ハーベス社 HL-P3ESR


六月最後の週末。高温多湿の梅雨ぞら。そしてあすは七月だ。今年も半分終わった。いろいろ環境変化もあって、この半年間はあっという間に過ぎた。そのあたりの述懐はまたいずれ。
さてきょうは久々にオーディオネタ。だいぶ前から小型スピーカへの移行を計画しながら、三菱2S-305への思い絶ちがたく、逡巡する月日が続いていたが、今春ついに305を放出(まだ買い手が付かず、某ショップ店頭でデモ継続中…)。これまで使っていたリビングミュージック社のS-2Cもいい音を奏でてくれているが気分一新したいこともあって、最近のモデルを物色していた。その結果、ELACの310IBを手にしたのだが、大胆にもこのベストセラー機にダメ出し。どうしようかと思案していたところ、まったく偶然としか思えないのだが、もう一つの候補に考えていたHarbeth社の小型スピーカの中古に遭遇。程度はほとんど新品ということもあって、エイや~と手を打った。…とまあ、そんなノン気な出来事がこのひと月ちょっとの間にあった。


hlp3esr-2_20130630190350.jpg DSCN1105 (480x480)


Harbeth社のHL-P3ESRが拙宅にきてからひと月近くになる。結論として、最初からこれにしておけばよかったと思うことしきり。内容量10リットルに満たない小型密閉型であるが、もっとも心配していた低音も予想よりもしっかりと出る。仕様上のfoは75Hzなので、周波数特性はその辺りからダラ下がりになるが、50Hz近辺、コントラバス3弦以下の音域もしっかりレスポンスする。オーケストラ曲を聴きながら、コントラバスパートに聞き耳を立てて和声の骨格の流れを楽しむにも問題はない。何よりバスレフポートの共振点を持たないので、50~70Hz辺りで不自然な低音を演出することがないのがいい。ELACダメ出しの要因だった中高音に関しては、オーソドクスなツイータのためキラキラもギラギラもなく、ごく自然な音色だ。つまり演出感のない低音からオーソドクスな高音まで音色が整っていてフルレンジを聴いているかのようだ。かなりキザな表現で使うのをはばかるのだが、「きわめて音楽的に鳴る」といえばいいか。そんなわけで、小型スピーカ探しの旅もここでひと段落となった。

きょう日曜の午後、半日かけてあれこれ録音を試みた。部屋でいつものようにHL-P3ESRを鳴らし、それをリスニングポジションにセットしたZOOM社のレコーダーQ2HDで録音してみた(写真参照)。ほぼ実際に聴いているイメージに近く録れたので、参考音源としてYouTubeにアップしてみたので聴いてみてほしい。最初はレコード盤が回る動画も一緒に入れようと思ったのだが、レコードが回っている動画というのはほとんど静止画に近く、何だかよくわからない。よって手元の極私的写真も入れてスライドショーに。


まずはCDによる再生。サルサバンド、オルケスラ・デ・ラ・ルスとNORAのヴォーカルによる演奏で(高田みづえの…といった方がいいかな)「私はピアノ」。音量は昼間ごく普通に部屋で聴いている程度、会話をしながら聴けるレベル。ヴォーカルの音で少し部屋のエコーがのっているのが分かる。



続いてLP再生。ペーター・マーク&ロンドン響によるメンデルスゾーンの第3番「スコットランド」。第1楽章序奏から主部に入るあたりまで。遅めのテンポ。1分50秒辺りからの低弦群の充実ぶり。2分20秒でのトランペットの強奏。2分26秒過ぎからの低音の上昇音階もたまらなくいい。何度聴いても名曲名演だ。


さらに2本アップしているが、近々また。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

畠山美由紀


今週もあわただしく終了。昨夜はちょっと居残りで夜十時過ぎに帰宅。ひと息ついたらすでに日付けが変っていた。まあ、あしたは休みだ。気ままにいくぜぇ。
このところブログへのアクセス数こそ変化なくIP数で一日120から160ほどだが、一時期より拍手少なくバナークリックも低調。 もう少し気の効いた記事書いたらどや…、いつもワンパターンだな…、音楽のセンス最悪…、へぇそうなんだ、どこかでネタに使おうか…、演奏動画どうした…、北欧ネタは絶えて久しいが…。まあ、いろんな声が聞こえてきそうだ。まもなく700話。三ヶ月後には三周年。でも何も変りません(^^; 相変わらずのぐうたら与太ブログ継続。
さて、少し前に「ケッコーいろいろ聴いている」などと生意気なことを書いて反省しているのだが、きょうはちょっと隠し玉を投入する。といっても最近急にメジャーになってきたのでご存知の方は多いと思うので、今更ではあるのだが。


hatakeyama.jpg  DSCN1027 (480x480)


