クリスティーヌ・ワレフスカ 再来日中


2010年6月、36年ぶりに来日し、大きな話題となったチェロの女王;クリスティーヌ・ワレフスカが再来日中だ。このところコンサートからまったく足が遠のいていることから情報不通。以前このブログに書いたワレフスカの記事ワレフスカを聞く会の方の目にとまり、連絡をいただいて知った次第。きょう31日には当地群馬県内で今回の来日で唯一の協奏曲プログラムの演奏会が開かれた。都合で行けず残念至極。


walevska.jpg   DSCN0694 (480x480)


久しぶりに前回来日時のライヴを収録したCDを取り出した。最初のバッハのアリオーソが始まった途端、この演奏を通勤帰りの車での中で聴いたときの鳥肌の立つような感覚が思い出した。この盤のライナーノーツでも竹内貴久雄氏が、「最初の一音が出た瞬間、思わず涙がこぼれそうになった」、当日は多くの聴衆が同じように感じた特別な演奏であった」と書いている。「
この盤のジャケット写真、それもワレフスカの左手に注目してほしい。弦を押さえる指はまっすぐに伸びている。この指使いは、カザルスやロストロポーヴィッチらが登場する以前のスタイルだそうだ。ワレフスカ自身、そうした20世紀後半から現代に続くスタイルを「テクニックと引き換えに多くの芸術的な利点を見捨ててしまったメソッド」と言って否定しているという。もちろん左だけでなく、より音に直結する右手も、彼女のスタイルには現代の多くのチェリストが忘れてしまった独自のボウイングの秘密があるに違いない。素人のぼくでもそういう話に納得するほど、ワレフスカの音には深く強く訴えるものがある。


つい先日、タワーレコードで行われイヴェントの様子。左手の押弦に注目。


2010年来日時の演奏。CDと同じ音源と思われる。


若き日のワレフスカの演奏。貴重な映像だ。


このあとのスケジュールは以下の通り。
---------------------
 4/ 5(金) 東京・紀尾井ホール
 4/ 7(日) 福岡・ふくぎんホール
 4/11(木) 神戸・灘区民ホール
 4/13(土) 京都・青山バロックザール(チケット完売)
 4/16(火) 六本木・スィートベイジル(ライヴ)
 4/18(木) 秋田・アトリオンホール
 4/22(月) 仙台・青年文化センター
 4/28,30 台北市、高雄市
---------------------
明日4月1日朝日新聞朝刊にも記事が出るとのこと。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

糸巻き


久々に六弦ネタ。
田邊ギターの糸巻きが少し前から不調で交換予定だ。ギアの<遊び>が大きくなってきて、チューニングの際の感触がはなはだ悪い。田邊ギターに付いている糸巻きは、米国スローン社製のもの。2004年のこのギター製作当時に定評があるものということで、指定して付けてもらった。十年経つとはいえそれほど酷使しているわけでもなく、劣化するのには早いような気もしたが、調整ではいかんともしがたく、交換することにした。
星の数ほどではないにせよ、糸巻きも様々なメーカー・モデルがある。ギターを買うときは糸巻きも付いているのでそれを使うわけだが、故障で交換したり、オーダー楽器の際に糸巻きも指定する場合は、多くの選択肢から選ぶことになる。糸=弦を巻くという本来の機能に装飾性も加わって、ギターの価値を高めるアクセサリーでもあり、その選択は中々楽しくも悩ましい。手元にある楽器の糸巻きを撮ってみた。


米国スローン社製。十年前のモデル。デザインと性能の評判から選んだ。今回不調になったもの。
DSCN0682 (480x480)


米国スローン社製。近年のもの。以前とギア仕様が変わった。巻き心地もいい。
DSCN0669 (480x480)


独ライシェル社製。ハウザーに標準装着されている。やや固めながら確実なアクションで素晴らしい。
DSCN0683 (480x480)  DSCN0685 (480x480)


独ルブナー社製。シンプルなデザイン、価格も低めだが、性能はとてもいい。
DSCN0671 (480x480)


独シャラー社製。比較的廉価なモデル。価格相応の使い心地。
DSCN0679 (480x480)


