ハイドン 交響曲第6番ニ長調「朝」



前回の記事では大人げなく愚痴ってしまった。スンマセン…
気を取り直して、パッと明るく前向きになるような曲でも聴こう。そんなときはハイドンだ。


201801_Haydn_SYM6.jpg


ハイドンの交響曲第6番ニ長調。「朝」と呼ばれる交響曲。第7番「昼」第8番「夕」とで三部作を成す。デニス・ラッセル・デイヴィスとシュトゥットガルト室内管弦楽団による全集ボックス中の一枚。1995年録音。この曲に接したのはハイドンの全集を手に入れてからだ。少し前に知人に譲ったアダム・フィッシャー盤による演奏だった。1761年前後の作曲とされているので、ハイドンが30歳になった頃。例のエステルハージ侯爵に副楽長として仕え始めた頃の作曲ということになる。

この曲を初めて聴いたとき、短いながらも堂々とした第1楽章序奏に続き、突然フルートのソロが出てきて、フルートコンチェルトでも始まったのかと、思わずジャケットを見返してしまった。フルートのフレーズはオーボエに受け継がれ、以降も軽快に推進する弦楽群に乗って管楽群のフレーズが楽器を変えて響く。ソロ楽器の活躍は第2楽章以降も続く。第2楽章はヴァイオリンのソロで始まり、チェロのソロも聴こえてくる。第3楽章のメヌエットではニ短調の転じたトリオでファゴットのソロが楽しめる。

交響曲というよりは協奏交響曲あるいは合奏協奏曲風の構成とも言えるが、そこはさすがにパパ・ハイドン。単純なトゥッティvsソロといった構図にならず、充実した古典的和声感と構成で飽きずに聴かせる。夜のリスニングには似つかわしくないかと思いつつ、終始気分よく楽しんだ。


チェロのスティーヴン・イッサーリスが主催するノルウェイ室内管弦楽団による演奏。チェロの弾き振りというのはちょっと珍しくはないかしらん。


きのうアップされたばかりの音源。セレーノミュージックというプロモータ(かな)に属するオケによる演奏。華やかなドレスのステージもいい感じ。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

クリュイタンスのベートーヴェン第8



日本全国氷漬け状態。関東地方も各地で冷え込んだ。幸い季節風はなく静かに深々と冷える。それでも昼間は日照に恵まれるところが雪国と違うところだ。通勤コーデも極暖仕様のライナー付きコートで万全を期して出勤。程々に働き、いつもより少し早くに帰宅した。 今月に入ってからほとんど連続運転状態のエアコンで暖を取りつつ、さて今夜もヘッドフォンリスニング@食卓テーブル(^^; こんな盤を取り出した。


IMG_0080.jpg


アンドレ・クリュイタンス(1905ー1967)が指揮したベルリンフィルハーモニーよるベートーヴェン交響曲第8番ヘ長調。1957~1960年にベルリン:グリューネヴァルト教会でセッション録音された全集の中の一枚。手持ちの盤は2000年頃に廉価盤ボックスでリリースされたときのもの。今もミッドプライスCD1枚の価格で入手可能だ。70年代には緑色ジャケットのEMIセラフィムシリーズの廉価盤で出ていたので、ぼくら世代にはお馴染みの録音。

録音当時、ベルリンフィルはすでにカラヤンをシェフに迎えていた時期だが、ベルリンフィルの名刺代わりとでもいうべきベートーヴェン交響曲全集初のステレオ盤を、カラヤンに先がけて任されたのが仏系クリュイタンスというのは意外中の意外だ。いろいろ裏事情があったのあもしれないが、クリュイタンスのベートーヴェンチクルスは当時大そうな人気を博していたというから、必然でもあったのだろう。クリュイタンスはどちらかと言えば仏系文化の色濃いベルギー生まれにあって、家庭環境ほかドイツ色の強い中で育ったそうだ。そうした事情もあってドイツ物との相性も良かったのに違いない。同じような仏系指揮者であるモントゥーやミュンシュもベートーヴェンやブラームスで名演を残している。

