ケンブリッジ・バスカーズ



週末にかけて大荒れ予報の天気だが、きょうは昼過ぎから晴れ間がのぞいた。
ここ数週間引っ掛かっていた飛び込み案件が本日収束。これで万事一件落着ならいいのだが、飛び込み案件に手を焼いているあいだに、元々の計画業務が遅れ気味となり、あすからはそのリカバリーが必要だ。とはいえ、ひとやま越えてまずは休心。ホッとひと息リスニングタイム。音盤棚を眺めていたらこんな盤を見つけて取り出した。これもだいぶ前に一度記事にしていたので再掲しておく。


ケンブリッジ・バスカーズ  ケンブリッジ・バスカーズ


ケンブリッジ・バスカーズ。1970年代後半から80年代にかけて笛とアコーディオンの大道芸的演奏パフォーマンスのデュオとして人気を博した。久しく関心から離れていたら80年代後半にメンバーチャンジがあって、名前もクラシック・バスカーズと変わっていた。写真のLPはもちろん以前のコンビによるもので1983年の録音。クラシックの名曲、それも大管弦楽であろうが何であろうが、笛とアコーディオンでやっつけてしまう。参考までに収録曲をあげておこう。

01. 1812年序曲(チャイコフスキー)
02.セビリアの理髪師(ロッシーニ)
03.ジュピター交響曲(モーツァルト)
04.新世界交響曲(ドヴォルザーク)
05.未完成交響曲(シューベルト)
06.交響曲第4番(マーラー)
07.軽騎兵序曲(スッペ)
08.春の祭典(ストランヴィンスキー)
09. 古典交響曲(プロコフィエフ)
10.カリレア(シベリウス)
11.ヴァイオリン協奏曲(メンデルスゾーン)
12.チューニング
13.交響曲第1番-第9番(ベートーヴェン)
14.ツァラトゥストラはかく語りき(R.シュトラウス)
15.威風堂々(エルガー)
16.ペール・ギュトン(グリーグ)
17.セレナーデ(ハイドン)
18.鱒(シューベルト)
19. なき女王のためのパヴァーヌ(ラヴェル)
20.”アコーディオン”協奏曲第1番(チャイコフスキー)
21.大学祝典序曲(ブラームス)

1時間ちょっとの間にこれら21曲が演奏される。ベートーヴェンの9曲の交響曲をつなげてあっという間に聴かせる妙、メンデルスゾーンでの超絶技巧、春の祭典での意外な迫真感、まさにエンターテイメントの花咲くひとときだ。物まね、声帯模写のたぐいと同様、このデュオを楽しむには元ネタを熟知しておく方がよい。そうでないと彼らの仕掛けの半分も気付かずに終わってしまうだろう。例えばベートーヴェンの全交響曲9曲をつなげるとっても、元の曲を知っているのと知らないのとでは、笑うにしても腹のかかえ方が違うというものだ。この手のパフォーマンスは、古くはモンティ・パイソンやミスター・ビーンなどに通じる英国流のユーモア、ナンセンス、ギャグの系譜だろう。音楽でも1950年代からホフナング音楽祭なる抱腹絶倒のイベントがあった。フックド・オン・クラシックの元祖だ。

このクラシック・バスカーズ、ネットでみると近年も活動を続けている様子。しかし現役のアルバムは少なく、この盤もプレミアムが付いていて驚いた。最近はこの手の健全なユーモアは人気もなく、売れないのだろうか。


無茶にもほどがあるというワグナー;ワルキューレだが、原曲を知る者には抱腹絶倒だ。しかし、どうみてもミスター・ビーンのノリである。


1987年。来日公演の様子。
最高傑作はこの盤にも収録されているベートーヴェン交響曲全曲。28分50秒から35秒間のお楽しみ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

スジガネ入りのリスナーが選ぶ <クラシック名盤この1枚>



先日の記事に書いた、石原俊著『音楽がもっと楽しくなるオーディオ粋道入門』同様、この十年間、折に触れ見返している本がある。『スジガネ入りのリスナーが選ぶ<クラシック名盤この1枚>』(光文社・知恵の森文庫2003年刊)


