演奏初公開  レイス;もしも彼女がたずねたら  ソル;ワルツOp.32_6


昨日の愛好家による発表会に刺激されたこともあり、かねてより懸案だった演奏録音を試みてみた。本当はデジカメか何かで動画撮影しようと思っていたのだが、手持ちデジカメの性能がいささか低く断念。ノートPCで音のみ収録することにした。拙宅の中では比較的響きにいい玄関ホール(というほど広くはないが)で、ノートPCのみを使って録音した。従って当然モノーラル。マイクの指向性もないのでバックノイズもそのままだし、ピークで音もつぶれている。録った音そのままだとあまりに味気ないので、フリーソフト;SoundEngine Freeで少しだけエコーを加えている。音量レベルは同ソフトでノーマライズをかけてみた。ただギターのピークはかなり高いので、それを抑えることから全体としての音量レベルは少し低いようだ。もし音が小さいようだったらYouTube画面の音量設定やPC側音量設定を上げてみていただきたい。


曲はこのところ気ままに弾いている、ブラジル風演歌といった感じのディレルマンド・レイス「もしも彼女がたずねたら」と古典的なソルのワルツOp.32-6を選んだ。共に3分に満たない小品だが、いざ録音となると案外と難儀した。録音ボタンを押しただけで妙に緊張し、すぐに音を外してしまう。ステージであがるのと同じパターンだ。何度か録り直しをしてみたが、予想以上に時間がかかることが分かったので、ほどほどのところで手を打ることにした。当然ミスタッチ有り、自分の解釈を表現し切れていないところ多々有り、お恥ずかしいことこの上ないのだが、これも試練と公開しましょう。ネットをみると多くの愛好者が録音や動画をアップしているが、中々の努力がいることを確認した今は感心ばかりだ。








↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

Today’s My Room プレスティ=ラゴヤ


きょうは午前中隣り町の伊勢崎市へmixiのクラシックギターコミュニティのプチ発表会を聴きに行って来た。400名ほどが入れるホールを半日借り切り、仲間内で日頃の練習成果を披露し合おうというイベントだ。会場はギター独奏には手頃な広さのホールで、市営なので料金も格安だという。10名ほどがステージに上がったが同世代も多く、みな達者に弾いていた。会場では一昨日の記事で少し書いたY氏との30年ぶりの再会も果たした。
楽器をやっている人なら経験があると思うが、コンサートの行った晩は、刺激を受けて帰宅後必ず楽器を取り出して、せっせと弾いたりするものだ。プロの演奏会ならずとも、きょうのようなアマチュアの集まりでも同様。かくいうぼくもご覧の写真の通り。今夜は部屋中に楽器や楽譜を広げて、昼間受けた刺激に背中を押されながら、ギターを弾いた次第だ。


Today's My Room   プレスティ=ラゴヤ 


こんな晩はやはりギターを聴こうかと、少し懐かしいプレスティ=ラゴヤの二重奏のLPを取り出した。イダ・プレスティとアレクサンドル・ラゴヤは夫婦デュオとして、50年代から60年後半にかけて活躍した。ぼくはリアルタイムでその演奏を聴いた世代ではなく、もっぱら録音で息の合った、そしてフランスの香り高い気品のあるギター二重奏として楽しんだ。
この盤では、ファリャ、アルベニス、グラナドスといったスペインの作曲家の作品を中心に雰囲気のいい演奏を聴かせてくれる。小さい頃から神童といわれ、抜群のテクニックを誇ったイダ・プレスティは活動絶頂期の1967年に42歳で亡くなった。夫君のラゴヤはその後ソロギタリストとして活動し1999年に他界。今や二人のような大人の気品と落ち着きを感じさせる男女のデュオは、クラシックギターはもちろん、他のジャンルでもあまり見かけない。そういう時代になってしまったのだろう。

