オーディオ入替え 心乱れる春


少し前から心中くすぶっていたのだが、オーディオ装置の一新を決めた。先日隣り町のオーディオ専門店の若旦那が来宅。委託販売やら買取りの相談にのってもらった。今回依頼した店は委託手数料も妥当だし、初めて店を訪れた際の対応も感じがよく、お願いすることにした。

R0013221 (640x427)

大物はスピーカー2S-305だ。音にまったく文句はないが、狭い部屋をいくらかでも広く使おうと思い、手放すことにした。この1年間305をほとんど使わず、小型SPで音楽を聴き通して別れる準備をしてきた。気持ちの整理はついたつもりだが、こればかりは実際に別れてみないと分からない。きっと心乱れるだろう。しかしまずはこれを処分しないと全てが進まない。

R0013295 (560x373)

押入れで塩漬け状態になっていたアンプ類も整理する。UV845シングルのアンプは久々に動作確認のため鳴らしたが、いい感じで鳴っていた。通常は1000ボルトかけるプレート電圧を7割ほどに抑えてある。そのため出力は10ワット程度に下がるものの長期信頼性は万全だ。どこかの愛好家宅でトリウムタングステンのヒーターを明々と輝かしながら鳴ってくれるといいのだが。

onkyo.jpg

ONKYO製のデジタルアンプとCDのセットも放出する。数年前の生産終了直前にスタイリッシュなデザインにひかれて手に入れた。音の鮮度とキレは抜群だったが、こちら側の嗜好も変化したのか、音も、またモノとしても愛着を感じることなく出番が減っていた。

DSCN0180 (560x419)

現用アンプ純A級の名器ラックスマンL-570と、SN良好でキリッとしたアナログサウンドのレコードプレイヤーCEC社製ST-930は当面そのまま使うつもりだが、実はLINN社のLP-12中古品の紹介があって心が揺れている。いつかはLINN…レコード再生に心砕く愛好家ならそう思う代物だ。アンプにL-570、プレイヤーにLP-12とくるなら、2S-305を手放さずにアナログ時代の名器で固めたらと言われてしまいそうだが…

今回放出ののち2S-305の後釜として何を導入するかは思案中。スピーカーは慎重に選びたい。レクスト社;SH-EP2ELAC社の310IBが有力候補だが、当面は現用のリビングオーディオ社製S-2Cを使おう。あるいは初心にかえってフォステクスのフルレンジを適当な箱に入れようか。あれこれと心乱れる春がやってくる。
音盤愛好家にとってのオーディオ装置は、楽器演奏家における楽器の位置付けに似ている。凝る人凝らない人、要不要、それぞれに考えと信条あってのことだし懐具合との相談も必要。今回はおそらく我がボンクラ人生終盤の音盤ライフ環境を決める入替えになる予定だ。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

P・フルニエ 仏系チェロ協奏曲2題


今週もいつものように始まり、きょうは火曜日。三月末めどに少し大きな社内全体業務があって、みかけはノンビリながら、その実ひたひたと迫る期日に次第に追い詰められつつある。

fournier.jpg   DSCN0171 (560x560)


通勤車中でフルニエの弾くフランス系チェロ協奏曲を聴く。ラロとサン=サーンスの第1番。1990年リリースの記載があるから随分前に手に入れたことになる。オケはともにジャン・マルティノン指揮ラムルー交響楽団。1960年録音。

ラロは異国趣味のスペイン交響曲ばかりが有名だが、このニ短調のチェロ協奏曲は純粋なロマン派作風。第1楽章は雄渾で悲劇的な短調主題と穏やかな長調の第2主題が交錯しながら進む。全体としてはニ短調の調性が支配的。オケとチェロが渾然一体と進む部分が多く、やや主張の明確さに欠けるだろうか。結局何をやりたいのか分からない。第2楽章はロマンティックで美しい間奏曲。第3楽章はベートーヴェンの7番を思わせる付点音符によるリズムが印象的で、この曲の中でももっとも聴き応えがある。チェロもオケパートから抜け出て響きやすい音域が与えられ闊達に歌う。
ラロのあとに聴くサン=サーンスの協奏曲はさすがに名曲の貫禄たっぷり。第1楽章からチェロとオケパートのバトンタッチや、まさに競い合い=コンチェルトがよく出来ている。第2楽章のメヌエット風スケルツォは趣味のいい貴族風の典雅な趣き。アタッカで演奏される終楽章もオケパートの、特に木管群の扱いが効果的で、さすがはサン=サーンスと思わせる。

