バッハ BWV.1 <暁の星はいと美しきかな>



きのうきょうの暖かさで桜の開花も進んだ。そして3月も末。この時期にちなむ曲はと考え、こんな盤を取り出した。


201803_BWV1.jpg


バッハのカンタータ<暁の星はいと美しきかな>BWVの1番。例によってブリリアント版全集中の1枚。ピーター・ヤン・レーシンク指揮ネーデルランド・バッハ・コレギウムによる演奏。 今更説明するには及ばないだろうが、バッハの作品番号BWVは1900年にまとめられた、いわゆる旧バッハ全集をベースにカテゴリごとに番号がふられていて、BWV.1から231までがカンタータとモテットに割り当てられている。ライプツィッヒ時代の初期1725年に作られたこのBWV.1のカンタータ<暁の星はいと美しきかな>は6つの曲からなり、教会暦の3月25日受胎告知の祝日、つまりきょう演奏される。このあと3月末の聖金曜日にはマタイやヨハネの受難曲が続き、そして復活祭を迎えることになる。

第1曲はヴァイオリンとホルンにのせて歌われる明るく躍動的なコラール。8分の12拍子。パストラールのリズムで進むが、このレーシンク盤では穏やかで牧歌的というよりは、やや速めのテンポで、明るく晴れやかな気分によって受胎告知が祝される。ちなみに調性はヘ長調で、パストラール(田園)と題される曲の多くで使われる調性だ。第3曲ソプラノが歌うアリアではオーボエのオブリガートが美しい。聴きなれたオーボエとは違った渋い音色はバッハ時代に使われたオーボエ・ダ・カッチャだ。終曲の第6曲は、イエスの降誕を祈る美しいコラールで締めくくられる。

実は、今年はマタイを聴きにいこうと考え、30日金曜に東京オペラシティで開かれるバッハ・コレギウム・ジャパンの演奏会に行くつもりでいたが、あいにく野暮用が出来てNGの見込み。また次回ということに…


ホルンやオーボエ・ダカッチャ(狩りのオーボエ)が活躍する第1曲のコラール。


オーボエのオブリガートが美しい第3曲ソプラノのアリア。


全6曲⇒https://youtu.be/7fNaMOtVUc4


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

バッハ カンタータ<汝の主なる神を愛すべし>BWV77



今夜はセブン・シリーズに戻って<バッハのセブン>を。といっても俗称<バッハのセブン>があるわけではない。勝手にBWV番号で選ぶにしても、7・77・777とあるしなあ…としばし思案。結局選んだのこの盤だ。


201803_BWV77.jpg


バッハ:カンタータ「汝の主なる神を愛すべし」BWV77。例によってブリリアント版全集中の1枚。他のカンタータ同様、ピーター・ヤン・レーシンク指揮ネーデルランド・バッハ・コレギウムによる演奏。この曲は1723年、バッハがライプツィヒ聖トーマス教会のトーマスカントルに就任した年に作られた。教会暦では三位一体節後第13主日(8月後半の日曜日)に演奏される。曲は以下の6曲から成る。

第1曲 コラール
第2曲 レシタティーヴォ(B)
第3曲 アリア(S)
第4曲 レシタティーヴォ(T)
第5曲 アリア(A)
第6曲 コラール

201803_十戒_Dies sind die heilgen zehn Gebot

第1曲冒頭、弦楽合奏の短い導入を受け、素晴らしい合唱フーガが展開する。印象的なトランペットが吹く旋律は「十戒」のコラール(譜例)で、突き抜けるような高音に耳を奪われていると、通奏低音にも同じコラールが現れ、あたかも天と地から十戒のコラールに支配されているかのようだ。第3曲ソプラノのアリアでは2本のオーボエが寄り添うようにオブリガートを吹く。そして通奏低音のバスラインもそれに絡み美しいアリアが歌われる。第5曲はトランペットと通奏低音によって支えられて歌われるアルトのアリア。トランペットというと目立って派手なものというイメージがあるが、この曲では冒頭のコラールしかり、そしてこのアリアでのオブリガートしかり、短調の調性ということもあって、切々と胸に迫りくるトランペットで、グッとくるものがある。終曲のコラールも落ち着いた渋い響き。15分に満たない曲ではあるが、全曲を貫く、厳かかつ敬虔ながら、控えめに凝縮された響きが魅力的なカンタータだ。


この盤の音源。第5曲アルトの歌うアリアは9分21秒から。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

