ジュリアーニ <スペインのフォリアの主題による変奏曲>作品45



このところまとまってギターを手にする時間がなく、まともな練習は出来ないのだが、そんなことを言っているうちに人生が終わってしまいそうなので、細切れ時間も利用して楽器を取り出すよう心掛けるよう(^^。今夜も僅かな時間ながら、楽器を取り出し、こんな曲をさらった。


201806_MG_OP45.jpg



先日来の変奏曲つながり。今夜はマウロ・ジュリアーニ(1781-1829)作品45<スペインのフォリアの主題による変奏曲>。この曲も学生時代から時折楽譜を広げては弾いている曲。自称中級以上の諸氏ならば、きっとさらったことがある曲だろう。主題となったフォリアについてあたらめて記す程の知識もないが、スペインあるいはポルトガル由来の曲(ないしはモチーフ)で、バロック期以降、多くに作曲家がそのテーマ(低音あるいは和声進行)による変奏曲を作った。ギター作品でもこのジュリアーニを始め、フェルナンド・ソルや近代のマヌエル・ポンセの作品が有名だ。ジュリアーニのこの曲は、ギター弾きにはお馴染みの<ジュリアーニ的>技巧で書かれていて、高速のスラーやオクターブ跳躍など、日々の指の練習にも好適な曲だ。

元のフォリアの和声進行をほとんど崩さず変奏を展開していることもあって、ゾクッとするような和声感はあまりない。各バリエーションに設定された技巧的作法をそこそこのスピードとダイナミクスの変化をつけて弾き切ること求められる。中では、ニ長調に転じてゆったりを歌う第5変奏の最後、オクターブ跳躍しながらテンポを上げてアタッカで第6変奏ヴィヴァーチェに入るくだりが、この曲の聴かせどころだろうか。音符の並びだけ見ると、そう難しくはないのだが、それだけに面白く聴かせるにはスピード感と技巧の余裕が必要だ。

楽譜はこちら


映像は不鮮明だが、演奏はとてもいい。先に記した第5変奏から第6変奏へのブリッジは、3分過ぎ辺りからニ長調の穏やかなフレーズに続き、3分20秒から3分40秒にかけて。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ソル「私が羊歯だったら」の主題による序奏と変奏



何気なくテレビのスイッチを入れるとプロレスラー蝶野正洋とジャズピアニスト大西順子が出ていた。後楽園ホールのリングで蝶野に技をかけられる大西順子に巡り合えるとは(爆)たまにはテレビも見ないといけません。 さて、きょう土曜日、所属している隣り町のマンドリンアンサンブルでちょっとした演奏機会があって参加予定だったが、急な野暮用でドタキャン。うだうだと時間を過ごした。夜になってひと息つき、先日の続きでちょっとギターをさらう。取り出した楽譜はこの曲。


201806_Sor_Op26.jpg


前回からの変奏曲つながりでフェルナンド・ソル(1778-1839)作曲の「私が羊歯だったら」の主題による序奏と変奏作品26.広げた楽譜は前回同様中野二郎編。中野二郎編のソル全集は初版が70年代半ばに出て、今も版を重ねている。現在では複数のソル全集が存在するが、今もって信頼に足る版として貴重な存在だ。

楽譜を広げて弾き始めると、先日の作品28<マルボロ―の主題による…>に比べると技術的難易度が高い。11小節からなる序奏こそすんなり弾けるだろうが、続く主題の提示からハイポジションかつ縦に厚い和音構成。ハイポジションでの音の位置が頭と体に染み込んでいないと初見ではつまづく。ハイポジションでの和音は音をキープすることと同時に、左手各指の力の入り具合で和音を構成する音の音程がそれぞれ微妙にずれ、その結果和音としての響きの純度が失われがちだ。
主題の「私が羊歯だったらQue ne suis-je la fougère」は古いフランス民謡といわれるが、諸説ある模様。曲想は相変わらずソルの趣味のいい和声感に彩られている。特にイ長調に転じる第3変奏はLent_Cantabileの指定があって美しい。曲は技巧的な第4変奏で突然終わるが、何かエンディングがほしい気がしないでもないが、どうだろう。

