N・コスト<25のエチュード>



通勤車中で聴いた今朝の「きらクラ!」は、日本のブラジルこと当地群馬県大泉町での公開収録。ゲストにフルートの高木綾子とギターの大萩康司が出演。ぞれぞれのソロに加え、タンゴの歴史からカフェ1960や、遠藤真理・大萩康司でヴィラ・ロボスのブラジル風バッハなどお馴染みの曲が楽しめた。最後は恒例のサンバ・ブラジルで大団円。観客へのインタビューで九州大分から来ているという人がいて驚いた。

さて二月に入りきのうは立春。しかし寒波の波状攻撃が続き相変わらず寒い日が続く。それでも日中の陽射しは柔らかく、すっかり伸びた夕刻の日足は春が近いことを告げている。そんな中、本日も業務に精励。七時ちょうどに帰宅した。ひと息ついて、きのうから部屋に出しっぱなしの楽器を取って少々練習。こんな楽譜を開いた。


201802_Coste_Etude.jpg


19世紀古典ギター全盛期に活躍したギタリストで作曲家のナポレオン・コスト(1805-1883)残した<25のエチュード>。昔から中級レベルを終えて上級に差し掛かるアマチュアギター弾きの課題となる曲集。いくつかの版があるようだが、手持ちの楽譜は1970年前後に全音楽譜出版から出ていたもの(現在も入手可能)。小船幸次郎氏夫人の小船照子監修。かなり細かなアーティキュレーション指示が付されている。裏表紙に記された定価は250円。買い求めたのは高校二年の頃。当時に通っていた高校校門前にあって、野郎どもの空きっ腹を満たしていた食堂のラーメンや焼きそばが100円だった時代だ。

きのうきょうと全曲をあちこちつまづきながら通して楽しんだ。もっとも一般の曲ならともかく、練習曲をいい加減に通して弾いてはまったく意味がないのだが…。それはともかく、久々に弾いてみるとこの曲集を初めて開いた高校時代を思い出す。その時の印象は「なんて音符が詰まっているのだ!」ということだった。こうして見返してみると当時の印象をそのまま今も抱く。コストが活躍した19世紀半ばは完全にロマン派の時代。和声は拡大されつつあり、単純な旋律美よりは感情表現を載せたうつろう和声が求められた。それを反映するかのように、このコストの練習曲の譜面の多くが3声・4声の和音が省略されずに記されている。つまり中声部が立て込んでいて音符の数が多く、その結果左手の押弦の難易度が上がる。初見であたりをつけながら楽しむには、テンポ感を少し犠牲にして遅く取り、左手のポジショニングに注意しながら、付された和声を丁寧に拾っていく。そうするとコストが描いた和声にうつろいがよく感じ取れ、楽しめる。


多くの曲をYOUTUBEにアップしているエドソン・ロペス氏による演奏。第5番


第25番<タランテラ>


リシェル&ビスケット=スミスコレクションにある当時の出版譜。
こちら⇒http://wayback-01.kb.dk/wayback/20101028111526/http://www2.kb.dk/elib/noder/rischel/RiBS0987.pdf

愛媛県のギター指導者青木一男氏はこの曲集全曲を録音公開している。
こちらからどうぞ ⇒ https://www.youtube.com/playlist?list=PLD68A999104AC74BD&feature=plpp


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

朴葵姫(G)のナクソス盤



関東地方は今朝も冷え込んだ。朝は氷点下3度、日中も5度までしか気温が上がらない。まさに冷蔵庫状態。日照はあるので、日当たりのいい部屋なら外の寒さと隔絶できるところだが、さすがに外気温が5度以下では日照だけでは不足する。そんな中、きょう昼前から外出。夕刻近くになって帰宅。ひと息ついて音盤タイム。先日アウラで試奏した際、礼代わりに買ったCDを取り出した。


securedownload.jpg


朴葵姫(パクキュヒ)が2010年のバリオス国際コンクールと2012年のアルハンブラ国際コンクールに優勝し、それを祝して2013年に録音されたもの。収録曲は以下の通り。

