バッハ<チェロとハープシコードのためのソナタ>



台風10号はかつてない迷走の末、きょうの午後東北地方に上陸した。当地関東は昨夜からきょう午前にかけて風雨が強まったが、大きな被害や混乱もなく、朝の通勤も平常通り。荒れるようなら休もうかと思っていたが、一日しっかり仕事。8時少し前に帰宅した。 さて、昨晩は久々にバッハの器楽曲を聴いたが、その続きで今夜こんな盤を取り出した。


DSCN5103 (560x560)


バッハのチェロとハープシコードのためのソナタBWV1027~1029。ポール・トルトゥリエ(1914-1990)による1963年の録音。ハープシコードはロベール・ヴェイロン=ラクロワ。 トルトゥリエの録音の多くはEMIからリリースされたが、仏エラートにも何枚か録音を残した。これはその中の一枚。手持ちの盤は60年代国内盤LP。十年ほど前、出張の折にしばしば立ち寄っていた大阪梅田の名曲堂阪急東通り店で手に入れた。

60年代半ばの盤は一様に材質が分厚く重い。そして半世紀を経た今でもノイズの少ないいい音を奏でてくれる。まだまだレコードは高価で貴重な品だった品だった時代で、それゆえにコストも手間もかけて丁寧に作られていたこともあるだろう。その後70年代、特にオイルショック以降の70年代半ばからレコードが終焉を迎える80年後半に向け、レコードはどんどん薄くなり、録音技術のデジタル化と相まって、何となく実在感の乏しい軽薄短小的なアイテムになっていった。60年代の盤は、やはりその時期のオーディオセットで聴くのがもっとも相応しい。具体的には二世代くらい昔の、現代的視点からみたらややナローレンジなエネルギーバランスのスピーカで聴くのがベストだ。この盤も以前、ダイヤトーン2S-305(昭和30年代前半の設計)で聴いていたときの印象に比べ、現用のアヴァロンでは少々よそよそしく響く。

さて、それはともかくトルトゥリエのバッハだ。いつもながら彼のチェロの音色は明るく華がある。無伴奏チェロ組曲と異なり、チェンバロを伴って多彩な曲想を展開するのに相応しい音色だ。決して技巧派でならした人ではないので、時折やや音程があやしいところもないではないが、それも音楽的な音程(緊張と解決に伴う音程の取り様)を重視してのことだろう。テンポは中庸だが、第2番の第3楽章アンダンテや、第3番のアダージョ楽章では、ゆったりとよく歌っている。名手ロベール・ヴェイロン・ラクロアのハープシコードも速い楽章では華麗な装飾音も交えながら、明るく華やかにトルトゥリエのチェロを引き立てている。
…と、手放しで礼賛しておいてナンではあるが、トルトゥリエはハープシコードとのバランスをよく考えて弾いているものの、それでもなお、やはりモダンチェロとハープシコードという組み合わせは、少々違和感があるのも事実だ。オリジナルのヴィオラ・ダ・ガンバで聴くとハープシコードとの響きの相性が格段にいいように感じる。モダンチェロにはやはりモダンピアノの方が、この時代の音楽としても、むしろ不自然さを感じないほどだ。このあたりはバッハを聴いたり弾いたりする際、大きく好みが分かれるポイントだ。


第1番ト長調BWV1027 チェロ(バーナード・グリーンハウス)とモダンピアノによる演奏。


同曲。オリジナル通りのガンバとハープシコード。


第1番BWV1027は、トリオソナタBWV1039(フルート2本と通奏低音)が元曲だ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

バッハ<ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ>



週明け月曜日。あすはまたまた関東に台風接近だという。きょう午後には職場の総務部門から、安全確保を優先し、無理な出勤は控えるようにとの通達があったほどだ。まあ、朝の様子で考えましょか…
さて、二日ぶりに夜半の音盤タイム。今夜はぐっと渋く、こんな盤を取り出した。


201608_walcha.jpeg  201608_Bach_Sonata_for_VnCem.jpg


バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ(BWV 1014-1019)。ヘンリク・シェリングのヴァイオリンとヘルムート・ヴァルヒャのチェンバロによる盤。1969年録音。十年程前、廉価盤でリリースされた際に買い求めた。

この作品は以降の時代の独奏楽器と鍵盤楽器伴奏という形式の器楽ソナタの範になったとされる。実際チェンバロパートには当時一般的だった通奏低音の役割を超えて独立した声部やフレーズが与えられ、ヴァイオリンパートと一体的に音楽を構成する。一方独奏ヴァイオリンは単独で自己主張することが少なく少々地味な印象すらあり、より人気の高い無伴奏の作品が一つの楽器で表現の限りを尽くすがごとく広い音域と多彩な技巧を凝らしているのとは対照的だ。

