セルのブルックナー第8



当地関東では金曜日の春一番のあと、二日続きで北風MAXの週末。きょうも晴天ながら、窓越しに差し込む陽射しだけでは足らずに、終日エアコン暖房オンの日曜日となった。さて、あすからまた一週間。今夜は少し早く休もうかと思いつつもアンプの灯を入れ、こんな盤を取り出した。


201702_Szell_AB8.jpg  201702_Szell_AB8_LPCD.jpg


ジョージ・セルとクリーヴランド管弦楽団によるブルックナーの第8交響曲。1890年第2稿ノヴァーク版による演奏。手元には70年代に廉価盤シリーズで出ていた頃の2枚組LPと数年前セルの録音がまとまった復刻されたときに手に入れた第3番との2枚組CDとがある。ブルックナーに開眼したのは70年代半ば大学2年の頃。ブルックナーやマーラーの大曲がブームになり、学生の仲間内でもよく話題になった。中でもブルックナーの第8番は、その規模や、豪放さと敬虔な祈りとを併せ持つ曲想から人気があった。クナッパーツブッシュや朝比奈隆のブルックナー録音が人気を得出した時期でもある。
この第8番は1969年10月ジョージ・セル最晩年の録音の一つ。この録音の翌年、セルはクリーブランド管弦楽団と1970年、大阪万博に合わせて来日公演を行い、そのあと帰国して程なく帰らぬ人となった。

セルのブルックナーは当時決してメジャーな人気を得たとは言えなかったが、どうして、素晴らしい演奏だ。セルらしく全体は古典的によく整い、楷書の趣き。いつも通りアンサンブルの縦の線はきっちり合い、聴いていてラフなところがまったくない。それではいささか肩肘張っていて面白くないのではないかという向きもあるだろう。しかし、これだけの大曲を自発性という言葉のもと、奏者の勝手に任せていては断片的な印象は残るかもしれないが、曲を大きく俯瞰して聴かせることは難しい。徹頭徹尾神経の行き届いた演奏という意味では、解釈は異なるがチェリビダッケの演奏に通じるところがある。古典的によく整いと書いたが、そこは後期ロマン派の大曲だ。ブルックナーと聞いて期待する重量級の響き、金管群の迫力、第3楽章での弦の歌、いずれも過不足なく充実している。またセルの演奏というと古典的でスッキリとした造詣から、テンポも速めというイメージがあるが、実のところはロマン派以降の曲ではときにゆったりとしたテンポと取り、スケールの大きさとロマン派風の味わいをみせることがある。この曲でも第2、第3楽章は他の演奏に比べるとテンポは遅く、特に第3楽章は29分を要し、多くの他の盤と比べてももっとも遅い部類に入る。音響的にはスッキリと見通しのよさを保ちながら、大きなフレージングと時に弱音を生かした表現で、実にロマンティックな表情を聴かせてくれる。手元にはこの曲の盤が10種ほどあるが、ケンペ&チューリッヒトーンハレ盤、チェリビダッケ&ミュンヘンフィル盤と並んで残しておきたい名演の一つだ。


この盤の音源で終楽章。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

トーマス・ザンデルリンクのブラームス



ここ数日の寒さが少し緩む。例によって週末夜更けの音盤タイム。一昨日の記事で思い出し、こんな盤を取り出した。


DSCN5635 (560x560)  DSCN5641 (560x560)


ドイツの指揮者トーマス・ザンデルリンク(1942-)がフィルハーモニア管弦楽団を振ったブラームスの交響曲全集。1996年録音。写真のような少し変わったパッケージにCD4枚が収められている。イタリアのDARPRO.S.r.l.というレーベルからリリースされたもので、パッケージに書かれている解説もすべてイタリア語という異色盤。発売された直後、HMVのサイトで新譜にも関わらず千円ちょっとで叩き売られていたのをみて注文した。

