J.ヨアヒム ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品11


10月最後の週末金曜日の夜。あすから三連休、そして11月。早いなあ…。早いなあといえば、11月は誕生月。還暦を迎える。冗談だろう…と言いたいが、マジでロクジュウだどさ。まったくもう、こんなはずじゃなかったなあ。
…とぶつくさ言いながら7時半過ぎに帰宅。ひと息ついて数日ぶりにアンプの灯を入れ、音盤棚を探っていたら、こんな盤を見つけた。


joachim.jpg  R0013537 (480x480)


ヨーゼフ・ヨアヒム作曲のヴァイオリン協奏曲ニ短調作品11。アーロン・ロサンドというアメリカ生まれのヴァイオリニストがソロをとり、ジークフリート・ケーラー指揮ルクセンブルク放送管弦楽団がバックを付けている。1971年12月録音。手持ちの盤は1972年にワーナーパイオニアから出たVOXレーベルの盤。10年ほど前にネットで箱外したLPの中に入っていた1枚。

ヨアヒムはあらためて説明するまでもなく、ブラームスをはじめいくつかのヴァイオリン協奏曲の初演者として、また多くのヴァイオリン協奏曲の献呈を受けたり、カデンツァを書いた演奏家として、つとに有名だ。19世紀のど真ん中を数十年間に渡って君臨した偉大な音楽家といってよい。作曲家としては三つのヴァイオリン協奏曲他を残したが、そのほとんどは今日演奏されることは稀だ。この盤の二短調の協奏曲(第2番と称される)はそんな作曲家としてのヨアヒムの作品の中では比較的メジャーな位置にあるようだ。
<ハンガリー風>という副題が付いていて、全編ハンガリー民謡、あるいはハンガリーのジプシー風のフレーズが使われている。第1楽章は曲の過半を占める大きな楽章で、ここではジプシー風フレーズと同時に、19世紀後半のロマンティシズムに満ちた、ときにブラームス風の響きも聴かせる作風を示す。ヴァイオリンの技巧的な音形が続くのはもちろんだ。第2楽章は切々たるロマンツァ。第3楽章はアラ・ツィンガラ=ジプシー風と記されたアレグロで、耳馴染みのいいラプソディックなフレーズが続く。重音奏法を駆使したヴァイオリンパートは門外漢が聴いても、その技巧的な難しさが想像できる。
今日ほとんど演奏されることがないということかも分かる通り、曲も構成、モチーフの展開、多彩な和声感といった面ではイマイチの感が否めないが、19世紀当時に一世を風びしたヴィルティオーゾの世界を垣間見るものとして、聴いてみる価値があるだろう。


この盤の音源で第3楽章。



全曲。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

フルート、チェロ、ギターで遊ぶ P.J..Porro <Grand Trio extrait de Mozart>


18世紀後半から19世紀初頭のフランスで、ギタリスト、作編曲家、出版事業者として活躍したピエール・ジャン・ポッロ(1750–1831)。先日、彼がモーツァルトの名曲、ホ短調のヴァイオリンソナタK.304をヴァイオリン・チェロ・ギターのトリオに編曲した<Grand Trio extrait de Mozart>を合わせる機会があった。この曲は旧友Y氏から紹介され、以前記事の中でも触れたもの。その記事を見た知り合いのフルート吹きから、ちょっと遊ばない?と誘いがあり、いつものチェロ相方も入れて三人で合わせることになった。 曲目にある「モーツァルトによる」という付記から、原曲の主題を使った変奏曲かと想像していたのだが、何のことはない、まんまモーツァルトの原曲。ヴァイオリンの主旋律とピアノ伴奏をうまく三つの楽器に割り振ってトリオ編成の室内楽に仕立てたものだ。


Pierre-Jean_Porro_after_Robert_Lefèvre


ヴァイオリンとフルートは高音系のメロディー楽器ということで、しばしば互いに代役を演じることがある。今回はそのままフルートで吹くには、調性上、頻繁に出てくるHの音が出せないことから、知人は手持ちのH管フルートを整備に出して臨むことになった。チェロは問題なし。ギターパートは、ギターまたは当時流行していたリラとの指定がある。雰囲気を楽しむため、19世紀ギターを持参しようとも思ったのが、ちょっとした事情があって、通常のモダン楽器を使うことにした。

