マイナルディ(Vc)のベートーヴェン



先週末の土日は丸々二日間野暮用対応に追われ、心身共に疲労困ぱい。いつになく疲れが残り、週明けのきょうも冴えないスタートとなった。定時を少し回って仕事を切り上げ帰途に。夜半前のひととき、疲労感の残る身体に沁みる音楽でもと思い、こんな盤を取り出した。


DSCN3867 (560x560)


ベートーヴェンのチェロソナタ第2番ト短調作品5の2。エンリコ・マイナルディ(1897-1976)のチェロ、カルロ・ゼッキ(1903-1984)のピアノによる演奏。1955年10月ハノーファ:ベートーヴェンザールでの録音。手持ちの盤は2007年にタワーレコードのヴェインテージ・シリーズとしてリリースされたもの。マイナルディとゼッキの名を知る世代は、おそらくぼくより一世代上の愛好家だろう。1958年にはこの二人のコンビで来日している。60年代に聴かれたベートーヴェンのチェロソナタとしては、カサド、フルニエ、ヤニグロあたりで、マイナルディの録音はその一部しかリリースされていなかったという。全曲のリリースとしてはこの盤が初めてらしい。ピアノを弾いているカルロ・ゼッキは、むしろ指揮者として名高く、日本のオケにも度々客演した。ぼくも群馬交響楽団を指揮したコンサートで晩年のゼッキの実演に接している。

第2番はベートーヴェンの5曲あるチェロソナタの中で唯一の短調曲。冒頭から6分近く続く瞑想的かつ叙情的な序奏で始まる。この序奏は独立した緩徐楽章と言えるほど充実していて、続くアレグロ・モルトの主部と、第2楽章のロンドとで、三楽章から成るといってもいい程だ。その序奏ではマイナルディのやや古風な音色のチェロが悲痛な歌を奏で、その歌に寄り添うようにゼッキの達者なピアノが冴える。以降の楽章もマイナルディとゼッキのコンビは堂々したテンポ設定でかまえが大きく、ときに繰り出す深いアクセントが曲の重量感を強調する。

モノラル録音であることも手伝ってか、総じてオールドファッションといっていい演奏だ。遅めのテンポ、フレーズの終わりには頻繁にやや目立つリタルランドが入る。時として音程の不安定さも耳につき、テクニカルな面からいえば、ヤニグロはおろかフルニエにも及ばないという印象。しかし一方で、何とも懐かしいチェロの音色、ダイナミクスを無理に拡大せず、常に自然体で曲を進めるアプローチなど、現代の演奏からは聴くことが難しい美点も多いよい演奏だ。

デボラ・ペという若い奏者による第1楽章。



アントニオ・メネセスとピリスによる演奏。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

クレンペラーの<イタリア>



梅雨空の週末土曜日。朝から野暮用で夕方まで出ずっぱりの一日。疲れもあって、夕飯のあとソファで爆睡。気付けば時刻は夜半過ぎ。仕込から十日、出来たばかりの梅ジュースで目を覚まし、三日ぶりの更新。深夜のオメザの一枚にと、こんな盤を取り出した。


DSCN3858 (560x560)


先日聴いたセルのメンデルスゾーンを受け、今宵もメンデルスゾーンを。オットー・クレンペラー指揮フィルハーモニア管弦楽団による交響曲第4番イ長調<イタリア>。1960年録音。手持ちの盤は1995年<スコットランド>とのカップリングでリリースされた盤。当時東芝EMIが進めていたHS2088マスタリングによるもの。このHS2088マスタリングはあまり評判がよくなく、その後ほどなく本国仕様ともいうべきART(Abbey_Road_Technology)マスタリングに取って代わられた。

第1楽章冒頭から落ち着いた開始。といっても鈍重なテンポというわけでもなく、多くのこの曲の録音の中にあっては中庸だろうか。ぼくが最初にこの<イタリア>に接したクルト・マズア&ライプツィッヒゲヴァントハウス管による演奏よりずっと軽快な開始だ。各パートの響きはセル盤ほど明晰に分離しないが、それでもカラヤン&BPOよりはずっとクリア。弦楽群の対向配置により、第2ヴァイオリンが右から、チェロ・コンバスがやや左側の手間から奥に定位する。特に第2ヴァイオリンの動きがよく分かり、こんな掛け合いをやっていたのかと、随所で気付かされる。ぼくがこの曲の中で好きな第3楽章でも、やや抑え気味の弦楽群の表情付け、木管群やホルンの秀逸な響きなど、簡素ながら優美で美しいこの楽章を堪能できる。

