カルカッシ教則本をさらう & 誤植も発見!



天気晴朗なれど風強し。昼をはさんでチョイと外出。帰宅後は昨晩録画しておいた例のアレを観て、そのあと楽器を取り出し、三時間ほど戯れた。きょうは久々にカルカッシ教則本を開き、各調性のカデンツァとそれを使った簡単なアルペジオ練習、さらに練習曲などを飽かずに弾いて楽しんだ。


DSCN5791 (560x560)


ぼくら世代のギター愛好家には馴染み深い<カルカッシ教則本>。黄色い表紙の溝淵浩五郎編の全音版はいまも版を重ねている。ぼくもギターを弾き始めた高校生の頃、部室にあったボロボロのカルカッシ教則本を使っていた記憶がある。しかし前半の初級向けページだけを順にさらい、あとはまともに見た記憶がない。そしてその後もこの教則本とは疎遠になっていたのだ、数年前に気になって今更ながらと思いつつ手に入れた。

あらためてこの教則本をみると中々興味深く、よく出来ているなあと感心することが多い。第1部;初等科ではギターでよく使われる調性(ハ・ト・ニ・イ・ホ・ヘの各長調とイ・ホ・ニの各短調)の終止形(カデンツァ)とスケール、アルペジオの簡単な練習曲がある。第2部;中等科ではスラーやグリサンド、装飾音などと、第4ポジションから第9ポジションまでの運指、ギターではあまり見かけない調性の基本、またカンパネラやハーモニクス、変則調弦などの特殊奏法が出てくる。第3部には50曲の小品が並び(オリジナルはここで終わる)、そして第4部;高等科ではカルカッシ以外の作曲家、ソルやコスト、タレルガなどの曲集になっている。中級レベルを自称する輩も、第2部中等科にある各ポジションの練習曲は初見力をアップさせるための基本を習得できるし、練習曲も古典的でチャーミングな曲が多い。音をひと通り出すに留まらず、楽曲形式の把握、アーティキュレーションやフレージングを考えながら弾くと十分な音楽的楽しみが味わえる。

とはいえ、多くのギター愛好家にとってカルカッシ教則本を通してしっかりマスターしたという輩は少ないのではないか。教室の先生もおそらくこの本のすべてを生徒に課すことはないだろう。そんな背景が影響しているのか、先日あまり目が向けられないであろうページに以下のような誤植を見つけた。

■溝淵浩五郎版■
DSCN5787 (640x427)


オリジナル:カルカッシ作品59
201704_Carcassi_Op59_Fismoll.jpg


手元にある溝淵浩五郎版は奥付によると1999年に改訂新版として出され、ぼくが手に入れた2010年までに16刷まで版を重ねている。その83ページ。初等科のページで出てくるギターでよく使われる調性以外の調についての解説で、シャープ6つの長調を<変ヘ長調>と記してあった。これは<嬰ヘ長調>の間違いだ。オリジナルのファクシミリ版をみても<FIS DUR>と書かれている(写真赤枠部分)。シャープ6つのdurの曲など通常出くわさないし、この本を手にした先生や生徒も、おそらく素通りしてきたことから、初版から半世紀以上経過しているにもかかわらずこれまで誤植が放置されていたのだろう。まあ、そんな重箱の隅をつついても意味のないことだが、このページ前後に記された<その他の調>と題され、ギターではあまり見かけない調性にも、この教則本でひと通り接することが出来ること確認し、もし手元にこの本がある愛好家諸氏はぜひこれらのページもひと通りさらってみることをおすすめしたい。この本で示される終止法(カデンツァ)とそれを使った簡単なアルペジオ練習では、単純に主要三和音だけということではなく、二、六の和音や減七なども使われ、古典的な和声感の基本的な響きが確認できる。また楽曲形式の把握やハイポジションでの左手のサンプルとして手ごろな練習曲が並んでいる。今更カルカッシ…という声が聞こえてきそうだが、あらためて手に取ると学ぶことが多い。クラシックギター愛好家にとっては<一家に一冊カルカッシ>と唱えたくなる。


