モーツァルト<魔笛>



きょうの関東地方は朝からムッとする熱気。きのうに続き、各地で真夏日を記録した。天気予想では台風3号が接近中とか。いよいよ梅雨も後半に入って本気モードか…。 さてさて、七月もスタートし、本日もけな気に業務に精励。8時少し前に帰宅した。ひと息ついてエアコンオン。部屋も程々に涼しくなったところで音盤タイム。このところの声楽物の流れで、こんな盤を取り出した。


DSCN5937 (560x560)


モーツァルトの歌劇<魔笛>全曲盤。オットマール・スウィトナー指揮ドレスデン国立歌劇場管弦楽団による1970年のセッション録音。手持ちの盤は写真のジャケット帯でも分かるように、昭和55年1980年の来日を記念して出たLP三枚組のセット。就職して三年目、給料日には勇んでレコード屋に向かっていた頃に手に入れた。手元にある数少ないオペラ全曲盤の一つだ。主なキャストは以下の通り。

 ザラストロ:テオ・アダム
 タミーノ:ペーター・シュライアー
 夜の女王:シルヴィア・ゲスティ
 パミーナ:ヘレン・ドナート
 パパゲーノ:ギュンター・ライプ
 パパゲーナ:レナータ・ホフ

このレコードを買ってきてターンテーブルにのせて音を出したときのことをはっきりと覚えている。当時すでにN響に度々来演していたスウィトナーのことは知っていたし、モーツァルトの交響曲録音を何枚か持ってはいたが、彼に対するイメージは決してよくなく、ちょっと地味な東独の指揮者…くらいの印象しかなかった。あまり期待もせずにこの盤を手に入れたと記憶しているが、針を降ろして出てきた音に驚いた。 冒頭の序曲の素晴らしい管弦楽の響き。弦は柔らかく、管楽器はその弦楽とよくブレンドされ、一体的に響く。コントラバスの基音がしっかしと全体を支える完全なピラミッド型のバランス。そして、そうした響きが鈍重にならないようドライブするスウィトナーの運び…。序曲を聴いただけで完全にノックアウトされてしまった。

この盤は当時もそして今でも、スウィトナーの代表盤であると同時に<魔笛>の最良の演奏の一つとして評価が高い。実際、HMVのサイトでも絶賛のコメントが多い。オペラの配役をうんぬんするほどの眼力はないが、当時の東独オールスターズを配したキャストも文句なしで、特にテオ・アダムの深々としたバスが印象的だ。夜の女王は現代ならもっとドラマティックなアプローチを採るのかも知れないが、この盤で聴くシルヴィア・ゲスティの、夜の女王にしてはいささか楚々としている歌いっぷりも、スウィトナーの音楽全体の作りと調和していて悪くない。

きのうの記事にも書いた通り、言葉の壁があるオペラに関してはまったく手付かずのまま来てしまったが、そんな中で、この<魔笛>は何度も通して聴いて親しんだ。実際の舞台に接したことはないのだが、この盤を聴いていると、その音楽だけで十分に満たされるところもあって、その先に進んでいないのが現状だ。


この盤が来日記念盤となった1980年スウィトナー&ベルリン国立歌劇場来日時の舞台。第1幕。


ルチア・ポップが歌う<夜の女王のアリア> 過激な歌詞!


クラシックギター曲の定番、フェルナンド・ソルによる<魔笛>変奏曲の主題は、第1幕第17場<なんと素晴らしい鐘の響き>による。この音源では1分40秒あたりから始まる。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

カラヤンの<指環>抜粋盤



午前中、肌寒いかなと思っていたら一転。昼前後から一気に気温上昇し、久々の真夏日となった。
きのう同様、きょうも所在無く過ごす。夕方近くなって、夏の夕べのトワイライト音盤タイム。先日の記事の続きで、こんな盤を取り出した。


DSCN5933 (560x560)