いうまでもなくトーマス・ザンデルリンクは先日の記事でベートーヴェン交響曲全集を取り上げたクルト・ザンデルリンク(1912-2011)の子息。90年代には大阪シンフォニカーの音楽監督を務めていたこともあって日本でもおなじみだ。兄弟のシュテファン(1964-)、ミヒャエル(1967-)も指揮者あるいはチェリストとして活躍している。

悠然と流れるブラームス。全4曲ともかなりテンポの遅い演奏に属するだろう。ブラームスの交響曲の中ではもっとも演奏時間の短い第3番も(この曲のみ第1楽章提示部繰り返しがあるが…)40分以上を要している。遅いテンポといえばクレンペラーやバルビローリあたりを思い出すが、テンポ以外の解釈は随分と異なる。 そして、ゆったりとしたテンポをさらに助長するかのように、レガートなフレージング、弦楽群の音価いっぱいのボウイング、管楽群のやや暗めの音色、マスの響き重視の録音。そうしたものが相まって、この演奏のソフトフォーカスなイメージが出来上がる。こう書くと腑抜けでしまりのない演奏のように聞こえてしまうかもしれないが、レガートなフレージングもよく考えられたディナーミクを伴っていて、曲の進行と共に単なるヒートアップとは違う高まりを感じさせる。特に第4番あたりは相性がよく、冒頭の詠嘆調の出だしから始まってじわりじわりと進むうちに次第に聴く側の心の内が熱くなってくる。一方、第1番などはやはりもう少しごつごつとした肌合いが欲しくなるところだ。

ザンデルリンク父のベートーヴェンを演奏していた在ロンドンのフィルハーモニア管はさすがに腕達者かつ元々ウォルター・レッグのもとEMIのレコーディングオケとして誕生した由来もあってか指揮者への順応性が高く、ここでもトーマス・ザンデルリンクの解釈を十分具体化している。録音は管楽器群をかなり遠めにとらえ、全体の解像度も高いとはいえないが、コントラバスの低いピッチも確実に再現されて、全体に渋い響きのブラームスにはふさわしい音質だ。イタリア仕込みのユニークなパッケージデザイン、トーマス・ザンデルリンクの悠然たる解釈とそれに応えるフィルハーモニア管の実力、そして渋めで調和重視の録音など、あまたあるブラームス演奏の中でも隠れた名盤といえる。


この盤の音源で第4番ホ短調。


同じく第3番ヘ長調。


東京佼成ウインドオーケストラとの練習風景。トーマスは2014年から同団の首席客員指揮者。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

クルト・ザンデルリンクのベートーヴェン



五時過ぎに仕事を終えて外へ出ると意外に空が明るい。そうか、日脚が伸びたのか…冬至からひと月以上経ったのだから当たり前だなあと、少し気が早いが春の予感を抱きながら家路についた。 さて、ひと息ついて今夜はベートーヴェン。しばらく前からちょこちょこ聴いていたこの盤を取り出した。


201701_Sanderling.jpg  DSCN5630 (560x560)


最後の巨匠ともいわれたクルト・ザンデルリンク(1912-2011)がフィルハーモニア管弦楽団を振ったベートーヴェンの交響曲全集。1981年のデジタル録音。手持ちの盤は20世紀が終わる頃、激安ボックスセットで出たときのもの。80年代初頭の録音ということだから、当初のリリースはLPであったはずだが、話題になった記憶がない。全曲が録音されていながら、LP時代のリリースは一部にとどまったようで、このCDセットで初めて全容が明らかになったといっていいだろう。手持ちのDiskyCommunication版ボックスセットは、Disk-1に入っている第1番が第3楽章までで終わり、第4楽章はDisk-5へ飛ぶという、廉価ボックスとはいえ少々難有りの編集がいただけないが、その後再発されたセットは6枚組みになり楽章割付も正常化、加えて同時期に録音された序曲類も入って、まともなセットになった。

