閑話休題 ; スバル 小型スピーカー


◆富士重工のスバル

当地群馬県東部には車や電機、食品などの工場群がある。その中で歴史もあり規模も大きいのが富士重工・太田工場だ。きょうのニュースで同社で最後の軽自動車;スバルサンバーの生産が終了したとあった。同社の車はスバルの名で親しまれ、独フォルクスワーゲンの小型版;スバル360を始め、今回最終ラインオフしたスバルサンバー、メカ好きに根強い人気のある水平対向エンジンを搭載したレガシーなど、個性的な車を生産してきた。太田工場は旧中島飛行機跡地に設立され、現在も富士重工の主力工場だ。
ぼくが子供の頃、親父が最初に買った車はスバル360だった。当時昭和40年代初頭の乗用車が山道ではオーバーヒートを繰り返すことが多かった中、その名の通り360ccの空冷エンジンは中々タフで、ボンネットを開けてエンジンを冷ましている他の車を尻目にぐいぐいと山道を登っていったものだ。その数年後にはスバル1000が我が家にやってきた。水平対向エンジンのドッドッドッという音は今でもよく覚えている。地元の雇用にも貢献し、地域に愛されるスバル。軽自動車はなくなるが、これからも個性的な車を送り出し続けてほしい。





◆小型スピーカー

このところS-2Cという小型スピーカーで音楽を聴いている。写真にあるようにメインの大型スピーカー;三菱2S-305の上に載っているのがそれだ。東京神田にあるリビングミュージックという小さなオーディオ店のオリジナル品で2007年に買い求めた。現在も基本仕様はそのままで一部手を入れたモデルが継続販売されている(たいぶ値段が上がってしまったが)。当時2S-305をやめて小型スピーカーに乗り換えようといつくかトライして落ち着いたのがこのスピーカーだった。販売元のリビングミュージックへは、聴き慣れたCDを数枚持って2度足を運んで試聴した。店主のI氏は芸大の指揮科を出てミュージカルのオケピットで指揮を務めていた職業指揮者でもあり、音楽的に鳴るスピーカーの開発と販売を同店の売りにしていて、静かな部屋で音楽談義をしながら、ゆっくりと音を確かめることが出来た。

オーソドクスな小型バスレフ型だが必要十分な音で鳴ってくれる。クラシックでオーケストラを聴くときに気になる低音については、コントラバスのA線・E線の基音がそこそこ出てくれる。レスポンス的には60Hz(コントラバス3弦のド付近)は完全にOK。50Hz(同ラ~ソ付近)はバスレフのポートチューニングに合っているのでこれもよく出る。それ以下は少々レベルは低くなるが、音の存在は十分確認できるといった具合だ。B&Wの805を横に並べて比較したことがあった。低音の量感はサイズの大きな805が優勢であったが、いささかバスレフ臭さが鼻につく、ボワーッとした低音だった。中高音は805よりもむしろこちらの方が反応がよかった。

このまま小型スピーカーで聴き続けて半年文句がなければ、2S-305を処分してしまおうかとも考えている。段々年をとって、自分で移動も出来ないような大きなものとはさよならしようかという考えだ。レコードや本もそう、聴ききれない、読むこともない本を後生大事に抱えている生活にぼちぼち終止符を打とうかと思っている。

R0011659.jpg   R0011656.jpg


さて週半ばの水曜日。天気予報では雪マーク。今週もあと数日がんばろうか。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

メータ&ロスアンジェルスフィル ストラヴィンスキー 春の祭典


先週始め、『FC2ブログランキングに登録しているので、記事末尾のバナークリックよろしくネ』と書いてから、お蔭様で順調にポイント伸長。現在はこんな状態となっております。みなさんご協力ありがとうございます。引き続き、バナークリック・コメント等よろしくお願いします。

さてきょう日曜は一日冷たい風が吹き抜けた。寒暖を繰り返しながら次第に春になっていく。季節の中でいつが好きかと聞かれたら、迷わず秋と冬と答える。反対に春と夏は苦手だ。夏は物理的に、春は心理的に意気消沈する。満開の桜の下をガールフレンドと手をつないで歩いた思い出でもあればいいのだろうが、とんと縁がなかった。受験に失敗した、片思いすら敗れた、それに反して世間は浮き立つ…そんなところが原因だろうか。春の生暖かい陽気と浮世離れした光景をみる頃になると、どうもいけない。しかしそんな気分でも春になると聴きたくなる音楽もあって、きょう取り出したストラヴィンスキー『春の祭典』などはその一つだ。もっともこの曲、というよりは元のバレエそのものが、春爛漫の享楽とはほぼ遠い内容だ。この曲あるいはバレエ同様、春にはどこか妖しく、残酷かつエロティックな空気がある。


