ヴェンゲ一口フ&ギトリス@横浜


きのう29日の晩、予定していたコンサートを楽しんできた。「ヴェンゲ一口フと若き演奏家たち」と称されたステージ。親日家でもあるヴェンゲ一口フのもと、次の世代を担うであろう日本の若い演奏家たちが集い、そしてそこにイヴリー・ギトリスがジョイントするというもの。横浜みなとみないに出向くのはだいぶ以前にちょっとしたセミナーで何度か訪れて以来だ。東急線の乗入れ含め周辺環境もすっかり整い、美しい都市空間になっている。大ホールは2000名ほど入るシューボックス型で、昨晩はそのプロムナード席に座った。


gitlis.jpg  20140530_pgm.jpg


ヴェンゲ一口フもギトリスもビックネームに違いないが、当夜の主役は十数名の若き演奏家たちだった。その十数名が弦楽オケを編成し、ヴェンゲ一口フやギトリス、あるいはオケの中のメンバーが代わる代わるソロに立った。メンバーは最近の日本音楽コンクール、全日本学生音楽コンクールでの1、2位入賞者がほとんどだ。
バッハのBWV1043で開演。ヴェンゲ一口フと藝大2年生で当夜のコンマスも務めた小林壱成がソロをとる。5+4+2+3+2とチェロ・コンパスをやや厚くした編成。大ホールでの小編成弦楽オケという条件で、響きのダイナミクスを確保するための配慮だろうか。柔らかくかつすっきりとした弦楽オケの音がホールに響く。プログラムを見て分かる通り、技巧的な独奏曲をステージに上げる実力を持った面々が合奏体として音を出す。軽く素早い弓さばき、不要なアクセントなしでピタリと合わせるアインザッツ。小林壱成のソロは出だしこそ少し緊張もあったようだったが、すぐに持ち直し、ヴェンゲ一口フとの掛け合いもアイコンタクトしながらこの曲の素晴らしさを引き出していた。ヴェンゲ一口フはさすがの美音で、曲想に合わせて軽い引き弓ながらも、しっかりと粘りのある音で歌っていた。バッハを堪能したあとは、ヴィターリとラヴェルの弦楽合奏曲を挟んで、サラサーテの華やかで技巧的は定番曲が並ぶ。ツィゴイネルワイゼンを弾いた水越菜生は、まだあどけなさが残る中学2年生で、第66回全日本学生音楽コンクールの小学生部門優勝者。時代が下ったこともあってぐっとボリュームを増し、濃い口の音色となったオケをバックに堂々とした弾きぶりだ。前半の歌い口もたっぷりとして不足なく、急速な後半もまったく危なげない。カルメン幻想曲を弾いた東京音大2年の周防亮介。第81回日本音楽コンクール第2位の実力者らしく、出だしからG線のエネルギーに満ちた響きがホールに響き渡る。当日のプログラムに挟まれたチラシに、近くシベリウスの協奏曲を弾く予定が印されていたが、きっと素晴らしい演奏になるだろう。いくつかの国際コンクールで上位入賞し、すでにソリストとしてのキャリアを積んでいる田中晶子は休憩をはさんで2曲を披露。サラサーテのナヴァラではヴェンゲ一口フと技巧的なユニゾンをピタリと合わせて大喝采を受けていた。

後半はチェロとヴァイオリンのデュオで、カッチーニやオペラ座の怪人ファンタジーとバラエティーに富んだ曲が続く。そしてイヴリー・ギトリスの登場。90歳を超えた今も事あるごとにステージに上がるギトリス。先の大震災後の活動はしばしば報道された。ステージに登場したときからどこかユーモラスなオーラを放つギトリス。椅子に腰かけるなり、客席が暗いとみなさんの顔が見えませんねえ、明るくしらたいいのに…と笑いを誘う。自在で闊達な弾きぶり。当夜はクライスラーを2曲。軽く酒脱な歌い口。指揮者なしのオケはコンマスの小林壱成がマエストロの横顔を覗き込むようにしてテンポルバートをつかみ、オケパートを引っ張っていく。それもこれも、90歳を超えてなおかつステージに上がる心意気を、当夜ホールに居合わせたみなが微笑ましく受け入れる。最後のヴィヴァルディ:4台ヴァイオリンのための協奏曲ではヴェンゲ一口フ・ギトリス・田中晶子・篠原悠那がソロに立ち、バッハが4台チェンバロ用にアレンジ(BWV1065)したこの名曲を、楽しくも緊張感ある雰囲気で弾いて終演となった。

