バッハ<チェロとハープシコードのためのソナタ>



台風10号はかつてない迷走の末、きょうの午後東北地方に上陸した。当地関東は昨夜からきょう午前にかけて風雨が強まったが、大きな被害や混乱もなく、朝の通勤も平常通り。荒れるようなら休もうかと思っていたが、一日しっかり仕事。8時少し前に帰宅した。 さて、昨晩は久々にバッハの器楽曲を聴いたが、その続きで今夜こんな盤を取り出した。


DSCN5103 (560x560)


バッハのチェロとハープシコードのためのソナタBWV1027~1029。ポール・トルトゥリエ(1914-1990)による1963年の録音。ハープシコードはロベール・ヴェイロン=ラクロワ。 トルトゥリエの録音の多くはEMIからリリースされたが、仏エラートにも何枚か録音を残した。これはその中の一枚。手持ちの盤は60年代国内盤LP。十年ほど前、出張の折にしばしば立ち寄っていた大阪梅田の名曲堂阪急東通り店で手に入れた。

60年代半ばの盤は一様に材質が分厚く重い。そして半世紀を経た今でもノイズの少ないいい音を奏でてくれる。まだまだレコードは高価で貴重な品だった品だった時代で、それゆえにコストも手間もかけて丁寧に作られていたこともあるだろう。その後70年代、特にオイルショック以降の70年代半ばからレコードが終焉を迎える80年後半に向け、レコードはどんどん薄くなり、録音技術のデジタル化と相まって、何となく実在感の乏しい軽薄短小的なアイテムになっていった。60年代の盤は、やはりその時期のオーディオセットで聴くのがもっとも相応しい。具体的には二世代くらい昔の、現代的視点からみたらややナローレンジなエネルギーバランスのスピーカで聴くのがベストだ。この盤も以前、ダイヤトーン2S-305(昭和30年代前半の設計)で聴いていたときの印象に比べ、現用のアヴァロンでは少々よそよそしく響く。

さて、それはともかくトルトゥリエのバッハだ。いつもながら彼のチェロの音色は明るく華がある。無伴奏チェロ組曲と異なり、チェンバロを伴って多彩な曲想を展開するのに相応しい音色だ。決して技巧派でならした人ではないので、時折やや音程があやしいところもないではないが、それも音楽的な音程(緊張と解決に伴う音程の取り様)を重視してのことだろう。テンポは中庸だが、第2番の第3楽章アンダンテや、第3番のアダージョ楽章では、ゆったりとよく歌っている。名手ロベール・ヴェイロン・ラクロアのハープシコードも速い楽章では華麗な装飾音も交えながら、明るく華やかにトルトゥリエのチェロを引き立てている。
…と、手放しで礼賛しておいてナンではあるが、トルトゥリエはハープシコードとのバランスをよく考えて弾いているものの、それでもなお、やはりモダンチェロとハープシコードという組み合わせは、少々違和感があるのも事実だ。オリジナルのヴィオラ・ダ・ガンバで聴くとハープシコードとの響きの相性が格段にいいように感じる。モダンチェロにはやはりモダンピアノの方が、この時代の音楽としても、むしろ不自然さを感じないほどだ。このあたりはバッハを聴いたり弾いたりする際、大きく好みが分かれるポイントだ。


第1番ト長調BWV1027 チェロ(バーナード・グリーンハウス)とモダンピアノによる演奏。


同曲。オリジナル通りのガンバとハープシコード。


第1番BWV1027は、トリオソナタBWV1039(フルート2本と通奏低音)が元曲だ。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

ドナルド・フェイゲン<The Nightfly>



降ったり止んだり、あいにくの週末土曜日。天気次第で出かける予定であったが中止。終日在宅、ダラダラと過ごす。夜になって部屋の片付けをしながらのナガラリスニング。今夜はこの盤を取り出した。


