小江戸川越特設リングにて異種格闘技展開!


連休二日目めの4月30日土曜日。予定通り、mixiのクラシックギター仲間で催される内輪の発表会にいってきた。場所は埼玉県川越市内の「蔵里」という施設先月に続いて2度目の参加。当地から川越までは約70キロ。車で2時間ほどの距離だ。ふらっと遊びに行くには遠いが、一日道楽のギターで過ごせることを思えばどうという距離ではない。今回は午後からの発表会に先立ち、午前中に川越からほど近い浦和市でギター製作をしている堤謙光氏の工房へも足を延ばした。堤工房訪問記は後日また。

時間に会場に着くと何やら騒がしい様子。みると会場内はほとんど空き席がない状態。更に地元川越のケーブルテレビのカメラまで入っている。先月のイベントはほんとに内輪の発表会であったが、今回は観客動員数十名。立ち見も出て、ちょっととしたコンサート状態だ。どうやら地元の広報誌にのったことも影響したようだ。


開演前  カンテレとライアーの二重奏

演奏前には全員が楽器自慢をひとくさり  フォルクローレ

日本でもトップクラスのバンジョー奏者H氏  演奏前の調弦をする与太


今回の発表会は「古楽器・民族楽器・珍楽器」特集とテーマが決まっていた。保守本流の19世紀ギター(レプリカ2台、当時のオリジナル3台)の他にバロックギター、ルネサンスリュート、オールドマンドリン(20世紀初頭)。民族系ではバンドゥリア、チャランゴ、バンジョー(19世紀半ばから20世紀初頭)、更にはカンテレ、ライアーと秘密兵器・飛び道具まで参戦。私は19世紀ギターのレプリカ(故・水原洋氏2003年作1850年代仏ラコートレプリカ)で臨み、ソロで2曲、旧友Y氏のとのデュオでパガニーニの協奏ソナタを弾いた。思いもよらぬ大勢の聴衆の影響もあってか柄にもなく緊張して演奏は散々の出来だった。しかし滅多にお目にかかれない楽器とそれらをこよなく愛する面々との異種格闘技を存分に楽しみ、特にカンテレとライアーの美しく神秘的な響き、日本のトップ奏者であるH氏(プロにもかかわらず会則に則り、会費200円を払って参加!)によるフレットレス・ミンストレル・バンジョーの演奏に接するなど、実に貴重な体験であった。

夕刻5時に格闘技終了後は、特設リングに隣接する会場に場所を移して場外乱闘…いや、楽しく飲んでお開きとなりました。

↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

連休突入 風邪ひいてる場合じゃなかとよ パガニーニ練習せんと!


なんてこった。明日から連休だというのに風邪をひいてしまった。
一昨日から喉がおかしいなあと思っていたら、昨日は完全にやられ、頭痛も加わって体調最悪。一夜明けたきょうは発熱も伴って、一日ボーッとしていた。帰宅途中、近所のショッピングセンターに入っているマツキヨで奮発してやや高価な風邪薬を買った。今夜はこれを飲んで様子をみることにしよう。…といいながらも、明日から休みだという気安さから、薬が効いてきて少し楽になったのをいいことに、ギターの練習を始めた。


DSCF7476.jpg



実はあさって30日の土曜日に、mixi仲間による内輪の演奏会が川越であり、それに出る予定だ。今回は『古楽器・珍楽器・民族楽器特集』ということで、ギターも普通のギターに加えて19世紀当時の古いギターやそのレプリカ、オールドマンドリンやリュート、さらにはバンジョー、チャランゴ、カンテレ、リラなども加わって多彩な楽器が集まる予定だ。ぼくは今回、旧友Y氏と二人で30分の枠をもらい、パガニーニの協奏ソナタをいう15分ほどの三楽章の古典的なソナタを二重奏で弾く。その前後をY氏と私がそれぞれソロも少し弾くという段取りだ。パガニーニの協奏ソナタは、これまでY氏と2回合わせた。そして3回目が本番という、かなりキワドイ状況。さきほどメールで以下のコメント送って当方のイメージを伝えた。Y氏であれば意図を汲んで合わせてくれるだろう。まあ何とか止まらずに最後まで行きましょう。

<第1楽章>
落ち着いた中にも躍動感を感じながら弾きたいものです。第2主題は少しテンポ落として優雅にいきましょう。第2主題に入る前には少しルバートも。繰り返しを飛ばして2カッコに入ってハ長調に転調するところもテンポ緩めますか?83小節ですね。展開部ともいうべき100~120あたりは緊張感を保ちながらも急がすにいきましょう。イ長調に戻る前、134・135小節は興がのれば、譜面通りではなくカデンツァを入れたいと思っていますが…そんな余裕はないかな。136小節イ長調にはアイコンタクトして入りましょう。最後はインテンポのまま終わりませんか?付点つきの音型で十分終止感が出ると思うので。

<第2楽章>
10小節目から始まる、32分音符の掛け合いは、基本インテンポですが、あわてず弾いて次の小節の頭で合わせましょうか。19小節、変イ長調への転調は神秘的に。

<第3楽章>
アクセントとスタッカートを駆使してロンドらしさを出したいところです。一方、ところどころに出てくるdolce指定の音型はレガートに。64小節は少しルバートして次のハ長調に入りましょう。79小節にフェルマータがありますが、ここはインテンポで入っていこうと思います。84小節からは私一人になってre#で終止。主題に戻るところは頭振ります。最後はどうしましょう。mfくらいでサラッと終わりますか?


