カルカッシ<ルソーの夢>変奏曲



昼をはさんで野暮用外出。外は少々冷たい風が吹いていたが、帰宅後、昼下がりの室内は穏やかに陽が射し込み、小春日和。久々にのんびりギターを取り出す。先週、チェロ相方との二重奏本番を終え、当面これといった目標もなく(大体いつもないのだが…)、手持ちの楽譜の拾い弾きでのんびり過ごした。いくつかの楽譜に混じって、懐かしい曲があったので少しさらってみた。


Jean-Jacques_Rousseau_(painted_portrait).jpg  DSCN3240 (480x480)


ギター弾きには教則本でお馴染み、マッテオ・カルカッシ(1792~1853)による<ルソーの夢>変奏曲作品17。手持ちの楽譜は60~70年代に出回っていた、今は無き好学社のピース。オレンジ色の表紙に国藤和枝編の文字が懐かしい。
社会契約論で有名なフランスの思想家ジャン・ジャック・ルソーは音楽家としても活躍した。<ルソーの夢>と題されるこの曲の元歌は、彼が書いたオペラの中のもので、当時イギリス、フランスではかなり流行ったとのこと。日本では童謡<むすんでひらいて>と言えば、なんだあの曲かとなるだろう。ギターのみならず当時の音楽マーケットでは、流行りのオペラのアリアを使った変奏曲やポプリは重要なジャンルの一つだった。この曲も、イタリア生まれながら生涯の多くをフランスで過ごしたカルカッシが耳にして、さっそくギター用にアレンジしたのだろう。

ラルゲットの比較的長い序奏のあと<むすんでひらいて>の主題が提示され、その後9曲の変奏が続く。変奏それぞれは、当時19世紀古典期のギター曲にみられる典型的な技巧をベースにしている。和声的には特別凝ったところはなく、簡潔な古典的和声感。グッとくるほどの響きの良さはないが、当時の雰囲気を楽しむには相応だ。中では2声が絡み合うように進む第2変奏、和声の変化が楽しめる第5変奏、短いながら唯一短調に転じる第8変奏あたりが充実している。最後の変奏が属七の和音で擬終止したあと、アンダンテ・エスプレシーヴォの回想的な8小節のフレーズがあって曲は終わる。自称中級諸氏には基本技巧の復習に好適な素材かと。


Boijeコレクションにある楽譜。
http://boije.statensmusikverk.se/ebibliotek/boije/pdf/Boije%2085.pdf



石村洋氏の演奏。



もうひとりのシューベルトとでもいうべき、同時代にドレスデンで活躍したフランツ・アントン・シューベルトによると伝えられる<ルソーの夢>変奏曲。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

シェリング<ラテン・リサイタル>



三寒四温。言葉通りの日が続く。
週末金曜日。野暮用あって帰宅少々遅く、日付が変る時刻になってようやく一服。ハイ、今週もそこそこ働きましたよ。フ~ッ…。さて、渋茶をすすりつつ音盤タイム。今夜は久々に大曲をと思い、マーラー第6のバルビローリ盤を取り出したのだが、ヤッパなあ…と方針変更。一転、こんな盤を取り出した。


henryk-szeryng-300x300.jpg  DSCN3236 (480x480)


ヘンリック・シェリングがスペイン系作曲家の小品を弾いた、その名も<アンダルシアのロマンス~ラテン・リサイタル>と題した1枚。1969年5月パリ・エコールノルマルでの録音。ピアノはクロード・マイヨール。収録曲は以下の通り。

sideA
 1. 「はかなき人生」~スペイン舞曲第1番(ファリャ)
 2. 歌と踊り第1番(モンポウ)
 3. ジプシー娘の踊り(ハルフテル)
 4. アンダルシアのロマンスop.22-1(サラサーテ)
 5. サバテアードop.23-2(同)
 6. 遥かなる歌(グァルニエリ)
 7. セルタンの夜曲(ミニョーネ)
sideB
 8. 前奏曲op.16(カミーニャ)
 9. かがり火のほとりでop.16(ヴァーレ)
 10. 平原(グァスタビー)
 11. 祖国から(マロキン)
 12. メキシコ舞曲(ロロン)
 13. 無伴奏の前奏曲(カリーリョ)
 14. 短いソナタ(ポンセ)

