メンデルスゾーン 交響曲第1番ハ短調



週明け月曜日。暖かな一日だったが、夕方から雨。どうやらあすは春の嵐で大荒れになるらしい。大したことがなければいいが…。 さて、桜も散り、空気も緩んできたところで、何か春らしい曲はないか知らんと一考。こんな盤を取り出した。


201704_Mendelssohn.jpg  201704_Mendelssohn_Sym.jpg


メンデルスゾーン(1809-1847)の交響曲第1番ハ短調。カラヤン&BPOによる全集盤中の1枚。1972年ベルリン・イエス・キリスト教会での録音。例によってギュンター・ヘルマンスと、彼に加えてクラウス・シャイベが録音技術を担当。まさにカラヤン黄金期の布陣だ。メンデルスゾーンの1、2番が手元になかったので、それではと物色し、数年前にタワーレコードのワゴンセールで買い求めたもの。

この曲はメンデルスゾーン15歳のときの作品。それ以前に弦楽のための交響曲を12曲作り、そのあとに作った初めての管弦楽交響曲。第1楽章冒頭から古典~初期ロマン派の短調作品がもつ劇的な展開と感情表現が素晴らしい効果をあげている。第2楽章は15歳の少年が作ったものとは思えない深い叙情と歌に満ちていて、今更ながらにメンデルスゾーンの天才ぶりに驚く。第3楽章はメヌエットだが実質的にはスケルツォ。ここでも短調らしい厳しい表情と時々長調に転じたときの大らかな響きのコントラストが素晴らしい。アレグロ・コン・フォーコの指示がある終楽章もロンド形式ではなく、きっちりとソナタ形式で書かれていて、手に汗握る展開だ。中間部におかれたフーガも素晴らしい効果を上げている。

カラヤンの演奏は各パートがもっと渾然一体となった、やや肥大した響きだったように記憶していたのだが、きょう聴いてみるとそんな感じはない。各パートはきっちりと分離し、整ったアンサンブルを聴かせる。よく伸びた低弦群の音がヘッドフォンからしっかりと聴こえてくる。木管群の距離感も適切だ。それでもトータルとしては、細部よりは全体を、縦よりは横を重視した解釈と演奏。春らしいというよりは、明日の天気予想同様、春の嵐を想起させる、若々しくも充実した短調作品の第1番を再確認した次第だ。


フランツ・リスト・ワイマール音楽大学の学生オケによる演奏。ベルリンフィルの教育プログラムの一環として、昨年フィルハーモニーの室内楽ホールで演奏されたときの模様だそうだ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

メンデルスゾーン <イタリア>



三月最初の土曜日。昨夜は所用で遅くなったのだが、今朝はいつになく早く起床した。朝から快晴で放射冷却もあって冷え込んだが、窓からは陽光射し込み気持ちがいい。昼まで時間もあったので久々に<アサから音盤>。アンプの灯を入れ、明るい休日の朝にふさわしいこんな盤を取り出した。


201703_Italia_OK.jpg


オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団による交響曲第4番イ長調<イタリア>。1960年録音。手持ちの盤は1995年<スコットランド>とのカップリングでリリースされた盤。一時期当時の東芝EMIが進めていたHS2088マスタリングによるもの。このHS2088マスタリングはあまり評判芳しくなく、その後ほどなく本国仕様ともいうべきART(Abbey_Road_Technology)マスタリングに取って代わられた。

第1楽章冒頭から落ち着いた開始。といっても鈍重なテンポというわけでもなく、この曲の録音の中では中庸だろうか。ぼくが最初にこの<イタリア>に接したクルト・マズア&ライプツィッヒゲヴァントハウス管による演奏よりずっと軽快な開始だ。各パートの響きはセル盤ほど明晰に分離しないが、それでもカラヤン&BPOよりはずっとクリア。弦楽群の対向配置により第2ヴァイオリンが右から、チェロ・コンバスがやや左側の手間から奥に定位する。特に第2ヴァイオリンの動きがよく分かり、こんな掛け合いをやっていたのかと随所で気付かされる。ぼくがこの曲の中で好きな第3楽章でもやや抑え気味の弦楽群の表情付け、木管群やホルンの秀逸な響きなど、簡素ながら優美で美しいこの楽章を堪能できる。

