アンティゴーニ・ゴーニ(G)



関東地方はきょうも穏やかな一日。パピー監視で寝不足MAX。それでも何とか本日も業務に精励。定時に退勤と相成った。いつも通りの夜がきて、いつも通りの音盤タイム…とはいっても、新規導入のアキュフェーズの出番はなく、ダイニングテーブルで渋茶をやりつつ、こんな盤を取り出しPCのドライブにセットした。


201711_Goni.jpg  201711_English_Suite.jpg


ギリシャ生まれのアンティゴーニ・ゴーニ(1969-)が弾く、ジョン・デュアルテ(1919-2004)のギター作品集。ナクソスレーベル2000年録音。収録曲は以下の通り。

 ピエモンテ組曲 Op. 46
 みなロンドで Op. 57
 音楽の肖像 Op. 107
 イギリス組曲 Op. 31
 カタルーニャ民謡による変奏曲 Op. 25
 鳥 Op. 66
 アントニオ・ラウロへのオマージュ (3つのワルツ)
 ソナティネッテ Op. 35

デュアルテの名はセゴヴィアがこの盤にも入っている<イギリス組曲>の録音を残していることから、ぼくら世代にはお馴染みの存在だ。デュアルテは1930年代にジャズギターで彼の音楽家としてのキャリアをスタートさせた。そのため、いずれの曲もクラシカルな体裁の中にも、モダンでジャジーな和声が折り込まれ、クラシック音楽、あるいはクラシックギターに馴染みのない人にも親しみやすい。イギリスの古い民謡集の編曲なども出していて、この盤に収録されている曲もそうしたフォークロアの味わいが色濃い。同時にギターの楽器としての特性もよく研究され、ギターの広い音域がうまく使われていて、よく響く。

有名な<イギリス組曲>は、ぼくも学生時代の終わり頃に楽譜を手に入れてポロポロと弾いたものだ。今でもときどき引っ張り出す。ペンタトニックを織り交ぜた日本人が親近感を持つ英国風なメロディー、ジャズ畑の人らしいモダンな和声が美しい。技術的にも歯が立たないというほどでもない。中上級者に好適な一曲というところだろうか。

かつてクラシックギターは、ピアノやヴァイオリンなど他の楽器では考えられないような基本的な技巧面でキズがある演奏も多かった。プロの演奏でもミスタッチやあやふやな音程、不自然なフレージングなどあたり前だった。しかし近年はそうした基本的なことでの心配なしに演奏を楽しめるようになった。もちろんゴーニの演奏からそうした不安や不自然さは一切感じられない。安心して音楽に浸れる。右手のタッチも明快かつ切れ味があり、名工;ホセ・ロマニリョス製ギターから紡ぎ出される音色も素晴らしく美しい。ゴーニは同じくナクソスからバリオス作品集やリサイタル盤も出している。いずれも現代的でシャープな演奏ながら音楽はゆったり流れ、フレージングも自然で過不足ない。


この盤の音源から<イギリス組曲>。
1.Prelude 2.Folk-song 3.Round Danceの3曲からなる。ゴーニの愛器ロマニリョスの美しい音色。低めのウルフトーンに支えられたふっくらとした低音、反応のよい高音が心地いい。やや杓子定規な運びだか、節度なく崩す演奏よりはずっといい。


同じくこの盤の音源。<鳥>から白鳥


アンティゴーニ・ゴーニmeets Hauser。彼女の愛器:ロマニリョスのオリジンともいうべきハウザーギター。1世、2世の作品と、そのハウザーが範としたスペインのサントス・エルナンデスをゴーニが検分している。低音の共鳴音(ウルフトーン)の低さが話題になっている。軽めのボディ、ピュアな高音と深く太い低音。このバランスが古いスパニッシュからハウザー、ロマニリョスへと引き継がれる伝統的な音の系譜の代表的な一つ。ヘッドフォンをPCにつないで聴けば、これらの名器の特徴がよく聴き取れる。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

M・ポンセ<前奏曲集>



きのうきょうと時折小雨降るあいにくの週末。気温も低く、この秋はじめてセーターを着込んで過ごした。きょうは昼過ぎから野暮用外出。その足で先日拙宅に遊びに来てくれた知人が参加しているギターアンサンブルの練習を見学。ひと月ぶりにお会いして、その後新調したという楽器も拝見してきた。こういうギター仲間との交流があると、こちらも刺激を受ける。帰宅後、楽器を取り出し、日が暮れる時刻まで、しばし練習に精を出した。