ワグナー<ニーベルングの指環>の抜粋盤。カラヤン指揮ベルリンフィルハーモニーによる演奏。手持ちの盤は数年前に2枚組廉価盤で発売されたときのもので、1967~69年にかけて録音された<指環>四部作全曲盤から代表的な場面を集めて150分程にまとめられている。ワグネリアン諸氏からは、こんな抜粋盤でお茶を濁してブログ記事を書くなどもってのほか…と大ひんしゅくを買いそうだが、その点についてはまったくその通り。ひたすら頭を下げるしかない。

クラシック音楽を聴き出し、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスと時代を下りながら次第に大規模な曲、複雑な構成や和声の曲に興味が進むというのは、まあ順当な音盤愛好家のたどる道だ。その行き着く先、あるいは途中の分岐点で、ブルックナー派、マーラー派、ワグナー派、あるいはフランス近代派と分派するのも典型的な様相だ。ぼくも似たような道をたどったが、生来の与太郎気質ゆえか、どれかに徹底することなく、ちゃらんぽらんの道楽人生となった。ワグナーに関しては、学生時代にまず序曲・前奏曲といった管弦楽集に親しみ、その後楽劇全体にも興味をもつに至って、NHKFMで放送されるバイロイトのライヴ音源をせっせとカセットテープに録音した。しかし、いかんせん言葉の壁を前に登山口にたどり着いた程度で終わり、あとは山の大きさを仰ぎ見るだけとなって今に至っている。そんなわけで、いくつかの全曲盤を手元に置くようになった今も、結局は二十歳の頃のレベルから抜け出せず、この盤のような抜粋盤で聴いた気になっているわけだ。しかし、抜粋盤に取り上げられる箇所はさずがによく出来ていて、ぼくのような素人でも飽きることなく聴き通せるし、さらには、抜粋でこんなに素晴らしいのだから全曲はさぞや…と更なる探求への足がかりにもなる。

このカラヤン&BPOのダイジェストも中々よく出来ていて、四部作の聴きどころがコンパクトに収録されている。ちょっとワグナー気分…というときにはうってつけだ。特に<ワルキューレ>と<神々の黄昏>からの抜粋はいずれも昔から単独でも取り上げられることの多い<ヴォータンの別れ><魔の炎の音楽><ジークフリートの死と葬送行進曲><ブリュンヒルデの自己犠牲>といった場面が収められており、1時間で指環をという、なんちゃってワグネリアンに手頃な定食メニューになっている。
カラヤン&BPOによるワグナーの全曲録音は昔から賛否あるのだが、こうして聴くとさすがの出来栄え。ベルリンフィルの重厚かつやや暗めの音色と充実した歌手陣の堂々とした歌いっぷり、そして60年代DGの低重心な録音バランス等、非の打ち所がない。手元にある全曲盤としては、ベームのバイロイトライヴ1961年とショルティ&VPOのデッカ録音、ギュンター・ノイホルト指揮のカールスルーエ歌劇場でのライヴ盤があるが、ワグナーらしい物理的音響という点ではカラヤン&BPOが最もマッチしているように感じる。ベームのバイロイト盤はややデッドで乾いた音だし、ショルティ盤はデッカの録音ポリシーもあって、やや音色が明る過ぎるように感じる。ぼくはこれからまた指環の全曲盤をさらに増やすつもりはないが、もしこれからという輩は、カラヤン&BPOも有力候補かと思う。


カラヤン&BPOによる<ワルキューレ>の抜粋。ワルキューレの騎行は6分25分から。12分40秒からヴォータン(トーマス・ステュアート)の歌う<さらば、勇みある輝かしき子よ>(ヴォータンの別れ)続く<魔の炎の音楽>と佳境となる。


先日の記事で取り上げたクナッパーツブッシュ&VPOによる<ヴォータンの別れ>と<魔の炎の音楽>。この演奏の前には、カラヤンもショルティも顔色を失う。


テンシュテットとロンドンフィルによる1988年来日公演から<ジークフリートの死と葬送行進曲>。 5分50秒、誰か居眠りでもしていたのか、テンシュテットが靴を踏み鳴らし喝を入れる。渾身の力で応えるロンドンフィル。カラヤンが自らの後継者をして考えていただけのことはある素晴らしい演奏だ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

