ダイアン・リーヴス <クワイアット・タイム>


きのうの日曜も強風吹き荒れる一日。大型低気圧通過の中部山岳地帯は大荒れで遭難の報も。五月連休のこの時期には必ずといってよいほどこうした天気になる。下界の陽気とは裏腹に、2000メートル以上の山では低気圧の通過で一転猛吹雪になることもしばしばだ。
さて三連休のうち二日間をダラダラと過ごし、きのうは久しぶりにギターを取り出して3時間ほど弾いた。練習といえるような内容ではないが、譜面台に載せたままにしてあった佐藤弘和氏の曲集を広げて最初から最後まで手当たり次第に弾いて楽しんだ。

DSCN0782 (480x480)  DSCN0784 (480x480)


日付も変りそろそろ床に就こうかと思ったが、夕方近くの午睡が効いてか眠気もささず覚醒。休みの最終日には、延ばし延ばしにしている宿題を片付けなくてはと思いながらも、書類を広げる気にならず、まあいいかと相変わらずの体たらく。丑三つ時のジャズタイムと相成った。

DianneReeves.jpeg  DSCN0791 (480x480)

ジャズボーカルといえばもっぱら古い女性シンガーばかり聴いていたが、90年代後半になって、少しは新しい歌手も聴こうかと、ディー・ディー・ブリッジウォーター、ダイアナ・クラール、カサンドラ・ウィルソンといった歌手の盤を手に入れた。そんな中にダイアン・リーヴスもいた。手元に彼女の盤が3枚ほどあるが、今夜取り出したこの盤も、かれこれ十数年前の録音になる。新しい歌手とはいっても、1956年生まれの彼女はもうすっかりベテランだ。この盤にはお馴染みのスタンダードから最近の曲、ラテン系の曲まで多彩な選曲。そしてアレンジも斬新で、コンテンポラリーなジャズの響きを楽しむには格好のアルバムだ。エラやサラ、慣れ親しんだスタンダードとコードワーク…ぼくなどは最もジャズらしいと感じる音楽だが、80年代以降の新しい響きもときに新鮮でいい。


ラッセル・マローンのギター伴奏で歌うダイアン・リーヴス。



ごく最近のステージ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

閑話休題 ミケランジェリのショパン


異例の暖かさで例年より一週間も早く桜が咲いた三月に比べ、四月になってからは気温の低い日が多い。きのう土曜日も陽射しこそあれ、北風吹き抜け、外に出ると肌寒い一日だった。午後の外出以外はこれといったとこもなく所在なく過ごす。

開業から六年目を向かえた近所のショッピングセンター。相変わらず盛況の様子できょうも駐車場いっぱいの車。それでも店舗ごとの客足成績によって入替戦もあるようで、この春もいくつかの店舗がリニューアルされた。ぼくが用のある店は限られているのだが、そのうちの一つである楽器店も看板が以前の<ツー○ァイヴ>から<島○楽器>に変わった。もっとも商品群はそう変わったところもなさそうだ。ひと通り品揃えを確認し、挨拶代わりにギター雑誌を買い求めて店を出た。
その足で散髪へ。通い始めて一年になるヘアサロン。それ以前は夫婦でやっている典型的な<近所の床屋>へ行っていたのだが、思うところあって店を変えた。カットする前にスタッフの女性が丁寧にシャンプーをしてくれるのだが、これが中々心地よい。必要悪のような床屋の少々手荒なシャンプーと違って、こちらは丁寧に髪の汚れを落とし、かつ頭皮マッサージも加わる。しかもチャーミングな女性スタッフが程よい力加減でゆっくりとやってくれる。鼻炎用の抗ヒスタミン剤も効いてか、そのまま眠りの落ちそうになる。女性の極楽天国エステティックサロンの心地よさが何となく分かるような気がする。


Michelangeli-Arturo-Benedetti-09.jpg   DSCN0780 (480x480)