さてこのベートーヴェン第8番。何といっても重量級のベルリンフィルの響きと、それを生かしたクリュイタンスの大らかでスケールの大きな解釈が素晴らしい。この曲の演奏では多くの場合編成を少し小さくするが、この演奏では今どき聴けないフル編成。そして50年代末期の、まだフルトヴェングラー時代のメンバーの多くが残っていたベルリンフィルの音色は重厚そのものだ。しかし、その重量感をもってゴリゴリやらないところがクリュイタンスだ。大編成で低重心のオケが、遅めのテンポにのってしなやかに歌う。他の曲ではもっとハードな演奏を繰り広げるのだが、この第8番は方向性が違う。第1楽章4分の3拍子はAllegro vivace e con brioの指定だが、クリュイタンスはやや遅めのテンポを取り、まるでウィーン風のレントラーのように典雅に響く。EMIによる録音は同時期の独グラモフォンに比べ響きが明るく、中高音の解像度も高い。弦楽群が左右いっぱいに広がり、木管群はやや遠めに定位する。

第8番はベートーヴェンの九つの交響曲にあって規模こそ大きくはないが、そこに仕組まれたギミックは周到かつ巧妙だ。第1楽章の明るく屈託のない第1主題とややコミカルな第2主題はいささか脳天気な展開を予感させるが、展開部は短調に転じて畳み掛けるように突き進み、短いながらも隙がない。このクリュイタンス盤は二つの主題がゆったりと奏され、それがゆえに対照的な短調の展開部が劇的に迫ってくる。ベートーヴェンのこの第1楽章の展開も天才的だが、クリュイタンスの解釈もそれをよく生かしていて素晴らしい。


この盤の音源。第1、第2楽章。
冒頭、序奏なしで明朗な第1主題が奏される。0分50秒:チャーミングな第2主題が出る(1分10秒まで)。その後1分35秒と1分48秒に印象的なヘミオラによる経過句。2分20秒:繰り返しにより冒頭へ(ソナタ形式における提示部の繰り返し)。4分40秒から展開部へのブリッジ。4分56秒:この曲で初めての短調和声がチラっと出るが、すぐに否定される。5分12秒再び短調の和音を導入される。今度は長調に戻らず、そのまま5分30秒から展開部の核心へ。第1主題のリズム音形が短調で低弦群で奏される。4分の3拍子の第2拍目にアクセントを打ち込みながら、ベートーヴェンらしい展開が続く。6分00秒から執拗な繰り返しで緊張MAXへ。そのまま盛り上がって6分30秒に長調の第1主題へ高らかに回帰する。以降再現部へ。


この盤の音源。全楽章



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

グッドマンの<悲劇的>


穏やかな日曜日。昼をはさんで野暮用外出。三時を少し回って帰宅した。夕方から北風強まり気温低下。ここ数日続いていた暖かい陽気もきょうまでらしい。あすの関東地方は低気圧の通過に伴い、午後から夕刻にかけて降雪の予報だ。
さて二月も下旬。あすからもまた仕事という晩。今夜も道楽部屋のオーディオセットはオフ。例によって夜半のダイニングテーブルでノートPCに向かながらの音盤タイム。こんな盤を取り出した。


201801_Schubert_4.jpg  201801_Schubert_goodman.jpg


ロイ・グッドマン(1951-)が指揮するハノーヴァーバンドによるシューベルトの交響曲全集。その中から取り出した第4番ハ短調<悲劇的>。十数年前、激安ボックスセットの先駆者ブリリアントレーベルから出たもの。原盤は英国ニンバスレーベル。同コンビによる一連のピリオドスタイルの演奏はこの他にもベートーヴェンやシューマンなどが出ていた記憶がある。激安ボックスの宿命でライナーノーツはまったくなく詳細の情報は不明。録音時期は1988-90年。