201608_DnldFgn.jpg


ドナルド・フェイゲンの<The Nightfly>。ちょっとポピュラー好きの輩なら先刻承知。1982年録音の名盤。アマゾンを覗くと今もってレヴュー数も圧倒的であることから、30年余を経てなお聴き継がれていることがわかる。手持ちの盤は、十数年前に自由が丘駅の東急ストアに入っていた中古レコード店で買い求めた米国プレス輸入盤。海外盤とはいえ高くはなく、確か1500円ほどだったか。

ポピュラー好きでもアメリカンロック好きでもないぼくがこの盤を手にしたのは他でもない。このジャケットに一瞬にしてやられてしまったからだ。完全ジャケ買いの1枚。普通、オヤジのジャケ買いといえば、オネエちゃん、オネエさん、オバさま…まあ、そんなところだろう。しかしこの<The Nightfly>のジャケットには異次元のカッコよさがある。4時8分を指す時計、RCA製のリボンマイク、テーブルに置かれたソニー・ロリンズのアルバム、Para-Flux A-16トーンアームを載せたレコードプレイヤー…。

この盤については多くのファンが盛んに語っているだろうから、ぼくの出る幕ではない。ひと言だけ紹介かねてコメントするとしたら、当時考えられるポピュラー音楽の最も洗練されたエッセンスが詰まっているといったらいいだろうか。レゲエのリズムにのってさりげなく始まる第1曲I.G.Y以降、ファンク、R&B、フュージョン、ラテンロックなど、変化に富んだ曲が周到に練られたアレンジと演奏で繰り広げられる。そして録音も含めて完成度が極めて高い。勢いとノリで一気録りという安直さがまったくない。主役のドナルド・フェイゲンの他、バックはラリー・カールトン、マーカス・ミラー、ブレッカー兄弟など、その後現在までトップを走ることになるジャズ・フュージョン系ミュージシャンが固めていて万全だ。こういう質の高いポピュラーアルバム、昨今はあるのだろうか。


この盤の全曲
https://youtu.be/WbRtmUdmVFw


M5の<New Frontier>


<New Frontier>のベースをカヴァーするお兄さん。


こちらはギターですね。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

M・ポンセ <南のソナチネ>



きょうの関東は台風一過とはならず、昼過ぎからあちこちで雷雨発生で不安定な天気。太平洋高気圧とシベリア産の冷たい気団とのせめぎ合いが続いている。そんな中、きょうは定時少し前にフレックス退勤。ちょっと事情あって近所の沖縄料理の店へGo。そうきそば、ラフテー、島豆腐他、ほとんど井之頭五郎状態となって美味しく頂きましたよ。 さて帰宅後一服。ひと息ついてボーッとしながら、音盤棚のギター盤が並んでいるあたりを捜索していて、この盤を取り出した。


ponce.jpg  DSCN2157 (560x420)


イェラン・セルシェルの日本デビュー盤。A面にバリオスの大聖堂、ワルツ第3番、ポンセの南のソナチネ。B面はダウランドのリュート曲が7つ並んでいる。1980年録音。ダウランドはゲオルク・ボリン作の11弦、その他はホセ・ラミレスの6弦で弾いている。

実に端整な表現。最近はコテコテの演奏が多いバリオスも、スッキリとまるで古典を聴くようだ。ワツル第3番など、おそらく今のギター愛好家には物足らないくらいだろう。もっと歌うべし、もっと表情をつけて…。よく聴くセリフだが、音楽の骨格や様式感も分からずに、歌ったり表情を付けたりする演奏ほど気持ちの悪いものはない。その点、このセルシェルの演奏は御手本のような見事さだ。ポンセの南のソナチネも<過ぎず>にいい感じ。この曲はポンセが残した他のソナタよりも小規模ながら、軽快なスパニッシュテイストがギターによく合っていて好きな曲の一つだ。こんな与太ブログ書いている時間をギターの練習にあて、この曲を華麗に弾きこなしてようかと、真顔で考える。