DSCN4052 (560x560)  DSCN4048 (560x560)


あまたある名曲案内のたぐいの中にあって、この本は中々ユニークな一冊だ。多くの案内本は、音楽評論家やその道のコアな達人の手になるもので、その書き手の意向と嗜好で曲が選ばれ、その曲を収録したディスクのお薦めの1枚が紹介される。オーディオ評論やレヴュー同様、時としてそれらの記述は、音楽レーベル会社の提灯記事になることもある。あるいはプロモーターが売り出し中のアーティストの盤が優先的に◎評価されることもあるだろう。これはクラシックばかりではなくすべての音楽ジャンルに共通した傾向だ。その点、この本は決定的に異なる。

音盤を推薦する記事を書いているのは、プロの演奏家、制作者、評論家ばかりでなく、ジャーナリスト、アマチュア音楽家、大手メーカー役員、教員、銀行マン、普通の会社とバラエティーに富む。共通しているのは只一点、音楽が好きで好きで仕方がない連中ということだ。記述内容も、その音盤との出会いを思い出話のように懐かしく語るものあり、その盤の演奏のどこが素晴らしいかを分析的に語るものあり、あるいはその盤の演奏によっていかに慰められ勇気付けられたかを語るものありと様々だ。そのいずれもが誰から頼まれたものでもなく、提灯を持たされたわけでもなく、兎にも角にもその盤が自分にとっていかにかけがいのない1枚かと熱っぽく綴っている。

従って、当然ながらその内容は時にマニアックで、ごく有り体の案内本を期待する向きには、濃すぎる内容もあるだろう。それでもこの文庫は、先んじて単行本で出たものを大幅に書き改めて、というと聞こえはいいが、実態としてはマニア度を薄めて(手心を加えて)出来たとのこと。長年に渡る愛好の結果のマニアであるから、執筆者の年齢は総じて高く、紹介されている音盤には現在では入手困難な古い盤も少なくない。それをもって、案内本の資格無しというなかれ。人を感動させる演奏は、日進月歩ばかりではないことの証明でもある。ぼく自身、この本で知り、出会った何枚かの盤があって、そのいずれをも、この十年間実によく聴いたものだ。発売直後の2003年に手に入れ、数多くの出張を共にしたため、背表紙もはずれかかっているが、同じページを何度読んでも、その時々で興味深く、今もときどき見返している。


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

私家版 作曲家年表2014年版


2年ほど前に作って一度公開した作曲家年表(のようなもの)を少しアップデートした。FC2ブログではPDF形式をアップできないので、仕方なくJPEGでのせることにした。A3版でプリントアウトすれば日常的に使えるだろうか。一般家庭ではA3版プリントは難しいだろうから、コンビニ受け取りのネットプリントの利用が便利かと思う。

  こちらからどうぞ ⇒⇒⇒ ◆私家版 作曲家年表◆

日頃接しているクラシックギターやマンドリン音楽の愛好家が、そのベースとなっているクラシック音楽全般の潮流に無頓着であるのを見るに見かねて作った…というと生意気なようだが、実のところはぼく自身も一度確認しておきたかったというのが本音だ。
ごく私的な確認目的に作ったもので、それ以上の価値もない。思いつくまま作曲家の名前を思い浮かべてリストアップし、wikipediaで生没年を調べて書き加えただけの安直なもの。思わぬ大家の抜けがあるかもしれない。表中の矢印は、特にクラシックギターやマンドリン(ここでは19世紀末からのものに限定)音楽への影響を示したもの。異論があることは承知だが、一つの目安にはなるだろう。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ウィーンのシュランメル音楽


きのう土曜は野暮用あって午後から外出。出先で夕飯を済ませて帰宅後またもソファで爆睡してしまった。せっかくの週末の晩を何もせずに惰眠をむさぼり後悔しきり。気を取り直して熱いお茶を入れて一服し、何か夜明けどきに相応しい音盤はないかと探して、こんな盤を取り出した。