クナのワルキューレ第一幕



六月もきょうで終わり。梅雨はまだまだこれからが佳境だ。
この時期、夏が近付くと聴きたくなる音楽がいくつかある。ワグナーはその一つだ。


201706_Kna.jpg 201706_walkure_Kna.jpg


久しぶりにワルキューレ第一幕を収めたクナッパーツブッシュとウィーンフィルのレコードを取り出した。1957年録音のこの盤については多くが語りつくされているので説明は不要だろう。クナッパーツブッシュ(1888-1965)がこの録音に続けて指輪の全曲録音に進むはずだったが、残念ながらかなわず。その任はショルティに引き継がれた由。 ぼくがワグナーを聴き始めたのは学生の頃からだが、恥ずかしながら理解も知識もその頃からまったく進展してない。近年になってワグナーのアルバムも価格破壊で手軽に手に入るようになったが、かつては中々大変なことだった。クナッパーツブッシュのワグナー録音も随分いろいろなものが発掘されて出ているようだが、寡聞にして不案内。この盤やミュンヘンフィルとの管弦楽曲集を聴く程度だ。

この盤は四日間に渡って上演される長大な<指輪>の中のわずか一幕。ワグネリアンでもなんでもないド素人のぼくなどがワグナーの盤について語るのはまったく恥ずかしい限りだが、中々聴きどころがあって楽しめる。嵐の情景を描く序奏から、クナッパーツブッシュの構えの大きな音楽があふれてくる。第三場に入ってからのジークリンデとジークムントとの愛の歌、終盤での管弦楽による盛り上がり、いずれもクナッパーツブッシュのスケール感豊かな指揮振りとそれをややオンマイクでとらえたリアルな録音もまた秀逸だ。 <指輪>全曲に関しては、昨年手に入れたショルティ&VPO盤バイロイトでのライヴ録音集やカールスルーエ歌劇場でのライヴなど、聴くべきが盤が山積状態なのだが、その取り崩しもろくろく着手していない。


この録音をベースに対訳を付したもの。


このレコードと同じ組み合わせによる演奏会形式のライヴ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ラフマニノフ<ヴォカリーズ>



今週は週後半になってジワジワ気温上昇。きょうも真夏日寸前となった。一日同じように過ごしていても、気温が上がると、やはりエネルギー消耗も多いのか、いささか疲れて帰宅。ひと息ついて渋茶を一杯。 こんな夜は、美形のディーヴァに癒されようかと、とっておきの盤を取り出した。


201705_AnnnaMoffo.jpg


アンナ・モッフォ(1932-2006)がストコフスキー(1882-1977)指揮の管弦楽伴奏で歌っている有名な盤。1964年録音。収録曲は以下の通り。

・カントルーブ:<オーヴェルニュの歌>から
  アントゥエノ/羊飼いの乙女/泉の水/バイレロ/牧場を通っておいで/
  女房持ちはかわいそう/子守歌
・ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第5番:アリア/ダンツァ
・ラフマニノフ:ヴォカリーズop.34-14

<オーヴェルニュの歌>は20世紀初頭にダンディ門下のカントルーブがフランスオーヴェルニュ地方の民謡を採譜しクラシカルな手法で歌曲に仕立てたもの。いずれも同地方の風光を思わせる明るい曲想。春の宵にはちょうどいい響きだ。ヴィラ=ロボスとラフマニノフは毎度お馴染み。ストコフスキーの伴奏はもっとアクが強かったのでは思ったが、こうして聴くといずれの曲も控え目に伴奏を付けていて、さすが老練の技といったらいいだろうか。 ラフマニノフのヴォカリーズ、超好き~!などとアラカンおやじが叫ぶのは我ながらどうかと思うが、すっかり通俗名曲となったとはいえ、やはりいつ聴いても胸キュンものの名曲だ。通俗上等!ミーハー上等!
アンナ・モッフォは1935年生まれで、録音当時30代そこそこの頃。ハリウッドからも声がかかるほどの美貌も輝きのピークだったろう。このアルバムのジャケット写真のごとく、部屋のドアを開けて明かりをつけるとこんなゴージャスな女性が待っていたらどうしようかと、要らぬ妄想に心乱れる春の宵であります。


