弦の張替え


一部地域で豪雨。当地群馬は集中豪雨こそないが、このところ連日雷雨に見舞われている。上州名物かかあ天下と空っ風というが、雷もまた名物の一つだ。初夏から夏を通じて、よく夕立が発生する。ひと雨あったあとは、気温が下がり過ごしやすくなるはずだし、子供の時分の記憶では確かにそうだったが、昨今は夕立のあと、かえって湿度が上がって蒸し暑く感じる。温暖化による変化か、こちらの身体感度の変化か。さて昨日の記事に対していくつかのコメントやメールをいただき、感謝。今回は公開せずに個別に返信いたしたく…


IMG_0863.jpg  IMG_0902.jpg

IMG_0866.jpg  IMG_0868.jpg


数日前の夜、所在無くボーッとしている時間を使ってギターの弦を交換した。ギターをはじめ弦楽器の弦は消耗品の一つであると同時に、楽器から出る音を決める重要な要素でもあって、その選択は悩ましくも楽しい。ヴァイオリン族の弦と違って、主として化学繊維で出来ているクラシックギターの弦は価格も安く、専門店の通販を利用すれば大体1セットが千円程度で買える。最近は新素材を標榜したもの、かつてのガット弦を模した素材のものなど選択肢も広がりつつあり、手元にも写真の通り何種類かの買い置きがある。
今回はメインの田邊雅啓作のギターに、イタリアの弦メーカー;アクイーラ社が出している『アルケミア』という、ガット弦の音色を追及したものを選らんでみた。素材はナイロンを基本にしているようだが、ガット弦を模していることから『ナイルガット』という商標が付されている。
高音弦は通常の透明なナイロン弦と違って白色で、少しざらついた手触りがある。低音弦は同じくナイルガット素材のフィラメントに純銀の巻き線が施してある。純銀素材のため表面が酸化して所々少し黒ずんでいる。巻き線はかなり細く左手によるノイズも少なく感じる。張ってから二晩ほどおいて落ち着いたところで音を確かめてみた。
少し古い時代の音を追及した製品とのことで音量感が控えめかと思っていたが、そんなことはなく、音は全域でよく鳴っている。低音は一般の弦とさほど印象は変わらないが、高音弦はかなり特徴的な音色だ。ガット弦のイメージからは、音のエッジが落ちた少々寝ぼけた音を想像していたが、田邊ギターに張った限りでまったく正反対で、音の立ち上がりが速く、反応がすこぶる良い。といってカーボンファイバ弦のように金属的な音ではなく、少し鼻づまり気味のくすんだ表情があって、このあたりがガット弦を模したというナイルガット素材の個性のようだ。きのう、きょうとこの弦を張った状態でバロック、古典、ロマン派、近代以降といろいろ弾いてみた。やはり19世紀のロマン派までの作品と相性がいいように感じた。近代以降の作品で少し厚化粧の音楽を目指そうとすると、いささか淡白に過ぎる印象だ。このアクイーラ社の弦は10年ほど前に発売され、一般のナイロン弦と比べて数倍する値段と共に話題になった。もちろん楽器との相性次第ではあるが、弦の音色を楽しみたいというときは試してみる価値があるだろう。

↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

グールド&ローズ バッハ 3つのチェロソナタ


野暮用で更新が少し滞ってしまった。もっとも最近このブログも、アクセス数こそ以前と変わらず毎日50名前後が覗いてくれているものの、拍手もバナークリックも低調、コメントも知り合いMazaさんが時折書き込んでくれる程度と、ブログとしてはいささか長期低落傾向かと。といって、この手の、つまりほとんど独白的な内容が活況を呈する方が不思議かもしれない。本人の実態はいたってお気楽かつ軟派な性格なのだが、このブログに関してはあえて硬派路線だし、何か情報を提供しようという姿勢もない。私生活の日常報告もほとんどなく、コレ買ったけどお薦めです的買い物案内もなく、まったく無愛想極まりない。内容も、ガチガチのクラシックからジャス、歌謡曲、クラシックギターと焦点不明確だ。と言いながらも昨年10月に開始し、あと二ヶ月で一周年。ひとまずそこまでは今のペースで行きましょうかね。毎日、あるいは時折アクセスしていただいている方々、コメントは非公開にも出来ますし、こちらで承認しない限りは公開されませんので、ご意見あれば遠慮なくヨロシクです。

