田邊ギターのサドル交換



新しい田邊ギターを受け取ってから三ヵ月程が経過。この間、時間が許す限りせっせと弾いて感触を楽しんできた。表板他、初期の動きがある期間だが、問題となるような変化・変形はなし。特に弾き心地の肝となるネック・指板・サドル・ナット関連のセッティングも問題はない。このまま弾き進めてもいいのだが、気分転換も兼ね、予め用意してある低めのサドルに入れ替えてみることにした。昨年、製作段階の打ち合わせで、弦高の高低をセットできるようにサドルを2本お願いしていた。ちなみに材質はナットが牛骨、サドルは象牙を使った。

IMG_5655.jpg


サドルは1弦側から差し込む。駒の溝にほんの僅かテーパが付けられていて、差し込むにつれてフリクションが増し、最後はピタリと収まる。量産品、手工品問わず、溝とサドルの収まりが雑で、サドルが傾いている場合があるが、見ているだけで気持ちが悪い。サドルと溝に隙間がなく、きちんと垂直に収まるよう調整すべきだ。


IMG_5657.jpg

駒傾斜部との絶妙な取り合い(6弦側)
IMG_5680.jpg

同(1弦側)
IMG_5679.jpg


弦高低め用のサドルをセット。弦はサバレス社ニュークリスタル・カンティーガ・クリエーションのノーマルテンション。ピッチはA=440Hz。この状態で12フレットでの弦高は素人の雑な計測で…1弦2.4ミリ・6弦3.5ミリ程…となった。極端に低いわけではないが、この状態で気になるローポジションのビリつきを確認すると、1~4弦はまったくなし。かなり強く押し込むようにタッチすると5弦1フレットと6弦1、2フレットで僅かにフレット打ちするが、通常の演奏状態であればまったく問題はない。標準弦高用のサドル(1弦3㎜・6弦4㎜)に比べると手触りとしてはかなり低くなった印象だ。


IMG_5681.jpg

IMG_5682.jpg

IMG_5683.jpg


弦高のセッティングとしては12フレット上だけでなく、ネック形状(反り)を考慮して5~7フレット辺りの弦高も重要だ。ネックの反りが大きいと12フレット上の弦高が低くても中間ポジションの弦高が下がらず(あるいは下がりすぎて)弾きにくさやビリつきの原因になる。田邊ギターのネックはいずれもいい状態で、今回も5フレットで1弦1.5㎜・6弦2.2㎜となって、手触りとしてもいい感じに納まった。
弦高セッティングのもう一つのキーパーツであるナットは今回触らず。もう少し溝を落せる感じがするが、この辺りの調整は極めてデリケートだ。もうしばらく時間をおいてから、田邊工房へ持ち込んで調整してもらおうと思っている。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

新・田邊ギター検分



出来上がった田邊ギターを受け取ってからひと月ほど経った。朝練かねて毎日せっせと弾いている。出来立てほやほやの初期段階ではあるが、楽器の個性はおおよそ把握できた。これから次第に変化していくだろうが、現時点の備忘を残しておこう。


202312_Tanabe_Santos.jpg

左:ロマニリョスモデル2004年 右:サントスモデル2023年
202312_Tanabe_Romani_Santos.jpg


<ビジュアル>
第一印象は神の声。何事も見た目は重要だ。お願いした通りのシンプルで控え目な造作ながら、高い工作精度ととっておきの良材が高い品格を醸し出す。16㎜幅でお願いしたロゼッタは過度に主張せず、それでいて存在感も十分だ。

<ネック形状>
最後までこだわったネック形状は私のリクエスト通り。C型に近い形状ながらしっかり感もあり、51㎜のナット幅と併せ、とても弾きやすい。

<全体の発音>
明るい音が反応よく広がる。繰り返しお願いしていた高音域のカリカリした反応の良さは、弦に触れただけで音が出そうな感じだ。出来立てながら音量も十分で、低音から高音まで現在よく鳴っているエルナンデス・イ・アグアドと肩を並べる。

<低音>
ボディレゾナンスはF#付近ながら極端ではなくG~Fにうまく分散されていて、6弦ローポジション全体で量感ある低音が得られる。スル・タストでふっくらした音も出せるし、やや爪をかけた鋭いアタックにも物おじせず反応する。5弦の7~10フレットあたりも極端なつまりはなく良好だ。

