カフェブロッサム



一月最後の日曜日。先日来の冷え込みが緩み、日中の気温は10℃を超えて穏やかな日和となった。昼をはさんで外出。途中出先で昼ご飯。栃木県内山里。北関東自動車道(…というだけで、かなりのローカルネタだが)の佐野田沼ICあるいは足利ICから30分ほど。<こんなところにこんな店が…>的一軒家。かねてより噂は聞いていたが今回初めて立ち寄ってみた。

どこまでが店の敷地か分からないほどの広大な敷地と自然の中にたたずむヴィンテージ&カントリーなログハウス。貿易商を営んでいたという白い髭をたくわえた70代店主は、まるで物語から飛び出して来た様。自ら米国仕込みのステーキそしてローストビーフを暖炉で焼き、地場産の無農薬有機栽培の野菜と共に供す。肉は野趣にあふれながらもどこか洗練もされていて美味。野菜の甘さにも驚く。


DSCN4632 (560x560)  DSCN4636 (560x560)

DSCN4623 (560x560)  DSCN4627 (560x560)


ローストビーフは週末のみ用意。230グラムと130グラムの選択。肉質柔らかく、スパイシー!…うるせえ、と言いたくなる程シンプル、かつ絶妙な塩梅のくどくないソースとのマッチングも良好で230グラムはぺろりといけるだろう。300グラムのステーキも、何でも「柔らかくて美味しい~」はねぇだろう!と言いたくなる肉らしい肉。暖炉で燃え盛る薪のフレーバーものる熱々を塩と胡椒だけでガツガツと食す。合間に、焼きたてのパンをオリーブオイルに付けて口に運ぶ。添えられた野菜類も何も足さない何も引かない的なシンプルさながら、素材の味わい十分で、野菜をそれほど好まないぼくが「人参おかわり下さい」といいたくなるほどだ。


DSCN4616 (560x560)  DSCN4617 (560x560)

DSCN4618 (560x560)  DSCN4621 (560x560)

DSCN4624 (560x558)  DSCN4629 (559x560)


インターネット黎明期を思わせる手作り感MAXのホームページはこちら。佐野アウトレットツアー、日光散策の前後にでもどうぞ…とのこと。但し、アクセスは車必須です。


店の紹介動画。

Cafe Blossom in HIKOMA from nostos-algia on Vimeo.



こちらも



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

アンチェル&チェコフィル ブラームス第1



一月最後の週末土曜日。昨夜から当地北関東平野部では今年三回目の降雪。気温高めで程なくみぞれ、そして雨に変わる。降り出したときは、またかと思ったが、気付いてみれば先週来残っていた日陰の雪まで解けてなくなり、少々拍子抜けの朝を迎えた。 そんな中、昨年秋から預かっている盲導犬パピー絡みのイベントで終日外出。夕方日暮れ前に帰宅。ひと息ついて、ようやくリラックス。三日ぶりにアンプの灯を入れ、こんな盤を取り出した。


ancerl_0130.jpg  ancerl_brahms_1.jpg


先日来取り上げているチェコの名匠:カレル・アンチェルとチェコフィルによるブラームスの1番と悲劇的序曲が収められている盤。これも数年前にスプラフォン・ヴィンテージ・シリーズで出た廉価盤の中の1枚。 1962から63年にかけての録音。この盤もだいぶ前に一度記事にしているので再掲。
このところアンチェルを続けて聴き直して思うのだが、彼の基本的姿勢は音楽の骨格をしっかりとらえ、過度な贅肉は付けずにスッキリした造形で曲を進める。その典型は先日記事にした管弦楽名曲集などを聴くとよく分かる。一方で、ブラームスともなるとその基本路線にほどよいロマンティシズムがのる。もちろん贅肉は付かないのだが、音の密度が増し重量感が加わってくる。この盤の第1番も同様だ。