さて、そんなわけで(どんなわけ?)で、今夜は久しぶりグールドのピアノを聴くことにした。例の80枚ボックスセットから選んだ盤はこれ。チェロのレナード・ローズと合わせたバッハのヴィオラダガンバとハープシコードのためのソナタ集BWV1027~1029だ。もちろんここではヴィオラダガンバをチェロ、ハープシコードをピアノで演奏している。


IMG_0899.jpg  IMG_0898.jpg


グールドは孤高のピアニストのように思われるが、合わせ物もそれなりの録音を残している。バッハやベートーヴェンの協奏曲、シューマンのクァルテット、シェーンベルクのヴァイオリンソナタなど。そしてきょうの盤もそんな中の1枚だ。
第1番のソナタBWV1027の第1楽章が思いのほかゆっくりとしたテンポで始まる。グールドとローズが会話しているというよりは、どちらともなく遠慮がちに探り合っているかのようだ。もっと堂々と確信をもって始まる演奏が常だが、これは意外だった。以降も、楚々として控えめに曲は進む。第2番、第3番も印象としてはまったく変わらない。グールドが弾くピアノを聴くときいつも感じるのは、その静寂感だ。どれほど強い打鍵や音の洪水がある曲でも聴き終えてみると、不思議な静寂感が曲を支配しているように感じる。その印象が、この合わせ物でもまったく変わらずにある。ローズはどんな風に感じて弾いていたのか知るすべもないが、少なくてもチェロを朗々と鳴らし、構えの大きな音楽を志向してはいなかったろう。グールドの世界観や解釈に賛同したのか、全体としては控えめで、曲の構成よりは、一つ一つのフレーズに込められたニュアンスを再現しようとしているように感じた。そしてもちろん、グールドのピアノはチェロの伴奏に留まっていない。極めて雄弁に音楽を引っ張り、しばしばチェロがピアノのオブリガートのように響く。グールドのピアノの個性と合わせ、どの曲もアダージョあるいはアンダンテのゆっくりとした楽章の表現が秀逸だ。深くそして美しい。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

マイスキー&アルゲリッチ イン・コンサート


実は今週一週間、会社が休みなのだ。東電管内の15%節電対応で工場全体が1週間操業を止めることになり、お盆休みとは別に休みが設定された。とはいっても休みが天から降ってきたわけではなく、有給休暇を当てたり、秋以降の休日設定日を前借りしている。もちろん対外的な対応が必要な一部の部門は出勤をする。ぼくの部署はその一部部門のため交代で出勤対応をしていて、ぼくも少しだけ出勤予定だ。
このところ当地前橋は猛暑という感じではないだが、ほどほどに、かつダラダラと暑い。きょうは家でのんびり。せっかくの休みに暑さでイライラするのも嫌なので、早々にエアコンのスイッチを入れている。あまりまともに音楽を聴く気分にもなれないのだが、少し陽が落ちてきた頃合を見計らって、音盤棚を物色していたら、この盤が目にとまったので久々に聴くことにした。収録曲は以下の通り。

 1. バレエ「プルチネルラ」~イタリア組曲~チェロとピアノのための (ストラヴィンスキー)
 2. チェロ・ソナタ ハ長調op.119 (プロコフィエフ)
 3. チェロ・ソナタ ニ短調op.40 (ショスタコーヴィチ)
 4. バレエ「石の花」op.118~ワルツ ~チェロとピアノのための編曲 (プロコフィエフ)

IMG_0853.jpg


チェロのミーシャ・マイスキーとピアノのマルタ・アルゲリッチによる2003年ブリュッセルでのコンサートライブのアルバムだ。アルゲリッチとマイスキーとでは随分と年回りもキャリアも違うが、しばらく前から共に世界のトップであることには違いはない。実は二人が初めて会ったのは1972年、その後70年代後半からは度々共演するようになったとライナーノーツに書いてあった。随分前から、あるいはマイスキーが国際的に知られる存在になる前からデュオを組んでいたことになる。アルゲリッチはいつの頃からか、ソロ活動よりもピアノを始め他の楽器とのデュオを活動の中心におくようになった。ネルソン・フレイレ、クレーメル、そしてマイスキー。このうちマイスキーとのデュオがもっとも活発かもしれない。

