クーベリック&バイエルン放響 ベルリオーズ「幻想交響曲」1981年ライヴ


四月もきょうで終わり。Wikipediaを覗くと、きょう(地域によってはあす)は「ワルプルギスの夜」にあたるとあった。ヒトラーが1945年のきょう自殺を図ったのも、この日に合せてのことだった由。極東日本の、それも関東ローカルの当地でワルプルギスもへったくれもないが、そういうものかと合点して、ワルプルギスの夜で思い出すこの曲を取り出した。


Kubelik-Rafael.jpg  DSCN2451 (480x480)


ベルリオーズの幻想。ラファエル・クーベリックと手兵;バイエルン放響による1981年のライヴ録音。2000年頃、当時相次いでリリースされたORFEOレーベルの輸入盤で手に入れたもの(今も現役盤)。古い話になるが、70年代後半から80年代初頭にかけて、NHKFMではしばしばヨーロッパの放送局音源のライヴが流れていた。この演奏もかすかな記憶によれば、FMで聴いたことがあるかもしれない。まだ現役だったカラヤンやベーム、中堅のクーベリック、気鋭のインバルなどのライヴ録音をいやというほど聴いたものだ。何十本とエアチェックしたそれらのカセットテープも長い間手元にあったが、結局あらためて聴くことなく、後年処分した。

さて、この幻想。クーベリックと幻想というのはちょっとイメージしづらい組み合わせだ。スタジオ録音はなかったはずだから、それだけでも貴重だし、演奏を聴くとさらにこの録音の貴重さと素晴らしさを認識する。当時の南ドイツの雄:バイエルン放響は、冒頭からアンサンブル、弦と管のバランスなど抜群の出来で、クーベリックの指示と思われる細かなアーティキュレーションを見事に弾き切っている。
前半二つの楽章はドイツ的といっていいほどの重量感に満ちているが、決して重過ぎず、音楽はよく流れる(第1楽章提示部は繰り返し有り)。オケはクーベリック得意の対向配置。ヘッドフォンで聴いていると左奥から低弦群のピチカートが静かに響いてくる。ヴァイオリン群の左右の展開も申し分なく、ミュンヘン:ヘラクレスザールの空間を感じさせる響きと共に、ヨーロッパのオーケストラ・ライヴの雰囲気を満喫できる。第3楽章はすべてのフレーズが意味深く奏される。とりわけ例の主題はゆっくりとしたテンポでじっくりと歌われる。木管群の遠近感もよくとらえられている。この曲の中でもっとも演奏時間の長いこの第3楽章の重要さをあらためて認識する演奏だ。
後半二つの楽章ではバイエルンの底力が遺憾なく発揮される。「断頭台への行進」そしてアヘンに冒され夢想する「ワルプルギスの夜」へ。金管群の咆哮、ここぞのタイミングで打ち込んでくるティンパニの強打、ホールを揺るがすように響き渡るグランカッサの一撃…そして最後の大団円では大胆なリタルランドで大見得を切る。まったく見事な演奏と録音だ。60年代から70年代、同じ独グラモフォンにあって、カラヤンやベームの影に隠れがちになり、万事中庸をいく中堅指揮者というレッテルを貼られていたクーベリックだが、こうした演奏を聴くにつけ、そうしたイメージはまったく作られたネガティブなイメージであることを認識する。深夜のヘッドフォンリスニング。久々にボリュームを上げてオーケストラサウンドの醍醐味にひたった1枚であった。


ドゥダメル指揮による、フランス放送のオケとシモン・ボリバル・ユース・オケの大連合。
伝統と新興がラテンの血でつながる。演奏そのものは、ちょっとなあ、という感じだが。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

シューベルト 交響曲第4番ハ短調「悲劇的」


週明け月曜日から少々業務飛ばして9時過ぎに帰宅。あすは休日につき夜更かしOK。きのうの続きでシューベルトのシンフォニーを聴くことにした。手元にはロイ・グッドマン&ハノーヴァーバンドの全集しかなく、これをヘビーローテーション。スウィトナーあたりの全曲盤を手に入れようかなとも考えるが、もう盤を増やすのは止めようと思っていることもあって、そのままになっている。今夜は第4番ハ短調「悲劇的」をプレーヤーにのせた。