例年ならゴールデンウィークは一週間ほどの連休になるのだが、今年はカレンダー通り。まずは今週末と月曜までが三連休。いつもの週末より一日多いだけで気分は大いに違う。夜更けて日付けが変わっても、あすもあさってもあるという気安さがある。実は仕事の関連の宿題もあってそう呑気にしてもいられないのだが、まあいいやと、オーディオセットのスイッチを入れてレコードを聴くことにした。音盤棚をトレースして取り出したのは、以前も記事に書いたミケランジェリの弾くショパンアルバム。録音は1971年。収録曲は以下の通り。

<A面>
1. マズルカop.67-2
2. 同op.56-2
3. 同op.67-4
4. 同op.68-2
5. 同op.68-1
6. 同op.33-1
7. 同op.30-3
8. 同op.30-2
9. 同op.33-4
10. 同op.68-4
<B面>
11. 前奏曲嬰ハ短調op.45
12. バラード第1番ト短調op.23
13. スケルツォ第2番変ロ短調op.31

マズルカのいくつかに加え、バラードの1番とスケルツォの2番という選曲がいい。最近の愛聴盤であるアファナシエフ盤は、その深く瞑想する表現が素晴らしいが、このミケランジェリの盤は一瞬のインスピレーションによる天才的な感覚が光る。テンポはやや遅めながら曲の中でしばしば加速減速があるので、実際のテンポよりも動きを感じる。フォルテシモも余裕があり、終始美しい音色だ。


バラード第1番。楽譜付きはこちら



マズルカ 作品33-4



S・グロンドーナのギターで同曲。楽器はA・トーレス。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ベートーヴェン 三重協奏曲


あっという間に四月も終わりに近付いた。中々慌しいひと月だった。月末土曜のお昼前。午後から野暮用外出の予定だが、ちょっと時間があるのでアンプの灯を入れた。たまには明るい陽光のもと、健康的に音楽を聴きませう。…というわけで、取り出したのはベートーヴェンのトリプルコンチェルト。


DSCN0770 (480x480)  DSCN0773 (480x480)


カラヤンが見出したムター、若き日のヨー・ヨー・マ、当時まだ若手だったピアノのマーク・ゼルツァー。オケはもちろんベルリンフィル。1979年の録音。50年代から続く伝統的な独グラモフォン録音のアナログ最終期。録音技師にはお馴染みカラヤンの耳といわれたギュンター・ヘルマンスの名前もある。この曲は世評とは裏腹にベートーヴェンの曲の中ではお気に入りのもの。数枚の盤が手元にあって、明るい陽が差し込むこの時期にはよく聴く。

十代から三十代の若い独奏者による演奏だが、まったくもって立派な演奏。カラヤンの教育的指導が支配しているのだろうが、音楽は成熟し落ち着いた運び。中庸のテンポ、ドイツ音楽らしい深いアインザッツとベルリンフィルの腰の据わった音色、それらの特性を生かした独グラモフォンのピラミッドバランスの録音。三拍子も四拍子も揃ったとはこのことだろうか。反面、独奏者の突出した個性や丁々発止のやり取りといった側面は少ない。それでも第三楽章ロンド・アラ・ポラッカ(この曲はこの楽章が一番面白い)では三人の個性がにわかに感じ取られる。一番落ち着いているのは当時まだ16歳のムターだ。ソロのパッセージをわずかながら引きずるように弾く。オジサンさん達、そんなにノリノリで行っちゃダメよ、と言わんばかりで中々のものだ。一方で三人がトゥッティで同じスケールを弾くところなどはむしろ彼女が煽り気味に一気に音階を駆け上がる。
カラヤン、オイストラフ、リヒテル、ロストロポーヴィッチのかつてのオールスターズの盤はもちろん圧倒的な素晴らしさだが、この盤も他のいくつかの盤と同様、捨てがたい名盤だ。


ベルリンフィルのライヴ。この曲と合奏幻想曲合せてたっぷりと。パールマン、マ、バレンボイムの弾き振り。コンマスには先日のOEK盤でソロを弾いていた安永徹。フルートはパユ。第三楽章は23分50秒から。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