R0012563 (480x480)  Rudolf_Krziwanek_-_Schrammel-Quartett.jpg


19世紀後半にウィーンで流行ったシュランメル音楽のCD。シュランメルについてはこちらの解説をみていただくのが手っ取り早いが、音楽そのものは多くの日本人にも耳に馴染みがあるはずだ。新年のニューイヤーコンサートで演奏されるウィーナワルツがオーケストラによる表舞台の音楽とすれば、シュランメル音楽は小規模アンサンブルによって演奏され、カフェや酒場でウィーンの市井の人々に愛された音楽だ。曲目は仔細に紹介する必要のない盤だと思うが、シュランメル音楽という名の元になったシュランメル兄弟の作品を中心に、ときに楽しくときに哀愁に満ちた曲が並んでいる。
ウィーンと言えばクラシック音楽ファンなら一度は訪れたい街の一つだ。四半世紀も前のことになるが、ぼくも一度ウィーンに遊びに行ったことがある。ムジークフェラインではウィーン交響楽団を2回聴き、国立歌劇場ではヴェルディのシモン・ボッカネグラを観た。何度が入ったカフェではこの盤のようなシュランメル音楽やシュトラウスのワルツなどを情緒たっぷりに演奏していたのを思い出す。同時のそうしたウィーン風の音楽や街の様子に、東ヨーロッパやジプシー民族の雰囲気を色濃く感じた。ウィーンの街で、ヴァイオリン2、G管クラリネット(またはアコーディオン)、バス弦付きギターという昔ながらの編成で、今でも広く親しまれているシュランメルの音楽にはそうした雰囲気がダイレクトに感じられる。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ダラダラと日曜好日


引き続き冬型の気圧配置で当地北関東は冬晴れの寒い週末。きょう日曜日、午前中はちょいと野暮用。午後は3時過ぎから先日買った本を拾い読みしながらダラダラと音楽を聴いたり、少しばかりギターを練習したりして夕飯の時間まで過ごした。ギターはモレノ・トローバの美しい小品「マドローニョス」を。以前から時折楽譜を広げているが、いつも真剣に練習しないので相変わらず暗譜も出来ていない。


RIMG0033.jpg  RIMG0037.jpg


きょう聴いた音盤は写真の通り。

RIMG0008.jpg  anne_queffelec.jpg


アルバン・ベルクとストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲。1978年の録音でパールマンと小澤征爾の競演盤だ。ベルクのこのヴァイオリン協奏曲は1935年の作品で、二十歳で亡くなった知人の娘さんを悼んで書いた曲だが、図らずもこの曲を書いてから四ヶ月後にベルク自身も敗血症で亡くなった。曲は12音技巧によるものだが、バッハのカンタータの一節やオーストリアの民謡がモチーフに使われていて、どこか調性を感じさせる静けさとロマンティシズムを持っている。ストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲は新古典主義を標榜した頃の作品。変化に富む曲想で終始闊達に曲が動き、楽しめる。ベルクとストラヴィンスキーで日頃聴きなれた19世紀以来の古典音楽が普段刺激しない脳内辺境部分がリフレッシュされた気分だ。
その他にアンヌ・ケフェレックの弾くラヴェルの協奏曲(ト長調と「左手」)。70年代半ば可愛いパリジェンヌのケフェレックは大そう人気があった。今も健在。次いで、有名な「スペイン」のオリジナルが入っているチック・コリアとリターン・フォー・エヴァーの名盤「ライト・アズ・ア・フェザー」。そして昭和の歌謡曲とまだJPOPと呼ばれる以前のポップスのドーナッツ盤を何枚か。…というわけで、12音から昭和歌謡まで充実の音盤アワーの昼下がりだった。さて明日は月曜。仕事納めまで残すところ十日。気合入れて頑張りましょうかね。


バッハの美しいBWV639を弾く最近のケフェレックの演奏があったので貼っておく。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

