アヴァロンで聴くブルックナー第5



きょう明け方、激しい雷雨に驚いた。五時半頃から一時間程だったろうか。ネットで雨雲レーダーをのぞくと、当地の半径5キロ圏内くらいの狭い範囲が真っ赤に染まり、雨量の多さを示していた。レーダーの予想通り雨は1時間ほどであがった。雨のおかげで気温は少々下がったが、その後湿度MAXのスタートとなった。まだ夏は序の口。今年は厳しいぞ。
さて、きょうも一日終えて日が暮れて…。先日の小澤ラヴェルによる暑気払いに続いて、きょうもアヴァロンのご機嫌伺い。今夜はこのスピーカーがもっとも真価を発揮しそうなこの曲を選んだ。


DSCN3942 (560x560)


ブルックナーの交響曲第5番。ルドルフ・ケンペ指揮ミュンヘンフィルハーモニー管による演奏。1975年録音。手持ちの盤は、学生時代に名曲喫茶で行われた発売プロモーションイベントに参加した際、抽選で当てたラッキーな1枚。後年、第4番とのカップリングでCD化された盤も手に入れた。


アヴァロンのエクリプスはその後あれこれ検分しているが、YouTubeにあるオーディオチェック用音源で周波数レンジを確認してみたところ、ローエンドは25Hzあたりから反応する。20~30Hz辺りを再生しボリュームを少し上げると、不気味な地響きのように部屋の空気がにわかに震え出し、30Hzを超えると完全に音として認識できるようになる。スペックで35Hzがマイナス3dBとされている通りの再現性だ。100Hz位までスイープしていっても、部屋の定在波影響以外に妙なピークデツブスは感じないのは密閉式の御利益。高音の分解能、反応の良さも文句なしだ。

さてケンペのブルックナー。
この演奏の第1楽章冒頭のテンポは、おそらく現在でも最も遅い演奏のひとつだろう。しかもLP時代にはSNの確保で苦労したピアニシモで始まる。この冒頭のコントラバスのピチカートは、きちんと基音が再生できるセットで聴かないと、音程がはっきり認識できない。自分でこの音程と思って聴いていても、続くヴァイオリン群の入りでそれがずれていたことに気付かされる。その点アヴァロンは完璧だ。LP再生でサーフェイスノイズが気にならない位のほどほどの音量で開始しても、コンパスのピチカートの音程はまともに把握できる。そして続く金管のコラールが両スピーカーの奥方向から悠然と響き渡る。この冒頭のひと節だけでも、この曲のスケール感とアヴァロンの素性の良さに満足してしまう。
第2楽章の弦楽群によるしみじみとした歌も、深さと広がりを感じさせ、時間の経つのを忘れる。圧巻の第4楽章は言うに及ばない。後半の二重フーガは、数あるブルックナーの交響曲の中でも、もっとも感動的なフィナーレの一つだ。だが、こうして十分満足して聴きながらも同時に、この録音もさすがに40年の月日が経ったことをあらためて思う。曲の素晴らしさと、新しいパートナー:アヴァロンのポテンシャルを考えると、何か適当な最新録音で聴いてみようかと思うのだ。


この盤の音源。



第4楽章フィナーレ。ブロムシュテット&ライプツィッヒゲヴァントハウス管@2002



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

小澤のラヴェルで暑気払い



関東は猛暑の週末。午前中から35℃超えのスーパー猛暑だ。夕方になり陽が落ちかけても一向に気温は下がらない。エアコンの助けを借りていくらか部屋を冷やし、暑気払いとアヴァロンのご機嫌伺いを兼ねて何か聴こうと音盤棚を物色。少し前から気になっていたこの盤を取り出した。


DSCN3937 (560x560)  DSCN3939 (560x560)


小澤征爾とボストン交響楽団による<ラヴェル管弦楽曲集>。1974年録音。手持ちの盤はLP三枚組の初出盤。「昭和50年度芸術祭参加」のタイトルが記された16ページにおよぶ立派なブックレットが付いている。これも以前ネットで激安箱買いした数百枚の中に混じっていたもの。ぼく自身はジャンル問わずいろいろな音楽を好ましく思っているが、結果的に振り返るとやはり独墺系偏重の感は否めない。ラヴェルをはじめ、近代フランス音楽はあまり聴くこともなくこれまできたのだが、最近になってボチボチ手にするようになった。この盤にはそんな近代フランスのエッセンスともいうべき、ラヴェルの管弦楽作品がまとまっている。最近になってこのセットから主だった曲を選んで2枚組のCDが発売されている。

