ピアソラ タンゴの歴史


ごく最近になって、職場でチェロ弾きの方と知り合った。別部門にいる方なのでこれまで交流はなく、あるきっかけで互いに知るところとなった。最近ではバッハ無伴奏チェロの第6番を5弦チェロで弾いたとか。チェロだけでなくフルートも玄人はだしで、ギターとの合せ物も経験豊富。ジュリアーニのソナタはもちろん、マティエカ/シューベルトの例の曲も、チェロパートでもフルートパートでも経験済みと聞いて驚いた。もともと滅多に取り上げられない曲で、しかもその両パートを担当したというのだから素晴らしい。さらにその方の知り合いのチェロ弾きが、チェロとギターという組み合わせに関心を寄せていて、ピアソラの「タンゴの歴史」をぜひやってみたいとギターの相方を探している、与太さんいかが…と、まあそういう状況になってきた。さて、これからどう発展するか。中々楽しみだ。


DSCN1407 (480x480)  AstorPiazzolla.jpg


そんなこともあって、「タンゴの歴史」を久々に取り出して聴いている。だいぶ以前に記事に書いたものと同じ盤。もともとがフルートとギターのための曲だが、ヨーヨー・マが例のピアソラ物のアルバムで、同曲の2曲目cafe1930を弾いたこともあって(伴奏はバンドネオン)、チェロ弾きにも人気のピースらしい。元のフルートの楽譜をオクターブ下げるなどして弾いている様子。YouTubeをのぞくと確かにチェロとギターによるcafe1930は結構な数の演奏がアップされていた。
「タンゴの歴史」は4つの小曲から成るが、中ではcafe1930の人気が高いようだ。技術的な難易度がアマチュアにも手の届くレベルであることと、哀愁を帯びた曲想によるのだろう。
手元にある楽譜でcafe1930とbordel1900をほとんど初見状態で弾いてみたが、cafe1930はまず問題ない。bordel1900も少し練習すれば何とかなるかなという感じだった。但し「練習すれば」というのが魔物で、大体は練習しないで本番直前にあたふたする。

合せ物は独奏よりずっと好きだ。特にチェロやフルートなど正統派楽器と古典派の曲など合せる機会は、ギター弾きにはとても貴重。これも何かの縁と思い、ピアソラを手始めに、ギターとチェロ、フルートによる合せ物を少し探ってみようと思う。


チェロとギターによるcafe1930。セルシェルと組んでアルバムを出しているジャン・ワンの演奏(この演奏の相方ギターはChrisWong)。録音状態に難あり。



3曲あるブルクミュラーによるチェロとギターのための夜想曲から第2番。
これは両パートとも初見でいけるかな。


同じコンビによるcafe1930


チェロとギターによる多くの曲をアップしている男性デュオ。
http://www.youtube.com/watch?v=yDcAbRvwzYs&feature=share&list=RD02NNayiEe3HOQ


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス Take Love Easy


さて、遅ればせながらの夏休みも終え、あすから仕事復帰。折から朝晩ようやく涼しくなってきた。気合入れてまた働きましょう。それでは、また…じゃなかった。
秋の宵を先取りして、今夜はリラックス系のジャズでも聴こうかと、音盤棚での占有率20%ほどのジャズの盤を物色して、こんなレコードを取り出した。


DSCN1405 (480x480)  EllaFitzgerald.jpg


エラ・フィッツジェラルドのヴォーカルとジョー・パスのギターによるデュオ。エラにとっては少しブランクがあったのち、ノーマン・グランツが1973年に設立したパブロレーベルから出した復帰作。録音も同年。これが大そうヒットして、以降4作ほど続編が出たと記憶している。この盤はちょうど学生時代にFMで聴き、カセットに録って何度となく聴いた懐かしい盤。後年、御茶ノ水の中古レコード店で手に入れた。今でもCDで版を重ねている。収録曲は以下の通り。

<A>
1.テイク・ラヴ・イージー
2.ワンス・アイ・ラヴド
3.ドント・ビー・ザット・ウェイ
4.ユーア・ブラーゼ
5.ラッシュ・ライフ
<B>
6.ア・フォギー・デイ
7.ジー・ベイビー・エイント・アイ・グッド・トゥ・ユー
8.ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド
9.アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー

70年代以降のエラは全盛期を過ぎ、この盤を出した頃もすでに病に冒されていたという。ヴァーヴ時代のバリバリのエラはもちろん素晴らしいが、この盤に聴くバラードも味わい深い。いやしかし、その後の彼女の人生を思いながらとなると、味わい深いというほど単純なエンターテイメントとしては聴けないところがある。晩年の彼女は大変な日々を過ごした。
全編おなじみのスタンダードをときに甘くチャーミングに、ときに抑え気味の表情で歌うエラ。全盛期を過ぎたとはいえ、音程の確かさ、ダイナミクスのコントロールとも完璧だ。そしてエラの歌声に寄り添うようなジョー・パスのウォームなギターサウンドがまたいい。加えてこのアルバムは1973年録音にもかかわらずモノラル録音(音質そのものはきわめて良好)。モノクロのジャケット共々、このアルバムのコンセプトが伝わってくる。