お馴染みの曲、少し珍しい曲、あれこれ取り混ぜて全編これラテン系。この手の盤の先駆はクライスラーやハイフェッツあたりということになるが、これだけ徹底してラテン系というのは珍しい選曲かもしれない。よく知られている通り、シェリングは第2次大戦前後からメキシコとのつながりが強く、のちにメキシコに永住することになる。ポーランド生まれで欧州で音楽のキャリアを積み、バッハやベートーヴェンなどではいたって正統派の演奏を残した。一方でスペインの影響色濃いメキシコと相思相愛というのも、何か身体の奥底の共感があったに違いない。

ラテン風のリズム(ハバネラ、サパティアード等)にのり、耳に心地いい情熱を哀愁に満ちた旋律が続くが、一方でカリーリョ<無伴奏のプレリュード>や3楽章形式のポンセ<短いソナタ>など、近現代の和声を織り交ぜた作品も取り上げられている。またファリャ、モンポウ、サラサーテなどに混じって、グァルニエリ、ミニョーネ、カミーニョ、ヴァーレといったあまり馴染みのない作曲家も取り上げられ、このアルバムが安直なポピュラーアルバムに終わっていないことを示している。
録音も優秀。今時ならもっと雰囲気重視の録り方をするだろうが、この盤ではヴァイオリンの音像も中央やや左側のかなり近い位置に定位し、生々しいボウイングもリアルのとらえられている。


サラサーテ<サパティアード>を弾くシェリング。



サブレ・マロキン<祖国から>
http://youtu.be/TD3PSTy7YV0



サブレ・マロキン<祖国から> エレーナ・デュラン(FL)による演奏。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

本日R50限定<カルミン>



今月初めだったと記憶しているが、明治<カルミン>90年の歴史に幕という記事をみかけた。<カルミン>かあ…。そういえば的に思い出し、先日近所のショッピングセンター内にある食品売り場をのぞいてみた。1921年発売。炭酸<カル>シウム配合の<ミン>ト味の清涼菓子カルミン。3月末生産終了ということで、まだ流通継続中。菓子売り場片隅の最下段にひっそりと並んでいる。おまけ付グリコキャラメル、マーブルチョコレート、少し時代下ってチェルシー、ハイソフトなど、昭和のヒット菓子いずれも健在。懐かしさもあっていくつか買い求めてきた。


DSCN3226 (480x480)  DSCN3222 (480x480)


ぼくが小学生の頃(東京オリンピックをはさむ数年ですね)、当時まだ<スナック菓子>はなかった。菓子といえば、キャラメル、チョコレート、ビスケット。せんべいは店先の計り売り。中学2年のとき明治<カール>が発売され、スナック菓子と称されるようになったと記憶している。人工甘味料サッカリン、チクロも全盛期。日清チキンラーメンから進化した塩味、みそ味のインスタントラーメンが出始め、<粉末ジュース>でのどを潤した。6畳茶の間の14インチ白黒テレビではプロレス、GS、ザ・ガードマン。巨人・大鵬・卵焼き。力道山に豊登(ちょっと古過ぎるか)。こんな話をしているときりがない。くどい年寄り話と言われそうなのでやめておこう。

昨今の、あまり変化のない<失われた20年>と比べ、昭和40~60年(1965~1985年)、20年間の変化の大きさにあらためて驚く。コンビニ、ファミレス、マックにミスド、ビデオ、CD、超高層…その後現在まで続く大方のものが登場した。ぼくがほぼ10歳から30歳までの時期。その間に周囲の物も景色も一変したといえ、そうした変化もあって子供の頃を本当に大昔に感じる。平成生まれも20代後半になる今、彼らは子供の頃と現在の変化をどんな風に感じるのだろうか。


カルミンとの語呂合わせで<テルミン>の音源を貼っておこう(^^;
<Over the Rainbow>


フォーレ<夢のあとに>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。

■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ピアソラ<タンゴ組曲>



早いもので二月も最終週。またいつもの一週間が始まった。
きょうは大そう暖かな一日。夜になっても昼間の暖気が残っている。一旦スイッチを入れた暖房も早々にオフし、かわってアンプの灯を入れ音盤タイムとなった。


piazzola.jpg  DSCN3220 (480x480)