この演奏を聴いて印象的なのはシェリングの独奏ヴァイオリンではなく、バッハの求道者として有名なヴァルヒャの弾くチェンバロパートだ。全6曲、いずれも生真面目を通り越して、いささかぶっきら棒と感じるほどの弾きぶりといったらいいだろうか。拍節感は厳格でありながら、厳しさというよりは素朴さを感じ、フレーズの入りや出も持って回ったようなところは皆無だ。彼の繰り出す音楽からは、十六歳で失明しながらバッハ鍵盤作品をすべて暗譜し、二度に渡ってオルガン作品の全曲録音を果たしたという彼の求道的な姿勢と飾らない音楽世界が聴こえてくる。そんなヴァルヒャに呼応してか、シェリングのヴァイオリンも音価を短めに切り詰め、決して歌い過ぎずに内省的に弾き進めていく。マタイ受難曲の有名なアリア<神よ、憐れみたまえ>を冒頭に配した第4番ハ短調BWV1017など、美音を駆使してもっとメロディアスに歌うことは容易であったろうが、そうしない見識も立派。昨今のオリジナル志向、ピリオドアプローチからはかけ離れた演奏だが、一時代を象徴する名盤だ。


この盤の全6曲


メニューインとグールドによる第4番。第1曲シチリアーノは、マタイ受難曲中の名アリア<憐れみたまえ>を思い起こさせる。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ドナルド・フェイゲン<The Nightfly>



降ったり止んだり、あいにくの週末土曜日。天気次第で出かける予定であったが中止。終日在宅、ダラダラと過ごす。夜になって部屋の片付けをしながらのナガラリスニング。今夜はこの盤を取り出した。


201608_DnldFgn.jpg


ドナルド・フェイゲンの<The Nightfly>。ちょっとポピュラー好きの輩なら先刻承知。1982年録音の名盤。アマゾンを覗くと今もってレヴュー数も圧倒的であることから、30年余を経てなお聴き継がれていることがわかる。手持ちの盤は、十数年前に自由が丘駅の東急ストアに入っていた中古レコード店で買い求めた米国プレス輸入盤。海外盤とはいえ高くはなく、確か1500円ほどだったか。

ポピュラー好きでもアメリカンロック好きでもないぼくがこの盤を手にしたのは他でもない。このジャケットに一瞬にしてやられてしまったからだ。完全ジャケ買いの1枚。普通、オヤジのジャケ買いといえば、オネエちゃん、オネエさん、オバさま…まあ、そんなところだろう。しかしこの<The Nightfly>のジャケットには異次元のカッコよさがある。4時8分を指す時計、RCA製のリボンマイク、テーブルに置かれたソニー・ロリンズのアルバム、Para-Flux A-16トーンアームを載せたレコードプレイヤー…。

この盤については多くのファンが盛んに語っているだろうから、ぼくの出る幕ではない。ひと言だけ紹介かねてコメントするとしたら、当時考えられるポピュラー音楽の最も洗練されたエッセンスが詰まっているといったらいいだろうか。レゲエのリズムにのってさりげなく始まる第1曲I.G.Y以降、ファンク、R&B、フュージョン、ラテンロックなど、変化に富んだ曲が周到に練られたアレンジと演奏で繰り広げられる。そして録音も含めて完成度が極めて高い。勢いとノリで一気録りという安直さがまったくない。主役のドナルド・フェイゲンの他、バックはラリー・カールトン、マーカス・ミラー、ブレッカー兄弟など、その後現在までトップを走ることになるジャズ・フュージョン系ミュージシャンが固めていて万全だ。こういう質の高いポピュラーアルバム、昨今はあるのだろうか。


この盤の全曲
https://youtu.be/WbRtmUdmVFw


M5の<New Frontier>


<New Frontier>のベースをカヴァーするお兄さん。


こちらはギターですね。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ソル<幻想曲第7番作品30>



関東地方はこのところ続いていたイジイジしたような天気かた一転、きのうきょうと猛暑復活。きょうも暑い一日だった。週末金曜日。野暮用あって少し早く退勤。陽の高いうちに帰宅となった。さて、今夜もギターねたを続けようか。
以前ギターの仲間内で、フェルナンド・ソルの最高傑作はどの曲か、という話題が出た。多くのメンバーが推したのが作品30の第7幻想曲だった。ぼくはソルの全作品を把握しているわけではないが、いくつかの変奏曲やソナタも捨て難いが、幻想曲第7番がもっとも素晴らしい作品の一つであることに間違いない。そんなことを思い出し、手元にジュリアン・ブリーム(1933-)が1980年に録音した盤があったので取り出した。