プレスティ=ラゴヤ    イダ・プレスティ

↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

春一番 ダイアナ・クラールのヴォーカル


気象庁はきょう25日、関東地方に「春一番」が吹いたと発表した。このところの気温上昇で通勤に使っているプリウスの燃費も上がってきた。ハイブリッド車の心臓である電池の特性が温度と共に変化するためだ。一般の乾電池や携帯の電池でも経験するように、気温が低くなるとおおむね電池の性能は低下する。プリウスの場合、気温が5℃を下回る辺りから低下を実感する。地方国道を約1時間、大きな渋滞もなく巡航するぼくの運行パターンは車の燃費には好条件で、夏をはさむ暖かい期間が約25km/リットル、それが厳冬期には20~22km/リットルまで下がる。しかしそれ以上は下がらないし、夏場の炎天下でエアコンを入れても特に大きな低下はない。総じて一般のガソリン車の2倍は走る感じだ。通勤だけで年間18,000kmほど走るので計算してみると…

一般ガソリン車の燃費を12km/リットルとして…
18,000km ÷ 12km/リットル × 135円/リットル ≒ 20万円

これがほぼ半分になるので年間10万円はセーブ出来る勘定だ。7年乗れば70万円。一般車とプリウスとのイニシャル費用の差はほぼ埋め合わせられる。コスト面だけでなく乗り心地や出来のいいシステム制御にも大いに満足している。不穏な中東情勢でガソリン価格が上がりそうな気配の中、4年前にプリウスに乗り換えたのは、買い物が下手なぼくにしては久々のクリーンヒットだった。…と、まあそんな話はどうでもいいか。リラックスしてジャズでも聴こうか、週末の晩だしね。


ダイアナ・クラール Love Scenes   ダイアナ・クラール All for you


10年ほど前によく聴いたアルバムを取り出した。カナダの歌手・ピアニストでもあるダイアナ・クラールはこの2枚のアルバムが日本でベストセラーとなって、以降の人気と評価を固めた。実際このアルバムは女性ジャズヴォーカルを聴く楽しみを存分に味わえる。ジャズファンのオジサン達をとりこにするヴィジュアル、そして器用なピアノも秀逸だ。加えてアルバム「ラヴ・シーンズ」はクリスチャン・マクブライトのベースが実にいいし、ナット・キング・コールトリオに捧げられた「オール・フォー・ユー」はその名の通りピアノトリオとしてのまとまりがいい。
ダイアナ・クラールの声はやや太めで低いが、ハスキーというわけではなく、歌詞もクリアに発声される。ただ惜しむらくは、多彩な表情という点では少々物足りない。どの曲も同じ味わいで、例えばエラ・フィツジェラルドがときに豪快に、ときにチャーミングにと様々な表情を見せるに対して、ダイアナ・クラールはやや単調なのだ。特にチャーミングな表情に欠ける。これは男性として女性ヴォーカルを聴くときに期待する表現の一面を欠くことになる。「オール・フォー・ユー」に入っている「Deed I do」などは、以前記事に書いたブロッサム・デイリーの方が格段にいい。もっともこれだけ売れたアルバムだし、実際ぼくも買ったのではあるが、実はこのあとまったく彼女のアルバムに興味がなくなってしまった。チャーミングな表情を感じさせない女性なんて、と勝手なこと言って…。

今夜は何だか、ほめているのかいなのか、わからないような記事になってしまって恐縮です。ハイ。

↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

田邊ギター工房訪問 ロマニリョス アンティゴーニ・ゴーニ再び


きのうの強風が治まり、きょうは朝から快晴。気温も上昇して小春日和の一日となった。
かねて予定していた田邊ギター工房訪問のため、隣り町に住む同行のK君をピックアップし、埼玉から車を飛ばしてきたS君とJR両毛線の小俣駅で合流。10時過ぎ足利市の田邊工房に到着した。
ギター製作家の田邊さんについては、このブログの初期に書いた。ぼくは田邊さんが実家のある足利市に工房を構えた直後に知り合い、以来何度か訪問。2004年には新作を作っていただき、その後も事あるごとにお邪魔している。今回は昨年秋にちょっとしたきっかけで知り合った若いK君とS君がギター製作の現場を見たことがないとのことで、紹介がてら同行することになった。

<表板をタッピングして音の違い説明する田邊さん>    <男前の田邊さん・K君・S君・ボンクラ与太>
表板をタッピングして響きの違いを説明する田邊さん   田邊さん・K君・S君・私

<製作ブース;2007年>                       <工房内の様子;2002年頃>
以前2007年訪問したときの製作ブース   2002年頃の工房内の様子