エヴァ・リンドのウィンナソング


ぼちぼち正月気分も終わって日常回帰。これといって正月らしいイヴェントもなく終了。元旦恒例のウィーンフィル・ニューイヤーコンサートもどこへやらの正月だった。実のところニューイヤーコンサートをここ近年まともに観ていない。映像もより美しくなり演出も華やか。まこと正月には相応しいのだろうが、昔と違ってこちら側の問題で、斜に構えているつもりはないが、何となく居心地がよくなくなってしまった。近年で印象に残ったのは2010年のジョルジュ・プレートル(1924ー2017)のときくらいだろうか。そうはいっても何となく華やいだ音楽はやはりこの時期に聴きたくなる。そこでこんな盤を取り出した。


201801_Lind2.jpg  201801_Lind.jpg


ソプラノのエヴァ・リンド(1966-)のソロデヴューアルバムとして出たウィンナ・ワルツを集めたレコード。伴奏はフランツ・バウアー・トイスル指揮ウィーンフォルクスオパー。1986年の録音で翌年リリースされた。時代はCDへの移行が進んでいた時期でアナログレコードとしては最後期のものだろう。収録曲は以下の通り。お馴染みのウィンナワルツが並んでいる。中ではアルディーティの曲が珍しい。

J.シュトラウス2世
 1. 春の声
 2. 愛の歌
 3. オペレッタ「カサノヴァ」~尼僧たちの合唱
 4. レモンの花咲くころ
ヨゼフ・シュトラウス
 5. オーストリアの村つばめ
アルディーティ
 6. 話して!
J.シュトラウス2世
 7. シーヴェリングのリラの花
 8. 皇帝円舞曲

ウィンナワルツはやはりウィーンのローカルな味わいが身上だ。ジプシーやハンガリーの土の匂いが残るくらい、あまり立派でインターナショナルでない方がいいというのが持論で、そんなところから近年のニューイヤーコンサートに居心地の悪さを覚えてしまう。ウィーンフィルでいえばやはりボスコフスキー時代が格段に雰囲気があるが、このフォルクスオパーには土着のオペレッタ劇場の雰囲気を感じる。他ではロベルト・シュトルツが振ったものなども格別の味わいがある。

さて、この盤。当時エヴァリンドは22歳。人気上昇中の時期で、まことに若々しい声とチャーミングな歌いっぷりだ。フランツ・バウアー・トイスル指揮ウィーンフォルクスオパーのバックも決して出過ぎずに程々の塩梅。これがウィーンフィルだともっと華麗に響き、歌ってしまうだろう。珍しいといったアルディーティの<話して!>はやはりウィンワルツの<接吻円舞曲;イル・バチオ>と共に彼の名を残した曲だ。たまたま<接吻円舞曲>は隣り町のマンドリン楽団で演奏したこともあって、アルディーティの名前が印象に残っている。イタリア人の彼だが完全にウィンナスタイルの曲を作り、当時夫人とヨーロッパ中を演奏旅行したらしい。B面最後のトラック、定番の<皇帝円舞曲>ではフォルクスオパーの合唱団も入って一層雰囲気を盛り立てる。情緒豊かな管弦楽と楚々とした歌いっぷりは、新年の清々とした気分によくマッチしていて好ましい。


このレコードから25年を経てエヴァ・リンドも相応に歳を重ねたが、幸い?大アネゴにはならず、チャーミングだ。2009年中東ドバイのホテルでウェルシ社のオルガン伴奏で歌うリンド。


ルネ・コロとのデュオ。メリーウィドウ・ワルツ。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

バッハ 世俗カンタータ<悲しみを知らぬ者>BWV209



気付けば11月も下旬。師走前、最後の週末日曜日。
朝からいきなりヒートポンプ給湯器(エコキュートですね)が故障。しばらく前からタンクユニット配管系統のOリング劣化と思われる微小水漏れ等あったが、だましだまし(無視して)継続使用。今回は漏電ブレーカーがオフする不具合。復帰を試みると一時的に動くこともあるがやはりダメ。職業柄(といってもほとんど退役)パネルを開けて電装系統をチェックするくらいは出来るのだが、設置から13年間大過なく稼動してきたことを考えれば、まずまず寿命全う。出入りの電器屋に入替えの相談となった。今年に入ってから、冷蔵庫・キッチン換気扇と立て続けに製品寿命尽きて入替えた。給湯器もボチボチかなあと思っていた矢先のダウン。次に控えるのは十数年物のエアコン数台…まあ、仕方ない。 さて、そんなこんなであたふたとした一日が終わって夜更けの音盤タイム。このところのバッハつながりでこんな盤を取り出した。


201711_JSB_BWV209.jpg


バッハの世俗カンタータ<悲しみを知らぬ者>BWV209。ぼくら世代にはお馴染みのコレギウム・アウレウム合奏団のよるハルモニアムンデ盤。1966年録音。手持ちの盤は70年代終盤に出たハルモニア・ムンディ1500と称されたシリーズのミッドプライスLP盤で、<結婚カンタータ>BWV202とカップリングされている。両曲ともソプラノが活躍することから、このカップリングになったのかもしれない。ソプラノ独唱はエリー・アメリンク(1933-)。ジャケット帯には「アメリンクの声が最も美しかった絶頂期の名唱」とある。

