ニューヨークのため息 ヘレン・メリル


ふ~っ、今週も疲れたぜぇ。これといって大したことはしていないのに…
きょうは午後から都内出張。東京駅近く日本橋側のオフィスビルで仕事だった。夕方用件を終えて外に出るとすっかり陽は落ちている。そうだ!と思い出して丸の内側まで歩いて、復元なった東京駅を眺めてきた。明日から師走。冷気を帯びた都会の空気に中に煌々と輝く駅舎やビル群の光がことのほか美しかった。


IMG_2125 (480x353)  IMG_2110 (480x359)

IMG_2129 (480x359)  IMG_2145 (480x359)

IMG_2159.jpg  IMG_2163 (359x480)


こんな光景を舞台にしたら、下手くそな恋の駆け引きも一気に成就しそうだ。若いときに一度くらい都会暮らしを経験しても良かったなあ…と寝言を言っても仕方ない。ジミ~に音楽でも聴きましょか。
そういえば、きょう11月30日はフルトヴェングラーの命日にあたる。去年も一昨年もこの日に彼の盤を聴いた。が、きょうは都内の光と空気に酔っ払い、フルトヴェングラーという気分ではない。フルヴェン、ごめんよ、またそのうちな…というわけで、都内=ニューヨークのため息;ヘレン・メリルの盤を取り出した。


R0013049 (480x480)  helen-merrill.jpg


あまりに有名な盤なので説明不要か。1954年の録音(私の生年!ついこのあいだ誕生日でした)。収録曲は以下の通り。

1. Don't Explain
2. You'd Be So Nice To Come Home To
3. What's New
4. Falling In Love With Love
5. Yesterdays
6. Born To Be Blue
7. 'S Wonderful

今でもヘレン・メリルといえばこの曲、この曲といえばヘレン・メリルという2曲目の<You'd Be So Nice To Come Home To >がお馴染みだろうか。コール・ポーター、ガーシュイン、ロジャースなどのスタンダードを、録音当時25歳というのが信じられないほどの落ち着き払った歌いぶりで聴かせてくれる。全編クインシー・ジョーンズのアレンジがさえ、随所でクリフォード・ブラウンが渋いトランペットソロで都会的な雰囲気を更に盛り上げてくれる。ヘレン・メリルの甘いウィスパー・ヴォイスだけに頼ることなく緻密に作られているところがロングセラーのゆえんかもしれない。


LP盤で聴けば、ため息もいっそうシミる。



これはいかに…あかんか。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村


関連記事

ヤニグロのチェロ ベートーヴェン チェロソナタ集


きのう土曜日は天気回復。少し雲はあったが寒さも程々で穏やかな晩秋の一日となった。昼前から立て続けに外出していて夕飯も近所のショッピングモール内で済ませて帰宅した。隣り町の高崎では今夜、群馬交響楽団の定期演奏会があって前橋汀子が来演。ぼくの好きはヴァイオリン協奏曲の一つブラームスのコンチェルトを演奏。残念ながら野暮用重なり行くことが出来なかった。ポピュラリティーの強い砂糖菓子のような曲を並べて安直にセールス結果を狙う演奏家が多い中、半世紀に及ぶキャリアと人気を誇りながら、今も正統派の大曲に堂々と挑む姿勢は立派だと思う。


janigro.jpg  R0013032 (480x360)