原曲はヴァイオリンとギターの曲だが、こんな感じだ。第1楽章だけどうぞ。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

ベーム&ベルリンフィル ブラームス交響曲第1番 1959年録音


カタカナ業界ではないのだが、ぼくの職場でも連休前進行ともいえる状況だ。たまたまいろんなアクシデントも重なって、中々あわただしい日々が続いている。のん気にブログなんぞ書いている余裕があったら仕事せい!…と、上司の喝が飛びそうだ。
さて、先日聴いたカラヤン&ベルリンフィルのブラームスを聴いたので、ベームがベルリンフィルと録音した同曲を思い出し、棚から写真のレコードを取り出した。


DSCF7471.jpg  DSCF7475.jpg


ベームといえば日本では70年代に入ってからウィーンフィルとのコンビで人気を博した。特に70年代後半からベーム晩年までの人気はカラヤンと伍していた。この盤はベーム65歳のときの録音で、後年のウィーンフィルとの演奏とは随分と印象が違う。またオケがベルリンフィルというのも興味深い。ベームは同団とのブラームスのステレオ録音はこの1番だけで、残り2番以降の曲については、結局70年代に入ってウィーンフィルと録音し、1番の再録と合わせて全集盤となった。
さてこのベルリンフィルとの盤。先日記事に書いた1963年のカラヤン盤とは同じオケかと思うほど印象が違う。一言で言えば、硬調・硬質・筋肉質のブラームスといったらいいだろうか。ベルリンフィルの音がカラヤン盤と違って、非常に引き締まっている。各楽器の分離のよく、パートの動きがよくわかる。低音もしっかりとコントラバスの基音が聴こえてくるが、過度の肥大した響きではなく、締まっている。音楽の運びもカラヤン盤よりも速めのテンポと短めのフレージングで畳み込んでいく。緊張感の高い演奏といってもいいだろう。このベーム盤を聴いたあとにカラヤン盤を聴くと、すべてがゆるく、あいまいにさえ聴こえる。
後年全集を完成させたウィーンフィルとの盤も手元にあるが、このベルリンフィル盤の緊張感や硬質感はない。巷間の人気とは裏腹に、70年代以降のベームにダメ出しをする拝が多いのも、この辺りの理由からだろう。ベームのブラームスの1番に関しては、ウィーンフィル盤よりもこのベルリンフィル盤の方が数段聴き応えがある。

↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

G・グールド ~The Little Bach Book~


すっかり日が長くなった。日中の陽射しもたっぷり紫外線を含んでいる感じが伝わってくる。ちょっとした陽気の振れ具合で寒くも感じるが、もう初夏もすぐそこだ。明日からまた一週間が始まるという日曜の晩、グールドの弾くレコードが取り出した。


DSCF7467.jpg


11歳のグールド少年が写っている印象的なジャケットのこのアルバムは、彼がゴールドベルク変奏曲でデヴューしてから25年がたった1980年に作られ、25周年記念アルバムとしてグールド自身が選曲にあたった。実際このアルバムには1955年のゴールドベルク変奏曲のアリアに始まり、彼のバッハの盤歴とたどるように曲が選ばれている。多分、曲順やA面・B面の切り分けにも彼なりの意図があるものと思う。
こうして25年に渡るグールドのバッハ演奏を聴いてみると、年齢による変遷、加齢による円熟、そうしたものをほとんど感じない。もちろん最初のゴールドベルクと再録された晩年のそれとはテンポといい、細部の曲の運びといい随分違う。しかし表面的なテンポや音色感の違いにもかかわらず、彼の音楽の本質的なところはほとんど変わっていないように感じる。彼の演奏は多分最初から、少なくてもプロフェッショナルとして公衆の面前で演奏し出した頃から、すでにすべてが出来上がっていたのだとう。それはまた公衆の前から消え、一人スタジオでスタインウェイと対峙するようになっても変わることはなかったように思う。





↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

カラヤン&ベルリンフィル ブラームス交響曲第1番 1963年録音


このところ身を入れて音盤を聴くことも少なく、平日は楽器に触れることもく、万事ショボイ日々が続いていたのだが、今夜はアンプを十分に暖め、三菱2S-305に対峙して、久々にどっぷりと音楽を聴くことにした。選んだ盤はこれだ。


DSCF7458.jpg   DSCF7464.jpg


カラヤンはブラームスの交響曲を好み、得意にしていたようで、彼の盤歴の初期から度々録音を重ねているが、この60年代の最初のステレオ録音が断然いい。この盤は60年代初頭の一連のステレオ録音の一つで、カラヤン&ベルリンフィルの黄金期ともいうべき時期のものだ。この時期のベルリンフィルには、まだフルトヴェングラー時代のメンバーが多く残っていた。カラヤンは颯爽として新時代の解釈で曲を進めるが、その音色には戦前からの往時の雰囲気が色濃く残っている。