201710_Ponce_Prelude.jpg  201710_Ponce_Prelude_Segovia.jpg


時々思い出したように楽譜を広げて楽しむマヌエル・ポンセの前奏曲。ぼくら世代には懐かしい70年代に音楽之友社から出ていたセゴビア・アルバムの1冊、第10巻を取り出した。この巻には<セゴヴィア編12の前奏曲>が載っていて学生時代にはひと通り弾いた記憶がある。久々に楽譜を広げると当時のものと思われる書き込みもあった。

本ブログでも時々登場してもらっているマヌエル・ポンセ(1882-1948)は、ギター弾きにとっては近代作品の貴重なレパートリーを残してくれた作曲家だ。しかし大曲のソナタ類はその素晴らしさを承知していながら相当気合を入れないと、ものにならない。その点この前奏曲集はどの曲も1分ほどの小品の集まり。技巧的にも自称中級程度の技術レベルで何とかなる。 それでいて音楽として中々楽しめるもので、フレーズの切り出し、アーティキュレーションの吟味、ヘミオラやゼクエンツの扱い、近代的和声感の感じ方と表現など中々いい教材だ。12曲全部は荷が重そうなので半分ほどを選んで練習し、機会があればどこかでお披露目しようと思っているが、未だ実現せず。またセゴヴィア編ではないリヴァイスされた<24の前奏曲>の楽譜も、そのうちと思いながらまだ手に入れてない。


弦長600mmのミニギターで弾いている演奏。<24の前奏曲>から


全24曲を弾いているプレイリスト。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

Guitar Music of 80’s



きのうの夏日から一転、気温15℃の肌寒い一日。しとしと終日雨模様。どうやら週末そして来週前半くらいまでぐずついた天気が続くらしい。ほどほどの雨は、静かで落ち着いて悪くはない。幸い週末。まあ、濃いめの珈琲でも淹れてのんびりしよう…と、そんなことを考えながら音盤タイム。きのうの記事で思い出し、この盤を取り出した。


201710_Wiedemann2.jpg  201710_Wiedemann_80s.jpg


アウグスチン・ヴィーデマン(写真)の弾く80年代ギター曲集。BMGグループの廉価盤レーベルARTENOVAの1枚。きのうの記事に書いた同じヴィーデマンによる<90年代ギター曲集>の姉妹編。もっともリリースはこちらが先。収録曲は以下の通り。

ローラン・ディアンス
Libra Sonatine (1982)
 •India
 •Largo
 •Fuoco
セルジュ・アサド
Auquarelle pour gitarre (1986)
 •Divertimento
 •Valseano
 •Preludio e toccafina
ジョー・ザヴィヌル
 •Mercy, Mercy, Mercy (arr. 1989, Helmut Jasbar)
レオ・ブローウェル
EI decameron Negro (1981)
 •La arpa del guerrero
 •La huida de los amantes por el valle de los ecos
 •Ballada de la doncella enamorada
武満徹
•All in Twilight - Four Pieces for Guitar (1988)


先に記した通り、<90年代ギター曲集>の姉妹編にあたる盤だが、たまたま選曲によるだろう、10年早い80年代曲集のこの盤の方が、より現代的で斬新な表現がみられる。ついこの間の80年代…と思っているのはぼくらのような年寄りだけで、紛れもなくすでに30年が経過しているのだ。この間に、ディアンスの曲も、ブローウェルの<黒いデカメロン>、そして武満徹の<すべては薄明の中に>も、すっかり定番曲になっているといっていい。いくつかの曲を除き、静寂が支配する音の世界が広がる。コンサートでこれらの曲だけを並べることはありえないだろうが、そこはCD。コンセプトとしてのまとまりのよいアルバムに仕上がっている。ヴィーデマンのギターは、柔らかな美しい音色で丁寧に弾き込んでいる。


アサドの美しい曲<Valseana>


派手な仕掛けが満載のディアンス<Fuoco>。


楽譜はこんな感じです



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

Guitar Music of 90’s



きょうの当地関東地方は、日照ほどほどながら気温湿度共に高く、ちょっとムッとするような暑い一日だった。前線通過の影響とか。あすは一気に肌寒くなるらしい。 さて、本日も程々に業務に精励。ひと息ついて夜も更けて…こんな盤を取り出した。


201710_Wiedemann.jpg


1992年のハバナ国際ギターコンクールで優勝したドイツ生まれのヴィーデマンというギタリストが1990年代、すなわち現代のギター曲を集めて弾いている盤。ARTENOVAという廉価盤レーベルの中の1枚。以前は都内の店ではよく見かけたレーベルだが、最近目にしない。収録曲は以下の通り。3.を除き他は数曲の小品で構成されている。

 1. ローラン・ディアンスのフランスシャンソン集
 2. ボグダノヴィッチのジャズソナタ
 3. スティング:孤独のメッセージ
 4. ヘルムート・ヤスバー:4 Miles 2 Davi

