ケンペ&チューリッヒトーンハレ管 ブルックナー 交響曲第8番


三日ぶりの更新。続くけてブルックナーいきます!(^^;

このところ、ブログ記事の下にあるバナーのリンク先;クラシック音楽鑑賞でのブログランキング順位が少し上昇、また人気記事の上位に入ることもしばしば。どうやら、バルビローリ、セル、ケンペといった少し古い時代の指揮者を取り上げた記事に目をとめてくれる人が多いようだ。みな同世代なのかなと思いつつ、先日に続いてケンペの振るブルックナーを聴くことにした。取り上げるのはルドルフ・ケンペ指揮チューリッヒ・トーン・ハレ管弦楽団によるブルックナー曲第8番のLP盤だ(入手難らしい)。


R0010638.jpg  R0010647.jpg


この盤の録音がTUDORレーベルで国内発売されたのは録音から数年たった1976年、ケンペが亡くなった直後のことだったと記憶している。先日の記事にも書いた通り、当時はレコードも中々買えない貧乏学生時代。買っても千円の廉価盤が常だったが、この盤は例外的にレギュラープライス。多分、欲しくて欲しくてたまらず、そうとう思い切って買ったに違いない。今夜久々に取り出して聴いたのだが、演奏は昔の印象そのままに素晴らしい。
前回の記事で取り上げた第5番とは少々アプローチが違っていて、この8番ではことさら巨大なスケール感を出そうとはせず、全体と通して早めのテンポと、キリッとしまった造形で聴かせる。どの楽章も思わせぶりなルバートや大見得はないし、テンポの切り替えも不自然なところがない。すべてが自然体。ブルックナーのスコアを信頼して、そのまま音にしているといった感じだ。第2楽章のスケルツォなど実にテンポ設定がよく躍進力に富むが、決して大声を上げて力で押す気配はない。第3楽章のアダージョではかなりロマンティックな解釈もみせるが、もたれる感じや過度の甘さはない。第4楽章も冒頭から整然とした疾走感で始まり、終始飽きさせずに進む。
もともとこの録音は70年代前半に流行りかけた4チャンネル用に録られたようだ。この盤には4チャンネルの表記はないが全体にややベールがかかったような音、またティンパにや金管群の定位も遠めだ。CDで復刻されたものは、そのあたりが随分と改善されていると聞く。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村




関連記事

ケンペ&ミュンヘンフィル ブルックナー 交響曲第5番


それにしても急に涼しくなった。朝晩は肌寒い程だ。日中は日が出ると相応に気温は上がるが、湿度低く、不快感はない。残暑が長く続いた去年と違って、今年は暦通りの季節となるだろうか。
さて一週間の始まり月曜の晩。先週続けて、しかも久々にブルックナーを聴いた。大曲を聴き漁った学生時代に回帰、今夜もまた懲りずにブルックナーを聴こうか。取り出したのは演奏時間80分近くを要する交響曲第5番。名盤の誉れ高いルドルフ・ケンペ指揮のミュンヘンフィルハーモニーによる1975年の録音だ。


R0010629.jpg  R0010637.jpg


この盤にちょっとした思い出がある。
学生時代を過ごした街にあったクラシック喫茶で行われたレコード会社主宰の、この盤の発表イベントに参加した際、くじ引きで1等が当たり、その景品が正にこのレコードだった。ケンペとミュンヘンフィルのコンビは当時、ベートーヴェンやブラームスの交響曲全集やブルックナーの第4交響曲などの録音を進めていて、一部のファンから強く支持されていた。その人気を決定付けたのが、このブルックナーの5番だった。

廉価盤しか縁のなかった当時、豪華な2枚組みレギュラープライスの新譜を引き当て、小躍りして下宿に戻った。しかし、このレコードをプレイヤーにのせて再生すると、なかなか音が出ない。第1楽章の出だし、低弦群によるピチカートの導入部があるのだが、その音が聴こえないのだ。最初は不良品ではないかと思った。当時のステレオセットが貧弱なこともあったろう。何せプレイヤーは安物。スピーカーはダイヤトーンのフルレンジをいい加減に自作した後面開放箱に入れ、アンプはこれまた有り合わせの部品で作った6BM8シングル。フォノイコライザーもトランジスタ何個かで自分でしつらえたものだった。ケンペはこの第1楽章の出だしを極めて遅いテンポと、これ以上のピアニシモはないのではないかと思われる程の音量で開始する。当時の装置でこれをきちんと再生するには相当な努力が必要だったろう。