この盤の音源のラフマニノフ<ヴォカリーズ>


この曲はチェロでもしばしば演奏される。
ダニエル・シャフラン(1923-1997)…渋い!なんてカッコいいんだ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

東京コレギウム・ムジクム合唱団 第7回教会コンサート



◆◆◆ 当コンサートは諸事情により中止となりました ◆◆◆


先日、知人から演奏会の案内が届いた。
東京コレギウム・ムジクム合唱団の教会コンサートが来る4月23日(日)にあるという。知人からは「与太さん、俗にまみれた日常を純粋なるハーモニーで清めてみては?」とのお誘い。


201704_TCMC_0423_1.jpg 201704_TCMC_0423_2.jpg


東京コレギウム・ムジクム合唱団TCMCは、三十名ほどのメンバーからなるアマチュア合唱団。1975年に大阪ハイリッヒ・シュッツ室内合唱団を創立し、ルネサンスから現代音楽まで広く活躍して高い評価を受けている当間修一氏が主宰している。同氏による合唱講座に端を発して2010年に創立されたそうだ。 次第は以下の通り。ご都合つく方はぜひどうぞ。

日時:2017年04月23日(日)
開場:15:30/開演:16:00
会場:カトリック本郷教会
    (JR山手線/東京メトロ南北線 駒込駅下車 徒歩7分)
指揮:当間修一

<演奏曲目> (すべてアカペラ)
◇聖金曜日のためのエレミア哀歌 (T.L.de.Victoria)
◇ブルックナー モテット集より
  MOTETTEN:Ave Maria/Locus iste/Os justi/
  Christus factus est/Virga Jesse (A.Bruckner)
◇さくらももこの詩による無伴奏混声合唱曲集
  「ぜんぶ ここに」より (相澤直人)
◇混声合唱のための「方丈記」 (千原英喜)


合唱にはとんと縁なく、このプログラムで察しがつくのはブルックナーのモテトくらい。それもブルックナーのテデウムやミサ曲からの勝手な想像だ。エレミア哀歌もトマス・タリスの曲があることは承知しているが手元に音盤はなかったはずだ。ことほどさように、あらためて自分の音楽体験の偏狭さに気付く。案じた知人が貸してくれたCDを聴くと、まさに心洗われる響き。日頃ギターを相手に、平均律ベースにところどころ補正を加えてお茶を濁すチューニングで良しとしている耳に合唱のピュアなトーンは新鮮だ。


相澤直人作曲:さくらももこの詩による無伴奏混声合唱曲集「ぜんぶ ここに」より<ぜんぶ>


千原英喜/「方丈記」よりIII.夜もすがら。歌詞は鴨長明の方丈記そのもの。
TCMC指導者の当間修一率いる大阪ハインリッヒ・シュッツ室内合唱団。


ブルックナーのモテトから6曲が歌われている。7声を基本に書かれているようだ。彼の交響曲の分厚い響きと異なるところ、共通するところ、双方を感じ取れる。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

勧進帳



突然だが、勧進帳。
歌舞伎や邦楽には70年代初頭の高校時代から何となく興味があって、土曜の昼下がりNHKテレビの歌舞伎中継は欠かさず観ていた。近年とんとご無沙汰だが、若い頃には田舎の当地から都内の劇場へもよく出向いた。NHKホールやサントリーホールでコンサートを聴いた回数よりは、歌舞伎座や国立で歌舞伎を観た回数の方が多いかもしれない。団十郎も勘三郎、幸四郎も前の名前の時代だった。このブログのタイトルが歌舞伎の外題からヒントを得ていることは以前幾度も書いた。


