2010年聴き納め ショルティ&ロンドンフィル ホルスト「惑星」


大晦日31日、寒波到来で各地で降雪の模様だが、当地前橋はいつもの冬晴れに恵まれ、穏やかな天気だった。昨晩長い時間換気もせずにアラジンストーブを点けた部屋にこもっていたためか、朝から頭痛に見舞われ往生している。そういえば、このブログを始めた三ヶ月前も頭痛ネタで始まった。
さて、きょうも一日だらだらと過ごしたが、3時過ぎから今年の聴き納めをするべく盤を選んだ。
今年話題となった惑星探査機「はやぶさ」。その帰還がどれほど奇跡的な出来事であったか。その「はやぶさ」に思いを込めてホルストの「惑星」をショルティ盤で聴くことにした。


ショルティ&ロンドンフィル「惑星」 横尾忠則デザインのジャケット   同梱されていた横尾忠則デザインのポスター


この盤が録音された1978年当時、ショルティはシカゴ交響楽団とのコンビで絶頂期にあった。しかしこの盤はロンドンフィルとの録音だ。もちろんショルティにとってイギリスは活動の本拠地でもあったし、Sirの称号を受けたほどだから、ロンドンフィルとの録音は他にあって不思議ではない。実のところショルティはぼくのお気に入りの指揮者というわけではないが、この盤はショルティの特性がプラスに働き、素晴らしい演奏だ。第1曲「火星」は速めのテンポでグイグイと進む。ロンドンフィルのアンサンブルも極上だ。どんなパッセージも楽々とこなし、余裕を感じさせる。時折鋭いアクセントを打ち込むあたりはいかにもショルティらしい。第2曲「金星」はショルティとは思えないほどじっくりとした歩みで、弦楽器群の美しさが耳をひく。有名な「木星」は意外にもあっさりとした表現だ。

それにしても、この横尾忠則のジャケットデザインはどうだろう。ぼくはデザインやイラストにはまったく不案内だが、この未来的な光景と幻想的なエロスが融合したジャケットは一度見たら忘れられないほど印象的だ。この光景が目前に現れ、静かにこうべを垂れてたたずむ美女と第2曲「金星」の官能的ともいえる旋律が鳴り響いたら、そのまま忘我の境地にワープしてしまいそうだ。

さて終曲、消えゆくような「海王星」の女声コーラスを聴きながら、今年1年を締めくくろうか。大過ない1年であったが、よわい五十も半ばとなって、いよいよ勤め人としても残すところ数年。以前は何ともなかったことが、異常にシンドク感じるようになった。ラストワンマイルの辛さというところだろうか。来年はどうなるか。まあ、生来のグータラ路線は変わりそうもない。

開始から三ヶ月になるこのブログを読んでくださっている数少ないみなさん、ありがとうございました。みなさまにとって、来年もよい年でありますように。また年明けの更新でお会いしましょう。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
関連記事

今年の10枚


今夜もNHK-FMのバイロイト特集を聴きながらPCに向かっている。今夜はパルジファルだ。重厚で息の長いフレーズ、ゆっくりと時間をかけたクレッシェンド、ボリュームを絞り気味にしたステレオから深く静かで巨大なワグナーの世界が広がる。

さて今年の10枚…
年末なので、テレビの企画よろしく、今年聴いたベスト10を選んでみようと思ってこんな記事のタイトルを付けてみたのだが、さて音盤の棚を見回してみて実は驚いた。10枚が選べないのだ。選択に迷うのではなく、よく聴いたなあというアルバムが見当たらない。へヴィーローテーションの少ない1年だったというのが正直なところだ。そんな中、明らかに複数回聴いた記憶のある盤を選んだ結果が以下の通りだ。新譜でもないし、購入してから年月を経ているものもある。単に今年比較的よく聴いた盤、といったほどのものであることを最初にお断りしておこう。


今年よく聴いた10枚


<1> ブラームス;間奏曲集 グールド(pf)
<2> ショパン;4つのバラード他 ツィマーマン(pf)
<3> バッハ;パルティータ第2番ほか ペライア(pf)
<4> ハイドン;交響曲全集 フィシャー指揮オーストリアハンガリアンハイドン管弦楽団
<5> 「バトゥカーダ-ジャズボッサ」 平賀マリカ(vo)
<6> 「スウィングの空の下で」 アンジェロ・ドゥバール(g)
<7> 「ブラッサム・ディアリ」 ブラッサム・ディアリ(vo)
<8> 「オータムインニューヨーク」 タル・ファーロウ(g)
<9> ブルックナー交響曲第8番 チェリビダッケ指揮ミュンヘンフィル
<10> ピアソラ;フルートとギターのための作品集