調弦が完了したところで、楽譜の確認かねて通してみると、特に問題なく最後までいく。私以外のお二人は、正統的なクラシックのレッスンを受け、かつ長いキャリアのあるハイアマチュア。こうした古典派の合わせ物はこれまでも山ほど経験しているに違いない。ギターのぼくは、二人の手馴れた合奏に便乗しているようなもの。それでも、モーツァルトの名曲の一つに数えられる原曲の雰囲気に緊張感も感じつつ、大いに楽しみながらギターパートを弾いた。楽譜を見てもらうと分かる通り、ギターパートの技術的難易度はそれほど高くなく、中上級レベルのアマチュアなら初見でも通せるレベル。ただ、ポッロの意図だと思うが、リラを意識した音形がところどころにあって、ギターで弾く場合は少し注意が必要だ。もちろん技術的な問題とは別に、曲全体の把握と細部の解釈、各楽器のバランスなど、いくらでも課題はある。今回は2時間ほどの合わせ練習だったが、合奏を楽しむことと同時に、そうした課題の確認も出来た。もう一度合わせる機会があれば、かなりうまく行くのではないかと安易にポジティブシンキングしている。

…というわけで、当日の演奏音源を貼っておく。
1時間ほど合わせの確認をしたあと、珈琲ブレイクをはさんで録音してみた。ところどころ動画やスナップショットもあり。YouTubeには海外のいくつかのグループの演奏がアップされているが、日本人のものはなし。本邦初演…ってことはないかな。ギターは実際も録音も少々音量不足(大きめのヘッドフォンなど、低音域も出る状態で聴くと、いくらかマシなバランスで聴ける)。ギターには不利な部屋のアコースティック(録音では盛大にリヴァーブがかかっているが、実際は完全デッド)もあるが、弾き方の問題も大きい。単純な音量だけでなく、タッチや音色、アーティキュレーションの工夫も必須。他の楽器とのアンサンブルにおける大きな課題を確認した次第。





◆モーツァルトの原曲はこちら◆


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

シベリウス ヴァイオリン協奏曲ニ長調


早いもので十月最後の土曜日。きのうから天気回復して好天の一日。野暮用あって、久々に市内あちこちをうろついたのだが、思いのほか街路樹の色付き始めていた。空気も澄んで気持ちがいい。何をするにもいい季節。アスリートなら、さっそうとグラウンドに繰り出すのだろうが、完全インドア派の道楽与太郎はきょうも室内遊戯です。ハイ(^^; 帰宅後、夕方近くになってから、西に傾く夕陽を眺めつつ、こんな盤を取り出した。


KWC.jpg  DSCN2865 (480x480)


先日の北欧物で思い出し、シベリウスのヴァイオリン協奏曲を。この曲を記事に書くのは初めてかもしれないが、数あるヴァイオリン協奏曲の中でもっとも好きなものの一つだ。
チョン・キョンファのヴァイオリンとアンドレ・プレヴィン指揮ロンドン響による1970年6月の録音。当時22歳だったチョン・キョンファのデヴューアルバムにあたる。チャイコフスキーとのカップリング。手持ちの盤は、80年代初頭にミッドプライス盤で出た際に手に入れた。ぼくがシベリウスの協奏曲として初めて買ったレコードだ。

1970年5月、チョン・キョンファはプレヴィン&LSOの演奏会に出るため、ほんの数日ロンドンに滞在した。公演は成功し、翌日にはイギリスやヨーロッパ各地のオケから出演契約が殺到したそうだ。18日後、英デッカはすぐに、プレヴィン&LSOと録音するためアジア演奏旅行中の彼女を呼び出した。韓国での一部のスケジュールをキャンセルした彼女は、アンカレッジ空港での待ち時間に休憩室で録音曲目をさらったそうだ。

この曲の演奏時間の半分を占める第1楽章。哀愁を漂わせながらも、甘口にならない凛とした風情が素晴らしい。第2楽章は美しいロマンツァ。この曲の中でももっとも美しい主題が切々と歌われる。第3楽章は、前の二つの静的な曲想から一転してラプソディックな気分に満ち、2管編成のオケも充実。ヘミオラを交えた巧みなリズム処理もあって、スリリングかつ活気にあふれた大団円となる。