R0011655.jpg   R0011652.jpg


さて、ほぼ1年ぶりで春の祭典を聴こうと思い、レコード棚からメータとロスアンジェルスフィルの盤を取り出した。ズービン・メータが同オケのシェフとして全盛期を築いたのは1962年から1978年。この録音はその半ば1967年に録られていて、その後70年代を通じてこのコンビのシンボル的録音として人気を博した。写真の盤は社会人になった1978年に『ツァラトストラはかく語りき』との2枚組で出た際に買い求めた記憶がある。ジャケット裏表紙の写真をみると、アメリカ楽壇のパトロンとして重要な役割を果たす社交界マダム達を熱狂させたエキゾチックで精悍なマスクもあって懐かしい。

久々に針を降ろしたのだが、演奏・録音とも色あせることなく素晴らしい。そもそもこの曲を録音しようという団であれば、難曲とされるこの曲にも自信をもって臨んでいるだろうし、40年以上前とはいえアナログ録音技術の完成された時期の英デッカによるセッション、悪かろうはずもない。
冒頭、大地礼賛の序奏でファゴットがテーマを奏で、それに木管群が次第に絡んでいくあたり、各ソロ楽器の聴こえ方がホールでの実演に近い。ほどよい距離感と左右の広がりが見事に再現されている。主部に入ってからの切れ味のいい弦楽群や決め所で現れるグランカッサやティンパニなどの一撃もいいバランスで聴こえてくる。第二部は静かなラルゴの夜の音楽で始まる。フルートやヴァイオリンのソロで官能的なメロディーが現れ、次第に音楽は熱を帯びていく。トランペットの印象的なメロディーでいけにえの儀式が始まり、曲はクライマックスへ向かう。
久々に聴いて、初演の際の騒動はさもありなんと思いつつ、21世紀の今聴くと整然とした古典になりつつあるなあとも感じた。


80年代初頭のN響の懐かしい面々。
そして変拍子と5管編成の複雑なオーケストレーションのこの難曲を暗譜で振る当時48歳の岩城宏之。




こちらは同じ部分のバレエの様子だ。





↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

ベーム&ベルリンフィル シューベルト 交響曲ハ長調<ザ・グレート>


2月最後の土曜日。昼をはさんで野暮用外出。少し前に帰宅して一服したところだ。昨夜から降り出した雨が午前中あがったものの、外はどんより曇っている。夕方までの時間、のんびりとレコード聴いて、ギターも少しさらいましょうか。


008.jpg   004.jpg


きょうも続けて60年代のベルリンフィルを聴くことにし、カール・ベームが振ったシューベルトの交響曲<ザ・グレート>を取り出した(番号の付し方で諸説あって混乱するので、ここでは<ザ・グレート>としておく)。録音は1963年@イエスキリスト教会。カラヤンの耳とまで言われたギュンター・ヘルマンスが録音技師を担当している。60年代のベルリンフィルはもちろんカラヤンの時代になっていたわけだが、その前後に残されているカラヤン以外の指揮者との録音には名演が多い。ベーム、フリッチャイ、クリュイタンス、マゼール、クーベリク、ケンペ…。多分この時期のベルリンフィルは誰のものとでも最高のパフォーマンスを発揮し、しかも戦前からの伝統的な色合いを残した演奏が可能だったのだろう。レコード会社もそういうベルリンフィルを使って録る盤には、それに相応しい指揮者を選んだに違いない。

さてベームのシューベルト。久々に針を降ろしたのだが、期待に違わぬ名演だ。60年代ベルリンフィルの素晴らしさが堪能できる。弦パートを中心にした完璧なバランス、よくまとまったアンサンブル、指揮者の意図を明確に把握し具現化する合奏能力、いずれもこの時代にあっては抜きん出ていたに違いない。ベームというと晩年のウィーンフィルとの演奏がインプットされているぼくら世代には、60年代のベルリンフィルとの演奏は実に新鮮だ。テンポは総じて速く、音楽の作りは少々荒削りかとで思わせるほどだ。カラヤンのようにフレーズを磨き上げ、レガートにつなぐといった手法の正反対。実はこの盤を取り出したとき、のんびりしたテンポの退屈な1時間が待っているのかと予想していたが、ものの見事に予想は外れ、A面・B面一気呵成に聴いてしまった。
第1楽章は冒頭こそじっくりとしたテンポながら、主部に入るとグイグイと加速して飽かずに聴かせる。結尾部で冒頭の主題がグッとテンポを落として戻ってくるところなどは抜群の効果をあげている。第2楽章も指定のアンダンテより速めの設定。弦も木管もフレーズの入りが明確で、ややアクセントを付けて入ってくるのが特徴的だ。終楽章も冒頭からドライブ感満点で、ベルリンフィルの高い合奏能力が発揮され、いささかもゆるんだところがない。ベームは60年代がベストという人が多いが100%賛同したい。


