ハイドン <五度>


11月最後の週末土曜日。昼をはさんで気圧の谷が通過し、午後から天気回復。このところの関東地方はこの時期にしては天気が安定しない。そろそろ万全の冬型になって快晴の日が続いてもいい頃なのだが、前線が抜けたあとも南からの暖気が入ってきて、西高東低の安定冬型にはならない。この冬はどうなるのかしらん…
さて夜更けて音盤タイム。しばし棚を見回したが、これといって取り出す盤が決まらない。あまりこってりした曲を聴く気にもなれず、といってジャズの気分でもなくと思いつつ、ふと目を落としたところにあったこの盤を引っ張り出した。


haydn.jpg  DSCN2987 (480x480)


ハイドンの弦楽四重奏曲の中でもポピュラーな三曲<ひばり><セレナード><五度>が収められている。イタリアSQによる1965年の録音。手持ちの盤は1979年に同団の演奏が廉価盤でまとまって出たときのもの。思い起こせば社会人になった翌年。モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスと聴き、更にブルックナーだ、マーラーだと生意気盛りだった学生時代を終え、そろそろ室内楽も聴かないと…おそらくそんなことを考えつつ手にした1枚だったに違いない。
B面のニ短調の作品76-2<五度>に針を落とす。序奏なしに題名の由来となった印象的な五度音形の主題が始まる。モーツァルト、ハイドン他、この時代の短調作品の響きはやはり素晴らしい。この曲に関しては、冒頭の主題こそ愁いを帯びているが、しばしば明るいメジャーフレーズへの転調もあって、第1楽章通じて決して暗さや悲劇性というイメージは強くない。第2楽章はニ長調のアンダンテ。かなり様々に転調を繰り返すが、総じて穏やかかつ明るいフレーズが続く。第3楽章メヌエットは、ヴァイオリン2本と、ヴィオラ・チェロが二手に分かれて呼応するようなフレーズが印象的だ。終楽章は簡素な構成ながらきびきびとして短調フレーズが決まり、まことに心地いい。ハイドンは弦楽四重奏を70曲以上書いているそうだ。全部くまなくは無理だが、もう少しまとめて聴いてみたいところだ。


タカーチSQによる80年代半ばの演奏。先鋭過ぎず甘すぎず、王道をいく演奏。



若い団体による第1楽章。 意欲的な表現満載だ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

クナッパーツブッシュ&VPO ワグナー名演集


11月も業務終了。きょうは夕方から勤務先同僚とだいぶ気の早い忘年会。妙齢女子も加わってオチャケも進みました(^^。10時を少し回った頃に帰宅。日付が変る時刻になってひと息ついている。あすは休み、まあノンビリいたしませう。


DSCN2981 (480x480)  hans-knappertsbusch.jpg


そういえばしばらく聴いていないなあと、突然思い出したようにワグナーが聴きたくなって、この盤を取り出した。クナッパーツブッシュがウィーンフィルを指揮したワグナーアルバム。1956~1959年の録音。手持ちの盤は90年代終盤にミッドプライスで出たときのもの。収録曲は以下の通り。

 1. 楽劇≪神々の黄昏≫ 夜明けとジークフリートのラインへの旅(序幕)
 2. 楽劇≪神々の黄昏≫ ジークフリートの葬送行進曲(第3幕)
 3. 舞台神聖祝典劇≪パルシファル≫ クンドリの語り「幼な子のあなたが母の胸に」(第2幕)
 4. 楽劇≪ヴァルキューレ≫ ヴォータンの告別「さようなら、勇ましいわが子」-魔の炎の音楽(第3幕)
 5. 楽劇≪トリスタンとイゾルデ≫ 第1幕への前奏曲
 6. 楽劇≪トリスタンとイゾルデ≫ イゾルデの愛の死「優しくかすかな彼のほほえみ」(第3幕)

世には熱心なワグナーファン、クナファンも多く、この演奏の素晴らしはすでに語り尽くされている。クナッパーツブッシュのワグナーを初めて聴いたのは、もう40年も前の学生時代。定石通り?当時盛んに書いていた宇野御大の文章に感化されたのがきっかけだ。晩年のミュンヘンフィルとのワグナー管弦楽集、英デッカの総力を挙げてリング全曲録音となるはずだった(結局その計画はショルティに受け継がれた)ワルキューレ第1幕。当時、簡単に手に入る盤はその程度だった。ぼくのワグナースタンダードはこれらの盤による。だから、それ以降聴いた<普通の>演奏が物足らなく感じたのも無理はない。

