ジョン・ウィリアムス(g)の日本デビュー盤



自宅周辺の桜もようやく開花。ここ何年かではもっとも遅いらしい。近年が異常に早かったというべきか…。 さて、四月最初の週末日曜日。宅内野暮用少々。昼過ぎからはやる気のない道楽部屋の片付け。作業用BGMにこの盤を聴きながら、ひと汗かいた。


202404_JohnWilliams.jpg


1963年キングレコード発売のジョン・ウィリアムス(1941-)のLP盤。収録曲は以下の通り。トローバとポンセという、当時の盤としては中々玄人好みの選曲だ。

 ソナチネ、夜想曲、カスティリャ組曲(以上トローバ)
 ワルツ、主題と変奏・終曲、12の前奏曲(以上ポンセ)

ジョンというとCBSのイメージがあるが、CBSと契約したのは1964年で、それ以前の録音が数枚、ウェストミンスター他から出されている。ジョンのファンサイトにあるディスコグラフィによればこの盤は1961年の録音。彼の3枚目のアルバムにあたる。先年リリースされたボックスセットも、CBS及びCBSソニーでの録音を集めたもので、それ以前の盤は含まれていないようだ。このキング盤はおそらく日本での最初のアルバムだろう。そしてこのレコードが出た1963年にジョンは初来日している。

以前も書いた通り、クラシックギターを始めた70年代初頭の高校時代、ジョンの演奏がすこぶる気に入っていた時期がある。自在極まるセゴビアや時々妙なアーティキュレーションを繰り出すイエペスに馴染めなかったのだ。ジョンは正確無比できっちり型に収まる演奏という印象で、何よりもその正確さが十代にぼくには魅力だった。この盤はジョンの最も初期のものの一つで、セゴビアからプリンス・オブ・ギターの名を冠されていた時期だ。今聴くとさぞやつまらない演奏ではないかと予想しながら針を落としたのだが、見事に裏切られた。
トローバもポンセも、無論正確でおよそミスとは無縁の弾きっぷりだが、味気ないという印象はない。少なくても当時よくあったラテン系奏者の拍節感のない歌いまわしより余程好感が持てる普遍的なヨーロッパの音楽を感じさせる弾きぶりだ。録音はややデッドでギターの素の音が聴こえ、低音もたっぷりとし高音は妙な甘さがなくすっきりしている。そして60年代後半以降の録音ではあまり感じることのない、当時寵愛を受けていたセゴビアからの影響も随所に感じられる。フレーズが切り替わったときの音色変化、和音の弾き方、ちょっとした見得の切り方など、セゴビアの録音を彷彿とさせる箇所かいくつかあって驚いた。

このデビュー盤以降、日本はもちろん世界中で彼の名は広まり、名実ともにクラシックギター界のトップを走ることになる。この盤はその起点ともいうべき、二十歳のジョン・ウィリアムスが残した貴重な録音だ。


<追記>
非公開コメントで「この盤の使用楽器はアグアドではなくフレタ」「LPとYouTube音源=CDとではピッチが異なる」との情報をいただいた。使用楽器に関してうっかりフレタの存在を忘れていた。ジョンは1961年製フレタを使っていて、その後エルナンデス・イ・アグアドを使い始めたはずだ。よって1961年録音のこの盤での使用楽器はフレタの可能性が高いので記述を削除した。またLPとYouTube音源のピッチはぼくが自分のセットで聴く限りは、明らかな違いは感じなかった。幸か不幸かわずかなピッチ違いを感じられないぼくの耳のためだろうが、詳細比較はしていないので厳密には分からない。もちろんプレイヤーの回転数はストロボで確認済み。YouTube音源のピッチについては音源供給元にでも問い合わせないと分からない。
ジョンが使った2本のフレタについては以下のサイトに参考情報がある。
https://www.jasonwaldron-guitarist.com.au/fleta_guitars.html


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤の音源。モレノ・トローバのソナチネ第1楽章


同 モレノ・トローバの夜想曲



上述のディスコグラフィにある初期録音をまとめたプレイリスト。取り上げた盤とヨーロッパの民謡集が続く。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

オーガスティン・ヴィーデマン(g)「Guitar Music of 90’s」



今冬は当初暖冬の予報だったが、どうもこの三月は寒い日が多く、関東地方でも先週末には小雪が舞う程の天気だった。桜前線も昨年より遅れ気味の様子。これから一気に開花に進むのか…。さて、きょうもダラダラと無為に過ごし、道楽部屋の整理は遅々として進まず。溜息まじりに一服。BGMにこの盤を取り出した。