ザンデルリンク68歳の円熟期の録音。音楽は悠々と流れる。音価いっぱいに引き伸ばされるレガートなフレージング、柔らかなアインザッツ。ベートーヴェンの交響曲がもつ熱く劇的なイメージは少ない。こう書くと腑抜けのベートーヴェンと受け取られかねないが、そんなことはない。腕利きが揃うフィルハーモニア管の追従もよく、ゆっくり、ゆったりでありながらアンサンブルの縦の線はきちんと揃い、音楽全体は整然と進行する。90年代以降の新世代の演奏と比べるとオールドファッションの感は否めないが、今となっては貴重なスタイルだ。内田光子がベートーヴェンの協奏曲の録音に際し、「ザンデルリングとでなければベートーヴェン録音はありえない」とザンデルリンクとの協演を希望して録音が実現したという。ザンデルリックというと70年代初頭のシュターツカペレ・ドレスデンとのブラームスがまず思い出されるが、ブラームスでみせる男性的な表情とはまた違った色合いのベートーヴェンだ。


この盤の音源。第2番の第1楽章


内田光子がザンデルリンクと組んだベートーヴェンの協奏曲。第5番の第2楽章。1998年ザンデルリンク86歳。


ザンデルリンクのドキュメンタリ。…う~ん、ドイツ語わからん!



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

きょうが命日フルトヴェングラー


ぼくが子供の頃、ひと月の日数が31日以外の月を「西向く侍(二・四・六・九・士=十と一)」と覚えたものだが、今どきはどうなのだろう。その侍の月もきょうで終わり、明日から師が走る月だ。あっという間に今年も終わる。
さて、きょう11月30日はウィルヘルム・フルトヴェングラーの命日。1954年11月30日没。享年68歳。ぼくが生まれた二十日ほどあとに亡くなったことになる。今更彼についてぼくなどが語る余地もないので、今夜はせめてレコードを聴いて彼を偲ぼう。
フルトヴェングラーには、ぼくも学生時代に少々入れあげたが、幸い幾多の同曲異演盤や海賊盤に手を染めることもなく、ごく普通のクラシックファンとしてのフルトヴェングラー熱の域を出ず現在に至った。フルトヴェングラーならベートーヴェンやブラームスがまず最初に浮かぶが、手元にある何枚かの盤から選んだのは、ご覧のシューマンの第4交響曲。1953年5月、亡くなる1年前の録音だ。


201611_Furtwaengler_Schuman4.jpg


語る必要もない名盤。フルトヴェングラーの数ある名盤の中でも屈指といっていい。手持ちの盤は30年以上前にオリジナルモノラルカッティングで出たシリーズ中の1枚。マンフレッド序曲とウェーバー<オイリアンテ序曲>とのカップリング。70年代初頭までBPOのほとんどの録音が行われたベルリン・イエスキリスト教会での録音。まともなセッション録音が少ないフルトヴェングラーの盤の中では異例ともいえる録音条件の良さもあって、モノラルながら往時のBPOサウンドが聴ける貴重な盤だ。

シューマンは交響曲を4曲残しているが、ときとして専門家からは管弦楽手法の未熟さが指摘される。確かにベートーヴェンやブラームスのように限られたモチーフを有効に発展させて曲を構成するといった、計算された設計図といった面で見劣りしなくもない。しかし現代の優れたマエストロ達が楽譜に多少手を入れ、慎重に楽器間のバランスを取って演奏するシューマンを聴く限り、まさに「交響」としての管弦楽の響きや、数々の魅力的なモティーフなど、4曲の交響曲が他の独墺系作曲家の交響曲に大きく見劣りするようには聴こえない。実際、カラヤン、バーンスタイン、クーベリック、セル他、歴代の多くの名指揮者がシューマンの交響曲全曲の録音を残している。