<高音>
タッチのアタック音とその後のサステインの配分がちょうどよく、どの弦も14フレット辺りまでストレスない出音でサステインの不足もない。1弦は17フレット=Aまでつまりなく反応する。当初1弦9フレット=C#に表板のウルフが当たって音がつまる印象(アタック音が強くサステインが短い)だったが、調弦が下がっていたためと気付いた。A=440~442Hzできちんと調弦する限りまったく問題ない。

総じて、製作歴四半世紀になる田邊さんの高い技術と豊かな感性が随所に息づく素晴らしいギター。どこへ出しても恥ずかしくない、誰が弾いても納得する出色の出来栄えだ。田邊さん、素晴らしいギターをありがとうございます。健康寿命尽きるまで大切に弾いていきます。

<関連記事>
新・田邊ギター 佳境に入る!
新・田邊ギター(続)
新・田邊ギター(続々)
新・田邊ギター出来!


いつもの通り参考にならない動画だが、記録として残しておく。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

祝!50歳 エルナンデス・イ・アグアド



コロナ渦になる前年2019年に手に入れた1973年作エルナンデス・イ・アグアド。数えてみれば今年でちょうど50歳になる。


202312_HYA.jpg


昨年、浜松のギター製作家:江崎秀行氏の工房へいったときのことは以前の記事に書いた。その際、江崎氏とギターとの半世紀にわたる関りを自ら著した「ギターとの闘い」を頂戴した。生い立ちに始まり、ヤマハでの仕事ぶり、やがてスペインに渡り、エドアルド・フェレールそしてエルナンデス・イ・アグアドの工房で過ごした日々、その成果をもってヤマハ手工ギターの開発に打ち込んだ様子等が赤裸々に描かれていた。全編に渡って興味深い話の連続であったが、その中に一つ目を引く記述があった。


202312_Ezaki_Aguado1973.jpg


江崎氏がエルナンデス・イ・アグアド工房で「修行」の途中だった1973年夏、江崎氏がエルナンデスの技術を直接ヤマハの技術者・職人に伝えたいとの思いから、エルナンデスを連れて一時帰国した。エルナンデスが日本に滞在した期間は二ヶ月程の期間だったが、この間に多くの実践的な製作法を伝授したそうだ。そしてエルナンデス自身がお手本として浜松で製作したギターは今もヤマハに保管されている(写真)。エルナンデスと江崎氏は日本での夏を終えスペインに戻り、再びエルナンデスの工房での製作の日々が始まった。

ヤマハの保管されているそのギター「Hernandez y Aguado 1973 #442」は正にぼくのギターのひとつ前のシリアルNo.にあたる。エルナンデスが1973年夏、浜松で作ったギターが#442。シリアルNo.が必ずしも製作順に付けられたかどうかは分からないが、スペインに戻って作ったギターが#443。製作期間から考えてぼくの手元にある#443は50年前のちょうど今頃、1973年秋に出来上がり、注文していた前所有者:佐藤正美氏(1952-2015)の手に渡ったのではないかと、勝手に話を組み立てたくなる。

50歳となった手元のエルナンデス・イ・アグアドは相変わらずピュアで明るく大らかな響き、豊かに広がる音で弾き手を魅了してくれる。やや太めのネックも弾きにくさにはならず、こちらのつたない指をしっかりと受け止めてくれる感触がある。ギターを再開してから十数年余。この間、随分たくさんのギターに触れてきたが、このエルナンデス・イ・アグアドで初めて「スペインのギター」の味わいを実感したように思う。健康寿命の尽きるまで手元において弾き続けようと思う。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



以前も貼ったこのギターで弾いた音源。
佐藤弘和「クリスマス・ケーキ」~音楽のおもちゃ箱~より


佐藤弘和「悲しい花」 ~音楽のおもちゃ箱~より


伝聞によれば、学生時代「親に借金して」このギターを手に入れ、以降多くのライヴ、レコーディングで使ってきた佐藤正美氏(1952-2015)。90年代のTV収録ライヴ






■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

新・田邊ギター出来!