楽譜はこちら


フィンランド出身パトリック・クレモラによる19世紀ギター(ファブリカトーレのレプリカ)を駆使した演奏。ハイポジション左手の完璧なコントロール! アーティキュレーション他すべてに二重丸◎だ。


フェルディナンド・カルリ(1770-1841)も同じ主題を使って変奏曲を書いている。こちらは曲の規模も小さく、難易度もソルの曲よりずっと易しい。


「私が羊歯だったらQue ne suis-je la fougère」元曲はこんな感じ。ペルゴレージ作という説もあるようだ。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ソル:マルボロ―の主題による序奏と変奏



少し早く帰宅したこともあって、久々にギターを取り出し、こんな曲をさらった。


201806_Sor_Op28.jpg


フェルナンド・ソル(1778-1839)作曲<マルボロ―の主題による序奏と変奏>作品28。広げた楽譜は中野二郎監修ソル全集第4巻<変奏曲集>のもの。この第4巻には有名な作品9<魔笛の主題による変奏曲>他、ソルの作った変奏曲9曲が収められている。

いうまでもなくソルの活躍した19世紀前半は古典ギター黄金期といってよく、他のクラシック音楽同様、ギター曲でも変奏曲は重要な形式として多くの曲が残された。ソルの作品ではもっぱら<魔笛…>ばかりが取り上げられるが、ぼくは昔からこのマルボロ―…が好きで、学生時代からよく弾いて楽しんだものだ。<魔笛…>のような華やかな終わりをもたず、同じコーダながらしずかに幕を閉じるところが、コンサートプログラムとしては敬遠されるのかもしれない。

この曲でもソルの和声感は他の同時代のギター作品に比べ抜きんでている。序奏出だしのフレーズ…A-D-D-D-Ais-EのあとA-E-E-Eと続き、次のDis-Fisの二つの音を経てホ短調へ移る。ここが例えばカルリあたりでは、A-D-D-D-Ais-EそしてA-E-E-E-D-Fisと平凡なカデンツI-V,V-Iになってしまうところだ。続いて<マルボロ―は戦場に行った>という19世紀初頭から知られるフランス民謡の主題が奏でられる。ここではその親しみやすいメロディーが6弦をDに下げた効果を生かした持続低音にのって(パストラーレ風に)奏される。以降、5つの変奏が続くが、技術的にはソルの作品中では比較的弾きやすい。アルペジオにのせて低音がメロディーをとる華やかな第5変奏のあと、突然静まり返ってハーモニクスで主題が回顧され、最後は序奏でとられたとの同じ短調への移調が再び顔を出し、静かに曲を閉じる。

楽譜はこちら


多弦ギターを操るアンデシュ・ミオリンによる演奏。


元曲の民謡<マルボロ―は戦場に行った>
今でも歌い継がれているようだ。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

アンティゴーニ・ゴーニ(G)のバリオス



好天に恵まれた週末も終わり、あすからまた仕事いう晩。このところ楽器に触れる時間がないこともあって、せめて今夜は美しい音のギター演奏を聴こうと、こんな盤を取り出した。


201806_Antigoni_Barrios2.jpg


ギリシャ生まれのアンティゴーニ・ゴーニ(1969-)によるバリオス作品集。ナクソスレーベルのバリオス作品集第1集として2001年にリリースされたもの。1999年録音。収録曲は以下の通り。

マシーシャ/森に夢みる/ワルツ Op.8-4/ユモレスク/サリータ(マズルカ)/マドリガル(ガヴォット)/ビダリータと変奏曲/あなたの心のそばで(ワルツ)/マベリータ/あなたとわたし(ロマンティックなガヴォット)/クリスマス・キャロル/ペピータ/アンデス組曲

