スジガネ入りのリスナーが選ぶ <クラシック名盤この1枚>



先日の記事に書いた、石原俊著『音楽がもっと楽しくなるオーディオ粋道入門』同様、この十年間、折に触れ見返している本がある。『スジガネ入りのリスナーが選ぶ<クラシック名盤この1枚>』(光文社・知恵の森文庫2003年刊)


DSCN4052 (560x560)  DSCN4048 (560x560)


あまたある名曲案内のたぐいの中にあって、この本は中々ユニークな一冊だ。多くの案内本は、音楽評論家やその道のコアな達人の手になるもので、その書き手の意向と嗜好で曲が選ばれ、その曲を収録したディスクのお薦めの1枚が紹介される。オーディオ評論やレヴュー同様、時としてそれらの記述は、音楽レーベル会社の提灯記事になることもある。あるいはプロモーターが売り出し中のアーティストの盤が優先的に◎評価されることもあるだろう。これはクラシックばかりではなくすべての音楽ジャンルに共通した傾向だ。その点、この本は決定的に異なる。

音盤を推薦する記事を書いているのは、プロの演奏家、制作者、評論家ばかりでなく、ジャーナリスト、アマチュア音楽家、大手メーカー役員、教員、銀行マン、普通の会社とバラエティーに富む。共通しているのは只一点、音楽が好きで好きで仕方がない連中ということだ。記述内容も、その音盤との出会いを思い出話のように懐かしく語るものあり、その盤の演奏のどこが素晴らしいかを分析的に語るものあり、あるいはその盤の演奏によっていかに慰められ勇気付けられたかを語るものありと様々だ。そのいずれもが誰から頼まれたものでもなく、提灯を持たされたわけでもなく、兎にも角にもその盤が自分にとっていかにかけがいのない1枚かと熱っぽく綴っている。

従って、当然ながらその内容は時にマニアックで、ごく有り体の案内本を期待する向きには、濃すぎる内容もあるだろう。それでもこの文庫は、先んじて単行本で出たものを大幅に書き改めて、というと聞こえはいいが、実態としてはマニア度を薄めて(手心を加えて)出来たとのこと。長年に渡る愛好の結果のマニアであるから、執筆者の年齢は総じて高く、紹介されている音盤には現在では入手困難な古い盤も少なくない。それをもって、案内本の資格無しというなかれ。人を感動させる演奏は、日進月歩ばかりではないことの証明でもある。ぼく自身、この本で知り、出会った何枚かの盤があって、そのいずれをも、この十年間実によく聴いたものだ。発売直後の2003年に手に入れ、数多くの出張を共にしたため、背表紙もはずれかかっているが、同じページを何度読んでも、その時々で興味深く、今もときどき見返している。


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バーンスタイン&VPO <英雄>



八月最後の週末日曜日。相変わらずの低温傾向で肌寒い朝を迎えた。きのう土曜日は野暮用外出で一日終わり、いささか疲れてめずらしく日付が変わらない時刻に床に就いた。どっぷり惰眠をむさぼり、遅い朝ご飯のあと、おもむろにアンプの灯を入れ、こんな盤を取り出した。


DSCN4042 (560x560)


レナード・バーンスタイン(1918-1990)とウィーンフィルによるベートーヴェンの交響曲第3番変ホ長調<英雄>。同コンビによるベートーヴェン交響曲全集の中の一枚。手持ちの盤は前回のベーム&VPO盤同様、LP8枚組のカートンボックス入りセット。やはり90年代をだいぶ過ぎた頃に中古で買い求めた。

60年代後半のイッセルシュテットに始まり、ベーム(70年代初頭)、バーンスタイン(70年代後半)、アバド(80年代中庸)、ラトル(2002年)、ティーレマン(2008~2010)と、ウィーンフィルはこれまで何度か一人の指揮者によるベートーヴェンの交響曲全集を録音(ライヴ含む)している。熱心なクラシック愛好家はおそらく、それぞれが音楽にもっとも接した時期に応じて、いずれかの盤を愛聴しているに違いない。ぼくの場合は世代的にベームとバーンスタインということになる。

