マイスキー&アルゲリッチ イン・コンサート2003



ある筋から誘われて、今更ながらのLINEユーザーに。iPhone用アプリを入れてアカウントの登録。何気なくやっていたら、ぼくの電話帳に登録されている人すべてに<友だちへの追加許可>が送信されてしまった。もう何年も会っていない人から、どう考えても用のない人まで。送られた相手もびっくりしただろう。一旦、アカウントを削除。あらためて慎重に登録した次第。かつてはコンピュータのへヴィーユーザーを自認していた時期もあったが、今やすっかり訳の分からぬオッサンになってしまった。嗚呼
さて、週末金曜日。あすの朝は早い時間から出かける用事があるので、あまり夜更かしも出来ないのだが、ちょっとだけヨ…と、こんな盤を取り出した。


DSCN4312 (560x560)


ミーシャ・マイスキーとマルタ・アルゲリッチによる2003年ブリュッセルでのコンサートライブ。収録曲は以下の通り。

 1. バレエ「プルチネルラ」 ~イタリア組曲~ チェロとピアノのための (ストラヴィンスキー)
 2. チェロ・ソナタ ハ長調op.119 (プロコフィエフ)
 3. チェロ・ソナタ ニ短調op.40 (ショスタコーヴィチ)
 4. バレエ「石の花」op.118 ~ワルツ~ チェロとピアノのための編曲 (プロコフィエフ)

アルゲリッチとマイスキーはひと世代違う感じだが、しばらく前から共に世界のトップであることには違いはない。実は二人が初めて会ったのは70年代初頭。その後70年代後半からは度々共演するようになったとライナーノーツに記されている。随分前から、あるいはマイスキーが国際的に知られる存在になる前からデュオを組んでいたことになる。アルゲリッチはいつの頃からか、ソロ活動よりもピアノを始め他の楽器とのデュオを活動の中心におくようになった。ネルソン・フレイレ、クレーメル、そしてマイスキー等々。このうちマイスキーとのデュオがコンサート、録音とも最も活発だろうか。
マイスキーとアルゲリッチという当代トップの二人の演奏という前に、このアルバム、ロシア物でかためた選曲がまずいい。ストラヴィンスキーの<プルチネルラ>で華やかに始まり、プロコフィエフで豊かな歌が歌われ、そしてショスタコーヴィッチで深い抒情と悲劇性につつまれる。本格的にして、エンターテイメントとしても文句なしだ。もちろん、どちらが主役とはいわず、まさに双頭のデュオ。単なる伴奏にとどまらないアルゲリッチの表現意欲満々の弾きぶりで、曲もいきいきと迫ってくる。


2010年独ルールでの演奏会。はじめマイスキーとアルゲリッチでシューマンの<アダージョとアレグロ>。続いてメンバーが加わり、同じくシューマンの五重奏曲。


プロコフィエフ<チェロソナタ・ハ長調作品119>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

デュアルテ ギター作品集



きのうは東京で夏日を記録した。関東では、朝はそこそこ冷えるが日中は相変わらず気温高めの日が続いている。まもなく11月。本来ならウールのジャケットを着る時期だろうが、まだそんな気分になれず、少し厚手のコットンジャケットでちょうどいい陽気だ。 さて週半ばの木曜日。きょうは比較的早い時間に帰宅。少し前からアンプの灯を入れ、こんな盤を聴いている。

Goni01.jpg  DSCN4305 (560x560)

ギリシャ生まれのアンティゴーニ・ゴーニが弾く、ジョン・デュアルテ(1919-2004)のギター作品集。ナクソスレーベル2000年録音。収録曲は以下の通り。

ピエモンテ組曲 Op. 46
みなロンドで Op. 57
音楽の肖像 Op. 107
イギリス組曲 Op. 31
カタルーニャ民謡による変奏曲 Op. 25
鳥 Op. 66
アントニオ・ラウロへのオマージュ (3つのワルツ)
ソナティネッテ Op. 35

デュアルテの名はセゴヴィアがこの盤にも入っている<イギリス組曲>の録音を残していることから、ぼくら世代にはお馴染みの存在だ。デュアルテは1930年代にジャズギターで彼の音楽家としてのキャリアをスタートさせた。そのため、いずれの曲もクラシカルな体裁の中にも、モダンでジャジーな和声が折り込まれ、クラシック音楽、あるいはクラシックギターに馴染みのない人にも親しみやすい。イギリスの古い民謡集の編曲なども出していて、この盤に収録されている曲もそうしたフォークロアの味わいを色濃く残している。同時にギターの特性もよく研究されていて、ギターの広い音域がうまく使われ、よく響く。

