ディッタースドルフ・シンフォニア集



きのうからきょうにかけ、この秋一番の寒波到来。北日本を中心に大荒れ。当地でも陽射しはあったものの気温上がらず。終日暖房ONの一日だった。あすは更に寒くなるらしい。落ち着いて秋を楽しむ間もなく冬になってしまうのか…。 さて、週末土曜日。いくつか野暮用こなして一日終わり、夜半のひととき。あまりややこしいことを考えずに楽しもうと、こんな盤を取り出した。


DSCN6400 (560x560)


ウィーン古典派の重鎮ディッタースドルフによるシンフォニア集。この手の落穂ひろい的レパートリーの発掘では最右翼のナクソスレーベルの1枚。演奏はハンス・ペーター・グミュール指揮ファイローニ管弦楽団。ファイローニ管はハンガリー国立歌劇場の選抜メンバーによる団体のようだ。1995年録音。

ディッタースドルフ(1739-1799)はハイドン(1732-1809)、モーツァルト(1756-1791)らと同時代にウィーンを中心に活躍した(こちらの年表参照)。何でも、ハイドン・モーツァルト・ヴァンハル・ディッタースドルフの4人で弦楽四重奏を弾いたという記録もあるらしい。ナクソスのこの盤には、オウィディウスの『変身物語』をテーマにした6つの交響曲(シンフォニア)のうち1番から3番が収められている。オウィディウスの『変身物語』がどんな物語で、これらの曲のどこと関係があるのか、寡聞にして不案内である。が、そうややこしいことを言わずとも、ウィーン古典派の典型的な響きを楽しめばそれでよしとしよう。いずれも4楽章形式ではあるが、標題にはシンフォニアとあり、ハイドンによって完成をみる古典的な交響曲への過渡期の形式といえる。曲はいずれも古典的な様式感に満ち、充実した響きだ。特に第1番の第1楽章ラルゲットや第2楽章アレグロ・エ・ヴィヴァーチェなどは、ハイドンもかくやと思わせるほど完成度が高い。テーマそのものが魅力的だし、その扱いも適度な緊張感を持つ。第2番は「変身物語」のイメージが盛り込まれいるのか、メルヘンチックなテーマがたびたび現れ、第1番より標題的な作りを感じさせる。一方でシンフォニックな魅力は第1番に譲る。第3番は、通常は終楽章に現れるようなロンド風の主題で開始。時折短調に転調して緊張感を感じさせるが、全体としては軽快で穏やかな曲想だ。

当時のウィーンには職業作曲家が数百人いたらしい。彼らの手になるこうした古典期作品が、山ほど作られ、演奏され、そして多くがそのまま消えて行ったのだろう。モーツァルトやベートーヴェンの天才性・革新性は素晴らしいが、ディッタースドルフ、ヴァンハル他、職業作曲家の手馴れた手法で書かれた典型的な古典様式の曲は、革新性では一歩譲るにしても、当時の響きを安心して再現してくれて、飽かずに楽しめる。


第1番ハ長調


ディッタースドルフといえばこの曲が一番有名だろうか。コントラバス協奏曲。ちょっと珍しいマンドリンアンサンブルをバックにした演奏。


同じくコントラバス協奏曲。ロンドン交響楽団首席奏者による演奏。さすがに上手い。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

フリッチャイの<運命>



朝は程々に冷えたが日中は暖かな日和だった。昼から霞ヶ関方面某庁にて小一時間の打ち合わせ。3時前に終了。場所を変えて残務少々。5時には帰途につく新幹線に乗った。さて、ひと息ついて夜半のよしなしごと。久々にこんな盤を取り出した。