バーンスタインは60年代までに多くのレパートリーを当時の手兵ニューヨークフィルと録音していたが、ぼく自身はあまり馴染みがなく、何となくアメリカ生まれの、ミュージカルも手がける器用な作曲家兼指揮者というイメージしかもっていなかった。そのためマーラーやチャイコフスキーの一部の録音を除く、ベートーヴェンやブラームスなどの独墺系楽曲にはほとんど接していなかった。実際世評でもバーンスタインのベートーヴェンやブラームスを高く買われていたという記憶はない。そんなバーンスタインの評価が一変したのは、70年代以降、活躍の場を欧州に移し、とりわけウィーンフィルとの結びつきを深めてからだった。バーンスタインの音楽はウィーンフィルとの出会いによって、欧州の伝統とバーンスタインの解釈とが融合した。その結果、ベートーヴェンやブラームス、シューマンなどの録音が世に出て、その演奏は以降も名盤として今日に引き継がれている。このベートーヴェン全集もその時期のバーンスタイン、そしてウィーンフィルを代表する盤となった。

中でもこの<英雄>はバーンスタインとのロマンと情熱とを併せ持つ解釈とウィーンフィルの艶やかでありながら重量感もある特性とにより、素晴らしい演奏を展開している。バーンスタインは80年代以降の晩年になると、テンポが極端に遅くなり、粘着質の解釈と相まって、音楽の進行が鈍重になり、くどさを増す面が否めないが、この録音の頃はまだそれがない。音楽は第1楽章から雄渾に流れ、第2楽章では深い慟哭にむせぶ。終楽章では重量感を増しつつテンポを上げ、ややもするとダレだちになるこの楽章でも緊張感と情熱を持続して大団円を迎える。


この録音と同時期の映像音源。ウィーンフィルとムジークフェラインにて。
ダンディーな姿で指揮台に向かったバーンスタイン。最初の二つの和音ですでに髪の毛が乱れ、以降ウィーンフィルを情熱的にドライブする。第2楽章の山場、終盤26分30秒からのフーガでは一層感情移入を強める。27分11秒からのコントラバスの入りは、オケ奏者になるなら絶対コンバスだ!と思わせるひと節だ。27分43秒高らかに咆哮するウィンナホルン。27分58秒ティンパニの一撃。28分18秒から短二度の響きで緊張感MAXとなり、28分37秒から続くスフォルツァンドで一気にカタルシスを迎える。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ベーム&VPO <運命>



このところの北高型気圧配置の影響で、関東以北では気温の低い日が続いている。気付けば八月も終わり。朝晩の虫の音も一層にぎやかに聞こえてくる。まだまだ暑さがぶり返す日はあるだろうが、気分はもう秋だ。そんなことを思いつつ今週も週末金曜日。帰宅後、ひと息ついてネットを覗いていたら、きょう8月28日はカール・ベーム(1894-1981)の誕生日と出ていた。そうかと、しばし懐かしいベームを顔を思い浮かべ、こんな盤を取り出した。


DSCN4017 (560x560)


ベーム&ウィーンフィルによるベートーヴェンの第五交響曲ハ短調<運命>。1970年から72年にかけてセッション録音されたベートーヴェン交響曲全集の中の一枚。手持ちの盤はカートンボックス入りLP全集盤。90年代になってから中古で手に入れた。

1975年のウィーンフィルとの来日で最高潮に達した70年代のベーム人気。それを体験している世代もそろそろ還暦以上になるだろうか。40年前の出来事ながら、当時の録音も映像もよい品質で残っているためか、そう昔のこととは思えない。例えば1980年代に40年前の戦前戦中を回顧するのとは印象が異なるだろう。晩年、特に日本において異常とも思えるほどの人気を博したベームだが、その録音は賛否両論があった。いわく、ライヴはいいがセッション録音はまったく別人のようで覇気がない、という意見も多かった。このウィーンフィルとのベートーヴェン全集もそういう評価を下されることがある盤だ。