帰宅後、あすも休みだ、のん気に夜を過ごそうとソファに深く腰掛けて雑誌を眺めていたら案の定そのままうたた寝。気付けば夜半を過ぎていた。まあ予定通りの行動か。日付けが変ってから風呂に入りようやく覚醒。珈琲も用意してアンプの灯を入れ、久々にヤニグロの弾くベートーヴェンのソナタ集を取り出した。
ヤニグロは好きなチェリストの筆頭だ。50年代から次の時代を担うエースとして期待されていたが、60年代半ばに入って手の故障のため指揮活動と後進の指導に専念することになる。今夜取り出したベートーヴェンのソナタ集は、イエルク・デムスと組んで1964年に録音されている。音楽は誠実かつ古典的様式感をベースにした演奏で、技巧・表現とも文句なしの名演だ。手元にこのヤニグロ盤の他、デュ・プレ、フルニエ、マイナルディなどの盤があるが、このヤニグロ盤をベストに推したい。
ベートーヴェンの作品の中で5曲あるチェロソナタは、いわゆるベートーヴェンの激情型のイメージからは少し離れたところにあるように感じる。チェロという楽器の音質、音域を生かしながら音楽はどちらかというと内省的に進む。ときにブラームスかと思われる深く瞑想的な曲想も感じる。ピアノパートの充実ぶりも素晴らしく、チェロと対等の役割を与えられている。オケパートを付け加えて二重協奏曲にしてもいいのではないかと思ってしまうほどだ。その点ヤニグロのチェロの同様、ウィーン三羽烏の一人イエルク・デムスのピアノも実に細やかなニュアンスに満ちていて素晴らしい。

ごく普通の勤め人であるぼくが普段接する音楽愛好者は少数のギター弾きやマンドリン弾きといった限られた範囲でしかないし交友関係も狭い。ギター弾きの中にはぼくも含めバッハのチェロ組曲に取り組む連中も多い。そういう連中と話をするともちろん、チェロはいいねということにはなるのだが、しかしそこから先に話が進まない。ベートーヴェンやブラームスのチェロソナタ、ドヴォルザークの協奏曲に話が及ぶことはまずない。もちろんコダーイやレーガーの無伴奏も…。バッハ無伴奏以外にチェロの曲で思い浮かぶのがサン=サーンスの<白鳥>だけというのはあまりに残念だ。アマチュアの楽器愛好家は、特定の楽器に専念するあまり、広く音楽に接することが少なくなりがちだ。その楽器を離れて音楽一般の話を出来る仲間は実はごく限られていてさびしい限りだ。


ヤニグロの弾くバッハ無伴奏第3番



ヒンデミットがイギリス国王ジョージ5世追悼のため作曲した<葬送音楽>を弾き振り



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ギュンター・ヴァント&NDR響1990年来日ライヴ ブルックナー交響曲第8番


11月も下旬。当地群馬県南部では街路樹のケヤキやイチョウも盛んに葉を落としている。三連休初日のきょう、午前中は雨という予報が少々外れ、ほんのわずかパラついただけで終わった。陽射しはなかったものの晩秋の一日は静かに暮れた。さて、あすも休み。久しぶりに大きめの曲をじっくり聴こうかと、先日買った盤の中からギュンター・ヴァントのブルックナー8番を取り出した。

<若き日のヴァント>
want_at_young.jpg   R0013019 (480x480)


日本の世間には長老崇拝的なところがあって、相当のキャリアを積みながらも、そのキャリアの真っ最中には大きな注目を集めず、晩年になってから急に脚光を浴びるということがしばしばある。音楽の世界、取り分け高年齢になっても現役を続けられる指揮者でその例をしばしばみる。ギュンター・ヴァントもその一人だ。1912年生まれで2002年に亡くなったヴァントだが、彼が日本で異常なほど注目され人気を得たのは彼が80歳を過ぎてからだった。ぼく自身も彼の名前はベートーヴェンの交響曲などで70年代から馴染みがあったが、ケルンを中心に活躍する中堅指揮者くらいにしか認識していなかった。実際80年代後半までのメディアの扱いもそうだったし、手元にある90年代初頭に出版された音楽の友社刊「指揮者名鑑」にはその名前すら見当たらない。60年代後半から何度か来日して日本のオケを振っているが、大きな話題になった記憶はない。そんなヴァントがにわかに注目され始め、そして一気に寵児となったのは90年代後半から最晩年にかけてだ。この盤は1990年11月サントリーホールでのライヴで、以降の過熱するヴァント人気のきっかけになった演奏。バブル景気崩壊前夜のこの時期、日本には多数の海外演奏家が来日した。このヴァントとNDR響の2週間前には同じサントリーホールでチェリビダッケが同じブルックナーの8番をミュンヘンフィルと演奏している。

