<業務連絡>11月3日浅草で弾きます


ようやく快晴の日曜日。日帰り小ドライブ。外は風もあり気温も少し低めだったが、車の中は陽射しを受けてポカポカ。気持ちのいい一日だった。のんびり陽が高くなってから出たため、帰宅も少々遅くなる。夕飯を済ませてひと息つくと、もう日付けが変る時間になっていた。 今夜は音盤ナシ。先日の記事にチラッと書いた、知人のそのまた知人が開く個展の賑やかしにギターを弾く件の業務連絡を。

日時:11月3日(日)文化の日 午後2時頃から30分程。
場所:ギャラリー『ブレーメンハウス』@浅草

浅草のど真ん中といってもいい場所。ちょうど浅草公会堂の裏口。近くには天丼が名物の大黒屋もある。間口一間半のごくごく小さなギャラリーのようで、個展といっても小数の展示をするのみとのこと(ギャラリーHPの展示スケジュールには記載なし)。演奏曲目はおおよそ以下の内容。

◇ バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番から プレリュード・サラバンド・メヌエットI/II
◇ A.ロジー:組曲ハ長調 シャコンヌ・クーラント・メヌエット・サラバンド・ガボット・ジグ
◇ ソルかメルツの小品2曲ほど
◇ 佐藤弘和作品集から3曲ほど
◇ ポピュラー:江部賢一編の楽譜(+ジャズ風自己アレンジ追加)で数曲

楽器を通常のモダンタイプにするか19世紀タイプにするか思案中。ギャラリーのスペースは広くなく、響きもよさそうなので、オリジナルの19世紀ギターにしようかと思い、今夜はだいぶ古くなっていた弦を張り替えた。先日の記事に書いた英チャペル社の楽器に、弦はガットの音を模して開発されたイタリア:アクイーラ社のアンブラ800という19世紀ギター用のローテンションのもの。

DSCN1803 (480x480)  DSCN1810 (480x480)

この弦の高音はやや特殊なナイロンで出来ていて、張りたてはまったく安定せずにどんどん延びる。こんなに巻いて大丈夫かと思うほどペグを回す。一晩おいて明日以降しっかりチューニングして様子をみる予定だ。曲目はここ2年ほどの間にmixiの集まりで弾いたもののかき集め。といっても、もう1年近く人前では弾いていないので、当日も楽譜を見ながらダラダラと弾くことになりそうだ。
天気に恵まれ浅草見物という方いらっしゃれば、天丼食べたあとの腹ごなしにでも、ぜひどうぞ。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

19世紀ギターで弾く古典の味わい


冷たい小雨降る日曜日。昼をはさんで少々野暮用。午後は久々に楽器を取り出してひとしきり弾いた。今のところ、これといって何か目標とする曲があるでもなく、暗譜するでもなく、いつもながら食い散らかしに近い練習。マンドリン用のオデル教則本に出ているスケール練習をいくつか弾いて指慣らし。そのあとはその日の気分で楽譜を広げる。きょうはソルの喜遊曲と、元々はソルがピアノために書いた曲のギターアレンジ譜を選んだ。楽器は19世紀半ばにイギリスで使われていたチャペル社の楽器を取り出した。


DSCN1764 (480x480)  DSCN1772 (480x480)

DSCN1770 (480x480)  DSCN1765 (480x480)


19世紀古典期のギター曲を当時のオリジナル楽器で弾く楽しみ。その響きにはモダン楽器では味わえないものがある。現代の楽器と比べると絶対的な音量、音圧はもちろん小さい。しかし、それを補って余りある響きと反応の良さ、音の広がり、和音の調和は比類がない。ソルやジュリアーニをはじめ、マティエカ、ディアベリ、フォッサ、カルカッシなどが残した曲から技巧的にあまり無理のない曲を選んでポロポロと弾いて楽しむ。弦長610~630mmが標準だった当時の楽器に、当時と同じくらいの低めの張力の弦を張る。無理なく楽器全体が鳴り響き、まことの心地いい。弦は1年以上交換しておらず、低音の巻き弦はすでに輝きを失っているが、音は適度にエッジが取れて、むしろ好ましい。モダンギターもそうだが、ぼくの場合弦の交換頻度はとても低い。新品の弦に付きもののビーンビーンというメタリックな音を(しかも暴力的なタッチで弾いた音を)聴いていると、あれは楽器の音ではなく弦の音だと感じるからだ。極端な言い方をすると、金属バットでブッ叩いて音を出しているように感じる。そんなに無理しなくても楽器は鳴るはずだし、無理せずに鳴るところで留めておくべきだと、自戒を込めて思う。

弦をはじいた瞬間に音が立ち上がり、短めの余韻で消えていく。ギターの音にサステインの長さを求めたくなる気持ちは分かるが、ピアノ同様、発音のあとは減衰しかない楽器の特性をネガティブに捕らえる必要はなく、少なくても古典期のクラシカルな作曲家もそれを考慮して音符を並べているはずだ。物理的なサステインに関して、当時は部屋の響きがその役割を負っていただろう。音を切らずつなげて弾きなさいと、かつての教科書や指導者は主張した。しかしそのために無理な左手の運指を強いられ、結局音が切れてしまう。前後の音との関係とフレージングでいくらでもレガートな演奏は可能だろうと思う。まあ、ぼく自身が範を示せるわけではないので、説得力はないのだが…


デイヴィッド・スタロビンによる19世紀ギター(ウィーンモデル)の演奏でジュリアーニとソル。大曲と格闘する前に、音符の並びから言えば技巧的にさほど無理のないこうした曲を、フレージングとアーティキュレーションでレガートに聴かせる音楽性を大事にすべきだと、この演奏が教えてくれる。





昨年末に19世紀ギターで弾いた演奏から、バロック期のA・ロジーの組曲を二つ。

組曲ハ長調
http://youtu.be/6wMYLPhSo-8


組曲イ短調
http://youtu.be/MS8CIUzqhI0



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)