畠山美由紀。アラフォーの女性ヴォーカリスト。畠山みどりにあらず。このところ夜毎ひそかに聴いていたのだが、きょうはこの場でカミングアウトしてしまおう。デヴューは十年以上前だが、メジャーになったのは数年前からだろうか。ぼくも名前はかなり以前から知っていたがアルバムを手にしたのは半年ほど前だ。写真のアルバムは今月リリースされたばかりの新譜。雨にちなむ曲、夏にちなむ曲など、この季節に相応しい内容に仕上がっている。

極上の美声ではないし、CDで聴く限り声量もある方ではなさそうだ。舌を巻く巧さということでもない。がしかし、その声の幾ばくかのあやうさとはかなさに何ともひかれるのだ。そして曲によってかなり多彩な表情を聴かせる芸域の広さもいい。このところ急にメジャーシーンに登場している彼女だが、それを裏付ける魅力がある。あまりくどくど説明するのは本意ではないので、ここまでにしておこう。
アルバムはいくつも出ていて、ぼくもこの写真の新譜を含めて3枚ほど手に入れた。少し大きめの店なら置いてあるだろう。邦楽の<は>の棚を探すと、畑中葉子!の<ゴールデンベスト>の隣りあたりに見つかるはずだ(^^;
YouTubeにもかなり数の動画がアップされている。但し、YouTubeの圧縮されたオーディオフォーマットでは、彼女の声のニュアンスをとらえた素晴らしい録音の魅力は半減してしまう。


このアルバムの中から「夜と雨のワルツ」。ありがちなノスタルジックなワルツかと思うとそうではない。中々凝った転調も仕組まれている。「あなたが思うよりも人生は短く、あなたが思うよりもはてしもない」…まったくだ。



「わが美しき故郷よ」 気仙沼生まれの彼女が歌うから、こうした強い表現になるのだろうか。クラリネットのオブリガートが効果的だ。



フラメンコギターの沖仁とのコラボレーション



「浜辺の歌」



なかなか芸域の広いところも見せてくれる。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

J.S.バッハ WTC・I 嬰ト短調 BWV863


きのうは雨模様の一日だったが、きょう木曜日は天気回復し、終日好天。昼休みにちょっと事務所から外に出たときも、思いのほか爽やかな風が吹いていた。8時少し回った頃に帰宅。一服して気付けばもう11時過ぎだ。例によってあまり時間もないが、通過儀式のごとくナイトキャップ代わりに、一作日の続きでバッハを聴くことにした。


g-sharp-minor.jpg  DSCN1023 (480x480)


一昨日はフラット5つの変ロ短調を選んだので、今夜はシャープ5つにしよう。やはり夜はマイナーキーだろうと、WTC第1巻の嬰ト短調BWV863を先日と同じアファナシエフの盤で聴く。
この曲は先日のBWV867ほど規模は大きくないが、やはり好きな曲の一つだ。前奏曲は8分の6拍子の流れるような旋律が印象的だが、やはり単純な和声進行では終わらない。フーガは四声。いずれもテンポによって随分と印象が変る。アファナシエフの演奏はかなり遅めのテンポを取り、一音一音に意味を見出すような演奏。嬰ト短調はやはり特別なロマンティックに寄った響きを感じる。


晩年は特にバッハに傾倒したMJQ;ジョン・ルイスの演奏。



WTCのアルバムを出しているジョアンナ・マグレガー。



楽譜付きもどうぞ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

J.S.バッハ WTC・I 変ロ短調 BWV867

火曜日の夜。明日の朝はいつもより早く自宅を出る必要があるので、早々に床につかないといけないのだが、日付けが変わる前ならいいだろう。…と思いながら例によって音盤棚の前でしばらく逡巡。迷ったときのバッハ頼み。アファナシエフの弾く平均律を取り出した。


b-flat-minor_svg.jpg  DSCN1019 (480x480)