後藤ガット製。当地群馬が世界に誇るトップメーカー。ラミレスの王冠付きデザインのフステロ製糸巻きが不調で、これに交換した。
DSCN0665 (480x480)


西フステロ社製。昔からラミレス他スペイン製ギターの多くに標準装着されていた。同社は数年前に倒産。
DSCN0691 (480x480)


19世紀ギター;仏ラミー社の楽器に付いているもの。極めて滑らかかつ確実な使い心地。
DSCN0673 (480x480)


19世紀ギター;英シャペル社の楽器のもの。これも素晴らしい巻き心地。この時代のツマミはもちろん象牙。王室御用達のマークも。
DSCN0676 (480x480)  DSCN0677 (480x480)


さて、田邊ギターに新しく付けるのはどれにしようかと思案。高級ブランドのロジャーズやライシェルをおごることも考えたが、ここはやはり地産地消ということで後藤ガットの上位モデルを選択した。すでに注文はしたが、この手のものは受注生産のようで納期は数週間かかる様子。到着したらまたレポートしましょう。

後藤ガット製;35G510MFというシリーズ。本体の色、軸やツマミの材質を選んで注文する。
35G510MF-1 (480x210)


糸巻き交換の様子



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲第2番ト短調


今期予定していた業務計画を完了して年度末最終週も終了。少し気分もすっきりしたので、昼休みの時間、好天に誘われ、勤務先の事業所構内に咲く満開の桜をめでて今年の花見とした。
帰宅後一服したあと睡魔に襲われひとしきり爆睡。日付が変ってから目を覚ました。気を取り直して深夜のリスニング。今週に入ってから近現代の曲を聴いているが、その続きでこんな盤を取り出した。


prokofiev.jpg   DSCN0661 (480x480)


プロコフィエフの2曲あるヴァイオリン協奏曲のうちの一つ、第2番ト短調。ヘンリック・シェリングの独奏、ロジェストヴェンスキー指揮ロンドン交響楽団が伴奏を付けている。1965年録音のフィリップス盤。この曲はプロコフィエフ後期作品中の初期のもので、古典へ回帰した形式と美しい民謡風主題を取り入れた傑作だ。第1楽章冒頭から無伴奏で印象的な主題が奏される。どこか懐かしく悲しい、不思議な魅力ある旋律。その後の展開も力ずくのところはまったくない。ベートーヴェンのアダージョを思わせるといわれる第2楽章も終始独奏ヴァイオリンが高貴なメロディーを歌う。第3楽章になって曲は舞曲的性格のラプソディックな展開になり、途中カスタネットも入ってきて活気を帯びてくるが、ト短調の調性ゆえか明るく華やかな空気にはならず、どこか抑制が効いている。

60年代の録音だが、フィリップスらしい透明度の高い良い音で、気品に満ちたシェリングのヴァイオリンが楽しめる。ロシアのオケだとやや勢いに走りがちなロジェストヴェンスキーもロンドンのオケ相手とあってか落ち着いたバランスのよいバック。近現代の曲はどうもという向きにも馴染みやすい曲だ。


神尾真由子とアシュケナージ&N響の演奏で第1楽章


同じく第2楽章



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

アンヌ・ケフェレック ラヴェル ピアノ協奏曲ト長調


当地北関東の桜も七分咲きとなるも、きょうは終日気温上がらず花冷えの一日。勤務先では、やや特別な業務に追われる年度末を迎えていたが、それも終息の見込みが立ち、きょうは事務所内に安堵の気配広がる。帰宅後一服し、少し前にアンプの灯を入れた。何か聴こうかと棚をサーチしていたら、先日聴いたアンヌ・ケフェレックの盤が他にもあるのを見つけて取り出した。


DSCN0562 (480x480)  DSCN0561 (480x480)