第1曲ロ短調のシンフォニアは<二つのヴァイオリンのための協奏曲>を思わせるフレーズで始まる。独奏フルートと弦楽合奏とが交互にあらわれ、フルート協奏曲といってもおかしくない内容だ。ハンス・マルティン・リンデのフルーテ・トラヴェルソの音色もあって、落ち着いた色合いの充実したフレーズを繰り広げられる。このシンフォニアだけでもこの曲は十分に魅力的だろう。レシタティヴに続くホ短調のアリアは感傷的なフレーズに満ちた美しいアリア。友人との別離と出発の祝福が歌われ、中間部では明るいト長調に転じる。ふたたび短いレシタティヴをはさんでト長調のアリアが8分の3拍子の舞曲風リズムにのって歌われる。この2曲のアリアとも終始フルートのオブリガートが活躍する。

ぼくはバッハの作品中過半を占めるカンタータを仔細に聴いたわけではないが、このBWV209は中でも印象的な佳曲の一つだろう。イタリア語で書かれた数少ないカンタータということもあってか、ホモフォニーな美しい旋律的フレーズに満ちていて、聴き入ってしまう。


通奏低音にリュートも加わったフランスの古楽団体による演奏。


ベルリンフィル首席オーボエ奏者アルベレヒト・マイヤーは、バッハのいくつかの曲をオーボエ用にアレンジしたアルバムを出している。BWV209もシンフォニアと2つのアリアで3楽章構成にしたオーボエ・ダモーレ協奏曲に仕立ている。その音盤のPV。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

東京コレギウム・ムジクム合唱団第7回定期演奏会



知人から演奏会の案内有り。所属する東京コレギウム・ムジクム合唱団の定期演奏会がきたる11月19日にあるとのこと。


201711_TCMC053.jpg 201711_TCMC054.jpg


東京コレギウム・ムジクム合唱団TCMCは、30名ほどのメンバーからなるアマチュア合唱団。1975年に大阪ハイリッヒ・シュッツ室内合唱団を創立し、ルネサンスから現代音楽まで広く活躍して高い評価を受けている当間修一氏が主宰している。なんでも当間氏による合唱講座に端を発して2010年に創立されたそうだ。 今回の次第は以下の通り。ご都合つく方はぜひどうぞ。

日時:2016年11月19日(日)
開場:15:30 / 開演:16:00
会場:かつしかシンフォニーヒルズ アイリスホール
   (京成線青砥駅下車 徒歩5分/京成立石駅下車 徒歩7分)
指揮:当間修一 / ピアノ:小枝佳世
<演奏曲目>
◇ハインリッヒ・シュッツ 宗教的合唱曲集より
  Die mit Tränen säen (SWV378)
  So fahr ich hin zu Jesu Christ (SWV379)
  Unser Wandel ist im Himmel (SWV390)
  Selig sind die Toten (SWV391)
◇アントン・ブルックナー モテット集より
  Locus iste/Os justi
  Christus factus est/Virga Jesse
◇混声合唱曲集「にじ色の魚」
◇混声合唱とピアノのための「良寛相聞」

合唱にはとんと縁なく、プログラム中で察しがつくのはブルックナーのモテトくらい。それもブルックナーのテデウムやミサ曲からの勝手な想像だ。あらためて自分の音楽体験の偏狭さに恥じ入る。案じた知人が貸してくれたCDを聴くと、日頃ギターを相手に<平均律+若干の補正>でお茶を濁すチューニングで良しとしている耳に、合唱のピュアなトーンは新鮮に響き、まさに心洗われる。新調したオーディオセットで聴くと一段と解像度高く、人の声のもつポテンシャルの高さとそれを引き出す合唱技術の奥深さを感じる。


木下牧子「にじ色の魚」


以下の音源ではブルックナーのモテトから6曲が歌われている。7声を基本に書かれているとのこと。彼の交響曲の分厚い響きと異なるところ、共通するところ、双方を感じ取れる。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

バッハ BWV48 <われ悩める人、われをこの死の体より>



きょうの関東地方は先週末から続いていた雨もあがり、久しぶりに晴れ間がのぞく。気温も幾分上昇したが、相変わらず平年より低め。あすは再び雨模様となって気温も数度低くなるとのこと。さらに週末にかけて台風接近の予想もあって、秋の好天は一体どこへやら…だ。 さて、週半ばの水曜日。本日も程々に業務に精励。通勤車中にYOUTUBE音源で聴いたこともあって、こんな盤を取り出した。


