中村紘子 グリーグ・ピアノ協奏曲イ短調


五月もきょうで終わり。最後の金曜日。少し早く七時半過ぎに帰宅。暑からず寒からず週末の夜。ひと息ついて雑誌を眺めていたら、日付けが変わる時刻になっていた。
偶然だが、このところ海野義雄、徳永兼一郎、潮田益子と<昭和の>日本人演奏家の盤を続けて聴いた。…となればこの人の登場だろうかと思い、レコード棚をサーチ。こんな盤を見つけた。


DSCN0928 (480x480)  DSCN0926 (480x480)


中村紘子の弾くグリーグ・ピアノ協奏曲。1979年の録音。大町陽一郎指揮東京フィルハーモニー交響楽団のバック。そして当時ソニー副社長だった大賀典雄みずからプロデューサーを務め、録音機材は当時ソニーが開発したPCM(デジタル)録音機という、鳴り物入りのレコーディングだ。ライナーノーツによれば、芸大卒のバリトン歌手でもある大賀氏はセッションを通じて常にスコアを片手にモニタースピーカーからの音を聴き、中村・大町両氏と意見交換をしてベストテイクを目指したとのこと。付け加えるなら、当時三十代半ばの中村紘子を写したジャケットの写真撮影は立木義浩だ。前橋汀子&篠山紀信を思い出す。このレコードをどういう経緯で手に入れたか記憶にないが、確か知人から「もう聴かないから」と譲ってもらった百枚ほどの盤の中にあったと記憶している。当時、中村紘子をジャケ買いすることは無かったはずだ。

DSCN0930 (480x480)

演奏はかなり個性的だ。すべての楽章でテンポは遅め、表情付けはかなり濃厚で、ロマンティックな解釈。一方で曲が盛り上がった際のフォルテシモの響きは尋常でないほど強靭で、ソニーがデンオンに遅れをとったPCM録音の失地を挽回しようと総力をあげて開発したデジタル機材の威力もあって、スタインウェイのゴージャスな響きが荒川区民会館に響き渡る。それでも第一、第二楽章はよいとしても、さすがに終楽章まで重戦車のようなテンポと響きでやられるとたまらない。一向に音楽が流れない。あのリヒテル&マタチッチ盤が軽快に感じるほどだ。中村紘子は90年代後半にグリーグを録り直している。最近の演奏を耳にしていないが、今でも盛んにコンサートを開き、協奏曲も弾く姿勢には拍手を送りたい。


16歳の中村紘子。N響の海外公演に随行したときの演奏。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

訃報 潮田益子


ヴァイオリニストの潮田益子さんが亡くなった。享年71歳。白血病だった由。少し前までサイトウキネンオケや水戸室内管弦楽団の先頭になって活躍されていたが…。合掌


DSCN0922 (480x480)  DSCN0917 (480x480)


手元にある唯一の盤を取り出した。1966年のチャイコフスキーコンクールで第二位になったあと、日本でのデビューを飾った記念すべき録音。森正指揮の日本フィルのバックでチャイコフスキーとバルトークの2番の協奏曲が収録されている。1968年録音。以前、チャイコフスキーを聴いて記事にしたことがあったが、今夜はバルトークのトラックを選んだ。1966年、日本国内は高度成長の真っ只中。その年のチャイコフスキーコンクールでは潮田益子が第二位、佐藤陽子が第三位、安田謙一郎がチェロ部門の第三位に入った。そんな時代の勢いと二十代半ばの若さを感じる演奏だ。彼女はチャイコフスキーコンクール本選の自由曲で同じバルトークの1番を弾いたそうだ。若いなりにバルトークの語法の隅々にまで共感して弾いたことだろう。チャイコフスキーでの演奏同様、透明でキレのいい音色でバルトークのややひんやりとした雰囲気に相応しい。森正指揮の日本フィルも立派なもの。杉並公会堂での録音も分離、音場感ともよく録られていて、当時の日本の録音技術の高さを証明してくれる。


YouTubeにあった唯一のソロ演奏。リャードフの小品2曲。気品と格調高さを感じる弾きぶりだ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バルビローリ&NPO マーラー交響曲第六番イ短調<悲劇的>