注文していた田邊ギターが出来上がった。
少し前の大安吉日を選び工房へ出向いて受け取ってきた。酷暑を極めたこの夏の少し前から製作が本格化。いつもながらも丁寧な仕事を経て、この度完成となった(これまでの経緯はこちら→その1その2その3)。音の検分はいずれあらためてということで、きょうはその美しい姿だけ自慢げにお披露目したい。


サントス・エルナンデスを参照した、やや撫で肩の優雅なプロポーション
IMG_5090.jpg


表板はスペイン名工の重鎮:アルカンヘル・フェルナンデスから譲り受けた厳選スプルース。裏板は某国内名工遺品の柾目ハカランダ。
IMG_5095-COLLAGE.jpg


シンプルを極めた造作。
IMG_5098-COLLAGE.jpg

IMG_5091-COLLAGE.jpg


3穴仕様の駒。シンプルながら美しい貝の造作。サドルは象牙材で弦高標準・低めの2本を作成。
IMG_5092-COLLAGE.jpg


ヘッドとロゼッタのデザインは、ヴィルフィン・リースケ所有のサントス・エルナンデス1925年を参照。糸巻きはロジャースから直接取り寄せた。
IMG_5084-COLLAGE.jpg

IMG_4952-COLLAGE.jpg


実は田邊氏はこの個体とほぼ同仕様の新作をもう1台同時進行で製作していて、そちらも前後して完成。あす11月23日から東京豊洲で開かれる「イーストエンド国際ギターフェスティバル2023」に出品される。田邊氏も開催中は会場に詰めているとのことなので、実機検分とプロによる試奏会を目的に足を運ぶのも一興かと。


イーストエンド国際ギターフェスティバル2023の試奏会等に出演するプロ奏者達からのメッセージ。昨年はあのホルヘ・カバジェロが試奏した田邊ギター。今年、誰が試奏するのかは当日のお楽しみだそうだ。



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

新・田邊ギター(続々)



注文した田邊ギターの完成が近付いてきた。

IMG_4912.jpg


木部の造作が出来上がり、少し前から塗装工程に入った。事前に塗装の色合いについてぼくのリクエストを伝え、それに合いそうな材料(セラック)を物色してくれた。田邊氏の近作は色付けの少ないクリアな塗装面が多いようだが、今回ぼくは少しだけ黄・茶系の色合いをお願いした。クリアな材料で下塗りしたあと色付きを重ねながら塗装面を仕上げいくようだ。
IMG_4860-COLLAGE.jpg


横裏の柾目ハカランダ材も塗装で深みを増した色合いになった。板目が特徴的なハカランダ材だが、柾目材は意外に素っ気なく、ぼくら素人にはインドローズのように見える。
IMG_4913.jpg


指板はとっておきの黒檀まぐろの良材。ネック裏は他の面より色付けのないクリアな仕上げ。これもぼくのリクエスト。
IMG_4917-COLLAGE.jpg


駒もいい感じ。板目部分と使ったハカランダ材と貝の縁取りが当初の意図通り、シンプルながら品格を感じさせる。
IMG_4923.jpg


全体のイメージと細部の調整のため弦を張る。
IMG_4924.jpg


田邊氏からの連絡によると、その後塗装もほぼ完了し、近々到着予定の糸巻き(ロジャース)を付け、正規に弦を張って細部の調整確認をすれば完成となる由。いよいよだ!


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

新・田邊ギター(続)



予定していたブロムシュテット&N響のコンサート。結局ブロムシュテットの来日かなわず、全日程が中止もしくは指揮者変更となった。ブロムシュテットからN響へ届いたコメントによると…すでに来年2024年10月にN響との演奏会がスケジューリングされている。今回は医師の指示に従い来日見合わせとなったが、来年はぜひ日本を訪れたい…とのこと。その言葉を信じて来年の来日を楽しみに待ちたい。 さて、待つと言えば注文した田邊ギターの完成も待ち遠しい。先日の記事に途中経過を記したが、きょうはその後の状況を。

注文の経緯は前回書いた通り。当初はトーレスモデルを考えてたが、その後ぼくの嗜好が変わったのと、近年のサントスモデルの出来栄えに感心したことで最終的にはサントスモデルに決めた。注文品ということで細かな設計事項に自分の好みを反映することが可能だが、今回のぼくのお願いした事項は以下の通りだ。

・ロゼッタ、パーフリング、ヘッド等の造作・装飾は極力シンプルに
・ロゼッタの幅は16ミリ
・19フレットの中央部3分の1カットがサウンドホールでカットされるように(譲れない見た目のこだわり)
・駒は3ホール(シンプルな1ホールにするかで大いに悩んだ)
・サドルは標準高と低めの2本作成

その他、ナット・サドルの材質は田邊氏と相談した結果、ナットは牛骨、サドルは標準高を象牙、低めは標準高の音を確認したあと決定することにした。また糸巻きはロジャースから選んで直接オーダー。塗装色もぼくの好みを伝えてお願いした。