悠揚迫らぬテンポ、深い呼吸によるフレージングとアインザッツ、いずれも巨大なワグナーの曲想を一層神格化するような演奏だ。この盤ではそうしたクナの持ち味が生々しいステレオ録音で堪能出来る。いずれの曲も極めつけの演奏といっていいが、中でも第4曲、ヴォータンの告別「さようなら、勇ましいわが子」と魔の炎の音楽は圧巻だ。ジョージ・ロンドンの深みと張りのある声、オンマイクでとらえられたのウィーンフィルのリアルな音像、楽劇全曲盤を聴くにしくはないが、中々腰を据えて全曲盤を聴くことも出来かねる。この1枚のアルバムはお手軽という気安い言葉では扱えないほどの重さを持ちながらも、ふと思い立ったときにワグナーの響きに浸れる名盤だ。


この盤の音源。 楽劇≪ヴァルキューレ≫ ヴォータンの告別-魔の炎の音楽。



1962年VPOとのライヴ。
トリスタンとイゾルデ<前奏曲と愛の死>から。この盤でも歌っているビルギッテ・ニルソンのソプラノ。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

クリップスの第九


好天の土曜日。例によって野暮用あってあたふたと終了。
夜更けて一服しつつ、しばらく前からムズムズしていた<第九でも聴こうか>の兆候に呼応。20種は下らない手持ちの第九の中からこんな盤を取り出した。


krips.jpg  DSCN2961 (480x480)


ヨーゼフ・クリップス指揮ロンドン交響楽団による演奏。1960年録音。このコンビによるベートーヴェン交響曲全集の中の1枚。 手持ちの盤は、ぼくら世代には懐かしい70年代半ばに出ていたコロンビアの廉価盤シリーズのもの。70年頃には千円盤だったが、折から1073年の第一次オイルショックのあおりで諸物価高騰。1000円盤のジャケットを変えて1500円で再発となった時期のものだ。この時代の1枚物第九の定石通り、第3楽章の途中で盤面が切り替わる。 ここ数年、CDの全集版ボックスセットで出ているが、現在は廃盤の様子。どこかローカルのCDショップの片隅に売れ残っているだろうか。( 2006年発売。 2013年発売。 )

クリップスというとウィーン情緒にあふれる正統派モーツァルトなどで有名だが、ぼく自身はほとんど馴染みなく、手持ちの盤のこの第九くらいかもしれない。少なくても、ベートーヴェンの一つのイメージである、力強さ、悲壮感といった面からおよそ遠い感じがする指揮者だろう。しかし、クリップスとロンドン響との全集は意外に玄人受けするようで、HMVに寄せられている購入者のコメントも総じて評価高い。そんなことを思いつつ針を降ろしてみた。

第1楽章は中庸のテンポ。16分で通している。迫力不足という感じはないが、やはり力強さや巨大な構築性といった側面は控えめ。聴きどころの畳み掛けるような展開部も、全体にしなやかで見通しのいい展開が続く。第2楽章はかなり速いテンポで一気呵成に進む。録音セッションだからそんなこともないだろうが、ライヴであれば、ようやく第2楽章でエンジンがかかってきたという感じだ。第3楽章はクリップスの良さがよく出た演奏。丁寧に弾き進めつつも歌い過ぎない室内楽的なアンサンブルで、まるでディベルティメントを聴いているかのようだ。第4楽章は冒頭の低弦群のレチタティーヴォから明るい雰囲気が伝わってきて、この曲全体に対するクリップスの方向性が集約されているように感じる。合唱とのやり取りが続く後半も、過度な思い入れを差し挟む間もなく速めのテンポで進み、実力あるBBC合唱団が明るく大きく歌い上げて大団円となる。
近年発売されたCDがどんな音質は分からないが、マスターの素性が良さそうなことはこの古いLPからもよく分かる。中庸を心得た味わい深い盤として、価値ある録音だ。


この盤の音源。オケは対向配置をとっているようで、左奥からコントラバスが聴こえてくる。手持ちのレコードではいまひとつはっきりしなかったが、この音源ではよく分かる。



2013年PROMS。英国のナショナルユース管弦楽団。指揮者のヴァシリー・ペトレンコは2008年から同団の首席指揮者だそうだ。巨大な編成! 祝祭的雰囲気満点で気持ちのいい演奏。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

素晴らしいブラ4!


