エラ・アンド・ベイシー!



六月も半ば。梅雨入りから二週間。関東地方はこの時期らしい小雨交じりの日が続く。
さて週末金曜日。プレミアムなんとやらはいずこへ…いつも通りに帰宅した。ひと息ついてネットを覗いていると、きょう6月15日はエラ・フィッツジェラルドの命日と出ていた。1917年に生まれ、1996年のきょう79歳で世を去った。その歌声からは想像できない悲しい晩年を思いながら、こんな盤を取り出した。


201806_Ella_Basie.jpg


エラ・フィッツジェラルドがカウント・ベイシー楽団をバックに歌った、その名も<Ella and Basie !>というアルバム。1963年録音。手持ちの盤は90年代初頭に出た国内盤CD。収録曲は以下の通り。お馴染みのスタンダードが並ぶ。

 1. ハニー・サックル・ローズ
 2. ディード・アイ・ドゥ
 3. イントゥ・イーチ・ライフ・サム・レイン・マスト・フォール
 4. ゼム・ゼア・アイズ
 5. ドリーム・ア・リトル・ドリーム・オブ・ミー
 6. 二人でお茶を
 7. サテン・ドール
 8. アイム・ビギニング・トゥ・シー・ザ・ライト
 9. シャイニー・ストッキングス
 10. マイ・ラスト・アフェア
 11. 浮気はやめた
 12. 明るい表通りで

今どき女性ボーカルというと、小編成のコンボバンドをバックに歌うスタイルがまず目に浮かぶが、50~60年代のモダンジャズ全盛期、多くの歌手はダンスバンド専属の歌い手としてそのキャリアを開始するのが一般的だった。エラ・フィッツジェラルドも十代の終わりにハーレムのダンスバンドの歌い手となって以降、数多くの録音を残した。ぼくはそのうちごく僅かの盤しか知らないが、このカウント・ベイシーとの協演は中でも素晴らしい一枚だと感じる。当時40代半ばのエラの声はツヤとハリがあり、アップテンポではキレよく、バラードではしっとり、しかし嫌味にならず、さすがの歌唱を聴かせる。

そんなエラに負けず劣らず素晴らしいのがベイシー楽団のバックだ。名アレンジャー、クインシー・ジョーンズの編曲の妙もあって、単調な歌伴とはひと味もふた味も違う。クインシーのアレンジは、音数はむしろ少ないくらいで、エラの歌唱を邪魔することはなく、要所要所でホーンセクションがキレのいい合の手を決める。全体として、ビッグバンドからイメージするガンガン行くぜ的な雰囲気は微塵もなく、整然としていてうるさくない。節操のない暑苦しいビッグバンドはちょっとという向きにはイチオシのアルバムだ。


<二人でお茶を>


<シャイニー・ストッキングス>


<シャイニー・ストッキングス>はビッグバンドからヴォーカルまで人気のスタンダード。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ニッキ・パロット



週半ばの水曜日。先週梅雨入りしてからここ数日、降ってはやんだりしていた雨があがり、きょうは中休み。霞が関某庁での仕事が予定通り終わり、いつもの時間が帰宅した。ぼちぼち日付が変わる頃。雑誌を広げながら、ゆるめのジャズを。


201806_Nicki_Parrott.jpg


本ブログではすでに何度か記事にしているニッキ・パロット(1970-)の盤。手元には彼女のアルバムが2枚あるが、そのうち<ムーン・リヴァー>と題された2007年リリースの盤をプレイヤーにセットした。ジャケット写真をみると、そういえばと思い出す輩もいるかもしれない。アピール度MAX。もちろんジャケ買い(^^; 収録曲は以下の通り。

ムーン・リバー/イズ・ユー・イズ・オア・イズ・ユー・エイント・マイ・ベイビー/セイ・イット・イズント・ソー/ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ/恋のチャンス/アイ・ドント・ノウ・イナフ・アバウト・ユー/メイキン・ウーピー/クライ・ミー・ア・リバー/縁は異なもの/ベサメ・ムーチョ/捧ぐるは愛のみ/ニッキのブルース/ザ・モア・アイ・シー・ユー

やや古めのジャズ・ポピュラーのスタンダードが並ぶ。チャーミングなジャズシンガーがベースを弾きながら懐かしいスタンダードを歌う…その光景を想像するだけでオッサンのぼくには十分に魅力的。実際、さらりとした軽い歌い口、ときに見せるコケティッシュなフェイクは、ジャケット写真がなかったとしても、思わず目尻が下がる。選曲しかり、程々の軽いスウィング調のアレンジしかり、音が出た途端に身体が弛緩してリラックス。温泉につかったときのように、思わず、ア~ッ…と吐息をもらしてしまう。ハードバップや辛口のジャズももちろんいいが、ときには四の五の考えず、こんな無条件降伏みたいなアルバムも聴きたくなる。