3枚組LPの1枚目に針を落とし、最初の<ボレロ>をパスして<スペイン狂詩曲><ラ・ヴァルス>を聴く。<スペイン狂詩曲>の第1曲「夜への前奏曲」から、その名の通り、ひんやりとした夜の気配が響く。部屋の温度が一気に五度ほど下がる感じだ。続く「マラゲーニャ」、「ハバネラ」、「.祭り」もスペイン情緒をたたえながらも、太陽と青空のイメージは控え目で、どこか高貴で洗練されていて美しい。
あまり聴かないフランス音楽の中にあって<ラ・ヴァルス>は例外的に以前から好きな曲の一つ。題名通り、三拍子で書かれていながら、あちこちに仕組まれたヘミオラ他、ラヴェル一流の技巧により、拍節感が希薄になり、何やら空中に浮遊している感じになる。華麗にして官能的そしてときにユーモラスでもある名曲。スペイン狂詩曲と併せて、いっときの暑気払いには好適だ。
小澤征爾は録音当時、名門ボストン響のシェフとなって間もなくの頃で、次々と新録音をリリース。若くして絶頂期ともいえる状況を迎えていた。その後現在までを振り返ってみても、やはり70年代から80年代の勢いのあった時代がもっとも小澤らしい時期だったように感じる。


<スペイン狂詩曲>バレンボイム指揮によるイスラエル&アラブ諸国連合チーム:ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団による演奏。@2014年プロムス。



グールドの弾く<ラ・ヴァルス>。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

Avalon Eclipse



二週間ちょっと前の記事に、以前から気になっていた米Avalon_Accoustic社のスピーカーを試聴してきた件について書いた。その中で「…最新モデルにこだわらず、90年代以降の程度のいい中古があればというところだろうか…」と、半ば妄想しつつ指をくわえていたのだが、どこかで誰かが見ていたのだろう、記事を書いた翌日、アキバの某老舗オーディオショップに、その妄想にぴったしカンカンの出物を見つけた。何事もタイミングが肝心。さっそくその翌日に店を訪ねて試聴。今回の現品がいつの生産時期かは不明だが、キズも少なく程度はいたって良好。前オーナーも同じ販売店の客とのことで、モノの素性も了解済みというもの。価格も適正ということで、試聴もそこそこに10分後にはヨッシャーと手を打ってしまった。


DSCN3926 (800x532)

DSCN3912 (800x533)


AvalonのモデルEclipse。1990年に発売され2000年代初頭まで販売された。この手の製品にしては異例のロングセラー。同時に同社がハイエンドスピーカーメーカーしての存在を確立した時期の主力モデルでもある。現行品モデルの中で大きさと重量から相当するモデルをさがすと…Ascendant 2以上Transcendent未満というあたりだろうか。

<製品仕様>
方式         2ウェイ・2スピーカー・密閉方式・フロア型
使用ユニット    低域用:22cmコーン型 高域用:2.5cmドーム型
再生周波数帯域 45Hz~24000Hz ±1.5dB -3dBポイントは35Hz以下
共振周波数    42HzにてQ=0.5
インピーダンス   6Ω(±1Ω、100Hz~20kHz)
出力音圧レベル 86dB(2.83V、1m)
外形寸法      幅280×高さ990×奥行(底面)381mm  重量48kg

創業当時の主宰者が代った現在の同社製品と大きく異なるのは、エンクロージャが密閉式だということウーファが1本だということだ。現行製品はバスレフ型+ツインウーファを基本としている。但し、エンクロージャの剛性を高くし、かつ不要回析を排除する基本ポリシーは変わっていない。明るい色の突き板はブックマッチされていて、たまたま部屋のフローリングの色合いに近いせいかうまく溶け込み、エンクロージャの大きさも気にならない。


DSCN3914 (800x533)

DSCN3928 (800x533)


先週末に納品にやってきたショップの担当者と一緒に設置したのだが、サイズの割りに50キロ近い重量はことのほか重く感じる。もちろんキャビネットを叩いても、コンッと表面で音がするだけ。このスピーカと引き換えに下取りに出したスターリングはエンクロージャ容量ほぼ同一ながら重量は約半分だ。箱が鳴ることを前提としたスピーカであることをあらためて認識した。バッフル面の板厚は10センチを超える。縦長で上部の両肩が傾斜しているスタイルも、今ではすっかりお馴染みになり、他社の多くのスピーカでも、このコンセプトを導入している(例えばヤマハのこれや、復活ダイヤトーンのこれなど)。