ラヴェルのピアノ協奏曲2曲を収めたもの。1976年のリリースで、アラン・ロンバール指揮ストラスブールフィルが伴奏を付けている。今夜はト長調の協奏曲に針を下ろした(もう1曲はクラシック愛好家であれば<左手>で通じるピアノ協奏曲ニ長調「左手のための」。こちらもいずれまた)。
この曲はアルゲリッチ盤の印象が強いのだが、このケフェレック盤はまた違ったアプローチ。女性的とひと言で片付けてしまうのはナンだが、フランス音楽の傑作であるこの曲が持っている雰囲気からしたら、こちら方が本来の姿かもしれない。何といってもケフェレックは生粋のパリジェンヌ、マドモアゼルだ。鞭の一打ちで始まる第1楽章など、アルゲリッチ盤だといきなりピアノと管弦楽の戦いのようになるが、このケフェレック盤はピアノとオケが寄り添うように穏やかに進む。平和主義者のぼくとしては、こちらの方が心穏やかに聴ける。アラン・ロンバール指揮のストラスブールフィルのバックは、例のストラスブールパーカッショングループのメンバーもいるからだろうか、この曲で重要な役割を果たす打楽器群の音が見事だ。ラヴェルが自身がモーツァルトの五重奏曲を模したと語った第2楽章は、夜の気配とロマンティシズムに満ちていて美しい。


この盤の音源はなかった。代わって楽譜付きでデ・ラローチャが弾く第2楽章を貼っておく。1分30秒過ぎで短調に転じるところはいつ聴いてもグッとくる。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

パールマン&小澤 ストラヴィンスキー ヴァイオリン協奏曲


このところずっとウィーン古典派ど真ん中を聴いていたので、少し気分を変えようと取り出したのがこの盤。イツァーク・パールマンが小澤&BSOと組んだベルクとストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲。この盤も店頭で買い求めたわけではなく、10年近く前にネットで知り合った方から数百枚を激安箱買いしたデッドストック盤の中に混じっていたもの。1978年、小澤もパールマンも最も勢いがあった時期の録音。


stravinsky.jpg   DSCN0533 (480x480)


B面に入っているストラヴィンスキーに針を下ろす。
この時期のストラヴィンスキーは、新古典主義への傾倒も自ら転向宣言するほどになっていたという。曲想はその路線のもので、オーソドクスな構成、譜割りと拍節感に近現代の和声感を加えたもの。第1楽章は<トッカータ>と表記されているが、行進曲調のポルカといってもいいほどの軽妙な楽章。第2、第3は共に<アリア>の指示がある。第2楽章は跳躍を伴う旋律、一方の第3楽章は旋律はより横への動きがあり、歌を感じる。特に第3楽章の調性、嬰へ短調は同じく♯3つを持つ関係調のイ長調と共にギター弾きには馴染みが深い。ギター曲でこの嬰へ短調に転じるときもそうだが、弦楽器におけるこの調性は厳粛で冷徹な感じを受ける。この第3楽章も同じだ。第4楽章はテンポを速めた技巧的な楽章だが、軽みと華やかさを帯びていて楽しい。
ぼく自身は20世紀の音楽のうち電子音楽さらに実験的な現代曲にはほとんど感度がないが、こうした新古典主義や後期ロマン派の結尾を受け継ぐような曲、あるいはベルクのように12音技法を使いながらも、どこか調性を感じさせる曲は好きだ。19世紀までの音楽とは脳内の刺激される部位が異なるようで面白い。


プロムスでのギル・シャハムの演奏で第4楽章。クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮NDR放響のバック。



この盤の全曲。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

スウィトナー&SKD モーツァルト交響曲第29番イ長調


穏やかな日曜日。終日在宅。田邊ギターの弦を交換。相変わらず楽器はあまり弾いていない。ソルのやさしめの曲をぼちぼち。きょうは作品60の4番と12番のアナリーゼとチョイ弾き。そのうち演奏動画でもアップしましょう。他、語るほどのもの無し。…というわけで、続けてスウィトナー&SKDいきます(^^;


DSCN0553 (480x480)  DSCN0555 (480x480)