ピアノとのデュオ


ギター2本とのトリオ編成。


インターヴューを受け、そのあと7分40秒過ぎからソロで1曲歌う。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

サラ・ヴォーン ウィズ クリフォード・ブラウン



五月も下旬。西城秀樹、星由里子、朝丘雪路と訃報相次ぐ。昭和も遠くなりにけり。星由里子や酒井和歌子が出演した若大将シリーズは中学時代に何度か観たし、高校時代には巨泉&雪路の金曜イレブンも欠かさず観ていた。麻雀も釣りも競馬も分からないニキビ面の高校生だったが…。酩酊の小島功、悪役、イレブンダービー…
さて、そんなことを思い出しつつ、まったく脈絡なく今夜はジャズ。こんな盤を取り出した。


201805_Sarah_Vaunghan.jpg


タイトル通り、サラ・ヴォーンがクリフォード・ブラウンのバックで歌う名盤。1954年のモノラル録音。収録曲は以下の通り。

 1. バードランドの子守歌
 2. エイプリル・イン・パリ
 3. ヒーズ・マイ・ガイ
 4. ジム
 5. ユーアー・ノット・ザ・カインド
 6. エンブレイサブル・ユー
 7. アイム・グラッド・ゼア・イズ・ユー
 8. セプテンバー・ソング
 9. イッツ・クレイジー

スタンダード名曲を、名歌手が歌い、名手がバックを付けるという、まさに三拍子揃ったレコードだ。穏やかなスローないしはミディアムテンポにのって、サラ・ヴォーンがときにさらりと、ときにしっとりと歌い、クリフォード・ブラウン(tp)がリリカルなフレーズでヴォーカルを盛り立てる。名手ハービー・マンによるジャズには比較的珍しいフルートも新鮮だ。
<ジム>や<セプテンバー・ソング>でのウェットで深い表現、<ユーアー・ノット・ザ・カインド>や<イッツ・クレイジー>での軽くスウィングしたノリ、いずれも彼女でしか聴けない上手さ。これで酒がいけるくちなら、さらにいい気分になるところだが、いかんせん下戸ではどうにもなりませぬ。


<バードランドの子守歌> 絶妙の音程・軽いフェイクやヴィブラート・声質の使い分け…サラ・ヴォーンはいつ聴いてもタメ息が出るほど上手い。


<イッツ・クレイジー>



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ジョン・コルトレーン <ブルー・トレイン>



好天の連休入り。野暮用外出から午後3時過ぎに戻ると、部屋の中はムッとするほどの暑さ。夕方までの時間、久しぶりにアキュフェーズのシステムに灯を入れ、ブルックナーの第3交響曲をフルボリュームで聴く。ちょっと暑気払い。 日も暮れ、食事を済ませ、昨晩録画の五郎@群馬も見終わったところで、さてまだ寝るには早い夜半のひととき。今夜はジャズ気分。こんな盤を取り出した。


201804_Coltrane_BlueTrain.jpg


ジョン・コルトレーン唯一のブルーノート録音にして定番・名盤の「ブルー・トレイン」。ジョン・コルトレーン(ts)、カーティス・フラー(tb)、リー・モーガン(tp)、ケニー・ドリュー(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)。1957年録音。Amazonでのカスタマレヴューの多さからも、今もって高い人気を誇る名盤だ。収録曲は以下の通り。

 1.ブルー・トレイン
 2.モーメンツ・ノーティス
 3.ロコモーション
 4.アイム・オールド・ファッションド
 5.レイジー・バード

ぼくは格別コルトレーンファンというわけではないが、手元には10枚ほどの彼の盤があるだろうか。その中にあって、このブルー・トレインは少々異色といってアルバムだ。コルトレーンというと、ストイックで求道的なイメージの集中力の高いプレイをイメージするのだが、このアルバムでは3管編成によるアンサンブルと、個々のインプロビゼーションのバランスを考慮した完成された形式のプレイが繰り広げられる。演奏自体もコルトレーンらしい音数の多いアドリブ、負けずに吹きまくるリー・モーガンのトランペット、管が抜けたあとのケニー・ドリュー(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)によるトリオとしての演奏など、いずれもエネルギッシュでありながら、リラックスした楽しさにあふれている。
特にアップテンポの#2:モーメンツ・ノーティス、#3:ロコモーション、#5:レイジー・バードのドライブ感あふれるプレイはいずれも圧巻だ。