<1> ブラームス;間奏曲集 グールド(pf)
今年、NHK教育テレビで坂本龍一が紹介してにわかに注目された盤だ。若きグールドがブラームスの静かな世界を素晴らしく克明に描き出している名盤。仕事に疲れた深夜によく聴いた。

<2> ショパン;4つのバラード他 ツィマーマン(pf)
ツィマーマンのショパンについては以前このブログでも書いた。いわゆるショパン名曲集のたぐいとは別世界のショパンを聴かせてくれる。<1>同様、深夜によく聴いた。

<3> バッハ;パルティータ第2番ほか ペライア(pf)
以前紹介したアルバム。ペライアのバッハは音色が美しく表現も中庸で、いずれも現代のリファレンスとして安心して聴ける。

<4> ハイドン;交響曲全集 フィシャー指揮オーストリア・ハンガリー・ハイドン管弦楽団
ハイドンの交響曲全104曲33枚のボックスセット。数年前に入手してポツリポツリと聴いていたが、今年は少しまとめて聴いた。ハイドンの交響曲は初期のものでも古典的な構成感と躍動が素晴らしく、どれを聴いても、いつ聴いても楽しい。

<5> 「バトゥカーダ-ジャズボッサ」 平賀マリカ(vo)
人気の平賀マリカが歌う、ボサノバアルバム。半ば「ジャケ買い」の1枚ではあったが、歌も演奏も楽しめた。彼女についてはこちらを

<6> 「スウィングの空の下で」 アンジェロ・ドゥバール(g)
ジャンゴ・ラインハルトのこと以前書いたが、その系譜を受け継ぐのマヌッシュギターの一人者。競演するルドヴィク・ベイエのアコーディオンも素晴らしく、ご機嫌なスウィングと哀愁あふれる歌が楽しめる、いいアルバムだ。

<7> 「ブラッサム・ディアリ」 ブラッサム・ディアリ(vo)
この盤についても、ブログ開設直後の記事に書いた。今年後半もっともよく聴いたアルバムかもしれない。

<8> 「オータムインニューヨーク」 タル・ファーロウ(g)
白人ジャズギタリストのタル・ファーロウは、ぼくの好きなジャズギタリストの一人だ。抜群のテクニックとよどみなく繰り出されるアドリブフレーズは何度聴いても飽きない。

<9> ブルックナー交響曲第8番 チェリビダッケ指揮ミュンヘンフィル
1990年チェリビダッケ晩年の来日公演のライブ。80年代後半以降一連の来日公演ライブのアルバムは賛否あるようだが、ぼくはいずれも素晴らしいと思う。チェリビダッケの作り出す音響バランスと、曲の隅々にまで行き届いた眼力に感服だ。

<10> ピアソラ;フルートとギターのための作品集
フルートとギターのための作品「タンゴの歴史」とお目当てで入手したナクソス盤。ボーデル1900、カフェ1930、ナイトクラブ1960、コンサート現在、いずれも哀愁と機知にあふれていて美しい曲。


最初に書いた通り、今年はあまりレコードもCDも聴かなかった。あるいはこれは長期的傾向で、だんだん音盤を聴く時間も少なくなっているようにも感じる。棚に収まったまま陽の目をみない盤も多い。だったらいっそ整理して、お気に入りの100枚だけを残してスッキリ片付けたいとも思う。昔は棚にぎっしりと並んだレコードコレクションが憧れだったが、もうそういう気分でもなくなってきた。単に年をとったということだろうか。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
関連記事

年末のバイロイト 追悼;竜鉄也 「奥飛騨慕情」


夜更けて、チューナーをNHK-FMに合わせたステレオから年末恒例のバイロイト音楽祭の録音が静かに流れている。もう30年以上昔の学生時代、金欠学生にとっての音楽ソースはもっぱらFM放送だった。なけなしの金をはたいてカセットテープを買い、せっせとエアチェックに明け暮れた。12月に入って冬休み前の時期になると、NHK-FMでその夏に行われたバイロイト音楽祭のライブ録音テープが放送された。ワグナーの長大な楽劇のレコードを買うことなど当然出来ず、その録音をカセットに録って聴いていたのを懐かしく思い出す。今夜は楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を放送中だ。深夜、ボリュームを絞って静かに聴くワグナーも味わい深い。


