きょう11月30日が命日 フルトヴェングラーのシューマン交響曲第4番を聴く


ぼくが子供の頃、ひと月の日数が31日以外の月を「西向く侍(二・四・六・九・士=十と一)」と覚えたものだが、今どきはどうなのだろう。その侍の月もきょうで終わり明日から師が走る月だ。あっという間に今年も終わる。
さて、きょう11月30日はウィルヘルム・フルトヴェングラーの命日だそうだ。享年68歳。1954年11月30日、ぼくが生まれた二十日ほどあとに亡くなったことになる。今更彼についてぼくなどが語る余地もないので、今夜はせめてレコードを聴いて彼を偲ぼう。フルトヴェングラーには、ぼくも学生時代に少々入れあげたが、幸い幾多の同音異盤や海賊盤に手を染めることもなく、ごく普通のクラシックファンとしてのフルトヴェングラー熱の域を出ず現在に至った。フルトヴェングラーならベートーヴェンやブラームスがまず最初に浮かぶが、手元にある何枚かの盤から選んだのは、ご覧のシューマンの第四交響曲だ。1953年5月、亡くなる1年前の録音である。


フルトヴェングラー&ベルリン・フィル シューマン交響曲第4番


シューマンは交響曲を4曲残しているが、ときとして専門家からは管弦楽手法の未熟さが指摘される。確かにベートーヴェンやブラームスのように限られたモチーフを有効に発展させて曲を構成するといった、計算された設計図といった面で見劣りしなくもない。しかし現代の優れたマエストロ達が楽譜に多少手を入れ、慎重に楽器間のバランスを取って演奏するシューマンを聴く限り、まさに「交響」としての管弦楽の響きや、数々の魅力的なモティーフなど、4曲の交響曲が他の独墺系作曲家の交響曲に大きく見劣りするようには聴こえない。実際、カラヤン、ベーム、バーンスタイン、クーベリック、セル他、歴代の多くの名指揮者がシューマンの交響曲全曲の録音を残している。

フルトヴェングラーと手兵ベルリンフィルとのシューマンは、ぼくらが「ドイツ的」と聞いてイメージする曲想をことごとく具現化していく。深く尾を引くアインザッツ。シュバルツヴァルトを思い起こす重く、暗く、うっそうした音色。そうしたものを身体の芯から覚えているであろうベルリンフィルをフルトヴェングラーがドライブする。悠揚たるテンポを基本にピアニシモから湧き上がるように息の長いフレーズを奏でる弦楽器群。第1楽章からぞくぞくとする感興の連続だ。第2楽章冒頭のオーボエや終盤のヴァイオリンソロの寂寥感も胸を締め付けられるほどだ。第3楽章スケツツォも重い足取りながら、トゥッティのヴァイオリン群の切れは素晴らしい響きだ。圧巻は終楽章だ。アチェルランドしながら曲を高揚させ、ピークに達したあと、ぐっとテンポを落とすときのカタルシス。一気呵成に走り抜けるコーダ。全4楽章を一気に聴いてしまった。

ベルリン・イエスキリスト教会でのこの録音は、ライブ以外の彼のセッション録音中、最高の出来ともいわれている。モノラルながら録音状態も良好だ。ここでは彼の名前からイメージする即興的かつ熱狂的な展開は影を潜めて、代わって落ち着きとすべてを高見から俯瞰するような冷静も併せ持つ。それゆえに、却って音楽は雄大かつ深く響く。第2次大戦終戦から8年たったこともあるだろうし、亡くなる前年の演奏であることも影響しているだろう。久しくフルトヴェングラーを聴くこともなかったが、今夜このシューマンを聴いて、あらためてその素晴らしさを実感し、手元の盤を聴き直したくなってきた。
関連記事

ナット・キング・コール 「After Midnight」


勤務先では一日のほとんどを事務所室内で過ごす。事業所内の工場へ行く際には広い構内を1kmほど自転車で移動するが毎日というわけではない。一日のうちで天気を肌で実感するのは、朝晩駐車場から事務所まで歩く間と、昼に工場内の食堂まで300mほどを往復する僅かな時間であることが多い。昨日から全国的に冬型気圧配置になったこともあって、北関東の当地は冬晴れ快晴。今朝は放射冷却もあって冷え込んだ。朝は寒風吹きすさぶ天気だったが、昼間は季節風も収まり穏やかな一日となった。夕方からは今月で派遣終了となるSさんの送別会。歯を治療中ということもあって程々に食べて帰途につく。10時に帰宅。風呂を済ませ、アラジンストーブに灯を点けて、少し前にPCの前に向かった。幸い隣り近所にさほど気兼ねをしなくてもいい環境ではあるが、10時を過ぎて大音量で音楽を聴くわけにもいかず、ブログ更新でPCに向かう間のBGMとして写真のアルバムをセットした。