同曲第2楽章のリハーサルの映像があったので貼っておこう。オケはウィーン交響楽団とある。
途中1分27秒から本番演奏に切り替る。1分57秒、2分5秒のフォルテ指示でみせるしぐさは晩年と同じ動きで懐かしい。エア・コンダクターでベームのまねをする際はこのアクションが必須だ。




こちらは上の映像の本番全編。1966年録音と思われる。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

フリッチャイ&ベルリンフィル ベートーヴェン 交響曲第5番


さすがに2月も下旬。さしもの冬将軍も退散しつつあるのか、このところひと雨ごとに気温も上がってきた。きょう木曜日も昼間は10℃を越えた。ただ夕刻からは低気圧が通過に合わせて強い風が吹いている。気温は再び低くなりつつあるものの春の嵐に近い感じだ。
さて、強引な呼びかけとお願いが奏功し、おかげさまでFC2ブログランキングは赤丸急上昇中であります。ほぼ見込み通り、このまま行くと週末には首位獲得かなという状況。感謝感謝。何のお礼も出来ず恐縮です、ハイ。引き続き、宜しくお願いいたします。

今週、通勤車中リスニングのクリュイタンス&ベルリンフィル;BPOのベートーヴェン全集も木曜日の帰途で聴き終えた。何しろ片道36キロ。1時間はかかる道のりゆえ、行き帰りで2枚近く聴ける勘定だ。一昨日の記事にはコメントを2ついただき、そのいずれもがクリュイタンス&BPOの演奏を絶賛するもの。書いた本人もあらためて心強く思った次第。で、勢いに任せて50年代後半から60年代初頭のBPO全盛期の盤を聴こうと、フェレンツ・フリッチャイの盤を取り出した。


R0011633.jpg   R0011639.jpg


ハンガリー生まれのフリッチャイについては何度か記事に書いた。特に晩年BPOと入れたステレオ録音はいずれもスケール感豊かで聴き応え十分だ。手元には懐かしい独グラモフォン系の廉価盤レベル;ヘリオドールシリーズのLPをはじめ、近年になってCDで出た際に買い求めた盤がいくつかある。今夜聴いたのはベートーヴェンの第5番。手持ちのCDでは第7番とカップリングされている。
このベートーヴェンでも前回書いたクリュイタンス盤同様、まず60年代初頭のBPOの音が素晴らしくいい。安定した低弦、よく整って緊張感のあるヴァイオリン族、全体の調和を重んじた吹きぶりの木管群、やや暗めの音色ながら底力のある金管群等々。まだフルトヴェングラー時代の名手がみな残っていた時代であったし、国際化の名のもとに均質化してしまった昨今とは違う、一本筋の通った独逸の音が聴ける。この第5番の録音は1961年9月。50年代後半から白血病に侵され幾度となく手術を繰り返したフリッチャイは、この録音を録り終えたあと年末には再び病状悪化。ついに指揮活動を断念することになった。
そんな当時のフリッチャイの状況が映し出されているのかどうか分からないが、ともかくこの5番は気宇壮大だ。遅めのテンポ、テヌートの効いた音価、後ろ髪を引かれるようなアウフタクト…とかく熱っぽさと勢いで突き進んでしまうこの曲の隅々まで克明に描き出していく。一般の指揮者が10分前後で終える第2楽章のAndante con motoに13分かけて丁寧に変奏を弾き進めている。ゆっくりしたテンポで緊張感を保つのは指揮者ばかりでなく団員全員にとっても精神的・肉体的に辛い作業のはずだ。このテンポで終始音の密度と緊張感を持続させるベルリンフィルの力量も文句なしだろう。

このコンビのベートーヴェンは3番、5番、7番、9番がステレオ録音で残っている。他にはドヴォルザークやチャイコフスキーも素晴らしい。願わくばこのコンビでブラームスの交響曲を残してほしかった。