202403_Wiedemann_4miles2davis.jpg


1992年のハバナ国際ギターコンクールで優勝したドイツ生まれのオーガスチン・ヴィーデマン(1965-)というギタリストが1990年代のギター曲を集めて弾いている盤。ARTENOVAという輸入廉価盤レーベル中の一枚。以前は都内の店ではよく見かけたレーベルだが最近目にしない。収録曲は以下の通り。3.を除き他は数曲の小品で構成されている。

 1. ローラン・ディアンス:フランスシャンソン集
 2. ボグダノヴィッチ:ジャズソナタ
 3. スティング:孤独のメッセージ
 4. ヘルムート・ヤスバー:4 Miles 2 Davi

いずれの曲も耳に心地よく、夜更けのBGMとしても最適だ。ローラン・ディアンス(1955-2016)の有名なフランスシャンソン集からは全26曲中5曲が選ばれている。いずれもジャスとポピュラーのテイストを帯びた曲想をクラシックギターの技巧にのせて奏でられる。フランスシャンソン集は挑戦してみたい曲ではあるが、楽譜を見るとクラシカルな古典的素養だけでは初見がききにくい譜割りだ。ジャズギタリストが耳コピーして弾けば、正確さはともかく、雰囲気は掴んでいとも簡単に弾くのかもしれない。ボグダノヴィッチのジャズソナタもしばらく前から人気の曲。スティング「孤独のメッセージ」はポピュラーファンにはお馴染み曲だろう。

一般の音楽愛好家から、クラシックギターってどういうギタージャンル?と聞かれて説明しようとすると中々難しい。19世紀の古典ギター隆盛期の話をしたらいいのか、よく知られるアルハンブラの思い出やアランフェス協奏曲をサンプルに出すのか…。あるいは、この盤に取り上げられているようなジャズやポップステイストとクラシカルなギター技法とが融合した「今どき」の作品がよいサンプルなのか。おそらくギター弾き自身も確信を持てないケースが多いように思う。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤の音源。ディアンスのフランスシャンソンから「Un jour tu verras」


この盤の音源。ボグダノヴィッチ「ジャズソナタ」 第3楽章


この盤の音源。全16曲のプレイリスト


ヴィーデマンの弾くバリオス「País de Abanicos」 2013年の演奏



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

J・ブリーム 「Plays Granados and Albeniz」



予想外に寒かった三月前半が終わり、先週後半からようやくこの時期らしい暖かさになってきたが、きょうは冬に逆戻り。寒い一日となった。暖を取りつつ道楽部屋の整理整頓。作業用BGMに選んだのはこの盤だ。


202403_Bream.jpg


ジュリアン・ブリーム(1933-2020)の録音を代表するアルバム10枚をオリジナル・ジャケットのデザインで復刻したボックスセット。2011年のリリース。その中からスペイン物を弾いた一枚を取り出した。収録曲は以下の通り。ギター弾きにはお馴染みのグラナドスやアルベニスの編曲物が収められている。1982年録音。

グラナドス:献呈、ゴヤの美女、スペイン舞曲第4番、第5番、詩的なワルツ集
アルベニス:マジョルカOp.202、スペイン組曲Op.47、コルドバOp.232-4

高校2年になった頃に始めたクラシックギター。半年ほどして少々楽譜も読めるようになって初級向けの古典的なエチュードをさらい、その後はタレガのアラビア風奇想曲、ソルのグランソロや魔笛バリエーションあたりにトライした。同時にFMで聴くアルベニスやグラナドスといったスペイン物のギター編曲版にも興味を持ち始めた。当時出回っていた好楽社の楽譜など手に入れてさらってみたが、これが滅法難しかった。アルベニスのセビリアなど、カッコいいなあと思いながら楽譜を広げると、ほとんどお手上げだった。まあ、ギターを始めて1年にもならない頃だったから無理もない。以降、スペイン物からは次第に距離を置くようになってしまった。

そんなスペイン物をあらためて聴くようになり、楽譜を広げようと思うようになったのは、五十を過ぎてギターを再開し少したった頃だった。かつては酔っぱらいのふらふら歩きのようで、忌み嫌っていたセゴビアの弾くアルベニスやグラナドスに味わいを感じるようになり、ギター1弦ハイポジションが奏でるつややかな音色はピアノのよりも相応しいのではないかとさえ感じるようになった。そんな過去のあれこれを思い出しながら聴くこの盤のブリームは中々素晴らしい。