いずれの曲も耳に心地よく、夜更けのBGMとしても最適だ。ちょうど一年前、昨年の10月に亡くなったローラン・ディアンス(1955-2016)のフランスシャンソン集からは全26曲中5曲が選ばれている。いずれもジャスとポピュラーのテイストを帯びた曲想をクラシックギターの技巧にのせて奏でられる。フレンチ・シャンソン集は挑戦してみたい曲ではあるが、楽譜を見るとクラシカルな古典的素養だけでは初見がききにくい譜割りだ。ジャズギタリストが耳コピーして弾けば、正確さはともかく、雰囲気は掴んでいとも簡単に弾くのかもしれない。ボグダノヴィッチのジャズソナタもしばらく前から人気の曲。孤独のメッセージはポピュラーファンにはお馴染み曲だろう。
クラシックギターって、どういうギタージャンル?と聞かれて説明しようとすると、クラシックギターという呼称と実態には中々説明しにくい現実がある。こうした曲だけが90年代あるいは現代のギター曲を代表しているわけではないが、ジャズ・ポピュラーテイストとクラシカルなギター技法との融合という点において、その一つには間違いないだろう。


ディアンスのフランスシャンソン集のプレイリスト


ボグダノヴィッチ:ジャズソナタから



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

第一回アンドレスセゴビア国際コンクール1981年



書棚を整理していたら、しばらく忘れていた封筒が出てきた。


DSCN6252 (560x560)


大阪のギター製作家:故・松村雅亘氏から届いたもの。十数年前、大阪出張の折の工房を訪れ、その後新作を依頼したり何度か手紙のやり取りをしていた頃のもの。いくつかの貴重な資料に加え、来日したギタリスト:ステファノ・グロンドーナ氏が持参したDVDが同封されていた。

そのDVDは、1981年に開かれた第一回セゴビア国際コンクールのドキュメンタリー。当時BBCが作成して放送されたものを誰かが録画し、二十数年ぶりに、そのコンクールにも出場していたグロンドーナ氏の元へ届いたというものだった。そのコンクールの本選出場者6名の中には、日本から参加した共に二十代だった堀内剛志氏と岩永善信氏が残り、堀内氏はみごと優勝を果たした。そして、堀内氏が使った楽器が、当時ロベール・ブーシェの教えを受け、本格的に日本国内で製作は始めていた松村氏作のギターであった。当時に様子は、雑誌現代ギター誌にも掲載されたので、覚えのある輩もいるだろう。

今では日本人ギタリストも多くの国際コンクールで上位入賞するようになり、個々そして全体としてのレベルも当時と比べると著しく上がった。しかし一方で、コンクール入賞が音楽の終着点のようになって、押しなべて没個性の演奏や音になってしまっている現状も無視できないだろう(これはギターに限らない)。今から三十余年前の当時は、まだまだ世界は遠い時代だったが、高い志と個性が光る時代でもあった。

その貴重な映像を今はYOUTUBEで見ることが出来る。この第一回のコンクールで本選に残ったメンバーは以下の6名(カッコ内は当時の年齢)、堀内剛志(22)、岩永善信(28)、ポール・ガルブレイズ(18)、ステファノ・グロンドーナ(23)、エリオト・フィックス(27)、チェリル・グライス(28)。世界から集まった有能な若者を、暖かく迎える企画運営の様子も伺える。優勝した堀内剛志氏は当然嘱望される存在となったが、その後悲劇的な出来事があり、第一線から姿を消した。この動画の最後で一言そのことに触れている。本ブログではその件についてはこれ以上コメントしないことにする。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ギター熱上昇中



きょうは帰宅途中に近所のショッピングセンター内の書店へ。雑誌を二冊買い、ついでに音楽書コーナーを覗く。もちろん一般書店なので珍しいものがあるわけではないが、国内クラシックギター関連書の老舗現代ギター社の新譜などは時々置いてある。きょうもあてもなく眺めていたら、そのうち手にしようと思っていた曲集があったので、レジへ持っていった。


DSCN6246 (560x560)


二冊の曲集。一つはギタリストの鈴木大介(1970-)作曲による「12のエチュード」。現代ギター誌に連載されたいたものがまとまっている。今年5月の出版。もう一冊は同じくギタリスト益田正洋(1978-)の校訂・運指によるグラナドス(1867-1916)の「12のスペイン舞曲集」。編曲は益田氏とやはりギタリストで作曲家でもある藤井眞吾氏による。昨年秋の出版。

パラパラとページをめくっただけだが、鈴木大介「12のエチュード」は、それぞれの曲に、はげまし・解き放たれた心・ドルフィン・記憶・ゆれる麦の穂…といった副題が付されていて、弾く前から何となく曲をイメージしたくなる。エチュードだから、曲ごとに習得すべき技術的・音楽的な課題があるのだろうが、現代風の小品としてもおそらく楽しめるのものだろう。