村上春樹「ポートレート・イン・ジャズ」 ナット・キング・コール「After Midnight」


ナット・キング・コールのこのアルバム「After Midnight」を、ぼくは村上春樹/和田誠の「ポートレート・イン・ジャズ」で知った。アルバムタイトル通り、クラブでのセッション本番が終わったあと、プレイヤー達が肩の荷を降ろして自ら楽しむ、くつろいだセッションの雰囲気が伝わってくる。

ナット・キング・コールがポピュラー歌手として有名になり始めた頃のピアノと歌、ゲストプレイヤーの味のあるプレイ、互いにアイコンタクトをしながらリラックスしてプレイする姿が目に浮かぶようだ。ゲストプレイヤーの一人、スタッフ・スミスのヴァイオリンを聴くと、ヴァイオリンはクラシック以外には合わないと思っている石頭の輩も(ぼくもそうだった)、あっという間に持論を取り下げるだろう。

かつてのアメリカでは、ナット・キング・コールを始めとして、ジャズスタンダードや穏やかなポップス、ファミリーソングを歌う男性歌手が沢たくさんいた。ジョニー・ハートマン、パット・ブーン、アンディ・ウィリアムス、トニー・ベネット、メル・トーメ、あっフランク・シナトラも…今は誰がそうした存在なのか、ぼくはそのあたりはまったく不案内だ。少し調べてみようか。

関連記事

テデスコ 2台ギターのための作品集

歯の調子が悪いことは少し前の記事に書いた。その後歯医者へ行き調べてもらうと、以前治療した被せ物の下が虫歯になっているという。記事に書いた、食事中に石を噛んでしまったアクシデントは、トリガーになっているかもしれないし、歯にそれが原因と思われるクラックもあるが、虫歯そのものは以前から進行していたようだ。きょう日曜日は2回目の通院で、新しい被せ物の型取りをした。歯のクラックは少し時間がかかるが自然治癒するだろうとのことだった。しばらくは食事や飲み物もあまり楽しめない。

さて11月最後の日曜日、きのう若い学生たちと一緒に楽器を弾いたて興にのったせいか、きょうも午後から楽器を取り出し、ダラダラと2時間ほど弾いた。明日から仕事という今夜も続けてギター三昧。ちょと珍しいアルバムを聴くことにした。


テデスコ 2台ギターのための作品集  ブラジル・ギター・デュオ


写真のアルバムは、イタリア現代の作曲家;マーリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコが、2台のギターのために書いた作品を集めたものだ。ソナティナ・カノニカと平均律ギター曲集(2台のギターのための24の前奏曲とフーガ)のうち前半の12曲が収められいる。テデスコはぼくらギター弾きには馴染み深い。ギター協奏曲、詩の朗読に付した「プラテーロと私」、いくつかのギター独奏曲の中では、カプリツィオ・ディアボリカ、タランテラあたりがまず頭に浮かぶ。この盤の、2台ギターのための作品集は、存在そのものは知ってはいたが実際に聴いたのは初めてだ。
曲はテデスコの作風がよく出ていて、ときに新古典主義、ときにロマンティック、ときに民族的要素も現れる。楽譜を見ていないので不明だが、ギターのさまざまな技巧や特徴的な音形が仕組まれているようで、バッハのオマージュと思われる24の前奏曲とフーガも、1曲1曲がそれぞれに特徴的で美しい。

演奏しているの写真のブラジル・ギター・デュオという若い二人組である。写真の風貌からすると、ノリノリのサンバでも弾き出しそうだが、この盤では実に落ち着いた曲の運びで、クラシカルな演奏をしている。ライナーノーツによると、最近の人気の高いセルジオ・アブリュー製ギターを使っていると記されているが、音もすこぶる美しい。ギターといえばアルハンブラや魔笛、アラビア風を連想していた30年前と違い、昨今はジャンルにとらわれない作品も多数出てきているが、50年以上前にこうした斬新かつ多彩な曲を作っていたことは驚きでもある。通俗名曲や手垢に汚れたギター曲に飽き足らない向きには、強力お薦めの1枚だ。NAXOSレーベルから出ていて価格も安い。平均律の後半を収録した続編が楽しみだ。
関連記事