11月も下旬。秋めいたかなあと思っていたら、近隣の銀杏も色付き、すっかり晩秋だ。ここ数日の冷え込みは初冬を思わせる。あっという間に年末だなあ…。先回の記事通りタンノイはセットしたものの、若い時分のように嬉々として音楽を聴くには至らず。聴いてみたい盤はもちろんあるが、これ以上音盤が増えるのも避けたいので、新規購入はほぼゼロ。そんなことを考えると、もう所有することは止めて、ナクソスのストリーミングサービス:ナクソス・ミュージック・ライブラリー(NML)でも始めようかと思案中だ。もともとは自社音源から始まったNMLも随分多くのレーベルが参画するに至り、一部のメジャーレーベル(独グラモフォン・英デッカ等)にこだわらなければ文句のない内容になっている。一方でマイナーレーベル、インディーズなどの個性的な音源は豊富で、名曲の同曲異演、珍曲・秘曲などはナクソスの面目躍如。先日、シューベルトの5番交響曲を選んでサーチしたところ、新旧取り混ぜて、実に多くの音源がリストされていて驚いた。 AAC+128kbpsというビットレートに少々難有りだが、月二千円で聴き放題なら文句もいえない。軽度オーディオマニアとしては、「CDと<ほとんど>遜色ない音質」という宣伝文句に納得できればOKだ。どんなもんだろう。すでにご利用の諸氏いらっしやれば、ぜひアドバイスのほどを。 そんなことを思いながら、CDの音質には到底及ばないYouTube音源を漁るのも何だかなあと思うのだが、こちらは音質はもとより期待していない。もっぱら音源の希少性、未知との出会いが身上だ。そんな中、少し前から注目している演奏団体:デンマーク放送交響楽団の音源を探っていたところ、素晴らしい演奏に出くわした。


DRSO.jpg


お馴染みのブラームスの交響曲第4番ホ短調。若き俊英ジュシュア・ワイラースタイン指揮デンマーク放送交響楽団による演奏。同団本拠地ホールでのライヴ。手持ちの盤含め、最近聴いた中では抜群の演奏だ。昨今の時流どこ吹く風の重厚な編成と鳴りっぶり、そして基本のテンポ設定がぼくの感覚にはジャストフィット。録音はやや残響多く、大きな装置で聴くと少々アラが目立つが、映像付きのライヴとしては及第点だ。



第1楽章のメロディー・フレーズはテヌート気味に音価を取ってたっぷりと歌う。音色は明るいが重量感に満ちた鳴り方で浮ついたところがない。メロディーを支えるように付点を刻む低弦や木管群は、次の拍に入るタイミングをぎりぎりまで待って、前のめりになりそうなフレーズを抑え、曲全体に重みを与えている。緊張から解決に至るプロセスでも<タメ>が効いていて、そのピークでティンパニーがここぞと打ち込んでくる。第1楽章が終わったところで数名の聴衆が思わず拍手を送っているが、それもうなづける素晴らしさだ。第2楽章でも弦楽群の明るいながらも重厚さと量感に満ちた歌が聴ける。第2楽章の聴かせどころ、22分30秒過ぎからの盛り上がりと頂点22分50秒からの総奏は、背筋に電気が走り、思わず落涙するところだった。

世界的に演奏団体の技量は十分高いところまで上がっている。BPO、VPO、RCGばかりでなく、欧州主要都市を代表するオケなら、よい指揮者に恵まれさえすれば、いくらでもいい演奏をしてくれるだろう。あるいは若い世代からなる新興の団体も、世に出ようという心意気が強いだろうから、これもまた期待できる。そんな風に考えると、いつまでもかつての巨匠時代の遺産を追いかけ、かつ所有することをやめても、楽しみが減ることはないだろうなと思う。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

古典系なのヨ…タンノイ・スターリング


再開!
…で、いきなりオーディオ・大ネタ(^^;


DSCN2955 (800x533)  DSCN2943 (480x480)


タンノイ:スターリングSE。この夏に試聴して中々エエヤンと思っていた矢先に、某オーディオ店にて極美品の出物を発見。あれこれ腕組みしていても始まらない。ダメなら早々に売ッチまえと、ほとんど博打状態。タンノイは一度使ってみたかったスピーカだし、相場よりもかなり安かったこともあって、即座に発注してしまった。モデルSEは一昨年新しくなった現行機のひとつ前のモデル。といっても初代スターリングのあと、三代目に縦長の箱になってからは大きな仕様変更はない。
お馴染みのウッディーなコスメティックと10インチ同軸2wayユニット。バッフル面両脇のバスレフ・スリットは、この縦長エンクロージャになってから開口面積を調整できなくなった。重量、大きさとも何とか一人で動かせる。方寸八畳の道楽部屋への収まりもまずます。それほど圧迫感はない。