201711_Fricsay_LVB5.jpg


ハンガリー生まれの指揮者フェレンツ・フリッチャイ(1914-1963)とベルリンフィルによるベートーヴェン交響曲第5番ハ短調<運命>。 彼が残した録音のうち特に晩年ベルリンフィルと入れた一連のステレオ録音はいずれもスケール感豊かで聴き応え十分だ。手元には懐かしい独グラモフォン系の廉価盤レーベル;ヘリオドールシリーズのLPをはじめ、近年になってCDで出た際に買い求めた盤がいくつかある。今夜取り出したのは、第7番とカップリングされてCD。第5番は1961年9月の録音。

このベートーヴェン。まず60年代初頭のベルリンフィルの音が素晴らしくいい。安定した低弦群の響き、よく整って緊張感のあるヴァイオリン群、全体の調和を重んじた吹きぶりの木管群、やや暗めの音色ながら底力のある金管群等々。まだフルトヴェングラー時代の名手がみな残っていた時代であったし、国際化の名のもとに均質化してしまった昨今とは違う、一本筋の通った独逸の音が聴ける。

フリッチャイについては、このブログ開始からしばらくの間に何度か記事に書いた。50年代後半から白血病に侵され幾度となく手術を繰り返したフリッチャイは、この録音を録り終えたあと年末には再び病状悪化。ついに指揮活動を断念することになった。そんな当時のフリッチャイの状況が映し出されているのかどうか分からないが、ともかくこの第5番は気宇壮大だ。 遅めのテンポ、テヌートの効いた音価、後ろ髪を引かれるようなアウフタクト…とかく熱っぽさと勢いで突き進んでしまうこの曲の隅々まで克明に描き出していく。一般の指揮者が10分前後で終える第2楽章のAndante con motoに13分かけて丁寧に変奏を弾き進めている。ゆっくりしたテンポで緊張感を保つのは指揮者ばかりでなく団員全員にとっても精神的・肉体的に辛い作業のはずだ。このテンポで終始音の密度と緊張感を持続させるベルリンフィルの力量も文句なしだろう。このコンビのベートーヴェンは3番、5番、7番、9番がステレオ録音で残っている。他にはドヴォルザークやチャイコフスキーも素晴らしい。


第5番第2楽章の前半。当然ながらオリジナルのCDはずっと高音質。それでもこのYOUTUBE音源からもコントラバスの深い低音、緊張感のある弦楽群の歌いっぷりは分かる。


第2楽章後半


終楽章後半



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

クレンペラーの<スコッチ>



朝のうち少し雨がぱらついたが、大きく崩れることなく穏やかな一日。帰宅後ひと息ついて、いつもの夜。すっかり寝入っているパピーを横目に見ながらダイニングテーブルでPCに向かいつつ安直ヘッドフォンリスニング。今夜は久々にこんな盤を取り出した。


201711_Scotch_Klemperer.jpg


メンデルスゾーンの交響曲第3番イ短調<スコットランド>。この曲の名盤の一つとして名高いクレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団による演奏。1960年録音。手持ちの盤は90年代中庸に第4番<イタリア>とのカップリングでリリースされた盤。当時東芝EMIが進めていたHS2008マスタリングによるもの。このHS2008マスタリングはあまり評判がよくなく、その後ほどなく本国仕様ともいうべきART(Abbey_Road_Technology)マスタリングに取って代わられた。

第1楽章冒頭から期待した通りのほの暗く憂愁に満ちた序奏が始まる。ボリュームを少し上げると60年代初頭優秀なプレイヤーを擁したフィルハーモニア管の豊かな響きが部屋いっぱいに広がる。クレンペラーの指揮はいつも通りのゆったりとしたテンポ設定と息の長いフレージングでじっくりと歩みを進める。この序奏を聴くだけでも価値ある曲だ。

