テンシュテット&BPO シューマン 交響曲第3番変ホ長調「ライン」


昨夜来の寒波到来で今夜も冷え込んでいる。関東内陸部の当地は日照に恵まれる昼間はさほどではないが、朝晩の冷え込みは中々厳しい。特にこれからひと月が寒さのピークだ。
さて年が明けて今年の仕事が始まり、最初の一週間が終わった。週末金曜の夜。幸い明日から三連休。部屋を暖めて夜更かしGo!


KlausTennstedt.jpg  DSCN2078 (480x480)


年頭の聴き初めにシューマンのライン交響曲を聴いたが、あの記事を書いてからも三回ほど全楽章を聴いている。今夜もあの晴れがましい第1楽章を聴きたくなって音盤棚をサーチ。コンヴィチュニー、サヴァリッシュ、クーベリック、カラヤンと名前をなぞり、これにしようと取り出したのは、テンシュテットとベルリンフィルによるEMI盤。1978年録音。このブログにはテンシュテットはたびたび記事にしている。ベルリンフィルとの数枚のアルバム、ロンドンフィルとのマーラー全集、いくつかのライヴ盤、いずれも素晴らしい演奏だ。
長らく東独で活躍していたテンシュテットが「50歳の新人」として東側に知られるようになったのは70年代後半になってからだ。70年代初頭、スウェーデンで亡命。その後ボストンやベルリンでの客演が話題を呼んだ。あちこちのオケから客演のオファーがあり、それに応えた演奏はいずれも名演であったと伝えられている。
このシューマンもベルリンフィルのパワーと重量感あふれる響き、そしてこの時代にはベルリンフィルからすでに失われつつあったやや暗い音色、それか相まって、ドイツ的と聞いてぼくらがイメージする要素をことごとく具現化した演奏を繰り広げていく。第1楽章の推進力、レガートながら線の太いフレージングもいいが、第4楽章の荘重な響きは他に類をみない。第5楽章は一転して歯切れよく、軽やかさをも感じさせながらも、音楽は終盤に向かって次第に熱気を帯びていく。全曲を通して、スタジオセッションであることを忘れてしまいそうになるほど、ライヴ感に満ちた演奏だ。


クリスチャン・エーヴァルト指揮NHK交響楽団による第1楽章。80年代の終わり頃だろうか。ぼくにとって馴染みのあるメンバーが揃っていた頃。N響がもっともドイツ的な響きを持っていた時代だ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

オーディオ小ねた MDR-CD900ST


長らく愛用した大型スピーカー:2S-305を手放す決心をしたのが去年の今頃。その後しばらく委託先のオーディオショップ店頭にあり、ネットでも露出をかけてもらっていたが、昨年秋に嫁ぎ先が決まった。なんと行き先は隣国中国。現地在住邦人からの注文だそうだ。初めての海外発送、しかも2本で100キロ超えの大型荷物ということで、店をあげての大仕事になった由。今頃は彼の地で305サウンドを奏でていることだろう。

本当の別れとなると幾ばくかの寂しさも募るかと思ったが、305を横に見ながら小型スピーカーを使うという宅内別居1年。さらに委託先に預けてからの完全別居1年。この間、たまには会おうよ、なんて都合のいいことも言わずに過ごした。2年のあいだに十分覚悟は出来ていたし、別居の隙をぬって新しい恋人ハーベス嬢も早々にやってきた。そんなわけで305との別れも大仰になることなく終わった。今はハーベス嬢との蜜月も過ぎて安定期に。しかも深夜のリスニングも多いという事情もあって、最近はヘッドフォンで聴くこともしばしばだ。以前から使っているソニーMDR-CD900STに加え昨年、ちょっとレトロなSTAXの初期型も手に入れた。シビアに聴くときはSTAXの出番となるが、PCでYouTube音源をチョイ聴きという際は、ソニーの900STをノートPCのヘッドフォン端子に無造作に差し込んで聴く。PCの横に申し訳程度においたPC用モニタースピーカーなるオモチャに比べると、当然だが別格の音だ。

このソニー900STを手に入れたのは、もう15年ほど前。当時も今もソニー・ミュージックエンターテイメント扱いの商品で、スタジオワークの業務用機器。当初一般市販ルートではあまり目にしなかったが、その後次第に注目されるようになり、今では量販店にも並ぶようになった。テレビや雑誌に出てくるミュージシャンの録音風景でもたびたび見かける。
そんなド定番となった900ST。さすがに長年の酷使によりイヤーパッドはくたびれ、耳への側圧もいささか甘くなっていて、そろそろメンテナンスしようと思案していた。業務用ということもあって、このヘッドフォンはすべてのパーツが個別に取寄せ、交換できる。先日、年末年始の休みを前にイヤーパッドとウレタンリングの保守セットを手に入れて交換を試みた。


DSCN2049 (564x564)  DSCN2057 (564x564)

DSCN2051 (564x564)  DSCN2059 (564x564)

DSCN2062 (564x564)  DSCN2065 (564x564)

DSCN2067 (564x564)  DSCN2069 (564x564)


業務用らしく紙ペラ1枚のインストラクションが付いてくる。イヤーパッドの交換は少々コツと力が要るかもしれない。ウレタンリングは柔らかい上に両面テープの接着力が強いので、うっかりすると両面テープの接着面どうしがくっ付いてしまい、収拾が付かなくなる恐れがあるので要注意だ。ギターで鍛えた黄金の左手を持つぼくは(^^;、渋茶をすすりながら20分ほどで無事リフレッシュ作業完了となった。

DSCN2071 (564x564)

900STは、あくまで原音波形を忠実にトレースするのが目的のヘッドフォン。全帯域で作為なく、録音されたすべてのコンテンツを美醜を問わずさらけ出す。低音はすっきりと締まっていて、米某社のような作り物の低音とは無縁。中高音も耳当りのよさを求めたりはしない。どんな音も輪郭をぼかさず、くっきりと描き出す。しかも業務用ということでモノとして丈夫に出来ている。2S-305と近似するコンセプトを感じる逸品だ。
ポータブルオーディオ全盛となった10年ほど前から、ヘッドフォン売り場の品揃えは驚くほど増えた。こんなにたくさんあって、一体どう選ぶのか。メーカーも利益は確保されているのか。そんな心配をしたくなるほどだが、この勢いは一向に衰える気配はない。スピーカーと違って、ポケットマネー程度でそこそこの商品が買えるところがまた悩ましい。実は900STとSTAX:SR-5に満足していながら、ちょっと毛色の違うモデルをと画策中。さてどうなるか…


MDR-900STの派生機種にして隠れた逸品:MDR-7506。こちらを高く評価する向きもある



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)