<訃報> 諏訪根自子逝去


きのう9月24日、諏訪根自子が去る三月に亡くなっていたとのニュースがあった。伝説の美人ヴァイオリニストとして、ぼくらの親くらいのオールドファンには懐かしい存在だろうか。ぼく自身は1980年、長らく一線から退いていた彼女が突然のように録音したバッハ無伴奏ヴァイオリン作品のLPを当時買い逃した苦い思い出がある。今はプレミアムが付いておいそれと手が出ない。その少しあと、深田祐介著『美貌なれ昭和―諏訪根自子と神風号の男たち』を読んで当時の彼女の様子を知った。戦前からベルリンに渡り、クナッパーツブッシュ指揮のベルリンフィルと協演したり、かのゲッペルスからストラディバリウスを贈られたりといった逸話が残っている。90年代になってからもプライベートな形で演奏を続けていた様子。享年九十二歳。合掌。


suwa-nejiko-2.jpg   581496_373053396104500_495551516_n.jpeg


80年代初頭テレビ朝日のドキュメンタリーで先に記した深田祐介氏の著作と連動した番組があった。昭和12年・1937年に朝日新聞がロンドンまで飛ばした『神風号』に関するものだった。神風号が飛来するロンドンでは麻生太郎の母;吉田和子が待ち、ベルギー;ブリュッセルの飛行場では諏訪根自子が待っていた。そして1937年といえばセゴヴィアがハウザー1世が作ったギターを絶賛し、それまで使っていた愛器マヌエル・ラミレス作(実際はM・ラミレス工房の職工長サントス・エルナンデス作とされる)のギターをハウザーに変えた年でもある。いろいろな異なる事象が同じ時間軸にのり、それぞれの歴史が作られていくのだと実感する。

残念ながら彼女の盤は手元にない(90年代に出たCDもプレミアム価格だ)。YouTubeには僅かながら貴重な音源があったので貼っておこう。彼女が12歳のときの録音とある。





↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

川越で弾いてきた 2012年9月15日


きのう9月15日土曜日、予定していた埼玉県川越での内輪の発表会に参加してきた。折りしも午前中は隣り町のマンドリン楽団による出前演奏のイヴェントに参加。11時に終了後、そのまま高速を飛ばして川越まで向かった。連休渋滞の関越自動車道下り車線を横目に、上り車線を快調に進み、会場の川越市産業観光館には午後1時過ぎに到着。午後1時間半の開始に間に合った。先日の記事に記載したプログラム通り、今回の参加者は10名。ジャーマンテオルボ、バロックギター、19世紀ギターが2本、モダン10弦ギターが2本と、相変わらず川越での集まりには珍しい楽器を持った好事家が集まる。ぼくは今回モダンギターで参戦。例によって恥を承知で演奏動画をアップする。


IMG_0121_s.jpg  IMG_0426_s.jpg


◇ J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番から プレリュード・サラバンド・メヌエット
プレリュード後半の盛り上がりで大きなミステイク。楽譜をちょっと見失ってしまったのだ。先回7月15日のときの方がよかったかな。




◇ D.スカルラッティ/ソナタ イ長調 L.483
1週間前、加須市での演奏でテンポを速く取り過ぎて制御不能となったたの、今回はかなり安全運転。しかし、この速度ではこの曲の洒脱な軽さやコミカルな雰囲気が出ない。そのほかハイポジションへの移行でミス、弾き損じで間違えた音を繰り返した際にも間違えた等々悔いが残る。




◇ J.ハイドン/アンダンテ(バリトントリオから石月一匡編)
ろくに練習せずに臨んだ一週間前の加須市での演奏よりは、いくらかまともに弾けた。後半短調に転じてからの緊張感のあるフレーズで弾き損じのミス。演奏中にふと頭をよぎったアイデアを入れようとしてミスってしまった。





↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

今週末は川越で弾きます


当地関東内陸部は相変わらずの残暑。朝晩こそ幾分涼しくなったが日中は30℃超えが続く。今週は職場同僚との懇親会、来客対応などで夜の部がいくつか続いていて帰宅も遅く、音盤タイムも休みがち。早く灯火親しむの時節がならないものか。

