チョイと宅録 <佐藤弘和48のやさしい小品集>



梅雨明けの関東は朝から陽射しMAXで気温も上昇。
昼をはさんでちょいと外出。三時前には帰宅。夕方まで少々時間もあったので、久々にギターを取り出してチョイと宅録。少し前の記事に書いた、佐藤弘和の小品集を取り出した。


201607_SatoHirokazu.jpg


きょうはその中から気の向くまま弾き散らかし4曲を録音した。食卓テーブルに楽譜を広げ、レコーダーをポンと置いた安直録音。左手は見えず、右手のアップだけが目立つが、何の意図もなし。レコーダー付属ソフトのマスタリングもどきが少々エフェクト過剰で×。 例によって初見+アルファでほころびだらけだが、夏の日の午後、のんびりつま弾いたひとコマであります。


佐藤弘和 48のやさしい小品集から <思い出 Rememberance>


佐藤弘和 48のやさしい小品集から <聖ヴァレンタイン・ワルツ St.Valentine Waltz>


佐藤弘和 48のやさしい小品集から <メランコリー Melancholy>


佐藤弘和 48のやさしい小品集から <家路 Homeward>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

追悼 中村紘子



すでに報道されているように、中村紘子が亡くなった。享年72歳。合掌
言うまでもなく彼女は昭和から平成を通じて、日本クラシック音楽界でもっとも知られた演奏家の一人であり、広く親しまれたアイコンでもあった。ぼく自身も何度かステージに接した記憶がある。かつては自分とはふた世代くらい違うかと思っていたが、実際はそれほどかけ離れていたわけではなかった。カレーを食べて元気そうだった彼女を偲び、手元に数枚ある彼女の音盤の中から、この盤を取り出した。


DSCN0928 (480x480)  DSCN0926 (480x480)


グリーグ・ピアノ協奏曲。以前一度記事にしている。1979年の録音。大町陽一郎指揮東京フィルハーモニー交響楽団のバック。そして当時ソニー副社長だった大賀典雄みずからプロデューサーを務め、録音機材は当時ソニーが開発したPCM(デジタル)録音機という、鳴り物入りのレコーディングだ。ライナーノーツによれば、芸大卒のバリトン歌手でもある大賀氏はセッションを通じて常にスコアを片手にモニタースピーカーからの音を聴き、中村・大町両氏と意見交換をしてベストテイクを目指したとのこと。付け加えるなら、当時三十代半ばの中村紘子を写したジャケットの写真撮影は立木義浩だ。前橋汀子&篠山紀信を思い出す。このレコードをどういう経緯で手に入れたか記憶にないが、確か知人から「もう聴かないから」と譲ってもらった百枚ほどの盤の中にあったと記憶している。

DSCN0930 (480x480)

演奏はかなり個性的だ。すべての楽章でテンポは遅め、表情付けはかなり濃厚で、ロマンティックな解釈。一方で曲が盛り上がった際のフォルテシモの響きは尋常でないほど強靭で、ソニーがデンオンに遅れをとったPCM録音の失地を挽回しようと総力をあげて開発したデジタル機材の威力もあって、スタインウェイのゴージャスな響きが荒川区民会館に響き渡る。それでも第一、第二楽章はよいとしても、終楽章にはやや重く感じる。あのリヒテル&マタチッチ盤が軽快に感じるほどだ。彼女は90年代後半にグリーグを録り直している。

つい二ヶ月ほど前までステージに立っていたことを思うと、早過ぎる逝去はまことに残念でならない。
ご冥福をお祈りいたします。


1960年。中村紘子16歳。N響の海外公演に随行したときの演奏。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

小澤征爾&BSOのバルトーク



関東地方もようやく梅雨明け。梅雨明け十日は夏型安定、海に山に絶好の季節というはずだが、どうやら今年は太平洋高気圧の甲斐性なく、梅雨明け以降も不安定な天気が続くらしい。 さて、昨夜甘口ジャズで端休めしたところで、今夜は先日の続きでバルトークを。


