本年述懐 <音曲編>



きょうの当地群馬県南部は寒いながらも陽射しにも恵まれ穏やかな一日だった。朝ちょっと用足しで近所のショッピングセンターに行くと早い時間から買い物客で混雑していた。きょうは大晦日。格別の感慨もないが、静かに行く年を惜しみましょうかね。さて本年の述懐。きのうの<六弦編>に続いてきょうは<音曲編>を。
実のところCDやレコードの新規購入は年々少なくなってきた。今年買った盤も数えるほどだ。そもそもまともに聴いていない手持ちの盤も多いし、話題の盤を追いかける気分にもならず、限られた盤を繰り返し聴き、ときどき今まで未開拓だったジャンルに手を染める程度だ。さて今年よく聴いた盤はどれかを棚を見回して並べてみた。

RIMG0004r.jpg


<ピアノ曲>
若い頃はオーケストラ作品ばかりを聴き、ピアノ曲にはまったく興味がなかったが、これも加齢のせいか近年はよくピアノ曲を聴く。マレイ・ペライアの弾くバッハは昨年もよく聴き、今年は新しい盤が1枚増えた。中庸をいく解釈と素晴らしい録音で安心して現代のバッハを楽しめる。グールドのボックスセットは折にふれ何を聴くか迷った晩によく手を伸ばした。彼のバッハだけでなく、モーツァルト演奏の素晴らしさも再認識した。

<近代ラテン系>
モンポウ、レスピーギ、トゥリーナといった近代ラテン系作品(それもややマイナーな)は、最近になってよく聴くようになった。多くのラテン系作家がフランスで学んでいることもあって民族色はほどほどに抑えられ、フランス近代の軽みと洒脱さを合わせもった曲が多い。このジャンルはこれからもう少し聴き進めたい。

<管弦楽>
オーケストラ曲では昨年からの続きでハイドンの交響曲をよく聴いた。全104曲のボックスセットを買ったのはもう8年も前のことだが飽きずに聴いている。つい最近ハイドンのオラトリオやミサ曲を集めたセットを手に入れ、これも通勤の車中で聴き通した。そのほかは、9月に亡くなったクルト・ザンデルリングやオットマール・スウィットナー、クラウス・テンシュテットなどメジャー路線からやや外れたものの実力ピカイチの物故した指揮者達の盤を繰り返し聴いた。いずれも独墺系の重心の低い音楽作りをする素晴らしい指揮者だった。

<ギター>
10枚組の格安ボックスセットが出たこともあって、ジュリアン・ブリームのギターを久々にまとめて聴いた。60年代から70年代のスタンダードのギター演奏を再認識。近年のクラシックギターは19世紀以来の西洋音楽の流れに位置する曲のプレゼンスがやや薄れ、現代風の楽曲、それもほとんどポップスやフュージョンテイストのものが人気を得ている。クラシックギターの「クラシック」という文字は早晩無くなってしまうかもしれない。

<その他>
ジャズも各社が廉価盤をせっせと出すので、買いぞびれていた50年代の名盤をいくつか買った。他には平賀マリカ他『ジャケ買い』を少々。由紀さおりのブレイクはファンとしては今後のシリーズに期待が高まる。昭和歌謡をたっぷり歌ってほしいものだ。


…と、こうして回顧してみたが、中身の薄い実に体たらくの音盤ライフだ。以前の記事にも書いたが、三千枚を越える手持ちの盤を百枚程度にリストラし、あとはFM放送から流れる音楽をそのときどきで聴いて楽しむというスタイルにしようかと思案している。それを実行に移せないのは、まだいささかの物欲が残っているせいだろうか。

あと数時間で今年も終わり。
このブログへのアクセスはこのところ一日60~80。『拍手』も少なくなったなあと思っていると、ときどき一日で何十もの拍手が入ることもあった。10月には一時FC2ブログのクラシック音楽鑑賞のランキングで一位になったこともあった。そんなこんなのこの一年。さて最後を何で締めくくろうかと考えたが、ベートーヴェンの第九交響曲の三楽章にするかどうしようかと悩んだ末、これも広義の音曲、落語「芝浜」の音源を貼って今年最後に記事を閉じることにする。先日亡くなった立川談志の名演も捨てがたいが、ここはひとつすっきり明るく口跡のいい志ん朝の音源でゆく年を送ろう。
この一年ときに応じて駄文にお付き合いただいたみなさんに感謝いたします。
ありがとうございました。よいお年を。




