チョイと宅録 カルカッシ<25の練習曲>から



連休初日。昼間、時間があったので久々にレコーダーを取り出し、ギターの録音。このところ何か目標の曲を練習するということがなく、いつもウォーミングアップに弾いている(そして、いつもウォーミングアップだけで終わるのだが…)、マッテオ・カルカッシ<25の練習曲:作品60>を取り出した。


Matteo_Carcassi.jpg


カルカッシ(1792-1853)といえば、ぼくら世代にはその教則本(作品59)がお馴染みで、ギター入門者の多くが手にしたはずだ。その教則本とペア、あるいは次の段階として使われるのが作品60の練習曲集。25曲は概ね難易度順に並んでいて、初級から中級あたりをカバーする。ぼくは先生についてギターを習ったことがないので、この練習曲を叩き込まれることもなかったが、かつては中級へのステップアップとして必須の曲集だったはずだ。いずれも3分に満たない小さなエチュード。フェルナンド・ソルほどの音楽的感興はないが、古典的なセオリーで書かれていて、どの曲にも一箇所か二箇所は、ちょっといい和声感も備わっている。アマチュアの特権で、弾けなくても大曲、難曲に挑むが、バッハの組曲だ、ソルのソナタだという前に、このくらいの曲をまともに弾けるようでありたいものだ。(楽譜はこちら、スウェーデンのBoijeコレクションで⇒http://boije.statensmusikverk.se/ebibliotek/boije/pdf/Boije%2094.pdf

…と、講釈をたれたものの、相変わらずの雑な御手前にて失礼。拙宅内では玄関近くのスペースの響きがいいので、そこに椅子を持ち出して弾いてみたが、中高音ばかりに響きがのって、低音が痩せたバランスになってしまった。以前のようにデッドな居室で録って、後処理でエコーを加えた方がいいことが分かった。暗譜などは当然してないので、楽譜から目を離せない状態。ポジション移動であちこちボロが出てしまった。25曲を順番に弾くつもりでもないが、きょうは1番、2番と飛んで12番。練習曲なのでそれぞの曲ごとに何を習得すべきかのポイントや曲の解釈等、ひと通り考えてはいるが、ここに書くのは長くなるので、またいずれ。連休中、時間が取れたら他の曲もトライしましょうかね。


第1番 ハ長調


第2番 イ短調


第12番 ニ長調



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

きょうが命日 J・シュタルケルのブラームス



四月も下旬。そしてあすから連休だ。休みを前に仕事の区切りをつけておこうと本日も業務に精励。まずまずのところまで進捗して、スッキリ状態で退勤となった。折からの冷たい雨で、気分はもひとつだが、ひと息ついてこんな盤を取り出した。


STARKER.jpg  DSCN3546 (480x480)


ヤーノッシュ・シュタルケル(1924-2013)の弾くブラームスのチェロソナタ集。ピアノはジェルギー・シェベック。1959年録音。たまたまネットを覗いていたら、きょう4月28日がシュタルケルの命日と知り、思い出して取り出した。3年前2013年のきょう89歳で亡くなっている。(きょうど一年前にも聴いて記事にしていたので再掲)
手持ちの盤は70年代半ばに出ていたエラートレーベルの廉価盤。ジャケット裏に日付が記されていて、それによると大学3年の春に手に入れている。当時、ブラームスの交響曲や協奏曲をいやと言うほど聴いて耳と身体に叩き込み、次は室内楽をと思って買った最初に盤だったように記憶している。そして粗末なオーディオセットにこのレコードを載せ、四畳半の下宿に流れた第1番冒頭のその渋い響きに、思わず嗚呼…と感嘆をもらしたことを思い出す。

ブラームスの二つあるチェロソナタのうち第1番は彼が32歳のまだ壮年期というにも早い時期の作品であるが、北ドイツ風の荒涼とした味わいや深々とした叙情はその年齢からは想像が出来ない。特に第1楽章はチェロの低音域を有効に使い、ほとんどのフレーズでピアノよりも低い音域を歌う。ぼくら世代にとってシュタルケルというと、例のコダーイ無伴奏の名録音で知られた豪腕チェリストというイメージがあって、このブラームス第1番の出だしの楚々とした風情にも驚いたものだ。シュタルケルはこの録音の前、50年代にモノラルで、またこの録音のあと60年代初頭に同じジェルギー・シェベックと再録。さらに90年代にもこの曲を録音している。よほど好きな曲なのか、あるいは前の録音に満足できなかったのか…。手元には、フルニエとバックハウスのモノラル盤、ロストロポーヴィッチ、トルトゥリエの盤などもあるが、青春時代への郷愁も手伝ってか、このシュタルケルのエラート盤に手が延びることが多い。録音も優秀で今もって色あせない。


この盤の音源。第1番全曲


シュタルケルのオハコ。コダーイ無伴奏の第1楽章。1988年来日時の音源。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

与太さん、ステキ~! それも出来ずにCDちょこ買い?!