チェロの貴公子フルニエの演奏はどこまでも正統派で終始穏やかで堅実な弾きぶりだ。50代半ばの録音だから心技とも充実の時期だったろう。<松脂が飛び散るような>といった熱っぽさはないが、何でも激情的に感情移入して弾くのがリアルでカッコイイというわけでもない。こうしたノーブルさも今となっては貴重だ。


ラロの第2楽章。オケはアンセルメ&スイスロマンド管。1956年のライヴ録音。



1954年。N響とのドヴォルザーク第1楽章途中まで。フルート吉田雅夫、ホルン千葉馨。



もう一つ。シューマンのチェロ協奏曲。取り上げた盤でも降っているマルティノン指揮のORTFのオケ。1966年フルニエ60歳。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

10インチ盤で聴くヘスス・ゴンザレス・モイーノのギター


昨夜からの寒さ少し癒え、陽射したっぷりの穏やかな日曜日。
ストーブを消しても羽織っていた上着を脱ぎたくなるほどの陽気だった。


DSCN0157 (480x480)  DSCN0161 (480x480)


午後ひとしきりギターを弾いてから渋茶を一杯。先日手持ちの10インチ盤を広げたときに見つけたヘスス・ゴンザレス・モイーノの盤をターンテーブルにのせた。

DSCN0168 (480x480)  DSCN0169 (768x768)

ヘスス・ゴンザレス・モイーノ。60年代から70年代にかけてクラシックギターの通信教育で名をはせた東京音楽アカデミーの教材レコードでぼくら以上のオールドファンにお馴染みのギタリストだ。この盤はそれに先立つ昭和30年代中頃に録音されたものと思われる。収録曲は以下の通り。

  ロマンス(禁じられた遊び)
  アメリアの誓い、商人の娘(カタロニア民謡・リョベート編)
  入り江のざわめき(アルベニス)
  ビート(アスピアス編)
  二つのメヌエット(ラモー)
  組曲ニ短調(ヴィセー)
  主題と変奏(ヘンデル)
  アストリアス(アルベニス)

録音はモノラル。ジャケット写真をみると楽器はフレタのようだ。50年代中庸にマドリッド国立音楽院で共にデ・ラ・マーサに指示した小原安正が書いているライナーノーツにもあるようにセゴヴィアの影響を曲想にも音そのものにも感じる。演奏はいたって真っ当なもので、当時のスペイン系ギタリストにときどき見られた酔っ払いのような拍節感はない。確かにこのまま教材用のレコードになりそうな演奏だ。カタロニア民謡などは昨今聴かれる演奏よりやや速めのテンポであっさりと弾いていて興味深い。アストリアスなども切れのいい技巧でサッと弾いていて好感が持てる。


東京音楽アカデミーの宣伝用?レコード。ゴンザレスのアメリアの誓いが少しだけ聴ける。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

スーク・トリオ ブラームス ピアノ三重奏曲集


1月最後の週末土曜日は寒波到来で日本海側は大雪の報。当地関東北部の平野部も朝から冷え込んだ。それでも気分としてあまり寒さを感じないのは、あわただしく仕事に向かう支度をする必要がないからだろう。一日終えて深夜の音盤タイム。きょうは記念すべき600本目の記事と気付いたが、格別の趣向はなし。いつも通り珈琲を淹れて、やや渋い曲が聴きたくなってこんな盤を取り出した。


DSCN0124 (480x480)