D.スカルラッティ:ソナタ ニ長調 K.178(パク・キュヒ編)
D.スカルラッティ:ソナタ ニ短調 K.32(パク・キュヒ編)
D.スカルラッティ:ソナタ ト長調 K.14(パク・キュヒ編)
ディアベッリ:ソナタ ト長調(ジュリアン・ブリーム編)
バークリー:ソナティナ Op.52-1
マラツ:スペイン風セレナーデ(タレガ編)
バリオス:森に夢見る
バリオス:ワルツ第4番 Op.8-4
ロペス=ロペス:印象と風景

バロック後期のスカルラッティ、古典派ど真ん中のディアベリ、時代下ってスペイン情緒たっぷりのマラッツと近年ますます人気のバリオス、そしてぼくの大好きなバークレイのソナティナ。中々よいプログラムだと思うのだが、どうだろう。

朴葵姫は昨年当地に来演した際のアランフェス協奏曲を聴いたが、キレにいい技巧と素直な解釈で好印象だった。このアルバムでも、スカルラッティで重要な細かな装飾音をまったく不自然さを感じさせずに聴かせてくれ、バリオスの「森に夢見る」では、得意といわれる粒の揃ったトレモロを披露している。バークレイのソナティナはそう大きくはないが三楽章形式の古典的なフォーマットに近代的な感性を閉じ込めた佳曲。特に第1楽章の闊達な曲想、第2楽章Lentの静かな抒情が美しい。ここでも朴葵姫の素直な解釈が奏功し、新古典風の曲想にぴったり。 クラシック音楽は聴くが、ギターには馴染みが少ないという向きや、ギター愛好家で朴葵姫の演奏にまだ接していない輩に、このナクソス盤は手頃で好適なアルバムだ。


パク・キュヒの弾くスカルラッティK.178


同 K.14


「森に夢見る」と並んでトレモロ奏法で人気のバリオス「最後のトレモロ(神の慈悲に免じて恵みを)」


にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ジュリアーニ<大序曲>


週明け月曜日。事情あって少し早く帰宅。夕方時間があったのでギターを取り出す。ひとしきりスケールやアルペジオで指慣らし。そののちカルカッシ25の練習曲から半分ほど拾い弾きし、そのあとは目に付く楽譜を気ままに弾き散らかすという、いつも通りの練習にならない練習。先日の記事でマウロ・ジュリアーニの<英雄ソナタ>をさらっていると書いたが、きのうは同じジュリアーニの<大序曲>もヨタヨタと弾いてみた。


201801_MG_Grand_Overture.jpg


マウロ・ジュリアーニ(1781-1829)はイタリアのギタリスト・作曲家。19世紀ギター界の雄:フェルナンド・ソル(1778-1839)とほぼ同世代にあたる。ヴァイオリンやチェロも修め、ベートーヴェンの第7交響曲初演ではチェロパートに参加していたと伝えられている。19世紀初頭のウィーンで大そう活躍し、人気も博したようだ。クラシックギター弾きにはソルと並んで19世紀古典ギター隆盛期を代表する作曲家としてお馴染みの存在だが、作風はかなり異なる。ソルの作品はその豊かな和声感と陰影に富む穏やかなロマンティシズムに満ちているのに対し、ジュリアーニはよりシンプルで明快な作風。イタリアの空を思わせるというと、いささかステレオタイプな言い方になるが、そんな比喩が当てはまる。作風の異なる二人だが、共通しているのは古典的な様式感と和声感、そしてそれらを具現化する道具としての弦楽四重奏やオーケストラの響きのイメージがギターに盛り込まれていることだ。もちろん二人とも管弦楽を使った作品も書いていて、オーケストラの扱いはひと通り心得ていた。実際、ソルの楽曲はその構成音をそのまま弦四の各パートに音を置き換えても、違和感なく古典音楽として成り立つだろう。

ジュリアーニのこの<大序曲>も、楽譜の音形だけ見るといかにもギター的なアルペジオや跳躍が随所に見られるが、弾きながらイメージをふくらませると、オーケストラの響きが容易に想像できる。また、そういうイメージを持ちながら弾かないと、この曲も単なるギターヴィルティオーゾのショーピースに終わってしまう。ギター弾きの中には、他のクラシック音楽をほとんど聴かない輩も多い。しかしギターを弾くにあたっても、管弦楽や弦楽四重奏などに広く親しみ、その響きのいかなるものかを知っていることは、よい演奏だけでなく、単に楽しむ上でも必須事項だと感じる理由はそんなところにもある。