DSCN2946 (800x533)  DSCN2942 (480x480)


音は以前アキバで試聴したときの印象そのもので、期待と予想の想定内。初めてフロア型のスピーカを聴く人なら、オオッと感激するだろうが、長年2S-305に親しみ、未だその昔の印象が強く残っている耳には、びっくりするほどの驚きはない。それでも、この1年余聴いていたハーべスやリビングミュージックの小型ブックシェルフルフに比べると当然ながら中低音と全体のダイナミックレンジに余裕がある。

タンノイというとまず豊かな低音ということになるだろうか。確かに低音はたっぶりと出ている。深夜に小音量でオケを聴いても、低弦群の動きがよく分かる。但し、本当のローエンドは薄い。具体的には60~100Hzあたりは、かなりピーキーにセッティングしてあると思われるバスレフの共振を伴って豊かに響く。しかしその下、50Hz以下の地を這うような低音は、その上の帯域に比べ薄い。極低音は概して少ないクラシックのオケ物ではあまり気にならないが、最近のジャズやフュージョンのエレクトリックベースなど、50Hz以下30Hz近くまで入っている曲では、ウーハーが空を切り、十分出し切るに至らない。2S-305ではしっかり出ていた帯域だけに残念。また60~100Hzあたりの豊かな低音も、分解能としては決してほめられない。エンクロージャ内の響きを伴った遅れと混濁を感じる。これも物の本にはタンノイの特性として度々書かれていることで、承知の上である。

一方、中高音は予想以上にいい。小さいながらもホーン型の高音ユニットのおかげで、音像がシャープで音の立ち上がりもいい。古いタンノイでは不得意とされたピアノの再生もまったく問題ないし、ジャズのホーン類もご機嫌に鳴る。立ち上がりの悪い、寝ぼけた音…では決してない。総じて今どき珍しい古典的パラダイムに基づいたスピーカで、やや古めの録音をピラミッドバランスでゆったり聴くにはクラシック・ジャズとも最適。最近の空間表現や広帯域の追求、極低音の再現性といった方向には決して向かない、というところが現時点のインプレッションだ。

2S-305とサヨナラして大型スピーカとは縁を切ったはずでは…。こうしてみるはやはり305はやはり別格だったなあ…。ひとまずそうした話は無しということでひとつ…。 当面は<スターリング命>で楽しむことにしよう。当面…





↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

事情あって…


事情あって更新をしばし休止しています。早晩カムバック予定。
古い記事の拾い読み他、引き続きアクセス・ランキングバナークリック・コメント等よろしくお願いいたします。

===本ブロのカテゴリー一覧(記事数は2014年10月初現在)===
ギター (95)
ブログタイトルである六弦=ギターについての記事。多くはギターのレコード・CDを聴いてのアレコレ。YouTubeで見つけた演奏などもしばしば貼っている。
楽器 (40)
自分の楽器や友人の楽器の紹介、楽器弾き比べ、ギター製作家の工房訪問記など。ギター工房訪問記でこれまで登場したのは、田邊雅啓、西野春平、松村雅亘、廣瀬達彦、一柳一雄/邦雄、中山修。訪問したもののまだ記事にしていないのは野辺正二、庄司清英など。
◆指揮者 (112)
好きな指揮者、気になる指揮者、??な指揮者など、オーケストラ作品を指揮者への興味から取り上げたもの。オーケストラ曲を聴いていると、どうしても指揮者の解釈、オケのコントロールといったところに興味が行き着く。
◆交響曲 (79)
◆管弦楽曲(55)
◆協奏曲 (68)
これら3つの分類は、指揮者による分類よりは曲そのものへの興味から取り上げたもの。協奏曲の場合は曲自体とソリストへの興味もある。
◆室内楽(68)
2つ以上の楽器よるアンサンブル。チェロやヴァイオリンの独奏でもピアノ伴奏がある場合はここへ分類。
◆器楽曲(99)
ピアノ独奏、ヴァイオリンやチェロの無伴奏のもの。
◆声楽曲(13)
いかに声楽ジャンルを聴いていないかが分かる。
クラシック一般 (8)
クラシックは上記のジャンルで分類しているが、この分類はそうしたジャンルに入れられないもの、あるいは話のついでにクラシックのことを記したものなど。
◆日々の出来事(68)
音楽に直接関係のない話題。
◆北欧(4)
2003~2006年に仕事で何度か行った北欧の思い出。現地オーケストラ体験など。しばらく書いていないものの、あと10本くらいはネタあり。
◆演奏録音(16)
下手くそな演奏をアップ。mixi仲間との19世紀オリジナルギターによるアンサンブルなど。最近はチェロとの二重奏に特化中。
ジャズ(96)
ジャスも好きでよく聴いている。お気に入りの音盤紹介。ジャズウーマンのジャケ買いもしばしば。
ポピュラー (20)
フュージョン、ロック、映画音楽など。
オーディオ(29)
オーディオについてはもっと書きたいこともあるのだが…
◆歌謡曲(16)
本当はもっと書きたいカテゴリー。手元には昭和歌謡のドーナッツ盤約200枚、LPも100枚ほど有り。