ギタースケール練習 オデルマンドリン教本


さて週末だ。
今週は火曜日まで休みだったので、3日間出社しただけで再び休みとなった。30年もサラリーマンをやっていて、休みだ、仕事だと一喜一憂するのも大人げないとは思うのだが、そうした表向きのポーズとは裏腹に心身が反応してしまう。根っから怠惰に出来ているのだろう。

今夜はこの記事を書くまで1時間ほどギターを弾いた。実のところ平日は楽器を取り出しても、ちょっと指鳴らし程度には弾くことはあっても、楽譜をセットし練習らしい練習という段には中々至らない。そもそもケースから楽器を取り出し調弦をし、というところまで行かないことも多い。思い立ったらすぐに弾けるよう、楽器を常に手の届くところに置いておくという手もあるが、ぼくの場合は常にケースにしまっておく習慣が付いている。案外弾くまでの段取りが障害になる。今夜はそのハードルを越えて、きちんと楽譜を広げて弾くことになった。


オデルマンドリン教本巻末の技巧練習 ギターにも最適


練習メニューが決まっているわけではないが、まず最初はスケール練習を15分ほど。それもほとんどが半音階のメカニックなポジション移動によるものだ。調性ごとのセゴビアスケールのようなものはほとんどやらない。むしろ実用的でメロディアスなスケール練習として、マンドリン用の「オデルマンドリン教本第1・2巻」巻末にある技巧練習を弾く。譜読みに苦労するほど難しくないので、指慣らしにはちょうどよいし、マンドリン用なのでギターに弾きやすい音形ではないが、そこがむしろ練習にはよい。同じスケールを速度を変えたり、レガートとスタカートで弾き分けたりとバリエーションを付けると飽きずに練習出来る。そのあと気分がのれば、ジュリアーニ編のアルペジョ練習を何パターンか弾く。ここまででおおよそ1時間程度の時間が過ぎてしまう。もちろん気分がのらず、そこで終えたり、すぐに曲の練習に移ることも多い。今夜はひと通り指慣らしをしたあと、ポンセの「スケルツァーノ・メヒカーノ」を暗譜を目的に運指をあれこれ考えながら少し弾いて練習を終えた。

あすの土曜日、職場メンバーは何やら「芝刈りコンペ」に行くらしい。ぼくは例の提案(こちら)を試みようとも思ったが、話は通じそうにないのでやめておいた。あすは隣り町高崎市にある市立経済大学のマンドリンクラブの練習に参加の予定だ。一応指導という名目だが、そればどうでもいい。単純に楽器や音楽と戯れていられればいいのだ。もちろん20代の若者と一緒に楽器を弾く方が、芝刈りより300倍は楽しいに違いない。
関連記事

FM放送 エアチェック 吉田秀和


いまFM放送の認知度というのはどれほどのものなのだろう。かつて70年代半ばは、60年代後半からNHKが進めていたFMステレオ放送のネットワークが完成し、またカセットテープの普及もあって、FM放送の音楽番組をカセットテープに録音する「エアチェック」が全盛を極めた。週刊FM、FMfan、レコパルといったエアチェック専門雑誌が相次いで刊行され、音楽好きの金欠学生はレコードが買えない分、せっせとエアチェックに明け暮れた。当時カセットデッキとFMチューナーを揃えると5、6万円はかかったろうか。モノラルのラジカセも2万円くらいはした。カセットテープも60分のノーマルテープが300円、90分の少しグレードの高いテープは600円ほどした。学生のバイトが一日2,500円の時代だ。

ちょうどその時期1974~1977年がぼくの学生時代と重なっていて、当時録音したテープ数百本も、つい数年前まで押入れで眠っていた。いつか聴くこともあるだろうと思いつつ四半世紀が過ぎ、観念して一気に処分した。エアチェックしたものの中には、欧州の放送局からNHKに提供されていたカラヤン、ベーム、チェリビダッケ他の当時の貴重なライブ録音や、パトリス・シェローの演出で話題になった1976年バイロイトのライブなどもあった。がしかし、オリジナルのレコード盤が30年たった今でも新鮮な音でぼくを楽しませてくれるの対し、カセットの山はそれを残そうという気持ちにならなかった。廃棄処分した自分の判断ではあるが、やはり結局はコピーなのだ。そういう結論に至った。思えばテープを買ってエアチェックなどせず、その数分の1でいいからレコードを買っておくべきだったと後悔している。