セル&クリーヴランドの鍛え上げられた鉄壁のアンサンブルは素晴らしいが、ロンドンの腕利きプレイヤーを集めて結成されたフィルハーモニア管のアンサンブルも負けてはいない。60年当時としては十分高レベルの録音と相まって、各パートの分離とマスの響きがほどよく調和し、全体的な音響バランスとしてはセル盤に勝るように感じる。 この曲の身上ともいえるフレッシュな溌剌さというイメージという側面ではセル&クリーヴランド盤に譲るが、このクレンペラー盤は、交響曲としての構成感という意味においてドイツの伝統を強く感じさせる重みと深さを備え、ややモノトーンな響きながら、ニュアンスに富んだ素晴らしい音楽的感興を与えてくれる。

ちなみにこの曲の第2楽章が19世紀イタリアのギタリスト兼作曲家ジョゼッペ・コスタ(Giuseppe Costa 1833-1897)によりギター独奏に編曲されている。ギター弾きにはお馴染みのナポレオン・コスト(仏1805– 1883)ではなくジョゼッペ・コスタ。楽譜はBoijeコレクションにあって、5つの小品と題された曲集の最初に収められている。この曲集はのちの1曲(ヴェルディ「椿姫」からのトランスクリプション)追加され6つの小品集となった。追加された曲の楽譜はこちら


この盤の音源。全楽章。


日本でもすっかりお馴染みになったパーヴォ・ヤルヴィの指揮するhr交響楽団(旧フランクフルト放響)による2012年の演奏。 第2楽章の11分50秒過ぎから、通常はヴァイオリン群の対旋律として扱われる木管群(フルート)を強調して効果を上げている。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

チャイコフスキー交響曲第2番ハ短調<小ロシア>



音楽とその地域性や風土、季節性を強く感じるものとそうではないものとがある。例えばぼくの場合、チャイコフスキーやシベリウスを聴くのは圧倒的に冬の期間が多い。あるいはブラームスの弦の主題を聴くと秋の深まりを感じる。今年も冬がやってきて、そしてぼちぼちお別れだ。ゆく冬を惜しみつつ、今夜はこんな盤を取り出した。


201702_Abravanel.jpg  201702_Abravanel_PT.jpg


モーリス・アブラヴァネル指揮ユタ交響楽団によるチャイコフスキー交響曲全集。70年代初頭の録音。6曲の交響曲の他、主要な管弦楽曲がCD5枚に詰め込んである米ヴァンガードの廉価盤ボックスセット。十年近く年前に隣り町のTWRで投げ売られていた。その中から第2交響曲ハ短調を取り出し、先ほどから少し大きめの音量で聴いている。

アブラヴァネル(1903-1993)とユタ交響楽団によるこの全集は中々個性的だ。まずマルチマイク方式と思われる録音が異様なほどリアル。オンマイクでとらえられた各パートの音が明瞭に分離する。このパートがこんな音形を奏でていたのかという発見が随所にある。わずかな音程の狂いやアインザッツの不揃いもはっきりと聴き取れてしまう。そういう意味では、ソファに深く腰かけて、ゆったりと遠めに展開するオーケストラサウンドを聴くという感じではない。むしとその対極だ。これがアメリカ的といえばいえなくもない。アブラヴァネルの解釈も基本はオーソドクスだが、フレーズはやや短めに切り上げて歯切れがいいし、各パートの出入りをはっきりと提示する。

第2番ハ短調<小ロシア>は後期の4、5、6番やそれらに次ぐ人気の第1番<冬の日の幻想>などに比べるといまひとつパッとしない。演奏時間は35分と、楽曲としての規模もチャイコフスキーあるいは他の同時期の交響曲と比べると小さい。ウクライナの旧称あるいは蔑称としての<小ロシア>の名が付いているように、第1楽章冒頭のホルンソロをはじめ、楽曲の主要主題にウクライナ民謡が使われている。少々盛り込みすぎで散漫な感を否めないが、アブラヴァネルの速めのテンポと粘らない解釈で案外気持ちよく聴ける。この第2番ほか他の曲も、チャイコフスキーの「最初の1枚」としては必ずしもお薦めしないが、すでに幾多の演奏でチャイコフスキーの交響曲のイメージが出来上がっている向きには、面白く聴ける演奏だと思う。