平均律を聴くとき最近はもっぱら調性を選んで聴くことが多い。なるべくシャープやフラットの多そうな調性を選ぶ。あるいは特別に意味や響きを感じそうな調性といっていい。少なくてもハ長調やト長調やニ長調ではないということだ。一年前には嬰ハ短調の曲を記事に書いた。今夜選んだのは第一巻の終わりの方。変ロ短調のBWV867。この曲は第一巻の中では最後の24番と並んで規模が大きい。アファナシエフの演奏は前奏曲が3分、フーガが3分50秒を要している。前奏曲は印象的なメロディーで始まり、フーガは深く静かに進む。ぼくのようなクラシックギター弾きは日頃シャープ系の楽譜を見慣れている。ヴァイオリン族同様、シャープ系は弾きやすく、特にシャープ3つや4つのイ長調、ホ長調の曲は他の調性に比べ圧倒的に多い。一方フラット系の曲は少なく、初見が効くのもぼくの場合はせいぜいフラット3つまで。それ以上は慣れていなこともあり、手を焼く。そんなこともあってフラットが5つのこの曲などは取り分け意味深く聴こえてくる。


リヒテルの演奏。リヒテルのWTCは70年代に出て、以降のリヒテルの方向性を定めた。



ヴィラ・ロボスの弦楽合奏編曲による前奏曲。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ムラヴィンスキー&レニングラードフィル 管弦楽名演集


きのうに続き梅雨の合間の晴れ日和。気温は30度を超え、湿度も高く、スカッとした暑さには遠い。もっとも夏が苦手な身にはスカッとでもジメジメでも往生するには変わりないのだが。 昼をはさんで久々にギターの練習。スケール、エチュード、小品を拾い弾き。いつものパターンで2、3時間弾いただろうか。ギターといえば、このところmixiのイヴェントにも行ってないし、宅内録音も絶えて半年。まあ、そのうち復活しましょう。…というわけで、何かスカッとする盤はないかと思案し、この盤を見つけた。


DSCN1013 (480x480)  Mravinsky.jpg


有名なムラヴィンスキーと手兵レニングラードフィルによる管弦楽小品集。昔から何かと引き合いに出される演奏だ。1965年2月にモスクワで行われた一連の演奏会の中からピックアップしたものと思われる。曲の終わりには拍手も入っている。手持ちの盤は1977年に廉価盤で発売されたときのもの。
この盤を有名にしたのは、ひとえにグリンカの歌劇<ルスランとリュドミラ>序曲の演奏だろう。この曲はオーケストラのアンサンブルを誇示するピースとしてしばしば演奏される。この盤は一般的なテンポの3割以上の飛ばしっぷり。しかもそれが暴走とならず、一糸乱れぬアンサンブルで実現される。ぼくも学生時代の終わり頃に評判を聞きつけてこの盤を手に入れたのだが、四畳半の下宿に帰って針を下ろしたとき、それこそ腰が抜けるほど驚いたのを記憶している。この時代、つまり冷戦真っ只中の60年代半ば。ムラヴィンスキーもレニングラードフィルも、鉄のカーテンの向こう側にいる凄い連中の域を出なかったが、いくつかの盤でその恐るべき実力が伝わってきた。この盤やムジークフェラインで録られたDG盤のチャイコフスキーの交響曲などは、そうした噂と評判を決定的にした演奏の一つだろう。久々に聴くと、確かにそのテンポには相変わらず驚くが、その中できっちりとフレーズの表情をいきいきと描いていることを再確認する。この盤の収録曲はモーツァルトからワグナー、ドビュッシーまで、いささかごった煮の感があって、ドビュッシーなど、少々雰囲気に欠ける演奏もある。しかし、ムラヴィンスキー&レニングラードフィルにドビュッシーを期待しなくてもいいだろう。今や語り草の、鉄壁の合奏能力を誇った往時のコンビに拍手を送りたい。


まずはリファレンスとしてこれを。マルケヴィッチ盤。これもいい演奏なのだが、ムラヴィンスキー盤を前にするとさすがに顔色を失う。



本命。百聞一聴にしかず。テンポに驚いていると55秒過ぎのチェロの雄弁な歌いっぷりに二度驚く。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ヒンデミット 室内音楽集


きのう金曜の夜は勤務先の同僚と一献かたむけ(と言っても下戸のぼくはいつも通りのお茶っ気で)、夜遅くに帰還。一夜明けて週末土曜日。きのうの雨が上がって天気回復。空は明るくなったがそれでもやはり梅雨のベールが一枚かかった様。日頃の寝不足補填でうだうだと朝寝。その後野暮用外出で一日暮れた。こんな梅雨どきには、ひんやりとした肌合いの音楽もよかろうと、こんな盤を取り出した。