201607_Bartok_Ozawa_BSO_2.jpg


小澤征爾が当時の手兵ボストン交響楽団を振って録音したバルトークの管弦楽曲集だ。この盤も発売当時買ったものではなく、十年ほど前出張帰りに梅田の中古レコード店で入手した。
発売当時から印象に残っている中々強烈なジャケットデザイン。ライナーノーツにはジャケットデザイン=ペート・ハルメンと記されている。ぼくは寡聞にして知らないが、一度見たら忘れないジャケットの一つだろう。この盤が録音された1975年頃といえば、小澤とボストン響は蜜月時代を経てドイツグラモフォンから次々と新録音をリリースしていた時期だったと記憶している。振り返ってみても、小澤征爾の仕事の中でもっとも充実していた時期に違いない。両曲ともアナログ最終期の素晴らしい録音。60年代の独グラモフォンサウンドとは違って、安定した低音を残しながらも、各パートの分離が明瞭で打楽器群もクリアに入っている。

この盤に収められたバルトークの2曲「中国の不思議な役人」「弦、打楽器とチェレスタのための音楽」は、明快で切れのいい音楽作りをしていた当時の小澤征爾にはぴったりの曲目だ。「中国の不思議な役人」を最初に聴いたのは学生時代のFMだった。音楽はともかく、まずそのタイトルがそのまま実に不思議で印象に残った。後年、役人(=宦官)と売春婦と殺し屋が登場人物という中々過激な内容のパントマイム付帯の音楽だと知った。こうして音楽だけ聴いて、そのパントマイムを想像するのも中々面白い。音楽はバルトークの土俗的な民族色よりは、ストラヴィンスキー風のバーヴァリズムを感じる。もっとも、何百回と聴いているベートーヴェンやブラームスなら何曲もある交響曲全部を鼻歌で歌えそうだが、当然こういう曲にはそこまで馴染みはない。いつか、ひと月連続で毎晩聴いてみようかしらん。

「弦、打楽器とチェレスタのための音楽」通称「弦チェレ」の方は学生時代からライナー&シカゴ響のLPに親しんでいて、ずっと馴染みがある。この曲はまず冒頭のフーガ風の導入部がいい。何度聴いてもゾクゾクとしてくるイントロダクションだ。第2部に入るとバルトーク節全開となって突っ走る。第3部の神秘的なノクターンを経て第4部へ。ここでは再びエネルギッシュなリズムにのって民族的なフレーズが歌われる。飽きずに30分があっという間に過ぎてしまう。それにしてもこんな曲のスコアを暗譜して、複雑なアインザッツを指示しながらオケをコントロール出来たら、さぞ面白いだろう。


<弦、打楽器、チェレスタのための音楽> コロラドの学生オケとのこと。


<中国の不思議な役人>(組曲版) エドワード・ガードナー&BBC響による演奏@プロムス2011。


スコア付き<弦、打楽器、チェレスタのための音楽> フリッチャイ&RIAS響による1953年のモノラル録音。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村

関連記事

トゥーツ・シールマンスのハーモニカ



オイオイ、いつまで梅雨明けしないんだ>関東地方!
でも、いよいよ明日あたりらしい。天候回復して晴れ間が出れば、気象庁も間髪いれず「梅雨明けしたと思われます」宣言となりそうだ。 さて、週半ばの水曜日。本日も業務に精励。ひと息ついて心身共に弛緩。こんな晩はゆるめのジャズを。


201607_Toots_Thielemans.jpg


大御所トゥーツ・シールマンス(1922-)のハーモニカ。1998年のリリースでヨーロッパテイストの曲を取り上げたアルバム。「パリの空の下」「ムーラン・ルージュの歌」といったお馴染みの曲もあり、日本人好みのノスタルジック路線。有体に言うなら<カフェに流れるおしゃれな音楽>というところ。セールス的にも好成績のアルバムらしい。ダイアナ・クラール、ダイアン・リーヴス、ジョニー・マチスといった大物がゲスト参加していて、1枚飽きさせずに聴かせる。たまには箸休めによろしでしょう。


2012年10月。シールマンス90歳。


誰かハーモニカ吹いてくれませんかね。ギター伴奏承ります(^^;


90歳になってもこのくらい音楽を楽しめたら、さぞ楽しかろう。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バッハ カンタータ<主よ、裁かないでください>BWV105



きょうの早朝、NHKFM<古楽の楽しみ>でバッハのカンタータが流れていた。きのう7月24日日曜日が三位一体節後第9週にあたるころから、それにちなんだ曲が紹介されていた。 そういえばしばらくバッハのカンタータを聴いていなかったと思い、例によって手持ちのブリリアント盤ボックスセットを引っ張り出した。