この盤、アブラヴァネル&ユタ響の音源。


レナード・スラトキンとデトロイト交響楽団による演奏。これはいい演奏だ。冒頭のホルンソロそして木管群のソロもうまい。以降もスラトキンの巧みなコントロールとそれに応えるオケのうまさが光る。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ドヴォルザーク 交響曲第6番ニ長調



寒さ戻る。北風強し。今週末は関東平野部でも降雪の予報だ。
きょうは午後から霞ヶ関で仕事。行き先の部門は何でもバブル期に建てた庁舎の大改修とやらで、年明けから少し離れた民間の真新しい高層ビルを仮庁舎として業務を開始した。仮庁舎とはいえ、これから数年間の業務拠点になるそうだ。役所での業務はつつがなく終了。その後の残務も滞りなく完了し、帰途についた。
さて、ひと息ついて夜更けの一枚。今週末土曜日に群馬交響楽団の定期演奏会があって、プログラムがオール・ドヴォルザークだったことを思い出し、こんな盤を取り出した。


201702_MYOUG_WHUN_AD.jpg


チョン・ミョンフンとウィーン・フィルによるドヴォルザークの交響曲第6番と第8番を収めた盤。1999年ムジークフェラインでのセッション録音。手持ちの盤は発売まもなくの頃たまたま見かけて手にした輸入盤。今夜は第6番を選んでプレイボタンを押した。
ドヴォルザークの交響曲といえば第9番<新世界>、第8番が人気のツートップ。そのあと少し間があいて第7番。そしてようやく第6番が続くだろうか。ぼくはたまたま40年前に学生時代から6番、7番を当時FMエアチェックしたカセットで好んで聴いていたこともあって、6番も他の曲に等しいくらいに好きな曲だった。
第7番同様、ブラームスの影響を受けたといわれる第6番だが、ニ短調の第7番と比べ、ニ長調の第6番は全編明るい雰囲気をもち、ブラームスでいえば第2番ニ長調に通じるところがある。第1楽章は冒頭から穏やかで親しみやすいフレーズが続き、誰しも引きつけられる。第2主題はぐっと情緒的になって、この曲を単調な明るさだけにしていない。第2楽章は木管の主題に続き弦楽群が美しく歌う。ときおり遠くから聴こえてくるホルン、木管群と弦楽群掛け合いなど、次々と曲想が変わり飽きさせない。第3楽章はいかにもドヴォルザークらしいフリアントによるスケルツォ楽章。お馴染みの快速調<2+2+2+3+3>のリズムが華やかに踊る。終楽章はソナタ形式をとり、二つの主題も明確に提示される。出だしはまさにブラームスの第2番を彷彿とさせる。管弦楽は効果的によく鳴るが、民族調のズンドコ節にはならず、最後まで格調を保ち大団円となる。

チョン・ミョンフン&ウィーン・フィルによるドヴォルザーク交響曲の全曲録音へ発展するとのうわさもあったようだが、結局その後の新録音はないようだ。ムジークフェラインでのセッション録音ということもあって、全編美しいウィーンフィルサウンドにあふれる。チョン・ミョンフンがライヴパフォーマンスで時折みせる熱いドライブは控えめで、すべての音は常に整然としていて、演奏の格調はすこぶる高く、好ましい。


この盤の音源。


スウィトナー&SKBによる第3楽章。


イギリスの指揮者シャーン・エドワーズとベルリン・ドイツ交響楽団による全曲。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

モーツァルト <ハフナー>交響曲



今朝の当地の気温は氷点下4度まで下がった。大寒を過ぎ、立春までのあと二週間ほどが寒さのピーク。そちこちからインフルエンザの報も。去年は季節終わりの三月になって帯状疱疹とインフルエンザのダブルパンチに見舞われたっけ…用心用心。 さて、久々に純クラシック音盤タイム。ふと思い出してこんな盤を取り出した。


201701_WAM_Sym35.jpg  201701_WAM_Sym35_2.jpg


アラカン以上のオールドファンには懐かしいジャケット。1970年前後にコロンビアから出た廉価盤シリーズの1枚。40番ト短調と35番ニ長調<ハフナー>が収録されている。この盤以外にはまったく聞いたことのないジャン=ルイ・ジュベール指揮ハイデルベルク室内管弦楽団の演奏(オリジナルは独SASTRUPHONのこれのようだ)。だいぶ前に一度記事にしているので再掲しておく。
実はこの盤、1970年高校1年のぼくがクラシックのレコードとして買った初めての盤だ。以来40年余、学生時代の下宿やら勤め出してから何度かの転居先を転々としながらも散逸せずに今も手元にある。おそらく当時、40番を聴きたくてレコード屋に行き、千円盤(1970年当時、高校生のバイト代が一日千円だった)のコーナーから選んだのがこの盤だったに違いない。まだ演奏家を選ぶほどの知識も耳もなかったし、田舎のレコード屋にそれほど選択肢はなかった。

