村上春樹の部屋



週末土曜日。昼をはさんでちょいと外出。近所のショッピングセンターの横を通ると駐車場は満杯。入庫待ちの車が公道に列を成していて驚いた。ボーナス支給、年末、クリスマス…店はかき入れどきだ。 そんな師走の光景を眺めつつ帰宅すると、アマゾン経由で注文していたムックとCDが届いていた。


201712_Casa.jpg


CasaBRUTUS特別編集「音のいい部屋」とCD2枚、益田正洋(G)と福原彰美(P)の新録音。
主に大人男性向けの雑誌として発刊された「サライ」。それに続いた「AMUSE」(廃刊)や「男の隠れ家」といった一連の雑誌で、「ステレオサウンド」や「無線と実験」といったオーディオ専門誌とは違った切り口で、音・音楽をテーマとした特集が組まれることがある。ときの流行りや編集担当者の嗜好が反映されてそうしたテーマが決まるのだろうが、ここしばらく音楽やオーディオの特集を見かけなかった。今回のムックでは、雑誌Casaらしい切り口で音と音楽を軸に、様々な人たちの部屋、音のいいレコードBAR、オーディオショップなどを紹介している。


201712_Haruki1.jpg

201712_Haruki2.jpg

こちらは十年前
201712_Haruki_2010.jpg


記事の一つとして村上春樹の部屋が取り上げられているのだが、たまたま十年程前にもステレオサウンド別冊で同じように氏の部屋が取り上げられていて、この十年の変化が見て取れて興味深い。仕事場を兼ねる部屋は相変わらずきれいに整理されているし、全体のイメージも変わりがない。メインのスピーカは長年使っているJBLのバックロードホーンで不変だが、十年前にあったLINNのトールボーイ型スピーカがなくなり、代わってタンノイのバークレイが置かれている。アンプは以前と同じアキュフェーズのプリメインE-407に、OCTAVE社の真空管アンプが加わった様子。レコードプレイヤーは継続使用のトーレンスTD520の横に新しいラックスマンPD5200が並んでいる。ステレオ用・モノラル用で2台体制になったとのこと…等々。評するのは僭越だが、音楽愛好家らしい堅実なシステムで好感がもてる。

この手の特集で様々な人の書斎や道楽部屋を見ると、自分の方寸小部屋の参考にしたくなる。今回取り上げられている「音のいい部屋」の主の多くはぼくより若い世代。そしてそのオーディオシステムにはヴィンテージ品によるものも多い。ここ数年ですっかりありがちな今風システムになった我がオーディオシステムだが、こういう記事をみると、以前の2S-305と真空管アンプによる「昭和なシステム」に回帰したくもなる。まあ、あれもこれもというわけにはいかず、悩みつつも、どこかで折り合いつけ、分相応にやっていくしかないのだが。

2枚のCDについては、近々あらためて。


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

アキュフェーズ検分 C-2450


アキュフェーズのセットが到着してから、間もなくひと月になる。


DSCN6337 (640x427)


このところ平日、休日問わず、まともに音楽を聴いている状態ではなく、せっかく導入したアキュフェーズも本領発揮に至らず、ではあるのだが、少しずつその性格も分かってきた。少し前に、パワーアンプA-70にインプレッションを書いたが、きょうはプリアンプC-2450について備忘を記しておこう。


ACCU_C2450_1.jpg  ACCU_C2450_2.jpg

ACCU_C2450_3.jpg  ACCU_C2450_4.jpg


今回アキュフェーズの導入に際して一番悩んだのが、プリアンプの機種選定だった。
入力のメインがCDプレイヤーからであれば、その出力レベルはパワーアンプの入力レベルに近く、増幅手段としてのプリアンプは不要なのではないか、入力セレクタとアッテネータによる、いわゆるパッシブプリアンプで用足りるのではないか考えた。これに関してはプリアンプの要不要について、オーディオマニアの間で議論百出であることは承知しているが、純粋な電気信号処理側面だけでなく、実際の音に対する情緒的判断が入ることから、その議論も結論には至らないことが多い。結局は、道楽なのだからお好きなように、ということになる。ぼく自身はパッシブアッテネータでも良いかと考えていたのだが、フォノ入力を受ける以上イコライザは必須で、その出力レベルは直接パワーアンプに入れるには少々低く、10dB程度は増幅したい。ならばパッシブプリに軽くゲインを持たせたバッファアンプでも入れればいいか…そんなことが考えていたのだが、そもそもパッシブプリでこれはというものが見当たらない。ましては今更自作も面倒だ。そんなこんなの堂々巡りで、やはりプリアンプを入れようとなった。