いきなり結論めくが演奏はとてもいい。同じコンビによるブラームスの交響曲全集が手元にあるのが、その演奏同様、ひと言でいうと精緻で透明度の高い演奏だ。ブルックナーの8番と聞いてイメージする重量級で腰の据わった圧倒的な音響とは少し方向を異にする。音のテクスチャがどこをとっても明快で音の構造がよく見通せる。室内楽的な演奏といってもいい。ライナーノーツをみると、この演奏でヴァントは管楽器群の編成をだダブらせず、コントラバスも通常の8本から6本に減らした編成をとったと記されている。なるほど…そのことだけでもヴァントの意図が読み取れる。
第1楽章、こうした編成の意図が反映され、オケ全体の音が団子にならず各パートの出と入も明確に進む。フレーズ内での音量やテンポの伸縮をかなり意図的につけているのがよく分かる。オケの編成を大きくし、しかもコントロールが効いていないと、こうした動きについていけないだろう。第2楽章もスケルツォらしい動きの闊達な演奏で、鈍重なところがない。第3楽章のアダージョはまさに室内楽的な演奏で、とこのほか美しい。終楽章も様々なモチーフでフレーズのコントロールが実に丁寧で、美しさと当時にかげりのある曲想に、そうかこの曲にはこんな表情もあったのかと気付かされる。

学生時代からこの曲に親しみ、クナッパーツブッシュ、ケンペ、セル、シューリヒト、マタチッチ、チェリビダッケ、朝比奈隆などの名盤を折々に楽しんできたが、このヴァント&NDR響の演奏もそれらに勝るとも劣らない優れた演奏だ。


最晩年の演奏。8番;第4楽章の最後。
ワグナーチューバの咆哮。止りそうなくらいにテンポを落として20秒から静寂に戻ったあと、45秒で一旦トゥッティを確立し、更に1分05秒で確定し、1分30秒から最後の大団円に突入する。


マタチッチ&N響による全曲




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

悩ましくも楽しい弦の選択


2週間ほど前、手持ちのギターのうち田邊雅啓2004年作ロマニリョスモデルとデイヴィッド・ホワイトマン2009年作ハウザー1世1940年モデルの弦を張り替えた。もう半年近く前にそれぞれオーガスチンの赤ラベルと黒ラベルを張ってそのままになっていたもの。もっぱらウィークエンドギタリストで弾く頻度もそれほどでもなく、ケースにしまっておく時間の方が圧倒的に長い。従って劣化がひどいということもなく、少しボケたくらいの方が古風な音調でいいという場合もあって、久しく交換していなかった。


R0013013 (480x480)  R0013016 (480x480)


オーガスチンの赤・黒ラベルはどちらかといえばテンションのゆるい方だったので、今回は趣向を変えて同社のリーガル・高音弦と青・低音弦というハードテンションの組合せを張ってみた。張り替えて二日ほどして弦の状態が落ち着いたのち、あれこれ弾いてみたが何となくしっくりこない。一週間おいてもやはり同じ。楽器と弦の一体感が乏しい。タッチの強弱に対するレスポンスがリニアでなく、ある程度以上の強いタッチでないと音が立ち上がらないのだ。技術的に余裕の持てる曲、手に馴染んだ曲を弾くには右手はかなり強いタッチも可能だが、いつもそうばかりもできない。音色もやや金属的に響く。

張り替えたばかりで少々惜しい気もしたが、気持ちよく弾けなくては意味がないと思い、昨晩2本のギターとも弱めのテンションの弦に張り替えた。今回はたまたま手持ちがあったダダリオ(プロアルテ)のライトテンションを選んだ。一晩おいて落ち着いたところで今夜弾いてみるとこれが中々いい。
弱いタッチから強いタッチまで音がリニアに追従する。ハードテンションでは強いか弱いかの両端で弾き分けるにはいいが、中間ニュアンスが出し難かった。今回はそのストレスを感じない。音の伸びもよくなったようだ。もちろんタッチを強くしていくと、ハードテンションより手前で頭を打ってしまうが、通常アマチュアが楽しむ程度のタッチであれば問題はない。少し極端な例えをすると、ハードテンション弦はプラスティックの棒を指で叩いている感じがするのに対し、ローテンション弦は右手の指先に弦に馴染んで絡みついてくる。