確かに、いまこうして第五交響曲を聴いていても、手に汗握る切迫感や、周囲を圧するように奔放な迫力は感じない。聴こえてくるのは、整然とした響き、堅実なテンポ、安定した音響バランス、そういったいわば<楷書>の趣きだ。同時に、ドイツの保守本流でありながら、ウィーンフィルの明るい音色によって、決して地味な印象にはなっていない。ベームは晩年まで耳の良さはまったく衰えなかったそうだが、おそら練習では、あの怖そうな表情で各パートの出音に一音一音注文を付けていたことだろう。その結果がノリとパッションだけで押し通すような演奏の対極に位置する響きを作り出した。歳を取ったから…というわけではないが、こういう楷書のどこが悪いのかと、そう思ってしまう。

カラヤン&BPOと同じく、録音はギュンター・ヘルマンスが担当しているが、音の印象はかなり違う。録音場所の違い、オケの違いはもちろん大きいと思うが、それ以上に、各声部の響きを明確にし、音楽の骨格を第一に組み立てるベームの解釈によるところが最大の要因だろう。音楽の横への流れを重視するカラヤンとは対照的だ。全楽章を聴き終えたあとの、どっしりとした充実感はベームならでは。同時期のブラームスの全集と併せて、長く聴き継がれるべき名演だと思う。


大成功したウィーンフィルとの1975年来日を受け、1977年に同団と再来日した際の演奏。
<運命>の第3楽章終わりから第4楽章。



この盤の全曲。




★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

石原俊著 『音楽がもっと楽しくなるオーディオ「粋道」入門』



石原俊著『音楽がもっと楽しくなるオーディオ粋道入門』(河出書房新社2005年)。
十年前に出た本だが、ときどき見返している。


DSCN4009 (560x560)


ちょっとしたオーディオファンなら石原俊(1957-)の名はご存じのことだろう。この本が出る少し前からオーディオや音楽関係の雑誌にしばしば登場するようになった。オーディオ評論家という肩書が真っ先に付されるだろうが、オーディオ機器や音楽そのものに加え、背景になる文化やライフスタイルにも目配せしながら、適確かつバランスのとれたコメントをする。またオーディオ機器やCD、カメラ等のレヴューの他、バーンスタインやラヴェルに関する翻訳本も手掛けている。この本は同氏の著作『いい音が聴きたい -実用以上マニア未満のオーディオ入門』(岩波アクティブ新書2002年)の続編として書かれたもので、出版された直後、出張先の本屋で見つけ、帰途車中の暇つぶしにと買い求めた。

この本はオーディオ機器のおすすめ指南書ではあるのだが、実際の機器ハードウェアの選定にあたって、聴く音楽の時代性、編成、内容についてかなり仔細に考察した上で、聴く音楽と聴く道具であるオーディオ機器の関係について書いているところがユニークかつ説得力に富む。例えば冒頭の章では、様々な楽器からなる大編成でダイナミックレンジの広い曲としてマーラーの<復活>が取り上げられ、曲の背景を述べたあと、具体的に楽曲のある箇所の弦や管の響きを取り上げ、そうした響きを聴くためのチョイスとして、解像度とダイナミクスに優れたアヴァロン社のシンボル2という当時の同社エントリーモデルを紹介、試聴インプレッションを記している(最近、ぼくがアヴァロン社のスピーカーに変えた裏には、この本の影響がある)。以降、取り上げられているシステムは…デスクトップのPCでヴェルディのオペラを見るための小型スピーカーとしてALRジョーダン社のエントリーS、古典的な響きでワグナーを聴くためにタンノイ社のスピーカー:サンドリンガム、モーツァルト<魔笛>での人物描写を忠実かつ中立的に表現するためのアンプとしてアキエフェーズのプリメインアンプE-212、濃厚なロマンティシズムを醸すブラームスの第一交響曲を聴くアンプとしてマッキントッシュMA-6500…といった具合だ。だからオーディオ機器と一緒に取り上げられている音楽そのものを知らないと、この本を読む楽しみは半減する。同時に本のタイトル通り、それぞれの音楽をそれぞれの機器で聴くことにまつわるスタイルや心意気を<粋道>として述べている。例えば、ミニマムながら極めてクオリティの高いスタックスのヘッドフォンシステムの項では、こんな風に結んでいる。少々スノッブな感じを持つかもしれないが、単なる、それも提灯記事のようなレヴューよりは、よほどイマジネーションに富んでいて、気持ちがいい。