Schubert.jpeg   DSCN2443 (480x480)


ハ短調という調性、そして自身が名付けた「悲劇的」という呼称からして分かるように、ベートーヴェンを多分に意識した作品。第1楽章の冒頭、2分余に渡って続く序奏はシューベルト19歳のときの作品だということがにわかに信じられないほど意味深長に響く。ソナタ形式のセオリー通りの主部は、のちの「ザ・グレート」を思わせるような経過句も時々顔を出しながら展開していく。適度に長調への転調や推進力のあるリズム音形のためか、「悲劇的」というタイトルほどに悲痛な曲想ではない。第2楽章はシンプルな三部形式で少々物足りなさが残る。ここは先日の記事に書いた2番のように変奏曲を聴きたかった。第3楽章メヌエットは実質スケルツォ。ヘミオラ気味に前のめりになる主題と横へ流れる副主題が対照的で中々聴かせる。終楽章は再びハ短調に戻る。やはり根っからの悲劇性は感じられず、前向きのハ短調だ。展開はやや冗長な感なくもないが、作曲当時19歳という年齢を考えれば、やはり天才的といっていいだろう。最後は長調に転じて明るく大団円となる。
ロイ・グッドマン&ハノーヴァーバンドの演奏は元々英NIMBUS社の良質音源。同社倒産の折に廉価盤レーベルの雄、ブリリアント社が買い取ってリリースという、いつものパターン。ピリオドアプローチらしく軽快でスッキリとした解釈。残響多めながらクリアーな録音と併せて、存分にこの曲の持ち味を楽しめる。


アーノンクール&VPO。G・へッツェル氏健在の1984年@ムジークフェライン。第1楽章の主部は随分ゆっくりしたテンポだ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

祝!富岡製糸場 with シューベルト交響曲第2番変ロ長調


富岡製糸場の世界文化遺産への登録が確実となった。おらが群馬のシンボルが一つ増えることになりそうだ。
全国区はもちろん関東首都圏内でも、プレゼンスの低い当地ではあるが、これで実力に見合ったイメージにつながるだろうか。ここに至るまで多くの関係者が地道な努力を重ねてきた結果と、素直に喜びたい。ゆるキャラ:ベスト3入りする人気のぐんまちゃんも今後さらに露出の機会が増えるかな。 さて、暖かで穏やかな土曜日。野暮用一つ二つこなして終了。富岡製糸場のニュースを祝して何か元気の出そうな曲をと思い、ロイ・グッドマンとハノーヴァーバンドによるシューベルト交響曲全集から第2番変ロ長調をプレイヤーにセットした。


gunmachan.jpg  DSCN2439 (480x480)


シューベルトの交響曲というと昔から「未完成」と「ザ・グレイト」あたりが圧倒的に人気だったが、近年は魅力的な5番を始め、他の曲も演奏される機会が増えたように思う。実際、ぼく自身もこうしてCDやレコードで聴こうと思うと、まず5番そして4番あたりに手が延びる。そして、この2番もシューベルトの一面が出た素晴らしく充実した曲だ。

モーツァルトの39番交響曲を思わせる堂々とした序奏で始まる第1楽章。時折、短調への転調を交えながらも終始元気一杯といった展開が続く。シューベルトの曲にあって、これほど溌剌とした曲想が続く曲も珍しいだろうか。穏やかな変奏曲形式のアンダンテの第2楽章はこの曲の中ではもっとも一般的なシューベルトのイメージに近い曲想だ。第3楽章はハ短調に転じる。指定はメヌエットだが実質はスケルツォといっていい。ハ短調ではあるが、トリオを含めて長調への転調部分も多く、それほど悲劇的な印象ではない。プレスト・ヴィヴァーチェの終楽章も元気一杯の勢い変らず。それでいて能天気な一本調子にならずに、よく展開していく。ぼく自身はこの2番交響曲の中にあっては、この終楽章が一番好きだ。
さあ、この曲にのせて、いくぞぉ~グンマー


シューベルトの全集も作っているマゼールとバイエルン放響の演奏。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ギターの類型


4月も終盤。今月の業務予定も何とか消化して、きょうは少し早く帰宅した。ホッとひと息つく夜、平日には珍しくギターを取り出してひとしきり練習した。


DSCN2432 (480x480)  DSCN2435 (480x480)