この盤のB面1曲目ガーシュインの名曲A Foggy Day。



このコンビによる1975年のライヴ。中盤以降、アップテンポの曲では得意のスキャットも聴ける。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

グールド ハイドン/ピアノソナタ変ホ長調 Hob.XVII:49


世間から遅れること二週間。つかの間の夏休みと取り、溜まった野暮用を消化しつつダラダラと過ごしている。夜更かし・不規則はそれなりに楽しいのだが、身体には決してよくない。昼間もダルさと眠気が抜けない。しかしそれもセットでお楽しみと心得よう。


DSCN1396 (480x480)  DSCN1390 (480x480)


音楽を意識的に聴き始めてから四十年余になる。その間、音楽的嗜好にもいろいろと変化もあった。近年の変化の一つがハイドン。以前は古典派のドンにして交響曲の父くらいの、中学校の音楽の教科書程度の認識しかなかった。もっとも今もそれ以上の知識は持ち合わせないだが、ハイドンの音楽がともかく面白くかつ心地いい。交響曲しかりピアノソナタしかりだ。ハイドンの手持の音盤はごく少数しかないのが残念。いまはハイドンのピアノソナタを少しまとめて手に入れようと思っている。そんなことを思いつつ、例のグールドボックスからハイドンのピアノソナタの盤を取り出した。晩年に再録音することになる第3番(以前の通称)変ホ長調Hob.XVII:49。モーツァルトの10番のソナタK.330と前奏曲とフーガ:ハ長調K.394が一緒に入っている。1958年の録音。
まったく見事なハイドン。おそらくこんな風に弾くピアニストは少なくても当時はいなかっただろう。乾いたノンレガートなタッチ、スタカート気味に切り詰めた音価。ぎっしり詰まった小さな音符が、まるで楽譜から解き放たれたように軽く宙に舞う。愛用のスタインウェイピアノがフォルテピアノのように響く。ある本に、分厚いサウンドとレガートからハイドンを解放した記念碑的演奏とあったが、まったくだ。当時はさぞエキセントリックに受け取られた演奏だろうが、あらためて聴くと音楽としてのフレージングは理にかなっているし、対位法的なフレーズでの各声部の明快さも見事。ハイドンが書いた楽譜、意図した響きがそのまま目の前に提示される。


この盤の音源。59番はランドン版の番号。CDはずっといい音です。



園田高弘の恰幅のいい巨匠風の演奏。この演奏の40秒過ぎとグールドの30秒過ぎとを聴き比べると、左手の音形、右手のフレージングなど、明瞭度がまったく違うことがよく分かる。それぞれに味わい深く、どちらを選ぶかは好みの問題だ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

モントゥー&VPO ハイドン 交響曲第94番ト長調「驚愕」


けさは肌寒さで目が覚めた。きのうの続きで雲が空をおおう。どんよりした空気は冷たいほどではないが、先日までの暑さとの落差か、随分と涼しく感じた。午前中は25℃を下回る気温だったが、昼を回る頃から陽射しが出始め気温も上昇。天気が回復すれば、まだまだ暑さの出番だ。


DSCN1389 (480x480)  Pierre_Monteux.jpg


昼過ぎ、たまには昼間、ボリューム上げて音楽を聴こうと思い、さて何を聴こうかと思案。ふと思いついて久しぶりにハイドンを聴くことにした。傑作揃いのザロモンセットから第94番ト長調「驚愕」。モントゥーとウィンフィルによる少し古い盤があったので取り出した。
この盤は60年代初頭の国内盤。これも梅田:阪急東通り名曲堂の「60年代盤コーナー」で手に入れた記憶がある。発売元はビクターで、ジャケットには大きくLivingStereoの文字がある。当時ウィーンフィルは英デッカの専属。普通ならばデッカレーベルになるはずだが、諸事情あってRCA系から発売された。しかし録音は英デッカによるもので、1959年にウィーン・ゾフィエンザールで行われた(当初RCAリビングステレオのちに英デッカ・ロンドンというパターンはF・ライナー&VPOの録音などと同様か)。70年代半ばにはロンドンレーベルから白いジャケットの廉価盤で出たので、それを思い出す向きも多いだろう。