第1楽章の序奏から悠然としたテンポで曲は始まる。彼のイメージからするともう少し速いテンポを予想するが見事に裏切られ、重厚なドイツ本流の音楽が流れてくる。ティンパニーの51打目で序奏が終わると、音楽は木管群に受け渡される。最初に出るオーボエ、続くフルート、いずれもしみじみとして味わい深い。主部に入ってもテンポは遅めで堂々たる歩む。しかも各パートの入りのアインザッツが明確で縦の線も遅れずにビシッと合っているため、緊張感が保持される。第2楽章ではチェコフィルの弦楽群が美しく歌う。終楽章も第1楽章と同様の印象だ。終楽章ではテンポこそ中庸だが、各楽器群の明確な描き分けもあって重戦車が団子状態で突き進むという、この曲にありがちな印象は皆無。キリッと引き締まった造形で進み、中盤からややテンポを上げて次第に高揚感を煽っていく。コーダに入って終わりまでの1分間はいつ聴いても高ぶる音楽だ。アンチェルとチェコフィルは緊張感を保ち続けて最後の和音が鳴らし切る。併録されている悲劇的序曲も文句無しの出来栄えだ。もちろんこの曲自体の素晴らしさに感動するが、ここでも各パートのフレーズが明確に描き出され、ブラームス流の古典回帰とロマンティシズムの融合が見事だ。


この盤に収められている『悲劇的序曲』の音源を貼っておく。 素晴らしい!



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

カレル・アンチェル&チェコフィル 管弦楽名曲集 vol.1



きょうの関東地方は暖かな一日。今夜からあす、そして週末にかけて、再び雪の予報が出ているが、どうだろう。
ところで本ブログのアクセス数はこのところ150IP前後で推移。アクセスランキングのバナーも毎日10名以上の方のクリックがあって堅調だ。星の数ほどある個人ブログにあって、取るに足らない本ブログ。日々アクセスしていただいている方々には感謝の限りだ。そんな後押しもあって、さて、今夜も更新。アンチェル&チェコフィルの演奏するオーケストラピースを聴く。


ancerl.jpg  ancerl_orchestral_favorites_2.jpg


きのう記事に取り上げた管弦楽名曲集vol.2とペアでリリースされているvol.1(こちらで試聴も)を取り出した。きのうのvol.2が中欧物。このvol.1がロシア・スラヴ物という企画。収録曲は以下の6曲。録音は1958年~1964年。

  1. グリンカ;歌劇≪ルスランとリュドミラ≫ 序曲
  2. ボロディン;交響詩≪中央アジアの草原にて≫
  3. リムスキー・コルサコフ;スペイン奇想曲 作品34
  4. チャイコフスキー;イタリア奇想曲 作品45
  5. チャイコフスキー;序曲≪1812年≫ 作品49
  6. スメタナ;歌劇≪売られた花嫁≫ 序曲

アンチェルの他の盤同様この演奏も、キレの良さ、緊張感と集中力の高さに耳がいく。冒頭第1曲のグリンカは例のムラヴィンスキー&レニングラードのライヴ盤に勝るとも劣らないスピード感だ。手持ちの盤で調べてみたらムラヴィンスキー&レニングラードが4分50秒、かなりの快速調と思われるマルケヴィッチ&ラムルー管が5分20秒、そしてこのアンチェル盤は5分と4秒…なるほど納得だ。録音がややオンマイクで録られていることもあって、ヴァイオリン群の快速フレーズが実にクリアで、熱っぽさがダイレクトに伝わってくる。もちろんベルリンフィルはもっと上手いかもしれない。しかしチェコフィルの弦楽群は十分上手いし、キレのよさと集中力は並大抵ではない。きっと練習ではアンチェルにびっちり絞られたことだろう。一転、ボロディンではエキゾチックな二つのテーマを十分に歌い込んでいく。このところアンチェルの盤を集中的に聴いて分かったことだが、彼の演奏はキッチリ、スッキリした造形とそれに見合うキレと緊張感のある音作りをベースとしながら、例えばブラームスやこの盤のボロディンにように抒情的な要素を持つ曲では長いフレーズもたっぷりと歌っていく。曲に応じた二つの顔を実にうまく使い分け、いずれもが集中力と緊張感に富む演奏だ。3曲目のスペイン奇想曲は緩急が交互に現れる構成だが、アンチェルの描き分けが見事。
オーケストラピースの中でも好きな曲の一つ≪売られた花嫁≫序曲はグリンカ同様の快速調の演奏。この曲の開始、弦楽群がザワザワと集散を繰り返しながら盛り上がりトゥッティが確立される様は、いつ聴いても実に胸のすく展開で、オーケストラという合奏形態の完成度の高さに感動する。