カラヤンのワグナーアルバムと竜鉄也「奥飛騨慕情」のシングル盤


さて、ドイツの権化ワグナーから突然飛ぶが、歌手の竜鉄也が亡くなった。演歌ファンならずとも1980年のヒット曲「奥飛騨慕情」は知っている方は多いだろう。もちろんぼくもそれ以上は知らないのだが、この曲は妙に心に残り、後年リサイクルショップのジャンクレコード箱からドーナッツ盤を50円で拾ってきた。確かそのとき一緒にジャンク箱から救済してきたのがカラヤン&ドレスデン国立歌劇場によるワグナー楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」の全曲盤LP5枚組の豪華セット。980円だった記憶がある。そんな思い出があって、ワグナーと竜鉄也が頭の中で一緒に思い出されるのだ。

久々に「奥飛騨慕情」に針を落としてみた。
イントロではマンドリンとギターの短いフレーズに続いて弦楽合奏のメロディーが続く。演歌の王道をいくスタイルだ。ワンフレーズ終えて次のフレーズからはアコーディオンのオブリガートが静かに入ってくる。マンドリンとアコーディオンによる伴奏は古賀メロディー以来の日本歌謡曲の定番だろう。この二つ目のフレーズのアコーディオンオブリガートは「湯の香恋しい 奥飛騨路」という歌詞をより切なく盛り上げて次のサビへのブリッジとなっている。この曲はⅥ・Ⅳ・Ⅲ(Am・Dm・E7)の3和音しか使っていないし、メロディーも極めて自然でありながら、単調さを感じさせず、起承転結が見事だ。ぼくは演歌ファンでもないが、何曲かいい曲だと思う曲があるが、この「奥飛騨慕情」のその中も最右翼の一つだ。竜鉄也は1980年のヒット後、2000年に脳溢血で倒れたあとは療養生活を送っていたとのこと。74歳没。合掌。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

関連記事

ブレンデルのベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番・第4番


寒波到来で、日本海側と北日本では大雪だそうだ。当地群馬南部は雪こそないが、朝晩の寒さは雪国並みだ。今朝も出勤時プリウスの温度計はちょうど零度を指していた。それでも陽射しのありがたさ、およそ1時間のドライブの間に陽も登り、8時過ぎに会社へ着いた頃には3℃ほどになっていた。さらに昼間は季節風もなく穏やかな日和だった。きょうあすで仕事も終わるとあって、部内にはきょうあすと休みを取って先週末から10連休にしている者もいる。円高の折、海外逃亡かと仲間内で冗談交じりのやり取りもあるが、まずは平和な年の瀬だ。さて今夜は夕飯を済ませ、遅ればせながら年賀状の準備を少ししたあと、昨日の釣果からブレンデルの盤を聴くことにした。


ブレンデルのベートーヴェン作品集


このボックスセットには、ブレンデルが70年代から80年代にかけてフィリップスに録音した彼にとっては生涯3回の録音のうち、2回目のベートーヴェン;ピアノソナタ全曲と、80年代前半のライブ録音のピアノ協奏曲全曲の全12枚が収められている。今夜その中から、ピアノ協奏曲のうちぼくが好きな第3番と第4番を収めた盤をセットした。このピアノ協奏曲が録音された80年代前半当時ブレンデルは50歳台前半、シカゴ交響楽団を振ってバックを務めるジェームス・レヴァインは40歳になるかならないかという時期。共に才気あふれる全盛期といってよいだろうか。
第3番は出だしのオケの音からして少々剛直なイメージだ。それがレヴァインの指示なのか、シカゴ響の特質なのか不明だが、多分後者だろう。何といってもまだ豪腕ショルティが君臨していた時期のシカゴ響だ。あらゆるところにショルティのくせが染み込んでいるのかもしれない。もう一つは、この録音がライブ録音であることも一因だろう。スタジオセッションであれば、もっと細かな部分も磨き込んだだろうが、ライブ録音であれば、その場の勢いや演奏会での前後の曲にも左右されるに違いない。とはいっても、それゆえにこの第3番のイメージは、剛健なベートーヴェンのイメージに似つかわしいともいえる。ぼくとしてはもう少ししなやかな表現を期待したいところだ。
第4番ではシカゴ響の整った合奏が各声部を克明に描き出し、この曲の持つ独自の緊張感にプラスに働いていて、第3番よりもずっと出来がよい。ベートーヴェンの曲の中でも傑作の一つである第2楽章などは、より神秘的で瞑想的な表現が欲しいと思うのだが、レヴァインは神秘性よりは感情の激しい表出が前に出る感じだ。それでも第3楽章などはそれがプラスに機能して実にシンフォニックな出来上がりだ。しかしこうして聴いていると、どうしてもピアノよりもオーケストラ部分の響きや表現に耳がいってしまう。それはそれでコンチェルトを聴く醍醐味の一つではあるのだが。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
関連記事