この盤の音源で<モーメンツ・ノーティス>


同曲。コルトレーンの息子ラヴィ・コルトレーンと現代の名手たちマイケル・ブレッカー、マッコイ・ターナー、クリスチャン・マクブライトたち。


チック・コリアによるモーメンツ・ノーティス。ぐっとモダンな響き。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

プレヴィン<マイ・フェア・レディ>



すっかり春の週末金曜日の夜。五郎君との再会を前にネットを覗いていたら、きょう4月6日は来年には90歳になるアンドレ・プレヴィンの誕生日と出ていた。そうかぁ…プレヴィンも随分歳を取ったなあ…と思いながら、こんな盤を取り出した。


201804_andre-previn.jpg 201804_My_Fair_Lady.jpg


アンドレ・プレヴィン(1929-)の出世作といってもいい盤。ピアノトリオによる「マイ・フェア・レディ」。N響へも度々客演し、随分前からクラシック界でも長老の仲間入りをしたプレヴィンだが、ぼくが説明するまでもなく、彼のキャリアの始まりはハリウッドのアレンジャーでありジャズピアニストであった。この盤ではドラムのシェリー・マンをリーダー(名義上…といっていいだろう)として、プレヴィンとベースのリロイ・ヴィネガーが加わり1956年に録音されている。手元の盤は1969年発売の国内盤。記憶が正しければ20年近く前、90年代半ばに御茶ノ水の中古レコード店で買い求めた。収録曲は以下の通り。

-A-
1. 教会に間に合うように行ってくれ
2. きみ住む街で
3. 彼女に顔になれてきた
4. そうなったら素敵
-B-
5. アスコット・ガヴォット
6. ショー・ミー
7. ちょっぴり幸せ
8. 一晩中踊れたら

発売当時この盤はとにかく売れに売れたそうだ。実際いま聴いても何の古さも感じずに、極上のオリジナル曲をセンスよくジャズアレンジした演奏が楽しめる。録音も十分にいい音で入っている。第1曲の「教会に間に合うように行ってくれ」ではテーマがワンフレーズ奏されたあと、スィンギーでドライブ感あふれるプレヴィンのピアノソロが展開する。第2曲「きみ住む街で」では甘いヴァースで入り、ミディアムテンポでスィングするジャズの王道を心得たプレイに唸ってしまう。B面に入ると最初の「アスコット・ガヴォット」ではアップビートで三人が白熱したテクニカルなプレイが繰り広げる。しかしウェストコーストジャズらしくどこか洗練されていて、いい意味で汗を感じるような演奏でない。「ちょっぴり幸せ」で激甘のバラードプレイを聴かせたあと「一晩中踊れたら」では再びプレヴィンの切れ込み鋭いピアノが楽しめる。

プレヴィンはこの盤がベストセラーになったおかげで、マイ・フェア・レディーの映画化に際して音楽監督を任され、そこでも大成功を収めることになる。70年代以降はむしろクラシック畑での指揮活動が中心になり、ヨーロッパの伝統的なオケとの名盤も数多くリリースしている。同じようなキャリアの先輩格としてレナード・バーンスタインがいるが、プレヴィンはバーンスタインほどカリスマ的ではなく、その風貌からかカジュアルで親しみやすかった。


「きみ住む街で」


全曲のLP音源はこちら⇒
https://youtu.be/UAXcvMG2wiM


1965年オスカー賞受賞の様子


2002~2006年の間、公私に渡ってパートナーだったムターを交えた演奏。1964年生まれのムターとの年の差は35歳だ。K.548の第2楽章。モーツァルト晩年の傑作の一つ。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

カシオペアのナンバー7


穏やかな日曜日。窓からの暖かい春の陽射しを受けながら久しぶりに真っ昼間の音盤タイム。先日来立て続けに聴いているカシオペア。きょうはこの盤をセットし、アンプのボリュームを思いきり上げた。


201803_Casiopea_MINTJAMS.jpg


カシオペアの7枚目のアルバム<ミントジャムス>。
80年代前半に一世を風靡したフュージョン音楽。アイドル歌謡に満足しない当時の音楽好きの学生や若者に絶大な人気を得た。ブームは数年間がピークであったが、その音楽作りは90年代以降現在に至るまでのJPOPに多大な影響を与えた。この<ミントジャムス>はカシオペアの演奏を聴いたロンドンの音楽プロジューサーからの要請を受け、ヨーロッパでの発売を念頭に企画された。録音は1982年。築地中央会館にファンを中心とした満員の聴衆を入れ、ライブ形式の録音セッションで行った。テイク・ミー、アサヤケ、ミッドナイトランデヴー、ドミノライン、スウェアなど、デヴュー当時の名曲が並び、そのすべてがオーバーダビングや編集なしの一発録りで行われている。収録曲は以下の通り。