DSCN0996 (480x480)  DSCN0997 (480x480)


ヒンデミット。以前ヒンデミットのヴィオラソナタが入っている盤を記事にしたことがあった。今夜は彼の書いた<室内音楽>集。ヒンデミットはKammerMusikenと称する室内楽編成の合奏曲を第1番から第7番までを残している。きょう取り出した盤にはそのうち第1、2、6番が入っている。1977年の録音。ドイツのバーデン・バーデン合奏団を中心に曲によって独奏楽器のメンバーが加わっている。
20世紀のそれも室内楽というジャンルにあって、このヒンデミットの室内音楽集がなかなか人気が高いようで、CDでもいくつか手に入る。ヒンデミットの自画像が印象的なこのLPは、毎度紹介するように以前ネットで知り合った方から格安箱買いした中に入っていた。そうでもなかったら、自発的に選んで買っていなかっただろう。そういう意味では、中身を見もせず何かを手に入れてみるのも、たまにはいいかもしれない。
実際この曲は楽しい。20世紀の音楽だから旋律や和声には新鮮な試みがなされているが、もちろん無調ではないし、かといってR・シュトラウス的な調性音楽末期の耽美的音楽でもない。新古典主義風の響き。そのあたりの塩梅がヒンデミットの面白さであり、この曲のポピュラリティの理由かもしれない。いずれの曲も全体で十数分でいくつかの楽章からなっている。バロックの組曲を思わせるものや独奏楽器主体の協奏曲風のものなど、形式は多彩だ。リズムの規則、フレーズの歌い方などは古典音楽のそれをそのまま引き継ぎながら、響きの上では20世紀を感じることができる。そして他の多くの音楽もそうだが、この曲は実際に演奏する側に回ると更にエキサイティングだろう。ぼくが弾ける楽器がクラシックギターしかないが、どこかのパートをギターに書き換えて参加したいほどだ。


第1番。
1.非常に速く
2.適度に速く演奏部分、リズムは厳格に守って
3.四重奏的に非常にゆっくり、そして表情をつけて
4.フィナーレ:1921-その他、活き活きと



きょうの盤とは関係はないが、有名な<葬送音楽>。P・ヤルヴィ&フランクフルト放響。アントワン・タメスティのヴィオラ。




↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ジョニー・ピアソン <渚のシルエット>


ワグナーボックスセットの続きで、ショルティの出世作、VPOとのリングを引っ張り出そうかと思ったが、このところブルックナーだ、ワグナーだと重厚長大が続いていたので小休止。今夜は脈絡なく「イージーリスニング」の盤を取り出した。


DSCN0986 (480x480)  DSCN0993 (480x480)


ジョニー・ピアソン・オーケストラ。70年代の終わりから80年代、それまでのポール・モーリアなど老舗楽団を尻目に大いに人気を得た。 この盤は学生時代の終わり頃、ろくろくレコードなど買えずに毎晩FMエアチェックでマーラーやらブルックナーやらを聴いて渇きをいやしていた時期に廉価盤で出たのを見つけて手に入れた。ぼくら世代には懐かしい<朝もやの渚><渚のシルエット>といったヒット曲が収録されている。題名に記憶がない人も、聴けば「ああ、あれか」と合点するだろう。今でもラジオではときどき耳にする。
「イージーリスニング」という言葉もいつの間にか使われなくなった。パーシー・フェイス、カラベリときらめくストリングス、ポール・モーリア、レイモン・ルフェーヴル、フランシス・レイ…。古くはアルフレッド・ハウゼ、マンドヴァーニ、ビリー・ヴォーン…。映画音楽と共に少し音楽を聴きかじるようになった若い連中を中心に広い世代に親しまれた。昨今は、ともかく<歌>がないとダメなのか、インストゥルメンタルだけのポピュラー音楽は人気がない。ラジオを聴いていて「それでは音楽をおかけしましょう。ジョニー・ピアソン・オーケストラの<朝もやの渚>をどうぞ。」といって音楽が流れると、数秒後にはきまって「関東地方の交通情報をお伝えします。」となって、音楽は完全にBGM以下になってしまう。まあ、そういうものだとあきらめているが、編成の大小を問わず、もう少し器楽だけのポピュラー音楽をまともに扱ってほしいものだ。


<朝もやの渚><落ち葉の並木道>



<渚のシルエット><雨にぬれた朝>



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)