明日を担う若く才能に満ちた演奏家たちの闊達かつ堂々として弾きぶり、現役最長老としてその存在だけでオーラを放つギトリスの自在なパフォーマンス、そしてその両世代をつなぐヴェンゲ一口フのフランクなキャラ。当初は何やらごった煮のガラ・コンサート風かと案じたが、終演後はことのほかの充実感。熱演のおかげで気付けばあっという間の3時間。海を渡るひんやりとした夜風でクールダウンしつつ、みなとみらいをあとにした。


ヴィヴァルディ:4台ヴァイオリンのための協奏曲ロ短調。1983年の映像。アイザック・スターン、イダ・ヘンデル、ギトリス、シュロモ・ミンツ。メータ指揮イスラエルフィル。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バッハ 2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調BWV1043


あっという間に五月も下旬。今月の業務予定も大過なく終了見込みで休心。来月以降の予定を少しでも先行して着手しようと、殊勝にもいつになく前向きハッスル。こんな様子を神様も見ていてくれたのか、知人から吉報あり、「おい、与太。先月のクレーメルの続きだけどなあ、ヴェンゲーロフのチケットがあるが行かないか?イヴリー・ギトリスも出るぞ。」とのこと。ヴェンゲーロフといえば最上級の評価を受けながら先年の故障で一時は指揮者に転向かとの噂もあったが、完全復活との本人談。ギトリスにいたっては90歳超えの現役にして最長老だ。二つ返事で誘いを快諾。あさって29日は都内での仕事が終わり次第、横浜みなとみらいへGo!の予定となった。


vengerov.jpg  DSCN2499 (480x480)


プログラムにのっている2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調BWV1043。いくつかある手持ちの盤の中から、ちょっと古いオイストラフ親子によるレコードを取り出した。オールドファンには懐かしい廉価盤ヘリオドールレーベル。もちろんオリジナルは由緒正しいDG。1962年録音。録音技師はギュンター・ヘルマンス。ユージン・グーセンス指揮ロイヤルフィルハーモニー管。チャンバロはジョージ・マルコム。オイストラフ親子はこのDG盤に先立つこと数年前に、シュターツカペレ・ベルリンともバッハの協奏曲集を録音している。
久しぶりに針を降ろしたのだが、一瞬プレイヤーの回転数設定を間違えたのかと思った。昨今の演奏に慣れた耳にはそれほどゆっくりとしたテンポに聴こえる。テンポばかりかピッチも半音くらい低いのではないかと思うほどだ。半世紀前のスタイルはこれがスタンダードだった。横に流れるフレーズ重視で風がそよぐように奏でられる演奏の対極。一音一音確かめるように丁寧に弾き進める。親子で2つのパートを弾き分けているわけだが、やはり父ダヴィッドの音がひときわ太く響く。この曲はバッハの協奏曲、いや器楽曲の中でももっとも好きな曲の一つ。決して技巧的な難曲というわけではないが、多声的な展開、明快なリズムとアクセント、トゥッティとソロの対比など。実に美しく気品に満ちた名曲だ。
あさっての晩は、ヴェンゲーロフとギトリスの両巨匠がどんなバッハを聴かせてくれるのか楽しみだ。

ヴェンゲーロフの演奏。2011年モスクワのオケと。第1楽章。


オイストラフとメニューヒン。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

平賀マリカ BATUCADA


きょうの当地は今年初めての真夏日。午前中は予報に反して少しひんやりした風が吹き抜けていたが、午後から一気に気温上昇。夕方のニュースでは全国トップの30.7℃との報道があった。ようやく初夏を通り越し、夏への序奏開始。
涼しかった午前中、珍しくTVのスイッチを入れるとちょうど日曜美術館が始まるところ。ちょっと興味もあって「バルテュス 5つのアトリエ」と称した特集を観る(6月1日再放送有り)。現在開催中のバルテュス展とタイアップしての企画だろう。少し前、電車内の中吊り広告だったか、バルテュス展のポスターをみて興味を持っていたところだった。
ぼくは美術にはまったく疎いのだが、観るのは嫌いではない。20代の頃は気に入った画家の画集を買ったり、美術の本も少々読んだ。絵画展にもときどき足を運んだが、その多くは意中の女子をデートに誘い出す口実という不純な動機だったため、結局身に付かなかった。同展は来月22日まで東京で開かれているとのことなので、出向いてみようと思っている。 さて昼間の暑さもいえて一服。暑くなると冷たい飲み物が欲しくなるのと同じように、音も涼を求めたくなる。真夏日到来に合せてボサノヴァの盤でも思い、この盤を取り出した。


marika.jpg  DSCN2489 (480x480)