ハ短調という調性、そして自身が名付けた「悲劇的」という呼称からして分かるように、ベートーヴェンを多分に意識した作品と言われる。第1楽章の冒頭、2分余に渡って続く序奏はシューベルト19歳のときの作品だということがにわかに信じられないほど意味深長に響く。ソナタ形式のセオリー通りの主部は、のちの「ザ・グレート」を思わせるような経過句も時々顔を出しながら展開していく。適度に長調への転調や推進力のあるリズム音形のためか、「悲劇的」というタイトルほどに悲痛な曲想ではない。第2楽章はシンプルな三部形式で少々物足りなさが残る。ここは先日の記事に書いた2番のように変奏曲を聴きたかった。第3楽章メヌエットは実質スケルツォ。ヘミオラ気味に前のめりになる主題と横へ流れる副主題が対照的で中々聴かせる。終楽章は再びハ短調に戻る。やはり根っからの悲劇性は感じられず、前向きのハ短調だ。展開はやや冗長な感なくもないが、作曲当時19歳という年齢を考えれば、やはり天才的といっていいだろう。最後は長調に転じて明るく大団円となる。

ロイ・グッドマン&ハノーヴァーバンドの演奏は元々英ニンバス社の良質音源。同社倒産の折に廉価盤レーベルの雄、ブリリアント社が買い取ってリリースという、いつものパターン。ピリオドアプローチらしく軽快でスッキリとした解釈。残響多めながらクリアーな録音と併せて、存分にこの曲の持ち味を楽しめる。


この盤の音源で第1楽章。0分15秒で入る1stヴァイオリンの2音目にわずかなピッチの乱れが…


この曲について語るロイ・グッドマン


ルイ・ラングレ(1961-)とパリ管による演奏。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

サヴァリッシュの<春>


ここ数年、好んで聴く交響曲に変化がある。モーツァルトよりハイドン、ベートーヴェンよりシューベルト、ブラームスよりシューマン…という感じ。とりわけハイドンとシューマンは他の交響曲を差し置いても聴き続けたいと思うほどだ。新年になってシューマンのライン交響曲をいくつか聴いたが、今夜はその続きでこんな盤を取り出した。


201801_Sawalisch_RS_1.jpg


2013年2月22日に亡くなってからやがて5年になるウォルフガンク・サヴァリッシュがシュターツ・カペレ・ドレスデンを振って70年代初頭に録音したシューマンの交響曲集。その中から第1番変ロ長調<春>を取り出した。手持ちの盤は80年初頭にミドルプライスで再発した際の盤。その後、近年ではCD廉価盤でもリリースされている。 このSKDとのシューマンは間違いなく彼の盤歴と代表するものの一つだろうし、この盤でシューマンに開眼した同世代の輩は多いのではないだろうか。

ぼくが初めてサヴァリッシュのシューマンを聴いたのは大学1年とき。第4番ニ短調だった。そのときの感激は今も忘れない。素晴らしく流麗でしなやかな曲の運び。豊かな残響を伴ったドレスデンの響き。貧乏学生下宿の貧弱なオーディオセット(建築用床材で作った後面開放のフルレンジ:ダイヤトーン610、NF回路に手を入れてバスブーストを付けた自作6BM8シングルのアンプ、トリオのチューナー、ワウ・フラッターに悩まされたティアックのカセットデッキ…)から流れる音楽に、これまでに味わったことのない感銘を受けたのを覚えている。

春の訪れを告げるトランペットとホルンで始まる序奏から、まったく間然とするところがない。主部への移行に際してのテンポチェンジは、これまで聴いたことのある演奏の中でも最高にスムースかつエキサイティングなものの一つだ。細かなパッセージが続く主部に入ると、SKDのアンサンブルの見事さが際立つ。美しい響きにピタリとあったピッチ。オーケストラ・サウンドの極み。ときどき響き渡るペーター・ダムのホルン、決め所で轟くゾンダーマンのティンパニー、SKDの全盛期といっていいだろう。


この盤の音源。全4楽章。


指揮者藤岡幸夫と音楽番組の構成・監修を手掛ける新井鷗子による解説付き



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ワルターのハイドン<V字><軍隊>


きのうに比べ幾分暖かな週末土曜日。昼過ぎになって、窓から差し込む陽光に誘われ音盤タイム。きのうの続きで晩年のワルターを聴こうかと、こんな盤を取り出した。


201801_Walter_Haydn.jpg


第88番ト長調<V字>と第100番ト長調<軍隊>がカップリングされているLP盤。1961年録音。リサイクルショップのジャンク箱から百円で救済してきたにもかかわらず、盤の状態は上々。井上太郎氏の労作を横に針を落とす。