ストラヴィンスキーのイタリア組曲は、もともとバレエ音楽として作られたプルチネルラからの抜粋編曲で、モチーフはペルゴレージの音楽のよっている。イタリアン・バロックそのものの部分と時おり擬古典風の扱いも出てくる。しかし、こういう時代感の曲ではマイスキーとアルゲリッチの個性が強すぎ、アンサンブルとしてのまとまりは今ひとつだ。様々なフレーズが主張し過ぎて、前古典的な統一感には乏しい。もっと楚々と奏でる曲ではないかと感じるのだ。
一方、プロコフィエフのチェロソナタになると、もともと闊達に書かれているピアノパートでアルゲリッチが十分活躍出来るし、情感あふれるフレーズでのチェロの主張も曲想にぴたりと合致する。そしてショスタコーヴィッチのチェロソナタも同様に、二人の個性を十分受け止められる名曲だ。曲は古典的な構成の中で抒情と諧謔が交差しつつ進む。特に深く暗い情感をたたえた第3楽章は聴きものだ。ショスタコーヴィッチが書いた旋律の中でももっとも深い情緒を含んだものの一つだろうか。
この盤は、当日のプログラムをそのまま収録してあって、曲間の拍手も入る。プロコフィエフが終わったあたりで珈琲ブレイクでもし、そののちショスタコーヴィッチを聴くと、ライブに居合わせたように楽しめる。


◆このコンビとしてはかなり初期ともの思われる動画があったので貼っておこう。曲はシューマンの幻想曲集。



◆ついでにアルゲリッチがまだ今のような山姥姿!になる前、すべての人達を魅了して止まなかった頃の映像。当時のフィアンセだった、シャルル・デュトアの姿も。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

夏はラテンだ! 熱帯JAZZ楽団



昨日23日の土曜日は、川越でのギター・イベントに参加。その顛末はいずれまた。
…ということで、だらだら暑いきょう日曜日。スカッと爽やかコカコーラ的な音楽はないかと、棚を見回した。な~に、あるじゃん。コレコレ…と思って取り出しのは、日本を代表するラテンジャズバンド、熱帯JAZZ楽団のアルバム。バンド名を聞いただけで、あるいはジャケットを見ただけでコンセプトが分かりそうな音楽だ。


IMG_0847.jpg  IMG_0845.jpg


以前も書いた通り、ぼくは暑さ、そして夏が苦手だ。赴任先をシベリアかインドネシアかと問われたら、迷わずシベリアを選びたい。でも夏にはちょっとした憧れがある。若い頃、海だ山だと酔狂に遊びまわる連中を尻目に、どうせオレには無縁だぜと斜に構えて、暗くギターを弾いていた。内心は、ガールフレンドと明るく海岸沿いをドライブして、トロピカルなレストランで夕日を見ながら食事をして…と妄想猛々しく思っていたのだ。いずれもかなわず地味な勤め人を続ける人生となった。そんなわけ、ビキニのガールフレンドはもうかなわぬ夢だが、気分だけはと、時々ラテン音楽が聴きたくなる。
熱帯JAZZ楽団は、パーカッション奏者で元オルケスタ・デ・ラ・ルスのカスロス菅野が1995年に結成したラテンジャズビッグバンドだ。これまで10枚ほどのアルバムを出しているが、手元にはデヴューアルバムのライブインヨコハマほか数枚のアルバムがある。このバンドの魅力はなんといっても、ドラムスの神保彰、高橋ゲタ夫のベース、トランペットの松島啓之ほか実力派メンバー揃えた抜群のテクニックとグルーヴ感だ。どのアルバムも音が出て数秒後には、気分は夏の太陽が降り注ぐ白い砂浜へワープしてしまう。写真のセカンドアルバム;Septemberは彼らのメジャーデヴューアルバムで、アース・ウインド&ファイアーのアルバムタイトルチューンのSeptemberから、ミッション・インポッシブルまで、ノリノリのラテンビッグジャズの醍醐味にあふれている。(こちらで試聴も