以前ソルの記事に貼った作品54bisのYouTube動画で弾いていたデュオコンビの一人が、この<大序曲>のオーケストラ的要素とギターにおける表現について述べている。1分半過ぎから管弦楽版に仕立てた<大序曲>の一部がMIDI音源で流れるが、実に自然に管弦楽作品になっている。ベートーヴェンが「ギターは小さなオーケストラだ」と言ったのも、当時ウィーンで人気を博したジュリアーニのこうした作品や演奏に接していたからかもしれない。


村治佳織の弾く<大序曲> 2003年とある。彼女がもっとも輝いていた時期だと思う。この頃英デッカを契約し、メジャーレーベルとの契約で大いに騒がれた。しかし以降リリースされるアルバムはクラシックギターの保守本流ともいうべきレパートリーから次第に離れていった。


楽譜付き音源


管弦楽編曲 音源がもう少しまともなら、よりリアリティがあったのだが。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ジュリアーニ<英雄ソナタ>


マウロ・ジュリアーニ(伊1781~1829)はギター弾きにはお馴染みの名前。しかし、プロのコンサートで取り上げられることは昨今少ない。労多くして功少なしなのか、聴き手からのリクエストが少ないのか、おそらくその両方だろう。バリオスやデイアンスの前に、ソル、ジュリアーニ、ディアベリありの古典様式のソナタをきっちり弾いてほしいと思うのだが、きっとマイナーなリクエストに違いない。仕方なく、下手くそを承知で自分で弾いて溜飲を下げようかと、本年弾き初めを兼ねてギターを取り出した。


201801_Sonata_Eroica.jpg


ひとしきりスケール練習したあと、ジュリアーニの作品150<英雄ソナタ>をさらう。
この曲を初めて聴いたのは高校三年の頃だったろうか。さっそく楽譜も手に入れて弾いてみた。10分ほどの単楽章ソナタながら出だしの堂々としたフレーズがいかにも<英雄>で、当時そこばかり練習したからか、今でもそのフレーズだけは暗譜していて中々巧く弾ける。主部に入るとジュリアーニらしい技巧的なフレーズが続くが、意外に素直なスケールなので超絶技巧というほどではなく、<自称>中上級クラスなら何とか弾き通せるレベルだ。少なくてもぼくには同じジュリアーニによく出てくる高速のアルペジオやオクターブ跳躍のスケールよりはずっと弾きやすい。更にこの曲を好む理由は、単純なスケールを繰り返しながらも、しばしば大胆な転調を伴う経過句がいくつかあって飽きずに弾けるからだ。 ギター音楽に限らず、広く古典期のクラシックに慣れ親しんでいる輩ならよく耳にする転調で、ギターでもクラシカルな響きが楽しめる好適なサンプル。ジュリアーニの曲はフエルナンド・ソルのようなポリフォニクで豊かな和声をもつ曲想とは芸風が異なるが、弾いていて思わずわくわくする疾走感と明るさに満ちたていて捨てがたい。


人気のアナ・ヴィドヴィッチの兄ヴィクトール・ヴィドヴィッチによる演奏


演奏はあまり感心しないが、楽譜が見られるので。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

一周忌



ギタリストで作・編曲家として活躍した佐藤弘和氏が亡くなってから一年が過ぎた。2016年12月22日に50歳の若さで世を去った。


201712_Sato_Hirokazu.jpg


1966年弘前市生まれの佐藤氏は一流のギター奏者であると同時に、多くのギター曲を残した。弘前大学教育学部で音楽を専攻され、クラシック音楽全般に精通。とかくギター音楽だけに偏重しがちなギター界にあっては貴重な存在だった。佐藤氏は自身の作品に関して、作曲のモットーは「弾き易くわかり易くメロディックであること」といい、また「楽器としてのギターを弾くことだけに偏りがちな傾向を打破するために、普遍的な音楽の中でのギターというものを考えていきたい」との信条をお持ちだった。