今年最後の買出し UV-845スタンバイ


きょう12月26日の朝も冷え込んで、前夜アラジンストーブから出た水分で、窓ガラス一面に結露がいっぱいだった。昼前から隣り町高崎の駅近くにあるタワーレコード高崎店へ。よせばいいのに、ポイント3倍押しの誘惑にまんまと引っかかってふらふらと出かけてきた。以前書いたように、物欲にかられた四十代を終えて五十台半ばとなり、気分的には有形無形のいろいろなものを整理したいところなのだ。いま流行の「断捨離」そのものだ。だからレコードもCDも本も、むやみに無闇に増やすことなどもってのほかなのだが、きょうは年末ということもあって少々気がゆるんでしまった。


本日買出しの釣果


…ということで、写真の通りの釣果となった。醜い物欲をが制御できないなんて恥ずかしい限りだ。それはさておき、手にしたのは…サイモン・ラトルの出世作ともいうべき、バーミンガム市立交響楽団時代のマーラー全集(一部はベルリンフィル及びウィーンフィル)、少し前に引退を表明したアルフレッド・ブレンデルのベートーヴェン;ピアノ協奏曲とソナタの全曲集、そしてバルシャイ&ケルン放送交響楽団によるショスタコービッチの交響曲全集、以上を枚数で数えると37枚となる。他にジャズを4点。ちらっと見えると思うが、ウッドベースを抱きかかえているニッキ・パロットの1枚は完全な「ジャケ買い」であることを正直に告白しておこう。
一応言い訳もしておく。ラトルのマーラーはやはり彼の代表的な成果であって、バーンスタインやテンシュテットの全集が手元にあるものの、新時代のリファレンスとしてあってもよいかなと考えた。ブレンデルのベートーヴェンは70年代後半から80年代前半の彼の全盛期とも言える時期の英デッカ録音。協奏曲の伴奏がレヴァンイン&シカゴ交響楽団というのが少々引っかかるし、協奏曲もソナタもグルダやポリーニの盤があるのだが共にLP盤。CDによるピアノソナタのリファレンスが以前から欲しかったので、このブレンデル盤はちょうどよいタイミングに廉価でリリースされた。バルシャイとケルン放響によるショスタコービッチは数年前に出た盤で、以前から古いムラビンスキーの音の悪いモノラル盤を飛び飛びに持っていただけだったので、いつか全集で揃えようと思っていた。
さらに言い訳をしておくならば、全37枚となるものの、値段を枚数で割り返すと1枚あたり単価は300円ほどだ。それがどうしたと言われそうだが、ぼくとしては、そう高い買い物ではない、内容を考慮したら破格の激安価格と言いたいのだ。


UV-845シングルアンプをセット


さて、あすあさってと出勤すると年末年始の休みとなる。休みのあいだは、ゆっくり腰をすえて音楽を聴くとも出来るだろうからと、久々に真空管アンプを出してきてセットした。UV-845という大型の直熱管によるA級シングルのアンプだ。目ざとい方はお気付きかもしれないが、これはシャーシ加工の済んだ部品キットを組み立てたもの。現在は某通販系ショップが扱っているが、ぼくのものはそこが扱う以前、横浜のオーディオショップ;ウェルカムから発売されていたオリジナルモデルだ。通常このUV-845にはプレート電圧1000Vほどかけて20Wをたたき出すのだが、ぼくのこのモデルは700V程度で、従って出力も10W程度と軽い使い方だ。845本来のポテンシャルからみればぬるい使い方だと言われそうだが、まあそう目くじら立てることもあるまいと、そのまま使っている。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

関連記事

クリスマ協奏曲 イタリアンバロックを聴く


クリスマスイヴが明けたきょう12月25日、関東一円はこの冬一番の冷え込みとなった。寒波渡来で日本海側は降雪が続き、当地群馬も新潟県との県境付近では雪、そして県南部では気温は低いものの冬晴れの一日となった。いつもの通り、午後からは隣り町;渋川市のマンドリンアンサンブルの練習へ。10名ほどが集まり今年最後の練習となった。
夜になって今夜はしんしんと冷えている。食事と風呂を済ませたあとギターを取り出し、先日の記事に書いたJ・K・メルツの「燕が我が家に帰る頃」を少し念入りに繰り返した。さて珈琲を淹れて一服しようと思って取り出したのは、この盤だ。