アマゾンよりCD到着。先日の日曜日に買い物かごに入れたり出したりして最終選択したもの数点。お披露目方々見せびらかそう(^^ 子どもみたいだが、まあ道楽人の所業なんてそんなもの。


DSCN4861 (560x560)


まず大物はショルティのワグナー録音を集めた36枚組ボックスセット。ウィーンフィルとの指環が御目当てで、そのセットもあったが、この際だからと、ワグナーの主要作品を集めたセットにした。
『トリスタンとイゾルデ』、『タンホイザー』、『パルジファル』、『マイスタージンガー』、『さまよえるオランダ人』、『ローエングリン』そして『ニーベルンクの指環四部作』。さらにボーナスCDとして『トリスタンとイゾルデ』の全体リハーサル、ピアノ・リハーサルや、出演者のディスカッションも含むレアな音源と150ページほどのブックレットが付く。『さまよえるオランダ人』のみシカゴ響。他はウィーンフィル。いずれも英デッカ黄金期の高音質のセッション録音。これで9千円余はもってけ泥棒状態。かつてのLP時代を知るものには隔世の感ありだ。 ワグネリアンでもないのに<指環>だけでもこれで3セット目になる。バイロイトでのライヴを集めたセットと、ノイホルト指揮バーデン歌劇場でのライヴ録音。そして今回のショルティ盤。もちろん抜粋盤は他にもいくつかあって、「ちょっとワグナー気分」というときは抜粋盤のお世話になることが多い。しかし、ショルティ&VPOの指環はワグナー録音の金字塔としてやはり持っておきたいとの気持ちに抗し切れなかった。

次はR・シュトラウスのセット二組。まずルドルフ・ケンペ指揮SKDによる管弦楽全集9枚組。これは十年ほど前に出たEMI盤緑色のボックスセット時代から手に入れたいと思いながら、何となくスルーしていたもの。EMIがワーナーに組み入れたこともあって、今回ワーナーレーベルで新装発売となった。演奏・録音とも常に絶賛されるケンペ最大の遺産といえる録音だ。ちょっと収録曲をリストしてみようか…


R.シュトラウス:交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』 Op.30
R.シュトラウス:交響詩『死と変容』 Op.24
R.シュトラウス:『ばらの騎士』 Op.59〜ワルツ
R.シュトラウス:『カプリッチョ』 Op.85〜月光の音楽 ペーター・ダム(Hr)

R.シュトラウス:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』 Op.28
R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』 Op.20
R.シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』 Op.40

R.シュトラウス:メタモルフォーゼン(23の独奏弦楽器のための)
R.シュトラウス:アルプス交響曲 Op.64

R.シュトラウス:交響詩『ドン・キホーテ』 Op.35
        ポール・トルトゥリエ(Vc)、マックス・ロスタル(Vla)
R.シュトラウス:F・クープランのハープシコード曲による舞踏組曲

R.シュトラウス:交響的幻想曲『イタリアから』 Op.16
R.シュトラウス:交響詩『マクベス』 Op.23

R.シュトラウス:『サロメ』 Op.54〜7つのヴェールの踊り
R.シュトラウス:組曲『町人貴族』 Op.60
R.シュトラウス:バレエ音楽『泡立ちクリーム』 Op.70〜ワルツ
R.シュトラウス:交響的断章『ヨゼフ伝説』 Op.63

R.シュトラウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.8 ウルフ・ヘルシャー(Vn)
R.シュトラウス:家庭交響曲 Op.53

R.シュトラウス:ホルン協奏曲第1番 ペーター・ダム(Hr)
R.シュトラウス:ホルン協奏曲第2番 ペーター・ダム(Hr)
R.シュトラウス:オーボエ協奏曲   マンフレート・クレメント(Ob)
R.シュトラウス:デュエット・コンチェルティーノ(クラリネット、ファゴット、弦楽とハープの為の)
          マンフレート・ヴァイス(Cl) 、ウォルフガング・リープシャー(Fg)

R.シュトラウス:ブルレスケ(ピアノと管弦楽の為の)
R.シュトラウス:家庭交響曲余禄(ピアノと管弦楽の為の)
R.シュトラウス:交響的練習曲「パンアテネの行列」(ピアノ(左手)と管弦楽の為の)