期待の新人:森田綾乃。自己紹介と南のソナチネ第1楽章。


クリコヴァによる第1楽章。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

F・ソル <アンダンテ・ラルゴ>



きょうの関東は台風が駆け抜ける一日。ぼくの周辺は幸い大きな支障はなく、いつも通りの一日だった。そんな中、少し早く帰宅。ひと息ついて平日にはめずらしくギターを取り出し、ひとしきり弾いた。
ギター弾きにはお馴染みのフェルナンド・ソル(1778-1839)。彼が故郷スペインを離れてパリに出た頃に書かれた曲の一つに作品5-5<アンダンテ・ラルゴ>というニ長調の小品がある。中級クラスのギター弾きなら必ず弾いたことのある曲だ。この曲については以前書いた記事があったので再掲しておこう。


sor.jpeg  Sor_mesa_grande.jpg


この曲は、曲の規模こそ5分ほどの小品ではあるが、ソルの作品の中でももっとも美しいものの一つだ。6弦ギターが持つ最も魅力的な響きが得られる音域ある第1弦の5から10フレットにメロディーラインをのせ、2弦の三度で下支えする。6弦のE線をDに下げる調弦で、音域を拡大すると同時にニ長調の安定した響きと、ポリフォニックに書かれた低音声部をしっかりとキープしている。中声部による多彩な和声展開は、ウィーン古典派の大家が書いたカルテットやピアノソナタの緩徐楽章に肩を並べるだろう。おそらく、ギターの楽譜の各声部をばらして、カルテットに仕立てても十分美しく聴き映えがするに違いない。

クラシックギター弾きの中には、クラシック音楽そのものとギター音楽が別の世界のものと思っている輩も少なからずいる。偉そうな言い方に聞こえそうだが、こういう曲を通して自分が弾いているソルやジュリアーニが19世紀初頭のウィーンやパリの香りを伝えるものであって、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンそしてシューベルトと続く系譜の中にあるという時代感覚と様式感を意識してほしいし、そこから古典派や以降のロマン派の音楽にも親しんでほしいものだ。


Boijeコレクションの楽譜。作品5。この5曲目が<アンダンテ・ラルゴ>


当時の楽器とガット弦を使い、さらにソルが書いた教則本にならって、テーブルでギターの胴を支える姿勢で弾いている。



19世紀中庸に英国で流行したコンサティーナによる演奏。 ギター弾きでギター作品も残したレゴンディ(1822-1872)は人生の後半をコンサティーナ奏者としても活躍した。ソルはそのレゴンディに作品を献上している。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

中本マリ <アンフォゲッタブル>



早いもので八月も下旬。オリンピックもまもなく閉幕だ。 週末は格別のこともなく終了。あすは関東に台風接近の予報。出勤時間帯の天気を案じつつ、さて今宵は日本のジャズを。 リアルタイムの記憶がしっかりある70年代の中本マリのアルバムを取り出した。


DSCN5089 (560x560)  DSCN5084 (560x560)


日本の女性ジャズヴォーカルで、ぼくらの世代で思いつく70年代に活躍したのは、笠井紀美子、伊藤君子そしてこの中本マリあたりだろうか。少し前の世代になるとマーサ三宅(古っ!)。もちろん江利チエミもペギー葉山もジャズシンガーのキャリアはあるし、美空ひばりのジャズスタンダードは中々のものだが、ここでは除外しておく。あるい80年代前半に元祖ネクタイ族のアイドルとして人気が出た阿川泰子や真利邑ケイ、秋本奈緒美の名前もあがってきそうだが、ぼくの感覚では、作られたアイドルとしては成功したのだろうが、およそジャズを歌える歌手という認識はない(そう言いつつ、写真のように手元に彼女らの盤があるのが、ちょいと恥ずかしい…)。中では、中本マリはオーソドックスなジャズをドライブ感あふれる歌いっぷりで楽しませてくれた。写真の盤<アンフォゲッタブル>は、当時録音の良さでも知られたインディーズレーベル、TBM:スリー・ブラインド・マイスに録音した彼女のデビューアルバムだ。確か社会人になって給料日にはレコード屋へ行くことが楽しみであった頃に買った。