この出だしの印象そのままに、全曲を通じて地に足の付いたと言ったらいいだろうか、実に落ち着いた足取りで曲は進む。派手な大見得を切らずにジワジワと曲を進めるケンペの指揮。ミュンヘンフィルの音色も渋い弦楽群をベースに、この曲では終始重要な役どころを担う金管群も腰高にならず、深く重い音色で応える。この曲のクライマックスは承知の通り第4楽章、それも終盤の二重フーガにある。ここへきてケンペとミュンヘンフィルの熱のこもった演奏が一気に展開する。終始遅めのテンポをほとんど動かさず、次第次第に曲を盛り上げていくには、気力も体力も必要だ。よくひ弱な日本のオケがこの曲を演奏すると、第4楽章後半で完全にスタミナ切れとなって金管群のフレーズが続かず、スカスカになってしまう。さずがに肉とワインで馬力を付けている彼らの演奏では、その心配は皆無だ。ケンペは彼らオケの推進力をよくコントロールし、この80分近い曲をまったく飽かさずに聴かせてくれる。ブルックナーの交響曲では、第4番『ロマンティック』がポピュラーだが、この5番を最高傑作に押す向きも多いだろう。その傑作の名演として、このケンペ&ミュンヘンフィル盤は最右翼の演奏だ。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村




関連記事

ハイドン ホルン協奏曲・フルート協奏曲


三連休最後の日曜日。朝から好天。窓からは乾いた気持ちのいい風。つい一週間前までの夏の湿気と暑さを伴った天気が嘘のようだ。こんな朝は古典期の管楽器のコンチェルトが聴きたくなる。特に、青空に突き抜けていくように響くホルンの協奏曲などは最高だ。定番のモーツァルトのホルン協奏曲はもちろんいいが、今朝レコード棚を眺めていたら、ちょっ珍しいハイドンの作品があったので聴くことにした。


R0010514.jpg  R0010522.jpg


この盤、70年代に人気の高かったコレギウム・アウレウム合奏団による演奏でハイドンのホルン協奏曲ニ長調(原題ではホルンと2本のオーボエのための協奏曲)とフルート協奏曲ニ長調の2曲が入っている。ホルンはエーリッヒ・ペンチェルという奏者、フルート(トラヴェルスフレーテ)はお馴染みのハンス・マルティン・リンデが吹いている。
100曲以上の交響曲を始め、弦楽四重奏、ピアノ曲など多作で知られるハイドンだが、実はホルン協奏曲はわずか4曲、フルート協奏曲にいたってはわずか2曲、しかもハイドンによる自筆譜が残っているのはそのうちの一部だそうだ。この盤のホルン協奏曲は真作、フルート協奏曲は同時代のレオポルド・ホフマンの作とのこと。しかし、学究目的でも、『ハイドン命』でもないので、ここはうるさいことは言わず、この時代、ウィーン古典派の整った響きを楽しもう。
いずれの曲も古典の様式感をもった3楽章からなり、ソナタとしての形式もしっかり踏んでいる。どちらの曲も独奏楽器の扱いは比較的穏やか、すわなちあまりに技巧的なパッセージや合奏から独立した扱いはない。ホルン協奏曲では第1ヴァイオリンとのユニゾンも多い。もともとコルノ・ダ・カッチャのために書かれているようなので、使える音にも限りがあったのだろう。フルート協奏曲もモーツァルトのような華麗な独奏パートはない。献呈した貴族の子息の練習には最適なレベルだったのかもしれない。それでも時折短調に転調にして陰りもみせる。コレギウム・アウレウムの弦楽合奏も明るく、伸びやかに、よく歌う。録音もアナログ全盛期の名録音で素晴らしい。最近この団の録音の一部がまとまって復刻された。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村




関連記事

シューリヒト&ウィーンフィル ブルックナー 交響曲第8番ハ短調


彼岸の頃、当地北関東群馬南部のきょうは気温も20℃前半、湿度も低く爽やかな一日となった。昼間は野暮用を少しこなし、三時過ぎには午睡に落ちてしばしの休息。そのあとギターも少し弾いた。公私ともあれこれと頭を抱えることはあるのだが、差引勘定まずは平和な日々か…。さて先日、久々にセルのブルックナー8番を聴いてあらためて感心したのだが、そういえば、と思い出したのがこの盤、1963年録音のカール・シューリヒト指揮ウィーンフィルによるブルックナーの8番だ。