クリーヴランドの鍛え上げられた鉄壁のアンサンブルは素晴らしいが、ロンドンの腕利きプレイヤーを集めて結成されたフィルハーモニア管のアンサンブルも、もちろん負けてはいない。60年当時としては十分高レベルの録音と相まって、各パートの分離とマスの響きがほどよく調和し、全体的な音響バランスとしてはセル盤に勝るように感じる。 この曲の身上ともいえるフレッシュな溌剌さというイメージという側面ではセル&クリーヴランド盤に譲るが、このクレンペラー盤は、交響曲としての構成感という意味においてドイツの伝統を強く感じさせる重みと深さを備え、ややモノトーンな響きながら、ニュアンスに富んだ素晴らしい音楽的感興を与えてくれる。

この盤の音源。全楽章。



この秋からN響首席指揮者となる予定のパーヴォ・ヤルヴィ指揮hr交響楽団(旧フランクフルト放響)による2012年の演奏。
第2楽章の11分50秒過ぎから、通常はヴァイオリン群の対旋律として扱われる木管群(フルート)を強調して効果を上げている。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ニッキ・パロット



週半ばの水曜日。梅雨の中休み。陽射しも程々にあって暑い一日だった。八時少し前に帰宅。夕飯を済ませてひと息ついたところだ。昼間の熱気も残っていて何となくボーッとする夜。こんなときはゆるいジャズでも聴こうかと、この盤を取り出した。


DSCN3853 (560x560)


本ブログではすでに何度か記事にしているニッキ・パロットの盤。手元には彼女のアルバムが2枚あるが、そのうち<ムーン・リヴァー>と題された2007年リリースの盤をプレイヤーにのせた。ジャケット写真をみると、そういえばと思い出す輩もいるかもしれない。アピール度MAX。もちろんジャケ買い(^^; 収録曲は以下の通り。

1. ムーン・リバー 2. イズ・ユー・イズ・オア・イズ・ユー・エイント・マイ・ベイビー 3. セイ・イット・イズント・ソー
4. ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ 5. 恋のチャンス 6. アイ・ドント・ノウ・イナフ・アバウト・ユー 7. メイキン・ウーピー 8. クライ・ミー・ア・リバー 9. 縁は異なもの 10. ベサメ・ムーチョ 11. 捧ぐるは愛のみ 12. ニッキのブルース 13. ザ・モア・アイ・シー・ユー

やや古めのジャズ・ポピュラーのスタンダードが並ぶ。チャーミングなジャズシンガーがベースを弾きながら懐かしいスタンダードを歌う…その光景を想像するだけでオッサンのぼくには十分に魅力的。実際、さらりとした軽い歌い口、ときに見せるコケティッシュなフェイクは、ジャケット写真がなかったとしても、思わず目尻が下がる。選曲しかり、程々の軽いスウィング調のアレンジしかり、音が出た途端に身体が弛緩してリラックス。温泉につかったときのように、思わず、ア~ッ…と吐息をもらしてしまう。ハードバップや辛口のジャズももちろんいいが、ときには四の五の考えず、こんな無条件降伏みたいなアルバムも聴きたくなる。


ピアノとのデュオ


ギター2本とのトリオ編成。


インターヴューを受け、そのあと7分40秒過ぎからソロで1曲歌う。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

セルのメンデルスゾーン



梅雨入りから三週間。六月も下旬になった。週明け月曜日。八時過ぎに帰宅。ひと息ついて、ギターを弾こうか、音盤タイムか少々悩んで、音盤を選択。ここしばらく御執心のセルの盤を取り出した。


DSCN3845 (560x560)


ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団によるメンデルスゾーン作品を集めた1枚。現在発売中のソニークラシカル:名盤コレクション1000の中の1枚。収録曲は以下の通り。録音時期は、<フィンガルの洞窟>1957年、<真夏の夜の夢>1967年、<イタリア>1962年。