先週末のイベント打上げの席では様々な音楽談義となったのだが、ギター弾き以外の楽器愛好家の中でのギターに対するいくつかの共通認識もあらためて確認した。ギターそのものは世の中でもっとも大量にあふれ、身近な楽器であるものの、その歴史や実態はあまり認知されていないこと、そして楽曲に関しては伝統的なクラシカルな世界とは別の領域にあるものという認識も強い等々。そうした認識は実はギターを弾く側にも正しい認識がされていない実情を反映しているといっていいだろう。楽曲に関して言えば、ソルやジュリアーニの名前が出てくることはなく、ロドリーゴ(アランフェス協奏曲)、シューベルト(シューベルトがチェロパートを付け加えたマティエカ作の例のカルテット経験者が複数いたため)、そしてピアソラの名前が出てきた。特にピアソタ<タンゴの歴史>の知名度は高く、チェロ弾きとその伴奏者の集まりだったが、話をしたほぼ全員の口から<タンゴの歴史>の名前が出てきた。そんなこともあって、今夜はピアソラがギターデュオのために作った<タンゴ組曲>を聴くことにした。

取り出したのは、ラテン系ギターデュオの創始者ともいえるアサド兄弟による<中南米のギター音楽>と題された1枚。手持ちの盤は、10年程前に廉価盤で出た際に手に入れたもので、現在も入手可能。収録曲は以下の通り。1985年録音。

ピアソラ/タンゴ組曲
 I.Deciso、II.Andante、III.Allegro
ブローウェル/ミクロ・ピエサス
 I.Tranquillo、II.Allegro vivace
 III.Vivacissimo muy ritmico、IV.Sonoro
パスコアール/ベベ
ジナタリ/組曲「肖像」から
 アナクレート・ジ・メデイロス
 シキーニャ・ゴンザーガ
セルジュ・アサド/
 珊瑚の市レシーフェ、ヴァルセアーナ(ワルツ風)
 大鬼蓮、跳躍
ヒナステラ/たそがれの牧歌~バレエ「エスタンシア」から

ピアソラは30代になってから、それまで関わっていた伝統的なタンゴ音楽の新開地を求めるべく、クラシカルな世界を学ぼうと渡仏。ナディア・ブーランジェに学んだ。ぼくらが今ピアソラの曲として認知しているのはほとんどがそうした彼の後半生の音楽といえる。
<タンゴ組曲>はピアソラがこの盤の演奏者であるアサド兄弟に献呈した。タンゴ…とあるが、他のピアソラのタンゴ作品同様、舞踏音楽としての要素は希薄で、三楽章からなる自由な形式の組曲。フランスで学んだ成果といえるような近代的な和声感や自由な曲構成、伝統的なラテン的な歯切れのいいリズムやセンチメンタリズムが同居する。演奏には高いレベルの技巧が要求され、アマチュアレベルではまともな演奏は難しい。この盤のアサド兄弟は、高い技巧レベルと持ち前のリズム感の良さ、そして<泣かせる>歌いっぷりをもって完璧に弾きこなしていて見事というほかはない。


<タンゴ組曲>全曲。イタリアの新しいデュオユニットによる演奏。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

チェロ三昧@川崎



きょう土曜日は穏やかな日和のなか、予定通り川崎へ。先日の記事に書いた日本アマチュア演奏家協会(APAエイパ)のイベントに出向いて、チェロ相方の伴奏を務めてきた。会場はJR川崎駅前のミューザ川崎。三年前の震災のときにホールの天井が落下するという大きな事故があった。もちろん現在は修復されている。イベントが行われたのは市民交流室という手頃な広さの部屋。部屋の響きも思いのほかよく、小規模な室内楽やソロには最適な会場だった。


20150221_APA_CELLO (640x336)


今回はメンデルスゾーンの無言歌作品109を演奏したが、こういう小品1曲というのはとても緊張する。長い曲であれば、つまずきがあっても、立て直したり、気分を切り替えたりも出来るのだが、<5分間1本勝負>だと、ちょっとしたミスで、やっちまった!と思っているうちに曲が終わってしまう。
またそうしたミスを誘う要因として、本番であるがゆえにどうしても力が入ったり、余計なことを考えたりする。つまり純粋に練習と同じように淡々と弾くのが難しい。今回も本番前のリハーサルの方がわずかながらもリラックスして、相方のチェロもぼくの伴奏も本番よりもよかった。

それにしても集まった<APAチェロの会>面々の意欲的かつ高い志に燃えた演奏には感服。プロ・セミプロのピアノ伴奏者の方々も文句なしの実力で、京浜地区の層の厚さを感じさせる。圧倒的なボリュームのピアノのあとに、音量差で何十分の一のギター伴奏が登場して、どうなるものかと思ったが、終演後の話を聴くと、音のバランスはほとんど問題なし、日頃はピアノにかき消されてしまうチェロの細かな音もよく聴こえるし、ギターの音も美しく響いていてよかったと聞いてホッとした。