弦の選択は中々悩ましい。弦の特性だけでなく楽器との相性も重要ファクターだ。今回の2本のギター、田邊ロマニリョスモデルとホワイトマンハウザーモデルはいずれも重量1400グラム台と昨今のモダンギターとしては軽量で、低音ウルフトーンの設定も低めでF#付近にある。つまりは50年代あたりまでのやや古いスパニッシュギターの伝統を引き継いだ楽器だ。やはりこの時期の楽器には弱めのテンションが適当なようだ。弦が持つエネルギーが小さくでも楽器全体がよく反応する。当時はまだガット弦が使われていたことを考えると当然の結果だろうし、ギターが弾かれるステージも小さくて響きが十分ある場所であれば、それでまったく過不足なかったに違いない。横・裏板にメープルやシープレスを使ったより軽い楽器なら尚更その傾向は強く、更にテンションの低い弦がマッチするだろう。

一方60年代以降(ラミレス3世以降といってもいいだろう)の1600グラム以上ある重くてガッチリした楽器では、より強いエネルギーを楽器に与える必要があることから、楽器が持つ本来のポテンシャルを発揮するにはハードテンション弦が適当だろう。そのためには相応の強く鋭いタッチが求められる。心得たプロの手によればそれが可能で、その強いエネルギーを楽器が受け止め、より大きな音量とエネルギーを持った音を、よりデッドで広いステージへも届けることができるのだろう。実際手元にある1978年製のラミレス3世はハードテンションを張ることでリニアなレスポンスと輝かしい音を引き出すことが可能だ。ラミレス3世にローテンションを張ったこともあるが、それなりに面白い音ではあるが、楽器の目的に見合った音ではなかった。 またダブルトップにワッフルバーとった現代最先端のギターでは、その多くが2,000グラムを超えるものも多く、上記のセオリーでいくとハードテンション弦が適しているように思えるが、実際には軽いタッチでの反応する設計になっているようで、必ずしもハードテンション弦が適しているともいえず、ローテンションがマッチする場合もあるようだ。そのようなタイプの楽器を持ち合わせていないでこれ以上のコメントはやめておこう。

…と、ここまでもっともらしく書いておいて、ちゃぶ台をひっくり返すようでナンだが、正直なところ弦による違いは楽器の印象同様はなはだデリケートで、弾く側のコンディションで変化する。きのうはイイ感じだったのに、きょうはまるでダメといった感さえある。コンディションに加えて心理的バイアスも加わる。ハイテンションだからローテンションだから、このメーカーだからあのメーカーだからと…。一度や二度のインプレッションで判定を確定させる自信はぼくにはない。それに少々古くなった弦の音も曲によっては味わい深い。楽器も弦も最後は弾き手が作り出す音楽次第だ。まあ、それをいったらお仕舞いだが…

ギターの弦はヴァイオリン族に比べ随分と安い。6本セットで千円前後に多くの種類があり、やや特殊なものでも三千円余。同じギターが弦の選択で随分と印象を変えるので、アクセサリー感覚で取り替えてみたくなる。次の機会に以前購入してそのままになっているアクイーラ社の<ペルラ>を試してみるつもりだ。


ガット弦の製作


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ポール・パレー&デトロイト響 19世紀フランス作品集


なんて音楽を知らないのだろう…最近つくづくそう思い、我ながらいやになってしまう。世には多くの楽曲がある。例えそれをクラシックのある時代に限っても途方もなく、およそ盆暗サラリーマンの呑気な余技で手に負えるものではない。まあ、そんなことはとうの昔から分かっているし、分相応に自分の手に負える範囲で楽しむしかないのは百も承知だ。しかし、好き嫌い、わかるわからない以前に、知らないというのはまったく手の施しようがなく愕然とする。突然そんなことを考えたのは、きょう取り上げたこのポール・パレー&デトロイト響による19世紀フランス作品集を手にしたからだ。

<シャブリエ>
Chabrier.jpg  R0013011 (480x480)


