コシュラー&スロヴァキアフィル モーツァルト序曲集


昼前から強風が吹きつけている。首都圏のあちこちでは風の影響で鉄道の運行遅延が発生。天気図をみれば発達した低気圧が日本列島を横断中。この時期によるある春の嵐だ。幸い家の中にいれば窓の外の揺れる木々の様子を眺めながら安穏としていられる。 さて昨晩ハナキンの夜は少々帰宅が遅く、夜半も睡魔に襲われ例によってソファで爆睡してしまった。今週はあれこれ慌しく疲労度MAXだったのでいたしかたない。昨晩の惰眠を取り返すべく、外の嵐をよそにアンプの灯を入れレコードを聴くことにした。


R0011789 (480x480)   R0011786 (480x480)


先日久々に聴いたコシュラーとスロヴァキアフィルの演奏をトレースしよう、同じコンビによるモーツァルトの序曲集をターンテーブルにのせた。1978年ホーム;スロヴァキアホールでの録音。収録曲は以下の通り、モーツァルトの主要オペラ序曲が収められている。
 1.ドン・ジョバンニ
 2.コシ・ファン・トゥッテ
 3.フィガロの結婚
 4.魔笛
 5.後宮からの逃走
 6.劇場支配人
 7.イドメネオ
 8.皇帝ティトスの慈悲
ぼくは熱心なモーツァルトファンでもなく、ましてや彼のオペラを日頃から愛聴することもないが、管弦楽曲としての序曲はときどき聴きたくなる。モーツァルトの序曲というとフィガロの結婚序曲がもっともポピュラーだろうか。内外オーケストラが当地のようなローカルで演奏する場合にモーツァルトの序曲がプログラムにのるとしたら、その9割はフィガロだ。まあしかたないかもしれないが、ときには魔笛やドン・ジョバンニをやってほしい。その点この盤はドン・ジョバンニ序曲で始まる。針を落とすときの期待感も高まるというものだ。
冒頭の和音、そしてヴァイオリンによる不安げなモチーフによる導入部。ドン・ジョバンニ序曲の開始はいつ聴いてもわくわくする。コシュラーとスロヴァキアフィルの演奏は、前回記事にした交響曲の25番・41番の録音に比べると、弦のアンサンブルにいくらか荒いところがあるし、木管群のアインザッツも唐突に入ることがある。ウィーンフィルやベルリンフィルなら、もっと緻密かつそつなくアンサンブルを整えるだろう。もっともそんな重箱の隅をつつくような聴き方をしたいわけではなく、こうした違いをぼく自身は優劣というよりはオケの味わいとして聴きたい立場だ。このコンビによるこの序曲集の演奏は、練りに練ったというよりは、オペラの劇場公演現場の演奏をそのまま持ち込み、ほとんど編集無しのワン・テイクで録った印象がある。また録音にも飾ったところがなく、オケの素の音が聴こえてくる。コシュラーの音楽作りは交響曲と共通していて、相変わらず各パートが明瞭に分離し、幾分短めのフレージングで若々しく曲を進めている。こうした要素が重なり、この盤はボヘミアン・モーツァルトとしてのローカルな味わいにも通じる演奏になっている。ドン・ジョバンニのほか、劇場支配人や皇帝ティトスの慈悲も聴き応えのある名曲そしてわずかに土の匂いを感じるよい演奏だ。


コシュラーから離れるがフルトヴェングラーのドン・ジョバンニを貼っておこう。
最晩年1954年ザルツブルク音楽祭での貴重なカラー映像だ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

ポーギーとベス/エラ&ルイ


ようやく暖かくなってきた。
きょう昼間、関東地方は18℃前後まで気温上昇。午後から都内出張に出向いたのだが、コートは持たずに出かけ正解だった。9時過ぎに帰宅。今週は社内イヴェントやら送別会やらで帰宅時間も不規則かつ遅く、身体もいささかバテ気味だ。そうこうしているうちにあす金曜日で3月も終わり。仕事も期末期日そして年度初めの来週から即対応要のものもいくつかあり、こちらも頭痛の種だ。まともに構えて音楽を聴く気分にもならないのだが、オーディオアンプには定期的に灯を入れたほうがよかろうと、ラックスマンL-570のスイッチをオンにして、こんな盤をセットした。


R0011779 (480x480)   R0011782 (480x480)


エラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングが歌うガーシュインの傑作オペラ『ポーギーとベス』のアルバムだ。1957年の録音。ストリングスと含むビッグバンドオーケストラをバックに、エラとルイが名曲の数々を歌っている。もちろんルイのトランペットをフューチャーした曲も入っている。
何とも味わいのあるアルバムだ。ジャズの手法を入れたクラシックという域に留まらず、20世紀ポピュラー音楽のベースにもなったガーシュインの曲が極上なのはもちろんだが、ヴォーカリストとしてのエラの歌唱はクラシック畑のオペラ歌手にひけをとらない伸びやかで表情豊かな歌いっぷりだし、ルイ・アームストロングの歌は正にワン・アンド・オンリー。あの独特の声だが、それが実に暖かく柔らかい。特に二人で歌う『サマー・タイム』そして『ベス、お前は俺のものだ』は最高だ。『なんでもそうとは限らない』ではエラ得意のスキャットも楽しめる。上質のエンターテイメントとはこういうアルバムをいうのだろう。


エラとルイの歌う『ベス、お前は俺のものだ;Bess,You is my woman now』



同じ曲のオペラ版



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

閑話休題 ~焼肉・C1000・ギター演奏~


今夜は社内同僚数名と4月の社内部門間異動の送別会という名目で飲み会。勤務先近くの評判のいい焼肉屋に赴いた。たまには『今夜は控え目にしておいた』を書いてみたいところだが、きょうもこれでもかというくらい食べ、空き皿の山を築いてしまった。嗚呼…
ところで、ぼくは焼肉を食べたあとは不思議と酸味の利いた飲み物がほしくなる。きょうも帰宅途中のコンビニでC1000ドリンクを買い求めた。『タケダのC1000』と思っていたら、いつのまにかメーカー名が『ハウスウェルネスフーズ社』に変っていた。武田食品工業とハウス食品との業務提携から発展して2006年に設立された会社のようだ。なるほどね。


R0011778 (480x480)   rurarusannoheya_chirashi (338x480)


帰宅後風呂あがりにC1000をグッとやりながら、今週末4月1日、とあるステージで演奏する曲の楽譜を確認。隣り町高崎市のボランティア団体が主催するチャリティコンサートに出演するギター指導者;石原昌子先生の二重奏相方を務める予定だ。去年12月の演目再演と、主催者側の要請でビートルズの曲を1曲演奏予定。まだ2度ほど合わせただけで、今週末のもう1度合わせて本番を迎える予定だ。さて、どうなりますか。


きょう焼肉をつつきながら、ふとある歌を思い出した。
かれこれ十年近く前に巷間話題になった曲だ。これを貼って今夜の焼肉三昧のエンディングとしよう。
それではみなさん、おやすみなさい。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

ユゲット・ドレフェス バッハ フランス組曲&BWV992


会社帰りの車中ラジオで今夜はミニ天体ショーが見られると聴き、信号待ちで西の空を眺めると話の通り金星・月・木星が縦一直線に並んでいた。帰宅後手持ちのデジカメで撮影。ズームの効かない広角単焦点レンズなのでアップは出来ず雰囲気だけだが。

R0011761.jpg


さて、今夜は風もなくいやに静かな月夜の晩だ。ギターの練習でもと思ったが、あまりに静まり返っているのでガサツな音が出す気にもなれず、レコードを1枚聴くことにした。こんな晩に相応しい盤はしばし考え、選んだのがこの盤だ。

R0011774.jpg   R0011772.jpg

ユゲット・ドレフェス女史の弾くバッハ;フランス組曲。1972年録音のアルヒーフ盤だ。これもたしか大阪梅田の中古レコード店で買い求めた。それにしてもアルヒーフ盤はいつ見ても格調高く、静かなたたずまいのジャケットが素晴らしい。アルヒーフ盤など、かつては高価ゆえに中々手が出なかったものだ。今ならワンコインで手に入る。
1754年パリ;アンリ・エムシュ作のチェンバロで奏でられるフランス組曲は、日頃聴きなれたグールドやヘブラーなどのモダンピアノ版の比べ遥かに繊細でインスピレーションに富み、静かに語りかけてくる。モダンピアノだと向こうからやってきて聴かされる感じになるが、チェンバロはまったく逆だ。こちらから耳を傾けたくなる。だからオーディオのボリュームも無闇に上げるべきではない。実際チェンバロの生音はモダンピアノ比べたらずっと小さい。繊細と書くと何か消極的で雄弁さを持ち合わせないように聞こえるかもしれないが、そういうことではない。音楽の語り口は極めて多彩だ。バロックには必須の装飾音が重くならなし、またジーグなど付点音形のフレーズで音の歯切れがよく、リズムの躍動感にも富む。豊かな歌に満ちた第2番、大きく充実した第6番、いずれの曲もそれぞれに味わい深い。そしてこのドレフェス盤にはBWV992『最愛の兄の旅立ちに寄せるカプリチオ』が収められている。バッハ唯一の標題音楽とされ、また彼のもっとも初期の鍵盤曲だいう。別離の悲しみをこめた第1~3楽章、終楽章は明るい小フーガで締めくくられる佳曲だ。