2011年聴き初め バッハ BWV1番 カンタータ第1番 


◆謹賀新年◆
このブログをご覧いただいている(数少ない)みなさん、あけましておめでとうございます。昨年10月開設のこのブログ、年をあらためて引き続き鋭意更新継続してまいります。どうぞよろしく。

さて、昨夜の大晦日は、臨界寸前のメタボな我がボディに追い討ちかけるかのようにたらふく食べ、その後自室のソファで爆睡。気付けば年が明けていたという、相変わらずの体たらくな日々を予感させるスタート。まあ、こんな時間に目覚めたついでといっては新年からナンだが、今年最初の音盤を聴くことにしようか。年のスタートにあたりナンバー1の曲はどうだろうかと、選んだのはバッハの作品番号BWVの第1番だ。


バッハ全集 ブリリアント盤 全155枚のセット


ご覧の写真はお馴染みのクラシックの激安ブランド;ブリリアント社のバッハ全集。最初にリリースれたのはかれこれ10年近く前。ぼくも当初の盤を入手したものの、わけあって隣り町でギター指導をされているA先生宅へ嫁入り(婿入り?)。その後やはり持っておこうかと再購入した。このセットは紙ジャケット仕様となって、以前のプラケース版に比べて大幅にダイエットされている。最近のものはバッハの全楽譜のPDFが納められたCDROM付という念の入れようだ。

さて、バッハの作品番号BWVは1900年にまとめられた、いわゆる旧バッハ全集に従ってカテゴリごとに番号がふられている。BWV1から231までがカンタータとモテトに割り当てられている。従ってBWV1番がバッハの最初の作品というわけではない。BWV1番カンタータ第1番「暁の星はいと美しきかな」は6つの曲からなる教会カンタータ。第1曲はヴァイオリンとホルンにのせて歌われる明るく躍動的なコラール。8分の12拍子、受胎告知を示すパストラーレのリズムで進む。この盤、ネザーランド・バッハ・コレギウムの演奏ではバロックバイオリンとナチュラルホルンが使われていて素朴な響きが楽しめる。第3曲ソプラノ(Marjon Strijk)が歌うアリアでは、オーボエのオブリガートが美しい。聴きなれたオーボエとは違った渋い音色はバッハ時代に使われたオーボエ・ダ・カッチャだ。終曲の第6曲は、イエスの降誕を祈る美しいコラールで締めくくられる。

今更ながらの話だが、バッハの曲の大半は教会音楽だ。ぼくのようなギター弾きや一般のクラシックファンは彼の器楽曲に接する機会が多いが、こうしてカンタータなど聴くと、美しく深いバッハの音楽の森を存分に楽しめる。BWV1番は年の初めに相応しい、穏やかで明るいカンタータだ。今年もよい年でありますように。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

今年の10枚


今夜もNHK-FMのバイロイト特集を聴きながらPCに向かっている。今夜はパルジファルだ。重厚で息の長いフレーズ、ゆっくりと時間をかけたクレッシェンド、ボリュームを絞り気味にしたステレオから深く静かで巨大なワグナーの世界が広がる。

さて今年の10枚…
年末なので、テレビの企画よろしく、今年聴いたベスト10を選んでみようと思ってこんな記事のタイトルを付けてみたのだが、さて音盤の棚を見回してみて実は驚いた。10枚が選べないのだ。選択に迷うのではなく、よく聴いたなあというアルバムが見当たらない。へヴィーローテーションの少ない1年だったというのが正直なところだ。そんな中、明らかに複数回聴いた記憶のある盤を選んだ結果が以下の通りだ。新譜でもないし、購入してから年月を経ているものもある。単に今年比較的よく聴いた盤、といったほどのものであることを最初にお断りしておこう。