アキュフェーズのプリアンプは内蔵可能なフォノモジュールによってモデルが分けられている。エントリーモデルのC-2120は基板1枚構成のシンプルなAD-30がセット可能で、当初はこれで十分かと思ったが、上位機種に内蔵可能なフォノモジュールAD-2850の、左右独立した基板構成や周到な電源部をみると、基板1枚構成のAD-30はいかにも貧弱に見えてくる。マニアックなアナログファンではないが、手持ちの音盤の半数以上はアナログ盤であることから、ここはフォノモジュールはおごっておこうと決心。必然的にプリアンプの機種はC-2450となった。もちろんさらに上位のモデルもあるが、あきらかに分不相応。この夏に出たばかりの新製品ということもあって、中堅クラスのC-2450にした。

ここしばらくアキュフェーズのシステムを聴いてきて感じるのは、月並みな評価だが、その解像度の高さだ。今回はプレイヤーからプリアンプ、パワーアンプまで一気に入れ替えたので、その解像度の高さがどの段階に起因しているか特定できない。しかし、そのかなりの部分がプリアンプC-2450によるのではないかと感じている。
解像度が高いというと、何やら中高音がカリカリでエッジが立っているような音をイメージするが、そういうわけではない。一つ一つの音の粒に余分な付帯音がなくフォーカスが明瞭。音ににじみがないといえばいいだろうか。その結果、演奏者が繰り出す細かなニュアンスが手に取るようにわかる。クリコヴァのギターでは、音符を再現した本来の楽音に加え、クリコヴァが押弦する際の弦とフレットの当たり、左手のポジション移動の様子までも再現される。以前のラックスマンのセットでは気付かなかった演奏の気配、スタジオの空気感がよくわかる。五嶋みどりのアルバムでは、キレのいい彼女のボウイングから放たれる音が空間の前後左右ばかりか、上方へも広がり、スタジオの広さが想像できる。熱帯ジャズ楽団の活気あふれるライヴでは、複数のパーカッションから繰り出される音が四方八方に飛び散り、音圧によるものとは別の臨場感に包まれる。

C-2450はプリアンプとして必要とされる機能は完全に網羅していて、入力系統などは少々過多と感じるほどだ。またトーンコントロールのターンオーヴァー周波数は固定。この点は下位モデルのC-2120が低音、高音とも切り替えができ、特に低音のごく低い部分を少しブーストしたいというケースでは、むしろ上位機種より使いやすい。ヘッドフォン出力も十分な駆動力があり、ゼンハイザーHD800でもまったく問題なく、高音質で鳴らしてくれる。音量調節ボリュームの感触も、独自メカの採用により、リモコン対応のボリュームとしては悪くない。

システムの総入れ替えは相応の出費ではあったが、CD、LP問わず、音盤を聴くたびに、楽曲の成り立ちをより構造的に聴くようになり、同時に演奏者の気配を感じ取れるようになった。今のところその表現力に納得、脱帽の毎日である。


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

アキュフェーズ検分 A-70



アキュフェーズ到着から2週間ほど経過した。音を出す出さないに関わらず、帰宅してから就寝するまでは常時通電。音も出さずに通電だけではほとんど意味がないのだが、まあ気休めのエージング。平日はまともに鳴らすことはなく、今のところ気合を入れてボリュームを上げるのはもっぱら週末。きのうの日曜日は一週間ぶりにシステムの検分兼ねてひとしきり音出し。音盤棚を見渡して、いくつかの盤を取り出した。


DSCN6393 (640x427)