グリンカ;歌劇≪ルスランとリュドミラ≫ 序曲


アンチェルの指揮姿。1968年チェコ動乱を受けて亡命。翌年小澤征爾の後継としてトロント交響楽団の首席指揮者となった。そしてトロントにはグールドが待っていた。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

カレル・アンチェル&チェコフィル 管弦楽名曲集 vol.2


週明けからの寒波も峠を越したのか、今朝はいくらか寒さが緩んだ。週半ばの水曜日。ボチボチ年度末に向かっての業務収束を見通しつつ、本日もけな気に業務に精励いたしましたよ。
さて、帰宅後ひと息ついて、久々にゆっくり珈琲を淹れ、ふと思い付いてこんな盤を取り出した。


Ancerl_Karel_11_20160127222807593.jpg  ancerl_orchestral_favorites_1.jpg


チェコのマエストロ;カレル・アンチェル(1908-1973)が手兵;チェコフィルハーモニーを振った管弦楽名曲集(以前に一度記事にしているので再掲)。日本コロンビアからスプラファン・ビンテージ・シリーズとして数年前に廉価盤でリリースされた。それほど古い盤でもないのに今はすでに廃盤で、アマゾンで検索したら中古品が数倍の値段で売られていて驚いた(試聴もこちら)。今夜聴いたvol.2の収録曲は以下の通り。なおvol.1にはロシア物が収録されている。

 1. 歌劇≪魔笛≫ 序曲 K.620
 2. 序曲≪ローマの謝肉祭≫ 作品9
 3. 舞踏への勧誘 作品65
 4. 交響詩≪前奏曲≫ S.97
 5. 歌劇≪ウィリアム・テル≫ 序曲
 6. 交響詩≪ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら≫
 7. 歌劇≪ローエングリン≫~第1幕への前奏曲

この手の名曲集の聴きどころは、名曲として名高いオーケストラピースをまとめて聴けるということが第一だが、もう一つ、指揮者とそのオケがそうしたよく知られた名曲をどう料理するかという点だろう。この盤に聴くアンチェルの楽曲に対するアプローチや解釈は実に明快だ。ひと言でいうとどうだろう、ビールのCMのようだが『キレのよさ』だろうか。19世紀独墺系指揮者のロマンティシズムに根ざしたようなイメージとは正反対といっていい。
冒頭の魔笛序曲の数小節を聴いただけで、そのキレのよさは十分にわかる。トゥッティのアインザッツに曖昧なところがなく、スパッと竹を割ったように響く。付点音符の扱いも、旗の長い方の音符をやや短めに切り上げ、同時に旗の短い方の音価も少し切り詰めリズム感をはっきり出そうという意図がわかる。魔笛は主部に入っても速めのテンポで前へ前へと進む。だが不思議なことに、一部の若手指揮者にときどきあるように音楽が前のめりになる感じはしない。速度は速いが安定しているのだろう。ローマの謝肉祭も速めのテンポながらラテン系指揮者にあるような上っ面だけの華々しさとは次元を異にする。一方で、交響詩≪前奏曲≫や歌劇≪ウィリアム・テル≫序曲、ローエングリンなどでは深いドイツの響きともいうべき要素も十分に感じさせる。R・シュトラウスのティルも間然するところがない。この盤が録音された60年代前半のチェコフィルのアンサンブルや音質も正に黄金期だろうか。アンチェルのキレのいい筋肉質の解釈にぴたりと寄り添い、素晴らしい演奏を展開していてまったく飽きさせない。