もっとも有名な<イギリス組曲>は、ぼくも学生時代の終わり頃に楽譜を手に入れてポロポロと弾いたものだ。今でもときどき引っ張り出す。ペンタトニックを織り交ぜた日本人が親近感を持つ英国風なメロディー、ジャズ畑の人らしいモダンな和声が美しい。技術的にも歯が立たないというほどでもない。中上級者に好適な一曲というところだろうか。

この盤の音源から<イギリス組曲>。
1.Prelude 2.Folk-song 3.Round Danceの3曲からなる。ゴーニの愛器ロマニリョスの美しい音色。低めのウルフトーンに支えられたふっくらとした低音、反応のよい高音が心地いい。ぼくの田邊ロマニもこれに負けない美音だ。


同じくこの盤の音源。<鳥>から「白鳥」


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

思う秋の日



秋深し…淡々と日々過ぎていく。人生、こんなに短かかったなんて、前もって言ってよ…
さて、今宵はノスタルジックに昭和歌謡でも聴きましょうかね。取り出したのはこの盤。だいぶ前にも一度記事にしていた。再掲。

R0011126.jpg  R0011128.jpg

岩崎宏美のヒット曲<思秋期>。何でも岩崎宏美の高校卒業に合わせて阿久悠が作詞をし、黛ジュンの兄にして昭和歌謡きってのメロディーメーカー三木たかしが曲を付けた名作だ。VI-II-V-I(ex.Am-Dm-G-C)というバロック時代からの王道コード進行をとっていて、これは三木たかしお得意のパターン。メロディーのよさに加えて、終盤で2度にわたってキーを上げて盛り上げる編曲もいい。この曲が流行った時分はまだ20代でガチガチのクラシックオタクだったから、テレビの歌番組でこの曲を歌う岩崎宏美の記憶はほとんどない。あらためて聴きだしたのは四十を過ぎてからだ。人生長生きするものだ。

この曲に関してはオリジナルの岩崎宏美よりも、カヴァーしている歌手の歌いっぷりが印象的だ。中森明菜はカヴァーアルバム『歌姫』の中で、千住明の華麗なオーケストレーションをバックに切々とささやくように歌っていて、何度聴いてもグッときてしまう。坂本冬美もいい。透明な歌声で伸びやかに歌うが、どこか憂いを含んでいる。岩崎宏美も近年この曲を再び歌っているが、少々豪華に歌い過ぎで、…思う秋の日…という風情には少々遠い。

20年近く前の坂本冬美。のびのび歌っているが、どこか押さえた感じがいい。


中森明菜。この曲の決定版としたい。千住明の素晴らしいオーケストレーション。どやっ!


↓↓にほんブログ村ランキングに参加中↓↓
↓↓↓↓ワンクリックお願いします↓↓↓↓
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ジネット・ヌヴー ブラームスVn協


きのうから当地関東は初冬の訪れを感じる程に朝晩冷え込んでいる。十月も末。来月になるとちょっとイレギュラーな仕事が予定されていて、あまり行く秋を惜しむような気分にもなれず、日々あたふたとしている。四十年近く勤め人をやっていて、今更ではあるのだが…。そんな中、本日もせっせと業務に精励。8時少し過ぎに帰宅となった。帰宅後ネットを覗いていると、きょう10月27日はジネット・ヌヴーの命日と出ていた。そういえば、しばらく彼女の盤を聴いていなかったと、この盤を取り出した。


ginette_neveu (349x480)   R0012653 (480x480)


ジネット・ヌヴー(1919-1949)のヴァイオリンによるブラームスの協奏曲。ハンス・シュミット・イッセルシュテット指揮北ドイツ放送交響楽団が伴奏付けている。1948年5月ハンブルグでのライヴ録音。1919年生まれのヌヴーが30歳になる直前の録音ということになる。この録音の1年後1949年10月、アメリカへの演奏旅行に向かうために乗り込んだ飛行機が途中アゾレス諸島沖で墜落。30歳の短い命を閉じた。この録音は後年見つかったライヴ録音で、他にもセッション録音含めて、いくつか同曲の録音がある中、彼女の演奏を代表する名盤として今も聴き継がれている。