Bach_Leipzig.jpg  Bach_BWV105.jpg


三位一体節後第9日曜日にちなむカンタータはライプツィッヒ時代の三曲(BWV95,105,168)。その中からBWV105の収められた1枚を取り出した。<主よ、汝の下僕の審きにかかずらいたもうなかれ>あるいは<主よ、裁かないでください>といった題名が付される。曲は以下の6つの部分から成る。

 第1曲 合唱 アダージョ‐アレグロ ト短調
 第2曲 レチタティーヴォ(アルト)
 第3曲 アリア(ソプラノ) 変ホ長調
 第4曲 レチタティーヴォ(バス)
 第5曲 アリア(テノール) 変ロ長調
 第6曲 コラール(合唱) ト短調

冒頭第1曲の合唱から不安と悲劇性を感じさせる曲想が展開される。引きずるような通奏低音、<溜め息音形>の連続は、まるでバッハの受難曲のようだ。後半はテンポを上げて素晴らしいフーガが続く。アルトのレチタティーヴォをはさんで、この曲の聴きどころともいえる第3曲ソプラノのアリア。オーボエのオブリガートを伴い、弦楽群が刻む細かな音形にのって、美しくはかない旋律が歌われる。この曲では通奏低音は省かれて、高音域中心の音形であることが、美しい中にもどこか不安な表情を与える。第5曲は晴れやかなテノールのアリア。ヴァイオリンの装飾的な音形が印象的だ。そして終曲では再びト短調に戻って、荘重なコラールが歌われる。ここでもヴァイオリン群の音形が印象的で、冒頭16分音符の刻みであったものが8分3連音符となり、次第に音価を広げながら、静かに曲を閉じる。 不安と悲劇、厳粛と敬虔、そんなことを感じながらも、どこか心やすらぐ名曲だ。


ヘルヴェッヘ&コレギウム・ヴォカーレ・ヘントによる音源。


第3曲ソプラノのアリア。バッハ作品の中でももっとも美しいアリアの一つといわれる。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バルトーク <管弦楽のための協奏曲>



週明け月曜日。きょうは野暮用あって休暇取得。大した用件でもなく昼過ぎには片付き、あとはのんびりと過ごす。夕方、部屋の整理をして清々としたところで、オーディオのスイッチを入れ、こんな盤を取り出した。


201607_FR.jpg  201607_Bartok.jpg


フリッツ・ライナー(1888-1963)と手兵シカゴ交響楽団によるバルトーク<管弦楽のための協奏曲>通称オケコン。だいぶ前に一度記事に取り上げている。
その昔70年代初頭、廉価盤で買えるステレオ録音のバルトークはこのライナー盤くらいしかなかったように記憶している。廉価盤とはいえ、この<管弦楽のための協奏曲>通称オケコンと、<弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽>通称ゲンチェレなどライナー&CSOによる一連の盤は、原盤RCAリビングステレオシリーズの名盤だ。手元にはこの取り出した盤のほか、初出時のリビングステレオ盤もある。久々に針を降ろしたが、左右いっぱいに広がりながらも誇張感のないバランス、各パートの適度な距離感など録音は秀逸だ。

バルトークのこの曲自体もまったく隙のない作りと言ったらいいだろうか、管弦楽の機能と特性を生かしながら20世紀前半の音楽技法と民族的な要素や教会旋法など古来の伝統などをきっちりとした形式に収めた名曲。どの楽章も聴くほどに一抹の不安と安堵そして祈りとを感じながら、全体として不思議な平穏に包まれる。管弦楽の編成は大きいが、決して迫力で迫る曲ではなく、全体に室内楽的な精緻な構成と透徹した響きが支配する。特に第3楽章<エレジー>から第4楽章<インテルメッツォ>での民族調のメロディー、そして終楽章のスピード感あふれるテクニカルな展開は素晴らしい。息をもつかせぬとのはこの曲のためにある言葉だろう。


フランツ・リスト・ヴァイマル音楽大学のオケによる全曲。立派な演奏だ。


楽譜つき音源。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

アルミンクのブルックナー第8 群馬交響楽団定期演奏会



きのう土曜日は先月に続いて群馬交響楽団の演奏会へ。
人気のイケメン指揮者クリスティアン・アルミンク来演。曲目はブルックナーの第8交響曲。夏の夜にガツンと1曲。休憩なしの80分一本勝負となった。


R0013852 (560x560)


===========================
ブルックナー/交響曲第8番ハ短調(ハース版)
---------------------------
指揮:クリスティアン・アルミンク 管弦楽:群馬交響楽団
2016年7月22日(土) 群馬音楽センター
===========================