自分以外の家族が全員アウシュビッツに送られたという悲劇を背負っているアンチェル。同じ1908年生まれには、カラヤン、カイルベルト、朝比奈隆らがいる。当地群馬交響楽団の首席客演指揮者である名匠:マルティン・トゥルノフスキー(1928-)はアンチェルに学んだ。1968年プラハの春を機に亡命。晩年はカナダに移り住んでトロントのオケを振ったりもしたが、この盤を録音した60年代前半がもっとも幸福な時期だった。


この盤の<魔笛>の音源。冒頭聞こえるサーフェイスノイズでLP音源と分かる。音質は良好だが、何故か左右チャンネルが逆のようで残念。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ジャンドロンのバッハ無伴奏チェロ組曲



もう30年以上前の話だが、勤め人になって二回目のボーナスでチェロを買い、当地群馬交響楽団のチェロ奏者について習い始めたことがある。学生時代からギターでバッハのチェロ組曲などを弾くことがあって、社会人になったら本物のチェロで弾こうと思っていたのだ。その先生から、スジがいいだの耳いいだのとおだてられながら三ヶ月ほど通ったが、仕事もあわただしくなってきて通いきれずに終わった。以来それきりで、楽器も後年手放した。続けていれば、今頃はどこかのアマオケの末席でごまかしごまかし弾いていたかもしれない。再チャレンジ…という気もなくはないのだが、どうしたものだろうと思案しているうちに人生終盤になってしまった。まあ、あきらめましょうかね…。と、そんなことを思い出しつつ、先日来のバッハシフトで、こんな盤を取り出した。


gendron_bach.jpg


モーリス・ジャンドロンによるバッハ無伴奏。1964年に録音され仏ACCディスク大賞を受賞したという盤だ。この盤は先の先生から薦められた経緯がある。フルニエ、トルトゥリエ、ナヴァラ、ジャンドロンとフランスには名チェリストが多い。ジャンドロンは指揮者としても活躍し、晩年当地群馬交響楽団にも来演。ブラームス交響曲第4番の録音も残している。

ジャンドロンのバッハは一言でいえば楷書の味わいだ。中庸のテンポながら丁寧で、音楽全体のバランスがよく、過不足ない。バッハ無伴奏チェロはもっとダイナミックで起伏に富んだ表現を狙えばいくらでも出来る曲だろう。またジャンドロンも手元にある小品集では、より自在にテンポを動かし、表現の幅も広げた演奏をしているのだが、バッハの無伴奏に関しては抑制を効かせた折り目正しい曲の運びだ。そんなところがチェロの先生が薦めた理由かもしれない。第1番のサラッとした速めの曲の運び、第2番は深刻にならずに淡々と憂いに満ちた短調の旋律を歌っていく。第6番では華麗なパッセージを苦しげなところもなく一筆書きのように描く。

ヨーヨー・マやロストロポーヴィッチといった名手の演奏も手元にあるが、あまりに流麗、ときに大仰でいささか演出過多に感じて引いてしまう。もっと深遠なバッハ像がほしくなるときもあるが、万事に楷書で中庸をいくジャンドロンのこの演奏も、作為的なところがないことが奏功し、淡々と我が道をいく風情でありながら、曲によっては闊達な表情もある。録音もディスク大賞をとるだけあって素晴らしい。チェロと多少距離をおき、残響豊かに繊細で美しい音作りで、ジャンドロンの特徴をよく引き立てる音作りだ。手持ちの盤は1979年頃廉価盤LP。CDは長らく廃盤だったが、現在はDECCAレーベルになった盤が手軽に入手可能。この曲のファーストチョイスとしてイチオシだ。


フィリップスレーベルのCD盤音源。全曲がリストされている。第1番からスタート。この音源を聴く限り、手持ちのLPより良好な音質だ。CDで買い直そうかな…


ジャンドロンの弾くBWV639



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ヴァンゲンンハイム(G)のバッハ無伴奏チェロ組曲



西日本、北陸中心に大寒波到来。当地は先週のような降雪には至らなかったが、強い冬型気圧配置で日照あるも気温上がらず、寒い日曜日になった。午前中から野暮用外出。帰宅後、冷え切った身体を風呂で温め一服。ひと息ついて、金曜日のコンサート影響でこの盤を取り出した。