白水社 吉田秀和全集


最近もFMはよく聴く。クラシックの番組では、毎晩夜7時半からの「ベストオブクラシック」が内外のライブ録音を中心に、ひと晩のコンサートをそのまま楽しめる。早く帰宅して夕食を済ませ、7時半にスピーカーの前に陣取りたいのだが、中々そうも出来ず、帰宅の車中で聴くことが多い。他には土曜の夜9時からの「名曲のたのしみ」。この秋で97歳になった音楽評論家吉田秀和の以前と変わらない声が楽しみだ。写真の本はその吉田秀和の全集。学生時代に買い集めた(何故か欠番があるなあ)。吉田秀和とこの「名曲のたのしみ」についは、ここに的を得た説明がある。まさにこの説明の通りの1時間番組だ。

他には土曜の朝、ピーター・バラカン司会の「ウィークエンドサンシャイン」と、それに続くゴンチチ司会の「世界の快適音楽セレクション」もよく聴く。「ウィークエンド…」はポップス、ジャズ、オールデイスからアフリカや中南米の曲まで、広くワールドミュージック全般の良質なコレクションが楽しめる。「世界の快適…」はクラシック、ポップスから現代音楽、歌謡曲まで、いかにもコアな切り口でノンジャンルの音楽を聴かせてくれる。

いずれもう少し歳をとったら、レコードもほんの少数を残して処分し、音楽はFMだけにし、その時々に提供されるものを聴く楽しみを味わおうかと考えている。100枚のレコード、100冊の本、100枚の楽譜、1本のギター、シンプルなオーディオセット、小さな机、それ以外に何もないというのがぼくの理想の空間だ。今はまだ俗な欲望とガラクタがあふれていて、理想にはほど遠い。
関連記事

スウィトナー 1978年SKB来日ライブ

連休明けのきょうは、会議・打ち合わせ3本であっという間に終わった。11月も下旬になって、通勤途中で見える、当地北関東平野部の街路樹もすっかり色付き、次第に葉を落とし始めた。会議室に入って最初の作業は、暖房用のエアコンをオンすることだ。気付けばあとひと月で年末、クリスマス、そして今年も終わる。無為に過ごして悔い無しの青春時代と違って、時間があっという間に過ぎていく。あくせくしているのに、何の進歩もない感じだ。仕方ない。


スウィトナー&SKB 1978年来日ライブ


さて今夜は少し前に買った音盤から、オットマール・スウィトナーが手兵SKB;シュターツ・カペレ・ベルリン(ベルリン国立歌劇場管弦楽団)を率いて来日した1978年秋の公演ライブのCDを聴くことにした。先日の記事に書いたザンデルリンク&SKDのCD同様、FM東京が生中継放送した際の録音だ。スウィトナー・SKBのコンビは1977年にオペラ公演として初来日し、この盤の録音である1978年にはオーケストラのみでコンサートツアーとして来日した。このコンビは以降80年代も何度か来日している。
さて1978年10月25日のライブのこの盤だ。この年はぼくが大学を卒業して社会人なった年だ。その年の10月、特段の記憶もないが、多分仕事にもいくらか慣れ、給料日になってレコード屋にいき、1,2枚のレコードを買うことくらいが楽しみだったろうか。もちろんその頃スウィトナーの名前は知っていて、廉価盤で出ていたSKD;シュターツ・カペレ・ドレスデンとのEMI盤やフィリップス盤のモーツァルトは聴いていた。それは、例えばベームなどと比べるとあっさりとしていて、美しい反面強い印象のないものだった。しかし、今こうしてあらためてモーツァルトの後期交響曲の傑作3曲;第39・40・41番をひと晩のプログラムとして通して聴いてみる、当時の印象とはいささか違う。先回記事に書いたベートーベンの録音同様、弦楽の安定した響きに、管楽器がよくブレンド、コントロールされた音で、しっかり地に足の付いた印象を受ける。がしかし決して重くはなく、音楽はよく流れている。コンサートの最初の曲、第39番の第1楽章Adagioの出だしこそ少々緊張もあるのか、少しアンサンブルの乱れが散見されるが、主部に入ると調子を戻して、終始快調に進む。オケの音は、先日のザンデルリンク・SKDとの録音にも共通する音色で、よく聴くとドレスデンのオケの方が幾分明るい印象を受ける。1978年当時サントリーホールはまだなく、オーケストラ公演は東京文化会館からこの盤の収録された東京厚生年金会館、あるいは渋谷公会堂と相場が決まっていた。この演奏も会場の音響のせいか残響は少なめである。これがサントリーホールでなったら、遥かに芳醇な響きだったろう。