第2楽章はヴィヴァーチェの速度指定を無視するかのようにゆったりとしたテンポ設定だが、付点音符の扱いやアーティキュレーションが適切でリズムの歯切れはすこぶるよく、音楽は遅滞せずしかもスケール豊かに進む。第3楽章のアダージョは第2楽章と反対に冒頭やや速めかなと感じるテンポで始まる。ここでは初期ロマン派としてのメンデルスゾーンの豊かな歌がたっぷりと歌われる。横に美しく流れるメロディーと時折縦に切り込む短調の経過句の対比が素晴らしい。クレンペラーのオケ・コントロールは特に低弦群の扱いが秀逸だ。ゴリゴリとした不気味な強奏と広がりのある歌わせ方を実によく使い分けている。それにしてもこの第3楽章は何度聴いても美しく、いつまでも続いてほしいと思うほどだ。

第4楽章は古典派から初期ロマン派の交響曲の中にあって規模と充実感においてひときわ優れている。堂々としたソナタ形式で終始充実した管弦楽の響きを楽しめる。よく取りざたされるコーダの扱いもスタジオ録音のこの盤では通例通りA_durで締めくくられる。この盤のコーダがまたこれ以上はないという遅めのテンポ設定で圧倒的なスケール感だ。全曲あっという間の40分。クレンペラー&POの演奏はこの曲に期待する音楽的イメージをことごとく目の前に提示してくれて文句の付けようがない名演だ。


90年代に設立されたスペインの比較的新しいオーケストラ:ガリシア交響楽団による演奏。ガリシア交響楽団は村治佳織の2回目のアランフェスの録音(2007年)でバックを務めている。


この盤の音源。全4楽章。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ハイドン交響曲第95番ハ短調



すっきりした秋晴れがほとんどなかった十月が終わり、十一月。ハロウィンが終わって、街もいっせいにクリスマスモードになるのだろうか。まだ師走には間があるのに、何だかいきなり気ぜわしくなる。そういうぼくの身辺も、アキュフェーズ到着で検分方々じっくり音楽を聴きたいところだが、ひと通り音出し確認はしたものの、きちんとしたセットアップはまだだし、開梱したダンボールも部屋に散らかっている。加えて、当面目が離せないパピーがいるので家人と輪番で24時間監視体制。そんなこんなで落ち着かない。このペースでいくと、ずるずると時間を浪費しそうな気配。それではいかんと、今夜はうろうろするパピーを横目に、ノートPCのドライブにこの盤をセットした。


DSCN6333 (560x560)


ハイドンの交響曲第95番ハ短調。例によってデニス・ラッセル・デイヴィス指揮シュトゥットガルト室内管弦楽団による全集中の一枚。第93番ニ長調、第96番ニ長調とカップリングされている。第95番はいわゆるロンドン・セット(ザロモン・セット)と称される全12曲中の1曲で、唯一の短調曲でもある。この曲が作られた18世紀末1790年前後、ウィーンではモーツァルト後期の三大交響曲として有名な第39番、40番、41番がすでに演奏されていた時期でもある。

ハ短調の調性をとるハイドンの交響曲としては第78番があって、この第95番の第1楽章冒頭は、その78番の冒頭に近似している印象的なユニゾンのフレーズで始まる。ほどなく第1主題が出てくるが、この主題は展開部以降で度々繰り返され、ベートーヴェンが同じハ短調「運命」に反映しているのではないかと指摘する向きもある。第2楽章は変ホ長調の穏やかな変奏曲。二つ目の変奏ではチェロがソロをとる。第3楽章はハ短調のメヌエットで、これも中々印象的。典型的な8あるいは16小節のフレーズに短い経過句が添えられていて、ちょっと耳をひく。ハ長調の転じるトリオではチェロがソロをとり、まるでエチュードのような快活なフレーズが演奏される。終楽章ヴァーチェはハ長調で開始。ほどなくフーガが展開され、充実した音楽で飽きさせない。

ラッセル・デイヴィス指揮シュトゥットガルト室内管の演奏は他の曲同様、ピリオドスタイルながら落ち着いた曲の運びと、純度の高い響き。一方で、もう少し闊達な勢いが欲しい気もする。