収録されている曲はギター弾きにはお馴染みの曲ばかりだが、そのいずれも技巧的な模範として、またギターの多彩な音色のサンプルとして一級品だ。ブリームらしく、時に大胆な音色変化やテンポルバートなどもあるが、この時代のスペイン物の表現としては過度なところはなく、むしろブリームらしいノリの良さに通じ、中々痛快。 選曲、演奏、録音…三拍子揃った良い盤だ。聴いていると楽譜を広げてトライしてみようという気になるのだが、技巧難易度の高さは昔と変わらないことに気付き、溜息をついてしまう。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤の音源。全曲のプレイリスト


この盤を併せて作られた映像作品。グラナドスの詩的ワルツ集から



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ソルの二重奏曲集



先回のメルツに続き、きょうはお馴染みソルの二重奏を聴く。


202402_Sor_Duo.jpg


フェルナンド・ソル(1778-1839)が作ったギターのための二重奏曲をCD2枚に収めたナクソス盤。弾いているのは、ロベルト・クビカとヴィルマ・ファン・ベルケルという二人組。1994年から95年にかけての録音。

ソルはギター弾きにはお馴染みの作曲家だ。19世紀初頭の古典ギター全盛期、多くのギター演奏家兼作曲家が活躍した中でも格段に優れた曲を残した。スペイン生まれながらパリやイギリス、ロシアで活躍し、ギター曲なみならず管弦楽曲やオペラ、バレエ音楽なども残した。残念ながらそれらの多くは楽譜が失われ、現在ではもっぱらギター曲のみが知られる。 CD2枚におよぶギター二重奏曲は、あるものはギター練習生と教師のための教育用として、あるものは友人との二重奏用として書かれ、技術的にやさしいものからコンサートプログラムになるものまで幅広い。そして曲の大小に関わらず、いずれも19世紀初頭の古典から初期ロマン派様式感と豊かな和声に彩られ、聴いていても弾いていても、実に美しく楽しい。

独奏曲、二重奏曲を問わずソルの曲を弾いていると、ギターの特性をうまく引き出しながらクラシカルな楽想を盛り込んだソルに心から感謝したくなる。<二人の友><アンクラージュマン><ロシアの思い出>などは比較的大きな曲として演奏会でも取り上げられる機会も多い。ぼく自身も学生時代から何度か合わせて楽しんだ思い出がある。同時に作品55や作品61などの3分に満たない小品の数々もいずれも捨てがたい。 ロベルト・クビカとヴィルマ・ファン・ベルケルのペアによるこの録音は現代風のキレにいい音と弾きぶりで、モダンスタイルの演奏としては好感がもてる。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤の音源。作品34「アン・クラージュマン」の主題と変奏~ワルツ


ソルの作品中、独奏、二重奏問わず最も優れた作品の一つ作品54bis。堂々とした序奏のあと、主題と変奏が続き、最後はスペイン風舞曲で華やかに終わる。


先回のメルツ二重奏曲集で弾いていた二人組:Maccari-Puglieseによる「ロシアの思い出」


ソルの二重奏入門に最適の作品55



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

メルツの二重奏曲集



久しぶりにメルツのギター二重奏を聴く。


202402_Mertz_Duo2.jpg


ヨーゼフ(ヨハン)・ガスパール・メルツ(1806-1856)のギター二重奏作品を集めたアルバム。YouTubeですっかり知られるようになったクラウディオ・マッカリとパオロ・プリエーゼという二人組みによる19世紀ギターを用いた演奏。2001年の録音。今から二十年近く前、仕事で欧州へ何度が出張した際、滞在先で手に入れた。手に入れた当時はまだギターへの本格カムバック前夜で、メルツの二重奏に特別な思い入れがあったわけではなく、従ってずっと聴くこともなく棚に埋もれていた。その後やや本格的にギターに再開してからあらためて聴き直し、楽譜も手に入れた次第。収録曲は以下の通り。メルツの二重奏曲がひと通り入っている。すべて1stギターは通常のギターより短三度音程が高いテルツギターの指定があるもの。

(1) Naenien Trauerlieder
 ・Am Grabe der Geliebten
 ・Ich Denke Dein
 ・Trauermarsch
(2) Unrühe (3) Vespergang (4) Mazurka (5) Ständchen
(6) Deutsche Weise (7) Tarantelle (8) Barcarole (9) Impromptu