Fernando_Sor.jpg   DSCN0738 (480x480)


この盤にはソル(1778-1839)の幻想曲が2曲(作品30と作品7)と魔笛ヴァリエーション、それとディオニシオ・アグアド(1784-1849)の作品2-1、2、3の3曲が入っている。ソルの幻想曲は大部分が変奏曲部分を含んでいたと思うが、ホ短調のこの第7幻想曲もその一つで、盟友アグアドに捧げたとされている。曲は正に古典の薫り高く、変奏の一つ一つが原曲をうまく生かしつつ充実した和声を展開し、実に味わい深い。ジュリアーニなどイタリア系の華麗な技巧お披露目的要素の強い変奏曲と比べるまでもない。
ブリームの演奏は古典的様式感や表現の枠を守りながらも、時々聴かせるタメやヴィブラートの聴いた美音などは70年代から続くいつもながらの彼のスタイルを踏襲している。今ならより古典的スタイルの演奏もあるだろうが、当時はまだこの曲の録音自体が珍しかった。


ソル 第7幻想曲の楽譜。スウェーデンのBoijeコレクションから。
http://boije.statensmusikverk.se/ebibliotek/boije/pdf/Boije%20502.pdf

ソルの多くの作品はこちらのリンクから。
http://www.guitareclassiquedelcamp.com/partitions/fernandosor.html


この盤の音源。ブリームの演奏。長めの序奏があって、2分過ぎから主題が奏される。


ナクソスから何枚かアルバムを出しているジュリアーノ・ベロッティ(1974-)というギタリストによる演奏。
カメラワークが少々せわしないかな…



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

イエペス(G) ソル<24のエチュード>



ギターねたを続けよう。
今夜は、弾いて良し聴いて良し、ソルのエチュード。ギター弾きにはお馴染みにして必須課題の一つだ。ごく短い曲にもソルらしい古典的和声感のエッセンスが込められていて、飽きることがない。取り出したのはこの盤だ。


201608_Yepes.jpg  201608_Narciso_Yepes.jpeg


ぼくら世代のギター愛好家にとって、60年代終盤から70年代前半はセゴヴィア・イエペス・ブリームがギター御三家とでもいうべき存在だった。ジョン・ウィリアムスやオスカー・ギリアが若手と言われた時代だ。そしてそれぞれが極めて個性的で、貧弱なレコードプレイヤーで聴いても針を落とした途端にだれかれと判明した。中でもイエペスは映画『禁じられた遊び』のテーマでギター愛好家以外にも広く知られた存在だった。ともかくギターといえば『禁じられた遊び』の時代、ギターも持つきっかけ、あるいは目標になった曲の筆頭だった。

この盤にはイエペス(1927-1997)がフェルナンド・ソルの練習曲から独自に選んだ24曲が収められている。1967年9月の録音で、当時やはりソル作曲のセゴヴィア編20の練習曲とよく対比されたものだ。この盤は高校時代に何かのきっかけで手に入れて当時よく聴いたが、こうして聴きなおすのは本当に久しぶりだ。この盤でのイエペスの演奏は練習曲という性格もあるだろう、総じて生真面目で端整。練習曲といっても様々な意図があって書かれているが、この盤では特に対位法的な処理や、リズムの処理にイエペスの個性が強く出ている。

彼が広めたホセ・ラミレス製10弦ギターによる豊かな響きは特に低音がしっかりと聴こえ、対位法的に書かれた曲では各声部が極めて明瞭かつ必要な重みをもって聴こえてくる。また付点音符や連符によるリズミカルな曲における右手のコントロールは、当時イエペスならではのテクニックだった。1弦でとる旋律をレガートに弾きながら2弦以下の伴奏音形をスタカートで弾いたり(作品35ニ長調)、スタカートの音形をきっちり弾き進めながら5連符を粒立ちよく挿入したり(作品29ヘ長調)、といった具合だ。そうした斬新な弾きっぷりで、当時高校生だったぼくらギター小僧にイエペス=技巧派という印象を植え付けたものだ。
日本でもっとも親しまれ、もっとも数多く来日したイエペスだったが、1996年最後の来日の翌年1997年に69歳で亡くなった。そして同時に一時期はアマチュアにも人気のあった10弦ギターも次第に表舞台から消えつつある。


