スピーカー試聴 タンノイとハーベス


以前から気になっていた…シリーズ。SOULNOTEのRM10、ハウザー1世ウィーンモデルとフリッツ・オベールに続き、三回目の今夜は、以前から気になっていた総務部の○○嬢…という話はまったく無くて、再びスピーカーの試聴であります。 

さて、あらためて、以前から気になっていたスピーカー…。2S-305とおさらばして以来、大型スピーカーとは決別したわけだが、心残りがないのかと言われると、wwwっと言葉に詰まってしまう。現有のHarbeth:HL-P3ESRも、神田リビングミュージック社のS-2Cも、小型なりのメリットを発揮していい音を奏でてくれてはいる。がしかし、オーケストラ音楽の根幹を成す、コントラバスの基音が十分に聴こえずして、音楽の和声感の成り立ちを楽しむことは出来ない。どうしても40Hzまでしっかりレスポンスして欲しいと思うのだ。そして、大型とはおさらばしたが、<中型>ならいいのではないかと、変な自己弁護も働く。そんなこんなで、試聴だけでもと思って選んだのが以下の2機種だ。過日、秋葉原の某販売店で試聴する機会があったので記しておこう。


■タンノイ:スターリング■

クラシックファンにとってはお馴染みのブランドであるタンノイ。家具調のエンクロージャがもてはやされるのは、今や極東の島国だけと言われながらも、相変わらずの存在感を示している。スターリングはその中ではエントリークラスの位置付けだが、数年おきにモデルチェンジしながらもIIILZ以来のポジションを守っている。以前のずんぐりした縦横比からスマートなトールボーイ型になり現行機種で三代目。中身を大きく変っていない。新しい傾向を追わない古典的なスピーカーとしては、もう変えるところもないのだろう。試聴には先日の記事書いたSOULNOTE:RM10の試聴に使ったのと同じCDで臨んだ。

stirling_01.jpeg

予想以上にメリハリのある音で驚いた。よく言えば柔らかい、悪く言えば眠い音を予想していたが、見事に裏切られた。タンノイのプレステージシリーズと言えば、豊かな低音をまずイメージするが、今回試聴して最初に耳が向いたのは、小型ながらホーン形式を採る中高音のレスポンスの良さと、同軸ユニットらしいシャープな定位だった。中域以下が柔らかい音色なので、総体としては決してエッジが立った音ではないのだが、少なくても眠いようなぼんやりした音ではない。ホリー・コール、熱帯ジャズ楽団、ヤニグロのチェロ、いずれも十分にリアルで過不足ない表現。もちろん、マーラーはホールトーンの広がりを感じさせる素晴らしいものだった。う~ん、スターリング侮り難し…。デザインもスリムで、我が道楽部屋にも違和感なく収まりそう。マジでヤバい…


■ハーベス:HL-Compact7es3■

ハーベスのスピーカーはいずれもそのヴィジュアルが秀逸だ。なんの変哲もない木製エンクロージャだが、いかなる調度にも違和感なく溶け込みそうな佇まい、見事な黄金比のプロポーションなど、英国中庸の美そのものだ。そんなことを思いつつ、現有のHL-P3ESRの音色をそのままに、低域方向のスケール感が拡大したら…という下心たっぷりに試聴に臨んだ。

hlcompact7es-3.jpeg

一聴して、その下心が吹き飛んだ。タンノイのスターリングを聴いたあとだが、同じ英国ブランドながら、まったく印象が異なった。正直いって眠い音。エネルギーバランスとしては中低域寄りで、それに見合った中高音が載ってこない感じだ。この音をもって、刺激的でない柔らかく聴き疲れしない音という評価になるのだろう。しかし楽器の生音を知っている人なら分かるように、楽器の素の音は毛羽立ち刺激的なものだ。それが実際に弾かれる環境のルームアコースティックによって豊かで潤いのある音に変る。
手持ちのHL-P3ESRは決してこんなバランスではないし、眠い音でもない。どうやらエンクロージャのサイズアップとバスレフ化に伴って中低域が拡大した一方で、それに見合った中高音の質と量が確保されていないことが要因のように思う。そもそもロジャースのLS3/5のオリジンを持つHL-P3ESRは、人の声のモニターとして開発された経緯があり、帯域は広くない。HL-Compact7es3はHL-P3ESRの単純なスケールアップ品ではなく、まったくコンセプトが違うのだ、というのが、今回の試聴での結論となった。


さて、共にいいスピーカーだがどうする。
小型スピーカーに徹するわけじゃなかったのか。いや、まあ、その~。しかし、スターリングの大きさなら、投影面積は小型と差ほど変らないし、方寸8畳間でも圧迫感はない。音のバランスもいい…。スターリング…
と、まあ、そんなことをつぶやきつつ、夏の夜は更けるのでありました。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
音楽とクラシックギターに目覚めて幾年月。道楽人生成れの果てのお粗末。

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)