メンデルスゾーン ヴァイオリンとピアノのための協奏曲ニ短調


四月から仕事環境変わって三週間が過ぎ、ちょっと緊張が緩んだのか、一昨日から風邪をひき咽頭痛と鼻水に見舞われた。手元にあった市販薬の中では強めの抗ヒスタミン剤や消炎剤をドーピングし、かろうじて発熱増悪の手前で踏みとどまっている。しかし薬のせいで眠気も酷く、きのうもきょうも往生した。何とかあすあさってと乗り切ろうか。 さて今夜は八時半過ぎに帰宅。ひと息ついて少し時間があるので、三日ぶりでアンプの灯を入れた。音盤棚を見回し、久しく聴いていないこの盤を取り出した。


OEKの本拠地。JR金沢駅前にある県立音楽堂。
DSCN0764 (480x480)  DSCN0760 (480x480)


オーケストラ・アンサンブル金沢;OEKの一連の録音からメンデルスゾーンのあまり演奏されない協奏曲とモーツァルトの38番ニ長調<プラハ>を収めた盤。数年前に出張で金沢を訪れた際に地元のレコード店<ヤマチク>でOEKの盤をまとめて手に入れた中の1枚。今夜はメンデルスゾーンのトラックを選んでプレイボタンを押した。ヴァイオリン安永徹、ピアノ市野あゆみ。2005年の録音。指揮者なしでの演奏とライナーノーツに書かれていた。
この曲はメンデルスゾーンが弱冠14歳のときの作品だそうだ。堂々18分を要するソナタ形式の第1楽章。冒頭からニ短調の調性に相応しく、悲劇的な曲想で始まる。モーツァルトの短調作品を思わせる古典的様式感と充実した和声。ヴァイオリンとピアノ扱いもまったく不自然さはない。ところどころで古典派から少しはみ出すような初期ロマン派らしい斬新な転調も織り交ぜて、まったく飽きさせない。第2楽章は二つの独奏楽器主体の静かで美しいカンタービレ。第3楽章も充実したアレグロ・モルト。両ソロ楽器の技巧的なパッセージも十二分に折り込まれて聴き応え十分だ。
メンデルスゾーンはホ短調ヴァイオリン協奏曲ばかりが有名で、知名度の割には他の曲があまり聴かれない。3番以降の交響曲はもちろん、弦楽合奏や吹奏楽のための合奏曲、室内楽やピアノ曲、そして大規模な宗教曲まで傑作揃い。もっと聴かれてしかるべき作曲家だろう。


ロシアの天才?!少女二人による演奏で第1楽章。詳細は寡聞にして不案内。失礼。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

大友直人&群馬交響楽団 音楽監督就任記念コンサート


昨日土曜日、久しぶりにオラが群馬の至宝;群馬交響楽団の演奏会に行ってきた。
この四月から音楽監督となった大友直人の就任記念のオープニングコンサートという位置付け。ワグナーのマイスタージンガー前奏曲に始まり、モーツァルトの41番<ジュピター>。休憩をはさんで後半はR・シュトラウスの交響詩<英雄の生涯>という、ハレの舞台に相応しい曲目だ。


ongakucenter.jpg  DSCN0756 (480x480)


前音楽監督;高関健時代の群響(当地では親しみを込めてグンキョウと呼びます)は90年代半ばから十年余に渡って黄金期を築いた。ぼくもその後半に当たる2000年からの数年間は定期公演、特別演奏会などほとんどの演奏会に足は運び、東京公演にまでオッカケで行ったものだ。高関健が辞めたあと音楽監督の席は空席になっていて、沼尻竜典が首席指揮者兼芸術アドヴァイザーという立場で三年間務めていた。