愛媛県在住のギタリスト青木一男さんがご自身のホームページにカルカッシ教則本の全曲をYouTube動画でアップしている。その他にも初級から中級に進むにあたって必要な練習曲を多数アップしていて素晴らしい。特にカルカッシ教則本にある全練習曲を弾いた一連の演奏は賞賛に値する。曲によって19世紀ギターとモダンギターを使い分けているが、いずれも適切なフレージングとアーティキュレーションを施し、かつ時々ピリッとアクセントになるような表現も織り交ぜて弾いている。大曲、難曲にチャレンジするのもいいが、こうしたもう弾くことはないだろうと思っていた練習曲にスポット当てて、古典を味わうのも一興だ。

溝淵編;カルカッシ教則本P.72 Allegretto


溝淵編;カルカッシ教則本P.72 Vals 



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ロメロ親子 古典派ギター二重奏曲集



早いもので四月も下旬。きょうは都内での仕事を終えたあと、知人と銀座で落ち合って食事。きのう開店した話題のギンザシックスも遠巻きに確認。外国人観光客も混じり大変な人出だった。知人もぼくも下戸につき、たらふく食べて歓談。それじゃまた、と帰途についた。


201704_GSIX (640x530) 201704_Rengatei (443x560)


10時少し前に帰宅。ひと息ついて、さて週末金曜日。一昨日のマティエカの記事で思い出し、久々にこんな盤を取り出した。

201704_Romero_Duo.jpg 201707_diabelli.jpg


取出したのはロメロ一家、オヤジさんのセレドニオと長男ペペによる二重奏。1976年10月録音。収録曲は以下の通り。19世紀中庸のギター古典期のオーソドクスな曲が3つ入っている。(写真右アントン・ディアベリ)

  1. セレナード イ長調 作品96-1(カルリ)
  2. 協奏的変奏曲 作品130(ジュリアーニ)
  3. セレナード ヘ長調 作品63(ディアベリ)

この盤が出た40年前といえば、すでにロメロ・ファミリーはペペやアンヘルのソロ活動も始まり、十分な人気を博していた頃だ。その時期に、こうした19世紀半ばヨーロッパでギターが広く定着しつつあった時代の、見方によってはやや地味とも思われる純古典曲を選んだこの親子にまず拍手を送りたい。ロメロ・ファミリーはスペイン物ばかりじゃない、ヨーロッパの古典もしっかり演奏できまっせという気概さえ感じる。

演奏もそうしたポリシーを反映するかのように実にオーソドクス。まるで古典派二重奏のお手本のような演奏で好感が持てる。カルリのイ長調のセレナーデは、冒頭の序奏や第1楽章などは、アマチュアの手慰み程度だと、度々出てくる付点音符の処理に手を焼くのだが、さすがに完璧に合っていて格調高い古典的な雰囲気十分だ。ジュリアーニの協奏変奏曲は、70年代半ばの当時人気の高かったジュリアン・ブリームとジョン・ウィリアムスの演奏などと比べると、闊達さや自在にには欠けるだろうが、ぼくはこのロメロ親子の生真面目なくらいきっちりした演奏を好む。ブリームとジョンの演奏はもちろん素晴らしいが、二人の名人芸の方に耳がいく。ディアベリのセレナーデでもロメロ親子のアプローチは変らない。ディアベリ(1781-1858)という、当時のウィーンにあって職業作曲家(ギター専門家ではない)として名声を博した人が書いたウィーン古典派の本流をいく<家庭音楽>の曲想はクラシックギター音楽の貴重な財産。もっと評価され、演奏されていいように思う。

この時代の曲は今であれば19世紀当時の楽器を使い、よりオーセンティックなスタイルで楽しみたいところだが、40年前は今ほどオリジナル志向は強くなかっただろう。ここはモダンギター(使用楽器はジャケット写真でみると、父セレドニオがラミレス、長男ペペがバルベロ1世だろうか)による70年当時のオーソドクスな解釈と演奏スタイルとして楽しむことにしよう。