CEC製ベルトドライブプレーヤーST930のスイッチを入れてアイドリング回転させること10分。メカがひと通り温まり、回転も安定したところで、オルトフォンSPU-Gの針を静かに下ろす。わずかなサーフィスノイズに導かれ、大沢保朗のピアノが短い導入フレーズを奏でる。続いて中本マリのタイム・アフター・タイムが部屋にあふれる。あっと思わず声が出るほどいい音だ。久々に針を落としてみて、あらためて鮮度の高い音に驚いた。録音は1973年9月、当時彼女はまだ二十代後半だったはずだが、随分と落ち着いた声と歌いっぷりだ。上州弁ネイティブのぼくには英語の発音はよく分からないが、世評では当時から彼女の発音は折り紙付だった。音程は文句無くいいし、ロングトーンの後半でかかるヴィブラートも彼女の持ち味で、いい感じだ。バックを固めるメンバーも当時の腕利き揃い。ギター横内章次の名前が懐かしい。しかし、今風のやたらとドライブをかけてノリノリの勢いだけで押してしまう演奏にはなっていないところが70年代的だろうか。クラシックもジャズも時代の様式感は大切だ。あくまでスタンダードをスタンダードの様式で弾き、歌っている。過不足なく安心して聴け、楽しめる。


<ナイト・アンド・デイ> 羽田健太郎他とのセッション。90年代の演奏かな。


1977年のアルバム<MARI>全曲。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

R・シュトラウス ヴァイオリン協奏曲ニ短調



きのうに続き、関東はきょうも不安定な天気。あさ出がけに雨、ほどなくやんで陽がのぞくも、湿度MAXのムシムシ具合はまるで梅雨のよう。参りますね…。スカッと爽やかコカコーラ!的な夏空はどこにいってしまったのか。
さて、週末。お盆も帰省も関係なく、今週もせっせと働きましたよ。今夜はのんびりいたしませう。…で、またまたリヒャルト・シュトラウス。ぼちぼち終わりにしますが…(^^;


201608_richardstrauss_3.jpg  R0013798 (560x560)


R・シュトラウス(1864-1949)のヴァイオリン協奏曲ニ短調。シュトラウス18歳のときの作品。ホルン協奏曲同様、初期作品の中のひとつ。例のボックスセット、ケンペ指揮シュターツカペレドレスデンによるリヒャルトシュトラウス管弦楽全集の中の7枚目に収録されている。ヴァイオリン独奏はウルフ・ヘルシャー(1942-)。1975年録音。


RStrauss_Vn_Concert_Solo.jpg


第一楽章から堂々とした管弦楽の響きと、それに対抗するソロヴァイオリンはいきなりダブルストップの技巧的なフレーズで開始する。古典的様式ながら重厚な音響と積極的な感情表現は、かなりコテコテのロマン派ど真ん中だ。ブラームスとブルッフのミックス感ありあり。一つのモチーフに固執し技巧を駆使して曲を構成するまでの技量はまだ18歳の青年にはまだ乏しかったのか。しかしそれを補って余りある魅力的なフレーズのオンパレードで中々聴かせる。第二楽章は憂いに満ちた悲歌が奏でられる。ウルフ・ヘルシャーのソロがまた感情を抑制しつつ程よい鳴き節で、万感胸に迫る好演出。終楽章は軽快なロンド。聴こえてくるSKDのサウンドもどうやら大きな編成のようだがキレもよく、独奏ヴァイオリンも管弦楽の響きにうずもれないのはシュトラウスのスコアがよく出来るているのに加え、ケンペのコントロールが万全な証左だ。