こちらは絵付きです。
http://www.woopie.jp/video/watch/036d04a67f0f1189


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

本年述懐 <六弦編>



きょうあすで今年も終わる。ありきたりの表現だが長いようで短い、短いようで長い一年だった。三月の震災を起点にするとあっという間の感が強い。公私共に思い悩む事も多々あったが、こうして年の瀬にぬくぬくとPCに向かっていられる幸せを素直に感謝しよう。
さて本年述懐。きょうはブログタイトルのうち<六弦編>、すなわちマイ・ギターライフを振り返る。クラシックギターを始めたのは1970年高校一年のときだから、足掛け四十年ということになる。といっても長いブランクもあり、本格再開したのは数年前のことだ。そんな中、今年は我が六弦人生において中々実りの多い一年だった。


■ 三十年ぶりに人前で演奏
ひょんなことでソーシャルネットワークサービスmixiの仲間内で開く発表会に参加することになった。発表会は毎月各所で開かれるのだが、今年は3月からこれまでで計5回参加した。学生時代や社会人になって間もなくの頃何度かちょっとしたステージを踏んだが、以降はまったくのコタツギタリスト状態だった。久々に人前に弾いてみると、自宅で難なく弾けていた曲でボロボロになり苦杯をなめた。若いときと違って妙に心理的プレッシャが加わることを実感。それでも場数を踏むうちに最近はいくらか落ち着きを持って弾けるようになった。12月には隣り町高崎で行われた300名ほど入った演奏会で主催者のI先生と二重奏を弾く機会もあった。

IMG_0651.jpg  3曲お披露目しました


■ 旧友Y氏と三十年ぶりに再会
これもmixiが取持つ縁で、高校・大学を通じて1年先輩だったギター仲間のY氏と三十年ぶりに再会した。彼は学生時代からギターの名手であったが、加えて今では楽譜や楽器他ギター全般の博学ぶりと古い楽器のコレクションは、おそらく日本でも三本の指に入るだろう。彼とは2月に再会し3月にはmixiの発表会でパガニーニの『ソナタ・コンツェルタータ』のギター二重奏版を弾いた。7月にはJ.K.メルツの『3つの挽歌』を、8月にはメルツの再演とカルリの作品34-2『ラルゴとロンド』を、9月にはカルリとパガニーニを再演、いずれもmixiの発表会で弾いた。彼との二重奏では19世紀の古典ギター全盛期の作品を当時のスタイルで弾くべく、楽器は19世紀タイプとし弦やピッチにもこだわって演奏している。19世紀ギターはここ10年ほど一つのムーブメントであるが、二重奏はまだ珍しいだろう。

P1090330.jpg


■ 19世紀オリジナルギター入手
19世紀タイプのギターに興味を持ったのはギターを再開し始めた2002年頃だったろうか。オリジナルの入手は無理と思い、19世紀ギターの製作で知られていた盛岡の水原洋氏に注文してラコートのレプリカを作ってもらった。しかし近年はあまり手にすることもなく、手放そうかなと思っていた矢先に上記のY氏と再会。彼と19世紀ギターで二重奏をすることになって再び手にすることになった。その後彼のつてで古楽器奏者の竹内太郎さんと知遇を得て、19世紀当時のオリジナル楽器を紹介していただき5月に仏ラミー社のギターを手に入れた。時代を経た音といったらいいだろうか、100年以上の時を経て生き残った楽器から繰り出される音は、弾き手の感覚を自然と19世紀ヨーロッパ古典音楽の世界に引き込む。7月と10月にも縁あってオリジナルの19世紀ギターが手元にやってきた。仏系、独墺系、それぞれに味わい深い。

R0011107_s.jpg


…と振り返ってみると、ことギターに関しては冒頭書いた通り、中々実り多く画期的な一年だった。来年は出来得れば今年以上に演奏機会を増やし、ソロのきちんとしたレパートリーも増やしたい。19世紀ギターによる二重奏は発展的に継続し、オリジナル楽器の響きをうまく弾き出す奏法と演奏に心がけよう。
とうことで本年述懐<六弦編>は終了。あす大晦日は<音曲編>を予定している。

↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

朝比奈隆&大阪フィル ブルックナー 交響曲第8番ハ短調


きのう28日が仕事納め。今朝は心身弛緩し十時近くまで惰眠をむさぼった。
オーディオセットのスイッチを入れてNHKFMにダイヤルを合わせると『今日は一日朝比奈隆三昧』と称した特番を放送中。数年前からときどき放送される三昧シリーズの一環で、きょうは亡くなってからちょうど十年を迎える朝比奈隆の特集というわけだ。朝比奈信者達をゲストに迎えて、片山杜秀と山田美和子がナビゲーターと勤めて、今も番組が進行中。さきほどまで93年の録音でベートーヴェンの英雄が、今はちょっと珍しいグラズノフの交響曲から第8番が流れている。ぼくなどは朝比奈隆の熱心なファンではないが、手元にはブルックナーの盤がいくつかある。70年半ばから朝比奈隆のブルックナーは評価が高まっていた。評論家の宇野功芳氏がクナッパーツブッシュやシューリヒトと同時に朝比奈隆を強力にプッシュしたことも影響した。


RIMG0021.jpg  RIMG0023.jpg


久々に朝比奈隆を大阪フィルのブルックナーのCDをセットして聴いている。1994年サントリーホールでのライヴ録音。すでに朝比奈隆人気はピークになっていた時代だ。ライナーノーツで知ったのが、この演奏の前に当地前橋にも同じ曲目で来演している。その頃ぼくは音楽から少し離れていたので残念ながらその演奏は聴いていない。ブルックナーの8番はもう30年以上様々な演奏で親しんできたが、この朝比奈&大フィルの演奏は格別だ。すでに朝比奈&大フィルのブルックナー演奏のスタイルが確立している時期のもので、迷いも疑問もなくすべてが身体に染み付いた状態で演奏していたのだろう。音楽の構えが大きい。感情の高ぶりを発散させず、むしろ杭を打ち込んでいくように音楽を深く掘り下げることでエネルギーに満ちた強固な基盤を作りながら音楽を進めていく。音楽を耳に付きやすい横に流れるメロディーとしてではなく、重層的な構造物としてとらえているのだろう。そうしたことすべてがブルックナーに相応しい。第1楽章はやや押さえ気味に曲は進む。第2楽章はしっかりと大地を踏みしめるようなテンポのスケルツォだが音楽はよく流れていく。悠揚せまらずという言葉が相応しい第3楽章のアダージョは息の長いフレージングによく大フィルが付いていく。にわかの客演指揮ではこうはいかないだろう。手兵大阪フィルも大健闘だ。4楽章終盤では少々息切れの感がなくもないが、この曲を最後まで緊張とエネルギーを切らずに演奏するには、やはり肉とワインで育った体力が必要なのかもしれない。
朝比奈隆の演奏を様々の視点からその良し悪しを指摘することはいくらでも出来るだろうが、老境に達した一人の指揮者と彼に従い全身全霊をささげる団員達との組み合わせが結実した演奏をそういう視点で聴くものでもあるまいと思う。

朝比奈隆が晩年、シカゴ交響楽団に客演したとき映像があったので貼っておこう。
曲は大曲、ブルックナー第5交響曲の最終楽章だ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

G・グールド モーツァルト ピアノソナタ第8番イ短調ほか


先週末からの寒波が依然居座り、当地群馬県南部も気温の低い状態が続く。空調の効きがいまひとつなのか節電設定なのか定かではないが、昼間の勤務先の事務所内もかなり寒く、着る物で自衛が必要だ。といいながらも今年も残すところわずかで明日は仕事納め。きょうは午後から取引先の工場へ出向いて打合せ。夕方5時ちょうどに用件が終わったので、そのまま直帰と相成った。時間も早かったので途中国道沿いの本屋に立ち寄り、ごく安直な本を数冊買い求めた。休みの間にのんびり眺めようか。 さて夜も更けてきたが、床につく前にナイトキャップ代りにちょっとだけ音楽を聴こうかと思い、例によってグールドのボックスセットから1枚を引き当てたのは、モーツァルトのピアノソナタ集のうち、第8番・第10番・第12番・第13番の4曲が入っている盤だ。