コロンビア交響楽団はよく知られているように晩年のワルターとの録音セッション専門といってよい楽団。弦の編成がやや小さく、それを録音技術でカバーしているといわれる。しかし同コンビによるブルックナーやマーラーなどの後期ロマン派の録音ではそうした編成がややハンディキャップになるが、ハイドンやモーツァルトに限ってはまったく違和感はない。むしろワルターの指示とそれに対するオケの反応が素直に出てくるし、木管のソロなどは弦楽群に埋もれずによく通ってくる。

今風の颯爽とした演奏になれた耳で久々にワルターを聴くと、あぁ、これこれという気分になる。音楽の構えが大きく、曲の運びもどっしりとしていて、いかにもシンフォニーだ。特にアレグロの指示がある楽章のテンポはかなりゆっくりめで、前進する推力よりは一音一音の堂々した響きが耳に残る。こうしたワルターの解釈はこの88番や100番の第3楽章のメヌエットを聴くと、よりはっきりとわかる。低弦群の3拍子の刻みがとてもしっかりしているし、その上にのるファーストヴァイオリンのメロディーも伸びやかかつ力にあふれている。箸休めのメヌエットという風情ではない。良好なステレオ時代の録音とはいえ、やはりワルターはフルトヴェングラーやトスカニーニと同世代の指揮者。現代のスタイルとはひと味もふた味も違う、いつまでも残しておきたい演奏だ。


この盤の音源。第88番全曲。堂々たるメヌエットは13分16秒から。


洗足学園の学生オケによる第88番。指揮者なしでの演奏。こちらのメヌエットは12分55秒から。


第100番第1楽章のさわり。ベルリンフィルのデジタルコンサートホールのPV 。ピアノのアンドラーシュ・シフがベルリンフィルを振っているもの。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ワルターのブラームス第4



本州南岸を通過する低気圧の影響で雪の予報も出ていた関東地方であったが、降雪には至らず。日照こそ少なかったが、穏やかな一日となった。諸事情あって、きのうもきょうも休み。つまり週明けの8日まで休暇継続中だ。きょうは昼から外出。夕方遅くに帰宅した。夜半になってひと息つき、こんな盤を取り出した。


201801_Walter_JB4.jpg


名演ひしめくブラームスの4番。十指に余る手持の盤もいずれ劣らぬ演奏ばかりだが、今夜は晩年のブルーノ・ワルター(1876-1962)とコロンビア響による録音を選んだ。手元にはオデッセイレーベルの輸入盤と国内プレスの全集盤LPとがあるのだが、これといった理由もなく国内プレスの「ブルーノ・ワルター3000」と称するシリーズものを取り出した。1977年発売。録音は1959年。

ブラームスの魅力は何だろうと、今更ながら考えてみるに、今どきこんな言い方はクレームが付くかもしれないが、それは「男の音楽」という感じがしてならない。それも、ムキムキでマッチョな逞しい男のそれではなく、どこか優柔不断で煮えきらず、なおかつナルシーでマザコンでもあってと、そんな男の詠嘆とあきらめに満ちているように感じる。とりわけこの4番はその代表かもしれない。分厚く重厚な響きながら、どこか弱さが同居する。古典的なかっちりした構成でありながら、どうしようもないロマンティシズムがこぼれ落ちる。この4番を聴いているとそんなことを感じる。