工房にお邪魔するのは昨年の5月以来久々だ。9ヶ月ぶりに訪れた工房にはいつも通り製作途中のギターや多数の修理品、工具類にあふれていた。同時に、音楽を愛するものであれば身近に置きたくなるような様々なオブジェ、CDやレコード、楽譜や書籍もし少しずつ増えていて、ギター愛好家ならずとも何とも心安らぐ空間だ。「こんな風に毎日ギターや音楽に囲まれて過ごせたらいいですよね」と同行した20代半ばのK君。まったくその通りだ。50代半ばのぼくだってそう思う。もちろんすべての仕事がそうであるように大変さは山ほどあるだろう。すべてを自分で切り盛りしなければならない重圧、何より一つ一つの作品が勝負の厳しさ、ぼくのようなボンクラ勤め人ののん気さ加減とは別世界だ。

田邊さんはスペインの伝統的な製作手法のこだわって一つ一つの工程を吟味しながらギター作りを進める。ぼくの2004年作の田邊ギターは、ちょうど田邊さんがスペインでロマニリョスの製作講習会を受けて帰国し、その手法を忠実に再現していた頃の作品だ。現在は少し傾向を変え、田邊オリジナルともいうべきモデルとトーレスを範にしたモデルとを作っている。
相変わらず穏やかでフランクな田邊さん。そしてぼくとは親子ほどに歳の違う若いギター弾きのK君・S君を交えて歓談。近所の定食屋でカツ丼をほお張りながらギター談義は続き、午後2時過ぎに工房をあとにした。


<アンティゴーニ・ゴーニ バリオス作品集>          <田邊工房のワンちゃん>
アンティゴーニ・ゴーニ バリオス作品集第1集   田邊工房のワンちゃん


週末の夜更け、木の香かおる工房を思い出しながらアンティゴーニ・ゴーニのCDを聴いている。彼女については以前紹介したが、1989年製の名器ロマニリョスから実に美しい音をつむぎ出す。このバリオスの作品を集めたアルバムでも透明でつややかな高音と豊かにはずむ低音が目前に広がる。バリオスの郷愁あふれるメロディーとゴーニの美音。ギターとギター音楽を友と出来た喜びをしみじみと感じつつ夜は更けていく。

↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

CDとレコードの整理方法 断捨離はいずこへ


三連休もあっけなく終わり、明日からまた仕事という晩。今夜は何を聴こうかと棚を眺めていて、ふと音盤の整理について思い出したのでそれを記しておこう。
CDやレコードの整理方法は人ぞれぞれだ。ある本で一般的な人の記憶能力で管理可能な数量は<1500>程度と読んだことがある。枚数が少ないうちは取り立てて整理するほどでもないが、ぼくの経験からも1000枚を超えるあたりから一定のルール導入が必要かなと思う。整理のルールとしては作曲家別、演奏家・指揮者別、編成別といろんな切り口があって迷うところだ。超・整理法を適用させて最近聴いたものを基準にする方法もあるだろう。ぼくは何事も整理整頓をしたいと思いながら、ずぼらで実行着手できないという最悪のタイプなのだが、音盤に関しては以下のルールで事を収めている。


CD収納棚の現状   ジャンルで大別 レーベルで並べる


1.ジャンルで大別
音楽専門誌の新譜レヴューなどで採用されている方法。楽曲の形態・編成で大別するもので、おおむね以下の通り。

<クラシック>
・交響曲
・管弦楽曲
・協奏曲
・室内楽
・器楽曲(器楽ソロ、伴奏付きは室内楽へ)
・声楽(オペラや宗教曲含む)
・音楽史(バロック以前)
・ギター(本業?なので独立分類)

<その他>
・ジャズ(1960年代まで)
・フュージョン(70年代以降のジャズ及びフュージョン)
・ポピュラー(一般ポップス、ロック、歌謡曲他)

もちろん交響曲と管弦楽や協奏曲などジャンルをまたがるカップリングもあるが、メインと思われる方を優先。幸い音盤には発売元がほぼ下記の分類をジャケットに記載しているのでそれに従えばいい。クラシック以外は枚数も数分の1なので細かく分けてはいない。