 序曲<フィンガルの洞窟> 作品26
 <真夏の夜の夢>の音楽:序曲・スケルツォ・夜想曲・間奏曲・結婚行進曲
 交響曲第4番イ長調作品90<イタリア>

こうして並べると、<真夏の夜の夢>と<イタリア>の間に休憩を入れて、そのまま一夜のコンサートプログラムにもなりそうな選曲だ。38歳で没したメンデルゾーンではあるが、いずれも比較的若い時期の作品。<真夏の夜の夢>に至っては、シェイクスピアの作品に触発され、序曲を17歳のときに書いている。確かに<真夏の夜の夢>は若き青年の作品と素直に理解もできるが、<フィンガルの洞窟>は、その渋く深い曲想が20歳にときの作品とはにわかに信じがたい。それはともかく、いずれの曲も初期ロマン派の薫り高き名曲だ。

セルとクリーヴランド管についてよく言われる特質は<真夏の夜の夢>と<イタリア>に顕著。特に<イタリア>は颯爽としたテンポで、音楽いっさい停滞せず、引き締まった響きとビシッと揃ったアンサンブルで辛口に進行する。第1楽章は提示部を繰り返しながら9分50秒と、おそらく数あるこの曲の盤のうち最速ではないだろうか。相変わらず各パートは明瞭に分離し、対旋律が浮かび上がる。そして弦楽器群のデタッシュ、木管群のタンギングの頭まで、きっちりと整った演奏が展開する。こういう演奏と聴いたあと、同じ<イタリア>をカラヤン&BPOで聴くと、まったく別世界の表現であることが分かる。カラヤン盤は各パートの分離より全体のマスの響きが重視され、細かな音形やアインザッツは意図的にぼかされる。フレーズは切れ目なくつながり、管楽器群の音のエッジも丸みを帯びる。セル&クリーヴランドとは方向性がまったく異なることを再認識する。

一方<フィンガルの洞窟>ではこうしたセルの解釈が一転。遅めにとったテンポで深々とした表現を聴かせる。<スコットランド>の名盤:ペーター・マーク&ロンドン響盤にカップリングされている同曲のゆったりとしたロマンティックに寄った演奏が10分02秒なの対し、この盤でのセルは10分55秒をかけていて驚いた。やはり<フィンガルの洞窟>が持つ幻想的な曲想に見合ったテンポと解釈なのだと合点した次第だ。


<真夏の夜の夢>からスケルツォ。セルがアムステルダムコンセルヘボウと残した一連の録音の中のもの。



<イタリア> セル&クリーヴランドのモノラル時代の録音



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

新日本フィル定期#543<ストラヴィンスキー三部作>



一昨日の週末金曜日。都内での仕事が夕方までに片付き、週末だしなぁ~と、その足でコンサートへ。その日折りよく、新日本フィルの定期があることを事前に確認していたのだ。5時過ぎに仕事先を出て、地下鉄を乗り継ぎJR錦糸町駅へ。雨もあがり、暑さも癒えて静かな梅雨の夕べ。時間もあるので隣接のターミナルビルで腹ごしらえをし、会場のすみだトリフォニーへ向かった。すみだトリフォニーは先月の室内楽演奏会からおよそひと月ぶりだ。


DSCN3835 (560x560)


プログラムは以下の通り。
===========================
 ストラヴィンスキー/バレエ組曲『火の鳥』(1919年版)
 ストラヴィンスキー/バレエ音楽『ペトルーシュカ』(1947年版)
 ストラヴィンスキー/バレエ音楽『春の祭典』
---------------------------
指揮:秋山和慶 ピアノ:三輪郁 管弦楽:新日本フィル
===========================

ストラヴィンスキーの三部作を一夜に聴けるだけで、当夜の演奏会の価値は絶大だ。しかし同時に、指揮者やオケ団員にとって、そしてぼくら聴衆にも、魅力的ではあるが相当ハードなプログラムでもある。定刻の7時15分を少し回って団員がステージへ。チューニングの音と共に客電が落ち、指揮者秋山氏登場となった。

コントラバスの弱奏で<火の鳥>が始まる。オーディオセットで聴くときは冒頭のこのフレーズがどれほどリアルに聴こえるかで低音再生とSN比の確認ができるくだりだ。実演ではもちろんそんなことは気にする必要はない。音響良好なすみだトリフォニーの隅々まで、最低音が弱くしかし不気味に響き渡る。前半は各セクションの美しいソロを交え神秘的に進み、打楽器群の一撃と共に主役の火の鳥登場で一気に佳境へ。新日本フィルの高い合奏能力とダイナミズムで胸のすくような展開が続く。続く<ペトルーシュカ>ではピアノがステージ中央に移される。憧憬と素朴さ、バーバリズムが交錯しつつ、ピアノ付き幻想曲とでもいうべき展開もあって、終始飽きさせない曲だ。<火の鳥>以上に打楽器群が活躍。よくをいえば中間部に立て続けに現われるトランペットソロはもう一段切れが欲しかった。そういえば40年前、ニューヨークフィルの来日公演でこの曲を聴いた。そのときはバーンスタインとブーレーズが交代で振ったが、ぼくが聴いたときはブーレーズ。マイスタージンガー、ペトルーシュカ、そしてメンデルスゾーンのイタリアというプロだったのを思い出す。