先日トルトゥリエのボックスセットと一緒に買ったタワーレコードの企画物;ビンテージシリーズの中のもの。収録曲は以下の通り。

Disk1
 (1)交響曲変ロ長調OP.20(ショーソン)
 (2)バレエ「ナムーナ」第1組曲(ラロ)
 (3)歌劇「イスの王様」序曲(ラロ)
 (4)歌劇「サムソンとデリラ」~バッカナール(サン=サーンス)
Disk2
 (1)気まぐれなブーレ(シャブリエ)
 (2)楽しい行進曲(シャブリエ)
 (3)狂詩曲「スペイン」(シャブリエ)
 (4)田園組曲(シャブリエ)
 (5)歌劇「いやいやながらの王様」~ポーランドの祭り(シャブリエ)
 (6)歌劇「グヴァンドリーヌ」序曲(シャブリエ)
 (7)歌劇「いやいやながらの王様」~スラヴ舞曲(シャブリエ)
 (8)交響詩「死の舞踏」Op.40(サン=サーンス)
 (9)英雄行進曲OP.34(サン=サーンス)
 (10)フランス軍隊行進曲OP.60-4(サン=サーンス)

大手販売店の企画物だからそこそこのセールス成績を見通してのことだろうし、それほど奇抜な秘曲・珍曲のたぐいではもちろんない。にも関わらずここにリストされた曲のうちぼくが知っている曲は三分の一ほどしかなかった。作曲者名やその代表作はみな馴染みがあるにも関わらずだ。もともと独墺系楽曲に偏重しているぼく自身の嗜好もあってフランス音楽は馴染みがないというのが大きな理由だが、ベートーヴェンやブラームスの<同曲異演>盤を何組も聴き漁る前に、まだ知らない曲に耳を傾けなくてはいけないと痛感した。

ショーソン唯一の交響曲OP.20は以前FMで聴いたことがある。そのときの記憶はもう残っておらず、この盤であらためて聴き直した。第1楽章冒頭の憂愁かつ荘重なイントロダクションが印象的だ。主部に入るとフランス物という先入観をくつがえす厚い響きと構成。どこかフランクの交響曲ニ短調に通じる響きやワグナー「ラインの黄金」に似たフレーズがあるなあと感じていたら、ショーソンはフランクに学びワグナーにも傾倒してバイロイトへもよく通ったとWikipediaに書かれていて納得した。随所に魅力的なメロディーがあふれ、もっと演奏されてもいい曲だろう。
ラロのバレエ曲や序曲はこの盤で初めて聴いた。曲を聴いているとそのまま華やかな舞台をイメージできる楽しい曲だ。シャブリエは狂詩曲「スペイン」ばかり有名だが、この盤で取り上げられている元はピアノ曲の組曲「スペイン」や他の序曲・小品はいずれもリズムの扱いが巧み、かつ色彩的なオーケストレーションが印象的だ。シャブリエ作品の中心をなすピアノ曲もまとめて聴いてみたくなる。

ぼくにとっては馴染みの薄いフランス物だが、以前記事に書いたピエール・デルヴォーの盤なども忘れた頃に取り出して聴いてみると、文句なしに美しく楽しい。理詰めて建造物を構築する感のあるドイツ物とは少々異なり、知覚した印象をそのまま音のパレットに広げたようなフランス物には独自の魅力があることはよく分かる。音盤棚にあふれる独墺系の盤を少し整理して、フランス物やイタリア物あるいは古楽に触手を伸ばそうかと考えてしまう。


この盤に入っているシャブリエ<気まぐれなブーレ>を指揮するポール・パレー。
オケはORTF(現フランス国立管弦楽団)



シャブリエのピアノ曲<道化の行進>



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

トルトゥリエ EMI グレイト・レコーディングス


きのう夕方からの雨が夜半にはあがり、きょう日曜は朝から冬型の晴天となった。日中は風も強く、東京では木枯らし一号と発表された。去年よりも23日遅いとのこと。10月の初旬くらいまでは暑さが続いていたことを考えると、秋のいい季節が本当に短くなったと実感する。さてそんな中、昼過ぎに隣り町高崎へいく用事があったので、ついでにタワーレコードにちょっと寄り道。先日に続きCDチョイ買いと相成った。