この盤の音源。全24曲。


イエペスのおはこであった難曲バカリッセの<パスピエ>



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

M・ポンセ <南のソナチネ>



きょうの関東は台風一過とはならず、昼過ぎからあちこちで雷雨発生で不安定な天気。太平洋高気圧とシベリア産の冷たい気団とのせめぎ合いが続いている。そんな中、きょうは定時少し前にフレックス退勤。ちょっと事情あって近所の沖縄料理の店へGo。そうきそば、ラフテー、島豆腐他、ほとんど井之頭五郎状態となって美味しく頂きましたよ。 さて帰宅後一服。ひと息ついてボーッとしながら、音盤棚のギター盤が並んでいるあたりを捜索していて、この盤を取り出した。


ponce.jpg  DSCN2157 (560x420)


イェラン・セルシェルの日本デビュー盤。A面にバリオスの大聖堂、ワルツ第3番、ポンセの南のソナチネ。B面はダウランドのリュート曲が7つ並んでいる。1980年録音。ダウランドはゲオルク・ボリン作の11弦、その他はホセ・ラミレスの6弦で弾いている。

実に端整な表現。最近はコテコテの演奏が多いバリオスも、スッキリとまるで古典を聴くようだ。ワツル第3番など、おそらく今のギター愛好家には物足らないくらいだろう。もっと歌うべし、もっと表情をつけて…。よく聴くセリフだが、音楽の骨格や様式感も分からずに、歌ったり表情を付けたりする演奏ほど気持ちの悪いものはない。その点、このセルシェルの演奏は御手本のような見事さだ。ポンセの南のソナチネも<過ぎず>にいい感じ。この曲はポンセが残した他のソナタよりも小規模ながら、軽快なスパニッシュテイストがギターによく合っていて好きな曲の一つだ。こんな与太ブログ書いている時間をギターの練習にあて、この曲を華麗に弾きこなしてようかと、真顔で考える。


期待の新人:森田綾乃。自己紹介と南のソナチネ第1楽章。


クリコヴァによる第1楽章。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

F・ソル <アンダンテ・ラルゴ>



きょうの関東は台風が駆け抜ける一日。ぼくの周辺は幸い大きな支障はなく、いつも通りの一日だった。そんな中、少し早く帰宅。ひと息ついて平日にはめずらしくギターを取り出し、ひとしきり弾いた。
ギター弾きにはお馴染みのフェルナンド・ソル(1778-1839)。彼が故郷スペインを離れてパリに出た頃に書かれた曲の一つに作品5-5<アンダンテ・ラルゴ>というニ長調の小品がある。中級クラスのギター弾きなら必ず弾いたことのある曲だ。この曲については以前書いた記事があったので再掲しておこう。


sor.jpeg  Sor_mesa_grande.jpg


この曲は、曲の規模こそ5分ほどの小品ではあるが、ソルの作品の中でももっとも美しいものの一つだ。6弦ギターが持つ最も魅力的な響きが得られる音域ある第1弦の5から10フレットにメロディーラインをのせ、2弦の三度で下支えする。6弦のE線をDに下げる調弦で、音域を拡大すると同時にニ長調の安定した響きと、ポリフォニックに書かれた低音声部をしっかりとキープしている。中声部による多彩な和声展開は、ウィーン古典派の大家が書いたカルテットやピアノソナタの緩徐楽章に肩を並べるだろう。おそらく、ギターの楽譜の各声部をばらして、カルテットに仕立てても十分美しく聴き映えがするに違いない。

クラシックギター弾きの中には、クラシック音楽そのものとギター音楽が別の世界のものと思っている輩も少なからずいる。偉そうな言い方に聞こえそうだが、こういう曲を通して自分が弾いているソルやジュリアーニが19世紀初頭のウィーンやパリの香りを伝えるものであって、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンそしてシューベルトと続く系譜の中にあるという時代感覚と様式感を意識してほしいし、そこから古典派や以降のロマン派の音楽にも親しんでほしいものだ。


Boijeコレクションの楽譜。作品5。この5曲目が<アンダンテ・ラルゴ>


当時の楽器とガット弦を使い、さらにソルが書いた教則本にならって、テーブルでギターの胴を支える姿勢で弾いている。



19世紀中庸に英国で流行したコンサティーナによる演奏。 ギター弾きでギター作品も残したレゴンディ(1822-1872)は人生の後半をコンサティーナ奏者としても活躍した。ソルはそのレゴンディに作品を献上している。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)