実際このブラームスは素晴らしい。11歳でパリ音楽院に入り、わずか8ヶ月で卒業したという天賦の才を持つ彼女のヴァイオリンは、若さゆえの情熱も加わり力強く、伴奏を付けるイッセルシュテットも、ブラームスはかくあってほしいというイメージをことごとく音で提示していく。第1楽章冒頭、ヴァイオリンが入ってくるまでのオーケストラパートの演奏からして、まるでブラームスの5番目の交響曲かと思わせる充実した響きだ。出だしはかなりゆったりとしてテンポで入るが、すぐにテンポを上げ、以降は引き締まった造形ときっちりと整ったアンサンブルを展開する。長い序奏があったのち、ソロヴァイオリンが入る。ヌヴーは多くの奏者やるように最初に音をテヌート気味に保つやり方はとらず、続くスケールに向けて一気に駆け上がる。第2楽章のアダージョもオケ、ソロともに甘くならず緊張感をもって切々と歌う。第3楽章はこの曲ではもっとも扱いが難しい楽章だろうか。下手をすると賑やかなだけのドンチャン騒ぎになりかねない。もちろんこの盤の演奏はそんな懸念をよそに、ラプソディックなエネルギーとブラームスらしい渋さとを両立していて、申し分ない演奏に仕上がっている。
1948年のモノラル・ライヴ録音ではあるが、ソロとオケのバランス、ホールトーン等、決して悪くなく、ジネット・ヌヴーの素晴らしさを実感できる名盤だ。先年亡くなった諏訪根自子(1920-2012)と同じ世代、存命であれば、その後数々の名盤を残してくれただろう。


この盤の音源。全3楽章



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バッハ カンタータ<われらが神は堅き砦>



予報通り冬型の気圧配置となって、関東では昨夜からきょうにかけ<木枯らし1号>吹き抜ける一日となった。それでも昼間の陽射しはたっぷり。日中の室内ではポカポカと暖かく過ごした。さて、先日の記事でふれた淡野弓子著「バッハの秘密」に触発されたこともあって、きょうの日曜にちなむこの盤を取り出した。


DSCN4295 (560x560)


バッハのカンタータ<われらが神は堅き砦>BWV80。例によってブリリアントクラシックスのバッハ全集ボックスの1枚。ネーデルランド・バッハ・コレギウムによる演奏。フリーデマン・バッハが付け加えた打楽器とトランペット等は除かれた編成で演奏されている。
ルターの宗教改革記念日である1724年10月31日に際し作曲されたとされ、ルーテル派教会暦では10月31日を前にした日曜日を現在も記念日として礼拝を営むそうだ。ルーテル派のコラールとしてもっとも有名なものの一つである<われらが神は堅き砦=神はわがやぐら>が使われている。メンデルスゾーンの交響曲第5番<宗教改革>でも使われている有名なテーマだ。全8曲以下の構成。

 第1曲 合唱『われらが神は堅き砦』(Ein feste Burg ist unser Gott)
 第2曲 アリア『神より生まれし者はすべて』(Alles, was von Gott geboren)
 第3曲 レチタティーヴォ『思い見よ、神の子とせられし者よ』(Erwage doch, Kind Gottes)
 第4曲 アリア『来たれ、わが心の家に』(Komm in mein Herzenshaus)
 第5曲 コラール『悪魔が世に満ちて』(Komm in mein Herzenshaus)
 第6曲 レチタティーヴォ『さればキリストの旗の下に』(So stehe denn bei Christi blutbefarbten Fahne)
 第7曲 二重唱『幸いなるかな』(Wie selig ist der Leib)
 第8曲 コラール『世の人福音を蔑ろにせしとも』(Das Wort sie sollen lassen stahn)

第1曲冒頭からニ長調の壮大なコラールで開始される。声楽四声による大規模なカノンで、オルガンの重低音も加わって壮麗に響く。第2曲では弦楽の少しせわしない動きをバックに、ソプラノが例のコラール<神はわがやぐら>を歌い、バスがそれを支える。ソプラノにユニゾンで合わせるオーボエがなかなかよいアクセントになっている。第3曲、バスのレチタティーヴォに続き、第4曲ではロ短調に転じてオブリガート・チェロに導かれソプラノのアリアが美しく歌われる。
ぼくは特定の宗教的背景を持たないので、このカンタータの元になっている<われらが神は堅き砦>のテキストそのものにはまったく不案内であるが、全編を通して陽性の響きに貫かれ、冒頭の壮麗なコラールに加え、オーボエやオーボエダカッチャのオブリガートが美しさを引き立てる、素晴らしい曲だ。
バッハは彼が過ごしたその土地土地で、教会歴にそった毎日曜のミサのためのカンタータを作曲していった。300年をへた今、それをたどるように毎週一曲ずつ、そのときの教会暦に沿ったカンタータを聴くという試みは、多くのバッハファンがすでに行っているところだが、今更ながらぼくもその軌跡をたどってみようかと思っている。


