ゲルヴィッヒのリュート そして ラウテンベルク=リュートチェンバロ


一週間の仕事から解放される金曜の晩。さてレコードだ、ギター練習だ、仕掛の楽譜の整理だ、と意気込みながら、夕飯のあと不覚にもソファで爆睡。気付けば日付け変って丑三つどき。あ~、せっかくの週末の夜なのに…何だか人生の縮図をみるようだ。気付けばこんな歳になっチまったぜと。気を取り直してアンプの灯を入れ、温まるあいだに渋茶で一服…ふ~っ。このところ六弦ネタを書いてないなあと思い、六弦ではないがこんな盤を取り出した。

<70年代終り日本コロンビアから出ていたゲルヴィッヒの盤>     <手元にあるリュートのLP>
R0011667.jpg   R0011665.jpg


ワルター・ゲルヴィヒの弾くリュートによるバッハ作品集。BWV996、999、1000、1006、1007などが収められている。この盤や同じゲルヴィッヒのバロック作品集(ブクステフーデやパッヘルベルなどを収録)などは、ぼくら世代のギターやリュート弾きなら必ず聴いたことのある盤だろうし、同氏の編纂したバッハ作品集の楽譜は全音から出版されていて手軽に入手できた。ゲルヴィッヒのリュートはいわゆる歴史的なバロックリュートではなくルネッサンスリュートであったが、これはこれで雰囲気のある音色で楽しめる。バス弦による深い低音、豊かに響く中高音の倍音。こういう音と演奏で聴くと、輝かしい音色と緊張感の強い鳴りの現代の6弦ギターでこの時代の音楽を弾くのは少々そぐわないなあとあらためて感じる。リュート属もしくは6弦なら19世紀タイプのギターを使いたくなる。

リュートやギターで取り上げるバッハ作品の中で、BWV996はリュートチェンバロ用に書かれたものではないかとされている。リュートチャンバロは通常のチェンバロ(弦はガット)にリュートのような胴を付けた楽器で近年復元が試みられている。ぼくもYouTubeでバロック時代に人気を博したというその音に初めて触れた。バロックという言葉には「ゆがんだ真珠」という意味もあるとその昔ものの本で読んだが、確かに独特な幽玄な響きをもっていて、幻惑されるような不思議な感覚になる。


リュートチェンバロによるBWV997




リュートチェンバロによる「禁じられた遊び」





↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)