平賀マリカの3枚目のアルバム。音盤買い出しの際に思わずジャケ買いの1枚(^^;。2008年録音。一部を除きNYで録られている。豪華ミュージシャンが参加し、ジャズ・ボッサの定番曲が並ぶ。
ボサノバというとジャジーな都内的なイメージがある一方、そのオリジンであるブラジルの土の匂いも感じる側面もある。演奏やアルバムコンセプトもその両軸のいずれに軸足を置くかで印象が異なってくる。この盤は完全に前者。ジャズテイストをベースに、ときにはスローロック風の味付けもあって垢抜けたモダンな都会の響きに仕上がっている。平賀マリカのヴォーカル云々の以前に、一流どころのバック陣とそのアレンジが秀逸。これだけセンスのいいバックで固めれば、大概の歌は上手く聴こえそうだ。バック陣が聴かせる間奏の軽いアドリブプレイも楽しみの一つ。これからしばらくは蒸し暑い夜の音盤タイムには、こんな涼やかにリラックスできる盤がベストだ。


アップテンポのタイトルチューン:BATUCADA。男性ヴォーカル:マルコス・ヴァリとのデュオで軽快に歌う。


◆イパネマの娘◆

ナットキングコールのトリビュートアルバムのPV



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ウォルトン チェロ協奏曲


週半ばの木曜日…と、先週も同じように書いたっけ。淡々と同じことを繰り返しつつ、少しずつ変化していく日々。変化といっても相応の歳ともなれば、あまり希望的な先の見通しはなく、大体はいろんなことをあきらめていく。万事、脳天気に明るく無邪気に行きたいところだが、段々そういうことも出来なくなる。無為に過ごして悔い無しの青春時代はいずこへ…。まあ、そんな分別臭いこと言っていないで、アンプの灯を入れようか。


walton.jpg  R0013428 (480x480)


チェロが続く。今夜は例のトルトゥリエのボックスセットから英国20世紀の作曲家:ウィリアム・ウォルトンのチェロ協奏曲を取り出した。20枚組セットの8枚目。この8枚目にはイギリス物の名曲、エルガーとウォルトンの協奏曲そしてディーリアスのドッペル(ヴァイオリンとチェロのための協奏曲)が収録されている。ウォルトンの協奏曲は1973年の録音。もちろんトルトゥリエのソロ、そしてパーヴォ・ベルグルンド指揮ボーンマス交響楽団がバックを務める。
20世紀の音楽。それも昭和でいえば昭和30年代初頭の作品。第1楽章は穏やかなモデラートのテンポにのって長調とも短調とも確定せず、そして不安と安息のはざ間を行き来するようにチェロが歌う。現代的な抒情にあふれる旋律といったら適当だろうか。第2楽章はテンポを上げたスケルツォ。何かの現代チェロ協奏曲のフィナーレだと言われればそうかなと思うような緊張MAXの曲想が続く。独奏チェロの難易度は相当高そうだということがCDを聴いているだけで分かる。打楽器やハープも活躍するオーケストレーションも巧みで緊張と推進力に満ちていて素晴らしい効果を上げている。終楽章は変奏曲形式。冒頭チェロの息の長いフレーズで主題が奏される。ここでもヴィブラフォン、シロフォン、チェレスタ、ハープなどの響きに彩られたオケパートの響きが美しい。
トルトゥリエのチェロはこうした曲にはピタリだ。技巧的により完璧な弾き手はいるだろうが、ややひんやりとした感触ながら深い抒情をたたえた旋律を美しく歌うことについていえば、トルトゥリエの弾きぶりは文句なし。英国風の中庸をいく20世紀現代音楽の響きを堪能できる名曲名演だ。

この盤の音源。第1・2楽章


イギリスの若いチェリストのよる演奏。抒情的な第1楽章



ウォルトン作曲:チェロのためのパッサカリア


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ソンデツキス(Vc) チェロ作品集


五月も後半。今月の業務予定も残すところあと少々というところで苦戦中。週始めから、きのうもきょうもチョイと頑張ってしまった。ふ~っ。さて季節は初夏になろうかという時期。暑からず寒からずで、夜の音盤リスニングにはまことのいい季節。日々もう少し時間の余裕があればと思うことしきりだが、まあ仕方ないッスね。
…というわけで(どんなわけ?)、今夜も先日に続きチェロの音盤を取り出した。


Vytautas_Sondeckis1.jpg  R0013420 (480x480)


リトアニア出身のチェリスト:ヴィタウタス・ソンデツキスがオーケストラ伴奏でチェロの小品を入れたNAXOS盤。1998年録音。ダヴィド・ゲリンガス指揮リトアニア室内管弦楽団がバックを務める。収録曲は以下の通り。詳細はこちら

