となりのレトロ


拙宅は駅から徒歩で15分ほどの住宅地に中にある。この周辺は戦後から昭和30年代初めに宅地開発されたと聞く。宅地開発といっても40年代に入ってからの計画的かつ大規模なものではなかったようだ。子供の頃にはまだ桑畑も多く見られた。家々の区画も大小さまざま。その後建替えられた家も多いが、今となっていは昭和レトロ色濃厚な家も多い。ブロック塀ではなく生垣の家もまだまだ顕在だし、戦中から戦後に南洋趣味として流行った棕櫚(シュロ)の木も多くの家先に見られる。歩いて国道沿いに出ると古い銭湯がまだ営業中で、今時珍しく山のように積みあがった建築廃材をボイラーで燃やしている。その様はまるで工場廃墟のよう。その横には新しい牛丼屋が店を開いた。ファーストフード店も50年後には平成レトロな風景になるのかしらん。


hause2_(640x480).jpg  hause_1(640x480).jpg


R0010605 (640x480)  R0010585 (640x480)


R0010561 (640x480)  R0010551 (640x480)


R0010591 (640x480)  R0010607 (480x640)


R0010602 (640x474)





↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村




関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)