この盤の第3楽章



ヴェンゲーロフとバレンボイム&シカゴ響



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

渡邊茜(G)ミニコンサート

きのう、秋の好日日曜日。所用あって恵比寿のギターショップへ。折から店内でミニコンサートがあるというので、ことのついでに聴いてきた。 渡邊茜さんという、まだ若いギタリスト。いくつかの国内コンクールで入賞している。経歴は以下の通り(渡邊茜さんのブログより)。

watanabeakane.jpg

<渡邊茜>
3歳からピアノを始め、14歳より、干野宜大師に師事。
14歳でクラシックギターの音色に惹かれ習い始める。
現在は桐朋学園芸術短期大学にて佐藤紀雄師に師事。
学内演奏会、定期演奏会出演。これまでに森田綾乃、金庸太、宇高靖人、各師に師事。
GLC学生ギターコンクール第2位。日本ギターコンクール第3位
フォルマールギターオーディション最優勝を各受賞。
井桁典子師のサポーターズクラブにてサポートを受ける。
又、ソロの他にも、ヴァイオリンとギターのデュオ”Tone Breath"として
Kick back cafeなど、その他幅広く活動中。

プロフィールからすると、まだギターを始めて10年経っていない。ギターという楽器は技術的習得に関しては十代半ばから初めて数年でプロのレベルに達する人がいる。彼女はその例の一人かもしれない。今はプロフェッショナルとしての活動を始めたばかりというところのようだが、約30分ほどの時間で、以下の通り、本格的なコンサートレパートリーを披露してくれた。

1.マルボローの主題による変奏曲(ソル)
2.ノクターン(レゴンディ)
3.主題と変奏と終曲(ポンセ)

決して広いとはいえない店内に十数名の聴衆がぎっしりと座り、そのすぐ目の前、2メートルと離れていないところで演奏するという、プロとはいえ中々厳しい状況での演奏。しかも部屋の響きほとんどないデッドな会場。さすがに弾きにくそうで、いくつかのミステイクがあったが、まだ20代前半という若さと謙虚な雰囲気に好感を持った。今後の活躍に期待したい。


マルボローの主題による変奏曲(ソル)。18世紀フランスて流行った歌謡がテーマ。テーマから取った序奏から長調と短調を行き交う美しい和声に惹かれる。テーマが元気に出たあと、五つの変奏が続く。
渡邊茜さん自身の演奏。デジカメでの録音と思われ、残念ながら音の状態がよくない。アルベニスの<マラゲーニャ>に続いて、3分45秒からソルの<マルボロー>。



ノクターン(レゴンディ)。先日の記事にもちょこっと名前を出した19世紀のギターヴィルティオーゾ。この曲はそう多くはない彼の作品の中ではもっとも知られた代表作。



主題と変奏と終曲(ポンセ)。エストレリータの作曲として知られるメキシコの作曲家。セゴヴィアとの交流を通して、近代的なギター作品を残した。この曲も彼の代表作の一つ。但し、この曲には楽譜の問題が付きまとう。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バーンスタイン&VPO ブラームス交響曲第4番ホ短調


このところオーディオ界の元気がいい。活況を呈しているというほどではないかもしれないが、折からの秋フェアというタイミングもあって、オオッというニュースもある。数年前に店じまいしたパナソニックのブランド<Technics>が復活だそうだ。それも大そうなハイエンドをリリースした。オーディオ専業メーカーとして生き抜き、昨今は高品位音源のネット配信でメジャーとなりつつあるオンキヨウからは80年代を思わせる3wayスピーカーが復活。アナログプレイヤーの新製品も出る。そうした21世紀のオーディオ新天地の主役はヘッドフォンとそれをドライブするヘッドホンアンプやDAC。キーワードはハイレゾということになる。今や音楽ソースの主流はネットからのダウンロード販売。データが主役のオーディオが中心になっていくのはもう止めようがない事実のようだ。レコードやCDという、次第にレガシーになるメディアでしょぼしょぼ聴いているぼくなどは、最近の動向にまったく関心もなく実際疎いのだが、さて、どうしたものか、ぼちぼちDACくらいは入れないといかんかなあ、でも音源をネットからダウンロードというのもなあ、と一向に方針が定まらない。


DSCN2841 (480x480)  DSCN2843 (480x480)


そんなことを考えつつ、きょうはカートリッジの交換。秋冬モードというわけでもないが、このところ使っていたDENONのDL-103からオルトフォンのSPU-Gに付け替えた。カウンタウェイトを交換し、セロバランス、アーム高さ、オーバーハングと確認してから、4グラムの針圧をかけてセット完了となった。
さて、秋の夜更け、オルトフォンで何を聴くべぇかと…選んだのはこの盤だ。バーンスタインとウィーンフィルによるブラームス交響曲全集から第4番ホ短調(先日、シューリヒト盤を聴いて記事に書いたばかりだ…)。30年余前のちょうど今頃、1981年10月の録音。手持ちの全集セットは、学生時代からもっぱら廉価盤専門だったぼくにしていはめずらしく、発売と同時に大枚はたいて手に入れたLP盤セット。