YouTubeにライブ映像があったので貼っておこう。気分だけでも夏・Loveになろうか。





↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

レスピーギ ピアノ作品集


台風一過。当地北関東では北方の冷たい高気圧からの乾燥した風が吹き込み、やや雲は多いものの、気温も低めで気持ちのいい一日となった。先週から続いていた仕事上のトラブルも何とか収束し、休心の夜。きのうに続き、先日日曜日に手に入れたナクソスCD2枚のうちのもう1枚を聴くことにした。今夜取り出したのはイタリア近代の作曲家レスピーギのピアノ作品集。以下の曲が収録されている。

 1. リュートのための古い舞曲とアリア(作曲者によるピアノ用編曲)
 2. ピアノのための6つの小品
 3. ピアノソナタ ヘ短調
 4. グレゴリオ旋法による3つの前奏曲

IMG_0814.jpg  scherbakov.jpg


一般のクラシックファンにとってレスピーギと言えば、管弦楽曲のローマ三部作、それと弦楽合奏のための『リュートのための古風な舞曲とアリア』が思い浮かぶ。実際ぼくが知っているレスピーギもその範囲でしかなかった。
他の近代ラテン系作曲家と同様、彼もフランス印象派の影響を受けた作風を示し、ローマ三部作などはそれがよく表れている。一方『リュートのための古風な舞曲とアリア』に示されているように、イタリアの古い音楽への傾倒も顕著だ。19世紀から20世紀にかけての近代作曲家によくある擬古典の作風の一つといえなくもないが、むしろ古い音楽を極力変形せずに扱っている感じも受ける。

この盤に収められている『リュートのための古風な舞曲とアリア』のピアノ編曲版を聴くと、もちろんロマン派の味付けはあるのだが、オリジナルの和声感は崩しておらず、違和感なく聴ける。例えて言うなら、ブゾーニ編のシャコンヌほどにはデフォルメしていないというところか。
6つの小品も粒揃いの美しさと多彩な表現。ワルツは可憐だし、夜想曲は深刻にならない程度に心を沈静させてくれる。どの曲もローマ三部作の色彩的な管弦楽曲からは想像しにくい曲想だ。美しくが甘すぎず、ときに渋さもただよう。夏の夜半に聴くもよし、気だるい午後に聴くもよしの、いいアルバムだ。
ピアノを弾いているコンスタンティン・シチェルバコフは1963年シベリアの中心都市ノボシビルスク生まれ。バリバリの技巧派として知られ、超絶技巧を要する曲を多数録音しているようだが、そんな彼が、かすかな甘さや控えめな抒情を漂わせるレスピーギのピアノ曲を中々抒情的に弾いていて興味深い。


◆ 6つの小品からメヌエット


◆ 6つの小品からカノン



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ホアキン・トゥリーナ ヴァイオリンとピアノのための音楽集


ギター先日の日曜日、久々に近所の書店にあるナクソスCDのコーナーをのぞいてきた。先週続けて記事にした古典派の落穂ひろいをしようと、クラウスやヴァンハルの盤を探すのが目的だったが、あいにく在庫がなかった。代わって、以前から気になっていた盤を2枚ほど買い求めてきた。きょう紹介するのは、そのうちの1枚、近代スペインの作曲家ホアキン・トゥリーナが書いたヴァイオリンとピアノのための作品集だ。


IMG_0811.jpg  IMG_0809.jpg


トゥリーナはクラシックギター弾きには馴染みのある作曲家だ。彼が書いたギター曲は、数こそ多くはないがコンサートでもよく弾かれる。『ファンダンギーリョ』 、『ラファガ』など、フラメンコ風の奏法も使われ、 スペインの乾いた空気を感じさせる印象的な曲だ。きょう取り上げたナクソス盤の収録曲は以下の通り。彼が書いたヴァイオリンとピアノのための主要作品が収められている。

 ・ヴァイオリン・ソナタ第1番 ニ短調 作品51
 ・ヴァイオリン・ソナタ第2番「スペイン風」ト短調
 ・アンダルーサのムーサたちより第2番《エウテルペ》
 ・ヴァイオリンとピアノのための幻想曲《サンルーカルの娘の詩》
 ・ヴァイオリンとピアノのための《古典的変奏曲》