五月最後の週。朝晩の空気も少しずつ湿り気を感じるようになってきた。まだムッとするほどの不快感はないが、早晩そういう季節の到来。当地では例年六月始めには梅雨入りとなる。
さて今夜は八時半過ぎに帰宅。一服して少し前にアンプの灯を入れた。


barbirolli_portrait.jpg  DSCN0912 (480x480)


バルビローリとニューフィルハーモニア管弦楽団によるマーラー第六交響曲のLPを取り出す。1967年8月ロンドン・キングスウェイホールでのセッション録音。R・シュトラウスのメタモルフォーゼンがカップリングされている。この時期のバルビローリのマーラーとしては、同じNPOとの五番とベルリンフィルとの九番がある。いずれも名演のほまれ高いもので、ぼくの手元にもある。今夜は第六番の第三楽章に針を下ろした。

マーラーの緩徐楽章、それもバルビローリとくれば、濃厚なロマンティシズムとたっぷりとした歌心に満ちた演奏を想像する。しかし六番のこの第三楽章は、アンダンテ・モデラートの指定もあるように、それほどこってりとした音楽ではない。もちろん出だしの数秒を聴いただけでマーラーのそれと分かる音楽であるには違いないが、美しくも淡いロマンティシズムに満ちた音楽が静かに流れていく。この楽章だけ聴くと、第一楽章のあの勇ましい開始は想像すらできない。ニューフィルハーモニア管の音もよく整っているし、録音も低く深いコントラバスのピアニシモまでよくとらえられていて申し分ない。


アバド&ルツェルン祝祭管弦楽団(アバドの息のかかったそうそうたるメンバー。クラリネットにザビーネ・マイヤー!)。2006年の演奏。かつてはバルビローリの録音の通り、第三楽章にアンダンテ・モデラートをおくのが一般的だったが、近年はこのアバドの演奏のようにアンダンテ・モデラートの楽章を第二楽章として演奏することが多い(2003年マーラー協会の宣言の影響)。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

徳永兼一郎のチェロ再び


N響の主席チェリストだった徳永兼一郎が癌で亡くなってから17年が経った。先週5月17日が命日だった。きょう日曜の夕方、ふと思い出して彼の盤をプレイヤーにセットした。夕暮れ時の感傷もあってか、目前で演奏するかのように響くチェロにいたく心を打たれた。そういえば…このブログの初期に一度記事に書いた。きょうはその記事を再掲しておく。またその後YouTubeにアップされたNHKのドキュメンタリーを付しておく。


DSCN0909 (480x480)  DSCN0911 (480x480)


===2010年10月24日の記事===============
きのう病床に伏した人を前に演奏しながら、ふとNHK交響楽団のチェロ奏者だった徳永兼一郎を思い出した。
70年代から80年代のN響をテレビで、あるいは時にはライブで接してきたぼくには、いくつかの懐かしい顔がある。コンサートマスターの田中千香士、徳永二男、ホルンの千葉馨やフルートの小出信也。当時の各パートトップの顔が今も浮かんでくる。指揮台には岩城宏之、外山雄三、サバリッシュ、スイットナー、マタチッチ、ブロムシュテット。名前を連ねるだけで当時の空気まで思い出す。そんな中の一人にチェロの徳永兼一郎がいる。同じ頃コンマスだった徳永二男は彼の弟にあたる。朝からどんよりとした曇り空だったきょうの日曜日、脳天気な音楽を聴く気にもなれず、ふと思い出した徳永兼一郎が演奏するチェロの小品集を取り出してみた。