今夜は一昨年入手した、ロンドンの製作家デイビッド・ホワイトマンのハウザー1世モデルを取り出す。久しぶりの音出しで、当初冴えない音だったが、20分ほどスケール練習をしている間に、目を覚ましたようにいい響きになってきた。
この楽器はハウザー1世モデルを標榜するだけあって、60年代以降の2世や現在の3世ハウザーと異なる。端的に言えば<軽く柔らかく>作られていて、セゴヴィアが絶賛した30年代後半から40年代の音作りに従っている。1400グラム台のボディーはF~F#の低めのウルフトーンに設定されていて、その上に木質系の反応のいい高音がのる。ハウザー1世が範にした、サントスやマヌエル・ラミレスなどの古いスパニッシュの味わいだ。

極端に言い切ってしまうと、モダンギターは二つの大きな系譜に大別されるだろうか。一つは軽く柔らかいギター、もう一つは重く硬いギター。以下はぼくがある程度じっくりと弾いて音を確認した楽器から持つイメージ。いささか乱暴で、なかば強制分類であるとお断りしておく。

<軽く柔らかいギター>
1300~1500グラム。低音ウルフトーン=E~F#。ふっくらたっぷりした柔らかい低音と木質系の高音。軽く立ち上がる音。張力弱め。やや短い余韻。低音=ボンッ、ドーン。高音=ポーン。調和し拡散する音。トーレス。サントス。マヌエル・ラミレス。ドミンゴ・エステソ。ハウザー1世。アグアド。サイモン・アンブリッジ、ケビン・アラム。ロマニリョス。フリッツ・オベール。ゲルハルト・オルディゲス。田邊雅啓、佐久間悟。
<重く硬いギター>
1500~1800グラム。低音ウルフトーン=G~A。エネルギーに満ちた力強い低音とやや金属的な高音。張力強め。長い余韻。低音=ビーン、ガーン。高音=ピーン、ツーン。分離し直進する音。ラミレス3世。ベルナベ。マリア・テサーノス(他多くのマドリッド系)。ハウザー3世。ポール・フィッシャー。河野・桜井。今井勇一。松村雅亘。多くの量産ギター。

もちろんそれぞれの分類とその間には多くのバリエーションがある。しかしここ10年ほど自分の楽器、知人の楽器など仔細に検分・試奏した結果、色分けが可能だと分かってきたし、初めて弾いた楽器の音の良し悪しと好みをすぐに識別できるようになった。そして二つの類型の間に位置する楽器はどちらかというと強い個性はない中庸の性格を持つだろうか。
これまでのぼくの少ない経験ではあるが、コンサートプロでない限り、音色の美しさや響きの調和などから言うと<軽く柔らかいギター>を好ましいと感じている。広くデッドな空間でのコンサートで音を飛ばさなくてはならない、他の楽器との合せ物で強いエネルギーが必要だというケースでは<重く硬いギター>が有利なケースもある。実際、プロでも二つの系譜を使い分けている人も多いようだ。

…とまあ、そんなことを考えながら今夜は<軽く柔らかいギター>に属する、デイビッド・ホワイトマンのハウザー1世モデルの美しい音色を楽しみながら、近々予定しているチェロとの合わせ練習のために、シューベルトのアルペジョーネソナタを少しさらった。相方のチェロ女子いわく、ピアノ伴奏に比べ、ギターとのデュオは二つの楽器の距離感が近く、一体となって響きを作っている感じがする。一方ピアノは、あくまで伴奏者として少し距離があって、チェロの方も対抗して「頑張る」イメージになるとのことだった。余裕をもって音色を楽しみながらチェロと合せられるよう、練習に励むとしたしませう。


いくつかのギターの音を。あれこれ書いておきながら、ちゃぶ台をひっくり返すようでナンだか、こうして録音すると上記の印象はほとんど分からなくなる。

海外でも人気のブランド:桜井ギター。バリオス:最後のトレモロ。


1971年作のフレドリッシュ。完全にコンサート用のギター。


トビアス・ブラウンは現代の製作家。何度か弾いたことがあるが、ロマニリョスに教えを受けたこともあって古いスパニッシュの音作りだ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン


日本列島の北寄りに位置する高気圧から冷たい空気が流れ込み、冬を思わせる寒い日曜日となった。野暮用あれこれの一日が終わり、あす月曜からの仕事に備えて早く休もうかという時刻。あまりの寒さに、そろそろ片付けようかと思っていたアラジンストーブの残った灯油に火を点け、寝酒代わりに1枚だけ聴くことにした。


Johnny_Hartman.jpeg  DSCN2426 (480x480)


ジョン・コルトレーン(ts)とジョニー・ハートマン(vo)による1963年録音の名盤。随分以前に一度記事に書いた。こうして久しぶりに聴くと必ず思うのだが、こういうバリトンの、ソフトで深い声を持っていたら人生随分と変ったのではないかと。すぐに下種な例えを出してナンだが、女性にとって男性の声質は重要なファクターであるらしい。イケメンあるいはナイスミドルであっても、話し始めた途端に上ずった声でペラペラやられると幻滅だそうだ。それはまあ、男の側から考えてもよく分かる。このハートマンのボーカルを聴くと、そういうことが理屈抜きに分かる。ハートマンの歌声はバリトンの音域にも関わらず、まるでバスのように聴こえるのは、ひとえにそのソフトで深みのある声質によるのだろう。男のぼくですら、うっとりするようなスウィートボイスだ。かつて日本にも低音の魅力で聴かせる歌手がいた。フランク永井、水原弘…。今どきの日本で、こういう声でゆったりと歌を聴きたいと思ったら、どんな歌手を選んだらいいのだろうか。
そうだなぁ、生まれ変わったら、普段は寡黙で、そしてここぞというときには、ソフトなバリトンボイスで渋く意中の佳人に語りかけることにしよう。


<My One and Only Love>


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

G・クレーメル+ジンマン&チューリッヒトーンハレ 演奏会


18日金曜日。都内での仕事を夕方までに終え、予定していたG・クレーメルとジンマン&チューリッヒトーンハレ管のコンサートに向かう。銀座線溜池山王駅から小雨の中を歩くこと数分。サントリーホール到着。まもなく開場という時刻で入り口前は入場を待つ人であふれていた。仕事帰りのカバンをさげた勤め人、いかにも自由人風情の人、和服の麗人も二人ほど見かけた。いかにも都会らしいコンサート風景だ。


Gidon-Kremer.jpg  Zinman-David.jpg


2階席中央のベストポジション。定刻19時に客電が落ち団員が三々五々舞台へ。チューニングも終えてしばしの静寂ののち、御大二人の登場となった。きょうはBプロのベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲とブラームスの1番。
予想に反して小柄のジンマンが指揮棒を振り下ろしベートーヴェンが始まった。一聴してチューリッヒトーンハレ管の、とりわけヴァイオリン群の音が明るい。ジンマンの解釈と相まって要所要所のアクセントが小気味よく決まり、音楽はよく流れる。ほどなくしてクレーメルのソロが入ってくる。思いのほかデリケートな弾きぶりだ。最初はやや探るような弾き方で調子が出なかったが、中盤からようやくのびのびとした音楽になってくる。アプローチとしては室内楽的といったらいいだろうか。音も決して大きくなく、G線を力で弾くようなところも一切無い。昨今聴きなれているコンクール入賞組のような派手や流麗さとは一線を画す。考えてみればキャリアの初期を除けば、彼のこれまでの活動の多くは小規模のアンサンブルや室内楽だった。そうか、こういうヴァイオリニストだったのかと今更ながらに合点した。そういうクレーメルのアプローチとジンマン&チューリッヒトーンハレのマッチングが、第1楽章ではうまくかみ合わない印象があったが、2楽章と続く3楽章はとてもよかった。音楽は軽やかに弾み、クレーメルの細かなニュアンスで聴かせる弾きぶりは後半楽章で真価を発揮した。

サントリーホールは数年ぶりだろうか。ちょうど10年ほど前、付き合いのあった某メーカーが毎年欧州のメジャーオケを招聘して冠コンサートを開いていた。チケットがよく回ってきて何年か続けて聴いた。ロイヤルコンセルトヘボウ、バイエルン放響、サンクトペテルブルク、チェコフィル等、中々贅沢な経験をした。