R0010477.jpg  R0010480.jpg


ぼくら70年代に学生時代を送った世代のブルックナーファンにとっては、宇野功芳氏の熱烈評論によって、この盤は第8番の名盤としてすり込まれた。ぼくもそのクチではあったが、実際にこの盤を手にしたのは数年前のことだ。セル&クリーヴランドの盤と同様、大阪出張の折に梅田の中古レコード店で買い求めた(現在もCDで入手可能。試聴も)。若い頃と違って、大曲を飽かずに聴くことも少なくなったが、きょうは休日の中日でもあるので、この盤に針を落とすことにした。
第1楽章の出だしからシューリヒトの特性がはっきり出て、音楽はまるで室内楽のように静かに、そして各パートの響きが、さほど優秀な録音ではないにもかかわらず、混濁せずに聴こえてくる。フォルテでも決して大声を上げず、全体のバランスと際立たせるべきパートは何かがしっかりと分かる。開始からしばらくはほとんどテンポも動かず歩みを進めるのだが、弦のピチカートにのってホルンと木管が主題を奏でる第3主題では、グッとテンポを落とし、その後は少しずつテンポが揺れ始め、音楽が動き出す。このあたりはシューリヒトの周到な設計図によるものだろう。

第2楽章はこれぞスケルツォという軽快なテンポで始まる。フレーズを短めに切り、もたれずに進む。まるでレントラーかと思わせるようにレガートでゆっくりとしたカラヤン盤とは好対照だ。作者自身がドイツの野人と称したこの楽章だが、シューリヒトはここでも大声を上げず、無骨さも強調せずに速めのテンポで曲を進め、トリオに入ると一気にテンポを落として素晴らしい効果を上げている。20分を越す第3楽章アダージョも、思いのほか時間が早く過ぎる。もちろんこれはテンポ設定が速いということではなく、シューリヒトの曲の運びが、重箱の隅をつつき細部にこだわって粘り気味に演奏するスタイルと縁遠いからだ。もちろんシューリヒトも細部にこだわっているのだろうが、その部分部分に注力するのではなく、曲の運び、この先にどう進むかという視点で見ているからではないかと思う。終楽章も終始テンポが適切で音楽の流れがいい。

ブルックナーというと、とかく巨大な編成とそこから生み出される壮大なオーケストラサウンドを期待する向きもいるだろうが、この盤の演奏を聴くと、ブルックナーはやはり静かで敬虔な音楽なのだと納得する。秋の夜長、やや渋めのブルックナーを楽しみたい向きには好適なアルバムだ。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村




関連記事

アンドラーシュ・シフ バッハ;パルティータ


前回の記事で、まだまだ暑いと書いた翌日からにわかに気温が下がり、昨日は台風が足早に駆け抜け、きょうは台風一過の秋晴れかと思いきや、前線通過で突然の雨風と、天気も目まぐるしく変わった。さて今週は火・水・木と三日間出勤し、明日からまた三連休だ。万歳!


R0010463.jpg  R0010466.jpg


今夜取り出した、この盤。アンドラーシュ・シフの弾くバッハ;パルティータの英デッカLP盤だ。数年前、大阪梅田の中古レコード店で安く買い求めた。シフの弾く一連のバッハ演奏は2枚組のCD(写真右)で出た際にいつくか手に入れて、一時期よく聴いていた。バッハのパルティータはお気に入りの曲で、以前も記事に取り上げた
さて評判通り「歌うバッハ」であるこのシフの演奏。実はその後あまり聴いていない。解釈がロマンティックに寄り過ぎているのが鼻につくようになったからだ。1983年9月に録られたこの録音は、デジタル録音の初期とも言える頃で、英デッカにしてはLP・CDとも少々音の抜けが悪く鮮度感に乏しい。残響も多めで、曲の解釈と合わせて、いささかBGM的なのだ。もちろんグールドのバッハとはまったく世界が異なるし、美しい音色でよく歌いながらも中庸をいくマレイ・ペライアのバッハの方が音楽として正対して聴ける。
と、こんな風に書くとシフのバッハは真剣に聴く対象でないかのように思われてしまうが、決してそうではない。「歌うバッハ」としてのシフの演奏はワン・アンド・オンリーに違いなく、こうして夜更けに聴いているとすこぶる安堵を覚える。グールドやペライアと刺激される脳の中の部位が異なるとでもいったらいいだろうか。とりわけ、このパルティータ全曲や、豊かなメロディーにあふれるフランス組曲はシフのよさが出たいい演奏だ。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村