初のハイドン交響曲全集となったアンタル・ドラティとロンドン交響楽団による音源。今もって色あせない素晴らしい演奏だ。画面の楽譜を見ながらギターで参戦。チェロ・コントラバスあたりのパートをなぞってみるのも一興。普段ギター曲を弾いているのはまったく違う楽しみが得られる。


カーネギーメロン大学のオケによる演奏



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

カラヤンのチャイコフスキー第4



十月最後の週末土曜日。二日続きの晴天から再びはっきりしない天気になった。昼前から外出。夕方近くになって帰宅した。終日日照なく、午後から雨も降りはじめ、冷たい一日。少々気が早いが、冬の気配を感じる一日だった。音楽に季節感を感じることは多く、ぼくの場合、冬の到来を告げるのはチャイコフスキー、それも第4交響曲。一昨日からの続きで、今夜はこんな盤を取り出した。


201710_Karajan_PT456.jpg 201710_Karajan.jpg


カラヤンとベルリンフィルによるチャイコフスキー第4番。1971年録音のEMI盤。手持ちの盤は70年代後半に2枚組み廉価盤セットで出たときのもの。ジャケットをみたら、RECOfan_USED良品_\100のシールが貼ってあった(^^; 十数年前にアキバか渋谷のレコファンで捕獲したものと思う。
全集版となっている60年代の録音、そしてこの盤の数年後1976~77年の録音は共に独グラモフォンだが、この71年録音の第4・5・6番はEMIレーベル。同時期にワグナー管弦楽曲集やブルックナがいくつか録音された。

流麗かつ華麗なチャイコフスキーだ。オケ全体が豊かな残響を伴って鳴り響き、メロディーはレガートに歌われ、低弦群が柔らかなボリューム感をもって音楽を下支えしている。DGとEMIの録音ポリシーの違いも大いに影響しているだろう。DGに比べホールエコーは多く、高音域にアクセントがあって、よくいうと華やか、悪くいうとややドンシャリ気味に響く。60年代のこのコンビは颯爽とした音楽の運びながら音色そのものはまだ50年代からの低重心の響きを持っていたが、このEMI盤を聴くと70年代に入って、いよいよカラヤンサウンドに仕上がってきたのだなあと感じる。

演奏の内容そのものは、万事カラヤン流のチャイコスフキーだ。拍節の頭やフレーズの開始をあまり明瞭にせず、どこからともなく始まり消えていく。その繰り返しで音は常に途切れず、一音一音に意味を感じ瞑想することはない。そして終楽章の疾走する迫力は圧倒的だ。昔からチャイコフスキーに関してはカラヤンの演奏を好ましく感じていたが、いま聴いてもその印象は変らない。


この盤の音源。


晩年、再び関係を深めたVPOとのライヴ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

シルベストリのチャイコフスキー第4



きょうの関東地方は昨日に続き好天に恵まれた。気付けば10月も末。週末金曜日ということもあって、少し早く退勤した。散らかった机周辺の片付けをしながら夜半の音盤タイム。きのうのムラヴィンスキー御大のチャイコフスキーで思い出し、こんな盤を取り出した。


201710_Sivestri.jpg 201710_Sivestri_PT4.jpg


ユニークな爆演型指揮者として有名なコンスタンティン・シルベストリ(1913-1969)とフィルハーモニア管による録音。手持の盤は十数年前に出たCD2枚組の輸入盤で4~5番の3曲が収められている。録音は1957年。以前一度記事に取り上げたことがあるので覚えている輩もいるかも知れない。