202402_JKM_Duo.jpg


ちょうど19世紀前半の半世紀を生きたメルツ。作風としてはロマン派の色合い強く、情緒的な趣き深い曲を多数残した。この盤の収められている二重奏もメルツらしい穏やかなロマンティシズムとうつろうような和声感に満ちている。ドイチェ・ヴァイゼ(6)とマズルカ(4)は十年程前あるステージで隣り町高崎のギター指導者:石原昌子先生と弾いたことがある。また挽歌集(1)の3曲は旧友Y氏と合わせてmixiの発表会で弾いた。この手の曲の雰囲気を楽しみ、当時意図された響きを再現するには19世紀ギターの使用が必須と思うが、用意できなければ1stパートのテルツ指定にはカポタストで対応する。いずれも技術的ハードルはそう高くなく、中級アマチュアの楽しみにはピッタリだ。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



この盤のコンビ:クラウディオ・マッカリとパオロ・プリエーゼ(Maccari-Pugliese)による「 Unrühe」


挽歌集(Naenien Trauerlieder)の第1曲「愛する人の墓の前で(Am Grabe der Geliebten)」
深い情感に満ちた内省的な曲想が美しい。


「マズルカ」作品40



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ジュリアーニ「私の愛する花の選集」作品46



一月も最終週。きょうも程々に寒い一日だった。しかしそこは文明社会。暖を取りつつギターの練習。こんな楽譜を取り出してひとしきり楽しんだ。


202401_MG.jpg


マウロ・ジュリアーニ(1781-1829)の「私の愛する花の選集」作品46。楽譜は海外アーカイブで簡単に見ることが出来るが、校訂ノートも付いた楽譜が現代ギター社から出版されたので手に入れたもの。この曲集には10曲の小品から成る「ジュリアナーテ」作品148も収められている。「私の愛する花の選集」作品46は小品10曲からなる曲集で、以下の通りそれぞれの曲に花の名前が付されている。

1. Le Myrte ミルテ
2. La Pansée パンジー
3. Le Lis ユリ
4. Le Jasmin ジャスミン
5. La Rosmarin ローズマリー
6. L‘Oeillet ナデシコ
7. Le Narcisse スイセン
8. La Violette スミレ
9. La Rose バラ
10. Le Laurier ローリエ

ジュリアーニの作品というと明るい雰囲気とギター的な技巧をちりばめた曲想をイメージする。同時にそんな特性にいささか単調さを感じることもあるだろう。この作品46の小品集は、そんな「いつもの」ジュリアーニとはひと味違った曲想をの楽しめる。どういういきさつがあって、花の名前を付すことになったから定かでないが、楽譜を開いてざっとさらってみると、それぞれの曲の花と曲想が一致している、あるいはそういうイメージをもったのかと想像を掻き立てる。
例えば…第6曲の<なでしこ>は日本人としては楚々として可憐なイメージを持つが、この曲集では4分の2拍子アレグロ・ヴィヴァーチェの指定があって、ホ長調の闊達な動きをもつ。第9曲の<バラ>はジュリアーニにしては内声の微妙な変化と細かな装飾音風パッセージが続いて、愛と美の象徴にふさわしいようにも感じる。

道楽のギターにとやかくいうつもりはないが、バッハだ、バリオスだ、ディアンスだと、己の技術レベルを超えて結局弾けずに格闘するのもいいが、ふと足元をみて、こんな古典の小品をイマジネーション豊かに楽しむのも、セールスや集客を気にせずに済むアマチュアゆえの特権であり、務めでもあると思うがどうだろう。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



9曲目の<バラ>。 ジュリアーニにしては異例にロマンティックな曲想。 使われている楽器はミヒャエル・テムズという製作家によるトーレス:ラ・レオナのレプリカとある。


19世紀ギター(パノルモのレプリカ)で3曲<パンジー><ジャスミン><スミレ>を弾いている。もう少し感興にのった流れがほしいが…



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

最近の朝練メニュー



昨年春に仕事を辞めてサンデー毎日状態になったが、あれこれ野暮用はあるもので、中々気ままな風来坊にはなれない。それでも以前と比べたら制約が少なくなり、ギターの練習時間も確保できるようになった。当面、ギター練習を優先度「高」と位置付け、午前中の黄金時間帯に行うことにしている。


202401_Etude.jpg


朝の身支度を整え、部屋が程々に暖まったところでギターを取り出し、ゆっくりと調弦を始める。ケースから出したばかりの楽器は、この時期冷え切っていることも多く、室温に馴染むまでギターの響きを確認しながら調弦にも少し時間をかける。

まずは両手の「お目覚め」と運動性能維持だけを目標として、もっぱらメカニカルに指を動かす。佐藤弘和編「原典版カルカッシ25のエチュード」には同じカルカッシの作品26「6つのカプリス」が収められていて、これが指慣らしにはちょうどよい。まずは和声と低音の動きを確かめるようにゆっくりと弾き、ついでほぼ指定のテンポ、そしてやや加速して…といった具合に弾き進める。全6曲をすべてやるのは少々時間がかかるので、第1番ハ長調の右手pimaパターンの曲だけで終わることが多いが、その日の気分で他の曲も選択する。