wangenheim.jpg  Bach_Cello_Suite.jpg


以前も一度取り上げたアンドレアス・フォン・ヴァンゲンハイムというドイツのギタリストが弾くバッハの無伴奏チェロ組曲全曲盤。メジャーレーベルBMGの廉価盤シリーズ;アルテ・ノヴァから1999年にリリースされている。アルテ・ノヴァの盤は十年ほど前にはあちこちの店で見かけた。中でもデイヴィッド・ジンマンとチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団のベートーヴェン交響曲全集(新ベーレンライター版の楽譜を使い、モダンオケによるピリオド奏法に準拠した演奏で話題になった)や、スタニスラフ・スクロヴァチェフスキ(通称Mr.S氏)とザールブリュッケン放送交響楽団によるブルックナー交響曲全集などが話題になった。ギターでもいくつか注目すべき盤を出していて、手元にはきょう取り上げるヴァンゲンハイムの他、オーガスチン・ヴィーデマンによる80年代、90年代のギター音楽だけを集めた盤が2枚、エドゥアルド・フェルナンデスのバッハ;リュート組曲全4曲、ヨハネス・トニオ・クロイッシェによるヴィラ・ロボス練習曲とヒナステラのソナタOp.47がある。

さてヴァンゲンハイムのチェロ組曲。これが中々素晴らしい。手元にあるギターによる同曲の演奏の中でもっとも聴き応えのあるもので、原曲のチェロによる名盤に十分伍して聴ける。この曲を取り上げるにあたっては、当然ギター版の編曲譜としてどの版を使うかがポイントになる。この盤でヴァンゲンハイムは自身の編曲による版を使っているのだが、まずこの編曲が実に適切に出来上がっている。手元には40年以上前に世界に先駆けて出た小船幸次郎の版、同じく日本人の佐々木忠による最近出た版、そしてMelbay社のイェーツ版と原曲のチェロ版がある。原曲のチェロ版からの編曲に当たってはギターでの調の選択とポリフォニックな処理としての低音声部の付加が鍵になる。ヴァンゲンハイムの楽譜は手元にないが、音で聴く限り低音の付加は曲によってはかなり足しているものもあり、あるいは最小限の付加に留めているものがあって興味深い。ただ演奏上は付加した低音はあまり目立たないように右手のタッチをコントロールしていて、曲としてはチェロによる単旋律に近い印象を受ける。そしてその単旋律にあたる楽句のアーティキュレーションが実によく考えられ、また理と情にかなっていて不自然さがまったくないのだ。プレリュードは深く静かに瞑想し(特に第2番のプレリュードは素晴らしい)、メヌエットやジーグなどの舞曲ではリズミックに躍動する。とかく「ギター的」になりがちな演奏が多い中、彼の演奏はギターの特性を生かしながらも、ギター版ゆえの制約、あきらめ、言い訳、限界、そういったものを感じさせない。正統的で古典的な様式感をベースに、バッハの音楽そのものに浸ることができる。日頃からこの曲に接しているチェロ弾きの輩にはいささか奇異な響きに感じられるかもしれないが、虚心にこの演奏を聴けば、また印象が変わるのではないだろうか。

名前に「フォン」と付くことから分かるように彼は由緒ある家柄の出身で1962年生まれ。バーゼルの音楽院を首席で卒業したとのことで、年齢的にも円熟を迎える頃だろうか。この盤以外の録音を聴いていないが、バッハでこれだけ普遍的な様式感に立った演奏をしているのだから、ソルやジュリアーニなどの古典派からメルツやレニャーニあたりの初期ロマン派の曲など、クラシック音楽の潮流の中にあるギター作品をぜひ聴いてみたい。


この盤の音源。第3番から始まり順次再生される(第3番、1番、4番、2番、6番、5番の順)。


アイルランドのギタリスト:ジョン・フィーリーによる第1番全曲。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

益田展行ギターリサイタル@近江楽堂



週末金曜日。都内での仕事を五時ちょうどに終えたあと、新宿の隣り町、初台へ。久々にギターのコンサートを聴いてきた。


R0013766 (560x560)  R0013769 (560x560)