ディアベリのセレナーデから行進曲とメヌエット。原曲通り第1ギターはテルツギターを使っている。全曲の楽譜はこちら






★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

マティエカ・ソナタ集



旧友Y氏から楽譜が届いた。


DSCN5782 (560x560)  DSCN5786 (560x560)


少し前から旧友Y氏が編纂を進めていた私家版<マティエカ・ソナタ集>。
ウィーン古典派ど真ん中の作曲家ヴェンチェル・トーマス・マティエカ(1773-1830)が書いたギター作品の中から<ソナタ>と題されている作品を集めたもの。海外図書館アーカイブ等から集めたファクシミリ版ベースの楽譜をあらためてまとめたもの。もちろん一部は現在も出版譜が流通しているが、こうしたまとまった曲集はない。少し前に出来し、プロのギタリストも含む愛好家諸氏に配布され、また先日4月9日にひたちなか市で行われてY氏も講師を務めた<バロックギターと19世紀ギターによるレクチャーコンサート>のテキストとしも使われたとのこと。収録曲は以下の通り。

 大ソナタ1番
 大ソナタ2番
 ソナタ 作品16
 ソナタ 作品17
 <交響曲形式による>(第3ソナタ) 作品20-21
 <ハイドンによる>ソナタ 作品23
 6つのソナタ 作品31

Y氏によれば「不当に無視されているマティエカ、その実力に応じた正当な評価を得られるよう、また演奏会・発表会で演奏されるよう、作成した」そうだ。また巻頭言にはこうも記している。「…上記のように理解されるウィーン古典派だが、ギターではどう現れるか…。その時代・様式にあてはまるのは、S.モリトール、J.キュフナー、W.マティエカ、A.ディアベリそして有名なジュリアーニ…共通するのは彼ら(モリトール・ジュリアーニを除き)がギターがメインの作曲家ではなかったことです。キュフナーには交響曲・弦楽四重奏曲・ヴィオラ協奏曲・軍隊用の多数の曲があり、マティエカやディアベリには宗教音楽や歌曲、多数の室内楽曲がある。モリトール、ジュリアーニにも多数の室内楽がある。…ギターにおけるウィーン古典派の充実したソナタ、緩徐楽章の純粋に器楽的な美しさ、ギタリスティックな外連(けれん)味は皆無である。しかし一度は練習・演奏して欲しい…」

クラシックギターの世界は不思議な世界で、クラシックギター愛好家といいながら、ほとんどクラシックを聴かない、知らない輩があまりに多い(プロもアマも)。カルリやソル、ジュリアーニを弾きながら「ウィーン古典派、それってナア~に?」…。残念なことだが、それがクラシックギター界の現実だ。 ピアノにおけるバイエルのような古典的素養(日本において…)の第一歩もマスターせずに、いきなりバッハやソルの大曲に取組み、アマチュアの遊びだから何でもアリと平然と言い放つ人も多い。バイエルを終えたばかりのピアノ初心者が、「弾きたいから」という素朴な理由で、すぐにベートーヴェンの後期のソナタに取り掛かって、イヤー、弾けないなあ、もっと練習しないと…と言っているようなものだ。作品に対して失礼とさえ思える。古楽器奏者:竹内太郎氏も以前日記に書いていた。難しい曲を選びすぎる、バッハなんてプロでもおいそれと手を出せないバロック期の最高峰だと。

先日の私家版作曲家年表の記事にも書いたが、クラシックギターという特別な歴史があるわけではなく、古典ギター全盛期のカルリ、ソル、ジュリアーニ、メルツといった作曲家の作品はまぎれもなくクラシック音楽全般の古典派・初期ロマン派の中に位置付けられ、それらの様式感や解釈を会得するには18世紀末から19世紀初めてのクラシック音楽全般に親しむことがもっとも手っ取り早い。 もちろんギターでベートーヴェンやモーツァルトというわけにいかないが、マティエカやキュフナー、ディアベリの作品があることに気付くべきだ。Y氏は古典を<楷書>と位置付け、古典に対する理解と敬意なくしていは、その後のロマン派もそれ以前の古楽もないと論じるが、まったくその通りだ。