RIMG0014.jpg  RIMG0008_r.jpg


第8番のよく知られたイ短調のソナタは、いきなり猛スピードの第1楽章から始まる。確かにこの曲の1楽章の音形からすると楽譜の指示にはMaestosoあるものの、荘重で悲劇的に奏するよりは、一気に疾走する方が相応しいようにも思える。グールドのテンポは悲しみを感じる間もなくイ短調という調性に駆られてひた走る感がある。展開部は更に激しく突き進む。そして対比するように第2楽章は美しいフレージングと適確なアーティキュレーションで落ち着いた弾きぶりを示す。
この盤で興味深いの第13番K.333のソナタだ。以前の記事でYouTubeにあった彼の演奏を貼ったが、この曲の第1楽章に6分24秒かけているYouTubeの演奏比べるとこの録音はずっと早いテンポで3分44秒で弾き終えている。これほど違うとは正直驚いた。グールドの演奏は彼なりの完成された解釈と確固たる自信に裏付けられているものと思ったが、意外にも場合によっては相当異なった解釈をするものだということを知った次第だ。

K.333の演奏を比べてみよう。
こちらはオリジナルの録音音源。1970年の録音。



こちらは映像収録用の演奏。これも60年代後半から70年代初頭と思われる。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村


関連記事

由紀さおりLOVE



だから前から言っていたのだ。由紀さおりはイイって
少し前、長らく続けてきた姉妹デュエットとしての活動をクローズすると聞き、いよいよ保守本流の歌謡曲に回帰してくれるかと期待をしていたら突然海外で大ブレイク。テレビのワイドショーにも登場するほどの大騒ぎだ。まあこの際事の始終はどうでもいい。由紀さおりのソロカムバックを熱烈歓迎しよう。ここだけの話だが、由紀さおりLOVE状態になって久しい。まず由紀さおりという名前の響きがいいではないか。由紀さおり、さおりさん、さおちゃん…なんてね。ハイ!
で、そのピンク・マルティーニとのコラボアルバム。CDショップに行くと平積み状態でしたね。そ知らぬ雰囲気で、きのうきょう始まった由紀さおりファンじゃないんだぜという顔をしてレジに持っていった。ぼくが買ってきたのは輸入盤。収録曲は同じだが曲順が違うらしい。多分輸入盤の方がオリジナルコンセプトだろうとそちらを選んだ。まあ、値段が国内盤の半額ということもあったのだが…。


RIMG0003_r.jpg  RIMG0005_r.jpg


少々危惧していた海外勢によるバックオーケストラの伴奏は、予想外に素直なアレンジで昭和40年代の歌謡曲全盛期のテイストを十分感じさせる。但しミキシングには注文有りで、もう少し由紀さおりの歌のレベルを上げてほしかった。曲によってはバックのオケが少々うるさい。
もちろん歌は文句なくいい。ラテンムード歌謡風アレンジに由紀さおりのまったりしたヴォーカルがのる『ブルーライトヨコハマ』。ヒデとロザンナよりずっと落ち着いた雰囲気の『真夜中のボサノバ』。彼女にしては低いキーでしみじみ歌い、こんなにいい曲だったかとグッときてしまう『いいじゃないの幸せならば』。伸びやで透明な歌声がぴったりくる『わすれたいのに』は当時モコ・ビーバー・オリーブが歌ったオリジナルの記憶がないのだが、こうして聴くとまったく由紀さおりのためのオリジナルではないかと思うほどだ。ボーナストラックの『季節の足音』ではスロー・ボッサのアレンジにのって穏やかに歌い、このアルバムを締めくくっている。この調子だときっと次回作が準備されているに違いない。楽しみだ。

さて今夜はクリスマスイヴ、って全然関係ないが、バンハン貼ってしまおう。

このアルバムに入っている『ブルライトヨコハマ』



『挽歌』@紅白歌合戦1974年由紀さおり26歳



1970年のヒット曲『手紙』 1992年由紀さおり44歳



同じく『手紙』の2009年ヴァージョン



こちらもお忘れなく。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

タル・ファーロウ スウィンギング・ギター


祝日のきょうは23日、ぼくの職場は出勤日。この夏に東電管内の節電対応で休みをまとめて先取り取得したため、この秋から年末までのほとんどの祝日が出勤設定となっている。それでもクリスマス週末に合わせて有給休暇を取った連中も多く、職場は何となく閑散とした一日だった。
さて週末。来週は三日間出勤すれば年末年始の休みも控えているせいか、気分もいつもの週末以上にリラックス。夜も更けてきたので、グールドのピアノを聴くか、軽めのジャズを聴くか少し思い迷って、選んだのはこの盤。タル・ファーロウのジャズギターのアルバムだ。