きのうは特にパワーアンプA-70の様子を中心に検分した。
先日の記事にも書いた通り、当初パワーアンプはミドルクラスのA-47にするつもりでいたのだが、A-70の中々マッチョなエクステリアデザインに一目ぼれしてしまった。周知の通り、アキュフェーズのパワーアンプには出力段がA級動作とAB級動作とで二つの製品ラインナップが用意されている。A級のラインナップはA-36に始まり、その上にA-47、A-70と続く。A-70はステレオタイプの最上位機種。その上にはモノラル構成のフラグシップモデルA-250がある。


ACCU_A70_1.jpg  ACCU_A70_2.jpg

ACCU_A70_4.jpg  ACCU_A70_5.jpg


A-70はほとんど見た目で選んだといってもいいのだが、もちろんそのガタイのマッチョさは音の余裕につながる。とはいえ一般家庭で鳴らすにはその下のA-47でもA-36でも十分、A-70は要らないだろうという見方には当然納得していた。見た目以外の理由を見つけるとすれば、負荷となるスピーカー:アヴァロン・エクリプスの能率定格値が86dB/Wと低めであること、加えて、おそらくかなり複雑なネットワークが構成されていて過渡的なインピーダンスが低いだろうというあたり。下位モデルを選んで、いざというときパワーアンプが馬脚を現すことにでもなったら、悔やみきれないとも考え、アンプ側に余裕があった方がいいだろうという結論に至った。…と、四の五の言っているが、まあメーカー側の商品企画戦略にそのままのせられたということになる。

アキュフェーズの音響バランスというと、ラックスマンのそれとは対照的に、低音から高音までスッキリと立ち上がった摩天楼型といわれる。日頃から音楽の基本はピラミッドバランスの音響が重要と感じているぼくにとって、アキュフェーズのバランスが腰高で軽量なイメージだったらどうしようという危惧があったのだが、音を出して5秒後には、それが杞憂であることがわかった。取り出した盤のいずれからも、以前のシステムを完全に凌駕する低音が聴こえてきた。

スウィトナー&SKBによるシューマン第2交響曲。第1楽章冒頭の序奏では、弦楽群がゆったりと歩むようなフレーズを奏でる。ここでのコントラバス基音の再現性が素晴らしい。スコアを確認していないので定かでないが、おそらくpかppの指定と思われるフレーズなので、コントラバス群もごく弱く奏しているのだが、その下支え感が見事。スピーカーが密閉型ということもあって、特定の音が膨らむもこともなく、60Hz以下の基音の音程が明確に聴き取れる。平賀マリカや熱帯JAZZ楽団の盤を少し大きめの音量でかけると、出力ピーク値は100W近くになる。当然それに伴って低音の量も増えてくるが、それぞれの音の立ち上がり、押し出し、収束が一切の遅滞なく行われる。アヴァロン・エクリプスの、見た目これで大丈夫かと不安になる高々22センチのウーファーからは、今まで聴いたことがない低音が飛び出してきた。量的に不足がなく、かつ極めてタイトで高い分解能の低音。アヴァロン・エクリプスがA-70を得て初めて本領発揮。ポテンシャルの高さを見せつけられた。

もちろん、こうした印象はスピーカー以外総入替えしたシステムトータルの結果ではある。しかし低音を支配するウーファーの駆動は、もっともパワーアンプの違いが現れるポイントであることからも、A-70の強力な駆動力ゆえのこの低音なのだろうと、上位モデルを選んだ心理的バイアスも加わって合点した。定格出力60Wと控えめながら、トロイダル型の大型電源トランス、82,000uF×2の大容量電解コンデンサ、10パラのMOSFET出力段等により、1オーム負荷480Wまでリニアに応答する。余裕をもって構成された理想的な定電圧源動作は伊達ではないと実感した次第だ。


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

アキュフェーズ音出し



三連休初日文化の日。叙勲のニュースを見ながら…大村崑ちゃん若いなあ。子供の頃「鞍馬天狗」を観ていたっけ…「姓はオロナイン、名は軟膏」って…通じないか(^^; さて、好天に恵まれ気持ちのいい休日の昼下がり。納品後、開梱してそのまま放置状態だったアキュフェーズのご機嫌伺い。ようやく定位置にセットして音出しとなった。