ドレフェスの弾くフランス組曲第1番


BWV992のリュートアレンジの音源があったので貼っておく。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

コシュラー&スロヴァキアフィル モーツァルト 交響曲第25・41番


朝から太陽が出たり引っ込んだりと落ち着かない天気。陽光まぶしいというほどではないが、寒さもいくらか後退し、部屋の中は暖房なしでも快適に過ごせる。日曜の昼下がり。先日のスラヴ舞曲の記事に対してnarkejpさんが寄せてくれたコメントの中に、ノイマンと同じくチェコの指揮者ズデニェック・コシュラーの名前が出てきたの思い出し、彼の盤を取り出した。


R0011754.jpg   R0011751.jpg


コシュラーは1928年生まれ。1956年のブザンソン指揮者コンクールで優勝している。ちなみに小澤征爾の優勝が1959年。チェコを中心に活躍し日本のオケにも度々客演した。スター性とは縁がないものの堅実で中庸を心得たマエストロという印象であったが、残念なことに1995年に67歳で急逝した。この盤は1983年に当時の手兵スロヴァキア・フィルを振って録音されたもので、この前後に多くの録音を残した。当時からコシュラーに思い入れがあったわけではなく、この盤も以前も書いたように、ネットで知遇を得た方からLP盤を格安で箱買いした中に入っていた。

久々に針を落としたのが、音が出るまでもっと貧弱でローカルな雰囲気の演奏かと勝手に想像していた。しかし41番の出だしが恰幅よく響いてきたのに少々驚き、勝手な想像は見事に外れた。まず急がずもたれずのテンポがいい。そしてフレーズの描き出しが明確だ。埋もれがちになる中声部がクリアに聴こえてくる。録音というよりはコシュラーが意図的にコントロールしているに違いない。ちょっとした木管の経過句や対旋律に気付かされ、こんなフレーズがあったのかと身を乗り出してしまった。こうした演奏と比べるとカラヤンの一時期の演奏などはまるで団子状態で、マスの響きだけに終始しているように聴こえてしまう。コシュラーの明晰な音楽作りは、フーガを駆使して各声部が絡み合う終楽章で特に効果をあげ、まったく隙のない演奏に仕上がっている。
25番ト短調もいい演奏だ。コシュラーの解釈はあくまでまとまりのあるシンフォニーとしての音の組み立てを重視している。そしてアクセントやモーツァルトで重要な倚音や係留音の扱いが丁寧かつ明快だ。この曲はもっと悲劇性を強調したりアグレッシブに演奏することは容易な曲だろうが、このコシュラーのバランス感覚は素晴らしい。これをもって中庸という言い方をされるならば、中庸おおいに結構だろう。スロヴァキアフィルは独墺のメジャーオケと比べると少々実力は劣るのかもしれないが、この盤ではそんな馬脚をのぞかせない音でコシュラーの指示に応えている。


コシュラーとスロヴァキアフィルの演奏を探したが、この盤の音源は見つからなかった。
以下は同じモーツァルトのレクイエム冒頭だ。PCの貧弱な音からもコシュラーの明晰な音楽作りはうかがい知ることができる。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

チャーリー・ヘイデン&パット・メセニー 『ミズリーの空高く』


きょう土曜日は朝のうち小雨模様だったが昼過ぎから天気回復。気温はまだ平年より低めながら陽射しに恵まれた一日になった。午前中は野暮用をこなし、午後からは久しぶりに隣り町のマンドリン楽団に練習に参加。いつも合奏練習には、音に力があってよく通るラミレス3世1978年を持参する。きょうも3時間ほど強めのタッチで弾いてラミレスに息を吹き込んできた。


R0011745.jpg   R0011749.jpg


さて土曜の晩。ゆったりとした音楽を聴きたて、こんな盤を選んだ。ベースのチャーリー・ヘイデンとギターのパット・メセニーとによるデュオのアルバムだ。1996年の録音で、コンテンポラリー・ジャズの人気者二人によるアルバムとして話題になりヒット作となった記憶がある。 二人が生まれ育ったミズリーをイメージしながら、第1曲のWaltz for Ruthから深く静かにかつ雄大な音楽が繰り広げされる。低音楽器としてのベースの存在感、低く大地に広がるように響く音、そしてその上にアコースティックなギターの多彩な和声がのる。二人のアンサンブルゆえ、音の数は当然少ないのだが、少ない音の間から広がる景色は、まだ見ぬミズリーの空を想像させて余りあるほど豊かだ。