RIMG0009.jpg  RIMG0003.jpg


永らくクラシックギターを弾いているが、生まれ変わったらジャズギタリストになりたいと思うほど、ジャズギターも好きだ。あるいは生まれ変らなくても、明日目が覚めたら、クラシックギターかジャズギターか、どちらかの名手にしてやると言われたら、迷わずジャズギターを選ぶ。
タル・ファーロウはそう多くない白人ジャズギター奏者の一人としてして50年代から活躍し人気を得た。この盤は1956年に録音され、日本では1969年に彼が初来日する際にその記念盤として発売された。タル。ファーロウのギターと、当時のレギュラーメンバーであるエディ・コスタのピアノ、ヴィニー・バークのベースのトリオ編成。曲はいずれもよく知られるスタンダードが並んでいる。ドラムレスのため、やかましいところがなく、夜更けに聴くには好適だ。ドラムレスではあってもベースラインにのって全編よくスウィングしている。タル・ファーロウのギターは奇抜なところはないが、惚れ惚れするほど滑らかな高速スケールのアドリブフレーズを繰り出して、ジャズギターを聴く楽しみを存分に味わえる。


YouTubeにある映像は多くが晩年のもので、全盛期の彼の華麗なテクニックを聴くには不足がある。まずは音源のみだが往時の名演を貼っておく。


こちらはトミー・フラナガン、レッド・ミッチェルと組んだ演奏。80年代初頭か。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

セル&クリーヴランド管 チャイコフスキー 交響曲第5番ホ短調


今朝いつものように車に乗り込むとプリウス号の外気温計はジャスト零度。昼間も日照やや乏しく昼過ぎでも7℃ほどと寒い一日だった。週末にかけて日本列島を挟むようにクリスマス寒波・年末寒波の元凶『ふたつ玉低気圧』が通過するようで、ここ数日は寒さが続く模様。こんな気圧配置になると少々『天気フェチが入ってます』の人間としては若干Highになり、NHKラジオ第2放送の気象通報に耳を傾けたくなる。今年は今のところ暖冬からは遠く、寒い冬になりそうだ。 そういえばきょうは冬至。夕飯のあとゆず湯につかって一服。アラジンストーブで暖を取りながら、こんなレコードを取り出した。


RIMG0004.jpg  赤城山


ぼくの年代のクラシックファンには懐かしいジャケットだろうか。70年代半ばにCBSソニーからお抱え指揮者の名盤を集めた3枚組のシリーズが発売された。そのうちのひとつでチャイコフスキーの後期交響曲、第4番から第6番までがそれぞれオーマンディー&フィラデルフィア管、セル&クリーヴランド管、バーンスタイン&ニューヨークフィルの演奏で納められている。冬になるとチャイコフスキーが聴きたくなる道理に従い、今夜はこの3枚の中でももっとも気に入っているセル&クリーヴランド管による第5番を聴くことにした。
ジョージ・セルの名演については過去に何度か書いた。このチャイコフスキーの5番も期待に違わぬ素晴らしい演奏だ。まずテンポ設定がいい。第1楽章の冒頭から明確な拍節感を保ちながら揺ぎ無く音楽が進む。第2楽章はいくらでも崩すことが出来る楽章だが、ここでも実に律儀に拍を刻んでいく。それでいてソナタ形式の主題の描き分けや、2楽章の憧れに満ちたホルンソロなどは、四角四面ではない心情の揺れを感じるに十分な流れを作り出している。加えてセルによって鍛え上げられたクリーヴランド管弦楽団の抜群のアンサンブル能力と正確なピッチ、ビシッと締まった音色。まったく隙の無い名演だ。40分ほどでこの全曲を聴き終えたあと、第4番のオーマンディー&フィラデルフィア管の盤に針を落としてみたのだが、出だしから余りに締まりの無い音楽の運びに、数分も聴かないうちに針を上げてしまった。チャイコフスキーもかっちり演奏すれば、ロシア趣味のムード音楽に留まらず実に素晴らしシンフォニーであることをこの演奏は教えてくれる。


この盤の第4楽章の音源があったので貼っておく。残念ながらセルの動く姿はないが音楽は楽しめる。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村


関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)