201710_BWV48.jpg


バッハのカンタータ第48番<われ悩める人、われをこの死の体より>。教会暦によれば、今度の日曜日は三位一体主日後第19主日とのこと。この日のためにバッハが作った曲はBWV5、48、56とされいる。その中の一曲。例によってブリリアント版バッハ全集中の一枚。曲は以下の7曲からなる。

 第1曲 コラール
 第2曲 レシタティーヴォ(アルト)
 第3曲 コラール
 第4曲 アリア(アルト)
 第5曲 レシタティーヴォ(テノール)
 第6曲 アリア(テノール)
 第7曲 コラール

第1曲のコラールは<ため息>音形を奏でる弦楽群によって始める。ほどなく合唱が入るが、かなり頻繁に転調を繰り返しながら進み、ため息音形によって強調される倚音と共に、どこか落ち着きのない不安が表現される。 続いてアルトのレシタティーヴォとコラール。ここでも次々と転調を繰り返し不安さは変わらない。第4曲アルトのアリアになって音楽はようやく落ち着きと安堵を取り戻す。ここではオーボエのオブリガートが終始寄り添い、それを下支えするチェロのフレーズと共にこのカンタータ中もっとも美しい曲が響く。続いてテノールがレシタティーヴォを語り、そのあと同じくテノールが第6曲のアリアを歌う。譜面を確認していないのではっきりしなが、このアリアは3/4拍子と基調としながら3/2拍子がヘミオラ風に入り組む。しかもここでも転調が頻繁に行われ、不思議な浮揚感がある。

ブリリアント版バッハ全集でカンタータを担当しているピーター・ヤン・ルーシンク指揮ネザーランド・バッハ・コレギウム他の演奏は、例によって細かな精度でメジャー団体には及ばない。器楽と独唱陣はおおむね及第だと思うが、ボーイソプラノがときに不安定となるのが残念。しかし、ヨーロッパの日常的なバッハ演奏として聴けば、これはこれで貴重な演奏だろう。


ベルギーの古楽団体Le Concert d'Anversによる雰囲気のある演奏。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ファリャ<七つのスペイン民謡集>



好天に恵まれた連休も格別のことなく終了。あすはまた社会復帰だ。夜も更けてきたところで渋茶を一杯。音盤棚を見渡し、こんな盤を見つけたので取り出した。


201710_Berganza.jpg


テレサ・ベルガンサがスペイン・ラテン系歌曲を歌った<The Spanish Soul>と題された3枚組。もともとクラヴェスレーベルから出ていたものを、例によってブリリアントレーベルがライセンスを受けてリリースした盤。指揮者ヘスス・ロペス=コボスの盤を探しているときに出くわして手に入れた。DISC1にはファリャ:「代官と粉屋の女房」と7つのスペイン民謡、DISC2はスペイン歌曲集としてグラナドス「トナディーリャス(昔風のスペイン歌曲集)」から数曲と、トゥリーナ「サエタ」、DISC3には南米歌曲集としてヴィラ=ロボス、ブラーガ、グァスタビーノといった作曲家の歌曲が収められている。伴奏はフアン・アントニオ・アルバレス・パレホというピアニスト。「代官と粉屋の女房」ではヘスス・ロペス=コボス指揮のローザンヌ室内管弦楽団がバックと務めている。1980年代半ばの録音。今夜はその中からファリャの7つのスペイン民謡集を聴いている。7つの曲は以下の通り。

1. ムーア人の織物
2. ムルシア地方のセギディーリャ
3. アストゥーリアス地方の歌
4. ホタ
5. ナナ(子守歌)
6. カンシオン
7. ポロ

題名通りの歌曲集で、スペイン各地に伝わる民謡や踊りのリズムなどを元に7つの小品に仕立てた曲集だ。極東の彼方からスペインを眺めると、どうも画一的なイメージを持ってしまうが、おそらくスペイン人にとっては、歴史的に諸王国の集まりであった経緯もあって、それぞれの地方でアイデンティティがあり、「一緒にしてくれるな」と言い出すのだろう。折りしもスペイン国内州独立の動きが伝えられていることからもそれは分かる。この7つ民謡集はスペインのほぼ東西南北に渡る地方からモチーフが採られている。陽気な歌あり、内に秘めた情熱あり、歌詞も他愛のない民衆の戯言から成るようだ。オリジナルのピアノ伴奏歌曲以外にチェロやヴァイオリン等によるもの、伴奏をギターに置き換えたものなどが古くから知られていて、スペイン歌曲というジャンルとしてももっともポピュラーな曲の一つだろう。15分で巡るスペイン民謡紀行という趣きの佳曲だ。


ベルガンサによる60年代の録音音源。


ギター伴奏による歌唱。


チェロとギターによる「ナナ」 人気のフランス人チェリスト:フェリー・ガイヤール。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)