第5番第2楽章の前半。当然ながらオリジナルのCDはもっとずっといい音質です。



こちらはベルリン放送交響楽団とのモーツァルト;アダージョとフーガ。



■以前の記事にはリハーサルでの姿も■


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

クリュイタンス&ベルリンフィル ベートーヴェン 交響曲全集


前回の記事でFC2ブログランキングのことを書き、バナークリックをよろしくと書いたところ、一昨日100点、昨日70点が加算されました。この与太記事ブログにお付き合い、またバナークリックまでご協力いただき、ありがとうございます。今後も本ブログへアクセスの折には、コメント・バナークリック・拍手のほど宜しくお願いいたします。

さて、今週の通勤車中リスニングはまたもベートーヴェンの交響曲。これまでこのブログではベートーヴェンの交響曲全集を3つ(スウィトナー&シュターツカペレベルリン、クレツキ&チェコフィル、コンヴィチュニー&ゲバントハウス)取り上げた。実は予備軍はこの他に10組以上ある。折にふれて取り上げていきたい。で、今回はアンドレ・クリュイタンス指揮ベルリンフィルハーモニーよる全集録音。


R0011626.jpg   R0011627.jpg


手持ちのCDボックスセットは10年ほど前に出た際に購入。当時もウソ!というくらいの激安プライスだったが、今もパッケージを変えて入手可能。相変わらずの「持っテケ泥棒!」的な値段だ。ぼくら世代には70年代セラフィムシリーズの廉価盤で出ていた緑色ジャケットのLP盤でもお馴染みだ。録音は1957~1960年。すでにベルリンフィルのシェフはカラヤンの時代になっていたが、そのボスを差し置いて、ベルリンフィルにとっては初めてのステレオ録音でのベートーヴェン全集となった。
クリュイタンスと聴くとベルギー/フランス系指揮者というプロフィルからして、ベートーヴェンは?と思う向きもいるだろうが、実はワグナーとはじめドイツ音楽にも精通し、彼の指揮するベートーヴェン・チクルスはチケットがすぐに売り切れたと、何かの本で読んだことがある。実際このベルリンフィルとのベートーヴェンも素晴らしい出来栄えだ。

まずベルリンフィルの音がいい。きのうまでに第2番、4番、9番、序曲をいくつか聴いたのだが、いずれも重厚かつしなやかな音色で、その後のカラヤン時代やその前にフルトヴェングラー時代いずれとも違う音色感だ。弦の響きはしっかりした低弦群に支えられたピラミッド型のエネルギーバランスだが、けっして重くはなく、ヴァイオリン系はピッチがよく合い整っていて、絹糸をつむぐようにしなやかに響く。木管や金管はやや渋めの音色で弦とよく調和して申し分のないバランスだ。それらととらえた録音も、独グラモフォンのそれとは違い、ステレオ感を左右いっぱいに広げ、中高音に少しだけピークを持たせている。そのあたりがヴァイオリン系のシルキーでしやなかな音色につながっているのだろう。

クリュイタンスの解釈は細かなアンサンブルにはほとんど頓着せず、曲の流れと大きなフレージングを重視している。縦のアインザッツは深く、バンッ!でもズワンッ!でもなく、ズワ~ンッと響く。こうしたアンサンブルの特徴はエグモント序曲の冒頭などを聴くとよく分かる。第2番の第2楽章や、第9番の第3楽章などの緩徐楽章は取り分け素晴らしい歌にあふれている。ワルターもかくやと思わせるほどよく歌う。テンポも総じてゆっくりめで、第9番にいたっては73分を要している。フルトヴェングラーのバイロイト盤並だ。ベートーヴェンの交響曲全集はあまたあるが、往時のベルリンフィルの素晴らしい音色と、クリュイタンスの重厚かつしなやかな歌いっぷりを楽しめるこの盤は、録音から半世紀経った今でもバリバリの現役イチオシだ。


クリュイタンス&ベルリンフィルのエグモント序曲。冒頭のユニゾンの重厚さ、3分ちょうどから3分10秒あたりの低弦群の迫り来る迫力(5分35秒からも同パターン)、4分20秒あたりからの木管群受け渡し。フルートは当時の首席オーレル・ニコレか…聴きどころ満載の名演だ!