…といった具合。もう一つは、R・シュトラウスの声楽曲と室内楽を集めた3枚組。あまり馴染みのない合唱曲なども含まれる。こんなことでもないと聴くこともないだろうと手に入れた。室内楽ではヴァイオリンやチェロのためのソナタが入っている。この他にR・シュトラウスのオペラ全曲集22枚組が出ているが、こちらはパス。ワグナーだけで当分(生涯)お腹一杯だ。

さてもう一つ。ベルガンサのポートレートが写っているもの。ファリャ、グラナドス、トゥリーナ等、お馴染みのスペイン物の歌曲集3枚組。いくつのかの曲に、先日の記事に書いたヘスス・ロペス=コボス指揮ローザンヌ室内管が伴奏を付けているのも楽しみだ。数年前、廉価盤ボックスセットの雄:ブリリアントレーベルからリリースされたが、すでに廃盤で、今回もアマゾン扱いの中古品で手に入れた。

以上、合計51枚のお買い物。CD1枚単価は300円以下のデフレ価格。職場の女子を誘い、ちょっとええカッコして、きょうはワイのおごりやでぇ~、キャー与太さん、ステキ~!…なんて事態の対価相当額かな。下戸なのでそれも出来ずに、何だかなあ~のCDちょこ買いでありました。


ショルティとVPOのセッション風景。<神々のたそがれ>ジークフリートの葬送行進曲。当初乗り気でなかったウィーンフィルがショルティの熱意により、次第にその気になっていったという逸話が分かるような指揮ぶりだ。


テンシュテット&ロンドンフィルの来日公演での同曲。5分50秒、だらけた団員でもいたのだろうか、テンシュテットが靴を踏み鳴らしてオケに喝を入れる!



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
関連記事

ワルターのハイドン<V字><軍隊>



週明け月曜日。穏やかな一日。業務順調に進行。夕方定時に退勤となった。
さて、ひと息ついて、きのうの続きでハイドンを聴こうかと、こんな盤を取り出した。


Walter_Haydn_201604.jpg  Walter_Haydn.jpg


アダム・フィッシャー盤や昨日の記事に書いたラッセル・デイヴィス盤ではなく、懐かしいワルターとコロンビア交響楽団によるレコードを取り出した。第88番「V字」と第100番「軍隊」がカップリングされている盤で、どこかのリサイクルショップのジャンク箱から百円で救済してきた記憶がある。ジャンク箱に放置されていたにもかかわらず、盤の状態は上々。井上太郎氏の労作を横に針を落とす。

コロンビア交響楽団はよく知られているように晩年のワルターとの録音セッション専門といってよい楽団。弦の編成がやや小さく、それを録音技術でカバーしているといわれる。しかし同コンビによるブルックナーやマーラーなどの後期ロマン派の録音ではそうした編成がややハンディキャップになるが、ハイドンやモーツァルトに限ってはまったく違和感はない。むしろワルターの指示とそれに対するオケの反応が素直に出てくるし、木管のソロなどは弦楽群に埋もれずにチャーミングによく通ってくる。

今風の颯爽とした演奏になれた耳で久々にワルターを聴くと、あぁ、これこれという気分になる。音楽の構えが大きく曲の運びもどっしりとしていて、いかにもシンフォニーだ。特にアレグロの指示がある楽章のテンポはかなりゆっくりめで、前進する推力よりは一音一音の堂々した響きが耳に残る。こうしたワルターの解釈は88番、100番いずれも第3楽章のメヌエットを聴くと、よりはっきりとわかる。低弦群の三拍子の刻みがとてもしっかりしているし、その上にのるファーストヴァイオリンのメロディーも伸びやかかつ力にあふれている。箸休めのメヌエットという風情ではない。良好はステレオ時代の録音とはいえ、やはりワルターはフルトヴェングラーやトスカニーニと同世代の指揮者だ。現代のスタイルとはひと味もふた味も違う、いつまでも残しておきたい演奏だ。


この盤の音源。第88番全曲。堂々たるメヌエットは13分16秒から。


洗足学園の学生オケによる第88番。指揮者なしでの演奏。こちらのメヌエットは12分55秒から。



第100番第1楽章のさわり。ベルリンフィルのデジタルコンサートホールのPV。ピアノのアンドラーシュ・シフがベルリンフィルを振っているもの。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