DSCN6337 (640x427)

DSCN6341 (640x427)


三年前にスピーカをアヴァロンのエクリプスにしたときから、いずれアンプを入れ替えようと思い、あれこれ物色していた。気に入って使っていたラックスマンのL-570に大きな不満はなく、当初はその延長線上で同じラックスマンのA級プリメインにしようと考えていた。しかし、最新モデルではないものの同社のA級最上位機種を試聴した結果が思わしくなかった。音質以前の問題として、残留ノイズが四半世紀前のL-570よりずっと大きく、少なくてもラックスマンのプリメインは諦めざるを得なくなった。そこで方針転換。音の傾向としては対極とされることが多いアキュフェーズが有力候補となった。音の傾向よりも、まずは静かなアンプであることが大前提だった。仕様書にある定格出力時のSN比では実使用時の静かさは判断できない。残留ノイズの値が示されていればいいのだが、重要な仕様値にも関わらず、ほとんどのアンプでその記載はない。アキュフェーズは、創業者の春日氏が高能率のホーンシステムを使っていることから、残留ノイズに関して厳しい耳で設計に臨んでいると以前から聞いていたこともあり、アキュフェーズならその辺りの問題はないだろうというのが、同社を選んだもっとも大きなポイントだった。あれこれ悩んで最終的に導入したのは以下のモデル。

パワーアンプ:A-70
プリアンプ:C-2450
フォノイコライザユニット:AD-2850
CD/SACDプレイヤー:DP-560

プリアンプとプレイヤーはアキュフェーズのラインナップ中は下から二つ目のランクながら、それぞれ今年の春と夏に出た新機種。プリアンプC-2450は前のモデル2420と大きく変わったところはないが、プレイヤーのDP-560はデジタル外部入力の仕様が今風にアップデートされている。また一部に不評だったメカニズムの作動音などが改善されている。パワーアンプは当初A-47の予定だったが、同じA級動作上位モデルA-70のマッチョな面構えにやられてしまい、8畳方寸の道楽部屋には少々過剰スペックかとも思ったが、ワンランクアップとした。

ひと通りセットアップを完了して音出し。
期待した通り、実に静かなアンプ。無音状態でボリュームを上げてみるが、LINEレベル入力ではボリューム位置を15時過ぎにしてスピーカユニットの耳を近付けてもほとんどノイズは聴こえない。PHONE入力(負荷はオルトフォンSPU-G)では無音とはいかないが、2.5mほど離れたリスニングポジションではほとんど聴こえない。もっともPHONE入力に関してはプレイヤー側の信号伝送系統も重要要素なので、アンプ側の問題だけではない。いずれにしても残留ノイズの少なさ、実使用時SNの良さに関しては、まったく不満なく休心した。

管弦楽、ピアノ、弦楽ソロなどいくつか聴いてみたが、評判通りの解像度の高さを実感する。一つひとつの音が切れよく、また混濁感なく立ち上がる。その結果、スピーカーで展開される音場表現・空間表現が秀逸で、録音現場の様子がこれまで以上にイメージできる。マッチョな面構えゆえに選んだパワーアンプA-70の真価をさぐるべく、フュージョン系音源を少し大きめな音量で聴いてみたが、もちろん破綻などあろうはずもない。どこまでもタイトなバスドラムとスラッピングベースの音に圧倒される。他のモデルと違ってA-70のパワーメータはLEDによるバー表示に加え、7セグによる数値表示が出る。8畳洋間でスピーカーに能率86dBのアヴァロンを使っている状態では、BGMとして静かに聴いていると2W未満、ほどほどのボリュームで5~20W、少し大きめな音量で30~50W、防音していない戸建住宅での限界レベルかと思われる爆音で100W程度のピークを示す。A級動作ゆえの発熱も心配したが、大型ヒートシンクのおかげでラックスマンL-570よりずっと低い温度で問題なさそうだ。

まともにスピーカーと対峙して音楽を聴くことも以前と比べ少なくなった。そんな状態でオーディオセットを入れ替えるのはどうしたものかとも思ったが、限られた機会、限られた時間だからこそ、そのときは出来るだけいい条件で聴きたいと、勝手な理屈でちょいと散財。音楽の聴き方をより深化させ、投資回収に努めよう。個々の機器に関するインプレッション等はまたいずれ。





★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

こちらも到着!