休憩をはさんで<春の祭典>。この日の眼目はもちろん三部作を一度に楽しめるというところにあっただろうが、ぼくにとってはもう一つ、秋山和慶氏の指揮にあった。30年以上前から度々テレビでも目にし、そのタクトさばきは素人目にも素晴らしく鮮やかで美しく見えたものだ。75歳になった今も往時と変わりなく、当夜も複雑なストラヴィンスキーの管弦楽を鮮やかに振る姿に感銘を受けた。<春の祭典>の交錯するリズムの中で複雑なスコアの各パートに適確にアインザッツを送り、同時にマスの響きのバランスにも配慮する様がよく分かる。その結果、とかく迫力とノリだけが先行しそうなこの曲でも、まったく混濁感のない見通しのいい、整然とした演奏になっていた。もちろん、打楽器群の活躍、ベルアップしたホルン群の咆哮など、大編成の迫力にも不足なく、存分にストラヴィンスキーを堪能することができた。

当夜の演奏だけでも指揮者、団員には相当はハードワークだったと思うが、翌日20日はサントリーホールで、翌々日21日には多摩パルテノンでと、三日連続でこのプログラムを演奏する予定と知って驚いた。好演間違いなしを予感させる初日当夜の演奏だった。


この演奏会を前にした秋山氏へのインタヴュー。



<春の祭典>終曲。この曲の知名度を一層広めることになったモーリス・ベジャールによる振り付け。



昨今は地方のアマチュアオケもストラヴィンスキーを演奏する時代になった。富山シティーフィルという社会人オケによる<火の鳥>



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

新生<テクニクス>のコンポ



昨年秋、復活を果たしたパナソニックのオーディオブランド<Technics>。先日、新生テクニクスのオーディオセットを少しじっくりと聴く機会があった。


C700.jpg


テクニクスブランド復活に際して、まずかなりハイエンドのリファレンスシステムR1シリーズがこの春にリリースされた。ただR1シリーズはセットで揃えると国産高級車並の価格となり、実際のセールスよりは復活の象徴的モデルとでもいうべきものだった。そして少し前に、普及価格(といっても相応の値段だが)のプレミアムシステムC700シリーズが発売されるに至った。今回聴いたのはこのC700シリーズだ。C700シリーズは、アンプ・CDプレイヤー・ネットワークプレイヤー・スピーカから成る。全部合せてメーカー希望小売価格は60万円を切る位。実際には50万円程度の市場価格になるのだろうか。それぞれの詳細はHPを見ていただければ分かるが、おおむねオーソドクスな仕様。それより何より最初に目がいったのはそのデザインだ。


C700_amp.jpg

C700_amp_2.jpg


取り分けアンプ。最初、パワーアンプの上にプリアンプが載っているのかと思ったが、そうではなく、アナログメーターが下部、ボリュームつまみが上部という一体型だ。その明るい色調と合せて、とても斬新な印象を受ける。横幅は一般的なフルサイズコンポより小さく34センチで、実物は写真の印象よりコンパクトだ。そのデザインと相まって、都会的なリビングルームによく合うだろう。アンプの入力はデジタル系が4系統、アナログ系もMM対応のフォノ入力と、ライン入力を持つ。


C700_sp.jpg


そしてスピーカも目をひく。樽型に膨らんだエンクロージャに16センチ口径の平面振動板を持つ同軸ユニットがマウントされている。平面型スピーカはかつてのテクニクスのお家芸だったことを思い出した。樽型に膨らんだ両サイドは厚さ40ミリ、重量も9キロ近くあって、ズッシリと重い。