6時開場。あいにくの雨にも関わらず客席はほぼ満席だ。6時半頃からいつもの通り音楽評論家;渡辺和彦氏のプレトーク。定刻の6時45分に客電が落ちチューニングが始まった。しばしの静寂のあと大友直人氏が颯爽と登場。昔のイメージそのままだが、五十代半ばとなって髪はすっかり白くなった。指揮棒を持たないスタイルの彼の両手が振り下ろされて最初の曲マイスタージンガーが始まった。
最初のトゥッティを聴いて驚いた。オケの音がかつての記憶よりずっと大きいのだ。弦楽群は14-12-10-8-7と以前と変わらないのだが、ボリューム感十分の響き。ワグナーの分厚いスコア構成もあってか、響きの悪い群馬音楽センターのハンディキャップを感じさせない。当夜のプログラムは編成も大きいことから舞台手前の袖を客席側に追加し、そこに弦楽群の手前のメンバーが載っていたということも影響していたのかもしれない。演奏はやや速めのテンポながらいたって正統派。妙な仕掛けや気を引くような演出はない。コントラバスの50ヘルツ以下の低音がしっかりと響いてきて、オーケストラ音楽の醍醐味を十分に感じる。後半、各主題がアヤを成すように絡み合う下りなど、各パートがよく分離しつつ互いに聴き合いながら進んでいるかのようで、余裕さえ感じる。
続くモーツァルトは編成を縮小。10-8-8-5-3と特にチェロ・バスが薄めで心配したが、却って音が団子にならず見通しをよくなり、ジュピターの音の構造がよく分かって面白い。特に終楽章のフーガ部などは編成が大きいと力で押すような演奏になりがちだが、当夜の演奏は各パートの動きが明瞭。ヴァイオリン群もよく整ったピッチとアンサンブルで実に美しかった。
休憩をはさんで後半はメインプログラム、リヒャルト・シュトラウスの交響詩<英雄の生涯>。この曲を実演で聴くのは初めてだ。手持ちの盤ではオーマンディ&フィラデルフィア管のLPで聴き親しんでいたが、こういう大編成かつ各パートが複雑に絡み合う後期ロマン派以降の曲はレコードやCDを聴いて得られる情報には限りがある。実演に接して、目前で各パートが出入りしながら演奏される様を見ると、実に多くの発見があるものだ。実際、今回初めてこの曲を聴きながら、ああ、ここはこういうことだったのかと合点する場面が多々あった。群響の演奏は実に立派。各パートごとにまとまった上でのチームプレイという、オーケストラサウンドの成り立ちもよく分かるいい演奏だった。久しぶりに聴いた群響。しかも大曲<英雄の生涯>に大満足。今年は以前のように定期に通おうかと思っている。

群響HPにある練習風景

昨年夏の特集記事;<特集>群馬交響楽団を聴く

R・シュトラウスを得意にしたケンペの音源があったので貼っておく。<英雄の生涯>前半。



久しぶりのドクトル中川



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

セゴヴィア MCA-2524


今週も後半に突入。慌しい日が続いている。きょうは都内霞ヶ関の真っ只中で一日所用。9時少し前に帰宅。一服して大きな溜め息を一つ。日付けが変わるまでに少しだけ時間があるので、アンプの灯を入れた。そういえば4月に入ってからまともに楽器に触っていない。今夜こそと思ったがかなわず。しばらくは余裕をもってギターを弾けそうにない。まあ、仕方ないッスネ。代わってセゴヴィアのレコードでも聴くとしませう。


Andres-Segovia.jpg  DSCN0753 (480x480)


手元にはセゴヴィアのLP盤が20枚余りある。多くはこの10年ほどの間に中古レコード店で手に入れたもの。もちろんジャケットイメージや演奏は40年前から馴染みがあるし、CDでは90年代になる直前に出たセゴヴィアコレクション全16巻+αが手元にある。今夜取り出したのは輸入盤のMCA-2524。収録曲は以下の通り。1961年のリリース。