ロゼッタの事前調整。幅は16ミリ。デザインはヴィルフィン・リースケ所有のサントス1925年を参照。
IMG_4443.jpg

ロゼッタ組込み状態。 19フレット中央約3分の1がサウンドホールでカットされる。
IMG_4777.jpg


象牙材の切り出し。
IMG_4714.jpg

ナット部 僅かにテーパが付けられ、溝にピタリと収まる。
IMG_4749.jpg


駒の様子。糸止め部は貝で周縁を飾り、簡素な中にも品格を与える。硬い貝の加工は中々大変だそうだが、45度の合わせもピタリ。
IMG_4766.jpg


ネックの削りも完了。
IMG_4741.jpg

水拭きで加工状態を見やすくして確認。木目がはっきり出て、加工状態や塗装したときの見栄え等を併せてチェックできるとのこと。
IMG_4743.jpg


糸巻を仮装着して弦を張り、ナット・サドルのセッティング確認。ヘッドデザインはロゼッタ同様、ヴィルフィン・リースケ所有のサントス1925年を参照。
IMG_4778.jpg

木地状態でほぼ完成。塗装を待つばかりの状態
IMG_4764-COLLAGE.jpg


この記事をアップする頃には、すでに塗装に取り掛かっているだろう。仮装着した糸巻に弦を張った状態で音を確認した田邊氏より「与太さん、これ名器の予感MAXですよ。乞うご期待!」との連絡をもらった。秋深し、期待高まる、田邊ギター…楽しみに待とう。


■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村



田邊ギター:マヌエル・ラミレスモデル。ヘッドデザインや内部構造などで今回のサントスモデルに近い要素がある。


田邊氏によるナット作成法。7本の動画からなる労作!



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

新・田邊ギター 佳境に入る!



注文していた田邊ギターの製作がいよいよ佳境に入ってきた。


厳選されたスプルースの表板
IMG_4585.jpg

横裏は柾目のハカランダ
IMG_4586.jpg


十代、二十代を通じて親しんだクラシックギター。人並みに仕事に没頭した中年期には少々疎遠となったが、五十の声を聴くに至ってカムバック。再開にあたって出会ったのが田邊雅啓氏のギターだった。本ブログに度々登場している2004年作ロマニリョスモデルで、氏が工房を構えて本格的に製作を開始した初期の名作だ。田邊氏とはその後も折に触れて交流をしているが、近年の製作品がいずれも素晴らしい完成度ということもあって、実はしばらく前にぼくにとって2本目の田邊ギターを注文した。


サントス・エルナンデスの比較的初期の作品にみられるブレーシングを採用。やや短めの扇型配置をハの字で受ける、マヌエル・ラミレスに近い配置。
IMG_4587.jpg

IMG_4603.jpg


当初はやや短めの弦長のトーレスモデルにしようかと思っていたのだが、その後ぼく自身の好みが変わったことと、田邊氏が近年取り組んでいるサントス・エルナンデス を範に取ったモデルの出来栄えに感心したこともあって、最終的にサントスモデルで注文を確定した。幸い頻繁にコミュニケーションが取れる状況にあるため、以前からぼく自身の音や造作の好みを伝えていて、それに合わせるように田邊氏も材料選定や設計の勘所を検討。今年の春先になって「そろそろ与太さん注文分に取り掛かりますよ」との連絡があった。 その後、選定した材料、ロゼッタやヘッドのデザインについて連絡を受けたり、ぼくからリクエストしたりのやり取りが続き、長く暑い夏がようやく終わりに近づいてきた少し前から製作がいよいよ佳境に入ってきた。


パーフリングも入って箱の形に
IMG_4647.jpg

ネックの削りも始まった
IMG_4645.jpg


すでに胴にはパーフリングが巻かれて箱になり、指板も付いてネックの削りも始まった。今のペースでいけば木枯らしが吹く前には完成するだろうか。田邊氏もすでにベテランの域。最初の出会いから20年を経て再度手にする田邊ギターからはどんな音が出るのだろうか。楽しみに待ちたい。


以前も貼った2004年作田邊ギター・ロマニリョスモデルでの演奏。小品3曲の再生リスト



■ 最後までお読み頂きありがとうございます ■
■↓↓↓ランキングに参加しています↓↓↓■
■↓↓ バナークリックにご協力ください ↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)