フルトヴェングラーと手兵ベルリンフィルとのシューマンは、ぼくらが「ドイツ的」と聞いてイメージする曲想をことごとく具現化していく。深く尾を引くアインザッツ。シュバルツヴァルトを思い起こす重く、暗く、うっそうした音色。そうしたものを身体の芯から覚えているであろうベルリンフィルをフルトヴェングラーがドライブする。深く柔らかいアインザッツ、渋い音色の弦と木管群による重厚なサウンドバランス、そして晩年のフルトヴェングラーの幻想的な解釈に呼応し、素晴らしいアンサンブルとアーティキュレーションで応えるBPO。 悠揚たるテンポを基本にピアニシモから湧き上がるように息の長いフレーズを奏でる弦楽器群。第1楽章からぞくぞくとする感興の連続だ。第2楽章冒頭のオーボエや終盤のヴァイオリンソロの寂寥感も胸を締め付けられる。第3楽章スケツツォも重い足取りながら、トゥッティのヴァイオリン群の切れは素晴らしい響きだ。圧巻は終楽章。アチェルランドしながら曲を高揚させ、ピークに達したあと、ぐっとテンポを落とすときのカタルシス。一気呵成に走り抜けるコーダ。全4楽章を一気に聴いてしまった。

ベルリン・イエスキリスト教会でのこの録音は、ライブ以外の彼のセッション録音中、最高の出来ともいわれている。モノラルながら録音状態も良好。ここでは彼の名前からイメージする即興的かつ熱狂的な展開は影を潜めて、代わって落ち着きとすべてを高見から俯瞰するような冷静も併せ持つ。それゆえに、却って音楽は雄大かつ深く響く。第2次大戦終戦から8年たったこともあるだろうし、亡くなる前年の演奏であることも影響しているだろう。久しぶりにこのシューマンを聴いて、あらためてその素晴らしさを実感し、手元の盤を聴き直したくなってきた。


以下はこの録音のリマスタリング音源とのこと。手持ちのLPに比べ、明らかに周波数レンジは広く、音の深みも増している。 第1楽章。5分24秒:展開部へ入るところで、譜面音価の倍近く引き伸ばされるユニゾン。その後5分55秒から6分10秒:長い経過句も緊張が途切れない。コントラバスが意味深く鳴り続ける。その後6分23秒に向けてクレッシェンド。6分43秒からの付点音形トゥッティの深いながらもよく整ったアインザッツ。7分5秒~:一旦解決したあとの幻想的な弛緩。7分48秒~:次の山に向かって緊張を高める金管群・・・。 23分10秒~24分30秒:終楽章導入部の素晴らしさ。その直前第3楽章から終楽章にかけての接続も緊張感に富む。そして終楽章の最後、29分過ぎから次第に盛り上がり、29分45秒からは息をも付かせず突き進む。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

クリュイタンス&BPO ベートーヴェン交響曲第2番ニ長調


予報通りではあったが、まさかの降雪。関東地方で11月の雪は54年ぶりだそうだ。東京都内ではみぞれ、郊外や関東北部の平野部では場所によって数センチ積もった。気温も下がって一気に真冬の様相。いくらなんでも早すぎるよなあ…。そんなことをぶつくさ唱えながら部屋を暖め、音盤タイム。きのうのベームに続いて今夜も60年代重厚長大路線でいこうかと、こんな盤を取り出した。


201611_Cluytans_LVB.jpg  201611_Cluytans_LVB_2.jpg


アンドレ・クリュイタンス(1905-1967)とベルリンフィルによるベートーヴェン交響曲集。1957年から60年にかけてベルリンのグリューネヴァルト教会で録音された。当時グラモフォンがベルリン・イエスキリスト教会をしばしば使ったの対し、EMIはグリューネヴァルト教会でのセッションが多かったと聞く。今夜はこの中から第2番を取り出して聴いている。手持ちの盤は十年ちょっと前に出た廉価盤ボックスセット。同じ音源でアラカン世代にはお馴染みの70年代セラフィムシリーズのものもいくつか手元にある。EMI音源のこのセラフィムシリーズシリーズはクリュイタンス&ベルリンフィルのベートーヴェン、バルビローリのブラームスなど、今から考えても魅力的なラインナップだった。惜しむらくは緑色のジャケットだけが廉価盤のチープさを物語っている。