スークトリオの弾くブラームスのピアノ三重奏曲集。全3曲とホルン三重奏曲の2枚組。イチオシ廉価盤の日本コロンビア;クレスト1000シリーズ。日本発のデジタル録音黎明期1976年にDENONのスタッフがプラハまで赴いて録音された。音質すこぶる良好。やや近めの音像で三つの楽器が極めてクリアに録られていて、フレーズのちょっとした切り替えで曲の雰囲気が一変するようなところが細大漏らさず聴き取れる。こういう録音を聴くと、録音の良し悪しや再生装置の能力とセッティングが音楽そのものから受ける感動に大きく影響することを実感する。

ブラームスのピアノ三重奏曲は世の室内楽の中でももっとも素晴らしいものの一つだろう。若い時期に書かれた第1番ロ長調作品8でさえも若さ故の浅さはまったく感じない。第1楽章なども若々しい第1主題と穏やかで渋い第2主題の対比が素晴らしく、あぁブラームスだと実感する。第2番の第2楽章の変奏曲なども聴くほどに脳内モルヒネがジワジワとわいてきて、しみじみと音楽を聴く喜びが満ちてくる。第3番はブラームス50歳を過ぎた時期の作品。ハ短調という調性の性格もあってか、第1番、第2番に比べより深く、充実している。
スークトリオは確か70年代終わりか80年代初頭に来日したとき、実演に接した。ベートーヴェンの<街の歌>とチャイコフスキーのトリオだった。ピアノ三重奏という形式の闊達で緊張に満ちた音楽に感動した記憶がある。この盤は併録されているホルン三重奏曲も含めて渋いブラームスの室内楽とピアノトリオの素晴らしさを堪能出来る名盤だ。


この盤の演奏で第3番ハ短調の第3、第4楽章。何故か画面の肖像はドヴォルザーク。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

若き日のシフが弾くバルトークのピアノ音楽


今週の仕事も終了!7時少し過ぎに帰宅。再び寒波到来で冷え込んできた。アラジンストーブに火を点けて週末音盤タイム。先日からの続きでバルトークを聴く。今夜は若き日のアンドラーシュ・シフが弾いた盤を取り出した。


DSCN0111 (480x480)  phonograf.jpg


例によって日本コロンビアのクレスト1000シリーズの1枚。DENON/PCM録音隆盛期1980年千葉県八千代市民会館ホールでの録音。収録曲は以下の通り。

 ・舞踏組曲Sz.77
 ・ルーマニア民族舞曲Sz.76
 ・3つのロンドSz.84
 ・15のハンガリー農民の歌Sz.71

バルトークは現代作曲家として、またピアニストとしても第一級であったが同時に、当時実用化されたばかりの蝋管録音機(フォノグラフ=写真右)を持ってハンガリーの農村に伝わる民謡や舞曲の収録を進めた。またそれらを素材にして楽曲も作った。この盤に収められている曲はそうした彼の仕事の成果といってよい作品だ。いずれも民族的素材を使いながらそれぞれに料理の手法が少しずつ異なる。
<舞踏組曲>は初め管弦楽曲として作られまもなくピアノ用に編曲された。この組曲では民族素材を当時の先進的音楽手法で料理してクリエイティブな作品に仕上がっている。<ルーマニア民族舞曲>は全6曲を通してどことなく暗い影と寂しさを宿している。<3つのロンド>は一転して明るくチャーミングでときにコミカルでさえある。バルトークは広義には新古典派の範疇に入る作曲家だが、自身もピアノの名手だっただけに、その表現や手法は中々多彩で楽しめる。

1953年生まれのシフは録音当時27歳。ラーンキやコシチュと共に<ハンガリー三羽烏>として人気が高かった。日本発のデジタル録音であったDENON・PCM録音の特性もあってか、すべての音がクリアでタッチもやや硬質に感じる。演奏もその音色に見合った明晰な表現で、のちの一連のバッハ録音とは別人かと思うほどだ。


この盤の演奏でルーマニア民族舞曲。オリジナルのCDはずっと高音質です。


同曲の管弦楽+マンドリンのアレンジ。マンドリンは人気のアヴィ・アヴィタル



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ライナー&CSO バルトーク 管弦楽のための協奏曲


きのうの記事でフリッツ・ライナーの盤について書いて、思い出したようにきょうはこの盤を引っ張りだした。ライナーといったらまずはシカゴ響CSOとのバルトークだろう。


DSCN0105 (480x480)  DSCN0107 (480x480)