R0013003 (480x480)  Tortelier.jpg


以前から気になっていたポール・トルトゥリエのボックスセットとポール・パレー指揮デトロイト交響楽団による19/20世紀フランス作品集。トルトゥリエのボックスセットは彼のEMIへの録音の過半が収められていて、バッハ無伴奏に始まり、チェロのための主要な協奏曲、ソナタ、小品などがほとんど網羅されている(収録曲はこちらを参照)。価格はメジャーレーベルにしては激安の20枚組3千円余。トルトゥリエを聴く目的でも、チェロの主要作品をまとめて聴くにも、いずれにも好適だ。
ポール・パレー&デトロイト響による盤はタワーレコードオリジナルのヴィンテージ・コレクションの中の<ポール・パレーの芸術>と称するシリーズのもので、近現代フランス管弦楽の名曲を2枚組2セットに収録されている。もともとフランス物には相性がイマイチで手元の音盤も少ないぼくにはとっては、今更ながらのフランス音楽入門というところだ。ラロ、ショーソン、シャブリエ、ルーセルといった作曲家の名前や主要な作品は手元に盤があって少しは聴きかじっているが、この盤では加えてアンリ・バロー、フローラン・シュミットといったややマイナーな作曲家や指揮活動のほか作曲もしたポール・パレー自身の作品も入っている。
実はまだどれも音出しをしていない。特にトルトゥリエのセットは少しずつ聴き進めるのが楽しみだ。彼の盤についてはこれまでも何度か記事にした、本当に素晴らしいチェリストだった。いずれまた聴き進めるに従い、記事にしていこう。


80年代のマスタークラスでの様子。ドヴォルザークの協奏曲のレッスンと受けているは2000年から東京カルテットのチェロを務めているクライヴ・グリーンスミス。示唆に富む指摘をユーモアを交えながらフレンドリーに語る素晴らしいレッスンだ。






↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

タル・ファーロウ TAL


仕事を終えて勤務先の駐車場に向かうときにも寒さを感じるようになった。もう晩秋そして初冬の趣きだ。
ふ~っ、今週も何とか終わりましたよ。みなさんお疲れ様でした。
今夜は事情あって市内の庶民派中華料理店で食事。四川風というふれこみの店だそうで、お定まりの坦々麺やら麻婆豆腐やら美味しくいただいた。帰宅後夜も更けてきて、アンプの灯を入れてはみたものの聴くべき音盤定まらず、しばし逡巡ののち、久しぶりにタル・ファーロウのギターを聴くことにした。


R0012985 (480x480) RIMG0003_tal.jpg


タルは好きなジャズギタリストの一人で何枚かの盤が手元にある。今夜取り出したのはその名も<TAL>と題された1956年録音の盤。現在もCDで入手できる(こちらで試聴も)。 収録曲は以下の通り。

1. ロマンティックじゃない??
2. ゼア・イズ・ノー・グレイター・ラヴ
3. ハウ・アバウト・ユー
4. エニシング・ゴーズ
5. イエスタデイズ
6. 恋の味を御存知ないのね
7. チャックルズ
8. ブロードウェイ

こういう文句なしのカッコいいジャズギターを聴くと、生まれ変わったら絶対ジャズギタリストになるぞと年甲斐もなくひそかに思ってしまう。夜毎こんなご機嫌な音楽を奏で、きっと女にももて…と不埒なことを考える。

いつものコンビであるピアノのエディ・コスタとベースのヴィニー・バークのバックにのってタルのギターがときに軽くスィングし、ときに火を噴くようなアドリブを繰り広げる。ミディアムテンポの1曲目ISN’T IT ROMANTICではオクターブハーモニクスでかなり長いフレーズを淀みなく弾き、一聴リラックスした運びながらテクニカルな技を披露している。圧巻はB面冒頭のYESTERDSAYSでは一転してアップテンポで煽るようなインプロヴィゼーションを繰り広げる。ここではピアノのエディ・コスタのプレイも聴き逃せない。


YESTERDAYS



晩年のセッション。バニー・ケッセル、チャーリー・バードと。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村


関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)