トゥリーナは若い頃、十年近くフランスで音楽を学んだ。彼に親友だったというファリャなど、スペインの他の作曲家とよく似たキャリアだ。当然ながら、ラヴェルやドビュッシーといった仏印象派の影響を受けているのだが、例えば、このブログでも二度記事にしたフェデリコ・モンポウなど比べると、スペインの民族色がより強く感じられる。収録された曲はいずれも、豊かな詩情あふれる歌に満ちている。ヴァイオリン・ソナタの第1番、冒頭ニ短調のモチーフで決然として始まるが、すぐに緩やかな空気が広がるような美しい旋律が歌われる。ヴァイオリンが主役のソナタだが、伴奏のピアノもすこぶる雄弁に書かれていて活躍する。第2楽章Lentの指示があるアリア。スペインの文化や風土を語るとき出てくる言葉、『光と影』とそのまま音楽にしたような、美しいうつろいの楽章だ。第3楽章のロンド・アレグレットも、無邪気にラウンドする音楽ではなく、どことなくうつむき加減のところがいい。ソナタ第2番はその名の通りスペイン色がより強いが、これもどこか控えめな雰囲気を持つ。《サンルーカルの娘の詩》は幻想曲を名付けられているように、より自由なインスピレーションの発露が感じられる。
演奏しているヴァイオリンのエヴァ・レオンはご覧の通り、エキゾチックなラテン系女性。演奏も過度にスペイン風を押し出すことなく、トゥリーナのやや控えめでうつろい気味の曲想をよく表現している。


■ キューバ生まれエドアルト・エルナンデス・アシアンの濃い口の演奏でソナタ第1番の第3楽章



■ エヴァ・レオンがアルベニスの『アストゥリアス』を弾いている音源



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

Not マイ・ギター <その2> ホセ・ラミレス2世 1935年作


先日の記事で紹介したスウェーデン・リュートに続き、きょうはスペインギターの伝統を背負って立つ、ホセラミレス工房の二代目、ホセ・ラミレス2世のギターを紹介したい。これも旧友Y所有のもので、しばらく前から借りてポロポロと弾いている。

IMG_0771.jpg  IMG_0770.jpg

IMG_0781.jpg  IMG_0779.jpg


ラミレスについてぼくが改めて紹介する必要もないだろう。スペイン、中でもマドリッド派と称する系譜の中心を引き継ぐ家系であり工房である。特にラミレス3世になった1960年代以降、伝統的な製作手法に様々革新的試みを加えて、コンサート使用に耐えるギターの量産化に成功した。その結果、それまでとは比較にならない数量のギターを作り、世界中に広めた。ぼくもその時代の典型的なラミレスを昨年手に入れ、その音を楽しんでいる。きょう紹介するのは、その3世の先代、ホセ・ラミレス2世のギターだ。

ラベルには製作年1935年とある。戦前日本に数台のラミレス2世が初めて輸入されたと記録にあるのだが、そのうちの1本と思われる。弦長は655mm。表板はスプルース。横・裏板はマホガニーのようだ。手にして最初の印象が『軽い』。音は反応がよく澄んだ高音と、楽器全体が鳴り響くような低いウルフトーンを伴った低音がよくマッチングしている。そして年月を経た楽器のみが持つ、独特の深みと無理のない鳴り方が素晴らしい。軽く作られ、軽やかに音が立ち上がり、楽器全体が自然に鳴る…こうした音の傾向は、サントスをはじめ、古い時代のスペイン名器が持つ特徴だろう。どんな曲を弾いても力まずに弾け、簡単なエチュードと弾いていも、音色の妙で楽しませてくれる。このラミレス2世を弾いたあと、息子の3世時代のラミレスと手に取ると、これが同じギターかと思うほど、まったく異なる印象を受ける。こういう楽器を一度弾くと、今の時代の新しい、しかも新品の楽器に魅力を感じなくなってしまう。ヴァイオリンの名器は300年を経た今をピークに鳴っているが、ギターもやはり年月を積み重ね、40年以上を経過する頃から、材料が程よく枯れて、反応がよくかつ深みのある音が出てくるように感じる。こんな楽器を1本、手元に置きたいものだ。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)