DSCN2847 (480x480)  DSCN2852 (480x480)


久々にターンテーブルにのせてオルトフォンで聴くアナログ盤最終期の音は格別だ。DENONの103と比べ、一聴して高音域の繊細さと音の奥行きの素晴らしさに耳がいく。低音もたっぷりと響き、申し分ないピラミッドバランスの音が広がる。とりわけブラームスの交響曲などこれ以上にないくらいマッチする。
バーンスタインのやや粘着質のフレージング、艶やかなウィーンフィルのヴァイオリン群、ぎりぎりのタイミングまで待って合わせる金管群やティンパニーのアインザッツ。どれもがやや古いスタイルの特性といえるだろうが、ロマン派後期でありながら古典的スタイルを指向したブラームスの一つの理想的な表現だ。どの楽章も遅めのテンポと濃厚な歌い口で、むせ返るようなロマンティシズムに満ちている。ライヴ録音をベースに編集を加えてある録音だが、第1楽章の冒頭からバーンスタインのうなり声が聞こえてきて、一気に曲に引き込まれる。70年代後半以降、バーンスタインがウィーンフィルと組んだ一連の録音は、完全にヨーロッパの伝統的な様式感を手中にした感があり、それまでのアメリカ中心のイメージとは一線を画す展開となった。ベートーヴェン、ブラームス、シューマンなどいずれも他に類をみない名演だと思う。


1988年ルツェルンでのVPOとのライヴ録音。



先ごろ亡くなったマゼールとバイエルン放響による1995年のライヴ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

F.ソル <アンダンテ・ラルゴ> 作品5-5


週末金曜日。すっかり陽が落ちるのも早くなり、朝晩は暖が欲しくなるほどだ。気付けば十月も半ばを過ぎた。あっという間に年の瀬だなあ…。今夜は8時少し前に帰宅。ひと息ついてギターを取り出し、ひとしきり弾いた。ギター弾きにはお馴染みのフェルナンド・ソル。彼が故郷スペインを離れてパリに出た頃に書かれた曲の一つに作品5-5<アンダンテ・ラルゴ>というニ長調の小品がある。中級クラスのギター弾きなら必ず弾いたことのある曲だ。今夜は久々この曲を弾き、そして今、セゴヴィアの演奏で聴いている。


sor.jpeg  R0013534 (480x480)


この曲は、曲の規模こそ5分ほどの小品ではあるが、ソルの作品の中でももっとも美しいものの一つだ。6弦ギターが持つ最も魅力的な響きが得られる音域ある第1弦の5から10フレットにメロディーラインをのせ、2弦の三度で下支えする。6弦のE線をDに下げる調弦で、音域を拡大すると同時にニ長調の安定した響きと、ポリフォニックに書かれた低音声部をしっかりとキープしている。中声部による多彩な和声展開は、ウィーン古典派の大家が書いたカルテットやピアノソナタの緩徐楽章に肩を並べるだろう。おそらく、ギターの楽譜の各声部をばらして、カルテットに仕立てても十分美しく聴き映えがするに違いない。
クラシックギター弾きの中には、クラシック音楽そのものとギター音楽が別の世界のものと思っている輩も少なからずいる。偉そうな言い方に聞こえそうだが、こういう曲を通して自分が弾いているソルやジュリアーニが19世紀初頭のウィーンやパリの香りを伝えるものだという時代感覚と様式感を意識してほしいし、そこからウィーン古典派や以降のロマン派の音楽にも親しんでほしいものだ。

Boijeコレクションの楽譜。作品5。この5曲目が<アンダンテ・ラルゴ>


当時の楽器とガット弦を使い、さらにソルが書いた教則本にならって、テーブルでギターの胴を支える姿勢で弾いている。



19世紀中庸に英国で流行したコンサティーナによる演奏。 ギター弾きでギター作品も残したレゴンディー(1822-1872)は人生の後半をコンサティーナ奏者としても活躍した。ソルはそのレゴンディに作品を献上してもいる。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ワレフスカ(Vc) シューマン チェロ協奏曲イ短調


三連休最終日の夜。台風19号接近中。少し前から雨足が強まり、電線が風を切る音が聞こえている。このあと数時間後には当地近辺を通り、朝には東北方面へ抜ける予報だ。 幸い拙宅は直接的な災害リスクは皆無に近い。いつも通りの音盤タイム。久しぶりにワレフスカの盤を取り出し、しぼり気味のボリュームで楚々と聴いている。


walevska_20141013235834cb4.jpg  R0013490 (480x480)


