楽章でバリトンパートを歌うのはディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ。意外なことにフィッシャー=ディースカウが第9を歌っているのは、このフリッチャイ・ベルリンフィル盤が唯一ということだ。フリッチャイはこの第4楽章に限って、やや速めのテンポを取っている。コアなクラシックファンの中には、第9はこの第4楽章で価値を下げているという人もいるのだが、こうして速めのテンポと取ることで、例えばテノールがマーチ風の伴奏にのって歌ったあとの管弦楽の掛け合い部分などは素晴らしく緊張感あふれる展開となっている。そして最後の最後、コーダでの一気呵成のアチェルランドで曲を閉じている。フリッチャイは本当に素晴らしい指揮者だった。一連のベートーヴェン以外にも新世界やチャイコフスキーの悲愴など名演を残した。


この盤の音源。全4楽章。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)