チェロトップの彼はいつも指揮台のすぐ前に座り、実によく指揮者を見ていた。そして『燃えない、冷静、エリート臭い』と言われた当時のN響メンバーの中にあって、ときに抱えたチェロがほとんど垂直になるほど身体を前のめりにし、ひとり気を吐いていた。しかし彼はそのキャリアのピークに癌に侵され、1996年5月に55歳で世を去る。亡くなる直前、入院先のホスピスで最後の力を振り絞って演奏する彼の姿がNHKで放映されたのを覚えている人も多いだろう。この盤は1971年彼が30歳のときの録音で、チェロの有名なショートピースを演奏している。オンマイクの録音がより一層リアルにチェロの音をとらえ、目前に彼がいるかのような錯覚におちいる。録音当時、30歳の彼は正に前途洋々であったろう。その後の悲劇などもちろん誰も知る由もない。このアルバムジャケットのこれ以上ないほどの素晴らしい笑顔をながめ、そしてチェロの美しい小品を聴いていると、何ともいえない悲しみと悔しさで胸がいっぱいになる。小品集でありながら、慰安として聴くには重いこのアルバムを次に取り出すのは、またしばらく先になるだろう。
<付記>
この盤でピアノ伴奏を弾く神谷郁代は、当地群馬県の出身であることを付記しておこう。
================================


◆NHK製作のドキュメンタリー。4つに分割アップされている。


◆スウィトナー&N響<魔弾の射手>序曲。チェロトップに徳永兼一郎。3分3秒過ぎから注目。コンマスには弟の徳永二男。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

チェリビダッケ&MPO シューマン 交響曲第三番変ホ長調<ライン>


五月最後の土曜日。好天ながら陽射しほどほどで、気温もさほど上がらずに済んだ。夜、当地群馬二百万県民の宝;群馬交響楽団の定期があるので聴きにいく予定だったが、午後から野暮用出来てかなわず残念。先月の大友直人音楽監督就任記念の演奏会があったが、今年度の定期演奏会としては今夜は最初。指揮者に秋山和慶、ピアノに伊藤恵を迎えて、ベートーヴェンのエグモント序曲とピアノ協奏曲の四番。それとシューマンの三番というオールドイツ物の重厚なプログラムだった。秋山和慶の美しいバトンワークを楽しみにしていたが、かなわず。仕方なく自室でショボショボと音盤で聴きましょう。


DSCN0898 (480x480)  DSCN0906 (480x480)


四曲あるシューマンの交響曲はいずれも好きな曲で、コンヴィチュニー盤、サヴァリッシュ盤、クーベリック盤(二回目のバイエルン放響との録音)、クレンペラー盤などが全集としてあるし、個別にもテンシュテット、フルトヴェングラー、カラヤンなど、やはり独墺系の指揮者を中心に何枚かある。そんな中から今夜はチェリビダッケの三番を取り出した。もう十年以上前になるが晩年のミュンヘンフィルとの一連のライヴ録音がEMIから出たときの一枚。1988年の録音。カップリングは同じくシューマンの四番。

この曲は第一楽章冒頭の音でかなり印象が決まる。ズワーンといくか、パーンといくか。オーケストラ音楽愛好家ならこのアインザッツの違いとイメージはすぐにわかってもらえるだろう。チェリビダッケはズワーン、かつかなりソフトに始まる。以降もゆったりとしたテンポと深く暗めの音色でジワジワと音楽を進め、第一楽章展開部での寄せては返す緊張と解決、コントラバスの意味ありげな動きなど、ドイツロマン派の本流を好む向きにはたまらない展開となる。テンポを遅くとりながら緊張感と充実した響きを維持するのはオケのメンバーにとっては大変な負荷がかかる。この曲に限らず、チェリビダッケのテンポ設定と張り詰めた音響は、オケの団員が信頼と尊敬をもって彼に応じている何よりの証拠だ。第二楽章以降も音楽は常に悠揚迫らず、美しくかつスケール大きく進む。カップリングされている四番同様、他に類のない名演だ。


バーンスタイン&VPOの濃厚なロマンティシズムを湛えた演奏で全楽章。
第一楽章冒頭は1分10秒パーンと始まるが、実にエネルギッシュなパーンだ。2分42秒からテンポを落としてオーボエが第二主題を出す。4分15秒から展開部突入。4分31秒から木管群が出るとそれに33秒からコントラバスが静かに応える。以降45秒過ぎからの一連のフレーズ、53秒過ぎから小節の一拍目に入るコントラバスの響き。オーケストラ音楽の楽しみ極まる。5分30秒から高まる緊張感。5分35秒ティンパニのトレモロ入る。(…サッカーのネット書き込み実況みたいだな)