演奏は当時の時流を反映して重厚長大、19世紀に片足を残したような演奏かと思っていると見事に裏切られる。編成は現代のハイドン演奏の標準からすれば大きいのだろう、弦楽群の細部のアンサンブルにやや甘いところがある。木管群の音も遠めだ。しかしウィーンフィルの音は実に艶やかで低弦群のエネルギーも充実。左右いっぱいに広がる弦楽群を明瞭にとらえた伝統の英デッカサウンドを堪能できる。
一方、音楽の流れは想像よりずっとフレッシュだ。第1楽章のほれぼれするような序奏のあと主部に入ると、ピリオドアプローチ顔負けのテンポ設定で疾走する。第2主題でふっとテンポを落としてギアチャンジ。目まぐるしい転調の続く展開部も畳み掛けるように進む。モントゥー指定の対向配置の効果もあって、構えの大きなハイドンが響く。「びっくりしたなあ、もう~」の第2楽章も快速調のアンダンテ。ロンド風ソナタ形式の終楽章も変らず速めのテンポで駆け抜ける。録音当時すでに84歳の老練の指揮者とは思えない。モントゥーの盤は他にも何枚か手持がある。また機会をみて取り出してみよう。


BSOとの1956年モスクワでのライヴとのこと。第1楽章。弦のアインザッツが実に柔らかい。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

西澤安澄


きのう金曜の夕方から夜にかけて前線が通過。きょうの当地北関東はその前線の北側に入ったためだろう、前日までの猛暑から一転、秋の気配さえ感じる過ごしやすい一日となった。金曜の晩からの夜更かしに加え、朝から家の周りの草取りなんぞをやったものだから、午前中からヘロヘロ。結局一日棒にふって安息日となった。な~んだ、飲む点滴で元気なはずじゃなかったのかと言われそうだ。まあ、寄る年波には勝てませんので…


nishizawaazumi.jpg


数日前のこと、スペイン音楽のスペシャリストとして活躍中の期待の若手ピアニスト:西澤安澄さんからメールをいただいた。もう2年以上前のゴンザロ・ソリアーノが弾く少し珍しい盤の記事に西澤さんのYouTube動画を貼っていたのだが、それがご本人の目に止まった。ブログでの紹介へお礼と近況、ファリャの音楽に対する共感、また近々日本で行われるイベントとコンサートについて書かれていた。西澤安澄さんは以前の記事にも書いたように、現在スペインに在住し、研鑽と演奏活動を行っている。HPブログには、活動の様子や日常のスナップなどあって、まさにスペインの光と風を感じるようで楽しい。近々帰国して以下のスケジュールが予定されているとのこと。

9月1日(日)ヤマハ銀座店でのイベント(無料
9月14日 濱田滋郎監修の清里スペイン音楽祭に出演。
10月5日(土)代々木上原けやきホール(古賀政男音楽博物館)にて「世紀末パリ~はるかなるアンダルシア」と題してアルベニスのイベリアの第一巻、二巻とファリャの作品によるリサイタル。

ヤマハ銀座店でのイベントでは「ファリャを中心にスペインの音楽を、お話を交えてご紹介してまいります」とのこと。ビジュアルも魅力的な彼女をコンサートステージより間近に見られるチャンスかもしれない。さらにメールには「私も大好きなファリャの音楽について、いつかご一緒にお話を交わすことができたらとても嬉しく存じます。」とのコメントが添えられていた。そのマーケティングコピーに忠実に反応して、いつかご一緒に…を勝手に夢見つつ、にわかにファリャを聴き直そうかと思っている。


「火祭りの踊り」


「アディオス・ノニーノ」



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

祝優勝!前橋育英高校


いや~、やってくれました。当地群馬代表の前橋育英高校、堂々の優勝だ。
県民度が低いの名物がないだのとパッとしない群馬県だが、どうして、やる時はやるのだ。1999年には正田樹(翌年日本ハムに入り新人賞)を擁した桐生第一高校が春夏連続優秀に輝いた。35年前春の選抜では前橋高校が滋賀比叡山高校を相手に初の完全試合をやってのけた(オールドファンには懐かしい「八時半の男)」宮田征典は前橋高校出身)。全国に知られるような常勝チームはないが、突然変異的に抜きん出た成績を上げる。まあ、その方が高校野球らしくていいようにも思う。


DSCN1378 (480x480)  arena_20130823002827e7a.jpg


さて優勝を祝して一曲。
「1812年」か「ウェリントンの勝利」か悩んだが、そもそも「ウェリントンの勝利」は手持の盤があるのかどうか不明(おそらくない)。1812年はちょいと重すぎないかい…ということで、ヴェルディ・イヤーにちなみ、シノポリがベルリンドイツオペラを振って入れたオペラ合唱曲集を取り出した。モーツァルト、ベートーヴェン、ワグナー、ウェーバーといったドイツオペラから5曲。そしてヴェルディが6曲収録されている。イタリアオペラはとんと縁がないのだが、この合唱曲集はときどき聴く。オペラファンならずとも楽しめる選曲がいい。