―― 平日の昼下がりに、ぽかんとあいた時間ができる。夜はコンサートに行く予定。それまでの時間をどう使おうか。そうだ。コンサートの曲目の「予習」をしておこう。書庫からCDとスコアを取り出してくる。スタックスのヘッドフォンのスイッチを入れる。…中略…ヘッドフォンシステムとの上質な時間が流れていく。やがて「予習」が終わる。シャワーを浴びる。スーツとシャツを身に付け、ネクタイを結ぶ。コンサート会場へと赴く。…中略…そんな音楽とオーディオの付き合いができたら、それは、かなり粋なことだと、私は思う。 ――

安直な商品紹介本と思いながら手にしたのだが、十年に渡ってこの本をしばしば見返し、それに耐えうるというのは中々だと思う。その理由の一つが、具体的な商品はモデルチェンジしているものの、取り上げたメーカーがいずれも長い歴史を持ち、後継機種が存在し、現在まで商品コンセプトを変えずに生き延びているということがある。そのため現時点でも購入にあたっての指南書として有効なのだ。雑誌では一般的なオーディオ機器のレヴューや導入指南のたぐいも、商品サイクルの関係もあって、長期間流通することを前提とした単行本にはなりにくい。そんな中にあって、この本が十年に渡って版を重ねているのは貴重だ。とはいえ、初版から十年を数えることを考えると、その後のデジタルオーディオの環境変化や、アナログレコード復権等を勘案した続編を期待したいところだ。


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

マタチッチの<悲愴>



このところの連日更新が奏功したのか、ブログランキングも堅調で時々瞬間一位に。数字をみると、このブログに下方にあるランキングバナーを押してランキングサイトへ行く数(同サイトではINポイントと称する)より、ランキングサイトからこのブログへ飛んでくる数の方(OUTアウトポイント)がかなり多い。ランキングの中にある<注目記事>にリストされると、それをみてこちらをのぞいてくれる方が増えるようだ。まあ、お遊びなのでアップダウンでどうなるものでもないのだが、アクセス・コメント・拍手・ランキングバクークリック諸々引き続きヨロシクです。 さて、先日のマルティノン&VPOで久々に<悲愴>を聴いて、やはり名曲だなと感じ入り、今宵はこんな盤を取り出した。


matacic01.jpg  DSCN4004 (560x560)


ロブロ・フォン・マタチッチ(1899-1985)指揮チェコフィルハーモニーによる<悲愴>。1968年2月録音。手持ちの盤は十年ほど前に日本コロンビアの廉価盤シリーズ<クレスト1000>でリリースされたときの盤。かつてLP時代にも廉価盤で何度か出ていたので、その頃の盤をお持ちの輩も多いだろう。

ブルックナーやワグナーなどでスケール大きな演奏を聴かせたマタチッチだが、クロアチア生まれの彼にはスラヴの気質も息づいていたのだろう、古くからチャイコフスキー他のロシア物も得意にしていて、いくつか録音も残した。ほぼ同時期、来日した際にN響とも<悲愴>を演奏している(数年前にCDされた)。このチェコフィルとの録音もそんな中の一枚だ。