クラシックギター愛好家を自認しながら、実のところその世情には疎い。かつては定期購読していた雑誌「現代ギター」も随分前から縁遠くなっている。そんなこともあって、この盤のアンティゴーニ・ゴーニとことはナクソスのCDで初めて知った。手元にはこのバリオス作品集ともう一枚、デュアルテ作品集がある。そしてその二枚とも、近年手に入れたギターの音盤の中ではもっとも繰り返し聴いている愛聴盤だ。
愛聴盤となった理由の一つがゴーニの弾く名器ロマニリョス(1989年製)から繰り出される音の美しさだ。もちろん録音時の加工もあるだろうが、それと思われる要素を差し引いても文句なしに美音。ピュアな高音、深い共鳴音に支えられたふっくらとした低音、楽器の特性とそれを引き出すゴーニの技量との合わせ技によるモダンギターの一つの理想形の音が楽しめる。この盤での使用楽器がロマニリョスと知ったこともあって、2000年頃にギターを再開するにあたり、ロマニリョスの講習会を終え帰国して間もなかった田邊雅啓氏に新作の注文を出したという経緯がある。

この盤で弾かれるアグスティン・バリオス(1885-1944)の作品は、近年のギターコンサートで人気が高い。しかし曲の中身に関して玄人筋の評価は分かれる。ぼく自身はギターの特性を生かしたポピュラリティの強いサロン音楽という印象をもっていて、ソルに代表される古典作品やテデスコ、トローバ、ポンセ他の近代作品と別次元のもので、それゆえにバリオスの作品は、ともかく鮮やかな技巧と美しい音色を楽しむものと感じている。
ゴーニによる演奏はその両面を見事にかなえてくれていて、同時の曲の表現に関しても妙な癖がなく、ラテン系演歌のようなこぶし回しもごく控えめで好感がもてる演奏だ。


この盤の音源。<あなたの心のそばで>


アンティゴーニ・ゴーニ 最近の録音風景。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

セゴビアSPコレクション



五月最後の日曜日。きょうも野暮用続きの一日。夜半近くになってようやく落ち着き、さて今夜はギターでも聴こうかと、こんな盤を取り出した。


201805_Segovia_SP.jpg


セゴビアSPコレクションと称する2枚組CD。80年代の終わりにワーナーパイオニアから出た例のセゴビアコレクション全16巻の番外編として1989年にリリースされたもの。時すでに第2次大戦真っ只中の1944年1月10日から29日までの3週間に渡って米デッカ(MCA)のために録音したすべての曲が収められている。少々長くなるが収録曲を以下に記しておく。

CD1
1. 第1番 ハ長調作品6の8 /ソル 
2. 第2番 ハ長調作品35の13 /ソル 
3. ソナタL.352 K.11 /スカルラッティ 
4. メヌエット /ラモー 
5. 第5番ロ短調作品35の22 /ソル 
6. 第4番二長調作品6の1 /ソル 
7. 新しいアイルランドの調べ /パーセル 
8. メヌエット /パーセル 
9. ジグ /モルガン  
10. ガリアード /ダウランド 
11. アンダンテ /ハイドン 
12. 第3番イ長調作品6の2 /ソル 
13. 第6番ニ長調作品35の17 /ソル 
14. 第9番イ短調作品31の20 /ソル 
15. 第10番イ長調作品31の19 /ソル 
16. 聖母の御子 /カタルーニャ民謡 
17. アメリアの遺言 /カタルーニャ民謡 
18. 第19番変ロ長調作品29の13 /ソル 
19. サラバンド /ポンセ 
20. ガヴォット /ポンセ 
21. メヌエット /ハイドン 
22. 第12番イ長調作品6の9 /ソル 
23. 第15番ニ短調作品35の16 /ソル 
24. 第8番ニ短調作品6の9 /ソル 
25. 第11番ホ長調作品6の3 /ソル 
26. 第20番ハ長調作品29の17 /ソル 
27. ダンサ・モーラ /タレガ 
28. メヌエット /タレガ 
29. ブルガーサ /トローバ 
30. アルバーダ /トローバ 
31. アラーダ /トローバ 