この曲を知る人なら、プレイボタンを押し、冒頭のファンファーレが鳴り響いた次の瞬間、腰を抜かすほど驚くだろう。2拍目の裏にある3連符と3拍にある2つの8分音符のアーティキュレーションがまったく独自なのだ。 もちろん4分の3拍子の譜割りには従っているのだが、3連符が3拍目にくい込み、3拍目の2つの8分音符が寸詰まり状態になっているといえばいいいだろうか。こんな音価の演奏は他では聴いたことがない。1964年に来日してN響を振ったときも、この独自の音価で演奏したようだから、よほど信念があってのことだろう。 しかし、その冒頭のファンファーレのエキセントリックさを除けば、この演奏は大そうロマンティックかつ熱気を帯びていて素晴らしい。第2主題に入るとぐっとテンポを落として、切々と歌い上げる。第2楽章も弱音部を効果的に生かしていて冬のイメージであるチャイコフスキーのロシアの空気を感じさせる。終楽章もよくコンロトールされていて、爆演型のハチャメチャというわけではもちろんない。第1楽章冒頭の妙な譜割りのテーマが回顧され、そこからコーダに入って最後のコードが鳴り終わるまでの熱の入った加速には思わず身体が乗り出してしまう。録音状態はピアニシモ部分では空調ノイズのような暗騒音が少し高いレベルで聞こえるものの、オケの響きは充実していて、マスの響きもよくとらえられ悪くない。

シルヴェストリは生前、「演奏は生き物で、同じ曲でもそのときどきによって表現が変る」と語っていたそうだ。残されたチャイコフスキーやドヴォルザークなどの録音はそんな彼の面目躍如たる、ワンアンドオンリーの演奏だ。


この盤の音源。冒頭のファンファーレにびっくりしたなぁもぉ~!だが、それ以外は実にロマンティクかつ充実した響きの名演。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ムラヴィンスキーのチャイコフスキー第4



関東地方は久しぶりの好天。きょうは野暮用あって仕事を休み、昼をはさんで外出。車の中ではエアコンを入れないと暑いほどだった。夕飯を済ませて一服。数日ぶりにアンプの灯を入れ、こんな盤を取り出した。


201710_Mravinsky.jpg  201710_Mravinsky_PT4.jpg


ムラヴィンスキーとレニングラードフィルによるチャイコフスキー第4番へ短調。同コンビが60年代初頭に演奏旅行で西側を訪れた際録音した後期交響曲3曲の中の一つ。この4番は1960年9月にロンドン:ウェンブリータウンホールで録られている。一連の録音については学生時代にFMエアチェックした音源で親しんだが、実際にレコードを手にしたのはずっとあとのこと。CD時代になってから写真のLP盤を中古で手に入れた。

冒頭ホルンの音色の暗さ、そしてそれを受けるようにして出てくるトランペットの直線的な響き。速めのテンポながら微妙にテンポを動かし、一つ一つの音にエネルギーをのせ、聴く側の感情を高ぶらせていく。鳥肌ものの展開部のアチェルランド、ピークでの金管群の強く重い音色。どこを取ってもチャイコフスキーの交響曲かくあるべしを具現化していく。第2楽章もゆっくりめのテンポで思いのたけを歌わせるというようなものではないのだが、冒頭オーボエのソロにあとに出るチェロの旋律など、さりげない歌い口にかえって万感の思いがこもる。第3楽章のピチカートは、このコンビだから、きっと例のグリンカの演奏のように猛烈なテンポで走り抜けるのではないかという予想を見事に裏切り、じっくりとニュアンス豊かに進む。そして迎える終楽章。ここでこのコンビのパッションが一気に爆発。冒頭のトゥッティから限界速度で疾走する。解像度の高いゼンハイザーのヘッドフォンHD800で聴き耳を立ててみたが、まったくもって完璧なアンサンブル。第1楽章冒頭の主題を回顧するトランペットのエネルギーに満ちた響きも圧倒的だ。そしてコーダ最後の壮絶な加速で大団円となる。

…と、ブログの記事も休止符を入れずに一気に書いてしまいたくなるような演奏。録音から半世紀以上たった今も、この盤の最右翼に置かれるだけのことはある名演だ。


終楽章。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)