201702_Kanjincho.jpg  201702_Kabuki.jpg


今は様々な映像ソフトも出ているようだが、かつて邦楽のソースというと、踊りのお稽古用レコードくらいしかなかった。手元にも10インチ盤のその手の盤が何枚かある。芝居の名場面集なるレコードもあって学生時代によく聴いた。どちらかというと芝居や演技よりは、やはり合奏音楽としての長唄連中の唄や三味線、あるいは下座の音楽を聴くのが楽しみだった。そんなことを思い出しつつ、今夜は勧進帳のCDを聴いている。音源は少し古く1960年の録音。八代目幸四郎の弁慶、七代目梅幸の義経、十七代目勘三郎の富樫、今の幹部連中の先代や先々代の声が聴ける。亡くなった勘三郎が子役(勘九朗時代)として太刀持ちを演じている。勧進帳はストーリーも分かりやすく音楽も踊りも魅力的だ。長唄の聴きどころも多く、有名な<滝流し>のくだりは、いつ聴いてもスリリングだ。映像なしのCDでも十分楽しめる。

ジャパニーズ・オペラとしての歌舞伎には様々な邦楽が登場する。舞踏音楽としての長唄や常磐津、更に高音で艶やかに歌う清元。幕間に舞台袖で奏される大薩摩の三味線、劇中流れる新内の情緒あふれる響き…西洋古典音楽に慣れた耳には実に新鮮だ。そして序破急による展開にはソナタ形式に通じるところもあって、古今音曲の共通性を感じる。 生まれ変わったらジャズギタリストにと以前書いたが、細棹の三味線もやってみたい楽器の一つだ。近所にチョイと年端のいった粋な長唄三味線のお師匠さんがいたら、明日からでも習いに行きたいのだが…


<勧進帳ダイジェスト> 2007年パリオペラ座公演時のものらしい。5分過ぎからの<詰め寄り>はこの芝居の見せ場。頂点に向かって音楽もアチェルランドをかけていく。<延年の舞>を経て、11分過ぎからはフィナーレの飛び六法に向かってバックの長唄連中も盛り上がる。飛び六法前の13分50秒、成田屋!と声をかけよう。


単独の長唄としてもよく演奏される勧進帳。その聴かせどころ<滝流し>





以下のサイトは邦楽の楽曲や楽器に関する多様なコンテンツがある。かなり手間とお金をかけて作ったことがうかがい知れる。
<文化デジタルライブラリー>
http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/


<文化デジタルライブラリー;日本の伝統音楽・楽器編>
http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/contents/learn/edc6/index.html



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ハンス・ホッター <冬の旅>


夕方仕事を終えて外に出ると、北風ピープー。おお、さむっ!
きのうまでのポカポカ陽気から一転冬型に。師走らしい寒さの中、8時を少しまわって帰宅した。ひと息ついてネットを覗くと、きょうは歌手のハンス・ホッターの命日とあった。1909年1月19日に生まれ、2003年のきょう亡くなった。ハンス・ホッターといえば、まずはこれだろうと、取り出したのはこの盤。昭和歌謡をひとまずおいて、今夜はぐっと渋くいこうか。


201612_Hans_Hotter.jpg


凍てつく冬の夜、ひそやかに聴く音楽は何だろうかと考えるとき、思い浮かぶ曲のひとつがシューベルの代表作<冬の旅>だ。声楽にはまったく不案内で手持ちの盤もごく僅かしかないが、そのごく僅かしかない盤のうち、お気に入りのひとつがハンス・ホッターの歌うこの盤。1961年録音。

ホッターはバスバリトンという位置付けのようだが、耳にはほとんどバスに近い印象がある。懐の深い落ち着いた響き、女性ならずともうっとりとする声だ。ピアノ伴奏はエリック・ウェルバが弾き、プロデューサーがオットー・ゲルデス、録音エンジニアがギュンター・ヘルマンスという、60年代独グラモフォン黄金期のコンビが受け持っている。知人のツテで、もう聴かないからという音楽ファンから譲ってもらった100枚ほどのレコードの中に入っていた。 <冬の旅>の一曲一曲についてまったく知識を持ち合わせないが、苦悩と絶望に打ちひしがれた若者が冬の荒涼とした野をさまよう様とされる曲。続けて聴いているとその悲しみが、達観や平穏につながるイメージもあって、春の予感さえ感じてくる。


1954年にジェラルド・ムーアと録音した盤の音源。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)