CD2
1. グラナダ /アルベニス 
2. スペイン舞曲第10番 /グラナドス 
3. パバーナ第6番 /ミラン 
4. パバーナ第4番 /ミラン 
5. パバーナ /サンス 
6. ロマンス /パガニーニ ポンセ編 
7. スペイン舞曲第5番 /グラナドス 
8. 朱色の塔 /アルベニス 
9. トナディーリャ /グラナドス 
10. セビーリャ /アルベニス 
11. エントラーダとジーグ /ド・ヴィゼ 
12. ジーガ・メランコリ /セゴビア
13. ブーレ /ド・ヴィゼ 
14. メヌエット 
15. カンツォーネ 
16. サルタレッロ 

こうしてみると後年の再録音やセゴビア編の楽譜でもお馴染みのオハコが並んでいる。CD1ではソルの練習曲(特にセゴビア編20の練習曲)が、そしてCD2ではスペインものが過半を占めている。個々の曲の演奏や解釈は後年、60年代以降の再録音のものに比べ、総じてテンポが速いものの基本は大きく変らない。その解釈については、現代的な視点でみると異論を免れないものではあるが、それよりもこの盤でもっとも注目すべきは、セゴビアの奏でるギターの音色そのものだ。使用楽器はハウザー1世。そしてまだナイロン弦はなく、ガット弦が張られていた時期にあたる。つまり、20世紀初頭のスパニッシュギターを範にしたハウザーギターとガット弦の音がよい条件で聴けるアルバムということになる。

SP盤用の録音ということではあるが、1940年代半ばの録音としてはすこぶる録音状態がいい。もちろんSP盤から<板起し>をしたわけでないので、SP盤再生に付いてまわる針音はない。ギターの目前にマイクを置いて録られた音のようで、しかもほとんど残響のないデッドな録音のため、セゴビアのタッチに反応するギターの音色が生々しく聴こえてくる。ハウザーギターとガット弦による音は甘く太く、同時にカリッとした立ち上がりの良さも兼ね備えている。ヴィブラートのかかり具合も現代のギターよりも強い。一方で、サステインは短めでコロコロした音色。6弦低音の音も特徴的で、低めのウルフトーンに支えられ、6弦ローポジションの音がドンッと響く。

94歳で亡くなる直前まで現役であったセゴビア(1893-1987)にとって、録音当時の50歳はまだまだ青春だったかもしれない。時折聴かせる技巧の切れは素晴らしく、また特徴的なタッチとそこから生まれるセゴビアトーンは、後年の録音よりも一層個性的。現代の多くの名手と違って、音を聴いてすぐにそれを分かるセゴビアは、やはりワンアンドオンリーの存在だ。


この盤と同じ音源によるグラナドス<トナディーリャ=ゴヤの美女>


没後30年の昨年夏、Eテレでのセゴビア特集。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

益田展行(G)のバッハ



週末金曜日。今週も大過なく終了。
夜半近くにも関わらず気温高く、蒸し暑さを覚える。少しエアコンで室温を下げ、熱い珈琲を淹れてリラックス。散らかった卓上の整理をしながら、こんな盤を聴いている。


201805_Masuda_Bach.jpg


益田兄弟の弟。益田展行によるバッハ作品集。一昨年の正月明けに、同氏の東京デビューコンサートを聴きにいった際に終演後買い求めたもの。2015年五反田文化センターでの録音。収録曲は以下の通り。

無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012
無伴奏ヴァイオリンソナタ 第1番 ト短調 BWV1001
無伴奏ヴァイオリンソナタ 第3番 ハ長調 BWV1005

ギターでバッハ…ギター弾きにとっては弾くことも聴くこともお馴染みのテーマ。今更その関係を語るつもりも、また資格もないが、セゴビアやさらに先駆のタレガあたりから始まったバッハへの取り組みも百年を迎える時代になり、今ではそれほど奇異な目で見られることもなくなった。かつては限られた曲の編曲が断片的に取り上げられることが多かったが、今ではチェロやヴァイオリンの無伴奏作品が丸々弾かれることも珍しくなくなった。この盤で取り上げている曲のうち、チェロ組曲第6番は以前からお馴染みで多くの録音も出ているが、無伴奏ヴァイオリンソナタの二つに関しては、ギターで弾かれることは珍しいといってよいだろう。