D・R・デイヴィスのハイドン<熊>



穏やかな陽気の週末も終わり、あすから連休前一週間がスタートだ。今年のカレンダーは、間にはさまれた二日間を休みにすれば十連休となる。数年前までの、時間的あるいは精神的にプレッシャMAXの日々なら、逃げ出したい気分で何とか休みを取る算段をしただろうが、勤め人生活のピークも過ぎてほどほどのタイトさの今はそれほどでもない。暦通りに、はいそうですかと従う気分になってきた。そんなことを思いつつ、残り少ない人生、事情の許す範囲で音楽を楽しみましょか…


DR_Davis.jpg  DSCN4856 (560x560)


昨年入手してボチボチ聴いている、デニス・ラッセル・デイヴィス&シュトゥットガルト室内管によるハイドン交響曲全集のボックスセット。D・R・デイヴィスがシュトゥットガルト室内管の首席指揮者になった1995年に計画し、以降ライヴ録音を重ねて、ハイドンイヤーとなった2009年にリリースされた。この盤のリリースを知ったのは数年前だったが、すでにA・フィッシャー盤の全集が手元にあるし、どうしようかなと思っているうちに年月が経ち、結局流通在庫も少なくなった昨年になってから手に入れた。きょう現在、HMVのサイトではすでに販売終了だが、アマゾンではまだ入手可能だ。きょうは全37枚のセットから29枚目の盤を取り出し、そこに収められている第82番ハ長調の交響曲を聴いている。第4楽章冒頭の音形から<熊>と称される作品。

第1楽章は序奏なしで、ハ長調主和音を分散奏して力強く始まる。随所にティンパニの打ち込みが加わり、中々恰幅のいい曲想。その間をぬって可憐な第2主題が奏され、その対比が中々面白い。展開部はその女性的な第2主題と、第1主題を短調であつかったモチーフなどが交錯する。第2楽章はアレグレットの指定で、緩徐楽章という位置付けよりも少し動きを感じさせる。第3楽章は典型的メヌエット。トリオではオーボエ、ファゴット、ヴァイオリンが絡んで美しいアンサンブルを聴かせる。第4楽章は<熊>の通称の元となった前打音を伴った低弦群のフレーズで始まる。以降この前打音のフレーズと他のモチーフとが繰り返されながら、第4楽章としては異例ともいえるほど、充実した展開を繰り広げ、まったく飽きさせない。

このデニス・ラッセル・デイヴィス&シュトゥットガルト室内管の演奏をまだすべて聴いたわけではないが、総じてテンポをやや遅めにとり、大らかにゆったりと奏される。ピリオドスタイルの楽器や奏法からイメージする急進性や緊張感は少ない。付点音符の扱いやフレーズのアクセントなども意図的にやや<ゆるく>設定している。モダン楽器による旧来の演奏スタイルに慣れ親しんだ向きにも違和感なく受け入れられるだろう。録音は、欲をいえば低音、それも低弦群の低い音域がもう少し響いてほしいところだが、演奏終了後の拍手がなければライヴと分からないほどバランスよく整備された音質。A・フィッシャー盤の残響豊かで流麗な響きとはやや趣きを異にするが、細かなところまでよく聴き取れる解像度の高さでは一枚上をいくだろうか。

ハイドンの交響曲全曲を聴こうか、などという酔狂な道楽は、ひと昔前はごく一部の好事家がドラティー盤を手にする程度であったが、ここ十年でA・フィッシャー盤、そしてこのラッセル・デイヴィス盤(現在もアマゾンで六千円ほどで入手可)により、すっかり身近な存在になった。CDデフレは一応歓迎である。


この盤の音源。デニス・ラッセル・デイヴィス&シュトゥットガルト室内管による第82番<熊>第4楽章。


シュトゥットガルト室内管の動画チャンネルにあるハイドン第44番<悲しみ>の抜粋。指揮はヴォルフラム・クリスト。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ヘスス・ロペス=コボス



スペインの指揮者:ヘスス・ロペス=コボス(1940-)が素晴らしい!
先日NHKFMでナカリャコフ(tp)がソロを吹くハイドンのトランペット協奏曲が流れていた。ナカリャコフのトランペットはもちろんだが、むしろそのバックのオケ伴奏に素晴らしさに耳を奪われた。オケはローザンヌ室内管弦楽団。指揮を務めていたのがヘスス・ロペス=コボスだった。


J_L_cobos.jpg


コボスの名を初めて聴いたのは確か70年代の半ば。ホアン・クリソストモ・アリアーガの例の交響曲だった。NHKFMの何の番組だったか、濱田滋郎氏が例の調子で「ホアン・クリソストモ・アリアーガの…スペインの若手指揮者ヘスス・ロペス=コボスの指揮…」と紹介していたのを覚えている。