クリスマス協奏曲集


ヴィヴァルディ、トレッリ、コレッリ、マンフレディーニ、ロカテルリといったイタリアンバロック時代の作曲家たちの合奏協奏曲から、クリスマスにちなむ曲を集めたアルバムだ。「クリスマスにちなむ」いうのは、曲中にパストラーレ(田園・牧歌)風の楽章を持つ曲のという意味で、8分の6あるいは8分の12拍子で、持続低音(ドローンバス)やオーボエ・フルートなどを使って、羊飼いをイメージする曲想を持つ。そのことがすなわちキリストの降誕の物語につながるという、宗教的バックボーンがあるようだ。パストラーレはバロック時代だけでなく、古典期以降でも例えば有名なベートーヴェンの交響曲第6番その名も「田園」にもその形式が使われている。
イタリアンバロックの作曲家達の作品はいずれも、おおからで美しく、同じバロックでもバッハのような深遠さはない。それがよくもあり、少々飽き足らないところでもある。演奏しているイタリア合奏団は、かつてのローマ合奏団を母体に1979年に結成された。この盤は1993年イタリアのコンタリーナ宮殿での録音で、世界屈指といわれるその音響が素晴らしい。少し大きめの音量で愛器;2S-305から繰り出される音を聴いていると、チープな拙宅の8畳間がにわかに豪華な石造りの間に変わったかのように感じるほどだ。


にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

関連記事

サイモンとガーファンクル  7時のニュース/きよしこの夜


週末金曜日、そしてクリスマスイヴということで、職場の面々も5時の終業ベルのあとほどなく片付けを始める者も多く、ぼくも6時半頃事務所を出た。年々季節感がなくなるが、クリスマスの声を聞くと今年も残すところ1週間。やはり年の瀬を感じるようになる。さてクリスマスイヴの夜、何を聴こうかと思案。バッハのクリスマス・カンタータか、あるいはヴィヴァルディのグロリアミサにしようかと思ったが、ぐっと趣向を変えてサイモンとガーファンクルの「7時のニュース/きよしこの夜」を聴くことにした。


「7時のニュース/きよしこの夜」が収められたベスト版   サイモンとガーファンクルのアルバム


サイモンとガーファンクルはぼくらの世代には正にリアルタイムの存在だ。中学2年のとき、映画「卒業」を観た。当時うぶな田舎の中学生にはストーリーさえよくわからなかったが、S&Gの挿入歌のいくつかは印象に残ったし、ラジオのスイッチを入れるとヒットチャートに彼らの曲が必ずあった。ぼく自身は彼らの熱心なファンではないが、S&Gの曲で1曲選ぶとしたら、サイウンド・オブ・サイレンスでも、ミセスロビンソンでもなく、この「7時のニュース/きよしこの夜」を選ぶ。ご存知の通り、この曲はきよしこの夜を歌うS&Gのバックで、60年から70年代初頭にかけてアメリカの主要な社会問題であった人種差別やベトナム戦争などに関するニュースが読み上げられる。

ぼくが中学生だった1967~69年は日本でも学生運動がピークを迎えていて、ぼくも中学生ながら社会派の本に夢中になったり、学園闘争や反安保闘争の出来事に強い関心を寄せていた。70年になって安保闘争や学園紛争が終焉すると、日本では大阪万博が開かれ、社会は一気に昭和元禄といわれる享楽的な時代になる。音楽からも岡林信康や高田渡などのアングラフォークのような反体制や社会派のメッセージは消え、代わって吉田拓郎、かぐや姫、ユーミンらがメジャーから登場、ニューミュージックといわれる潮流が出来上がっていった。
1970年からオイルショック前の1972年頃まで享楽的な昭和元禄に酔っていた日本。その日本をよそにベトナムでは戦火が続き、アメリカ社会は病み続けていた。この曲7時のニュース/きよしこの夜」を聴くたびにその当時の空気を思い出す。そして年の瀬のこの時期に、この曲最後のアナウンサーの結び「Good night」を聴くと、最後のページを読み終えて本を閉じるときにような思いになる。そして今年も終わりになるのだと実感する。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)