DSCN3920 (560x560)  DSCN3923 (560x560)

DSCN3925 (560x560)  DSCN3930 (560x560)


さて肝心の音はどうだったか…
ウーファサイズ9インチで密閉箱というスペックから心配していた低音は、店頭での試聴とまったく変わらず、十分に低いところまで反応し、質、量共に文句のないもの。50Hz以下がスカスカでレスポンスしないスターリングとはまったく異次元。ローエンドは12インチウーファと大容量160リットル箱のダイヤトーン2S-305と同等以上に深く沈み込む印象だ。もちろん密閉箱なので妙な共振やふくらみはなし。コントラバスやオルガンペダル音の音階がきっちりと示される。中高音の解像度はAvalon社の真骨頂。高解像度を保ちつつ、音場感も広く深く広がる。86dBの能率はサイズからすると少々低いが、よくある低能率ゆえの反応の悪さなどはない。

先日の記事にも書いたように、再び2S-305を手にしてヴィンテージ路線にいくことも考えたのだが、現代風のハイエンドスピーカも一度経験してみたいという気持ちに抗し難く、今回の選択となった。到着からまだ日が浅く、本格的に鳴らしていないが、おそらくこれまでぼくが一定期間手元に置いて聴いたスピーカの中では、間違いなくもっともよい音の一つ。ハイエンドの名に恥じない名品と確信している。


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

チック・コリア・アコースティック・バンド



七月も下旬。先週末に梅雨明けしてから、暑い日が続く。きょうは朝から小雨まじりで、気温こそ少し低かったが湿度高く、朝の通勤時間帯から汗だくスタートとなった。何とか一日終えて、やれやれと帰宅。ひと息ついて数日ぶりにアンプの灯を入れ、ちょいと暑気払いにと、こんな盤を取り出した。


DSCN3904 (560x560)


チック・コリア(1941-)率いる三人組のバンド、チック・コリア・アコースティック・バンドによる盤。だいぶ以前にブログ記事に取り上げたことがあった。チック・コリアのピアノ、ジョン・パティトゥッチ(1959-)のベース、デイヴ・ウェックル(1960-)のドラムス。
チック・コリアは60年代終わりにマイルス・デイヴィスのグループに加わり、エレクトリック・ピアノ<フェンダー・ローズ>を駆使して、当時のマイルス・バンドの方向性を強くサポートする存在となった。その後70年代には、リターン・トゥ・フォー・エヴァーを率いて一世を風びすると同時に、クロス・オーヴァー、フュージョンといったその後の潮流をけん引した。チック・コリア・アコースティック・バンドは、1985年に当時の若手技巧派と組んだチック・コリア・エレクトリックバンドの成功を受け、同じメンバーで楽器をアコースティックなものに変えて結成された。この盤はそのデヴュー盤にあたる。1989年録音。手持ちの盤は数年前に廉価盤で出た際に買い求めたもの。収録曲は以下の通り。

 1. ベッシーズ・ブルース
 2. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
 3. ソー・イン・ラヴ
 4. ソフィスティケイティド・レイディ
 5. 枯葉
 6. いつか王子様が
 7. モーニング・スプライト
 8. T.B.C. (ターミナル・バゲッジ・クレイム)
 9. サークルズ
 10. スペイン

この盤を聴くときはいつもそうだが、何といってもチック・コリアによる斬新なコードワーク、そして二人のリズム隊の圧倒的なテクニックに耳を奪われる。開いた口がふさがらないといってもいい。チック・コリアは70年代初頭にはフリージャズへの傾倒をみせたが、この盤ではフリージャズと聞いてイメージするような難解さはない。確かにコードワークは意表を突く斬新さと驚きに満ちてはいるが、原曲のオーソドクスなコード進行を常に感じさせるもので、ぼくのようなジャズの素人が聴いても違和感はない。聴きなれたスタンダードがひと皮むけて新鮮によみがえる。リズム隊の二人も、基本の4ビートはしっかりキープしながら、アクセントの移動やへミオラを取り交え、拍節感が失われそうになるギリギリのところですり抜けていく。それはチック・コリアのコードワーク同様、フレッシュかつスリリング。この時期、蒸し暑い晩に聴くのに相応しい名盤だ。