アルペジオで指が目を覚ましたら作品60の練習曲へ移る。全25曲はおおむね難易度順で並んでいるが、数曲をワンブロックとしてここでもその日の気分で数曲を選ぶ。ある日は1番から5番まで、ある日は20番から25番までといった具合だが、もちろん1,5,10,15,20,25番とピックアップしてもよいだろう。カルカッシというと教則本のイメージが強く、初心者向けのつまらない曲が並ぶと感じる向きも多いかもしれないが、「25の練習曲」は程々に音楽的な感興もあり、技術的な要素も併せ、そう捨てたものではないと感じている。もっと現代的なメソッドやテキストもあるのだろうが、ぼく自身はこの先もカルカッシは弾き続けようと思っている。また、指のためのメカニックな練習は一切せず、取り組んでいる曲の練習しかやらないという人も多い。それもアリだろう。ぼくはたまたまカルカッシの練習曲が好きだという理由があるからやっている。 以上のカルカッシに加え、コストの練習曲、アグアドの教則本他から、いくつかピックアップしてさらうこともある。特にコストは難易度も初級から中・上級まで幅広く、また他のギター系作曲家に見られない曲想も多いので、面白く接している。

ここまでの、主として指の機能維持のための練習で最低でも30分、少し念を入れると1時間ほど経過するだろう。以前はここまでの30分で終え、身支度を整えて仕事へゴー!ということも多かった。いずれにしても、ここで小休止。一服しながら指も休める。以降の時間はいわゆる「曲」の練習。当面弾こうと思って取り組んでいる曲の楽譜を広げる。もちろん練習曲をより念入りに取り組むのもいいだろう。ぼくの現状は以下の通りだ。

1.アーネスト・シャンドの小品から数曲
2.トローバ:ソナチネ第1楽章
3.バッハ:BWV998前奏曲/タレガ:アラビア風奇想曲/ソル:グランソロ
4.バッハ:BWV1006a前奏曲

1.は一昨年から興味をもってるシャンドの作品。サロン風の軽い曲想。あれこれ弾き散らかすには好適だ。難易度も程々で楽しめる。一音入魂のごとく気合を入れる曲ではないが、ロマン派の甘口表現の練習とお楽しみにちょうどよい。
2.は昨年夏前にさらった曲。その後も運指を忘れない程度に弾き続けている。
3.は昨年秋にBWV998を練習したとき、同じ6弦=dで昔さらったことのある曲を思い出そうと、あらためて弾き始めたもの。アラビア風もグランソロも最初に弾いたのは半世紀前のことで今更だが、一周回って感じる趣きもあり、そもそもきちんと弾けないので練習の対象になっている。
4.はまだ手を付け始めたばかり。継続して練習するかどうかは未定。

練習の中身は、まず全体を通してのポジショニングと運指の確認。次いで全体の曲想把握と区分の設定。和声変化とそれに伴う重要な音の動きの確認(緊張と解決の把握)…といった具合だが、実際にこの順序も決まっているわけではない。また技術的なこと以外は、じっくり検討することもなく、ほとんど感覚的に弾き進めることが多い。
…と、随分大上段に構えて書いてしまったが、実際には「ゆるく、てきとー」にやっている。課題曲を厳格に設定することもなく、他の曲もせっせと楽譜を広げて弾き散らかしている。 現在、やる気は満々だが、加齢もあって指の調子はよくない。しかし、若い頃弾けたものが今は弾けないという感じもなく、指の運動性はほとんど変わっていないように感じる。但し、今後は確実に低下していくだろう。一方で初見や楽想の把握は若い頃より強くなったと思うし、今後も伸び代がありそうだ。そんなこんなで、加齢と経験値の帳尻合わせで何とかこれからも楽しんでいきたいと考えている


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



以前も貼ったある日のモーニングルーチン抜粋再現。まずアルペジオを定速→やや加速で弾く。次いで作品60の第23,24,25番。これらの3曲はイ長調・ホ長調における跳躍を伴なったポジション移動の練習が主眼となる。あちこちで押弦ミスがあるがご容赦のほどを。pimaの単純アルペジオもホント苦手だ。最後は家人から声がかかってサドンデス!。


カルカッシ「25の練習曲」から前半の数曲を弾いた再生リスト。


昨年からさらっているアーネスト・シャンド。4曲を弾いた再生リスト。スマホ録音やら調弦狂いやらで聞き苦しく、スミマセン。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)