2.レーベルで並べる
まず1.のジャンル別で並べたあと、その中をレーベルでまとめて並べる。ある演奏がどのレーベルから出ているかは大体頭に入っていること、またレーベルごとにジャケット背部分の色やデザインが一定していているのでわかりやすい、といったことが理由だ。例えば、チェリビダッケの盤はEMIの赤い背が目印、フリッチャイやカラヤンはドイツグラモフォンの黄色の並びから見つけばよい。クラシック以外<その他>は枚数も少ないのでルールなしで漫然と並べている。

3.新規追加分の処理
本でもレコードでもそうだが、一旦整理して並べたあとの新規追加分をどうするかが一つの課題だ。各ジャンルごとに新規追加分の空きペースを作っておく余裕があればいいがそうもいかない。そもそも新規追加があるかどうかもわからない。この課題に対応するため、新規購入分の場所をあらかじめ決めてある。ここへは新規購入したものを分類せずに置いてある。追加分の分量に応じて、あるタイミングで本来のジャンル別スペースへ追加する。その際はすでに置かれているジャンル別整理済み分も併せて総整理することになる。ぼくの場合、最近新規購入は少ないので総整理は年一回程度。その際新規購入分も移動させてゼロリセットしている。

以上の方法で、例えばまったく無分類のCD;1000枚程を整理するのにに要するの時間が1時間以内。一旦整理後、新規購入分の追加や総整理は30分以内で済むだろう。実際ぼくの手元にあるCD約1200枚程での実績もそんなレベルだ。アナログレコードは1500~1800枚程あると思うが(まともの数えたことがない)、新規購入もないので最近ほとんど整理していない。

一体どれだけの音盤を自分の手元におくかというは議論のあるところだ。あれこれ聴いてみたいものを手当たり次第に入手するわけにもいかないし、といってクラシックの広くて深い森をひと通り俯瞰してみたいと思えば、ある程度の枚数(300~500枚程度か)は手元に置いて聴きたい。所有欲やコレクションという要素を捨て、近くに利用できる図書館などあればもっと少なくできるだろう。ぼく自身は今のところ種々取り混ぜて3000枚程の音盤が手元にあるが、もう増やしたいとは思わない。それでも目に付く盤があれば買うだろうが最小限にしたいし、以前も書いた通り、心情的には100冊の本、100枚の音盤、コンパクトなオーディオセットだけを手元に置いて清々とした空間で音楽を聴きたい気分だ。

しかしこうした心情とは裏腹に次から次へと新譜や過去の埋もれた演奏の発掘が進んでいる。しかも値段は下がる一方で、かつての名演のボックスセットは1枚あたり単価は200円、中古レコード店で投売りされている国内盤LPは1枚100~500円といった具合だ。ぼくの3000枚程の駄盤も平均購入単価は500円以下だろう。レコードが高くて思うように買えなかった若い頃が嘘のような状況だ。だから自分の姿勢と決断が肝心になってきた。軟弱なぼくに音盤の断捨離ができるかどうか。今のところ切迫感なく現状維持の日々が続く。

↓↓ワンクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
関連記事

山下和仁 バッハ;チェロ組曲第6番


立春でちょっと暖かくなったと思ったら、また冬型に。きょうの当地前橋も朝の通勤時間帯は比較的暖かだったが、その後次第に冬型が強まって、午後からは寒風吹きすさぶ天気をなった。そう簡単に春はやって来ませんね。

さて、週末土日が仕事となったので先週からずっと休み無し状態だが、きょうは何とか9時前に帰宅。夕飯のあと十日ぶりにギターを取り出した。例によってオデルマンドリン教本を使ってスケール練習をし、そのあとバッハのチェロ組曲第1番のギター版をつまみ食い程度に弾いた。バッハのギター用編曲は多数あるのだが、ぼく自身は編曲の良し悪しを検討するほどバッハを弾いていないので、いろいろな版をそのときどきの気分で弾き散らかしている。きょうは高校時代から使っている小船幸次郎編のものを弾いてみた。この盤はチェロの原曲に対して、かなり積極的にギターで出しうる音を追加している。組曲第1番について言えば、第1曲プレリュードは追加音がいささか過剰に感じる。一方、第5曲のメヌエットなどは、ギターの4弦以下の低音と3弦以上の高音のとの役割分担がうまく機能していてので音としてのバランスがよく、弾いていて気持ちがいい。