リムスキー=コルサコフ:くまんばちの飛行
バリス・ドヴァリョーナス:湖にて
チャイコフスキー:メロディー、夜想曲嬰ハ短調
アントン・ルビンシテイン:メロディ
ダヴィドフ:バラード、泉のほとり
ドヴァリョーナス:序曲とロンディーノ
タネーエフ:カンツォーナ
ショスタコーヴィッチ:アダージョ(バレエ組曲第2番より)
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
リムスキー=コルサコフ:セレナーデ
チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ

このヴィタウタス・ソンデツキスというチェリスト。この盤で初めて知った。2000年前後にいくつかの国際的コンクールに入賞しているようだが、それ以上のことは寡聞にして不案内。このNAXOS盤のタイトルは「Romantic Music For Cello and Orchestra」となっているが、さらにフレーズのどこかに「ロシアの」と付け加えたいところだ。収録曲にはこの盤で初めて接する曲も多いし、そもそもバリス・ドヴァリョーナスというリトアニアの作曲家もまったく知らなかった。いずれもロシアンロマンティシズムとでもいうべき、暖かくもほの暗いロマン派風の作風の曲が並ぶ。
チャイコフスキーやラフマニノフ、リムスキー=コルサコフあたりはお馴染みの曲だが、そのバリス・ドヴァリョーナスやユーリヴィッチ・ダヴィドフ、タネーエフといったややマイナーな作家の作品も美しく、チェロの特性によく合う。中では、ドヴァリョーナスの序曲とロンディーノ、タネーエフのカンツォーナなどはほれぼれする旋律にあふれている。ラフマニノフのヴォカリーズはもちろん、ショスタコービッチのアダージョもさりげなく美しい。ソンデツキスというチェリストについては何も知らないのだが、この盤を聴く限り、力に任せてバリバリ弾くタイプではないようだ。この盤の選曲によるところも大きいだろうが、やや控え目かと思うくらいの弾きぶりで、抒情的なこれらの曲想によくマッチしている。

ダヴィドフ:泉のほとり



チェイコフスキー:夜想曲。バックはリトアニア国立響。指揮はソンデツキスの父親だ。



チャイコフスキー:ロココ・ヴァリエーション


ピアソラ:オブリヴィオン。リトアニア勢のトリオで演奏している


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

木住野佳子 フェアリー・テイル


5月も半分過ぎた。週半ばの木曜日。きょうも頑張りましたよ。ハイ。
9時過ぎに帰宅。11時をまわってようやく一服。きょうはソコソコ緊張の一日だったこともあり、ユルめの音楽を聴こうか。


kishinokeiko.jpg  R0013398 (480x480)


以前も記事にしたピアノの木住野佳子。きょう取り出したのは彼女の実質的なデヴューソロアルバム。1995年NY録音。収録曲は以下の通り。

1. ビューティフル・ラヴ
2. フェアリー・テイル
3. ジ・アイランド
4. いつか王子様が
5. ファンカレロ
6. 星影のステラ
7. オンリー・トラスト・ユア・ハート
8. 誓い
9. ラフィット’82
10. ゴーン
11. ウィズ・ア・リトル・ソング

お馴染みを通り越し、またかの声も聞こえてきそうな選曲。しかしジャズに限っていえば素材の曲は決定的な要素ではない。料理の仕方こそが命だ。名演あって名曲なしと言っては言い過ぎだろうが、それほどプレイヤー次第で曲は生まれ変わる。この盤に聴くスタンダードの数々は、決して意表を付くような変身を遂げているわけではないが、「ピアノにもルージュを」というアルバムコンセプトのもと、見事に統一された心地よさに満ちている。そういわれてあらためてアルバムを手に取ってみると、ジャケット写真はモノクロームを背景に「fairy tale」の文字だけが赤く染め抜かれている。
彼女は桐朋で正統派のクラシックを修める以前からあちこちのロックやフュージョンのバンドに出入りしてはセッションを重ねていたという。天性の耳と勘の良さでデビュー前から知る人ぞ知る存在であったようだ。そんな才気あふれる彼女がNYの腕利きジャズメンをバックにくつろいだプレイを聴かせてくれる。特にエディ・ゴメスとマーク・ジョンソンのベースが雄弁で、抜群の録音と相まって、良質のヘッドフォンで聴くと50Hzを下回る深く静かに伸びるベースの基音が楽しめる。スムースジャズというほどユルみ切っているところはなく、適度に緊張が高まるプレイもあって飽きることがない。久しく新譜を聴いていないが、最近の彼女はどんな風なのかしらん。