久々に針を下ろし<ハフナー>交響曲を聴く。この時代の分厚い盤質のおかげか、音は当時の鮮度を保っていてノイズも感じない。演奏はよく整っていて真面目な姿勢を感じる。著名な団体ではないがドイツの堅実な合奏団に違いない。もっと流麗に歌う演奏、ダイナミックに切り込む演奏、魅力ある音色の演奏、いろいろあるだろうが、この盤の演奏はドイツの地方オーケストラのごく日常的な演奏という感じで過不足ない。欲を言えば<ハフナー>の性格上、もう少し華やかであってもいいところだが、小編成ながら音に十分厚みもあるし、アンサンブルもしっかりしている。 指揮者のジャン=ルイ・ジュベールについて何も知らないが名前からしてフランス人だろう。そのためか、音楽が重くモッサリするところがない。録音も残響は少なめだがバランスよく録れていて申し分なく、40年前の盤というのが我ながら信じられないほどフレッシュな音だ。


第4楽章のファゴットパートをさらうお兄さん。


小澤&水戸室内管(豪華なメンバー!潮田益子、安芸晶子、工藤重典、チェロには宮田大も)による演奏。第3・4楽章。上のファゴットが登場するのは第4楽章冒頭、4分33秒過ぎあたりからだ。よほど注意していないとファゴット奏者の努力は分からない。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

チェリビダッケ&MPO シューマン交響曲第3番<ライン>


三が日も明けて、きょうは仕事始め。休み明けだし、ぼちぼちイコか…と思っていたのだが、年度末までの計画を眺めつつ、そうそうのん気に出来ないなあと、柄にもなく朝からフル稼働。気付けば夕方まで一心不乱に(ウソです)業務に精励し、定時に退勤となった。 帰宅後ひと息ついて本年初の音盤タイム。さて何を聴こうかとしばし熟考。ふと思いついて、こんな盤を取り出した。


201701_Celibidache_Schuman.jpg


シューマンの交響曲第3番変ホ長調<ライン>。この曲を新年の初めに聴こうと思い立ったのは、第1楽章冒頭の開始の雰囲気が何となく新年の幕開けに相応しく感じたからだ。序奏を伴わずに一気にガツンと立ち上がる主題が何とも躍動感にあふれている。シューマンには<春>と題された第1番の交響曲があって、その冒頭ざわざわとうごめきながら始まる<春>は確かに春の一面を表している。しかし日本人的感覚の新年の幕開けにはライン交響曲の冒頭の方がピタリとくるように感じるがどうだろう。

四曲あるシューマンの交響曲はいずれも好きな曲で、コンヴィチュニー、サヴァリッシュ、クーベリック(二度目のバイエルン放響との録音)、クレンペラー、セルなどが全集としてあるし、個別にもテンシュテット、フルトヴェングラー、カラヤンなど、やはり独墺系の指揮者を中心に何枚かある。そんな中から今夜はチェリビダッケの3番を取り出した。もう十年以上前になるが晩年のミュンヘンフィルとの一連のライヴ録音がEMIから出たときの一枚。1988年の録音。カップリングは同じくシューマンの四番。

この曲は第一楽章冒頭の音でかなり印象が決まる。ズワーンといくか、パーンといくか。オーケストラ音楽愛好家ならこのアインザッツの違いとイメージはすぐにわかってもらえるだろう。チェリビダッケはズワーン、かつかなりソフトに始まる。以降もゆったりとしたテンポと深く暗めの音色でジワジワと音楽を進め、第一楽章展開部での寄せては返す緊張と解決、コントラバスの意味ありげな動きなど、ドイツロマン派の本流を好む向きにはたまらない展開となる。テンポを遅くとりながら緊張感と充実した響きを維持するのはオケのメンバーにとっては大変な負荷がかかる。この曲に限らず、チェリビダッケのテンポ設定と張り詰めた音響は、オケの団員が信頼と尊敬をもって彼に応じている何よりの証拠だ。第二楽章以降も音楽は常に悠揚迫らず、美しくかつスケール大きく進む。カップリングされている四番同様、他に類のない名演だ。