それにしてもこの盤で聴けるベルリンフィルの音は素晴らしい。弦楽群の分厚く重い響きはベートーヴェンに相応しく音楽のそこここにウェイトをのせてくれる。それでいてEMIの録音ポリシーもあってか、中高音のしなやかさも兼ね備えて美しく歌う。木管も金管もやや遠くに定位し、弦楽群とブレンドした響きが部屋に満ちる。ベルギー生まれのクリュイタンスは仏系指揮者ということになっているが、幼少期には父からドイツ語やゲルマン文化の薫陶を受けたという。この録音当時、クリュイタンスのベートーヴェンチクルスは大そうな人気であったというし、仏系指揮者としては初めてバイロイトにも登場している。そんなクリュイタンスがベルリンフィルをしなやかに歌わせ、ときに熱くドライブする。まだカラヤン色に染まる前のベルリンフィルは低弦群のアインザッツが遅め、かつ深く響く。この演奏がもし独グラモフォンでなされていたら、いささかもたれ気味の響きになっていたかもしれないが、EMIの録音はヴァイオリン群の中高域がしなやかかつ解像度が高く、それが深い低弦群の響きにうまくのって素晴らしい響きを形成している。昨年タワーレコードからこのコンビのベートーヴェン録音がSACDでリリースされた。それだけの価値がある名録音の証しだろう。


第2番の音源を貼っておこう。とりわけ美しい第2楽章は12分48秒から。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

ベーム&BPO シューベルト交響曲ハ長調<ザ・グレート>


勤労感謝の日。よわい六十を過ぎたが、いまだ勤労者。感謝されているかどうかはわからないけど…。予報通り冬型の気圧配置かつ寒波到来で、朝から強い季節風が吹き抜ける一日。気温も上がらず、何やら今夜からあすにかけては雪になるとか。11月の雪だなんて…どうなッテンの。 それでも日中は陽射しに恵まれ、先日の掃除でリフレッシュしたオーディオセットのスイッチを入れて、のんびり音盤タイムを楽しんだ。


201611_Bohm_BPO_Great.jpg  201611_Bohm_BPO_LP.jpg


カール・ベーム(1894-1981)がベルリンフィルを振ったシューベルトの交響曲<ザ・グレート>を取り出した(番号の付し方で諸説あって混乱するので、ここでは<ザ・グレート>としておく)。録音は1963年@ベルリン・イエスキリスト教会。例によって録音はカラヤンの耳とまで言われたギュンター・ヘルマンスが担当している。60年代のベルリンフィルはもちろんカラヤンの時代になっていたわけだが、その前後に残されているカラヤン以外の指揮者との録音には名演が多い。ベーム、フリッチャイ、クリュイタンス、マゼール、クーベリク、ケンペ…。多分この時期のベルリンフィルは誰のものとでも最高のパフォーマンスを発揮し、しかも戦前からの伝統的な色合いを残した演奏が可能だったのだろう。レコード会社もそういうベルリンフィルを使って録る盤には、それに相応しい指揮者を選んだに違いない。

さてベームのシューベルト。久々に針を降ろしたのだが、期待に違わぬ名演だ。60年代ベルリンフィルの素晴らしさが堪能できる。弦パートを中心にした完璧なバランス、よくまとまったアンサンブル、指揮者の意図を明確に把握し具現化する合奏能力、いずれもこの時代にあっては抜きん出ていたに違いない。ベームというと晩年のウィーンフィルとの演奏がより強くインプットされているぼくら世代には、60年代のベルリンフィルとの演奏は実に新鮮だ。テンポは総じて速く、音楽の作りは少々荒削りかとで思わせるほどだ。カラヤンのようにフレーズを磨き上げ、レガートにつなぐといった手法の正反対。実はこの盤を取り出したとき、のんびりしたテンポの退屈な1時間が待っているのかと予想していたが、ものの見事に予想は外れ、A面・B面一気呵成に聴いてしまった。