言うまでもなく、バッハはバロックあるいは音楽史上の最高峰といってよい作曲家だ。音楽のプロフェッショナルを目指す人々も、多くの研鑽を経たのち最後に取り組むもっとも難易度の高い課題だろう。ぼくらのようなアマチュアギター弾き風情が「道楽ですから」と、安易に弾き散らかして悦に入るのは、いささか無礼にさえ感じる。が、やはり密かにその響きに浸る楽しみは他に代えがたい。今では無伴奏ヴァイオリンのソナタや組曲、無伴奏チェロ組曲などは、複数のギター編楽譜が出ているが、かつてはそうしたギター編の出版も少なく、ヴァイオリン用のミニチュアスコアを広げて、その響きを楽しんだ記憶がある。

この盤で弾いている益田展行氏は実演に接した印象からも、その上手さは兄正洋氏に勝るとも劣らない。技巧の安定度は抜群で、演奏会でのオールバッハプログラムでもミスらしいミスは皆無、愛器カール・ハインツ・ルーミッヒから繰り出される音は淀みなく美しく響いていた。このアルバムでもそうした美点を聴くことができる。

この盤のPV


最近YOUTUBEで出会った素晴らしい演奏。無伴奏ヴァイオリン組曲BWV1004。アルマンド~クーラント~サラバンド~ジーグ~シャコンヌと続く。


ラファエラ・スミッツによる<シャコンヌ> 8弦の19世紀ギターによる演奏。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

バッハ BWV998


きのうに続き、帰宅後少しギターの練習。きのうBWV997をさらった余勢を駆って今夜はBWV998のプレリュード・フーガ・アレグロ。ひとしきり「弾けない確認」をしたあと、口直しにと、こんな盤を取り出した。


201805_Sollscher.jpg  201805_BWV998.jpg


久々に針を下ろしたイョラン・セルシェル(1955-)の弾くバッハ。この盤にはフーガト短調BWV1000とプレリュード・フーガ・アレグロ変ホ長調BWV998が収録されている。かつての印象そのままで、実に端整な演奏だ。11弦ギターの特性もあってバッハのポリフォニックな音楽を存分に楽しめる。当時まだまだメジャーだったスパニッシュでラテン的なクラシックギターの独自の音楽表現とは隔絶していて、いわゆるギター的な表現や音色感ではなく、器楽としてきわめて普遍的な演奏を繰り広げている。こうした演奏なら他の楽器を弾く人が聴いても違和感はまったくないだろう。具体的には、安定したテンポとしっかりした拍節感、ギター特有のスラーやポジショニングの排除、均一な音色…そうした要素が奏功しているわけだ。
B面にはソルのモルソー・ド・コンセール作品54とソナタハ長調作品15が入っている。特に作品54はあまり聴く機会がない曲だ。作品15は明るく古典的なフレーズに満ちた単楽章のソナタ。これらは通常の6弦ギター(ジャケット写真からみるとホセ・ラミレス3世)による演奏で、聴き親しんだクラシックギターの世界ではあるが、セルシェルはここでも普遍的かつ安定した古典的な様式感にのった音楽を展開していて素晴らしい。

セルシェルが1978年のパリ国際コンクールで第1位になってデヴューし人気を博した70年代の終わりから80年代入る頃はちょうどぼくも社会人になって間もない時期。まだまだ学生気分でギターを弾いていた。しかしその後仕事に追われギターからも距離をおくようになった。ほぼ20年ぶりでギターに復帰してみたら、新人だったセルシェルもバルエコも、そしてもちろん自分もすっかりオジサンになっていた…(^^; 健康寿命もあと何年続くかと考えると、こんな駄文を打っている時間を楽器の練習にまわした方がいいに違いない。


モダンギターでは原調から半音下げてニ長調に移した版がほとんどだ。


リヒテルの弾くBWV998 <プレリュード・フーガ・アレグロ>


二段譜でみればフーガも分かりやすい。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)