今回のマティエカの続編も計画中とのこと。私家版もいいが、現代ギター社あたりがきちんと出版してくれたらと願うところだ。


6つのソナタから第4番。


マティエカの作品としてもっとも知られる作品21<ノクターン>のオリジナル三重奏版の演奏(シューベルトがチェロパートを加えたという四重奏版もよく演奏される)。シュタウファースタイルの19世紀ギターレプリカを弾くのは古典作品を積極的に取り上げている益田正洋氏。ウィーン古典派ど真ん中の作風。


同時代のディアベリによる<協奏風セレナータ>作品105



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

L・バークリー <ソナチネ作品52>



週明けいつもの月曜日。先週末にちょっとした夜なべ仕事をして散らかっていた机周りを片付け、清々としたところで渋茶を一服。アンプの灯を入れ、こんな盤を取り出した。


201703_bream.jpg  201703_bream_art_of_JB.jpg


数年前に手に入れたブリームのオリジナルジャケットによるボックス選集。その1枚目<The Art of Jurian Bream>を取り出した。原盤は1959年録音のリビングステレオ。ブリームの米国デヴュー盤にあたる。収録曲は以下の通り。

 ・フレスコバルディ:フレスコバルダのアリア
 ・アルベニス:ソナタ ニ長調
 ・D.スカルラッティ:ソナタ ホ短調K.11
 ・D.スカルラッティ:ソナタ ホ短調K.87
 ・チマローザ:ソナタ 嬰ハ短調
 ・チマローザ:ソナタ イ長調
 ・レノックス・バークリー:ソナチネop.52-1
 ・ロドリーゴ:小麦畑で
 ・ラヴェル:亡き王女へのパヴァーヌ
 ・ルーセル:セゴヴィア Op.29

今夜のお目当ては、レノックス・バークリー(英1903~1989)のギター作品;ソナティナ作品52。この曲を初めて聴いたのは学生時代の70年代半ば。出だしのフレーズが印象的で楽譜も手に入れた。その出だしだけは弾けるようになったが、そこから先へは進めず。当然ながらそのまま現在に至っている。久々に聴くブリームによる演奏。60年代初頭の録音で、ブリームとしては初期の録音に属する。60年代になるかならないかという時代を考慮すると、すこぶるモダンでいい演奏だと思う。セゴヴィア、イエペス、何人かのスペイン系奏者が主流だった時代にあって、ブリームの演奏は新鮮で、ギターの美点を生かしながらも音楽としての普遍性を訴えていて、その後現在まで続くモダンクラシックギターにおける一つの潮流の原点といっていいだろう。

バークリーのソナティナはそう大きくはないが三楽章形式の古典的なフォーマットに近代的な感性を閉じ込めた佳曲。特に第1楽章の闊達な曲想、第2楽章Lentの静かな抒情が美しい。今も人気の曲のようで、しばしばコンサートでも取り上げられ、少し前にNAXOSからリリースされた朴葵姫(パク・キュヒ)のアルバムにも入っている。久々に楽譜を取り出して弾いてみようか。


タル・フルヴィッツという奏者。寡聞にして不案内。ナクソスからアルバムを出しているようだ。


ローラ・スノーデンという英国の奏者による演奏。使用楽器はクリストファー・ディーンと思われる。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

きょうが命日パコ・デ・ルシア <LUZIA>


きょう2月26日は年に一度、二・二六事件を思い起こす日だ。きょうの午後、たまたまテレビを観ていたら1979年に放送されたNHK特集「戒厳指令「交信ヲ傍受セヨ」」ともとにした番組が放送されていた。もととなった放送は38年前の番組だが、これまでも何度か再放送されている。ぼくは1979年の放送を会社の独身寮の部屋で観ていて、番組の内容に大いに引き込まれた。ご覧になった輩も多いことだろうから、くどくどここで説明するつもりはないが、貴重な傍受記録の発掘と解読、まだ存命だった当時の関係者や家族への取材など、事の真否はおくとしても、ドキュメンタリーとしての説得力は絶大で、きょうの再放送も食い入るように観てしまった。