クリーム色のジャケットがオールドファンには懐かしい1枚。70年代半ばに出ていた廉価盤<グロリア>シリーズ。当時の新潮文庫のカバー色を模したジャケットで、レコードの文庫本を目指したのだろうが、当時も今もまったく冴えないデザインという印象だ。収録曲は交響曲の29番と<アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク><セレナータ・ノットゥルノ>。当然ながら29番に針を下ろした。25番と共に10代後半のモーツァルトが書いた傑作の一つだ。
第1楽章、すぐにモーツァルトと分かる係留音を多用した印象的なフレーズで始まる。穏やかなウィーン趣味を絵に描いたようなといえばいいだろうか、一度聴いたら忘れない主題だ。実際この盤を学生時代に買ったときも、FMで聴き、一度で気に入ってレコード屋に走った。貧乏学生ゆえにグラモフォンのベーム盤には手が出ず、廉価盤のこの盤を「かっこ悪いジャケットだなあ」と思いながらも、スウィトナーとSKDのモーツァルトは最高さと自分に言い聞かせたものだ。
この29番の録音は確か1960年。きのうの記事に書いた40番・41番のエテルナ盤より15年近くさかのぼる。そのせいか、あるいは曲の性格からか、この盤でのスウィトナー&SKDの演奏は、控え目といっていいほど中庸で穏やかだ。もちろんいい意味での中庸と穏やかさで、SKDの響きはしなやかで美しい。41番でみせた颯爽とした鮮度の高さとは方向性が異なる。テンポもややゆっくり。しかしこの29番には相応しい解釈だ。後年、ジェイムス・レヴァインの同じ曲を買い求めたが、せかせかとした曲の運びでがっかりしたことがあった。この盤に関して、このスウィトナー盤がぼくの基準になっている。久しぶりに聴いたが、やはりいい演奏だ。


ベーム&VPO。一音一音かみ締めるように進める。いかにもベーム。60~70年代のスタンダード。こんなに生真面目かつ立派に演奏しなくても思ってしまうほどだ。



アバド&BPOの演奏で第1楽章。再現部の始まりあたりまで。こういう曲だとアバドも悪くない。優雅なウィーン風というよりは明快なイタリア調だ。



こんな手作り感のある演奏もこの曲には相応しい。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

スウィトナー&SKD モーツァルト <ジュピター>交響曲


先日来の記事で書いている通り、レコードプレーヤー;CEC社製ST930をメンテナンスしたところ、予想以上に音がリフレッシュ、加えてカートリッジにオルトフォン;SPUも導入してアナログ盤の音の良さにあらためて感心している。ビニール製の板に音の振動をそのまま刻み込み、それを針でなぞる…そんな半世紀以上前のシンプルな技術が、現代ハイテクのデジタル技術にまったくひけをとらない事実は、考えてみれば驚異的だ。


suitner.jpg   DSCN0528 (480x480)


そんなことを考えつつ今夜はスウィトナーのモーツァルトを取り出した。独シャルプラッテン原盤の交響曲第40番と41番の盤。1973年から75年にかけての録音。80年代初頭、当時の徳間音楽工業から1500円の廉価盤で出たシリーズ中の1枚だ。
第41番<ジュピター>に針を下ろす。冒頭の颯爽としたトゥッティが、シュターツ・カペレ・ドレスデンの安定した響きで始まる。ヴァイオリン群は整った音程で透明感にあふれ、木管群は暖色系の音でよくブレンドしている。そしてコントラバスの深い低音がしずかに全体を支える。速めのテンポ、スッキリと切れのよいフレージング、もたつかず要所要所で小気味よく決まるアクセント。スウィットナーのいいところがすべて出ているといってよい。特に終楽章は圧巻だ。ライヴを思わせるノリの快速調で、しかもインテンポでぐいぐいと音楽を引っ張る。とりわけモーツァルトの天性の技巧が対位法で展開する後半は興奮を禁じえない。完璧なSKDのアンサンブル、低弦群にも力がこもり、一層安定したピラミッドバランスを成し、圧倒的なフィナーレを迎える。


41番が見当たらなかったので40番・第1楽章の音源を貼っておく。スウィトナーがぼくらにも馴染みの存在となったのはN響への客演のおかげ。やや速めのテンポ、明快なフレージング、もたれないアインザッツ…音楽の進め方はレコードの41番も同様だ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)