さて休憩をはさんで後半はブラームス。編成は16型。今週になってからも3回は聴いた(^^;ブラ1が悲劇的な序奏で始まる。やや速めのテンポで前へ前へと音楽が進むジンマンの解釈。ふた昔くらいまでの剛直で重い足取りの演奏は今どきありえないのだろう。ベートーヴェンのときに感じたチューリッヒトーンハレの音の明るさに加え、ともかく各パートともよく鳴る。ジンマンの解釈と相まって、エネルギーと熱気に満ちたブラームスが繰り広げられる。あすの最終公演はブラームスの4番が予定されているが、正直、きょうのプログラムでよかった。おそらく4番だったら、ぼくのイメージからするともう少し暗めで素朴な音色を求めたくなるところだったろう。1番なら今夜のようなジンマンの解釈とチューリッヒトーンハレの音色も十分成立する。それでも第2楽章などはもう少し弱音をいかした表現がほしいところだった。終楽章はこのコンビのそうした個性がマッチした力強く希望に満ちた演奏。ホルンやティンパニの要所も十分な手応えで聴かせてくれて大団円となった。
盛大な拍手に応えて、ハンガリー舞曲の第1番がアンコールとして演奏された。この曲、ハンガリー舞曲の中では最も好きな曲の一つ。ちょっと得した気分というのはこういうのを言うのだろう。

9時をまわって、ホールの外に出てみると雨はほぼあがり、夜の冷気が心地いい。ホール横のカフェで一人打ち上げ。温かい紅茶を飲んでからホールをあとにした。四の五の言いながらも久々の欧州オケの音と鬼才クレーメルの演奏を堪能した、いいコンサートだった。


クレーメルのベートーヴェン。シュニトケ作のカデンツァが使われている。当夜のカデンツァはシュニトケでもなく、ピアノ編曲版でもなかった。サン・サーンス版というのがあるらしいが、それだったのか。寡聞にして不案内。また協奏曲のあとクレーメルが拍手に応えてアンコールを弾いた。現代風の無伴奏で、何番かわからないがイザイかなあと思っていて、終演後確認したら、やはりイザイの無伴奏第3番だった。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ベーム&VPO 1975年東京 ブラームス交響曲第1番ハ短調


先週末に背負い込んだ鼻風邪。切れ味鋭いセフィム系抗生物質の薬効めざましく、無事回復に向かっている。多少咳き込むときがあるがおおむね良好。このまま終息の見込みだ。 さて、先週から今週にかけて業務そこそこハードで、今夜も9時半過ぎに帰宅。ひと息つけば、もう床に就く時刻。風邪気味なのだから早く休むべきところだが、体調回復をいいことにアンプの灯を入れて、こんな盤を取り出した。


boehm.jpg  DSCN2423 (480x480)


以前も記事に書いたベーム&ウィーンフィル1975年来日公演のライヴ。LP4枚組のセット。その中から、今週末にジンマン&チューリヒトーンハレで聴く予定のブラ1に針を下ろす。
1975年と言えば我が青春真っ只中。FMから流れるこの演奏を、四畳半の下宿で手製のB級オーディオセットで食い入るように聴いたものだ。すでにベームの全盛期は過ぎていたとの評もあったが、このVPOとの演奏は最後の力を振り絞ったかのような熱のこもったものだった。第1楽章の冒頭からコントラバスがゴーゴーと軋むような音を響かせ、ウィンナホルンは音を割って強奏する。第2楽章のむせかえるようなロマンチシズム。おんぼろFMセットから流れる貧弱な音だったが、生中継で聴くウィーンフィルの音は、日頃N響の中継で聴いていた音と明らかに違っていて、弦楽群は艶やかで美しく、木管群のチャーミングな音色に心打たれたものだ。その後今日に至るまで、幾多のブラームスの音盤を手にして聴いてきたが、この演奏は青春時代の思い出という心理的バイアスを差し引いても、もっとも好ましい演奏の一つだ。ブラームスの1番を聴き始めてから40年。今夜は一体何度目だろうか。週末のコンサートが楽しみだ。


この盤の演奏はDVDにもなっている。ただただ懐かしいベームの指揮姿。終楽章のコーダでは腰を落として渾身の力を込める。この映像は音質にはやや難有り。オリジナルはもっとふくよかで重々しい。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)