演奏の出来不出来は、まあ二の次。土曜の昼下がり、たっぷりとチェロの響きを堪能し、終演後は近くの居酒屋に場所を移して、マニアックな音楽談義に花を咲かせ、楽しい一日だった。
あっ、そうそう。リハーサルを終えてトイレに行くと、横に並んだ男性に声をかけられた。「与太さんですか?ブログの記事をみて聞きにきました。」とその男性。お名前も伺わず失礼いたしました。また何かの機会にゆっくりと。


きょう演奏された曲、ブラームス、べートーヴェン、バッハ、いずれもチェロの良さを感じる名曲だったが、中でも最も美しい曲のひとつシューマンの<アダージョとアレグロ>の音源を貼っておく。この曲は元々ホルンのために書かれたが、すっかりチェロのレパートリーとして定着している。 ピアノ(フォルテピアノ)、チェロとも19世紀仕様の楽器で、チェロにはガット弦が張られるいる由。何とも柔らかく美しい音色。チェロと弾いているフランス・スプリンゲルは、藤原真理が第2位になった1978年チャイコフスキーコンクールの第4位入賞者。



原曲のホルンによる演奏。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

シゲティのバッハ



きょうは二十四節気の一つ雨水。立春と啓蟄の間にあたり、雪が雨に、氷が水となる頃。きょうはまさにそんな一日。日中の気温は10度を超えて暖かな日和だった。居残り仕事少々あって9時少し前に帰宅。そして玄関を開けると大きな荷物が。また何やら散財か…。いや、既得予算の計画的かつ適切な執行による調達品…ウソを言え。実態他またそのうちに(^^;  さて、ひと息ついて音盤タイム。何気なくWikipediaを見ていたら、きょうはハンガリー生まれの往年のヴァイオリニスト:ヨーゼフ・シゲテイ(1892-1973)の命日と知り、こんな盤を取り出した。


szigeti.jpg  DSCN3207 (480x480)


シゲティによるバッハ無伴奏ヴァイオリンのための作品集。手持ちの盤は70年代後半に廉価盤LP3枚で出ていたときのもの。現在も入荷可能。この盤を選んだ理由は簡単。当時廉価盤で手に入る唯一の全曲盤だったからだ。しかし、今となってはそうした現実的な理由を除いても、この盤を選んでおいてよかったと思うことしきりだ。
ぼくはもちろんシゲティの全盛期をリアルタイムで見聞きした世代ではない。そのためか、シゲティはコンサートプレイヤーとしてよりは、後半生の指導者としての実績の方が記憶に残っている。特に日本人の潮田益子前橋汀子が、60年代にシゲティに師事していたことも、そういう印象につながっているのかもしれない。このバッハの無伴奏はそんなシゲティが還暦を過ぎ、晩年に差し掛かる少し前の録音といっていいだろうか。録音は1959~60年。すでに録音システムはステレオ録音への移行を完了している時期だが、この録音はモノラルで録られている。

先日の記事で引き合いに出したBWV1001に針を降ろす。モノラル録音独特の浸透力のある音が深く響き渡る。録音状態はすこぶるいい。ゆったりとしたテンポと深いボウイング。一音一音確かめるかのように弾き進める。流麗、華麗、そういう言葉の対極にある演奏だ。往時のシゲティは新即物主義=ノイエザハリッシュカイトな演奏スタイルとされていたが、今こうして現代的視点で聴くと、十分にロマンティックで、濃い口の音色と歌いっぷりだ。時おり音が揺れたり、音程に不安定なところがあるのは、この当時すでに指摘されていた技巧の衰えゆえだろうか。しかし、ロマン派のヴィルティオーゾの曲ではないし、それが曲を聴く上での妨げになる感じはない。モノラル録音もこうした音数の少ない独奏曲などでは、ステレオ録音に比してさしたるディメリットを感じない。