第四楽章冒頭のトロンボーンパートをベルリンフィルのトップが教えるマスタークラスの様子。
上のバーンスタインの映像では24分過ぎから始まる。



取り上げたチェリビダッケの盤全部。三番と四番。たっぷり



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

トゥーツ・シールマンス <CHEZ TOOTS>


木曜終了。今週も山を越えてあす乗り切れば週末だ。週末…といってもバラ色のひとときが待っているわけではないけれど…まあね。 というわけで、まだ一日あるがちょっと気を抜いて、甘党のわたくし、壇蜜もとい、あんみつ食べながらゆるい音楽を聴いちょります。


DSCN0892 (480x480)  DSCN0894 (480x480)


大御所トゥーツ・シールマンスのハーモニカ。1998年のリリースでヨーロッパテイストの曲を取り上げたアルバム。「パリの空の下」「ムーラン・ルージュの歌」といったお馴染みの曲もあり、日本人好みのノスタルジック路線。有体に言うなら<カフェに流れるおしゃれな音楽>というところ。セールス的にも好成績のアルバムらしい。ダイアナ・クラール、ダイアン・リーヴス、ジョニー・マチスといった大物がゲスト参加していて、1枚飽きさせずに聴かせる。たまには箸休めによろしでしょう。


去年の10月。シールマンス90歳。



誰かハーモニカ吹いてくれませんかね。ギタ伴奏承ります(^^;



90歳になってもこのくらい音楽を楽しめたら、さぞ楽しかろう。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

海野義雄 チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲


五月も下旬になって昼間の気温も上昇中。かつ湿度感も高く、あと二、三週間で梅雨の季節がくる気配も感じる。春から夏への季節の変わり目だからか、何となく体調すぐれず、朝からだるい。…などと言いながらも地味に勤め人生活継続中。今夜は八時少し回って帰宅。一段落して、三日ぶりにアンプの灯を入れた。


unnno.jpg   DSCN0889 (480x480)


海野義雄が弾いたチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の盤を取り出す。オケはハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮の北ドイツ放送放送交響楽団。1967年の録音。メンデルスゾーンのホ短調の協奏曲がカップリングされている。いわゆるメンチャイの一枚。70年代半ばにグラモフォンの廉価盤レーベル;ヘリオドール・シリーズが一段落したあと、この焼き直しとして出てきたシリーズ中の一枚だ。
海野義雄といえば、その演奏よりも80年代初頭のガダニーニ事件を思い出す。事の真相や経緯についてぼくなどが言うことは何もないのだが、あれから30年たっても、こんな与太ブログとはいえ、いまだに登場させられるのは本人には不本意かもしれない。しかし、それだけインパクトの大きな事件だった。きょう取り出したグラモフォン盤は当時まだ30歳になるかならないかの前途洋々たる若き日の録音だ。
第一楽章、当時の海野義雄の血気盛んな若さが表れる。ドイツ正統派のイッセルシュテットのリードが意に添わないかのように、海野はフレーズを先へ先へを前のめりに弾き進める。当時の立場から言えば完全に胸を借りる状態だったはずだが、そんな気配はなく、わが道を行く海野義雄。しかしヴァイオリンの音そのものは太く逞しい。イッセルシュテット配下のNDR響はややくすんだ響きと重厚な弦楽群の音がいかにも北ドイツのオケを思わせ素晴らしい。
テンポをかなり揺らす海野の曲の運びとたっぷりと太い音色は、第二楽章でのロマンティックな曲想になって功を奏し、第三楽章に入るとようやく両者の息も合い始める。ライナーノーツを見るとハンブルクでの録音セッションは二日に渡っている。おそらくチャイコフスキーの第一楽章は初日のセッションではないかと想像する。二日間とはいえ、時間と共に両者に自然と調和が進むのだろう。
海野義雄は90年代以降音楽活動を再開し、アンサンブルを主宰したり、音大の学長を務めるなどなどの動きはあったようだが、結局演奏活動そのものは以前のように活発になることはなかった。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)