ひと言でいうと、マタチッチらしい骨太の演奏だ。各楽章ともやや速めのインテンポで通す。泣きが入るようなお涙ちょうだい風の歌わせ方はほとんどない。録音のバランスもあってか、各パートの分離、フレーズの出入り共に明快。同時に、N響とのブルックナーやワグナーほどのゴツゴツとした手触りではなく、引き締まった響きながら、演奏自体はしなやかさをも感じさせる。同じチェコフィルとのほぼ同時期の名演、ブルックナー7番(1967年録音)と比べると、低弦群のボリューム、残響共に控えめだが、アクセントや他のパートとのバランスの中で低弦群の骨格は明確に示されている。そうした音響バランスと、前述した演奏の組立てが相まって、総じて辛口の印象を受ける。その辛口さこそが、響きを肥大化させずに逞しい骨格でスケール大きな演奏を成し遂げたマタチッチの真骨頂だろう。


マタチッチとブダペスト交響楽団とのライヴ。一時期非正規盤で出ていたもの。第4楽章。出だしのフレーズからビックリ!初めて聴いたとき、これがマタチッチ?と驚いた。実にしなやかで流麗な響き。オケも健闘。1978年のライヴとあるが、詳しいことは寡聞にして不案内。



同第2楽章。ライヴ録音のためやや弦が遠いバランスだが、雄弁なチェロ、よく溶け合う木管、いずれも秀逸。



◆他の楽章もこちらからどうぞ◆


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

マルティノン&VPOの<悲愴>



野暮用続きの週末が終わり、まもなく日付が変わる時刻。あぁ疲れたなあと、大きな溜め息一つ。加えて、暑い夏なんて大嫌いさ!と思いつつも、暑さ程々の日が続くと、夏も終わりか…と、青春カムバックのセンチメンタルな気分に。そんなオジサンの今宵の一枚は…


martinon.jpg  DSCN4001 (559x560)


チャイコフスキーの交響曲第六番ロ短調<悲愴>。ジャン・マルティノン指揮ウィーンフィルハーモニーによる1958年の録音。手持ちの盤は70年代終わりに出ていた廉価盤。近所のリサイクルショップのジャンク箱から@150円也で発掘してきた盤質良好の拾い物。

このブログで<悲愴>について書いたのは、フリチャイ&ベルリン放響盤を取り上げた、ただ一度だけだったと記憶している。<悲愴>は若い頃の一時期よく聴き、手元にも何枚か音盤があるのだが、歳を重ねるにつれ、次第に聴く頻度が少なくなってきた。<悲壮>=暗い、重い、といったステレオタイプな感覚はないのだが、どこか積極的に聴く気分にならなくなって久しい。今夜こうして聴くのは、本当に何年ぶりのことだろうか。
この盤が英デッカの辣腕プロデューサ:ジョン・カルショウの手になる名盤と随分前から知りつつも、実際に手に入れたのは十年ほど前のことだ。マルティノン(仏1910-1976)、ウィーンフィル、チャイコフスキーという組み合わせからは、一般的には名演が生まれるとは想像できなかったことも、この盤を手にするのが遅くなった要因の一つでもあった。

確かに名演である、そして異色の演奏でもある。この曲で一般的にイメージする暗さや重さといった要素は希薄。変わって印象的なのは、この曲の旋律が持つしなやかなさや、綾織のような各パートのハーモニーだ。マルティノンは重層的な音楽を作るつもりはなく、次々に現われるモチーフを印象的に提示する。テンポはしばしば大きく動き、ハッとするような各パートバランスも耳につく。そうしたマルティノンの意図が、当時のウィーンフィルの明るく艶やかな音色と英デッカの明晰な録音とが相まって、一層明確に提示される。結果として、繊細かつメランコリックな表現につながり、重さではなく、軽さをもって<悲愴>を表現しているように聴こえてくる。


LP盤の音源。第1、2楽章。冒頭かなり間があって25秒過ぎから始まる。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ヤマハのギター