そういう意味では、ヴァントのようにまったく隙を感じさせない演奏よりは、腑抜けにならない程度にロマンティシズムに寄った演奏の方が相応しいように感じる。ワルターの演奏はその路線にぴたりとはまる。ニューヨークフィル時代の快速で熱気あふれるブラームスも名演だが、彼のために用意されたコロンビア響との晩年のセッション録音も捨てがたい。取り分けこの4番の演奏は素晴らしい。テンポは終楽章が少し遅めのほかは中庸、フレーズはいずれも明確かつ自然で、美しく歌い抜かれる。これで音色が暗いと少々滅入るのだが、幸い音は明るく、この曲を悲観ばかりで終わらせない。コロンビア響はやや小型の編成の急ごしらえで、団としてのアンサンブルにも難があったといわれる。確かに、この録音を聴いてもそういう面を指摘できるだろう。しかし集められた団員達は巨匠ワルターの録音を一つでも多く残そうと思い、最善を尽くしたに違いない。そうした光景を思い浮かべながら、通常はテンポを上げて煽るように終わる終楽章のコーダで、後ろ髪を引かれるようにテンポをグッと落とすこのワルター盤を聴いていると、これぞブラームスという、感胸にせまる思いでいっぱいになる。


この盤の音源。第4楽章は31分19秒から。


ジュリーニ&SKB@1996年。ジュリーニ( 1914ー2005)も晩年味わい深い演奏を残した。極めてロマンティックな演奏。2分20秒から始まる第1楽章第2主題。付点音符のリズムにのってチェロとホルンが歌う。動画へのコメントにもあるように第2ホルンの女性奏者は当時まだ20代で現在はベルリンフィルのトップに座るサラ・ウィリス。冒頭からジュリーニ節全開のロマンティックな進行(第1楽章佳境の12分21秒過ぎにはフルートの勇み足があるが…)。第2楽章の聴きどころは24分00秒から。ホルンの導入に続いて弦楽群が歌う。24分54秒1stヴァイオリン一瞬のヴィブラート!。そして25分15秒からのトゥッティは涙ものだ。


サラ・ウィリス、アルペンホルンを吹く! いわずと知れたブラ1第4楽章…ですね



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

チェリビダッケの<ライン>



きょうは仕事始め。今年も始まった…のはずだが、実は事情あって休み継続中。関東地方はきょうも冷え込み、終日暖房オンの部屋で蟄居。きのうの記事に書いたシューマンの交響曲<ライン>の盤をあれこれ取り出し聴いて過ごした。中でも印象的だったのはやはりこの盤。


201801_Celibidache_Schuman.jpg


チェリビダッケ指揮ミュンヘンフィルによるシューマンの交響曲第3番変ホ長調。もう10年以上前になるが晩年のミュンヘンフィルとの一連のライヴ録音がEMIから出たときの一枚。1988年の録音。カップリングは同じくシューマンの第4番。

この曲は第1楽章冒頭の音でかなり印象が決まる。ズワーンといくか、パーンといくか。オーケストラ音楽愛好家ならこのアインザッツの違いとイメージはすぐにわかってもらえるだろう。チェリビダッケはズワーン、かつかなりソフトに始まる。以降もゆったりとしたテンポと深く暗めの音色でジワジワと音楽を進め、第1楽章展開部での寄せては返す緊張と解決、コントラバスの意味ありげな動きなど、ドイツロマン派の本流を好む向きにはたまらない展開となる。テンポを遅くとりながら緊張感と充実した響きを維持するのはオケのメンバーにとっては大変な負荷がかかる。この曲に限らず、チェリビダッケのテンポ設定と張り詰めた音響は、オケの団員が信頼と尊敬をもって彼に応じている何よりの証拠だ。第2楽章以降も音楽は常に悠揚迫らず、美しくかつスケール大きく進む。カップリングされている4番同様、他に類のない名演だ。


この盤の音源。



デンマーク放送交響楽団と2004年から首席指揮者を務めたトーマス・ダウスゴーによる演奏。ワインヤード型の素晴らしいコンサートホールは放送局に隣接して2009年オープンしたとのこと。速めのテンポ、若々しく躍動感にあふれる演奏。ヘミオラを駆使したリズミックな推進力と横へ流れるレガートなフレーズの交錯が続く第1楽章。冒頭のトゥッティもいいが、3分20秒過ぎから展開部に入り、3分35秒過ぎ辺りから低弦群のうごめきと呼応する木管やヴァイオリン群によって次第に盛り上がるところなど、何度聴いてもぞくぞくとくる。この緊張は6分00秒のホルンの出まで続く。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)