その昔70年代初頭、廉価盤で買えるバルトークはこのライナー盤くらいしかなかった。廉価盤とはいえ、この<管弦楽のための協奏曲>通称オケコンと<弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽>通称ゲンチェレのライナー&CSOによる演奏は原盤RCAリビングステレオシリーズの名盤だ。久々に針を降ろしたが、左右いっぱいに広がりながらも誇張感のないバランス、各パートの適度な距離感など録音は秀逸だ。
バルトークのこの曲自体もまったく隙のない作りと言ったらいいだろうか、管弦楽の機能と特性を生かしながら20世紀前半の音楽技法と民族的な要素や教会旋法など古来の伝統などをきっちりとした形式に収めた名曲だ。どの楽章も聴くほどに一抹の不安と安堵そして祈りとを感じながら、全体として不思議な平穏に包まれる。 特に第3楽章<エレジー>から第4楽章<インテルメッツォ>での民族調のメロディー、そして終楽章のスピード感あふれるテクニカルな展開は素晴らしい。息をもつかせぬとのはこの曲のためにある言葉だろう。


この盤の第5楽章<終曲>



デイヴィッド・ジンマン&ベルリンフィルによる第5楽章冒頭。



1977年。人気赤丸急上昇中だったメータ&ロスアンジェルスフィルによる全曲。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

フリッツ・ライナー&VPO ハンガリー舞曲・スラヴ舞曲集


昨夜から今朝にかけて関東地方の一部は雪の予報だったが、当地群馬県南部は雨少々のみ。昼過ぎには晴れ間が出始めて天気回復となった。まだ寒さピークではあるが、本州の南、八丈島付近を低気圧が通過して関東に雪をもたらす天気は、冬から春への移行期になりつつあることの証明でもある。いささか気は早いが春遠からじだ。


Reiner_Fritz.jpg  DSCN0045 (480x480)


通勤行き帰りの車中でフリッツ・ライナーがウィーンフィルを振ったブラームス;ハンガリー舞曲・ドヴォルザーク;スラヴ舞曲のCDを聴く。1960年ウィーン・ゾフィエンザールでの録音。当時すでに米国でシカゴ響のシェフとして活躍していたライナーだが、時折訪欧の際にはこの盤のような録音も残した。

ハンガリー舞曲の演奏はいずれも速めのテンポ設定で一筆書きのような勢いを感じる。同時に、ハンガリー生まれのライナーにとってウィーンでこうした曲を振るのは故郷に戻った心持ちだったろうか、テンポダウンして歌わせる部分や旋律的な曲では十分濃い口の表現も併せて持つ。ビールで言えばキレもコクもある理想の塩梅だ。 ウィーンフィルの演奏もライヴのような緊張感と即興性にあふれ申し分ない。ウィーンというと貴族社会の典雅なイメージがあるが、ウィーンは欧州の中心に位置しオーストリア=ハンガリー帝国の首都として異文化・異人種が行き交う要所でもあった。こうしたスラヴの民族的要素が色濃い楽曲もウィーン情緒の一側面で、ウィーンフィルにとってはウィンナワルツと同じくらい自分達の音楽として共感して演奏したに違いない。時折みせる濃い口の表現とスケールの大きさにはそんな共感もにじみ出る。スラヴ舞曲は曲がやや大きい分、演奏もよりシンフォニックで、隅々まで整いながらスケール感も大きい。有名なホ短調作品72-2などは、フレーズの終わりにかけて後ろ髪を引かれるようにテンポが遅くなり、またフレーズの始めで気を取り直しように歌い出す。抑揚も控え目で実にノスタルジックだ。

以前記事に書いたスウィトナー&SKBのハンガリー舞曲集ノイマン&チェコフィルのスラヴ舞曲も素晴らしいが、このライナー&VPOの演奏は別格の素晴らしさを感じさせる名演だ。


この音源くらいしか見当たらなかった。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)