このアルバムの第1曲ビューティフル・ラヴ。


彼女のオリジナルを二つ。
スローボッサの「ノスタルジア」
「Girl‘s Waltz」


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

カラヤン&PO ベートーヴェン交響曲第8番ヘ長調


温暖化といわれ始めた頃から、5月の連休明けには25℃超えの夏日になって、半袖で過ごしたい日もしばしばあるという認識でいるのだが、今年の関東地方では「あっ、夏が来たぁ」という感じの日が今までほとんどなかった。そんなことを考えていたが、ようやくきょう、山梨甲府で30℃超えの真夏日だそうだ。あすには関東一円で夏日、真夏日が到来するらしい。今年の夏はどうなりますか…。さて、きょうも9時過ぎに帰宅。ひと息ついてそろそろ日付が変る時刻だが、何か聴こう。先日、ベートーヴェンの4番を聴いたが、その4番と同様、ベートーヴェンの交響曲の中では小規模なもう1曲、第8番を聴くことにした。


karajan_2014051400221039e.jpg  R0013389 (480x480)


手元にある何種類ものベートーヴェンの交響曲全集盤を物色しつつ決めきらないでいたが、音盤棚隅に古いレコードを見つけ、それを取り出した。ぼくら世代には懐かしい、カラヤンベスト1500と称した70年代のEMI廉価盤。モノラルからステレオ初期にかけてカラヤンがフィルハーモニア管といれた一連の録音の一つ。貧乏学生時代の当時、DGのレギュラー盤に手が出なかった頃に、廉価盤でカラヤンが聴ける唯一の選択肢だった。ベートーヴェンの4・5・6・8・9番、チャイコフスキーの4番、シベリウスの2番といった曲を知ったのは、このシリーズのお陰だった。当時を思い起こしつつ、久々に針を降ろした。

EMIに残されたカラヤンとPOとの録音は、彼がDGでBPOと怒涛の録音ラッシュを開始する少し前の50年代前半に行われている。その多くがモノラルで、70年代に発売されたときには、擬似ステレオ処理されていた。手持ちのこの盤は4番と8番のカップリングで、ジャケットの隅には「このレコードは最新の技術によりモノラル録音をステレオ化したものです」と付記されている。8番に限ってはオリジナルは55年録音のステレオ録音だが、この当時にどう処理されていたかは定かでない。いずれも音は悪くない。SNも十分確保されているし、擬似ステレオの処理も不自然さはまったく感じない。

このコンビの演奏は実に颯爽としていて、壮年期のカラヤンらしさに満ちている。序奏なしで晴々と始まる第1楽章冒頭の第1主題。最初のわずか4小節のフレーズに、この曲のイメージが凝縮している。前半2小節はメロディアス、後半2小節はリズミック。スコアそのものの音だ。この曲は規模こそ大きくはないが、機知に富んでいて面白い。第1楽章の展開部などは力が入りながらも、どこかニヤッとしてしまう。終楽章もファゴットやティンパニのユーモラスなフレーズが印象的だ。

ピリオドスタイルも一般的になった昨今では珍しくないが、半世紀以上前の50年代当時にこういう颯爽としたスタイルの音を目指していた筆頭がカラヤンだ。彼が影響を受けたというトスカニーニも速めのテンポと短いフレージングで19世紀スタイルからの脱却を目指したが、カラヤンと比べるとずっと武骨で力に満ちている。カラヤンの演奏は流れるようにしなやかな力にあふれている。指揮者ばかりが、オケの面々も胸を張って颯爽と弾いていたのではないかと思わせる。DG時代の60年代、70年代のBPOとの全集盤も手元にあるが比べるまでもなく、POは録音ポリシーの違いもあってBPOほどの重量感はないものの、EMIのプロデューサ:ウォルター・レッグが腕利きを集めて作ったオケらしくアンサンブルは極上。管楽器セクションも巧い。ホルンにはデニス・ブレインがいたはずだ。

その昔、神田にあった老舗中古レコード店の名物オヤジが言っていた。「演奏家の多くが再録を繰り返すが、ほとんど間違いなく最初の録音がいい。」カラヤンはこのPOとの全集以降、ほぼ10年ごとに全集を再録したが、このオヤジの言う「真理」は当たっているかもしれない。


このコンビによる第1番。今となってはかなりロマンティックな解釈。そしてカラヤン流のレガート。



8番。バレンボイムによる、ややオールドファッションな演奏。オケは例のユダヤ・アラブの若者連合オケ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)