パピーに続き、こちらもやってきた。妄想が現実に…


DSCN6328 (640x428)


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

夏の夜の妄想



八月も今週でおしまい。今月で夏が終わるわけではないが、なんとなく安定を欠く夏。不純な天候ばかりが報道される。これも夏型気圧配置が弱いことに起因するようだ。しっかりせえよ、太平洋高気圧! さて週明け月曜日。今夜は夏の夜の妄想を…

201708_E600.jpg

しばらく、いや随分前からアンプ選びでしゅん巡している。
現有のラックマンL-570に特段不満はない。一昨年、予防保全を含むメンテナンスパックも施したから、当面不具合が発生することもないだろう。とはいえ、さすがに発売から四半世紀以上を経過している。そろそろ人生の行く末を考える歳になったこともあり、これからの人生黄金期の二十年(実態はそんなバラ色とは程遠いが)を共に安泰に過ごせるかどうかを考慮すると、バブル期の贅沢な設計思想で作られているとはいえ、ぼちぼち退役も考慮しないといけないと考えている。ダメになったらそのとき考えればいい、アンプがなくなるわけでもなし…。その通りではあるのだが、アンプの入替えはスピーカのそれとは違って音質が180度変わってしまうようなリスクは少なく、浮気をしても痛い目にあうリスクが少ない。つまりオーディオとしてのお楽しみ的要素が強い。音そのものが廉価モデルとさほど変わりなくても、デザイン、操作感覚、存在感などが選択の基準になるのも、道楽のお楽しみが由の世界だからだ。

この手の妄想の前提として、ひとまず懐事情は横に置くことにして…
現有機のレベルから考え、候補はプリメインの上位モデルかセパレートへの移行を考えている。次にどのメーカーにするかだ。同じラックスマンで行くのが妥当なのだが、ラックスマンのプリメイン上位機種に少々不安があることから、世評ではまったく異なる音質キャラクターのアキュフェーズを本命としている。プリメインならE-600(この機種はおそらく今秋モデルチェンジされるだろう)。セパレートならパワーアンプA-47+プリアンプC-2450(このプリアンプは出たばかりの新製品)が候補。このクラスのプリアンプにはレコード再生用にAD-2850というフォノモジュールが用意されている。優れたモジュールのようだが、価格もそれなり。フォノモジュールだけで国産の中級プリメインアンプが買える。プリアンプを一つ下のモデルC-2120にする手もあるが、こちらはオプションのフォノボードが現有のL-570より確実に見劣りしそうで悩ましい。もちろんそれぞれの機種のひとつ前くらいの中古という選択もアリだ。

201708_A47.jpg
201708_C2450.jpg

アキュフェーズは手堅い設計思想と継続的メンテナンスとで国内外オーディオマニアの強い信頼を得ているメーカー。外見デザインも安易に変えない。しかし、客観的にみると年商二十数億の小規模メーカー。大企業の一部門であれば真っ先に整理対象になりかねない規模だ。市場拡大がそうそう望めない本格オーディオの世界にあって企業活動の維持には苦労していると推察する。それが証拠に、安易なモデルチェンジはないというアキュフェーズの各モデルではあるが、実際はいずれも4~5年周期で確実にモデルチェンジをし、同時に価格もアップしている。モデルチェンジに際しては「最新の技術を投入し…」「全面的に見直し…」というふれこみがもちろん付くが、多くがマイナーチェンジの域を出ない。大きな技術変革は10年に一度くらい。最近でいえば、音量調整にAAVCと称する技術(入力信号を電圧一電流変換。その後必要なレベルに応じて電流加算したのち再び電圧レベルに戻す方式)くらいではないだろうか。それに加えて周辺技術として、音量ボリュームにメカとセンサーを組合せた操作感覚に優れたデバイスを投入したこと、スピーカへの接続回路の開閉を機械式接点のリレーからMOSFETの半導体スイッチに変えて信頼性とダンピングファクターを向上させたこと、小信号回路をパラレル動作させてSN比を改善したこと…くらいだ。アナログオーディオの主要回路に関しては、すでに技術革新はほとんどない証左ともいえる。そんなアキュフェーズではあるが、やはり日本オーディオ界でのリファレンスであることに違いはなく、数年ごとのマイナーチェンジと価格アップも、アキュフェーズ存続のための応援費用と考えるのが妥当だ。