佐藤氏の作品には規模の大きなソナタもあるが、同時に、そうした信条を反映した技巧的に無理のない、シンプルで音数の少ない小品も多い。そしてそうした小品においても、豊かなメロディーと気の効いたモダンな和声が施され、弾いていて気分のよくなる曲ばかりだった。

ぼくは数年前にmixiを通じて知遇を得て、何度かメールのやり取りをした程度のお付き合いであったが、「与太さんの作った作曲家年表をレッスン室に貼りましたよ。とても便利。タレガとムニエルやカラーチェの同時代性を確認できて面白かった!」と返信を受けたことがあった。 また、知人とmixiの発表会で弾いてYOUTUBEにアップしたグラニアーニの三重奏に対して、「いい雰囲気で楽しそう!音楽がよく流れていますね!」とコメントいただいたことを思い出す。

この一年で遺作ともいうべき作品集がいくつか出版された。中級レベルのアマチュアギター弾きが座右において楽しむには格好の小品群が並んでいる。ページを開いて、その日の気分で気軽に楽しみながら、同時に、楽曲の様式感や和声の感覚など、音楽的にも充実感を味わえる小品集として、これからも折にふれ弾いていこうと思う。


最近、録音から遠ざかっているので、以前何度かアップした古いもので失礼。
昨年出版されたから<48のやさしい小品集>からヘ短調の「北の歌」


同「葬送行進曲」


<小シチリアーナ> 5年程前に録音した音源。野球の投球で「ボールを置きにいく」という表現があるが、この演奏は「音符を置きにいっている」ような演奏。シチリアーナの流れが感じられない悪いサンプルだ。与太!喝ッ!



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

益田正洋(G)グラナドス<スペイン舞曲集>



関東地方は冬らしい日が続く。それでも、きのうきょうと少し寒さがゆるみ、穏やかな一日。きょうも少し早く6時を少し回って帰宅した。 さて、ひと息ついて…先週到着し、週末をはさんで楽しんだこの盤の印象を記しておこう。


DSCN6493.jpg


益田正洋(G)によるエンリケ・グラナドス(1867-1916)の作品集。収録曲は以下の通り。グラナドスの比較的初期の、出世作ともいうべき重要な作品が収められている。

<12のスペイン舞曲 作品37>
第1番 ガランテ/第2番 オリエンタル/第3番 ファンダンゴ
第4番 ビリャネスカ/第5番 アンダルーサ/第6番 ホタ
第7番 バレンシアーナ/第8番 サルダーナ/第9番 ロマンティカ
第10番 メランコリカ/第11番 サンブラ/第12番 アラベスカ
<詩的ワルツ集>
序奏/第1ワルツ Melodico/第2ワルツ Tempo de Valse noble
第3ワルツ Tempo de Valse/第4ワルツ Allegro humoristico
第5ワルツ Allegretto/第6ワルツ Quasi ad libitum
第7ワルツ Vivo/終結への序奏/第1ワルツ Melodico

<12のスペイン舞曲>は藤井眞吾編曲による第2番をのぞき益田氏自身の編曲による。楽譜も少し前に出版された。また、<詩的ワルツ集>は益田氏の師でもある福田進一の編曲。足掛け5年をかけて録音され、グラナドス没後150年となった昨年2016年にリリースされた。2010~2015年秩父ミューズパーク音楽堂での録音。 ギターソロによるスペイン舞曲12曲全曲録音は世界初録音とのこと。そういえば、確かにギター弾きにはお馴染みの曲が並ぶのだが、こうしてスペイン舞曲全曲を通して聴く機会はありそうでない。ひとまとまりの曲集がこうして本来あるべき形で、かつ高いレベルの邦人演奏家によって聴けることは貴重だ。

ぼくは今も昔もギター界の話題にはうといのだが、益田正洋氏が現在日本において実力・キャリアとも兼ね備えたもっとも優れたギタリストの一人であることは間違いない。実際、すで20枚を超えるアルバムをリリースし、そのいずれもが明確な意図をもって編纂されている。よくある名曲集、セールス狙いの企画物とは一線を画すアルバムばかり。この盤も、長らく氏があたためてきたものをグラナドス没後150年に合わせてリリースされた。