さて肝心の音はどうだったか…
そのコスメティックデザインの印象そのものに、とてもスッキリとした清涼感のある音というのが第一印象。アンプやCDプレイヤーは現代の標準的な技術でオーソドクスに作られているようなので、音の印象の多くはスピーカによるものと思う。中高音の解像度は高いが、妙なエッジが立ったり、強調感を感じることはなかった。そして低音。これが見かけ以上に素晴らしい。仕様値では、40Hz(-16dB)、45Hz(-10dB)とあったが、この数値は確実にクリアしている印象だ。オーケストラにおけるコントラバスの深い基音がしっかりと出ているし、バスレフの共振周波数周辺の盛り上がりや付帯音も極少で、よくチューニングされていると感じた。エンクロージャの設計が周到で、不要共振や反射、定在波を押さえ込んだ結果が、このスッキリとした解像度の高さにつながっているのだろう。

ぼくは今のところ現有のセットを買い換えるつもりはないので、これ以上このモデルに目が向くことはないのだが、もしこれからオーディオセットを新調して音楽を楽しみたい、特にリビングルームに物々しくないセットを置きたいと考えるむきには、有力な選択肢の一つではないかと感じた次第だ。


製品のプロモーション



昨年秋の発表会



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

バッハ<トリオソナタBWV525-530>



六月も半ば。曇り時々小雨の梅雨空続く。きょうは仕事で霞ヶ関へ。この時期のクールビスもすっかり定着し、カジュアルなスタイルでもまったく問題ないのだが、仕事できちんとした服装をするのも、残り何年かということを考え、時に勤め人らしく装うのもいいかなと、きょうは少し前に手に入れたチャコールグレイのサマーウールスーツを着ていった。ノータイではあるが、もちろん涼しくはない。しかし、カジュアルを通り越し、崩れてだらしない格好で、暑い暑いと扇子を使う姿の方が余程暑苦しいだろう。少々あらたまった支度で自分を引き締めると、心意気だけはいくらか涼しくなる。…と言いながら、夕方にはフウフウ言いながら帰途についたのだが…
さて三日ぶりの夜半のリスニング。唐突ながらこんな盤を取り出した。


DSCN3826 (560x560)  DSCN3831 (560x560)


バッハのトリオソナタBWV528ハ短調。例の何代目かのブリリアントレーベルのバッハ全集ボックス中の1枚。元々はスウェーデンBISレーベルのもので、スウェーデンのオルガニスト:ハンス・ファギウスによる1986年の録音。
バッハはオルガンのためのトリオソナタとしてBWV525-530の6曲を残していて、オルガニストのアルバムでは6曲セットで録音されることが多い。ブリリアント版のこの全集ではオルガン作品が全17枚に収められているが、残念ながらトリオソナタの6曲はバラバラに収録されている。本当はまとめて聴きたかったのだが、仕方なくBWV526ハ短調が入っているVol8を選んだ。

トリオソナタというと、旋律楽器2本と通奏低音の組み合わせが一般的だが、バッハのこの作品では、オルガンの右手・左手・ペダルで3声を構成している。この6曲のセットだけでも、対位法、フーガ、モノフォニーな旋律美、無限に続くかのような転調の妙等々、バッハ作品のエッセンスを楽しむことができる。調性に従ったそれぞれの色合いが感じられるのもこの6曲の特徴だろうか。このセットはオルガン以外に、各声部を旋律楽器や通奏低音に割り振ったトリオ編成でもしばしば演奏される。

先ほどから聴いているBWV526は、第1楽章ヴィヴァーチェ(ハ短調)、第2楽章ラルゴ(変ホ長調)、第3楽章アレグロ(ハ短調)から成る。これがバッハでなくて一体誰だ、とでもいうべき曲調。バッハのオルガン曲というと華麗な前奏曲やトッカータ、壮大なフーガを連想するが、トリオソナタはずっとチャーミングで人に寄り添う感じが、夜のこんな時間に聴くには相応しい。
オルガン曲の醍醐味であるオーディオ的側面も、ペダル音の最低音は40Hzを下回り、優秀録音で知られたBISレーベルらしく素晴らしいレンジ感とSN比で、ヘッドフォンで聴いていると、収録された教会の空気がふるえる様までも感じられる。


6つのトリオソナタからBWV526ハ短調。



全曲の再生リスト楽譜付き。ヘッドフォンで聴くと、空気をふるわせる重低音もしっかり聴き取れる。
https://youtu.be/EOTtDYTc5JY?list=PLCDB42413B27B2525


ジョン・ウィリアムス(G)がオルガンのピーター・ハーフォードを従えてBWV530ト長調を弾いている盤の音源。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)