このトリオによるライヴ。
0:00 Bessie's Blues、8:12 Someday My Prince Will Come
15:15 Humpty Dumpty、22:53 My One And Only Love、30:40 Spain



チック・コリアといえばこの曲<スペイン>。言うまでもなく、モチーフはロドリゴのアランフェス協奏曲第2楽章。久保田利伸、土岐英史、カシオペアによる演奏。1990年頃のもの。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

リサ・ラーソン展@群馬県立館林美術館



群馬県東部に館林市という人口8万人弱の小さな街がある。関東平野の内陸に位置し、近年は隣県埼玉の熊谷市と共に夏の猛暑で知られるようになった。かつての文豪田山花袋、宇宙飛行士向井千秋やオカリナ奏者宗次郎の出身地。日清製粉前身の創業地にして、その創業家正田家(美智子皇后の生家)ゆかりの地でもある。この小さな町に2001年、群馬県立館林美術館という施設がオープンした。近年、全国各地に出来た地方美術館の中でも、その美しい建築で一目おかれる存在だ。この三連休から来月にかけて、スウェーデンの陶芸家にして、その作品をベースにした様々なアイテムで人気の高いリサ・ラーソン女史の作品展示があるというので、足を運んでみた。


DSCN3896 (560x560)  IMG_3519 (640x478)


周囲を見回しても何もランドマークが見えない、関東平野ど真ん中にある同美術館へは、当地からは車で1時間ほど。東京からは東武浅草線の特急で1時間ほどの距離だ。近くに冬期の白鳥飛来で知られる多々良沼(たたらぬま)があり、美術館の建物はその周辺の田園風景と一体となったランドスケープを構成する造り。広大な土地を贅沢に使い、自然と人工物の調和を図るコンセプトは、大都市では考えられない仕様だ。駐車場に続くアプローチから、目前に広々とした緑が続く。そして平屋建ての美術館施設を境に、その上にはさえぎるもののない青空が広がる。この光景だけでも、この美術館を訪れる価値があるように感じる。


IMG_3550 (640x478)  IMG_3552 (640x478)


全体に弧を描きながら大きく横に広がる建物は、モダンでありながら同時に周辺の自然とも違和感なく調和し、美しい。もともと湖沼の埋立地。緑と青空の境目にはところどころ水辺も配されていて、この時期、涼をよぶ。


IMG_3546 (640x478)  IMG_3545 (640x478)

IMG_3528 (640x478)  IMG_3537 (640x478)


リサ・ラーソン展は、近年その作品をベースにしたインテリアやグッズが、特に女性に人気とあって、会場内も女性同士、あるいはその相方男子連れのカップルが目立った。展示は50年代から90年代に至るまで、年代を追ってその時期毎の代表作を並べてある。色彩としては、北欧カラーのブルーがそこここに使われながら、全体としては落ち着いたトーン。動物や人物をモチーフにした作品も、どこかチャーミングで微笑ましい造形だ。会場横の販売コーナーには、有名なライオンや猫を題材にしたオブジェやグッズを求めて列が出来ていた。ぼくもにわかラーソンファンになって、彼女の作品を配したクリアファイルを数点買い求めた。


IMG_3542 (640x478)  DSCN3899 (560x560)


施設概要



常設展示



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズムセクション



連休中日の日曜日。予想通、関東地方は梅雨明け。一気に35℃超えの猛暑日となった。夕方、鰻でも食べようかと、家人と出かけた近所の鰻屋は席待ちの客であふれている。そうか時節柄ねぇ…と納得。きょうでなくてもと早々に退散。地味に家で夕飯となった。 さて、相も変らず夜更けの音盤タイム。いささかマンネリだが、寝る前の歯磨きのようなものか…とつぶやきつつ今夜はジャズを。


DSCN3890 (560x560)


アート・ペッパー(as)のあまりに有名な盤。1957年録音。当時すでにビッグネームになっていたマイルス・デイヴィスのクインテットが西海岸を訪れた際、そのリズムセクションであるレッド・ガーランド(p)、ポール・チャンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)のサポートを得てセッション録音されたもの。収録曲は以下の通り。

1. ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ
2. レッド・ペッパー・ブルース
3. イマジネーション
4. ワルツ・ミー・ブルース
5. ストレート・ライフ
6. ジャズ・ミー・ブルース
7. ティン・ティン・デオ
8. スター・アイズ
9. バークス・ワークス