合唱団をおかず、各声部1名による小編制。ジェズアルド・コンソート・アムステルダム(おそらく)による演奏。躍動的で小編成ながらまったく不足感はない。録音状態もいい。ヘッドフォンで聴いていてもオルガンのペダル音とコントラバスの低音がしっかりと聴こえる。 冒頭からカノン風にテーマが引き継がれ1分14秒にコントラバスとオーボエが例のコラールを提示して全声部が合体する。 2分45秒オルガン奏者がモニター用に付けているヘッドフォンはイヤーパッドにS字のイニシャル。ゼンハイザー社のものですね。19分50秒から、オーボエダカッチャのオブリガートが美しい。


ヘルヴェッヘによる演奏。フリーデマン版を使用。冒頭からトランペットも加わり、より華やかな響きだ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

サックス・バトル



週末土曜日。野暮用少々で日が暮れる。日中は陽射し強く、移動中の車中はエアコンオンにするほどだったが、夜半前から北風が強まり気温が下がってきた。低気圧が北日本を通過中。西高東低の気圧配置になりつつあって、あすの朝は冷え込みそうだ。
さて、ぼちぼち日付が変わる時刻だが、週末の気安さで少々夜更かしを。何となくホットなジャズを聴きたい気分だなあと、こんな盤を取り出した。


DSCN4293 (560x560)


アルトサックスのキャノンボール・アダレイをフューチャーした<キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ>(今ならこちらで手軽に入手可能)。メンバーはキャノンボール・アダレイ(as)、ジョン・コルトレーン(ts)、ウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンバース(b)、ジミー・コブ(ds)。1959年録音。この時期のステレオ録音によくある左右振り分け録音で、左チャンネルにキャノンボール・アダレイ、右チャンネルにコルトレーンとウィントン・ケリーのピアノが配置されている(一部の曲では異なる)。収録曲は以下の通り。

 1. ライムハウス・ブルース
 2. アラバマに星墜ちて
 3. ワバッシュ
 4. グランド・セントラル
 5. ユーアー・ア・ウィーヴァー・オブ・ドリームス
 6. ザ・スリーパー

まずこのジャケットが印象的だ。コミカルでもあり、ファンキーでもあり、ホッとするデザインでもある。かつての日本のジャズ喫茶のような、眉間にシワを寄せて腕組みをして聴き入るような深刻さはイメージしない。メンバーは当時のモダンジャズの最高峰、マイルスデイビスクァルテットのサイドメンにキャノンボール・アダレイが加わる。最高の布陣といっていいだろう。第1曲「ライムハウス・ブルース」に針を落とすと、途端に気分はノリノリのシカゴのジャズクラブに飛んでいく。

テーマをワンコーラス吹いたあと、すぐにバトルの開始だ。左チャンネルからキャノンボール・アダレイが、右チャンネルからジョン・コルトレーンが、それこそ飛び出さんばかりの勢いでサックスのブローを繰り出してくる。アダレイがアップテンポを更に煽るように高速スケールでアドリブラインを吹くと、コルトレーンは例のシーツ・オブ・サウンドそのものの緊張感に満ちた圧倒的な音数のフレーズでこれでもかと迫ってくる。このサックスバトルは最高の聴き物だ。バックを固めるウィントン・ケリー(p)、ポール・チェンパース(b)、ジミー・コブ(ds)も万全で、正にジャズを聴く醍醐味ここに極まれりの感がある。2曲目の「アラバマに星落ちて」、3曲目の「ワバッシュ」と軽快なスウィングでリラックスしたセッションが続く。


<ライムハウス・ブルース> 双頭サックスのバトル!