しかしその後、彼の音盤を手にする機会はなく過ぎた。そして数年前からこのブログを書きながらYouTubeを眺めている途中で、近年のコボスに演奏に触れ、その見事なオーケストラコントロールに感服していた。そんな矢先、あらためて聴いた先のナカリャコフのバック。ソロと対等にオケを積極的に鳴らし、考えつくされたアーティキュレーションでドライブしていく手腕は名匠の名に恥じないものだと感じた。スペインの指揮者というと、とかく欧州辺境のローカル色という色眼鏡で見がちかもしれないが、コボスはそうしたレベルとは一線を画す。80年代はベルリン・ドイツオペラの音楽監督、90年代は先のローザンヌ室内管の首席指揮者。いずれもほぼ10年に渡ってそのトップを務めた。もともとマドリッドの大学時代には哲学を修め、その後名伯楽ハンス・スワロフスキーに学んだというから少々異色の遅咲きだったのかもしれない。

90年代のローザンヌ室内管とのハイドン交響曲集、その後のシンシナティ響とのブルックナーなど、録音もかなりの数がリリースされたが、現在は入手しづらい状況だ。幸いYouTubeにはスペインの新興勢力:ガリシア交響楽団他を振った近年の演奏がアップされていて、それでのどの渇きをいやしている。いずれも知と情のバランスに優れ、各パートの役割が明確に描き出された演奏で、近年もっとも感心している指揮者の一人だ。今年の秋、そして2017年初頭にも来日が予定されている。機会あればその演奏に接してみたい。


田部京子がソロをとったモーツァルトの<ジュノム>。コボス指揮ローザンヌ室内管。1995年録音。日本コロンビアの廉価盤でリリースされていたが、現在は手に入りづらい。ピアノよりオケの音に耳を奪われる。


ベートーヴェンの第4番。オケはガリシア交響楽団。同団は90年代初頭に出来た比較的新しいオケだが、スペインローカルのオケと思って聴くと完全に打ちのめされる。日本では村治佳織が2007年に録音した2回目のアランフェス協奏曲のバックを務めたことで知られるようになった。


夭折したスペインのモーツァルトことアリアーガ(1806ー1826)の有名な交響曲ニ短調。曲目の表記はニ長調ながら、第1楽章序奏のあとの主題が二短調で提示される。


ブルックナー第8交響曲第1楽章。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

ホルン!



週半ばの水曜日。きょうは仕事で霞ヶ関へ。中堅キャリアと小一時間面談。いつもながら彼らの頭の回転の速さには感服する。こちらのつたない説明でも、背景から過程、用件のポイントと課題を即座に理解、指摘する。こちらのボンクラ度合いと比べるのは、そもそも失礼な話だろうが…。とかく風当たりの強い立場だろうが、余人をもって代え難い能力の連中が毎夜遅くまで懸命に仕事をしているのをみると、ふた世代も違うぼくなどは、素直に応援したくなる。
さて、帰宅後ひと息つき、机の上を片付けながらのナガラ・リスニング。さきほどからマーラーの第1交響曲を聴いている。


horn.jpg


少し前にマーラーの中間楽章のつまみ聴きの記事を書いたが、もちろん中間楽章以上にマーラーの終楽章は感動的だ。来るぞ、来るぞ、とわかっていながら、そのクライマックスに向けての演出に引き込まれてしまう。今夜聴いているマーラー第1番の終楽章ではホルンが目立つ。音を聴いているだけでもそうだが、実際のコンサートではクライマックスでベルアップし、さらに最後はホルンセクション全員が立ち上がって朗々と吹くこともしばしばだ。視覚的な効果も加わって、エンディングのカタルシスは比類がない。

思い起こしてみれば、管弦楽におけるホルンはオケを構成する楽器の中でも最も重要かつ魅力的な楽器のひとつだ。音数の少ないフレーズやロングトーンを吹くだけでも、オケの響きが格段に広がりと深みを増す。ソロもいいし、セクションでのアンサンブルもいい。どれか一つの楽器に注目して管弦楽を聴くというのも、曲を知るには面白い。YouTubeを覗くと、同じような視点で編集された動画をいくつかあったので貼っておこう。


マーラー交響曲第1番終楽章のエンディング。相変わらずラトルの巧みな解釈。そして最強BPOのホルンセクション。


ブラームスの第1交響曲でもホルンは大活躍する。ハイティンクとSKD。もはやペーター・ダムの時代じゃない(^^


古典期の作品、取り分けベートーヴェンの作品ではホルンは花形だ。第8番の第3楽章。ブリュッヘンと18世紀オケ。ナチュラルホルンの妙技。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)