第1楽章は冒頭こそじっくりとしたテンポながら、主部に入るとグイグイと加速して飽かずに聴かせる。結尾部で冒頭の主題がグッとテンポを落として戻ってくるところなどは抜群の効果をあげている。第2楽章も指定のアンダンテより速めの設定。弦も木管もフレーズの入りが明確で、ややアクセントを付けて入ってくるのが特徴的だ。終楽章も冒頭からドライブ感満点で、ベルリンフィルの高い合奏能力が発揮され、いささかもゆるんだところがない。ベームは60年代がベストという人が多いが100%賛同したい。


同曲第2楽章のリハーサルの映像があったので貼っておこう。オケはウィーン交響楽団とある。
途中1分27秒から本番演奏に切り替る。1分57秒、2分5秒のフォルテ指示でみせるしぐさは晩年と同じ動きで懐かしい。エア・コンダクターでベームのまねをする際はこのアクションが必須だ。


1976年ザルツブルク音楽祭でのベームとウィーンフィルによるライヴ。この演奏は当時NHKFMをカセットテープでエアチェックし繰り返し聴いた記憶がある。投稿者のコメントによれば、この音源は当時オープンデッキ(1・3・4楽章は38/2トラ)でエアチェックしたものをデジタル化したのとのことだが、良好な音質が保たれている。ブラーヴォ!



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

セルの第九



関東地方は予報外れて好天の。気温も30℃近くまで上昇してアララの一日。仕事帰りにちょいと寄り道。今月いっぱいで退職する知人への餞別にCDを2枚選んだ。格別音楽ファンというわけでもないようで、ならばと、村治佳織と寺井尚子のジャケ買いセット(^^; 美女に囲まれどうかお元気で。 さて、帰宅後ひと息ついて…先日来の第九の流れ止まらず、今夜は真打登場。こんな盤を取り出した。


201610_Szell.jpg  201610_LVB_Szell.jpg


2年ほど前に入手したセル&クリーヴランド管によるベートーヴェン交響曲全集の中の1枚。1961年4月クリーヴランド管の本拠地セヴェランスホールでの録音。70年代にはセル&クリーヴランド管の録音が廉価盤LPでまとめて出ていたが、当時このコンビの真価に気付いていなかったぼくは、その多くを手にすることなく過ごし、今頃になってこの誇るべきコンビの録音にまともに接している。
演奏は彼らの美点が随所に現れたもので、どこから聴いても第一級の素晴らしさだ。第1楽章は冒頭から音価を短めに切り上げ、思いのほか軽めの響きで通している。弦、管とも正確なピッチと端整なフレージングのためだろう、オケの編成が小さく感じるほどだ。重厚長大なイメージでは決してない。そして何より音楽が格調高い。 第2楽章はティンパニの強打がことのほか冴える。これ以上大きいとバランスが崩れるのではないかと思うほどの強打で第1楽章よりも重量感を感じるほどだ。そして第3楽章。実はこの盤の中でもっとも感銘を受けたのがこの第3楽章だ。前二つの楽章に比べ、セルの解釈は明らかにロマンティックに寄っている。弦楽群は柔軟なフレージングと豊かな響きでこの美しい楽章を歌い、弦楽群と対話するように応える木管が冴え渡る。そして終楽章。冒頭からクリーヴランド管の完璧なアンサンブル。忙しいフレーズで合の手を入れるトランペット、第3楽章を回顧する木管群、いずれもこれ以上ないくらいに正確無比だ。

手持ちのボックスセットは2013年夏に発売された盤で、ドイツでリマスタリングされたもの。かつてのEPICレーベル時代のやや硬い音質が改善され、広がりのあるワイドレンジな音に仕上がっている。各パートの分離もよく、独唱や合唱もクリア。コントラバスの動きもよく分かる。アマゾンでは1600円余でまだ在庫あり。ベートーヴェン交響曲のリファレンスとしてこれ以上のものはないだろう。カスタマレヴュー54件のうち星5つが42件という数字がそれを物語っている。


この盤の音源で第2楽章。再生リストには全楽章のっている。お時間ある向きはぜひ。


リストはベートーヴェン交響曲全曲のピアノソロ編を残した。その版による第九の第2楽章。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)