この曲、コンサートで取り上げられることはほとんどなく、録音も多くはないが、一度は聴いておくべき佳曲だろう。このケンペ&SKDの9枚組全集セットは、このところ記事にしている協奏曲類の他、もちろん一連の交響詩も含まれ、演奏・録音とも優れる名盤。現在三千円で手に入る最も価値あるセットの一つだ。


第一楽章(途中まで)


この盤の音源。全楽章。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事

R・シュトラウス 二重小協奏曲ヘ長調



きょうの関東地方は昼前後からあちこちで激しい雷雨。太平洋高気圧の甲斐性が足らないためか、どうも今年は夏型が安定しない。あすもきょう同様の不安定な空模様らしい。 さて、きのうの記事に続いて、今夜もまたまたリヒャルト・シュトラウスを。


201608_richardstrauss_2.jpg  R0013798 (560x560)


先日来取り上げている、ルドルフ・ケンペ(1910-1976)指揮ドレスデン国立歌劇場管(SKD)によるリヒャルト・シュトラウス管弦楽全曲集ボックスセットの中の8枚目から、今夜はクラリネットとファゴットのための二重小協奏曲ヘ長調を聴く。正しくは<弦楽オーケストラとハープを伴ったクラリネットとファゴットのための二重小協奏曲>。マンフレート・ヴァイスのクラリネット 、ウォルフガング・リープシャーのファゴット。1975年録音。

この作品は昨日の記事で取り上げたオーボエ協奏曲同様、モーツァルト回帰がより色濃くなったR・シュトラウス最晩年の作品。1946年作のオーボエ協奏曲より更に一年後の1947年に作られた。編成が変わっていて、ソロをとるクラリネットとファゴット、弦楽五部にハープが加わり、さらに弦楽五重奏が指定されている。構成は古典協奏曲の定石にのっとった急・緩・急の三楽章が切れ目なく演奏される。

第一楽章の短い導入部。始まってすぐに近代作品とわかる転調を含みながらも、どこかドヴォルザークの室内楽のようなフレーズが響き、クラリネットが穏やかなモチーフを奏する。ファゴットが入るあたりから音楽は活気を帯び始めるが、主題とその展開を経てクライマックスという型通りの進行はない。常にクラリネットとファゴットが対話をするかのように曲が進む。この曲が当初標題音楽として構想され、それぞれの独奏楽器にキャラクターを設定しようと考えていたと知り、なるほどと合点。それぞれの楽器の個性もあってか、なにやらヤンチャな子供(クラリネット)と、それをたしなめる大人(ファゴット)という趣きだ。ファゴットが活躍する第二楽章をへて、終楽章は再び対話路線の展開。この楽章はR・シュトラウスの著名な交響詩群でしばしば聴かれるような近代的和声感と、精緻な管弦楽の響きも加わり、単なるモーツァルト回帰でないことを感じることができる。

鮒にはじまり鮒に終わるのごとく、R・シュトラウスの場合はモーツァルトにはじまりモーツァルトに終わるの生涯であったが、18歳のときの作品ホルン協奏曲第1番、そして最晩年のオーボエ協奏曲とこの二重小協奏曲は、この作曲家の個性を知る上でも必聴の作品だ。


ケルン放響(WDR響)による2014年の演奏。


取り上げたケンペ&SKD盤の音源。全楽章。



★★追伸★★
ブログランキングポイントは下降傾向。引き続き、下記のバナークリック<一日一打>のほど、お願いいたします。
■ にほんブログ村ランキングに参加中 ■
■↓↓↓バナークリックにご協力を↓↓■
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

マエストロ・与太

Author:マエストロ・与太
ピークを過ぎた中年サラリーマン。真空管アンプで聴く針音混じりの古いアナログ盤、丁寧に淹れた深煎り珈琲、そして自然の恵みの木を材料に、匠の手で作られたギターの暖かい音。以上『お疲れ様三点セット』で仕事の疲れを癒す今日この頃です。

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
閲覧御礼(2010.10.01より)