201708_MA9000.jpg

気になるメーカーは他にもある。
漆黒のフロントパネルにブルーアイズのマッキントッシュの存在感はどうだ。過去何度か身売りを繰り返して経営主体は変っているようだが、そのデザインと音質のポリシーはアキュフェーズ以上に一貫している。こちらも数年ごとにモデルチェンジをし、価格もアップしている。プリメイン上位機種は最近MA9000がリリースされた。しかし45キロを超えるその重量は、衰え行く老体を考えると諦めざるをえない。そこまで考えるなら、マークレヴィンソンやクレル、ジェフローランドはどうか。いや、いくつかの国内ガレージメーカも個性的な製品を出している等々。おっと、球アンプを自作という道もあるが、小学三年のときからラジオ工作で真空管と付き合い、三球ラジオ(三球・照代にあらず)からオールウェーブ受信機にSSB送信機、各種アンプと十分遊んだので、もう球はいいかなと。

オーディオ選びで悩んでいます…という質問に対して<識者>から必ず出てくる答えが「試聴してご自分の耳でよいと思いものをどうぞ」というものだ。その通りだろう。しかしスピーカならともかく、ことアンプに関して、音質の良否、自分の好みとのマッチング等、静寂良質な試聴室であっても判断できる自信はぼくにはまったくない。従ってアンプに関しては、もっぱら機能と面構え、操作感覚で選ぼうと考えている。アンプは見た目が100%。でも35億も存在しない…こうして妄想はいつ果てることなく堂々巡りを繰り返す。

横浜に本社工場があるアキュフェーズ社。誠実な日本のメーカイメージそのものだ。


マッキントッシュMA9000



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

恋するあなたと…



恋するあなたと…?
「恋するあなたとヘッドフォンの間に+0.5mmの幸せを」というキャッチフレーズの<mimimamo>という商品。スーパーストレッチ・ヘッドホンカバー。ヘッドホンに装着して、汗・脂のべたつきや蒸れによる不快感を解消するアイテム。しばらく前から気になっていたのでアマゾン経由で注文したみた。

DSCN5959 (560x560) DSCN5963 (560x560)

DSCN5974 (560x560)


恋には縁遠くなったしまったオッサンが手にしていいものか…、幸せは3cmくらい欲しいぞ…、キャッチフレーズには少々無理があるが、ちょっとしたアイテム。若い人の間では色を変えて楽しむオシャレもあるようだ。実用本位でグレーを選択。サイズはL。


普段使いのソニーMDR-CD900STへの装着状態。ちょうどいい塩梅。
DSCN5968 (560x560) DSCN5965 (560x560)

大型のゼンハイザーHD-8000へも装着可能。少々きつい感じもするが、よく伸びる素材なので問題なし。
DSCN5969 (560x560) DSCN5972 (560x560)


いつも耳の蒸れが気になるわけでもないが、何となく精神衛生上いいようにも思う。ヘッドフォン本体のイヤーパッド上に平面が形成されるが、柔らかく伸縮性に富む素材なので、耳が押さえられる感覚はほとんどなく、違和感もない。音質への影響もほとんどわからないので、事実上ゼロかな。
昨今のヘッドフォン・イヤフォン市場は、オーディオ機器本体の市場と同等の売り上げがある様子。秋葉原のオーディオ専門店は中高年オヤジ族がパラパラの状態だが、ヘッドフォン・イヤフォン専門店は若者でにぎわっていた。重厚長大のオーディオワールドも本当にごく一部のものになってしまったようだ。


まあ、こんなノリなわけですね。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)