さて先日の日曜日に埼玉の加須市でmixi仲間による内輪の発表会があって弾いてきたと書いたが、あさって9月15日土曜日も埼玉の川越市まで遠征することにした。こちらもmixi仲間による内輪の発表会だが、ギャラリー、冷やかし大歓迎。ご近所の方はぜひどうぞ。場所は川越中心部にある『小江戸蔵里』という観光スポット内のイヴェントスペース。演奏曲目は先日の加須市のときと一緒で以下の通り。

 J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番から プレリュード・サラバンド・メヌエット
 D.スカルラッティ/ソナタ イ長調 L.483
 J.ハイドン/アンダンテ(バリトントリオから石月一匡編)

kawagoe_20120915.jpg

当日は隣り町のマンドリン楽団の出前演奏に参加し、終了後2時間余り車を走らせて川越までいく関係で、3時半過ぎの演奏順番にしてもらった。加須市での演奏はあまりの酷さに動画アップを躊躇しているのだが、今週末の川越ではきっとうまく弾けるだろうから!それをアップしようと思う。…って、そんな風にはきっといかないのだが。

<演奏記録@川越>
◆川越で弾いてきた 2012年7月15日
◆川越で弾いてきた 2012年4月28日


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ドメニコ・スカルラッティ ソナタ L.483


暑さはほどほど湿度MAXの日曜日。いつも通りにダラダラと過ごした。
実は来週9月9日日曜の午後、当地から車で2時間ほどの埼玉県加須市でmixiのギター仲間による内輪の発表会がある。すでにエントリー済みで、いよいよ来週にせまったので、きょう曲目を決めた。今回は20分の枠があるので、かなりまとまった選曲が可能なのだが、例によって準備不足。このところ弾いている曲の繰り返しばかりでも仕方ないので、新しい曲も入れて以下の曲目を弾く予定だ。

 J.S.バッハ;無伴奏チェロ組曲第1番から プレリュード・サラバンド・メヌエット1/2
 D.スカルラッティ;ソナタ イ長調 L.483
 J.ハイドン;アンダンテ(バリトントリオより石月一匡編)

R0012588 (480x480)   R0012585 (480x480)


きょうは昼をはさんでスカルラッティのソナタを練習した。イタリアンバロック後期のスカルラッティのソナタはもちろん元はチェンバロ用のものだが、歴史を通じてモダンピアノでも弾かれるし、ギターへの編曲も昔から行われてきた。ぼくはこれまであちこちの曲集に載っている楽譜をときどき拾い弾きする程度でまともに練習したことはなかったのだが、今回弾くイ長調のソナタL.483(K.322)は一連のスカルラッティー作品の中では技巧的なハードルは差ほどでもなく、暗譜をせずに楽譜を見ながら何とか弾き通せそうだったのでこの曲に決めた。
4分の2拍子のアレグロなので本来はかなり速めのテンポで軽く弾き切る曲だと思うが、(自分の下手くそを棚上げしておいてナンだが)ギターだどその軽さが出しにくい。曲想からおのずとアーティキュレーションの察しは付くが、終始同じ音形が続くのでひと工夫必要だ。しかし、ある程度の速度で弾き出すとこの曲の持つ軽快さやちょっとコミカルな面白さが感じられ中々楽しい。装飾音の扱いも大きな課題だが、今回はそこまで考える余裕がないのでほぼ譜面通り弾く予定。
ハイドンのアンダンテは2003年に他界した石月一匡氏がバリトントリオから編曲したもので、ハイドンらしい古典的な雰囲気が楽しめる。バリトンの弓をゆったり弾くイメージでメロディーラインをややテヌート気味に歌わせ、時々現れる16分音符を軽やかに弾いてアクセントを付けていく。…と、まあイメージトレーニングはいつも通り十分なのだが、本番になると存外あがって指がコントロール出来なくなる。さて来週に本番はどうだろうか。


YouTubeには様々な演奏がアップされている。
まずは大御所ミケランジェリのピアノ



エリオット・フィクスのギターにルセロ・テナのカスタネットが加わった演奏。



ギターオジサン達の新たなアイドル朴葵姫(パクキュヒ)の演奏。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)