先日、某楽器店でヤマハのギターを試奏する機会があった。
ヤマハが本格的なクラシックギターを作り始めたのは60年代後半。他の楽器同様、様々なラインナップを持ち、お手軽な量産ギターから本格的なハンドメイドまで広く手がけていた。70年代にはスペインの製作家を社内に招いたり、反対に社員をスペインに長期派遣するなど、本腰を入れていた時期もあった。また豊富な材料ストックや様々な研究開発・量産への投資などは、個人製作家やガレージメーカーの及ぶところではなかった。しかし、ヤマハのクラシックギターに対するプロや上級アマチュア連中の評価はいま一つで、同社系列音楽教室の生徒用という域を出ない感があった。


GC-82.jpg


ぼく自身もこれまでヤマハのギターは何度か弾いたこともあったが、あまり感心したことがなかった。唯一、好感をもって欲しいなあと思ったのは、エルナンデス・イ・アグアドのギターに範を取った80年代初頭に出ていたGC-30Bというモデル。これはその後もモデル名を変えて(生産終了となった数年前にはGC-61)、ヤマハのギターの中ではもっとも評判のいいモデルの一つだった。やや大型のボディーながら比較的軽く作られ、反応のいい高音とふっくらとした低音を併せ持っていた。そのモデルは開発を担当した同社の江崎秀行氏の名を冠して、江崎モデルと通称されたが、江崎氏が定年退職したあと、そのモデルは生産終了となってカタログから消え、ヤマハのHPにあった70年代の江崎氏のスペイン派遣やそれにまつわる開発秘話も消えることになった。企業としては仕方ない処置だろう。江崎氏はその後浜松に工房を構えてギター製作を始め、現在に至っている。

今回試奏したのは、そうした<江崎氏以降>のリニューアルしたヤマハのラインナップの中で実質的なトップモデルとなるGC-82。GC-82は希望小売価格115万円(ケース付)と、国産手工ギターの特注品を除く一般カタログ品のトップレベル相場にほぼ並ぶ。GC-82の上にはGC-70/71というモデルもあるが、これは以前からの継続モデルで受注生産となっている。材料は表板がスプルースまたは杉、横裏にはマダガスカルローズが使われている。糸巻きはゴトーの35G510QCで操作感はきわめて良好。塗装は全面セラックで塗られている。

抱えたときの第一印象は、大きさ重量もごく標準的で身体にスッと馴染む感じで悪くない。仕上げや造形の美しさ、使用材料の良さは、さすがヤマハだ。さて肝心の音は…。以前のヤマハギターに感じていた「どこか反応が鈍く、音のノビ、余韻に乏しく、弾きながら少々力づくになってしまう感じ」が影をひそめ、反応よく軽く弾いてもよく音が出る印象。今回のフルモデルチャンジに際して、様々な改良が加えられたことを実感するものだった。HPによれば、GC-82Sはサントス・エルナンデスやハウザー1世、82Cがマヌエル・ラミレスの音をイメージしていると記されている。しかし反応がいいといっても、例えばぼくが使っている楽器のうち、同じようにハウザー1世などのやや古めの楽器を志向している田邊雅啓氏ゲルハルト・オルディゲスのギターほどの反応の良さ、どっしりとした低音ながら全体としては軽みのある響きには至っていない。
量産という制約から<丈夫かつ均一>に作る必要性があるためだろう、そうした20世紀初頭の名器ほど<軽くかつ柔らかく>作れないのだろう。そうした<がっしり>感が音にも反映されている。その辺りは、例えば同じように<丈夫かつ均一>に作られている河野桜井ギターにも通じるし、個人の製作家において、製作本数が年間5本の人と20本の人との違いにも共通する。少々ラフに扱っても丈夫で狂わず、現代的なパワープレイにも対応する良質な楽器、という観点からは、ヤマハの新モデルも悪くない選択だと感じた。


GC-82でバリオス<フリア・フロリダ>を弾くベルタ・ロハス。



3分間でみるヤマハGCギターの製作工程。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)