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

マウロ・ジュリアーニ <英雄ソナタ> 作品150


11月になったなあと思っていたら、すでに十日を過ぎて月半ば。先週からせっせと室内楽を聴いていたが、週明けからアンプのスイッチを入れていない。帰宅後の野暮用もあって、夜の音盤タイムは休止中だ。ちょっとした曲でも聴こうと思うと一時間はほしい。曲自体は30分でも、音盤を探して取り出しプレイヤーのセットし、ついでに参考情報確認のためのムック(写真)などを眺めようと思うと小ー時間はすぐに経ってしまう。さらに聴きながらブログ記事を書こうかと思うと尚更だ。音盤道楽には時間がいくらあっても足らない。いきおい就寝時間にしわ寄せがきて、床に就くのは大体午前1時過ぎ。これじやカラダにいいわきやないよ、わかっちやいるけどやめられねぇ♪…とスーダラ節を思い出す(古ッ!)。

DSCN2924 (480x480)

きのうきょうと<美音系なのヨ>のオルディゲスのギターを取り出して、ジュリアーニの<英雄ソナタ>をさらった。さらったというほど気合を入れた練習ではないが、曲の全体構成を確認したり、いくつかの難所の運指を確認したりで小一時間が過ぎる。マウロ・ジュリアーニ(伊1781~1829)はギター弾きにはお馴染みの名前(少し前に彼がロッシーニのオペラを元に作ったポプリ作品を記事に書いた)。しかし、プロのコンサートで取り上げられることは昨今少ない。労多くして功少なしなのか、聴き手からのリクエストが少ないのか、おそらくその両方だろう。バリオスやデイアンスの前に、ソル、ジュリアーニ、ディアベリあたりの古典様式のソナタをきっちり弾いてほしいと思うのだが、きっとマイナーなリクエストに違いない。仕方なく、下手くそを承知で、自分で弾いて溜飲を下げようかと。

DSCN2927 (480x480)

<英雄ソナタ>を初めて聴いたのは高校三年の頃だったろうか。確かジュリアン・プリームの演奏。さっそく楽譜も手に入れて弾いてみた。出だしの堂々としたフレーズがいかにも<英雄>で、当時そこばかり練習したからか、今でもそのフレーズ(だけ)は中々巧く弾ける。主部に入るとジュリアーニらしい技巧的なフレーズが続くが、意外に素直なスケールなので超絶技巧というほどではなく、<自称>中上級クラスなら何とか弾き通せるレベルだ。少なくてもぼくには同じジュリアーニによく出てくる高速のアルペジオやオクターブ跳躍のスケールよりはずっと弾きやすい。更にこの曲を好む理由は、単純なスケールを繰り返しながらも、しばしば大胆な転調を伴う経過句がいくつかあって飽きずに弾けるからだ。 ギター音楽に限らず、広く古典期のクラシックに慣れ親しんでいる輩なら、よく耳にする転調で、ギターでもクラシカルな響きが楽しめる好適なサンプル。ジュリアーニの曲はフエルナンド・ソルのようなポリフォニクで豊かな和声をもつ曲想とは芸風が異なるが、弾いていて思わずわくわくする疾走感と明るさに満ちたていて捨てがたい。


英雄ソナタ全曲。といっても10分弱の単楽章ソナタ。 演奏は感心しないが、楽譜が見られるので。



↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓バナークリックお願いします↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)