話は飛ぶが…
例えばNHKラジオのニュースをAMとFMとで切替えて、聴き比べてみると面白い。話し手も内容も同じでありながら、ニュースの読み上げに関しては確実にAMの方が聴きやすく、内容が把握しやすい。特に外部ノイズの多い車で走行中にカーステレオで切替えてみると-聴瞭然だ。AMの再生周波数帯域は狭く、振幅も圧縮されている。FMに比べ忠実度は劣るが、話を伝えるという機能としてはむしろ優れている。音楽と肉声とを単純に比較できないが、古いモノラル録音やAMラジオから流れる音楽に時として浸透力や説得力を感じることにも一脈通じる。忠実度は低いがゆえに、音そのものより、音楽の成り立ち、音楽が伝えようとしている核心といったものに耳を傾けざるを得ないこともあるだろう。古い蓄音機で聴くSP盤にこそ音楽のリアリズムを感じると主張する人がいるのもうなづける。このシゲティのバッハなどは、そうした主張の論拠といってもいい録音だ。そしてその真髄を聴き取るには最新のオーディオ装置でなく、少なくても60年代までのシステム、すなわち効率の高い軽量コーンのスピーカーを大型の箱に入れ、帯域を欲張らないトランス結合のアンプを使い…と、そんなシステムを使いたくなる。あるいはもっと卑近に、古い木製キャビネットのラジオを用意し、当時標準的に付いていた裏面の<PU>端子に圧電型ピックアップのプレイヤーをつないで聴く…。もっとも、今どきそんな酔狂なことを実現するのは、流行りのハイレゾ導入よりずっと手がかかるだろうが…。ちょっと古いシゲティの録音を聴いていると、ふとそんなノスタルジーにもひたりたくなる。


この盤とほぼ同時期リリースのLP盤音源。BWV1001。リュート曲としてのBWV1000のフーガは5分26秒過ぎから。



終曲にシャコンヌを含むパルティータ第2番ニ短調。



★追伸★
気付けばブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。

■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

APAチェロの会@川崎



今週末2月21日(土)午後、NPO法人:日本アマチュア演奏家協会(APA:エイパ)によるイヴェントがあって、チェロ相方と参加予定。かねて練習中のメンデルスゾーンの無言歌作品109を弾くことになっている。


APA_VC_2015FEB.jpg


アマチュア音楽愛好家の集まりであるAPAは1974年に設立され、すでに40年の歴史を持つ。全国に一千名を超える会員を有し、アンサンブル練習やコンサートなど日常的に活発な活動を続けている。会員構成をみると中高年パワー全開という感じだが、聞くところによれば長いキャリアを持つハイアマチュアが主体で、クラシック音楽に使われる楽器がほぼ網羅されている。
今回催されるのは、その中のチェロ会員による内輪の発表会。10名ほどのアマチュアチェロ弾きが集い、ピアノ伴奏あるいは無伴奏で日頃の練習の成果をお披露目する。
プログラムを以下に記しておこう。

2月21日(土) 於:ミューザ川崎・市民交流室 12:30開場

<12:40頃開演>
フランク:ソナタより
バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番より
シューマン:民謡風5つの小品集
メンデルスゾーン:無言歌 Op.109
チャイコフスキー:Pezzo Capriccioso

<後半14:20頃~>
ブラームス:チェロソナタ第1番 第1・3楽章
バッハ:無伴奏チェロ組曲第4番
ダヴィドフ:泉のほとりで Op.20-2
シューマン:アダージョとアレグロ
ブラームス:チェロソナタ第2番 第1・3・4楽章
ベートーヴェン:チェロソナタ第4番
シューベルト:アルペジョーネソナタ
<~16:20終演予定>

ご覧の通り、本格的な曲が並んでいて、レベルの高さが伺われる。今回ぼくはチェロ相方の伴奏役という立場だが、ギター伴奏の登場はどうやら初めてらしい。昨年秋から今回の曲を合わせ始め、数回の練習を経て、今週末の本番を迎えることになった。ギター仲間同士の合わせ物だと、「仕方ないね」で済まされるギター独特の特性に起因する様々な制約事項についても、相方からは容赦なく(^^;改善要望が出され、それへの対応で四苦八苦。さて本番はどうなるか…
ご都合つく方はぜひご来場のほどを。会場はJR川崎駅至近のミューザ川崎。もちろん入場無料。お時間の許す範囲でチェロの響きをお楽しみいただければ幸いです。

★チェロ相方から補足のコメントがありました★
…曲目の順には多少変更がある場合があります。出演者は初心者からプロまで幅広く、皆さん、志高く意欲的です。曲の間で出入り可能ですので、お気軽にお立ち寄り下さい。…とのことです。


■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)