Take Me/Asayake/Midnight Rendezvous/Time Limit
Domino Line/Tears Of The Star/Swear

演奏は彼ららしいキレによい技巧と抜群のアンサンブル能力の本領が発揮された素晴らしいものだ。神保彰と櫻井哲夫のタイトなリズム隊。今やテッチャンとしての仕事がメインとなった感のある向谷実の斬新なコードワーク、そして野呂一生のテクニカルなギター、そしてそれらを主題メロディとコードだけであとは奏者のアドリブにお任せのジャズ譜形式ではなく、完全にスコア譜に落とし込んだアンサンブルとして演奏するという今までになかった形態で、しかも素晴らしいドライブ感とライブ感を感じさせながら進行する。ドミノラインでは櫻井哲夫のスラップベースのソロや神保彰のドラムソロも楽しめる。カシオペアの盤歴の中にあって、その人気・実力のピークをとらえた名盤の一つだ。


この盤の全曲。聴きどころ満載のアルバムだが、例えば…9分47秒から始まる<ミッドナイトランデブー>。テーマがひと通り終わったあと、11分51秒から高速ユニゾンの経過句を経て向谷実のソロが始まる。タイトなリズム隊をバックにあえてメローなフレーズ。12分32秒に終わって再度高速ユニゾンがあり、パーンというSEを共に野呂一生のギターソロが出る…このアルバム最高の瞬間だ。


全盛期のライヴ。1985年@両国国技館。ファンションやステーージングはさすがに30年の月日を感じさせるが、音楽の完成度はいまも第一級だ。演奏(元々のレーザーディスクの映像)がおわったあと52分25秒過ぎから、このライヴ当時を振り返る野呂一生(2000年前後かな…)のトークがある。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

カシオペアの歌伴<その2>



カシオペアの記事には公開・非公開合わせていくつかコメントいただき、カシオペアファン健在と意を強くいたしました(^^  で、カシオペアの歌伴。<その1>があれば当然<その2>も…というわけで、昨日の続き。取り出したのはこの盤だ。


201803_Casiopea_JIVEJIVE.jpg


1979年のデビュー以来、年2枚のペースでアルバムをリリース。全国各地でのライヴをこなすなど、人気もうなぎ登りだったカシオペアがロンドンで録音したアルバム<JIVE JIVE>。1983年にロンドンでのライヴと併行して録音も行われた。このときのロンドンライヴの様子は、NHKニュースセンター9時でも取り上げられ(木村太郎&宮崎緑時代)、映像作品でも残っている。 <JIVE JIVE>はロンドンへ乗り込んで作ったという心意気もあって、それまでのキレキレ・バキバキのテクニカルな路線、そしてよりポップなメロディーも加えたコマーシャルベースの路線といったいくつかの彼らの顔とはまたひと味違う響きが聴ける。そして、昨日記事に書いた<SUN>に先立ち、ボーカルも導入され、現地イギリスの歌手が歌った。


<JIVE JIVE>に収録されているスローナンバー<What can't speak can't lie>
久保田利伸が1989年10月にテレビ番組<MUSIC PARTY>でカシオペアと共演して歌った。この2か月後、神保・櫻井のリズム隊がカシオペアを脱退した。



同番組での演奏。久保田利伸の持ち歌2曲。カシオペアのアレンジが秀逸。この演奏を聴いたあと久保田利伸のオリジナルのアルバムを聴いたが、10秒でストップボタンを押してしまった(^^; 野呂一生がエフェクターを切り替える瞬間、フレーズの合間の櫻井哲夫のリフ…映像もいいところをとらえている。

<流星のサドル>


<TIMEシャワーに射たれて>


このときの<MUSIC PARTY>の全編はこちら⇒
https://www.youtube.com/watch?v=qZc0XrUMRzs


カシオペアのバックで歌うスターダストレビューの根本要。曲はスティーヴィー・ワンダーの<You are the sunshine of my life>。この映像は1994年暮、NHKでクリスマス特集として様々な歌手が参加した番組。たまたまその2週間程前にカシオペアのライヴに行った際、向谷実が「クリスマスにはNHKで根本君と演奏しますからね」と言っていたのを思い出す。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)