ブルックナーに開眼したのは今から40年前の学生時代。FM放送をせっせとエアチェック。4番、5番、7番、8番、9番と聴き漁り、さらに3番、6番へと触手をのばした。在籍していたギター・マンドリン系サークルの同輩に志を同じくするOK君がいて、マタチッチやチェリビダッケのライヴ演奏録音を聴いた翌日は、二人して興奮気味に語り合ったものだ。中でも第8番はその規模の大きさから、そして豪放磊落な曲想と天国的な美しさとを併せ持つことから大のお気に入りとなった。これまで聴いてきた幾多の曲中、もっとも熱心に聴いた曲の一つだ。

当夜の指揮者クリスチャン・アルミンク(1971-)は長らく新日本フィルの音楽監督を務めたこともあって、日本ではお馴染みの指揮者だ。ウィーンで学んだ正統派。そして父親はクラシックのメジャーレーベル:独グラモフォン社の社長という毛並みのよさ。加えて長身と端整な顔立ちで女性人気も高い。今回アルミンクはハース版を使用。20世紀以来ノヴァーク版、ハース版、相半ばしているが、ハース版にみられるいくつかの魅力的な経過句の追加はこの曲の美しさを引き立てる。

定刻18時45分を2分ほど過ぎて団員登場。通常編成に加え、持ち替えのワグナーチューバ3本も加わる9名のホルンセクション、2台のハープなど、十分なスペースがある会場:群馬音楽センターのステージが狭く見えるほどだ。いつも通り、コンマス伊藤文乃さんのリードでチューニングが終わり、程なくしてアルミンク氏が登場。しばしの沈黙のあと、静かに<ブルックナー開始>が始まった。

第1楽章のテンポはやや遅めの開始。主部に入るとモチーフの切り替えの際には、かなり大きなテンポチェンジがある。また特に弦楽群フレーズの歌わせ方に意を尽くし、ブルックナーによくある、フレーズの終わりに向けてクレシェンドし、そのピークでスパッと切り上げるような箇所で処理がかなり大胆。そうした解釈が重なって、全体に抑揚に富む、よく歌うブルックナーになっていた。テンポをあまり変えず、淡々と、あるいは無造作にフレーズを積み重ねて曲の骨格の大きさを示すような演奏とは方向性が異なる。
続く第2楽章をどんなテンポとアーティキュレーションで演奏するかは、この曲全体の印象に大きく影響する。この楽章に関してぼく自身は、ゴツゴツした肌合いの解釈を好むが、当夜のアルミンクはややレガート寄りでテンポもやや遅め。それでもティンパニーが要所要所で重めの杭を打ち込み、曲全体として甘くはならず、重量感に富んでいて悪くなかった。
第3楽章はこの曲の聴きどころの一つ。音盤でもしばしば聴くこの第8番だが、この第3楽章をこうして居ずまいを正して通して聴くのは久しぶりだ。弦楽群の美しいメロディー、ワグナーチューバも加わる荘重なコラール、大胆な和声と転調…と、この大曲の響きに身を任せて浸りきる。開演冒頭から控えていたシンバルとトライアングルの奏者も、この楽章のクライマックスでようやく出番となった(シンバルは2打。そしてまた休止)。
終楽章はやや速めのテンポで開始。コザックの進軍と称される弦楽器群の音形にのって金管群のコラールとトランペットのファンファーレが響くこの開始はいつ聴いても興奮を禁じえない。そして次のフレーズに移る前のティンパニーの強打。当夜は申し分のない叩きぶりで、次のフレーズへの力が入る。主部に入ってからは第1楽章同様、弦楽群をかなり積極的に歌わせるが、あまりもたれずに先へ先へと進む。会場のアコースティックがデッドなため、しばしば現われる<ブルックナー休止>を十分に感じるのは難しく、そのあたりも考慮しての解釈に違いない。終盤、コーダに入る前にすでに演奏時間は80分越え。そしてコーダはじっくりとしたテンポで入り、最後もそのテンポを煽ることなく重厚な大団円となった。

夏の夜の暑気払い。歌わせ上手なアルミンクと群響の好演による一曲入魂のブルックナー。85分の音響ワールドに酔いしれて、会場をあとにした。


ヴァント&NDR響による終楽章。


マタチッチ&N響による終楽章


終楽章冒頭のローブラスセクション。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)