この盤の本当の良さを味わうには、再生装置にある程度の質が要求される。具体的にはチャーリー・ヘイデンのベースが発する基音がしっかりされるかどうかで、このアルバムの印象が大きく変る。出来れば40ヘルツ程度までフラットに再生できるシステムがほしい。これはベースの基音だけでなく、パットの奏するギターの胴鳴りの響きを再生するのにも有効だ。ぼくの手持ちのシステムでは大型スピーカー;三菱2S-305で聴くとこの条件をほぼ満たしてくれ、存分にこのアルバムの音そして音楽を楽しめる。一方小型スピーカーのS-2Cに切り替えると、いささか物足りなく感じる。オーディオは音楽を楽しむための道具・手段だ。確かにその通りで、音が出れば何でもいいといいたいところだが、こういうアルバムではその性能が音楽の印象や評価を決定付けることがある。


二人のライヴ映像があったので貼っておこう。まずはパットのソロ。7分あたりから独自の多弦ギターによる演奏が見物だ。


こちらはデュオの演奏。このアルバムの第1曲になっているWaltz for Ruth


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

ノイマン&チェコフィル ドヴォルザーク スラブ舞曲集


四連休明けで三日間仕事をして週末金曜日を迎えた。毎週こんな調子なら勤め人生活も悪くないと思うのだが、当然ながらそうもいかないか…。さてきょうは朝からアレコレあって、疲労感MAXで帰宅。大したことはしていないのに年々プレッシャへの耐性が弱くなる。どうしたものか。ふ~っ。 ともあれ週末金曜の晩。今夜は食後の爆睡も回避。昼間のウサを忘れるためにも音盤を聴きましょと、こんな盤を取り出した。


R0011741.jpg   R0011743.jpg


ヴァーツラフ・ノイマンがチェコフィルを振って1985年に録音したドヴォルザークのスラブ舞曲集のCD。日本コロンビアの廉価盤シリーズ;CREST1000の中の1枚で、同曲の第1集と第2集がすべて収められている。
70年代半ばから80年代初頭にかけて、ノイマン&チェコフィルは日本で大そう人気を博した。ドヴォルザークの8番や9番のレコードはベストセラーになったし、ノイマンも度々来日していた。美しい指揮ぶりは今でも目に焼きついている。一方で玄人筋には少々辛口の評を受けることが多かったノイマンとこの時期のチェコフィルだが、現代的で颯爽としたところと、お国物としての共感あふれる演奏はこの盤でも十分楽しめる。

ドヴォルザークのスラブ舞曲について解説する必要もないだろうが、先日記事にしたブラームスのハンガリー舞曲と常に対比あるいは並べて論じられることが多い。ボヘミア起源の民族的なリズムやメロディー、形式を素材にしているわけだが、このスラブ舞曲には各曲に舞曲名が付され、それもフリアント、ドゥムカ、ポルカに始まり、更にポーランド起源のマズルカやポロネーズにまで及ぶ。いまこうして聴くとブラームスのハンガリー舞曲集よりも多彩で、より深みをもつ音楽に仕上がっているように感じる。

CDプレイヤーの再生ボタンを押すと第1曲ハ長調フリアントのリズムが立ち上がる。<2+2+2+3+3>の変則的なリズムが躍動感をいっそう際立たせる舞曲だ。ノイマン&チェコフィルの演奏はお国物だけに郷愁たっぷりに歌い抜くかと思いきや、意外にもテンポは速めの設定で進む。フリアントの中間部もあまりテンポを落とさない。あくまで舞曲としての扱いだ。そういえば隣り町のマンドリン楽団でパイレーツ・オブ・カリビアンのテーマを取り上げた際、合奏練習で2拍子系と3拍子系の複合するリズムの処理に手を焼いていたことがあった。ぼく自身は即座にこのスラブ舞曲のフリアントのリズムを感じて難なく演奏することが出来たことを思い出す。第2曲のホ短調のドゥムカ、第3曲のポルカ、第4曲のソウセツカーと、愛らしく曲が続く。第2集ではボヘミアのリズムに加えポーランド系の舞曲も入り、より多彩に楽しめる。よく知られた第2番(通し番号では10番)ホ短調はやはり取り分け美しい。

チェコフィルの音色は、60年代のアンチェル時代にはまだ残っていた独特の金管のヴィブラートや弦楽群の際立った音色感はやや後退し、悪く言えばやや没個性で平凡、よく言えば現代的で普遍的な音だ。すでにデジタル録音の技術もこなれていた時期で不自然なバランスはないが、音録りとしてはややオンマイクで、出来ればもう少し残響を入れて距離感を感じる録り方でもよかったのではないかと感じる。


ノイマンのドキュメンタリーの映像があったので貼っておこう。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)