NHK特集「戒厳指令「交信ヲ傍受セヨ」」


続編ともいうべき、二・二六事件 消された真実~陸軍軍法会議秘録~
https://youtu.be/_Yu70Jp1g5A
 向坂資料によるさらに興味深い内容。


さて、天下国家と人生は語らない本ブログ。音盤ネタにいこう。
きょう取り出したのは、3年前のきょう2月26日に66歳で亡くなったパコ・デ・ルシア(1947-2014)が1998年に発表したアルバム<LUZIA>。ぼく自身、同じようなギターを弾きながらフラメンコはまったく不案内。フラメンコギタリストを5名あげよと問われたらギリギリ何とか答えられるかというレベルだ。まず、伊藤日出男だろう(^^; サビーカス、モントーヤ…古いなあ。


201702_Paco.jpg  201702_Paco_Luzia.jpg


この盤は彼の14作目のアルバムだそうだ。おそらく正統派というか、歴史的なフラメンコスタイルから見るとパコはフラメンコの技巧をベースにしながらもまったくの別物という評価なのだろう。しかし、それが故に70年代に頭角を現し、以降の人気を得るに至った。フラメンコに興味があったわけではないが、彼が初来日した際にNHKテレビで演奏したときの印象は強烈だった。ギターというのはこんなにも速く音階が弾けるのものなのかと。手元には70年から80年、人気のピークにあった頃のベスト盤CDと中古のLPが2枚、そしてこの<LUZIA>があるだけだが、このアルバムはとても気に入っていて時々取り出して聴く。ジャズやフュージョン系のアーティストとの協演も数多いパコのイメージだと、圧倒的なテクニックとノリと勢いとで弾き抜けるイメージがあるが、この盤は全体を通してどこか静けさが支配する。冒頭のBuleriaからして、超低音域の響きを伴うカホンに導かれてパコのトレモロが繰り出される展開されていくが、フレーズの合間にはふと寂しさが宿る。この盤の作成中に亡くなった母に捧げられたというのも偶然ではないだろう。そしてパコ自身も三年前のきょう66歳で亡くなった。


この盤の全曲。


若き日のパコ。


パコも激賞する現代の若手テクニシャン:グリシア・ゴリャチェフ。


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

モンポウ<コンポステラ組曲>



三寒四温のきょうこの頃。けさの当地は冷え込みMAX。通勤時、車の外気温計は零度を示していてオッタマゲェ~。あすは一転暖かい雨になるとの予報。寒暖の差が大きいのも季節の変わり目の証拠だろう。 さて本日も程々に業務に精励。帰宅後ひと息ついて、こんな盤を取り出した。


201702_monpou.jpg  201702_Bream_Spanish.jpg


先日のパガニーニのソナタで思い出したジュリアン・ブリーム(1933-)が弾くスペイン近代作品集。1983年録音。もう聴かないからと、知人から譲り受けた数十枚のLP盤に混じっていたもの。収録曲は以下の通り。

 ・トゥリーナ:ファンダンギーリョ Op.36/セビリャーナ Op.29
 ・モンポウ:コンポステラ組曲
 ・トローバ:ソナティナ
 ・ジェラルド:ファンタジア,
 ・ファリャ:讃歌~ドビュッシーの墓のために/粉屋の踊り
 ・オアナ:ティエント

ブリームにとってはいくつかの曲は再録。当時地元英国では彼の50歳の誕生日を記念して、やはり新録音のアランフェス協奏曲との2枚組で発売されたとのこと。名実共に当時のギター界トップに立ち、油の乗り切ったブリーム節が楽しめる1枚だ。

60年代から80年代初頭まで、クラシックギター界のビッグスリーといえば、セゴヴィア、イエペス、ブリームだった。もちろん実力派は他にもいたが、商業的にも代表格でかつコンサートもこなし、世界的なネームバリューがあったのはこの三人だろう。そして、たとえ小さなラジオから流れてくる貧弱な音であっても、この三人の音は一音聴いただけですぐに誰と分かるほど個性的でもあった。ブリームはセゴヴィアよりずっと新しい感覚ながら、いかにもギター的な甘い歌いまわしで見得を切るところもあって、好きなギタリストだった。
この盤でも当時の愛器:ロマニリョスから甘い音色を引き出し、近代スペインらしいロマンティシズムを奏でている。中でもモンポウ(写1893-1987)の<コンポステラ組曲>は彼の数少ないギターオリジナル作品であることにとどまらず、ギターの特性を上手く使い、教会旋法など古風な技巧を織り交ぜた佳曲で、ギターの美しい音色が一層よく映える。