こうして聴くと、ベルリンフィルやウィーンフィルばかりが人気先行していた当時(今もそうか)にあって、ヨーロッパの伝統的な響き、独墺系の保守本流のオーケストラサウンドは、この東ベルリンやドレスデンのオケにこそ残っていたことを実感する。あれから30年余。新入社員だったぼくも50代半ばとなった。スウィトナーは今年の年初に亡くなった。ドイツに東も西もなくなり、オーケストラもグローバル化の波に巻き込まれ、かつての伝統的な響きも薄れてきた。30年前のリアルな録音を聴きながら、長いようで短かったこの30年に思いをはせる今宵ではある。
関連記事

ワルター ドヴォルザーク交響曲第8番


きょう23日感謝の日、当地前橋は風はあったものの本来の北風とは違って比較的暖かく、まずまずの天気だった。昨日セットアップと終えたPCもメール送受信に少々問題があるほかは順調に動き出し、きょうは昼をはさんで、FMを聴きながら部屋に散らかった古いPCやセットアップの途中で使ったケーブルやら何やらを片付けた。FMのクラシックの番組でジョージ・セルとクリーブランド管弦楽団の演奏が流れていて、しばし聴きほれた。セル最後の録音となったドヴォルザークの交響曲第8番だ。まったくもって素晴らしい演奏で、オーケストラの引き締まった響き、セルの曲の運び、どれをとっても申し分がない。思わず、あぁいい演奏だと溜息をついたほどだ。時刻も4時を回り、夕暮れどきも近づいてきたので、あらためてドヴォルザークの8番を聴くことにした。セルの盤も手元にあるのだが、きょうはワルターとコロンビア響のレコードを選んだ。


ワルター&コロンビア響 ドヴォルザーク第8番


このドヴォルザークの8番を最初に聴いたのは高校3年のときだったろうか。FMかテレビで耳にし、最終楽章、変奏形式の何番目かでフルートが変奏フレーズを半音ずつ下降しながら吹くところがあって、そこだけが記憶に残ったのを覚えている。まとも全曲を聴いたのは大学に入ってからだった。FMからエアチェックしたテープを何度も聴いた。その後レコードが欲しくなり手に入れたのがこの盤だ。当時レコードを選ぶ基準は明快で、安い廉価盤がすべての前提だった。この盤は、米オデッセイの輸入盤で、国内盤は2,000円のレギュラープライスであったのに対して、1,300円ほどで買えた。

ワルター晩年のコロンビア交響楽団とのステレオ録音は賛否あるようだが、私はいずれも気に入っている。この盤でのワルターはまったく年齢を感じさせない生き生きとした曲の運びで、終楽章の主部以降がややゆっくりめのテンポであるが、他の楽章は快速調で音楽は前へ前へと進む。コロンビア響もワルターのための録音セッション用オケで編成は小さいのだが、録音の妙もあってまったく不足はなく、ワルターの棒に反応し、ぐいぐいと音楽を引っ張っている。ドヴォルザークはチェロ協奏曲という名曲を書いたこともあって、この曲でもチェロの扱いが素晴らしい。第1楽章の出だしは何度聴いても印象的なフレーズだ。チェロのこの主題を聴くだけで、いっぺんにこの曲のもつボヘミアの郷愁に引き込まれる。有名な第3楽章も音楽がよく流れて、思わず一緒に口ずさみたくなるほどだ。終楽章では木管の冴え冴えとしたフレーズ、金管の強奏など随所の聴きどころでビシッと音楽をきめてくれる。ワルターはフルトヴェングラーやトスカニーニらと同世代であるが、長命であったため1958~1961年の晩年に良好な音質のステレオ録音を多数残すことが出来た。モノラル時代のニューヨークフィルとの演奏もよいものがあるが、モーツァルト・ブラームス・ベートーベンなど、やはりコロンビア響とのステレオ録音が素晴らしい。
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)