A1. パバーナ第2番(ミラン)
A2. パバーナ第1番(ミラン)
A3. パッサカリア ホ短調(ド・ヴィゼ)
A4. ジーガ・メランコリカ(セゴビア編)
A5. ラルゴ・アッサイ(ハイドン)~<弦楽四重奏曲作品74の3>より
A6. メヌエット(ハイドン)~<弦楽四重奏曲作品76の1>より
A7. グラナダのサンブラ(アルベニス)
B1. ガリアルダ(サンス)
B2. エスパニョレータ(サンス)
B3. ソナタ ト長調 L.79 K.391(D.スカルラッティ)
B4. アンダンテ・ラルゴ ニ長調作品5の5(ソル)~「6つの小品作品5」より
B5. ロンド ハ長調(ソル)~「グランド・ソナタ作品22」より
B6. 無言歌 作品30の3(メンデルスゾーン)
B7. ロス・ピーノスのロマンセ(トローバ)

中々盛りだくさんのプログラム。ルネッサンス、バロックから古典、スペイン近代まで、いささかごった煮の感が否めないが、まあセゴヴィア節を聴くためのアルバム、選曲は二の次と思えば不自然でもない。その昔、ギターを始めたばかりの高校生の頃、セゴヴィア、ブリームやイエペスといった当代のメジャー演奏家の中ではセゴヴィアの演奏をもっとも敬遠していた。しかし、いま聴くと音楽的に一番真っ当なのはセゴヴィアだと感じる。19世紀的スタイルだとか、どんな曲も時代性を感じないセゴヴィア節だとか言われることも十分承知してはいるが、音楽の基本にもっとも忠実なのは誰かと問われたらセゴヴィアを挙げたい。ブリームやイエペスの腑に落ちない点をここであげつらうつもりはないが、彼らの演奏には時として不自然なアーティキュレーションを感じる。一方、セゴヴィアにはそれが少ない。音楽の流れがきわめて自然だし、フレーズの緊張と弛緩を適切に伝えてくれる。


ハイドンのメヌエット。音楽は実によく流れている。


晩年のドキュメンタリーの一部




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ケンペ&BBC響 シューベルト 交響曲第5番


週明け月曜日。終日都内某所にて所用。5時に終了後、場所をかえて若干の延長戦があって8時半過ぎに帰宅した。ひと息ついて音盤棚を見回すが、これといって触手をそそるもの無し。しかしアンプのスイッチも入れたし、今からギターを練習するほど時間もないしということで、しばらく聴いていなかったこの盤を取り出した。


DSCN0749 (480x480)   DSCN0746 (480x480)


ルドルフ・ケンペがBBC響を振った演奏。1974年夏、ロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ録音。しばらく前に、といっても十年以上前だが、BBCの放送録音ライヴラリーからCD化されたシリーズの中の1枚。ブラームスの4番とシューベルトの5番が入っているが、気分はシューベルト。先日、ベーム盤を聴いたときの記事にも書いたが、この第5番はシューベルトの交響曲の中でもお気に入り一曲だ。全4楽章がシンプルながらもそれぞれ独自の美しい歌にあふれる。ぼく自身は<未完成>や<ザ・グレート>より数段気に入っている。
ケンペとBBC響の演奏は横へ流れるフレーズが滑らかで美しいし、第1楽章などはメリハリも効いていて中々若々しい演奏だ。もっとも音色感はやや渋めのよくブレンドされた響きで、流麗ではあるが軽い感じはない。低弦群も充実した響きでヨーロッパの伝統を感じる。箸休め的になりがちな第3楽章メヌエット(実質スケルツォ風だが)なども聴きどころの連続で飽きさせることがない。


フランスの指揮者マルク・ミンコフスキーと彼が設立した<ル・ミュジシャン・ドゥ・ルーブル>の演奏で全曲。バロック・ファゴット出身の彼らしく、古い形式の楽器を使いオケのピッチも低めにしている。


<追伸>
きのうの美空ひばりの記事で、彼女が歌う<上海>を称して「完璧な英語」と書いたが、「完璧」は少々言い過ぎではないかとのご指摘のコメントを英語が専門の方からいただいた。上州弁ネイティブのぼくにとっては完璧に思えたのだが、「完璧」に相対評価はない。不明を恥じて修正した。ご指摘いただいたXさん、ありがとうございました。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)