1. 歌劇≪魔笛≫から 僧侶の合唱<イシスとオシリスの神に感謝を>
2. 歌劇≪フィデリオ≫から 囚人の合唱<おお、なんという自由のうれしさ>
3. 歌劇≪魔弾の射手≫から 狩人の合唱<狩人の喜びは>
4. 歌劇≪魔弾の射手≫から 村人たちの合唱<勝利だ!勝利だ!>
5. 歌劇≪タンホイザー≫から 大行進曲<歌の殿堂をたたえよう>
6. 歌劇≪ナブッコ≫から ヘブライの捕虜たちの合唱<行け、わが思いよ、金色の翼に乗って>
7. 歌劇≪十字軍のロンバルディア人≫から 十字軍兵士と巡礼の合唱<おお主よ、ふるさとの家々を>
8. 歌劇≪マクベス≫から スコットランド亡命者の合唱<しいたげられた祖国>
9. 歌劇≪トロヴァトーレ≫から アンヴィル・コーラス<朝の光がさしてきた>
10. 歌劇≪アイーダ≫から 凱旋の合唱<エジプトとイシスの神に栄光あれ>
11. 歌劇≪アイーダ≫から 勝利の合唱<戦いに勝った将軍よ、前に出よ>

こうして聴くと、豊かな声量と張りのある声質を持つ西洋人の合唱と伝統あるオーケストラサウンドの合体はまったく素晴らしい。この盤はセッション録音らしくテンポをゆっくりめに取ったスケールの大きな演奏が楽しめる。シノポリは次世代のオペラを担う指揮者として嘱望されたが、2001年にアイーダの指揮中に倒れて急逝した。そんなことを思い出しつつ、地元高校の勝利を祝して、有名なアンヴィル・コーラス、そしてアイーダの凱旋の合唱と勝利の合唱を聴いた。五十代終盤にして、もはや栄光も凱旋も勝利もないが、こうした曲を聴くと、ついこの間までは先々の人生が無限で希望にあふれているように思えていた頃の気分を思い出す。


ヴェローナでのアイーダから。ヴェローナでのアイーダを一度は見てみたい。



今年2013年のヴェローナ音楽祭初日の様子かな。夏はバカンスをかねた音楽祭シーズン。
イタリアのヴェローナ、ロンドンのプロムス、ドイツのバイロイト、そして群馬の草津音楽祭!



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

閑話休題:甘酒・助六


夏の甲子園。当地群馬県代表、前橋育英高校がベスト4まで勝ち進んだ。初戦では9連続奪三振、二回戦では強豪横浜高校に打ち勝ち、昨日はやはり関東勢の強豪茨城県常総学院を9回2死無走者からひっくり返して延長戦10回裏にサヨナラ勝ちした。あすは山形代表の日大山形との準決勝戦。こうなると普段は完全インドア志向のオッサンも、にわかに郷土愛に燃えてくる。頑張れ、前橋育英!

さて、ところで…
少し前からの塩麹ブーム。そのあとを追うように、麹を使った甘酒もブームだそうだ。なあに、世間で流行る前から飲んでいましたよと鼻の穴を広げるつもりはないが、かなり前からマイブームになっている。甘酒といえば酒かすを使って冬に作るものと思っていたが、季語は夏。実際江戸時代の甘酒売りは夏の風物詩だったそうだ。

amazakeuri.jpg  DSCN1374 (480x480)

愛飲している写真の品は福岡産。人気ブランドらしいが、ネット通販で簡単に届く。濃厚な甘味ながら原材料は米麹と米だけで、後味はすっきりしている。アミノ酸やブドウ糖がたっぷりの「飲む点滴」とのキャッチフレーズ。こいつを朝晩、小ぶりの湯飲みにいれてグビッと一杯。下戸のぼくには中々いいワンショットだ。


DSCN1114 (480x480)  DSCN1116 (480x480)

ついでに昼飯ネタを。
連日の猛暑。こう暑いと昼飯のために外へ出るのも億劫になる。まあ昼飯だからと、コンビニ弁当で済ませる職場の仲間も多い。そんな中、このところよく食べるのが助六寿司。コンビニでもスーパーでも必ず置いてある御手軽の一品。その名の由来になった<揚>と<巻>の基本は変らないが、微妙なバリエーションがあって、あちこちで見かけるたびにその日の昼飯となる。セブンイレブンの助六寿司は販売エリアが関東一円とのことだが、油揚げの味付けが濃厚で中々旨い。写真のものは勤務先近くのスーパーのもの。こちらは巻物の具が変化に富んでいて楽しめる。小腹に収める昼飯だから、栄養バランスがどうのこうのとうるさいことを言わずともいいでしょう。

…というわけで、この夏は甘酒と助六寿司で、今のところ元気に乗り切っております。ハイ。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)