このレコードを買ったのは確か高校3年のときだ。それまで1,000円の廉価盤しか買ったことがなかったぼくが初めて買ったレギュラープライスの盤だった。帰宅してターンテーブルにセットして針を落とし、第1楽章の序奏が始まって驚いた。これまで聴いたことのない低音がスピーカーから流れてきたのだ。コントラバスとチェロによる連続C音のどっしりとした低音を初めて耳にし、自分のステレオ装置からもこんな音が出るのかと驚いたのだ。まだ古き時代の音を残したカラヤン&ベルリンフィル、幾多の名録音を生み出したベルリン・イエスキリスト教会、カラヤンの耳を持つ男と言われた録音技師;ギュンター・ヘルマンス、この黄金トリオともいうべき組み合わせによるこの時期の一連の録音はいずれも素晴らしい。

第1楽章の序奏はこれ以上ないくらいに安定した重厚な音に満ちている。主部に入ってからも深いアインザッツとほの暗い音色がブラームスに相応しい。第2楽章の寄せては返すような濃厚な曲の運び、第3楽章でもリズムが不用意に軽くならず、その上を名手ローター・コッホと思われるオーボエが渋い音色で歌う。終楽章の充実感も申し分ない。金管群の強奏も派手さはなく、深く強く響く。カラヤンの細部の解釈や念の入れようには、いささか「ヌルい」感じもあるのだが、重量感あふれる音色と録音は絶賛したい。70年代の再録盤も手元にあるが、やはりこの60年代の録音に限るというのが持論だがどうだろう。

↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

イントロデューシング・ケニー・バレル


朝から久々の雨。日中、降ったりやんだりという状態だったが、乾燥続きだった当地群馬県南部には恵みの雨となった。何となく埃っぽかった空気が落ち着きを取り戻した感じだ。夕方からは気温が下がり、帰宅後夕飯を済ませたあと、そろそろ片付けようかと思っていたアラジンストーブに灯を入れた。


DSCF7452.jpg


ストーブに続きアンプの灯も入れ、ジャズギターのアルバムを取り出した。モダンジャズにおけるギターの第一人者ともいうべきケニー・バレルを聴くことにした。ブルーノートにおける彼のデビュー作をなったこの盤が録音されたのは1956年。モダンジャズにおけるギターの存在も定着し、このケニー・バレルを始めとし、バニー・ケッセル、ジム・ホール、さらにはタル・ファーロウ、ウェス・モンゴメリーと続くジャズーギター黄金期ともいうべき幕開けの時代だった。中でもケニー・バレルは、ブルースフィーリングの色濃いプレイで存在感を示した。このアルバムでも彼のオリジナル作であるM.2のFUGUE‘N BLUESでは、タイトル通りフーガの様式を借りてブルージーなソロを展開している。またこのアルバムでは、モダンジャズには比較的珍しく、リズムセクションにコンガが加わっている。そしてM.6のRHYTHMORAMAはまるまる1曲がドラムとコンガの掛け合いで、ギターもピアノも登場しない。叩き物が好きなファンはちょっと得した気分になるだろう。
タル・ファーロウのテクニカルでスムースなプレイも好きだが、時にはやはり土の臭いがしてくるブルースフィーリングを伴ったケニー・バレルも聴きたくなる。

↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

アファナシエフ バッハ平均律 日本のおけるギターの歴史


明日からまた一週間が始まるという日曜の晩。これといって音楽を聴く気分にならず、楽器を取り出す意欲もわかず、所在無くアファナシエフの弾く平均律を絞り気味の音量で聴きながら、手元の本を広げている。最近こんな夜が増えた。CDやレコードもほとんど増えていないし、購入意欲もさほどない。何だか、我が音盤生活も店じまいではないかと自分でも思うほどだ。バッハの平均律はグールド、シフ、高橋悠治などの盤が手元にあるが、最近はこのアファナシエフの演奏をよく聴く。彼は深い楽譜の読み込みとユニークな解釈で知られるが、このバッハに関しては、そうエキセントリックなところはない。バッハの平均律が織り成す多層的な音響を静かに楽しめる。バッハの曲そのものの懐深さゆえだろうか。


DSCF7445.jpg    DSCF7449.jpg


さて、話は変わる。写真の2冊の本は、日本におけるギターの歴史、位置付け、現在・過去・未来を一通り網羅していて興味深い。もちろん好事家のためのマニアックな文献や資料もあるのだろうが、一般のアマチュアギター弾きが、自分の伴侶とした楽器について理解と認識を深めるにはちょうどよい内容だ。日本人が初めてギターに接したのは、ペリー率いるアメリカ艦隊、黒船での日本人役人との交流会の席であったらしい。1850年代といえば欧州ではギターは古典期のピークにあった。その後1901年には比留間賢八がイタリアからギターとマンドリンを持ち込み、それが近代日本のギター・マンドリン音楽のルーツとされている。その辺りの経緯も、この2冊の本に詳しい。

↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)