小船幸次郎編 バッハ・チェロ組曲   山下和仁 プレイズ・バッハ


そういえば、山下和仁がチェロ組曲を録音している盤があったことを思い出して久々に取り出してみた。この盤ではヴァイオリンパルティータ第2番とチェロ組曲第6番の2曲が収録されている。1980年、デジタル録音初期の盤だが、今聴いても音質はクリアで鮮明だ。この当時の山下のギターは、なぜそんなにむきになって弾くのかと思うことも多いスタイルだったが、このバッハはまずまずの曲の運びだ。それでも愛器ホセ・ラミレスから出る音は強じんで「入魂」という言葉がふさわしい。悪くいうとすべての音に強烈なアクセントが付いてくる。およそバッハの世界を抽象的な空間に描き、それを聴き手が自分の世界のものとして受け止め、味わうというものでない。あくまで強烈な個性の山下自身の存在とその匂いのようなものを感じる。当時山下和仁が20年、30年と年齢を重ねてどんな風に円熟していくのか興味があった。その後ぼくもギターから離れていた時期が長かったので、彼のその後はよく知らない。ただ雑誌のインタビューなどをみると、何か孤高の世界に入ってしまい、そこで山下ワールドが出来上がっているように感じる。、単なるエンターテイメントを提供するギタリストは他にたくさんいるのだろうから、それはそれで価値あることだろう。彼がいま、少し控えめで味わい深いバッハを弾くようになっているとしたら、ぜひ聴いてみたい。

↓↓ワンクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

関連記事

ピアソラ ギターとフルートのための作品集 「タンゴの歴史」他


2月最初の日曜日。昨日に続ききょうも朝から出勤。同僚ら数名と昼をはさんで4時近くまで業務進行。日曜でもあるので、きょうは日の暮れないうちに終えて帰宅の途についた。とはいえ、足元の仕事はまだ解決をみず、当分のあいだ緊張MAXの日が続く。


ナクソス盤 ピアソラ フルートとギターのための作品集   イルムガツト・トッパー(fl)、ウーゴー・ヘルマン・ガイド(g)


さて今夜は、お馴染みのナクソス盤からピアソラのフルートとギターのための作品を収めた盤を取り出した。お目当ては「タンゴの歴史」だ。この曲は、ボーデル1900、カフェ1930、ナイトクラブ1960、コンサート現在、の4つの曲からなる。フルートパートはよくわからないが、ギターパートはアマチュア上級なら何とか演奏可能な技巧レベルで、プロ・アマ問わずよく演奏会で取り上げられている。ぼくも一昨年隣り町高崎市内で、リコーダーの本多悦子さんとギターの草場学さんのコンサートで初めてこの曲の実演に接した。
ボーデル1900は軽快なフルートのパッセージとそれに呼応するリズミックなギターとで曲が進む。カフェ1930は深い抒情をたたえたメランコリックな旋律が印象的かつ美しい。ナイトクラブ1960は速い躍動的な部分と、それと対照的にテンポを落として歌われるメロディーの対比が素晴らしい。中間部、ギターの半音階進行にのせてフルートが奏でる旋律が印象的だ。

90年代になってクラシック音楽は辺境への広がりを見せるようになった。その一つの表れがピアソラの音楽だろう。様々な形態で演奏されるピアソラだがフルートとギターという組み合わせは珍しい。この曲が唯一か。フルートというと、すこぶるノーブルな楽器というイメージで、辺境の抒情というには少々アクが足らないかと思ったが、どうして中々いい。演奏しているフルートのイルムガツト・トッパー、ギターのウーゴー・ヘルマン・ガイド、共に美しい音色でこの曲の魅力を堪能させてくれる。ブックレットにのっている写真をみるとギターのヘルマン・ガイドは随分こわもてに見えるが、演奏は繊細かつ深い呼吸で文句のない出来栄えだ。ぼくも一緒に合わせてくれるようなフルートのパートナーがいたら、ぜひトライしてみたい曲の一つだ。

↓↓ワンクリックお願いします↓↓
にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)