すでに20枚余のCDをリリースし、多彩な活躍をしている益田正洋氏(G)の弟である益田展行(のりゆき)氏のリサイタル。益田展行氏は2003年に東京国際ギターコンクールで首席となり、翌年からドイツへ留学。ケルン音楽大学他で研鑽を積み、内外15の国際コンクールで上位入賞を果たしている。ヨーロッパでのコンサート活動ののち、2012年から日本に活動の拠点を移し、現在に至っているとの由。このたびファーストアルバム<バッハ作品集>をリリースしたのに合せ、まず大阪で、そしてきょう東京でリサイタルが開かれた。初台の東京オペラシティ3階にある近江楽堂。プログラムは以下の通り。CDリリースに合せて収録曲を並べ、さらにBWV998を加えた内容。ギター弾きならずとも、このプログラムが相当な重量級のプログラムであることは察しがつくだろう。

J.S.バッハ(編曲:益田展行):
プレリュード、フーガ、アレグロ ニ長調 BWV998
無伴奏ヴァイオリンソナタ 第3番 ハ長調 BWV1005
Adagio – Fuga – Largo – Allegro assai
  ―休憩―
無伴奏ヴァイオリンソナタ 第1番 ト短調 BWV1001
Adagio – Fuga/Allegro – Siciliana - Presto
無伴奏チェロ組曲 第6番 ニ長調 BWV1012
Prelude – Allemande – Courante – Saravande – Gavotte 1/2 – Gigue

近江楽堂は東京オペラシティ・コンサートホールに隣接し、礼拝堂をイメージして作られた小ホール。良好なアコースティクで<よく響くホール>として有名だ。ギターをはじめ、リュート、チェンバロなど比較的小音量の古楽器系の演奏会に好んでよく使われる。当夜も50席ほどの椅子が並べられた。
定刻の19時ちょうどに客電が落ち、益田氏登場。慎重にチューニングを確かめてから、BWV998が始まった。端整なアプローチ、適正なテンポ、粒の揃った音色でプレリュードが歌われる。音のバランスとしては中低音がしっかりと鳴り、高音域はその上に出しゃばらずにのる。フーガでの各声部のキープや幾度となく出てくる主題の提示も明確だ。アレグロは一転して高速スケールが冴える。スケールを下支えする左手の押弦とポジション移動も無駄な動きがない。以降の曲も変わらず、整った様式感と滑らかな音色で安心して音楽に浸れる。

あえて不足感を唱えるとした、蒸留水のようなその語り口と音色だろうか。アンコール含めて2時間近い演奏のうち、ぼくが見ていた限りでは右手の打弦はすべてアルアイレ。緩徐楽章ではアポヤンドでメロディーラインを際立たせるかと思っていたが、それもなかった。曲の性格からして、常に多声をコントロールし、高速のスケールを粒立ちよく弾く必要を考えれば、アルアイレ奏法が妥当だろうし、この日の会場は大声を上げなくても十分響くだろうという計算もあっただろう。しかし、どこか深みのある音、音色で訴える場面はなかった。もっとも古典期以前の作品で、<美音>を訴えるような右手のタッチや歌い回しは、悪趣味になりかねないので難しいところだ。

重量級のプログラム終了後のアンコールもすべてバッハで、無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番BWV1003からAndanteとAllegro、そして無伴奏ヴァイオリンパルティータ第3番BWV1006のプレリュードが演奏された。
会場にはCDのライナーノーツも書いている濱田滋郎氏、ギター製作家の今井勇一氏、都内のギター専門店の店主ら、兄の益田正洋氏、さらにmixiで見知った都内のアマチュアギター弾きらの姿も散見。使用楽器は、ヘッドデザインとボディーシェイプからカール・ハインツ・ルーミッヒかと思っていたが、終演後益田氏のうかがったところ、ピンポンッ!であった。
凍てつく夜に端整なバッハ。よいコンサートだった。


先週1月13日発売のファーストアルバムのPV。


山下和仁のBWV1012 Prelude



BWV1001の11弦ギターによる演奏。



■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)