この盤の音源。ブリームの弾くモンポウ<コンポステラ組曲>から前奏曲。


フランク・ウォーレスというギタリストによる全曲。楽器はハウザー1世1931年製とのこと。昨今、こういう右手のタッチは滅多に見かけなくなった。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ブリーム(G) パガニーニ:グランド・ソナタ イ長調



春一番吹き抜ける一日。キャンディーズのレコードでも引っ張り出そうかとも思ったが、あまりにベタなので取り止め(^^; きのうに続きギターを。


201702_Bream.jpg


数年前に手に入れたジュリアン・ブリームの10枚組ボックスセットの中から<ロマンティック・ギター>というタイトルの1枚。このボックスセットはLP発売時のデザインを使った紙ジャケット仕様というのが一つの売りになっている。実はきょうの盤はオリジナルのLPを持っている。確か1971年高校2年のときに買った記憶がある。録音は1970年とあるので、時期からしても国内盤としては最初にリリースされたときのものを思うが、ご覧の通り今回のCDジャケットとはデザインが異なる。おそらく海外盤と国内盤の違いだろう。タイトル通り以下の初期ロマン派以降のギターオリジナル曲と編曲物が収録されている。

・パガニーニ:グランド・ソナタ イ長調
・メンデルスゾーン:無言歌第6番ト短調Op.19b-6(ヴェネツィアの舟歌第1)
・メンデルスゾーン:カンツォネッタ(弦楽四重奏曲第1番変ホ長調Op.12より)
・シューベルト:メヌエット(ピアノ・ソナタ第18番ト長調D.894,Op.78より)
・タルレガ:ラグリマ(涙)
・タルレガ:3つのマズルカ

中でもLPでA面すべてを使って収録されたパガニーニのイ長調のソナタが当時としては聴き物だった。オリジナルはヴァイオリンとギターのために書かれたが、ここではギターパートにところどころヴァイオリンパートの音を足すなどしてギターソロにアレンジして弾いている。古典期から初期ロマン派の様式の従って書かれたソナタ。パガニーニらしく慰安的で深刻さを持った曲ではないが、クラシックギターにとっては貴重なレパートリーだろう。
ブリームは艶やかな音色と切れのいい技巧で見事な演奏を展開している。第1楽章提示部の繰り返しをし、展開部ではテクニカルなパッセージを難なくクリアしながら盛り上げていく。解釈としてはパガニーニを初期ロマン派と位置付け、ややロマンティックに寄った演奏とぼく自身は聴いた。他の小品類もほぼ同じ路線の解釈で、テンポのゆれ、ポルタメントやスラーなどのギター的演奏技法もほどほどに繰り出している。当時高校生の頃の記憶では、セゴヴィアほど酔っ払わず、ジョン・ウィリアムスほど杓子定規ではなく、伊達男の粋な演奏といった感想を持ったものだが、今回あらためて聴いてやはり同じ印象だった。
原曲のギターパート譜を見ると分かりやすくシンプルな曲だとは思うのだが、大ソナタらしい構成と起伏で飽かずに聴かせるにはある程度のスピード感が必要で相当にテクニカルな曲だ。


8弦ギターを駆使した演奏(ただしこの曲では追加された低音弦2本はほとんど使われていないようだ)で第1楽章。ブリームの録音(1962年とあるのは何かの勘違い?)にインスパイアされたと記されている通り、ブリーム編の演奏をかなり忠実に再現している。ノイマン社のマイクを使っているとのことだが、音が歪みっぽいのはニコンD660のせいかしらん…


ブリームによるこの盤の音源で全三楽章。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)