この盤はアート・ペッパーの代表盤であると同時に、分かり易くかつ変化に富んだ選曲と演奏からジャズ入門の必聴盤として、またオーディオマニアにとってもジャズ音出しのリファレンスとなる盤としても、つとに有名だ。更に、ヘレン・メリルの歌唱でヒットした<ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ>のインストゥルメンタル版としても、もっぱらこの盤が引っ張り出されることが多い。そうしたいろいろな条件が揃ってこの盤が長く愛されていることになる。
しかしこの盤の魅力はやはりアート・ペッパー自身のサックスの上手さに他ならない。4小節の短いイントロを受けて始まり、軽快な中にも美しいフレーズをよどみなく繰り出す<ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ>。しっとりとした情緒に満ちた<イマジネーション>。アップテンポで吹き抜ける<ストレート・ライフ>。ラテン調ながら憂いにたたえたソロを繰り広げる<ティン・ティン・デオ>。アート・ペッパーのサックスは、白人奏者によるウェストコーストジャズという括りで語られる、軽くやや淡白なスタイルにとどまらず、ドライブ感と情緒表現において十分に深く熱い側面を持っている。そしてこのアルバムでは多彩な選曲を得て、そうした資質を十全に発揮していて、まったく飽きさせない。


名刺代わりともいえる<ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ>。この盤は高音質録音として知られるが、アート・ペッパーのサックスは完全に左チャンネル、レッド・ガーランドのピアノをはじめとするリズム隊はほぼ右チャンネルと、初期ステレオ盤によくあったマスタリングになっている。



<イマジネーション>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ジョン・ウィリアムス(G)のアルベニス作品集



一昨日から続きで雨模様の土曜日。夕方には西の空が明るくなり、明日は一転して太陽と暑さが戻る予想。天気図をみると、ぼちぼち梅雨明けも近いかと思わせる気圧配置だ。気付けば七月も後半。夜半のリスニングタイム。久々にギターの盤を取り出した。


DSCN3887 (560x560)


ジョン・ウィリアムスによるアルベニス作品ばかりを集めた<スペインの想い出>と称したアルバム。1980年10月録音。収録曲は以下の通り。現在も同じジャケットデザインで現役の様子。

<A面>
1. グラナダ 2. アストゥーリアス 3. セヴィーリャ 4. マジョルカ
<B面>
1. コルドバ 2. 朱色の塔 3. カディス 4. サンブラ・グラナディーナ 5. タンゴ

ギター弾きにはお馴染みのアルベニス作品ばかりだ。編曲はおおむねタレガ以来の伝統のものに彼自身が手を入れている様子。中ではイ長調版のグラナダが少し変わっていて、5弦をAではなくBに調弦しているという。
ジョン・ウィリアムスは50年代から幾多の盤を録音しているし、ぼく自身それらの盤を仔細に追ったこともないが、この盤に収録された曲の多くが再録のはずだ。お馴染み、濱田滋郎氏によるライナーノーツ。その冒頭で氏は、ジャケット写真についてこう記している。「…まず、当アルバムのジャケットをつくづく眺める。ジョン・ウィリアムスは、なんと良い顔の人になったのだろう…」

録音当時まもなく40歳になろうという時期。デヴューから20年以上が経ち、ギター界のプリンスという冠も取れ、クラシックギターばかりでなく、自ら作ったバンド<スカイ>での多方面のミュージシャンとの交流も活発だった頃にこのアルバムは作られている。そうした当時の彼の様相がジャケット写真のリラックスした柔和な表情に見て取れる。そしてそれは演奏にも現われている。もともと正確無比なテクニックながら、一方で音楽としての柔軟性や感情表現で、やや単調と評されることがあったジョン・ウィリアムスだが、このアルバムではそうしたマイナス面の評価をキャンセルするかのような歌いっぷりと幅のある音色表現で、スペイン情緒あふれるアルベニスの曲を弾いている。もちろん、当時まだよくあったラテン系奏者による<崩した>弾き方とは一線を画す、あくまでクラシカルな伝統を踏まえた正統的な弾きっぷりではあるが、特に名器:フレタを駆使した力強さと甘さの塩梅が絶妙で、ギター音楽に馴染みのない音楽愛好家にも十分受け入れられる演奏になっている。


<セヴィーリャ>



<カディス>



SKY時代の様子。フュージョン真っ盛りの頃。今となってはいささか時代を感じる。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)