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

G・グールド ベートーヴェン ピアノソナタ第30・31・32番


ところでこのブログ。環境を提供しているFC2というポータルの中の『クラシック音楽鑑賞』というジャンルのランキングに登録している。このブログを訪れた方がブログ記事の下にある<クラシック鑑賞>というバナーをクリックすると10点が加算され、1週間にクリックされた点数でランキングが出るという仕組みだ。ランキングが上がったところで何がどうのということではないのだが、夏休みラジオ体操のスタンプのようなもので、点数が上がると単純に喜ぶ。縁あってこのブログにアクセスしていただいている方のうち十人に一人くらいが毎日クリックしてくれるだけで、トップになれる計算だ。というわけで、駄文にお付き合いしたあとは記事に最下部にある<クラシック鑑賞>のバナーをクリックしていただけるとうれしい。

さて日曜は前日までの寒さが去って気温も少し上昇、穏やかな休日となった。もうまもなく日付けが変わる時刻。これといって音盤を取り出すほどの気分にもならないが、せっかくアンプも終日電源を入れっぱなしだったので、オフする前に1枚だけ聴くことにしようか。


R0011618.jpg   R0011616.jpg


例のグールド・ボックスセットの中からその2枚目にあるベートーヴェンのピアノソナタ集をピックアップした。第30・31・32番というベートーヴェンの最後期の3曲が収録されている。録音は1956年でグールドの盤歴の中では初期にあたる。ベートーヴェンのピアノソナタは第29番『ハンマークラヴィーア』で頂点に達したといっていいだろう。その後の最後期の作品となった30番から32番は、29番に比べると規模や構成は小さくなり、反面、簡素の構成の中で精神性と叙情性がより深みを増している。特に31番と32番などはその趣きが一段と際立っている。31番の第3楽章は深い美しさをもった旋律とそのあとにベートーヴェン後期の特徴的手法でもあるフーガが続く。最後のピアノソナタとなった第32番も第1楽章こそベートーヴェンらしい激しさも現れるが、第2楽章はやはり静かな歌とその変奏が続き、全体としては静寂が支配する音楽だ。叙情性と対位法的扱いあるいは変奏形式は、深く静かに瞑想しながら曲の核心にせまるグールドの一面によく合うように思う。

YouTubeでグールドのベートーヴェン演奏を見つけていたら、メニューインと合わせているベートーヴェンのヴァイオリンソナタ第10番ト長調の演奏があった。この演奏、グールドは暗譜で弾いている。一般的にはヴァイオリンの伴奏パートとしてのピアノを暗譜で弾く奏者はまれではないか。もっともグールドほどの才人であれば、少しさらっただけで暗譜も可能だろう。が、それ以上にグールドが曲を理解し、深き入り込んでいる証拠ともいえる。実際この映像を見ると、彼のピアノは伴奏の域を超えていて、本来主役であるはずのメニィーインのヴァイオリンを完全にくってしまっているように感じる。もっともメニューインも神童といわれたデヴュー時代とは違い、まだ若いにもかからずすでにこの時期にはもう第一線級とは言いがたくなっていた頃だ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

中森明菜 クリムゾン


きのうの土曜日は昼過ぎから野暮用で外出。日暮れ少し前に帰宅した。週末の気安さで夕飯のあとダラダラとしていたら、気付けばもう日付けが変わっていた。夜半の珈琲タイム。18世紀ベネチア音楽から脈絡なく跳んで中森明菜1986年のアルバム『クリムゾン』を取り出した。


R0011607.jpg   R0011609.jpg


このアルバムは彼女の盤歴の中で異彩を放つ。楽曲は竹内まりあと小林明子が提供しているものだけで構成されていて、『女性作家による女性の心模様を表現したものだ』と、ある資料にあった。時代はバブル突入前夜という頃。都会の女性たちは仕事を持ち、自ら歩き、恋をし、時代の空気が自分たちのものであることを感じていた頃だったろう。そうした中、デヴュー当時のアイドルポップスから抜け出て、大人の女性が共感する歌をうたう存在としての中森明菜が出来上がる。
実際、冬のさなかのこんな時間に聴いて違和感なく、男の、しかもすっかりオジサンの人間がいささかの共感を持って聴くことができるアルバムだ。曲そのものもそうだが、アレンジも当時流行のフュージョンテイストをベースにしながら決して騒がず、ポップな和製AORという感じに仕上がっている。このブログを以前からのぞいてくれている輩には、またかと言われそうだが、この盤に収録された『駅』は何度聞いてもグッとくる名曲だ。曲を提供した竹内まりあも歌っているが、中森明菜の方が数段いい。この1曲だけでもこのアルバムの価値は失せることがない。『難破船』同様、聴くたびにその後の彼女の数奇な運命と重ね合わせ、明菜がんばって~と叫んでしまいそうになる。

『駅』@1997年ライヴ



2002年のアルバムに収録されたヴァージョン。千住明のアレンジが秀逸だ。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)