シューマンのチェロ協奏曲イ短調。当ブログで何度か取り上げているワレフスカの初期録音を集めたタワーレコードの企画盤の中の1枚。以前、この盤についてコメントで問合せを受けたことがあった。ネットで調べれば分かることだが、ことのついでに記しておく。

【収録曲】
<CD1>
(1) ブロッホ:ヘブライ狂詩曲「シェロモ」
(2) ブルッフ:コル・ニドライ 作品47
(3)-(5) シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 作品129
(6) チャイコフスキー:ロココの主題による変奏曲 作品33
<CD2>
(1)-(3) ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
(4)-(6) ハイドン:チェロ協奏曲第1番 Hob.VIIb-1
<CD3>
(1)-(3) プロコフィエフ:チェロ協奏曲第1番 ホ短調 作品58
(4)-(6) ハチャトゥリアン:チェロ協奏曲 (1946)
<CD4>
(1) サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番 イ短調 作品33
(2)-(3) サン=サーンス:チェロ協奏曲第2番 ニ短調 作品119
(4)-(8) サン=サーンス:チェロと管弦楽のための組曲 作品16
(9) サン=サーンス:アレグロ・アパッショナート 作品43
<CD5>
(1)-(3) ヴィヴァルディ:チェロ協奏曲 ト長調 RV414 P.118
(4)-(6) ヴィヴァルディ:チェロ協奏曲 イ短調 RV418 P.35
(7)-(9) ヴィヴァルディ:チェロ協奏曲 ト短調 RV417 P.369
(10)-(12) ヴィヴァルディ:チェロ協奏曲 イ短調 RV420
(13)-(15) ハイドン:チェロ協奏曲第2番 ニ長調 Hob.VIIb-2
【演奏】
クリスティーヌ・ワレフスカ(チェロ)
エリアフ・インバル(指揮)モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団
アレキサンダー・ギブソン(指揮)ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(ドヴォルザーク、チャイコフスキー)
エド・デ・ワールト(指揮)イギリス室内管弦楽団(ハイドン)
クルト・レーデル(指揮)オランダ室内管弦楽団(ヴィヴァルディ)
【録音】
1970年11月(ブロッホ、ブルッフ、シューマン)
1971年1月(チャイコフスキー、ドヴォルザーク)
1972年1月(ハイドン)
1972年10月(プロコフィエフ、ハチャトゥリアン)
1973年11月(サン=サーンス)
1976年2月(ヴィヴァルディ)

…というように、主要な協奏曲がCD5枚に収められている。このほか、彼女の盤で現在容易に入手できるのは、小品集2011年来日時のライヴ盤ということになる。

この曲の魅力は何といってもその全編を通して流れる豊かな歌だろう。第1楽章冒頭、オケが三つの和音を出し、それを受けてすぐにチェロが主題を奏でる。ぼくがこの曲を最初に聴いたのはいつのことだったか、もう記憶すらないが、ともかく冒頭のこの主題に瞬時に心惹かれてしまったのを覚えている。 チェロの音域をいっぱいに使い、ときに高音域でたゆたうようなメロディーを奏で、ときに最低音から一気に駆け上がるようなダイナミクスを示す。そのいずれもが、ロマンティックな旋律にしっかりとのって離れない。第1楽章などはぼくら素人が聴く限り、テクニカルな面を売りにしているようなところは感じられないのだが、実際には技巧的に大そうな難曲だそうだ。第2楽章も一層深くも淡いロマンティシズムに彩られて美しい。第3楽章は転じて一気にテクニカルでスリリングなフレーズが続く。三つの楽章がアタッカで演奏されることもあって、二十数分の間、演奏者の緊張は並々ならぬものがあるだろうが、聴く方のこちらも一気に聴き入ってしまう名曲だ。

ワレフスカの音はこうしてオーディオセットで聴いていても太く豊かであることが分かる。最低音から一気に駆け上がる難易度の高いスケールもその強さは変らない。 濃い口の音色、たっぷりとしたヴィブラートなど、少し前の時代のスタイルだろうか。若き日のインバルの指揮ぶり共々、スタジオ録音であることを忘れ、一発勝負のライヴさながらの演奏が展開される。


この盤の音源。第1楽章途中まで。 45秒過ぎ:セゴビアをエスコート。2分過ぎ:VOUGEの表紙を飾りそうなポートレート。2分40秒過ぎ:イッセルシュテットと。



1966年フルニエの演奏。マルティノン指揮フランス国立放送管。



ディ・プレによる全曲。ダイナミックかつしなやかな歌いっぷり。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)