今年よく聴いた10枚


<1> ブラームス;間奏曲集 グールド(pf)
<2> ショパン;4つのバラード他 ツィマーマン(pf)
<3> バッハ;パルティータ第2番ほか ペライア(pf)
<4> ハイドン;交響曲全集 フィシャー指揮オーストリアハンガリアンハイドン管弦楽団
<5> 「バトゥカーダ-ジャズボッサ」 平賀マリカ(vo)
<6> 「スウィングの空の下で」 アンジェロ・ドゥバール(g)
<7> 「ブラッサム・ディアリ」 ブラッサム・ディアリ(vo)
<8> 「オータムインニューヨーク」 タル・ファーロウ(g)
<9> ブルックナー交響曲第8番 チェリビダッケ指揮ミュンヘンフィル
<10> ピアソラ;フルートとギターのための作品集


<1> ブラームス;間奏曲集 グールド(pf)
今年、NHK教育テレビで坂本龍一が紹介してにわかに注目された盤だ。若きグールドがブラームスの静かな世界を素晴らしく克明に描き出している名盤。仕事に疲れた深夜によく聴いた。

<2> ショパン;4つのバラード他 ツィマーマン(pf)
ツィマーマンのショパンについては以前このブログでも書いた。いわゆるショパン名曲集のたぐいとは別世界のショパンを聴かせてくれる。<1>同様、深夜によく聴いた。

<3> バッハ;パルティータ第2番ほか ペライア(pf)
以前紹介したアルバム。ペライアのバッハは音色が美しく表現も中庸で、いずれも現代のリファレンスとして安心して聴ける。

<4> ハイドン;交響曲全集 フィシャー指揮オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
ハイドンの交響曲全104曲33枚のボックスセット。数年前に入手してポツリポツリと聴いていたが、今年は少しまとめて聴いた。ハイドンの交響曲は初期のものでも古典的な構成感と躍動が素晴らしく、どれを聴いても、いつ聴いても楽しい。

<5> 「バトゥカーダ-ジャズボッサ」 平賀マリカ(vo)
人気の平賀マリカが歌う、ボサノバアルバム。半ば「ジャケ買い」の1枚ではあったが、歌も演奏も楽しめた。彼女についてはこちらを

<6> 「スウィングの空の下で」 アンジェロ・ドゥバール(g)
ジャンゴ・ラインハルトのこと以前書いたが、その系譜を受け継ぐのマヌッシュギターの一人者。競演するルドヴィク・ベイエのアコーディオンも素晴らしく、ご機嫌なスウィングと哀愁あふれる歌が楽しめる、いいアルバムだ。

<7> 「ブラッサム・ディアリ」 ブラッサム・ディアリ(vo)
この盤についても、ブログ開設直後の記事に書いた。今年後半もっともよく聴いたアルバムかもしれない。

<8> 「オータムインニューヨーク」 タル・ファーロウ(g)
白人ジャズギタリストのタル・ファーロウは、ぼくの好きなジャズギタリストの一人だ。抜群のテクニックとよどみなく繰り出されるアドリブフレーズは何度聴いても飽きない。

<9> ブルックナー交響曲第8番 チェリビダッケ指揮ミュンヘンフィル
1990年チェリビダッケ晩年の来日公演のライブ。80年代後半以降一連の来日公演ライブのアルバムは賛否あるようだが、ぼくはいずれも素晴らしいと思う。チェリビダッケの作り出す音響バランスと、曲の隅々にまで行き届いた眼力に感服だ。

<10> ピアソラ;フルートとギターのための作品集
フルートとギターのための作品「タンゴの歴史」とお目当てで入手したナクソス盤。ボーデル1900、カフェ1930、ナイトクラブ1960、コンサート現在、いずれも哀愁と機知にあふれていて美しい曲。


最初に書いた通り、今年はあまりレコードもCDも聴かなかった。あるいはこれは長期的傾向で、だんだん音盤を聴く時間も少なくなっているようにも感じる。棚に収まったまま陽の目をみない盤も多い。だったらいっそ整理して、お気に入りの100枚だけを残してスッキリ片付けたいとも思う。昔は棚にぎっしりと並んだレコードコレクションが憧れだったが、もうそういう気分でもなくなってきた。単に年をとったということだろうか。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)