関連記事

セル&クリーヴランド管 ブルックナー 交響曲第8番ハ短調


暑さ寒さも彼岸まで…の彼岸も一週間後だというのに、当地関東内陸部は相変わらず暑い日が続いている。昼も夜もまだまだエアコン頼りだ。さて三連休もきょうで終わりという夜、久しぶりにブルックナーのシンフォニー、それも第8を聴こうかとLP盤の入っている棚を探索。しばらく聴いていないなと思い、取り出したのは、セルとクリーブランドの盤だ。


R0010444.jpg  R0010448.jpg


ブルックナーに開眼したのは70年代半ば大学2年の頃。ブルックナーやマーラーの大曲がブームになり、学生の仲間内でもよく話題になった。中でも第8番は、その規模や、豪放さと敬虔な祈りとを併せ持つ曲想から人気があった。クナッパーツブッシュや朝比奈隆のブルックナー録音が人気を得出した時期でもある。この盤は1969年10月ジョージ・セル最晩年の録音の一つだ。セルは手兵クリーブランド管弦楽団と翌年1970年、大阪万博に合わせて来日公演を行い、そのあと帰国して程なく帰らぬ人となった。
セルのブルックナーは当時決してメジャーな人気を得たとは言えなかったが、どうして、今聴くと素晴らしい演奏だ。セルらしく全体は古典的によく整い、楷書の趣き。いつも通りアンサンブルの縦の線はきっちり合い、フレージングもよくコンロトールされている。聴いていてラフなところがまったくない。それではいささか肩肘張っていて面白くないのではないかという向きもあるだろう。しかし、これだけの大曲を自発性という言葉のもと、奏者の勝手に任せていては、断片的な印象は残るかもしれないが、曲を大きく俯瞰して聴かせることは難しい。徹頭徹尾神経の行き届いた演奏という意味では、解釈は異なるがチェリビダッケの演奏に通じるところがある。古典的によく整いと書いたが、そこは後期ロマン派の大曲だ。ブルックナーと聞いて期待する重量級の響き、金管群の迫力、第3楽章での弦の歌、いずれも過不足なく充実している。手元にはこの曲の盤が10種ほどあるが、ケンペ&チューリッヒトーンハレ盤、チェリビダッケ&ミュンヘンフィル盤と並んで残しておきたい名演だ。

↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村





関連記事

トルトゥリエ バッハ チェロとハープシコードのためのソナタ


今週末は土・日・月の三連休。いつもなら少々憂うつになるサザエさんシンドローム以降の日曜の宵も幾らか心穏やかだ。夜更けて取り出したのは、先日も取り上げたポール・トルトゥリエの盤。今夜はバッハ;チェロ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)とハープシコードのための3つのソナタBWV1027~1029を取り出した。


R0010426.jpg  R0010439.jpg


この盤も先月ミニ特集をした60年代国内盤LPの1枚だ。トルトゥリエの録音の多くはEMIレーベルで、70年代以降の国内盤は東芝の取扱いとなったが、この盤はまだ日本コロンビアから出ていた時期にあたる。60年代半ばの盤は一様に材質が分厚く重い。そして今でもノイズの少ないいい音を奏でてくれる。まだまだレコードは高価で貴重な品だった品だった時代で、それゆえにコストも手間もかけて丁寧に作られていた。その後70年代、特にオイルショック以降の70年代半ばからレコードが終焉を迎える80年後半に向け、レコードはどんどん薄くなり、録音技術のデジタル化と相まって、何となく実在感の乏しい軽薄短小的なアイテムになっていった。
さてトルトゥリエのバッハだ。いつもながら彼のチェロの音色は明るく華がある。無伴奏チェロ組曲と異なり、チェンバロと伴って多彩は曲想を展開するのに相応しい音色だとう。決して技巧派でならした人ではないので、時折やや音程があやしいところもないではないが、それも音楽的な音程(緊張と解決に伴う音程の取り様)を重視してのことだろう。テンポはおおむね速めだが、第2番の第3楽章アンダンテや、第3番のアダージョ楽章では、ゆったりとよく歌っている。名手ロベール・ヴェイロン・ラクロアのハープシコードも速い楽章では華麗な装飾音も交えながら、明るく華やかにトルトゥリエのチェロを引き立てている。

↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村




関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)