<アラバマに星堕ちて> キャノンボール・アダレイの美しいバラードプレイが堪能できる。


アルバム全曲
https://youtu.be/8UxzKg7yMPs



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ブラームス~シェーンベルク編 <ピアノ四重奏第1番ト短調>



きのうきょうとややこしい案件に手を焼きつつ、時間ばかり消耗。いささかスッキリしないのだが、まずはホッとひと息の週末金曜日。(先週も書いたが…)このところの金曜深夜のお楽しみ、テレビ東京<孤独のグルメ>まで少々時間があるので、気分転換に音盤タイム。秋に夜長に相応しくこんな盤を取り出した。

Wakasugi-Hiroshi.jpg  DSCN4289 (560x560)

アルノルト・シェーンベルクによるブラームスのピアノ四重奏曲ト短調の管弦楽編曲版。若杉弘(1935-2009)指揮ケルン放送交響楽団による演奏。1978年のライヴ録音。数年前にALTUSレーベルからリリースされたもの。同じくブラームスの悲劇的序曲がカップリングされている。(だいぶ前に一度記事にした。備忘をかねて再掲しておく)

若杉弘は70年代から90年代にかけてドイツに根を下ろして完全に現地のスタイルを身に付け、溶け込んで活躍した。音楽や言葉はもちろん、ドイツやヨーロッパの歴史、文化など様々なものに精通し現地の人をも驚かせたという。『指揮者とは音楽的教養だ』と言ったのは誰だったか。彼こそは日本人にしてその資格を持ち合わせた指揮者だった。この盤には1980年前後、彼がケルンを本拠地としてコンサート指揮者として、また歌劇場のシェフとして活躍を本格化させた時期の録音が収められている。

まったく隙のない、整然とし、かつ深くドイツの伝統に根ざした演奏だ。まずケルン放送交響楽団の音が素晴らしい。弦楽群を中心にすべての音がよく溶け合い、どこかのパートが突出することはない。同時にそれらのブレンドされた音響が決して肥大化してぼってりとはならず、溶け合いながら同時に分離もよい。タクトポイントに対して低弦群がやや遅れて入ってくるアインザッツがいかにもドイツ風で鳥肌が立ちそうになる。オケのメンバーが互いによく聴き合っているのだろうし、そもそもドイツの音楽、それもブラームスをどう演奏するかを身体で知っているに違いない。そしてもちろんそれらを統率して彼らの力を引き出している若杉弘のコントロールによるところも大きい。

この曲に限らずブラームスの交響曲や管弦楽曲は後期ロマン派ながら構成としては古典的かつ室内楽的に作られていると思うのだが、ついドイツ的重厚長大さを前面に出して、重く肥大化させてしまう演奏も多い。それはそれで一つの魅力ではあるのだが、この若杉弘とケルン放響きの演奏を聴くと、これが本来のブラームスだと納得する。シェーンベルク編のピアノカルテットはよく出来たアレンジで、打楽器の追加や管楽器の扱いなど、随所にブラームス風ではないところもあるが、総じてよく出来た編曲として違和感なく楽しめる。原曲のピアノ四重奏版ももちろん渋く素晴らしいが、こうして管弦楽版を聴くと、見落としがちなモチーフや経過句にもスポットライトが当たったようにクローズアップされてくる。スコアを見るとごくシンプルに書かれてはいるが音の響きが厚く、いかにもブラームスだ。また四分音符を刻むパートと一緒に、付点音形や三連符が同時進行するブラームスの特徴的な音形。渋い第1楽章、歌にあふれる第3楽章も印象的。全編これブラームスを聴く楽しみに満ちている。

残念ながら若杉弘の実演には接していないが、90年代初頭に始まったばかりのBSで何度か観た。ケルンのオケを引き連れて来日した際のリヒャルト・シュトラウス<ドン・ファン>、ブラームス交響曲第4番のビデオがどこかにあったはずだ。終始、天を仰ぐように顔を上げ、長めの指揮棒をきれいに振っていた姿を思い出す。

全楽章。国立台湾交響楽団による演奏。
冒頭から鬱々としたブラームスらしい主題の提示が続き2分12秒からの印象的な第2主題へつながる。その後も息も付かせないほど充実した音楽が続く。


豪華なカルテットによる原曲。
エマヌエル・アックス、アイザック・スターン、ヨー・ヨー・マ、ハイメ・ラレード。心通う仲間同士のほのぼの感もあって、まさに室内楽の風情。


1988年。ソニー大賀氏を交えた対談。
こういう話を自在に出来る企業人・文化人、よき教養主義も遠くなりにけりか。


★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)