昨年そして今年と、没後100年・生誕150年となるエンリケ・グラナドスのスペイン舞曲集は古くからギター用編曲がなされ、アルベニスの諸作品と共に、近代スペイン音楽の薫りをギターで楽しめる貴重なレパートリーだ。近年、クラシックギターの演奏会で取り上げられる曲というと、70~80年代とは随分様変わりしていて、19世紀の古典ギター黄金期の作品や、スペイン近代の編曲物など、かつての王道プログラムの影が薄くなり、先日の記事に書いたバリオスなど中南米の作品や、ポップスやジャスの感覚を取り入れた現代作品などが増えてきているように感じる。そんな中、益田正洋氏は、古典期のソナタ集を録音したり、この曲集のようなスペイン物も取り上げたりと、かつての王道プログラムを積極的に取り上げ、素晴らしい成果を挙げている。

スペイン物はいずれの曲もその曲調に比して、技術的には中々ハードルが高い。特にピアノからの編曲ということもあって、音の展開に起因する左手の押弦の難易度が高い。このスペイン舞曲集も以前から見知っている曲だが、今回の編曲をちょっと眺めても、安直に楽しむというレベルではなさそうだ。まあ、初見で通せるような安直な曲ばかりでは一向に進歩もないし、少しは気合を入れて取り組もうかと…ひとまず今夜は心に誓ったところだ。さて、どうなるか…


益田正洋氏は以前よりこの曲集の演奏に傾注し、楽譜出版と共にCD録音も完成させた。


福田進一グラナドスを語る


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ジョン・ウィリアムズのバリオス



先日ギター仲間の来訪があったり久々に楽器店を巡ったりと、このところギター熱が上昇中。万事に熱意のなくなった昨今にあってはいい兆候だ。今夜も音盤棚を見回し、こんな盤を取り出した。


201709_Barrios.jpg  201709_JW_Barrios.jpg


数年前に引退表明したジョン・ウィリアムズ(1932-)がバリオスの作品だけを入れた盤。ジョンは90年代に入ってバリオス作品を再録しているが、このLPは70年代半ばの最初の録音。当時クラシックギター弾きの間で、バリオスがにわかに人気となってきた頃のもの。大聖堂、郷愁のショーロなど、ちょうど学生時代真っ只中だったぼくもせっせと弾いた記憶がある。その後バリオスは次第にクラシックギターのレパートリーとして定着し、そのギター的な音使いや親しみやすい曲想から、現在も人気が高い。その意味でこのジョンのレコードはその後現在まで続くバリオス人気のバックボーンを成した一つのマイルストーンだ。収録曲は以下の通り。

<A>
1. 大聖堂
2. (a) マドリガル(ガヴォット)
  (b) メヌエット
  (c) マズルカ・アパッショナータ
3. (a) 練習曲
  (b) 前奏曲
4. 森に夢見る
<B>
1. ワルツ第3番
2. (a) クエカ
  (b) サンバのしらべ
  (c) マシーシャ
3. 最後のトレモロ
4. 郷愁のショーロ
5. クリスマス・キャロル

かなりデッドな音響の録音。この盤の少し前に出たアストリアスでのやや過剰な残響とは対照的だ。それでも音のバランスは良好で、大聖堂の第1曲宗<教的なアンダンテ>では、当時使っていた楽器:フレタの男性的な重低音がどっしりと響く。ジョンらしい端整な演奏で、細かなタッチまでよく聴き取れる。

今も人気の高いウルグアイ生まれのアグスティン・バリオス=マンゴーレ(1885-1944)。人気の大きな理由はそのポピュラリティーだ。ジョンはバリオスを称してギター界のショパンだと言っているが、それは少々言い過ぎだろう。そういう発言を聞いてしまうと、ジョンはその程度にしかショパンを聴いていないのかと、ちょっとがっかりもする。しかしまあ、そう目くじらを立てず、中南米風サロン音楽、あるいは中南米演歌ギターとして聴いていればそれ以上も望まない。今や「クラシックギター」と称して、そのクラシックの意味も次第によく認識されなくなっている。バリオスがクラシックギターの代表的レパートリーと言われる現実を受け入れるしかないだろう。

ジョン・ウィリアムズの弾く、バリオスのワルツ第3番。


二ヶ月ほど前に当地へ来演した朴葵姫(パク・キュヒ)の弾く<最後のトレモロ(神様の慈悲に免じてお恵みを)>


タチアナ・リツコヴァの弾く<フリア・フロリダ> 楽器は1960年作ハウザー2世。例の海外販売店サイトの動画



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)