演奏は現在望みうる最上のものといえる出来栄えだ。どの曲も音楽は自然に流れ、これがピアノ曲からの編曲であることを感じさせない。ギターの最も魅力的な音域の中高音が奏でるメロディー、それを下支えする力強い低音弦の響き。名器ロマニリョスから繰り出される音は、益田氏の素晴らしいタッチを受けて、まばゆいばかりに輝く。この盤の録音に使われた楽譜を見る限り、特に左手の技巧難易度はアマチュア中級には手に負えないレベルだが、もちろん技巧面での不安はまったく感じさせない、余裕をもった弾きぶりだ。

選曲、解釈、音色、録音…いずれも高いレベルで、久しぶりにギター演奏の醍醐味を味わった1枚だった。最新作のモレノ・トローバ作品集もすでに注文した。到着が待ち遠しい。


この盤のPV


@2010年


詩的ワルツ集



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ピアソラ<タンゴの歴史>



相変わらず寒い、寒い。けさの関東地方は都心でも内陸の当地並みに氷点下近くまで冷え込んだようだ。近年、暖かい年の瀬というフレーズばかりだったので、寒さMAXの年末の悪くない。と、そんなことを思いながら、きょうも7時ちょうどの帰宅。鍋物つついてホッとひと息。久しぶりにこんな盤を取り出した。


201712_Piazzola.jpg 201712_Piazzola2.jpg


ナクソスから出ているピアソラのフルートとギターのための作品を収めた盤。
ギターソロの<5つの小品>、フルートソロの<タンゴエチュード>、それとフルートとギターのための<タンゴの歴史>が収録されている。中で人気の曲は「タンゴの歴史」だろう。この曲は、ボーデル1900、カフェ1930、ナイトクラブ1960、コンサート現在、の4つの曲からなる。フルートパートはよくわからないが、ギターパートはアマチュア上級なら何とか演奏可能な技巧レベルで、プロ・アマ問わずよく演奏会で取り上げられている。またフルートの他、ヴァイオリンやチェロでソロパートを弾くことも多い。

ボーデル1900は軽快なフルートのパッセージとそれに呼応するリズミックなギターとで曲が進む。カフェ1930は深い抒情をたたえたメランコリックな旋律が印象的かつ美しい。ナイトクラブ1960は速い躍動的な部分と、それと対照的にテンポを落として歌われるメロディーの対比が素晴らしい。中間部、ギターの半音階進行にのせてフルートが奏でる旋律が印象的だ。

90年代になってクラシック音楽は辺境への広がりを見せるようになった。その一つの表れがピアソラの音楽だろう。様々な形態で演奏されるピアソラだが、フルートとギターという組み合わせは珍しい。フルートというと、すこぶるノーブルな楽器というイメージで、辺境の抒情というには少々アクが足らないかと思ったが、どうして中々いい。演奏しているフルートのイルムガツト・トッパー、ギターのウーゴー・ヘルマン・ガイド、共に美しい音色でこの曲の魅力を堪能させてくれる。ブックレットにのっている写真をみるとギターのヘルマン・ガイドは随分こわもてに見えるが、演奏は繊細かつ深い呼吸で文句のない出来栄えだ。


タンゴの歴史・第1曲<bordel1900>の佳境。所々にある左手の拡張箇所は難易度高。8分音符M=180の指定。
201712_History_of_Tango.jpg 201712_GFL.jpg


この盤を手に入れた十年近く前は、いつかこんな合わせ物をやってみたいなあと思っていたが、数年前にひょんなきっかけからフルート吹きとチェロ弾きのハイアマチュアの方と知遇を得て、この曲も含めて何度か遊んだ。チェロ相方とは、このタンゴの歴史を、またフルート吹きとはジュリアーニやイベールを合わせる機会があった。このところちょっとご無沙汰だが、いずれもまた合わせる機会もあるだろう。そのときのために、時々合わせ物の楽譜を広げてさらっておこう。


Bordel1900 ギター奏者の使用楽器はサイモン・マーティー


Cafe1930 この曲はチェロがよく合う。 4年前に初めてチェロ相方と合わせときのことを思い出す。


NightClub1960 寺田愛(Fl)、松田弦(Gt)



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)