デンマーク放送交響楽団と2004年から首席指揮者を務めたトーマス・ダウスゴーによる演奏。ワインヤード型の素晴らしいコンサートホールは放送局に隣接して2009年オープンしたとのこと。速めのテンポ、若々しく躍動感にあふれる演奏。ヘミオラを駆使したリズミックな推進力と横へ流れるレガートなフレーズの交錯が続く第1楽章。冒頭のトゥッティもいいが、3分20秒過ぎから展開部に入り、3分35秒過ぎ辺りから低弦群のうごめきと呼応する木管やヴァイオリン群によって次第に盛り上がるところなど、何度聴いてもぞくぞくとくる。この緊張は6分00秒のホルンの出まで続く。


取り上げたチェリビダッケの盤の第3番全楽章。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

マーラー交響曲第1番ニ長調<巨人>


今年最後の週明け月曜日。寒さもひとしお。ついこのあいだ秋めいたと思ったのに、今年も終わりかぁ…と、つぶやきつつ帰宅。いつも通りの日常。熱めの風呂で温まって、さて一服。きのうブロムシュテットの記事を書きながらYOUTUBEを覗いていたとき、そのブロムシュテットのマーラー第1番をみつけ、そういえばしばらく聴いていないなあ<巨人>…と思い立ったのがきっかけで、こんな盤を取り出した。


201612_barbirolli.jpg  201612_Barbirolli_Mahler_1.jpg


サー・ジョン・バルビローリ指揮ハレ管弦楽団によるマーラーの交響曲第1番ニ長調<巨人>。1957年録音。手持ちの盤は1977年にテイチクから出ていた<バルビローリ1500名演集>と称するPYE原盤のシリーズ。ジャケット裏の隅に1978年1月5日購入と書いてあるから、学生時代最後の正月に手に入れたことになる。帯裏の記載によると、シベリウス、ドヴォルザーク、ディーリアス、ニールセン、チャイコフスキー、エルガーなど、中々多彩な15枚がリリースされている。手元にはこのマーラーとドヴォルザークの第7番がある。

当時バルビローリ(1899-1970)がシェフを務めていたハレ管弦楽団との一連のPYEレーベル録音は、バルビローリの個性が、のちのEMI録音以上に色濃く出ていて興味深い。このマーラー第1番も、一見<サー>の名に恥じない英国紳士然としたバルビローリの内に潜むラテンの血がときおり表出する。第1楽章は冒頭から中盤まで地味に過ぎるのではと思うほど控え目に進行するが、終盤の盛り上がりでは、それまでの沈静を一気に打ち破るように爆発する。第2楽章のスケルツォはやや遅めのテンポで入り、トリオでは弦楽群がはばかることなくポルタメントを駆使して歌う。終楽章でもいくつかある楽曲のピークで打ち鳴らされる打楽器群の強打などは、尋常ならざる形相だ。また近年、コーダではホルンセクションが起立してコラールを奏することが多いが、これはバルビローリのパテントといわれている。こうして並べると、こけおどし的な演出ばかりのように聞こえるかもしれないが、全体としてテンポは中庸、カンタービレも品性を保ちつつ進む。決して音楽の品格を失うことがない。このあたりがバルビローリの素晴らしいところだろう。

この演奏はこの曲の最初のステレオ録音らしいが、ややマイナーなPYEレーベル、そしてオケもロンドンのオケと比べると格下と評されても仕方ないところ。音質自体もときに作為的なところや、左右の定位が不安定になるなどイマイチの感は免れないが、バルビローリの個性と、それに応えるハレ管の健闘を良しとして聴く盤だろう。


この盤の音源。CDからのものと思うが、左右定位がときおり不安定になるのはLP盤と同様だ。
第1楽章は冒頭から抑え気味に進むが、後半11分30秒過ぎから一気に爆発。第2楽章スケルツォのトリオ(17分36秒から)では弦楽群が甘美に歌う。終楽章の大団円は49分から。


冒頭に記した、来年90歳となるブロムシュテットの健在ぶりを伝える演奏。デンマーク放響とのマーラー第1番@2016年。終楽章コーダ:52分11秒ホルンセクション起立!



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)